サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAチャンピオンズリーグ

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク  2017/09/13(水) 22:26:50.60 ID:CAP_USER9
    左肩負傷からの完全復活を目指す香川 今季もCLの舞台に挑む

     日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間13日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第1節、敵地でのトットナム戦に臨む。
    先週末のリーグ戦で出番のなかった香川は、ベンチスタートの予想となっている。

     ドルトムント公式サイトが伝えた予想スターティングイレブンはGKビュルキ、最終ラインは右からDFピスチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥの4人。
    中盤はアンカーにMFシャヒン、その前にカストロとゲッツェが並ぶ逆三角形型。
    3トップに右からFWプリシッチ、オーバメヤン、フィリップの11人となった。

     スコアレスドローに終わった9日のフライブルク戦で出場機会のなかった香川は、ベンチ入りメンバーと予想されている。
    左肩負傷のコンディション回復のため、ワールドカップアジア最終予選を戦っていた日本代表を途中離脱するなど、完全復活に向けて調整を続けている。

     リーグ戦で負傷した主将DFシュメルツァーをはじめ、DFバルトラ、MFロイス、MFゲレイロ、FWシュールレ、MFローデ、DFドゥルム、FWサンチョは
    欠場となる見込み。
    いまだ負傷者の多さに悩まされている。

     一方、トットナムはGKロリス、DFトリッピアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、デイビス、MFダイアー、デンベレ、シソコ、エリクセン、ソン・フンミン、
    FWケインという4-2-3-1システムでの戦いが予想されている。
    韓国代表FWソン・フンミンと香川の日韓対決がピッチ上で実現するかも、注目ポイントの一つとなりそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170913-00010018-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: プエルトリコ ★@^^ 2017/08/25(金) 18:05:43.97 ID:CAP_USER9

    ce95af5f-s


    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの展望を語った。24日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

     CLグループステージの組み合わせ抽選会は24日に行われ、リヴァプールはセビージャ、スパルタク・モスクワ、マリボルと同組のグループEに入ることとなった。

     クロップ監督は抽選結果について「CLのグループには、バルセロナやユヴェントス、バイエルンやレアル・マドリードなどがいることもある。そのようなチームと同じグループでないことは良いか悪いかで答えるなら良いだろう。しかし、長いCLを勝ち抜くにはいずれ対戦し、倒さなければならない相手だ」とコメント。強豪との対戦はいずれ避けられなくなるという見解を示した。

     次にクロップ監督は「グループステージを勝ち抜くことは非常に困難な道のりだ。セビージャはヨーロッパのカップ戦でいつも結果を残している。モスクワでのアウェイ戦は非常に長い移動距離となる。マリボルについては現時点であまりデータがない。分析と準備をきっちりと行わなければならないね。全てのチームとの対戦が難しいものとなるはずだ」と語った。

     最後にクロップ監督は「私がリヴァプールの監督になって初めて挑むCLだ。毎試合最高の試合をできるように努めたい」とコメントを残した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00633114-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★@2017/08/16(水) 08:23:14.02 ID:CAP_USER9
    DHTcE7PUQAABKBq



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000035-goal-socc
    8/16(水) 6:04配信

    CLプレーオフ ホッフェンハイム 1-2 リヴァプール

    ホッフェンハイム:ウート(87分)

    リヴァプール:アーノルド(35分)、OG(74分)

    チャンピオンズリーグ・プレーオフファーストレグが行われ、ホッフェンハイムとリヴァプールが対戦した。

    今夏、セバスティアン・ルディ、ニクラス・ズューレといった主力選手がチームを去ったホッフェンハイム。新加入ではバイエルン・ミュンヘンからレンタルで加わったセルジュ・ニャブリが先発した。

    一方のリヴァプールは移籍に揺れるフィリペ・コウチーニョがベンチ外となったが、それ以外では主力が揃い、新戦力モハメド・サラーもスタメンに入っている。

    先にチャンスをつかんだのはホームのホッフェンハイム。12分、右サイド深い位置で切り込んだニャブリが、エリア内でデヤン・ロブレンに倒されると、PKの判定に。キッカーはアンドレイ・クラマリッチで、右足でゴールを狙うが、甘いコースに飛んだボールは、飛ぶのを我慢したGKシモン・ミニョレがセーブ。リヴァプールは先制点を許さない。

    逆に35分には、リヴァプールがFKからアレクサンダー・アーノルドが右足で直接沈め、先制に成功する。18歳の若きサイドバックが思わぬ飛び道具で、大きなアウェーゴールをチームにもたらす。

    リヴァプール1点リードで迎えた後半、74分には途中出場のジェームズ・ミルナーが左サイドから右足でクロス。わずかにホッフェンハイムDFの胸をかすめたボールは、ゴールネットに吸い込まれ、オウンゴールでリヴァプールが追加点を挙げる。

    試合終了間際の87分、途中出場のホッフェンハイムFWマルク・ウートがロングボール抜け出し、左足一閃。見事なボレーでネットを揺らすが、反撃は1点どまり。リヴァプールが敵地で2-1とホッフェンハイムを下している。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/08/04(金) 20:08:28.15 ID:CAP_USER9
    現地時間4日、UEFAチャンピオンズリーグの本選出場を懸けたプレーオフの組み合わせ抽選会が行われ、プレーオフの対戦カードが決定した。

    プレーオフから登場する注目のリヴァプールは、昨シーズン、ブンデスリーガで旋風を起こし、4位でプレーオフ進出を果たしたホッフェンハイムと対戦。また、セビージャはイスタンブールBBSK(トルコ)と、グループステージ出場の切符を懸けて激突する。

    なお、プレーオフはホーム&アウェーの2戦で勝負を決し、15日&16日に第1戦、22日&23日に第2戦が行われる。

    以下、決定したCLプレーオフの対戦カード。

    カラバフ(アゼルバイジャン) vs コペンハーゲン(デンマーク)

    アポエル(キプロス) vs スラヴィア・プラハ(チェコ)

    オリンピアコス(ギリシャ) vs リエカ(クロアチア)

    セルティック(スコットランド) vs アスタナ(カザフスタン)

    ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs マリボル(スロベニア)

    イスタンブールBBSK(トルコ) vs セビージャ(スペイン)

    ヤングボーイズ(スイス) vs CSKAモスクワ(ロシア)

    ナポリ(イタリア) vs ニース(フランス)

    ホッフェンハイム(ドイツ) vs リヴァプール(イングランド)

    スポルティング(ポルトガル) vs FCSB(ルーマニア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000031-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/08/05(土) 09:39:07.11 ID:CAP_USER9
    チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフの組み合わせが4日に決まり、ドイツ人のユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールと、クラブ史上初の大会参戦となったホッフェンハイムの対戦が決まった。ドイツでも注目の一戦に、同国誌『シュポルト・ビルト』はさっそく、両陣営のコメントを掲載している。


     リヴァプールのクロップ監督は「プレーオフに参加するチームを見たときに、こうなる予感はあったよ。どうやら私はいつもドイツのチームと対戦しなければならないようだ」と一言。対戦するホッフェンハイムについて聞かれると、「非常にしっかりと作られたチームだ。元々、イージーな試合は無いことは分かっていたけれど、この対戦は簡単なものでないことは確実だね。でも、私たちがホッフェンハイムにとってベストなクジではなかったことを確信しているよ」と独特の言い回しを披露。

     対するホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督も強気な姿勢を崩さない。「リヴァプールは、プレーオフ参加チームの中で圧倒的に最も強いチーム。でも、個人的にはナポリとの対戦はもっと嫌だったね」と明かした。「クロップ監督はリヴァプールでもドルトムント時代と同じようなスタイルだ。暴力的なまでにボールを奪いに行き、凶暴なまでのスピードで一気に襲い掛かるんだ。アウディ・カップではバイエルンに全くチャンスが無かった。でも僕にはどうにか戦えるようにするアイディアがあるんだ。でも、あと何試合か試合を観てみないとね」とすでに具体的なイメージを掴んでいるようだ。

     ドイツ紙『ビルト』の取材には、ホッフェンハイムのマネージャーを務めるアレクサンダー・ローゼン氏が「何ていう偶然だ!ユルゲン・クロップが来る、(ロベルト・)フィルミーノが帰ってくる。これら全てが特別なシチュエーションだ、絶対的なまでに特別だ!」と笑いが止まらなかったようだ。実質的なオーナーのディートマー・ホップ氏は「文句はない。自信と喜びを胸に試合に挑めるね。我々には失うものがなく、プレッシャーもない。ユリアンが理想的なチームを作り上げるだろう」と15日の試合を待ちわびているようだ。

     緻密な分析と戦術で躍進したホッフェンハイムか、圧倒的な戦力を誇るリヴァプールか。ビックゲームとともに、欧州のシーズンが本格的なスタートを迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00621978-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/07/12(水) 10:32:48.04 ID:CAP_USER9
    2c7cc394



    [11日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は11日、各地で予選2回戦の第1戦を行い、南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)は敵地でヒバーニアンズ(マルタ)に3─0で勝利した。先発出場の南野は1ゴールを記録し、後半18分までプレーした。

    ザルツブルクはPKなどで前半を2点リードで折り返すと、後半9分には相手GKの弾いたボールが南野の体に当たってそのままゴールに入り、3点目が決まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000024-reut-spo

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/15(木) 15:15:05.45 ID:CAP_USER9
    スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』は、UEFA(欧州サッカー連盟)と、2018-19から2020-21までの3シーズンにおいて放映権契約を締結したことを発表した。
    これにより、DAZNで2018-19シーズンよりUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの全試合を視聴できるようになる。

    今回の発表における対象試合の詳細は、プレーオフ予選からグループステージ、決勝トーナメントまで。すべての試合のライブ放映と、試合終了後の見逃し配信、ハイライト映像を行う。

    ■CL、EL、スーパーカップとは?

    チャンピオンズリーグは欧州のサッカーシーンにおける最も権威ある国際大会で、2016-17シーズンはレアル・マドリーの連覇で幕を閉じた。
    ヨーロッパリーグは各国リーグ戦にてチャンピオンズリーグ出場権に次ぐ順位を収めたチームや各国カップ戦優勝チームが参加する。チャンピオンズリーグに次ぐ白熱した試合が繰り広げられる大会だ。また、スーパーカップはチャンピオンズリーグの優勝チームとヨーロッパリーグの優勝チームが対戦するコンペティションで、2017?18シーズンはレアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドが激突する。

    契約の締結に際してDAZNのCEOであるジェームズ・ラシュトン氏は以下のようにコメントしている。

    「チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグは、年々試合の質が高くなり、魅力と人気が高まっています。DAZNは国内および、海外スポーツを、いつでも、どこでもファンの皆様にお楽しみいただけるサービスを目指しております。
    我々が、欧州トップクラスの大会の独占放映権を取得できたことを大変喜ばしく思っております。

    日本のサッカーファンの皆様に、世界有数のクラブで活躍する、世界一流の選手の名試合を、テレビをはじめとする各種の対応デバイスにて、お楽しみいただけることを願っております。
    2016年のサービス開始以降、世界各国のリーグ戦や国際試合など、合計2,000以上のサッカーの試合をライブ配信してまいりました。DAZNが日本において、サッカーのホーム的なサービスに成長していることを確信しております」

    ■Jリーグ、ブンデス、セリエAの放送も

    DAZNはドイツのブンデスリーガやイタリアのセリエA、スペインのラ・リーガ、フランスのリーグ・アンといった欧州のトップリーグの放映を行っている。
    今後、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、スーパーカップも加わり、より一層ラインナップが充実することに。

    また、日本においては2017年シーズンから10年間にわたりJリーグの放映権を取得。今シーズンから明治安田生命J1・J2・J3のリーグ戦を全試合ライブ放映を行っている。
    国内・海外ともに豊富なコンテンツをそろえていることで、日中~夜はJリーグ、夜からは欧州のトップリーグ、そして夜中にはチャンピオンズリーグとサッカーざんまいの一日を送ることも可能だ。

    GOAL 6/15(木) 13:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000012-goal-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170615-00000012-goal-000-view.jpg

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    2017/06/15(木) 13:41:29.04
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497501689/

    続きを読む

    1: @Egg ★@©2ch.net (テトリス) 2017/06/06(火) 13:59:31.64 ID:CAP_USER90606
    エヴァートンを率いるロナルド・クーマン監督が、
    レアル・マドリーの偉業にも栄華を誇ったバルセロナとは同じレベルにないと話している。

    レアル・マドリーは3日、チャンピオンズリーグ決勝でユヴェントスを下し、前人未到の連覇を果たした。
    4シーズンで3度ビッグイヤーを獲得するなど、黄金時代を築いているが、
    現役時代バルセロナでプレーしたクーマンは、
    ジョゼップ・グアルディオラが率いていたバルセロナはさらに別のレベルにあると主張した。

    「レアル・マドリーはチャンピオンだ。彼らは今シーズンのベストチームであり、
    ユヴェントスとの決勝で見せた後半のパフォーマンスは素晴らしかった。

    しかし、ペップ時代のバルセロナとは比較的ない。彼らは素晴らしいチームだったからね」

    ペップが率いたバルセロナは4年間で2度CLを制覇している。

    6/6(火) 12:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00010000-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ