サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAチャンピオンズリーグ

    1: 仙台焼肉 ★@ 2017/04/18(火) 18:56:35.97 ID:CAP_USER9

    9f85d8af-s

     
    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦が18日と19日に行われる。4強進出をかけた意地がぶつかり合う。

     uefa.comは過去に行われたUEFA主要大会の2連戦のデータをもとに、勝ち上がりの確率を算出。公式サイトに掲載している。

     今回の第1戦ではすべての試合で勝敗がついたため、どちらかがアドバンテージを持って第2戦に臨む。
    しかしホームとアウェーを入れ替えることで試合結果が大きく変わることも予想される。

     最も逆転に近いのがFW岡崎慎司の所属するレスター・シティ(イングランド)だという。
    第1戦、敵地でアトレティコ・マドリー(スペイン)と対戦したレスターは、0-1で敗戦。
    しかしこのパターンは過去に991回あり、そのうち40.7%にあたる403回で第2戦のホームチームが勝ち上がりを決めているのだという。

     逆に逆転が最も難しいと予想されているのが、MF香川真司の所属するドルトムントだ。
    ホームでの第1戦を2-3で落としたドルトムント。この例は過去に100回あるものの、逆転したのはわずかに3回のみ。
    3%の壁を破るためには香川の爆発が必要不可欠だ。

     決勝トーナメント1回戦で奇跡の大逆転を演じたバルセロナは今回も難題に挑むことになる。
    敵地で0-3で敗れたチームが、第2戦ホームで逆転する確率は5.6%。
    しかし決勝トーナメント1回戦の時は第1戦を0-4で落としての大逆転。この時は確率0%だったことを考えれば、希望を持てそうだ。

    (4月18日)
    レスター・シティ 27:45 A・マドリー
    第1戦(0-1)
    過去のUEFA男子クラブ大会における同じパターン:991回
    第2戦のホームチームが突破:403回(40.7%)
    第2戦のアウェーチームが突破:588回(59.3%)

    R・マドリー 27:45 バイエルン
    第1戦(2-1)
    過去:352回
    第2戦のホームチームが突破:331回(94.0%)
    第2戦のアウェーチームが突破:21回(6.0%)

    (4月19日)
    モナコ 27:45 ドルトムント
    第1戦(3-2)
    過去:100回
    第2戦のホームチームが突破:97回(97%)
    第2戦のアウェーチームが突破:3回(3%)

    バルセロナ 27:45 ユベントス
    第1戦0-3
    過去:467回
    第2戦のホームチームが突破:26回(5.6%)
    第2戦のアウェーチームが突破:441回(94.4%)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-01638893-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^2017/04/18(火) 22:44:15.02 ID:CAP_USER9

    Cq3ibxmVMAI3q9c

     
     18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグで、
    日本代表FW岡崎慎司のレスター(イングランド)とアトレティコ・マドリード(スペイン)が対戦する。
    UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が、両クラブの予想先発メンバーを掲載。
    岡崎は先発出場を果たすと予想されている。

     クラブ史上初のCL出場で、ベスト8進出を果たしたレスター。
    快進撃を続けたいところだが、12日に行われた敵地でのファーストレグでは0-1と完封負けを喫した。
    岡崎は先発メンバーに名を連ねたものの、ハーフタイムで交代。
    イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディもアトレティコ・マドリードの守備陣に封じ込まれ、後半途中でピッチを後にした。

     レスターはホームでのセカンドレグで、逆転での準決勝進出を目指す。
    岡崎は15日のプレミアリーグ第33節クリスタル・パレス戦でベンチ入りはしたものの、出場機会は訪れなかった。
    『UEFA.com』は岡崎について「この試合では先発出場が期待される」と、スターティングメンバーへの復帰を予想している。

    一方、優位に立ってセカンドレグを迎えるアトレティコ・マドリードは、15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節のオサスナ戦で3-0と快勝。
    直近10試合で7勝3分け、わずか3失点と鉄壁の守備を誇っている。
    中2日で迎えるアウェイゲームでは、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンらが予想先発メンバーに名を連ねている。

    『UEFA.com』の予想先発メンバーは以下のとおり。

    □レスター

    ▽GK
    カスパー・シュマイケル

    ▽DF
    ダニー・シンプソン
    ウェズ・モーガン
    ヨアン・ベナルアン
    クリスティアン・フクス

    ▽MF
    リヤド・マフレズ
    ダニー・ドリンクウォーター
    ウィルフレッド・ディディ
    マーク・オルブライトン

    ▽FW
    岡崎慎司
    ジェイミー・ヴァーディ

    ■アトレティコ・マドリード

    ▼GK
    ヤン・オブラク

    ▼DF
    フアンフラン
    ステファン・サヴィッチ
    ディエゴ・ゴディン
    フィリペ・ルイス

    ▼MF
    ヤニック・フェレイラ・カラスコ
    ガビ
    コケ
    サウール・ニゲス

    ▼FW
    アントワーヌ・グリーズマン
    ケヴィン・ガメイロ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00578013-soccerk-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★@^^ 2017/04/17(月) 18:43:26.98 ID:CAP_USER9
    ロッカールームで同僚を叱責か


    リオネル・メッシの顔も3度までだ。スペインのバルセロナでプレイする寡黙なアルゼンチン代表FWの我慢も限界に達してしまったのかもしれない。

    メッシ擁するバルセロナは11日、敵地でチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのユヴェントス戦に臨み、パウロ・ディバラらのゴールにより0-3と大敗。

    アウェイゴールを挙げることなく第2戦を戦わなくてはならない状況となり、遂にメッシが“キレた”という。

    スペイン『Don Balon』は、この激戦の後、ルイス・エンリケ監督が選手と会話を交わすことはなく、メッシがその役割を担ったと指摘。

    普段は控えめなこのスーパースターは試合後のロッカールームで20分もの間チームメイトに激怒し、

    ジェレミー・マテューとアンドレ・ゴメス、そしてサミュエル・ウムティティの3名がそのターゲットになったという。

    曰く、テア・シュテーゲンとセルジ・ロベルト、ハビエル・マスチェラーノにもこの“説教”は及んだものの、マテューらに比較すれば軽いものだったと同メディアは伝えている。

    本拠地カンプノウでの2ndに向けて非常に厳しい状況となったバルサだが、今回のロッカールームにおける“軌道修正”がポジティブな結果を生むキッカケとなるよう願いたいところだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/16(日) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00010019-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@2ch.net 2017/04/14(金) 19:43:13.96 ID:CAP_USER9
    no title
    no title
    試合数時間前に事件の続報を聞いたシュメルツァー 「命を失うところだった」

     日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間11日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦のモナコ戦の本拠地スタジアムへ向かう途中にチームバスが三度の爆発に巻き込まれ、試合が延期となりスペイン代表DFマルク・バルトラが右腕を骨折するなどの大きな被害を受けた。

     道路の生け垣に仕掛けられていたという爆弾には釘が仕込まれていたことが判明し、爆発後にはそれが選手の座っていた座席のヘッドレスト部分に突き刺さっていたという衝撃の事実も明らかになっている。

     事件を取材していたドイツ人ジャーナリストのフレディー・ロッケンハウス氏はイギリス「BBCラジオ5ライブ」に出演。同氏によれば、主将のDFマルセル・シュメルツァーは仕切り直しとなった試合のキックオフ数時間前に警察会見で明かされた事件の続報を耳にしたと明かす。

    「より一層悪い出来事だ。僕らはこのことを聞き、その時になってようやくどれだけの大惨事で、命を失うところだったんだなということに気づいたんだ」とコメント。それを受けて、選手たちの間にはさらなる動揺が広がったという。

    負傷した選手は1人だったが…

     最終的にドルトムントは2-3で敗れ、4強進出に黄色信号が灯っている。

     ガラスの破片が直撃したバルトラは右手を骨折し、すぐに病院で手術を受けた。負傷した選手は1人だったが、それ以上の重傷者が出ても全くおかしくない状況で、日本代表MF香川真司らバスに乗っていた人間はまさに九死に一生を得た結果となった。

     事件からわずか24時間後に試合が行われたことに、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督も怒りをあらわにするなど、事件の余波はいまだ選手たちに大きな影響を及ぼしている。

    Football ZONE web 4/14(金) 18:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00010013-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/14(金) 10:34:18.86 ID:CAP_USER9

    20120430_1073435

     
    バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグでレアル・マドリードと対戦し、1-2と逆転負けを喫した。しかし、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、セカンドレグでの巻き返しに自信をのぞかせている。

     ドイツメディア『DFB.de』のインタビューに応じたノイアーは、「この結果はもちろん辛いよ。違った状況でセカンドレグに臨めると思っていたからね。前半を終えた時点で、自分たちが1-2で負けるなんて全く想像してなかった」と悔しさを露わにした。

     しかし、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが「彼があれほど当たっている日じゃなかったら、もっと点を取れたはずだ」と語ったように、ノイアーが好セーブを連発したことで、バイエルンは最少得点差で乗り切ることに成功した。

     バイエルンが準決勝に進出するためには、敵地でのセカンドレグで少なくとも2ゴールを奪って勝たなければならない。しかしノイアーは「レアル・マドリードが相手でもゴールを決められるとわかっている。可能性はあるし、まだ全て、自分たちの手の中にある」として、逆転のチャンスは十分にあると考えているようだ。

     18日にマドリードで行われるセカンドレグに向けては、ファーストレグで退場したスペイン代表MFハビ・マルティネスが出場停止となるだけでなく、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスやポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキも負傷の影響で出場できるか不透明な状態にある。バイエルンの置かれた状況は決して楽ではないが、「相手をリスペクトしすぎないようにする」とノイアーが語ったように、前回大会王者を相手になりふり構わず戦う姿勢で勝利を狙いたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00575905-soccerk-socc

    続きを読む

    295: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/04/13(木) 23:38:24.55 ID:qdKCpD8S0
    CL今節best11 

    GOAL 
    no title
    続きを読む

    1: れいおφ ★@^^ 2017/04/13(木) 21:02:33.98 ID:CAP_USER9
    3ー0でバルサ完敗。

    DFのマティウが先発と分かってから、今日は負けると思った。
    彼は、守備が下手だ。
    予測が出来ない、直ぐに交わされる、同じミスを繰り返す。
    何より、責任感がない。
    寄せが甘くて交わされても、悔しがらない所か、他人事の様な顔してる。
    彼の所にボールが行くと、不安でしょうがない。
    素人の私が分かるんだから、エンリケもスタッフも分かってる筈だ。選手達もきっと信頼出来ない…と感じてる筈だ。そのマティウを何故、こんな大事な試合で使うんだろう。

    サブのメンバーが薄く、彼を使わざるを得ない台所事情も分からない訳じゃないが、
    ジョルディ アルバの方が良かったと私は思う。彼の方がパスも上手いし、運動量もあるし、状況も人も良く見えてる。
    何より、闘ってくれる。

    悲しいかな、私の予想が又も的中してしまって…。

    ユーベはパリサンジェルマンの様な闘い方はしないから、2legはかなり難しい試合になる。

    今シーズンはもう良いよ
    あれ程の感動を与えてくれたのだから

    来シーズンは、良いDFを補強して、更にMSNが輝ける様にして欲しい
    マティウを酷評して申し訳ないが、良くないものは良くないんだ????

    ユベントスはしたたかに、良い試合運びをした。
    完敗だ。
    悔しいけど…皆頑張ってくれた
    個の力がどんなにスーパーでも、チームワーク、組織力がどれ程大切か、今日も学んだ。

    たった一人のほころびが、こんなにも大きな穴になると言う事を。

    バルサの皆、お疲れ様

    こんなシーズンもあるさ

    又、1ステージアップする前の試練だよ

    何があろうと、貴方達を愛し、信じてるファンが世界中にいる事を忘れないで、下を向かず、顔を上げて闘って欲しい

    心から、お疲れ様

    愛してるよ

    https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/entry-12264857960.html

    続きを読む

    1: @Egg ★@^^ 2017/04/13(木) 12:52:56.42 ID:CAP_USER9
    ■独メディア、1G1Aの香川にチーム最高の評価 採点を控える媒体も

    現地時間12日(以下現地時間)に行なわれたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのモナコ(フランス)戦にフル出場し、
    チームの1点目をアシスト、2点目を自らマークしたドルトムント(ドイツ)の香川真司。
    チームは2対3で敗れたものの、独『FussballTransfers.com』は同選手にチーム最高の「2」をつけた(ドイツの評定は1が最高、6が最低)。

    同サイトは「香川が希望を繋いだ」と述べ、同選手について「序盤にオーバメヤンに出した縦パスが目標を捉えていたら、
    試合は違う結果になっていたかもしれない。前半最大のチャンスも、彼から生まれたものだった。
    後半、香川は再び前へ上がる。1点目に足で絡み、素晴らしいステップを踏んだあと、2点目を自らマークした」と綴った。

    香川に次いで高評価だったのは、ラファエル・ゲレイロの「2.5」。そのほか、先制点を決めたウスマン・デンベレ、マティアス・ギンターが「3」だった。
    なお、独『sportbuzzer.de』は「11日に起きたBVB(ドルトムントの略称)チームバス襲撃事件後に試合に臨んだ選手たちのパフォーマンスに敬意を表し、採点は行わない」と述べている。

    独スポーツ専門サイト『ran.de』も同様の理由で採点は行わないとコメント。寸評では香川の2点目について「トラップもその後の処理も、2対3としたフィニッシュも、ワールドクラス。
    全体的に非常に良いパフォーマンスだった」と称えている。

    ISM 4/13(木) 9:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000012-ism-socc

    写真
    no title


    ■1得点1アシストの香川に単独最高点! CL4強へ望みつなぐ「重要なゴール」と伊メディア称賛

    イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、試合後に採点を公開し、香川にチーム単独トップの評価を与えて称賛している。

    香川は0-2で迎えた後半12分、左サイドのDFゲレイロからのクロスを中央でFWオーバメヤンが体勢を崩しながらヒールでつないだボールを折り返し、
    デンベレのゴールをアシスト。その後チームが3失点目を喫するものの、同39分、香川はエリア内で持ち前の高い技術を披露し、鋭い切り返しから左足のシュートでネットを揺らした。

    試合には2-3と本拠地で痛恨の敗戦を喫したが、全得点に絡む活躍で第2戦へと望みをつないだ。
    サッカー界を震撼させた爆破事件翌日という難しい状況下でも輝きを放った香川に、同メディアは「7点」とチームトップの点数を与えている。

    Football ZONE web 4/13(木) 12:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010010-soccermzw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170413-00010010-soccermzw-000-view.jpg

    ■米メディアが香川にチーム最高タイ評価 CLモナコ戦1G1Aで「負傷休暇を経ても好調維持」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010001-soccermzw-socc

    ■動画
    https://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl/movies/

    続きを読む

    1: Egg ★@^^2017/04/13(木) 12:27:23.69 ID:CAP_USER9
    ■「僕らはけものじゃない」、ドルトDFも爆破事件翌日の試合開催に異議

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は12日、準々決勝第1戦を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームでモナコ(フランス)と対戦し、2-3で敗れた。
    試合後、ドルトムントのDFソクラティス・パパスタソプロスは欧州サッカー連盟(UEFA)の“決定”に強く抗議した。

    当初は前日11日に開催予定だったが、スタジアムに向かうドルトムントのチームバスが爆発事件に遭い、試合はUEFAの決定の下に順延し、翌12日に行われた。
    トーマス・トゥヘル監督も爆発事件から24時間と経たずに試合が行われたことについてUEFAを批判し、
    「今回の出来事を対処するための時間がもう少しあればと思った」と話していたが選手も同じ気持ちだったようだ。

    『ESPN』によると、「まず、生きていてほっとしているよ」と口を開いたパパスタソプロスは「僕の人生のなかでも一番難しい日だった。
    このようなことが他の誰にも起こらないことを願うよ。昨日の事件のあと、試合について考える余裕はまったくなかった」と続ける。

    「UEFAは僕らが“けもの”ではないことを理解すべきだ。僕らは家に変えれば家族や子供のいる人間なんだ。
    “けもの”ではないんだよ。選手やスタッフ全員が生きていてなによりだ」

    「今日、試合に集中するのはとても難しかった。あの事件の翌日にプレーしなければならないというのはね。
    これは僕だけじゃなく、皆に対しても同じことが言える。こんなことが起こるのはあれが最後だと願っている」

    「僕らは今回の件について、会長や監督とも話すつもりだ。だが、解決策は見つからないだろう。
    さっきもいったけど、人間ではなく“けもの扱い”されているように感じるよ。こういう体験をしたことのない人には、僕らがどれほどショックを受けているのか理解できないのだろうね」

    ゲキサカ 4/13(木) 10:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01638716-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    33: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/04/13(木) 06:01:22.98 ID:a4ocS2Zb0

    Cq3ibxmVMAI3q9c

     
    ないと思うがもしCL決勝がレスターvsモナコになったらどうなるの?

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ