サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAチャンピオンズリーグ

    1: 黄金伝説 ★@2017/04/21(金) 19:29:16.07 ID:CAP_USER9

    9f85d8af-s

     
    欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝の組み合わせ抽選が21日、スイスのニヨンで行われた。

     前回大会王者のレアル・マドリード(スペイン)はアトレチコ・マドリード(スペイン)との同国対決となった。

     準決勝はホームアンドアウェー方式で争われ、第1戦は5月2、3日、第2戦は同9、10日に行われる。

    <組み合わせ>

    Rマドリード(スペイン)-Aマドリード(スペイン)

    モナコ(フランス)-ユベントス(イタリア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-01811177-nksports-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@2017/04/21(金) 10:27:49.31 ID:CAP_USER9

    C8mk9pLXcAEYxG-

     
    <欧州CL:モナコ3-1ドルトムント>◇準々決勝◇19日◇モナコ

     MF香川真司(28)のドルトムント(ドイツ)は1-3でモナコ(フランス)に敗れ、2戦合計3-6で敗退した。
    香川はフル出場し、無得点。11日にチームバスが爆発被害に遭い、その影響が残る中で戦ったが、
    準優勝した12-13年以来、香川にとって初の4強入りを逃した。

     香川にとって、マンチェスター・ユナイテッドに所属していた13-14年と同じ準々決勝敗退となった。
    ホームでの第1戦は1得点1アシストながら2-3で敗れた。「2-0で勝ち抜けるとは思っていなかった。3点が必要だと」。
    積極的にボールに触ったが、開始17分までに2失点して苦しい展開に。
    後半2分に打ったシュートはGKに阻まれ、1分後にはMFロイスのゴールにつながるパスを出したが、反撃もそこまでだった。

     試練だった。第1戦に向かうバスを狙った爆発があり、DFバルトラが負傷。試合は翌日に延期された。
    香川も「チームが標的にされた。恐怖心がある」と大きなショックを受けていた。
    クラブ幹部がドイツメディアに「今大会からの撤退も考えた」と明かしたという。
    ピッチの中では集中力をつないでも、まだ平穏な日常は戻っていない。

     ただ、言い訳はしなかった。「個人の強さを感じた。このレベルになったら体も強く、技術的にも高く、スピードもある」。
    相手の力を認め、自身の攻撃も「最後の局面はなかなか自由にやらせてくれなかった」と振り返る。
    「ベスト16から8になるだけで質は相当高い」。格差を感じ、成長の必要性を口にした。
    「もう1つ上に行くには技術的にも、フィジカル的にも、もう1歩成長しないといけない」。
    現在リーグ戦4位と、来季の出場権(3位以内が本大会、4位は予選出場)は届く位置にある。
    「やれるところも感じているし、必ず戦える舞台」。早くも再挑戦をにらんだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-01810939-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★^^2017/04/20(木) 15:54:25.82 ID:CAP_USER9
    9f85d8af-s

     
     チャンピオンズリーグは現地時間19日(以下現地時間)に準々決勝セカンドレグの残り2試合が行なわれ、ベスト4の顔ぶれが決定した。前回王者レアル・マドリー、昨季ファイナリストのアトレティコ・マドリー(以上スペイン)、ユヴェントス(イタリア)、モナコ(フランス)が準決勝進出を決めている。

     CL史上初の連覇をねらうレアルは、準々決勝でバイエルン(ドイツ)を下し、7季連続の4強入り。エースのクリスティアーノ・ロナウドが、CL通算100ゴールという金字塔を打ち建てている。

     昨季のファイナルで涙を呑んだアトレティコは、イングランド王者レスターを退け、直近4シーズンで3度目のセミファイナル。今大会5失点と安定した守備と、FWアントワン・グリーズマンの得点力を武器に、初制覇を目指す。

     イタリア王者ユーヴェは、バルセロナ(スペイン)を破っての勝ち上がり。セミファイナルは準優勝に終わった2014-15シーズン以来となる。GKジャンルイージ・ブッフォンを中心とした守備陣は、今大会わずか2失点と盤石。前線ではFWパウロ・ディバラがバルサとのファーストレグで2得点を挙げるなど、チームトップの4ゴールを記録している。

     モナコはドルトムント(ドイツ)を退け、2003-04シーズン以来のベスト4。得点感覚を取り戻したFWラダメル・ファルカオ、新星キリアン・ムバッペがいずれも今大会5得点と攻撃陣が好調で、ここまで21得点をマーク。チーム全体で公式戦通算141点を挙げるなど、現在欧州で最もエキサイティングな攻撃を見せている。

     CL準決勝は21日に組み合わせ抽選が予定され、5月の第1週にファーストレグ、翌週にセカンドレグが行なわれる。(STATS-AP)

    ISM 4/20(木) 10:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000012-ism-socc

    準決勝へ進出した4チームは以下のとおり

    レアル・マドリード(スペイン、昨季王者)
    アトレティコ・マドリード(スペイン)
    ユヴェントス(イタリア)
    モナコ(フランス)

    バルセロナ敗退で優勝候補は不在?ディバラ「4チームに同じくらいのチャンスがある」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000000-goal-socc

    ベスト4進出チームが決定! バルセロナ、奇跡起こせずユヴェントス&モナコが準決勝へ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00010005-theworld-socc

    続きを読む

    368: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/04/20(木) 07:06:32.74 ID:PPT+o5Fq0

    1868495_w2

     
    ユーベってピルロがいたときから今と変わらず強くて洗練されてたけど 
    あの頃はCLじゃサッパリ結果出せず 
    よくわかんないね
    続きを読む

    続きを読む

    1: 動物園φ 2017/04/20(木) 05:42:21.61 ID:CAP_USER9


    C90U0SKUwAEjvNg
     
    ドルトムント 逆転ならず準々決勝敗退 香川フル出場、好機絡むも不発
    スポニチアネックス 4/20(木) 5:41配信

    欧州CL準々決勝のモナコ戦で競り合うドルトムントの香川(AP)

     ◇欧州CL決勝T準々決勝第2戦 ドルトムント1―3モナコ(2017年4月19日)

     欧州チャンピオンズリーグ(CL)は19日(日本時間20日)、決勝トーナメントの準々決勝第2戦が行われ、日本代表MF香川真司(28)が所属するドルトムントはアウェーでモナコと対戦、1―3(2戦合計3―6)で敗れた。

     12日の第1戦はホームで2―3と敗れていたドルトムント。逆転を狙って臨んだが前半3分、モナコのムバッペに先制点を決められるとその後も攻め込まれ、17分にもファルカオに追加点を許し0―2で折り返した。

     後半に入るとドルトムントが反撃。3分にロイスのゴールで追い上げた香川もゴール前で好機を作るが、36分にモナコのジェルマンにダメ押し点を決められた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000003-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/04/20(木) 05:37:41.31 ID:CAP_USER9

    C9zZGhpU0AAlTGt

     
    バルサ“2度目の奇跡”起こせず…ユーベに隙なし、2戦連続完封で4強入り
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01638934-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★@^^ 2017/04/19(水) 21:27:50.59 ID:CAP_USER9

    no title


     
    現地時間18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのレアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘンのあと、
    審判団の控え室から選手が警察によって追い出される事態となっていたようだ。スペインメディア『エル・チリンギート』が伝えている。

    C.ロナは137試合で100得点 チャンピオンズリーグ通算得点ランキング

    延長戦の末に敗退が決まったバイエルンは、判定に大きな不満を持っていた。
    そのため、84分に退場となったMFアルトゥーロ・ビダルのほか、
    FWロベルト・レバンドフスキやチアゴといった選手が試合後に審判団の控え室へ向かったという。

    そして、判定についての不満をぶつけたようだ。
    バイエルンの選手たちの怒りはおさまらず、警察が連れ出すことになったという。

    ビダルは試合後、「僕たちが勝ちそうになって強奪された」と怒りをあらわにしていた。
    つかみかけたCL準決勝行きの切符を“取り上げられた”憤りはしばらく続くかもしれない。

    フットボールチャンネル 4/19(水) 20:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00010030-footballc-socc

    【サッカー】<UEFA-CL>疑惑の判定に割れる両監督の意見…アンチェロッティ「ビデオ判定導入が必要」ジダン「これがサッカー」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492586193/

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/19(水) 13:04:55.23 ID:CAP_USER9
    GettyImages-655330304-800x600


     
    18日に行われたレアル・マドリー対バイエルンのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦は、1-2で90分を迎え、2試合合計3-3となり、延長戦の末4-2(2試合合計6-3)でレアル・マドリーが勝利を収めた。

    この試合で先発フル出場したバイエルンのGKマヌエル・ノイアーが試合中に負傷し、今シーズンの残り試合を全欠場する可能性が浮上しているという。

    バイエルンはクラブの公式メディアを通して「ノイアーはまずミュンヘンに戻ってメディカルチェックを受ける。その後、回復のための適切な治療法を決める」との声明を発表している。また、その後の取材で今シーズン中の復帰が難しい見込みであることが分かった。

    ノイアーは3月にトレーニング中に足首を負傷して手術。レアル・マドリーとの第1戦で戻ってきたばかりだった。

    バイエルンはレアル・マドリーとの第2戦では不可解な退場処分、相手のゴールがオフサイドと判定されないなど、誤審疑惑が浮上している中で敗れ去る形となった。チームはCL8強止まり、その試合でノイアーが負傷離脱と、バイエルンにとっては“泣きっ面に蜂”と言える状況になっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00010002-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★^ 2017/04/19(水) 18:28:40.31 ID:CAP_USER9

    no title


    現地時間18日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第2戦で、スペインのレアル・マドリードは延長戦の末にドイツ王者バイエルン・ミュンヘンを下して4強進出を決めた。試合を裁いたヴィクトル・カッサイ主審の判定に疑問の声が浮上するなか、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、バルセロナとの第2戦に臨むユベントスに警戒を呼び掛けている。

    「ユーベ、注意しろ! スペイン勢はいつも“ちょっとした助け”を受けている」

     記事では、レアル戦でバイエルンMFアルトゥーロ・ビダルが正当なタックルにも関わらず不当なファウルと判定され、2枚目のイエローカードを受けて退場処分に追い込まれたことと、延長戦でオフサイドポジションにいたレアルFWクリスティアーノ・ロナウドの勝ち越しゴールが認められたことを紹介。そして、スペイン勢が判定に恵まれるとして、ユベントスに警戒を呼び掛けている。

     ユベントスは本拠地での第1戦で3-0と勝利し、第2戦はバルセロナとのアウェー戦に臨む。バルセロナはCL16強でも、敵地第1戦でフランス王者パリ・サンジェルマンに0-4と敗れ、本拠地第2戦で6-1と大勝し、大会史上に残る大逆転劇で8強に駒を進めてきた。しかし、その“奇跡”と称された第2戦も判定の後押しがあったものだと指摘している。

    「バルセロナは第2戦で数々の“救済措置”のような笛を受けて勝ち上がってきた。二つPKを与えられ、アディショナルタイムも不当に長く取られた」

    バルサ戦は「正しい判定という運が必要」

     さらに、2008-09シーズン準決勝でチェルシーと対戦したバルセロナが、PK疑惑を3回に渡って見逃された事例も紹介し、「この2つのゲームだけではないが、スペイン勢は判定に後押しされる。カンプ・ノウでは、完璧な試合だけでは足りず、正しい判定の下でゲームが行われるという“多大なる幸運”が必要になる」とした。

     かつて八百長事件でセリエB降格の憂き目に遭い、イタリア国内では判定に恵まれるチームという評判を受けているユベントスだが、欧州を舞台にすれば立場は逆転するという論調の模様だ。主審を務めるのは一昨季のCL決勝を担当したオランダ人レフェリービョルン・カイペルス氏だが、試合前から大きなプレッシャーを受ける形となっている。

    Football ZONE web 4/19(水) 18:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00010017-soccermzw-socc

    【サッカー】<UEFA-CL>疑惑の判定に割れる両監督の意見…アンチェロッティ「ビデオ判定導入が必要」ジダン「これがサッカー」©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492586193/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ