サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAヨーロッパリーグ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 10:55:26.53 ID:???*.net

    10月1日、ヨーロッパリーグのグループステージ第2節、全24試合が欧州各国で行なわれた。

    日本人選手では、バーゼルの柿谷曜一朗はベンチ入りしたものの出場はなし、
    スポルティングの田中順也と負傷中のシャルケ内田篤人は登録メンバーに入らなかった。

    モナコ対トッテナムの強豪同士の一戦は1-1のドロー。エリク・ラメラに先制ゴールを許したホームのモナコは、
    終盤に今シーズンよりミランから加入したステファン・エルシャーラウィの公式戦初ゴールで追いついた。

    前節でボルドーに引き分けたリバプールは、シオンをホームに迎えて初勝利を狙ったものの、
    開始5分で挙げたアダム・ララーナによる1点を守り切れず、引き分けに終わっている。

    強豪国のクラブが敗れる波乱はいくつかあったが、
    そんなかでイタリア勢はナポリ、ラツィオ、フィオレンティーナの3チームが全て勝利を飾った。

    グループステージ第3節は10月22日に行なわれる。

    2015年10月02日 サッカーダイジェスト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=11636

    UEFA.com
    http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/index.html

    ◆動画◆ 各試合のハイライト映像(日本時間3日7時で配信終了)
    http://www.uefa.com/uefaeuropaleague/video/highlights/index.html

    ビジャレアル初白星、マルセリーノは満足せず 「もっと納得の勝利でなければ」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000004-goal-socc

    ナポリ、ELで2連勝 イグアインが好調維持
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000002-goal-socc

    スポルティング追いつかれドロー 田中ベンチ外
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000033-nksports-socc

    バーゼル2連勝で首位守る 柿谷は出番なし
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000037-nksports-socc

    ディサント17分間でハット シャルケが2連勝
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000038-nksports-socc

    [EL]エルシャーラウィが同点弾! モナコ、引き分けに持ち込む。その他会場の結果は……
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00010004-theworld-socc

    >>2以降につづく

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 06:29:16.86 ID:???*.net
    [10.1 ELグループリーグ第2節 PAOK1-1ドルトムント]

    ヨーロッパリーグ(EL)は1日、グループリーグ第2節を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でPAOKテッサロニキ(ギリシャ)と対戦し、1-1で引き分けた。
    香川は遠征メンバーから外れ、欠場している。

    中2日の4日にバイエルンとの大一番を控えるドルトムントは香川のほか、
    DFマッツ・フンメルス、DFソクラティス・パパスタソプロス、MFイルカイ・ギュンドガン、FWピエール・エメリク・オーバメヤンの主力5選手が遠征に帯同せず、休養が与えられた。

    DFネベン・スボティッチとMFスベン・ベンダーがセンターバックを組み、左サイドバックではDFパク・チュホが先発。
    中盤のインサイドハーフにはMFゴンサロ・カストロとMFヘンリク・ムヒタリアンが入り、FWアドナン・ヤヌザイがセンターフォワードを務めた。

    前半2分、MFヨナス・ホフマンがMFマルコ・ロイスとのワンツーでPA内に切れ込み、右足を振り抜くが、クロスバーの上。
    同24分にはヤヌザイのスルーパスにカストロが反応し、GKと1対1を迎えたが、シュートはGKの好守に阻まれた。

    するとPAOKは前半34分、ハーフウェーライン付近からの1本のロングフィードにFWロベルト・マクが抜け出し、PA内右に進入。
    角度のない位置から豪快に右足を振り抜き、シュートはクロスバーの下側を叩いてゴールネットを揺らした。

    1点ビハインドで前半を折り返したドルトムントはなかなかリズムをつかめず、後半20分にFWアドリアン・ラモスとDFマルセル・シュメルツァーを同時投入。
    選手交代で局面の打開を図ると、後半27分、左サイドのシュメルツァーがマイナスに戻し、PA手前からカストロが浮き球のパスを送る。
    ゴール前に走り込んだホフマンはこれをスルー。ホフマンの動きに引き付けられた相手GKはボールに反応できず、だれも触れないままゴールに吸い込まれた。

    カストロのゴールとなり、1-1の同点に追いついたドルトムントだが、主力温存の影響か、攻撃にいつものコンビネーションが出ない。
    後半43分、パクの左足ミドルもわずかにゴール右へ外れ、勝ち越すことはできなかった。

    ELは1勝1分となったドルトムントだが、勝ち点4でC組首位はキープ。開幕から公式戦11連勝後、
    これで9月23日のホッフェンハイム戦(1-1)、同27日のダルムシュタット戦(2-2)に続いて公式戦3試合連続の引き分けに終わった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-01157299-gekisaka-socc
    ゲキサカ 10月2日(金)6時21分配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 06:26:13.76 ID:???*.net
    BrsxA8ACUAAPwZD1

     
    ヨーロッパリーグ(EL)は17日、第1節を各地で行われた。FW柿谷曜一朗の所属するバーゼル(スイス)は
    敵地でフィオレンティーナ(イタリア)と対戦し、2-1で勝利した。柿谷はベンチ外となっている。

    試合は昨季までバーゼルを指揮したパウロ・ソウザ監督が今季から指揮するフィオレンティーナが先制した。
    前半4分、DFファクンド・ロンカリアのスルーパスに反応したFWニコラ・カリニッチが飛び出した
    GKトマーシュ・バツリークより一瞬早くボールにさわり、カバーに戻ったDFマレク・スヒーのクリアがカリニッチに当たってゴールに吸い込まれた。

    バーゼルはその後も押し込まれる時間が続き、前半32分に左から切れ込んだFWブレール・エンボロが
    角度のないところから右足でゴールを狙ったが、GKルイージ・セーペに止められ、0-1で前半を折り返した。

    1点リードのフィオレンティーナは後半3分、FWコウマ・ババカルのスルーパスでPA右へ抜け出した
    MFヤクブ・ブラスチコフスキが角度のないところから右足シュートも右ポスト直撃。
    追加点を挙げられないでいると、同21分にカウンターを阻止したDFゴンサロ・ロドリゲスにレッドカードが提示され、残り時間を10人で戦うことになった。

    すると1人多いバーゼルが同点に追いつく。
    後半27分、MFモハメド・エルネニーのパスを受けたMFビルキル・ビャルナソンの右足シュートが左ポストをかすめてゴールネットを揺らす。
    さらに攻勢を強ると同34分、エルネニーが右足一閃。GKセーペが飛びつくも触ることができず、
    強烈なミドルがゴール左上隅に突き刺さり、2-1の逆転勝利をおさめた。

     また、同時刻キックオフのDF内田篤人の所属するシャルケ(ドイツ)は敵地でアポエル(キプロス)と対戦し、
    FWクラース・ヤン・フンテラールの2ゴールなどで3-0の完封勝利をおさめ、好スタートを切った。
    また、FW田中順也の所属するスポルティング・リスボン(ポルトガル)はロコモティフ・モスクワ(ロシア)とホームで対戦し、1-3で初戦をおとしている。
    なお、内田と田中はベンチ外となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-01096304-gekisaka-socc
    ゲキサカ 9月18日(金)6時8分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-01096304-gekisaka-socc.view-000

    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 04:00:32.00 ID:???*.net

    no title
    見事なヘディングで劇的ゴールを決めるチュホ
     
     ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとロシアのクラスノダールが対戦した。香川はベンチスタートとなっている。

     今シーズン開幕から公式戦、無傷の9連勝と絶好調をキープするドルトムント。
    昨シーズンのロシア・プレミアリーグで3位のクラスノダールをホームのシグナル・イドゥナ・パルクに迎えての対戦となった。
    ドルトムントは、香川に加え、MFユリアン・ヴァイグルもベンチスタート。MFマルコ・ロシスは負傷のため欠場している。
    一方で新加入のMfアドナン・ヤヌザイが右サイドハーフで初の先発出場。
    さらに新加入のDFパク・チュホも左インサイドハーフで出場しクラブデビューを果たしている。

     今シーズン、先制されることが多いドルトムント(失点した4試合の内3試合)。この日もクラスノダールに先行を許す。
    12分、左サイドでキープしたフェドル・スモロフがマティアス・ギンターをかわして折り返す。
    ニアサイドに飛び出したパヴェル・ママエフが右足で合わせてゴールネットを揺らした。この日27歳の誕生日を迎えたママエフはバースデーゴールでEL初得点を決めている。

     ドルトムントは主導権を握るものの、ゴールが遠い。34分、ヤヌザイからのスルーパスでエリア内左に抜け出したヘンリク・ムヒタリアンがシュートを放つが、GKアンドリー・ディカンに阻まれる。
    39分、右CKから、ファーサイドのピエール・エメリク・オーバメヤンが右足のダイレクトボレーを放つが、これもディカンに弾き出された。

     このまま前半終了かと思われた前半アディショナルタイム、ドルトムントが同点とする。左サイドのパク・チュホからのクロスに、
    ファーサイドにいたギンターがDFの背後から飛び出し、ヘディングで叩き込んだ。直後に終了のホイッスルが鳴り、1-1の同点で前半を折り返す。

     ドルトムントはマルセル・シュメルツァーを下げて香川を投入し後半を迎えた。これで香川が左インサイドハーフ、パク・チュホが左サイドバックに入った。
    56分、ヤヌザイのスルーパスをエリア内左で受けたムヒタリアンが、切り返しから右足を振り抜くも、シュートはカーブがかかりきらず、
    わずかに枠の右に外れた。さらに61分、カストロに代えてヴァイグルをピッチに送り出した。

     ゲームを支配しするドルトムントだが、なかなか得点を奪えない。
    65分、香川からのダイレクトパスをエリア内中央で受けたヤヌザイが、切り返しから右足を振り抜くが、ディガンに弾き返される。
    さらにそのこぼれ球をエリア内右で拾ったオーバメヤンが、シュートを放つも、相手選手にブロックされ、得点とはならなかった。
    72分には、オーバメヤンを下げてアドリアン・ラモスを投入した。

     すると76分、ムヒタリアンからのスルーパスでエリア内右に抜け出したラモスが、そのままGKもかわして角度のないところからシュートを放つが、カバーに入ったした相手選手にブロックされた。
    終盤に86分、右サイドからのクロスに、ヤヌザイがニアサイドに飛び込むが、わずかに合わない。
    88分にはエリア内右でボールを受けたギンターが中央に切り込んでシュートを放つが、ディカンにキャッチされた。

     ドローで試合終了かと思われた後半アディショナルタイムに、ドルトムントが逆転に成功する。
    右サイドのギンターからのクロスに、ファーサイドのパク・チュホがダイビングヘッドで押し込み、ゴールネットを揺らした。
    試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが2-1でクラスノダールに勝利。ドルトムントは今シーズン開幕から公式戦10連勝に伸ばした。

     ドルトムントは、10月1日に行われるCLグループステージ第2節でPAOKとのアウェーゲームに臨む。

    【スコア】
    ドルトムント 2-1 クラスノダール

    【得点者】
    0-1 12分 パヴェル・ママエフ(クラスノダール)
    1-1 45+1分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
    2-1 90+3分 パク・チュホ(ドルトムト)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00351179-soccerk-socc

    続きを読む

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 05:33:13.49 ID:???*.net
    SOCCER KING 8月28日(金)5時25分配信

    CLオッド戦で得点を決めたロイス(左)、香川(中央)、ムヒタリアン(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

     ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグが27日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと
    ノルウェーのオッドが対戦した。

     20日に行われたファーストレグは、ドルトムントがオッドのホームに乗り込み対戦した。開始わずか16秒に
    先制点を許すなど、ドルトムントは22分までに3点差をつけられたが、34分に反撃の1発を挙げると、85分に逆転に
    成功。結局、ドルトムントが敵地で4-3の大逆転勝利を収めていた。同試合で香川は今シーズン初得点を
    含む1ゴール1アシストの活躍。さらに、23日に行われたブンデスリーガ第2節のインゴルシュタット戦でも
    ゴールを決めた香川は、3試合連続ゴールのかかる今試合、トップ下で先発出場している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00344625-soccerk-socc

    続きを読む

    ドルトムント主将、逆転勝利の鍵は香川の今季初ゴールと指摘

    1682751_w2


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150821-00010003-soccermzw-socc
     ドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスは20日の欧州リーグプレーオフのオッズ(ノルウェー)第1戦で、試合開始22分間での3失点を失い、そこから逆転勝利を飾る劇的な試合展開で、後半開始直後のMF香川真司の今季初ゴールが勝負の分かれ目となったと分析している。クラブ公式サイトが伝えている。

     試合は前半22分までに0-3とまさかの劣勢を強いられるが、最終的には4得点を決め見事に逆転した。フンメルスは、序盤の3失点に不満を漏らしつつ、香川のゴールが重要なターニングポイントであったことを口にしている。

    「試合序盤は悪い映画でも観ているようだった。あんな酷いパフォーマンスで試合に入ってはいけなかった。まさに悪夢のような出だしだった。幸運だったのが、後半開始直後の(香川の)ゴールで1点差とできたこと。なにより勝利を手にできたのが非常に大きかった」

    Soccer Magazine ZONE web 8月21日(金)11時55分配信
    no title
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 05:36:43.50 ID:???*.net


    躍動する香川 

     
    ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・ファーストレグが20日に行われ、ノルウェーのオッドと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。

    ドルトムントは、7月30日と8月6日に行われたEL予選3回戦でヴォルフスべルガーと対戦し、2試合合計6-0でプレーオフ進出決めた。
    その後、9日のDFBポカール1回戦のケムニッツァー戦で2-0の勝利し、15日にはボルシアMGとのブンデスリーガ開幕戦で4-0の圧勝。
    ここまで無失点での4戦全勝と、いい流れでアウェーでのオッド戦に臨んだ。香川はトップ下で先発出場している。

    試合は、ドルトムントが開始16秒でゴールを許す。オッドは、ロングボールを収めたラフィク・ゼフニニがペナルティエリア内左に突破し折り返す。
    そのボールにニアサイドに飛び込んだヨネ・サムエルセンが頭で合わせてゴールネットを揺らした。
    わずか16秒で今シーズン初失点を喫したドルトムントは2分、香川がエリア内左で相手のクリアボールを拾うと、切り返して右足を振り抜くが、シュートはクロスバーに弾き返される。

    ドルトムントは19分、エリア手前中央でパスを受けたムヒタリアンが、切り返しからミドルシュートを放つが枠の上、するとその直後にオッドが追加点を奪う。
    右サイドから攻撃を組み立てたオッドは、中央のフレドリク・ノルクベレにボールが入ると、目の前のぽっかり空いたスペースを突破しエリア内に侵入。
    右足シュートでゴール右隅に沈めた。さらに22分、敵陣中央でFKを獲得したオッドは、エスペン・ルートが直接狙う。
    回転の少ない強烈なシュートは、GKローマン・ヴァンデンフェラーの手を弾いてゴールに突き刺さった。ホームのオッドがリードを3点に広げる。

    反撃したいドルトムントは30分、ムヒタリアンがエリア手前中央から右足を振り抜くが、地を這うシュートは左ポストに阻まれる。
    すると34分にドルトムントが1点返す。エリア内右のケヴィン・カンプルからのマイナスの折り返しを、イルカイ・ギュンドアンがダイレクトでシュート。
    これは19歳のGKソンドレ・ロスバッハにセーブされるも、こぼれ球に詰めていたピエール・エメリク・オーバメヤンが右足で押し込んだ。前半はこのままドルトムントの2点ビハインドで折り返す。

    後半に入って、立ち上がりにドルトムントがリードを1点に縮める。47分、左サイドからのクロスの折り返しにエリア内中央の香川が、右足のボーレーシュートでネットを揺らした。
    香川は今シーズンの公式戦5戦目にして初ゴールを決めている。

    勢いに乗るドルトムントは67分、エリア前中央でオーバメヤンが右足を振り抜く。
    しかしシュートはロスバッハがわずかに触り、右ボストに弾き返された。
    さらに70分、エリア内右のマティアス・ギンターからのクロスに、ファーサイドのオーバメヤンが右足で合わせるが、ミートせず枠を捉えられない。
    だが76分、ドルトムントに待望の同点ゴールが生まれる。
    左サイドのマルセル・シュメルツァーかのグラウンダーの折り返しに、中央のオーバメヤンが左足のダイレクトシュートで、GKの股間を抜いてネットを揺らした。

    そのまま逆転を狙うドルトムントは80分、右サイドからの折り返しに、中央に走り込んできたギュンドアンが右足で合わせるが、またもシュートはクロスバーに嫌われた。
    すると84分、左サイドの香川からのクロスに、ファーサイドのムヒタリアンがヘディングで押し込みゴール。ドルトムントが3点差をひっくり返した。

    試合はこのまま終了。ドルトムントがアウェーで4-3の大逆転勝利を収めた。なお1ゴール1アシストの香川はフル出場を果たしている。

    セカンドレグは27日にドルトムントのホーム、シグナル・イドゥナ・パルクで行われる。

    【スコア】
    オッド 3-4 ドルトムント

    【得点者】
    1-0 1分 ヨネ・サムエルセン(オッド)
    2-0 19分 フレドリク・ノルクベレ(オッド)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00342199-soccerk-socc
    SOCCER KING 8月21日(金)5時22分配信


    3-0 22分 エスペン・ルート(オッド)
    3-1 34分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    3-2 47分 香川真司(ドルトムント)
    3-3 76分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    3-4 84分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)

    続きを読む

    1: pathos ★@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 06:03:14.41 ID:???*.net
    3次予選ラウンド ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムント
    5 - 0

    マルコ・ロイス 48',
    ピエール・オーバメヤン 64',
    ヘンリク・ムヒタリャン 73', 82', 86'




    http://www.goal.com/jp/match/%E3%89%E3%AB%E3%88%E3%A0%E3%B3%E3%88-vs-%E3%B4%E3%A9%E3%AB%E3%95%E3%B9%E3%99%E3%AB%E3%AC%E3%BCac/2099608

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 06:14:29.55 ID:???*.net

    04c65205

    ヨーロッパリーグ予選3回戦ファーストレグが30日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントはヴォルフスベルガーと対戦した。

    ドルトムントは25日に行われたユヴェントスとの親善試合で2-0の完勝を収めるなど、充実したプレシーズンを過ごしてきた。
    一方のヴォルフスベルガーは、同予選2回戦でシャフティオール・ソリゴルスク(ベラルーシ)を2戦合計3-0で下し3回戦へと駒を進めてきた。

    この試合最初のシュートはドルトムント。2分、右サイドからウカシュ・ピシュチェクがクロスを上げ、中央でピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせたが枠の上に外れる。

    引いて守るヴォルフスベルガーに対し、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続いていたドルトムントだが、16分に試合を動かす。
    ピッチ中央でボールを持ったオーバメヤンがDFの裏に抜けだしたヘンリク・ムヒタリアンにスルーパスを通すと、
    パスを受けたムヒタリアンはGKと一対一になりかけたところでエリア中央に走り込んだヨナス・ホフマンにラストパス。これをホフマンが右足で難なくゴールに流し込んだ。

    リードを奪ったドルトムントは29分にもチャンスを迎える。前線でパスを受けたムヒタリアンが巧みなターンでDFを振り切りエリア内左に侵入。
    左足でシュート性のパスを送るも、ファーサイドのオーバメヤンにはわずかに合わなかった。
    36分にも、左サイドからマルコ・ロイスが左足でマイナスのクロスを入れるとホフマンが右足でシュートを放ったが、ここはヴォルフスベルガーのDF陣が体を張って防いでいる。

    決定的なチャンスこそ少なかったものの、終始ボールを支配し危なげなく試合を進めたドルトムントが、しっかりチャンスをものにし1-0で前半を終えた。

    後半最初のチャンスもドルトムント。51分、左サイドのロイスが逆サイドに浮き球のパスを送ると、
    これを受けたホフマンが右足でグラウンダーのシュートを放ったが、GKアレクサンダー・コフラーがしっかりとセーブした。

    ヴォルフスベルガーにチャンスが訪れたのは61分。カウンターからパスをつなぐと、エリア手前中央で受けたマヌエル・ザイドルがフリーで走りこんだトーマス・ツンデルにラストパス。
    しかしツンデルのシュートは枠の上に大きく外れた。直後の65分にもザイドルがFKから直接ゴールを狙ったが、GKロマン・ビュルキが正面でキャッチした。

    66分、攻め込まれる時間が増えたドルトムントは先制点を決めたホフマンに代えて香川真司を投入する。

    追いつきたいヴォルフスベルガーは70分、右CKからタデイ・トルディナが強烈なヘディングシュートを放ったが、ムヒタリアンに頭で弾き返され同点とはならない。

    ドルトムントは79分、ロイスを下げてケヴィン・カンプルを投入。一方のヴォルフスベルガーも80分にクリストファー・ベルニッツニクとの交代でハコボ・インクランをピッチに送った。

    すると84分、ヴォルフスベルガーは再び右CKからトルディナが完璧なタイミングでヘディングシュートを放ったが、惜しくもGKの正面に飛んでしまった。

    後半はヴォルフスベルガーが主導権を握りチャンスの数でも上回ったが最後まで同点ゴールを奪えず、逃げ切ったドルトムントが敵地で1-0の勝利を収めた。

    セカンドレグは8月6日にドルトムントの本拠地ヴェストファーレン・シュタディオンで行われる。

    【スコア】
    ヴォルフスベルガー 0-1 ドルトムント
    【得点者】
    16分 0-1 ヨナス・ホフマン(ドルトムント)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00335457-soccerk-socc
    SOCCER KING 7月31日(金)5時58分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ