サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAヨーロッパリーグ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 07:11:31.11 ID:CAP_USER*.net

    CgCDVB8VIAA2ENn

     
    ■UEFAヨーロッパリーグ準々決勝第2戦

    【スコア】

    ★リヴァプール 4-3(2試合合計:5-4)ドルトムント

    【得点者】

    0-1 5分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
    0-2 9分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    1-2 48分 ディヴォック・オリジ(リヴァプール)
    1-3 57分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
    2-3 66分 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
    3-3 78分 ママドゥ・サコ(リヴァプール)
    4-3 90+1分 デヤン・ロヴレン(リヴァプール)

    その他の試合

    ★シャフタール・ドネツク 4 - 0 ブラガ (合計 6-1)

    スパルタ・プラハ 2 - 4 ★ビジャレアル  (合計 3-6)

    ★セビージャ 1-2 アスレティック・ビルバオ (合計: 3-3 PK戦5-4)

    UEFA.com
    http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2016/matches/live/index.html?day=12&session=1&match=2017221

    サッカーの欧州リーグ準々決勝第2戦は14日、各地で4試合が行われ、
    日本代表MF香川真司(27)が所属するドルトムント(ドイツ)は、
    アウェーでユルゲン・クロップ前監督(48)が率いるリバプール(イングランド)と対戦し、
    3―4で逆転負け、2戦合計4―5で敗退した。

    1―1で引き分けたホームでの第1戦では出場機会のなかった香川だが、
    この日は先発出場。先制点の起点にもなった。

    前半5分、カウンターからセンターサークル付近でパスを受けた香川がドリブルで持ちあがり、
    右サイドのMFカストロへ。カストロはゴール前のFWオバメヤンにつなぎ、
    オバメヤンのシュートはGKに阻まれたものの、
    こぼれ球をMFムヒタルヤンが右足で決めて先制。

    ドルトムントはその4分後にもDFの裏に抜け出したオバメヤンが右足でゴール。
    前半を2―0で折り返した。

    ところが、後半3分にリバプールに1点を返され、同12分にFWロイスのゴールで再び突き放したが、
    同21分、33分に立て続けに失点し、追いつかれてしまう。

    同点ならアウェーゴールの差で勝ち抜けだったが、
    終了間際の失点で逆転負け。4強入りは果たせなかった。

    スポニチアネックス 4月15日(金)5時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000004-spnannex-socc

    ■関連記事

    <サッカーキング>リヴァプール、大逆転で打ち合い制す…香川先発のドルト下してEL4強進出
    http://www.soccer-king.jp/news/world/el/20160415/431161.html

    <GOAL>香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利
    http://goo.gl/3bh9Vt

    <ゲキサカ>アンフィールドの奇跡…香川先制起点も“クロップダービー”はリバプールが大逆転で制す
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?187362-187362-fl

    <超WORLDサッカー>リバプールが怒涛の追い上げで大逆転! 香川先発のドルトムントを撃破してベスト4進出《EL》
    http://sp.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=237701&page=0

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 17:02:37.02 ID:CAP_USER*.net

    4920078171-500x333

     
    現地時間7日(以下現地時間)に行なわれたヨーロッパリーグ(以下EL)準々決勝ファーストレグで、
    リヴァプール(イングランド)と1対1のドローに終わったドルトムント(ドイツ)。
    試合後、トーマス・トゥヘル監督は「神経質になっていた」と語った。
    地元紙『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)が伝えている。

     かつてチームを率いたユルゲン・クロップ監督を“敵将”としてホームに迎え、1対1で試合を終えたドルトムント。
    試合後、「この一戦を巡るあれこれで、選手たちの気が散っていたのでは」と問われたトゥヘル監督は
    「そうかもしれないが、選手それぞれ対応は異なる。
    選手に聞かなくては分からない」と答えつつ、「チームは雑音を気にせず、非常に集中して準備していたと感じている。
    ただ、大変ナーバスになっており、緊張でガチガチになっていたのは確かだ。
    笑顔を見せながら、自由に楽しくプレーできればと願っていたのだが」とコメント。
    後半になってようやくピリピリしたムードが解けたと話した。

     同紙はこの日の試合について「リヴァプールのプレスに対応できない選手が数人いた」と評し、
    なかでも「DFエリク・ドゥルムは序盤にパスミスを2度したあとは、試合から消えていた」とコメント。
    またMFマルコ・ロイスについても「シュートが枠に飛ばず、中盤でもほとんどボールを奪えず、一対一にも負けていた」
    と酷評。ゴンサロ・カストロも加え、この3選手にチーム最低の4.5点(ドイツでは1が最高、6が最低)をつけた。

     同紙からチーム最高の評定1を得たのは、この日何度か決定機をセーブしたGKローマン・ヴァイデンフェラー。
    「ヴァイデンフェラーに感謝しなくてはなりませんね?」と問われたトゥヘル監督は
    「感謝する必要はないが、彼は素晴らしいパフォーマンスを披露した。
    彼のプロ意識と毎日チームに捧げてくれているエネルギーの賜物だ」と語っている。

     トゥヘル監督はまた「セカンドレグを楽しみにしている。必ずチャンスはある。
    選手たちは今日の試合の反省を日曜にはもう見せてくれるかもしれない。
    今日と同じくらい歯を食いしばって戦ってほしいが、リラックスすることも必要だ」とコメント。
    10日開催のブンデスリーガ・宿敵シャルケ戦を見据えていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000016-ism-socc

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW 358d-D2jE) 2016/04/08(金) 10:44:21.24 ID:fQJKnizx0?2BP(1000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/jisakujien_2.gif
    ドルトムント香川に屈辱 恩師クロップ率いるリバプールとのEL8強で出番なし 初戦は1-1ドローに
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160408-00010000-soccermzw-socc



    https://www.youtube.com/watch?v=ZOQlGxNs5QE&;feature=youtu.be&t=18m

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 06:31:11.58 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    名門も日本のチャンスメイカーを警戒

    ドイツの名門ドルトムントはヨーロッパリーグ準々決勝で、イングランドのリヴァプールと対戦することが決定した。

    リヴァプールを率いるのは昨季までドルトムントを指揮していたユルゲン・クロップ監督で、早くも“クロップ・ダービー”が実現することに。
    白熱必至のこの“ダービー”に向けてリヴァプール公式サイトは、ブンデスリーガで躍進をみせる何人かの
    ドルトムントプレイヤーを警戒している。まず最も警戒すべき選手として同メディアが真っ先に挙げた名前は、
    ガボン代表ストライカーのピエール・エメリク・オバメヤンだ。今季のリーグ戦で22ゴールを挙げている
    驚異の点取り屋について同メディアは「ヨーロッパでも最高に危険なヒットマン」と評し、称賛を述べた。

    しかし他にも警戒すべき危険な男たちが存在することを同メディアはしっかりと認識している。
    香川真司とマルコ・ロイス、そしてヘンリク・ムヒタリヤンの3人について「彼らは3人とも創造性に溢れた
    閃きを放つ選手たちで、注意すべき存在だ」とし、やはり“ファンタスティック・フォー”には恐れを抱いているようだ。

    香川は、自身をヨーロッパで戦える男にまで育て上げてくれた恩師クロップの前で、
    素晴らしい結果を残すことはできるだろうか。少なくともリヴァプールは香川真司を恐れている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00010007-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:15:18.11 ID:CAP_USER*.net
    準々決勝

    ブラガ(ポルトガル) VS シャクタール・ドネツク(ウクライナ)

    ビジャレアル(スペイン) VS スパルタ・プラハ(チェコ)

    アスレチック・ビルバオ(スペイン) VS  セビージャ(スペイン)

    ボルシア・ドルトムント(ドイツ) VS リバプール(イングランド)

    UEFA日本語公式HP
    http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2016/draws/round=2000661/index.html

    スカパーヨーロッパリーグ
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/uel

    【サッカー】<UEFAチャンピオンズリーグ>準々決勝の組み合わせ抽選の結果!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458299643/

    【サッカー】<クロップ監督>古巣ドルトムントとの対戦望まず「優勝候補との対戦を望むほどバカじゃない」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458302225/

    【サッカー】<UEFAヨーロッパリーグの結果>リバプール、値千金同点弾!宿敵ユナイテッドを退けてベスト8進出!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458254800/

    【サッカー】<UEFAヨーロッパリーグ>ドルトムントがベスト8進出!香川は途中出場
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458252018/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 14:44:49.94 ID:CAP_USER*.net

    9f85d8af-s


    ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)セカンドレグが17日に行われ、ラツィオはチェコのスパルタ・プラハと対戦した。
    ホームのラツィオは0-3と完敗を喫し、2試合合計1-4で敗退。

    結果、ヨーロッパの舞台からイタリア勢が姿を消すこととなった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

    チャンピオズリーグ決勝トーナメント1回戦では、ローマがレアル・マドリードに2試合合計0-4で敗退。
    ユヴェントスも同4-6でバイエルンに屈した。

    以上の結果、ヨーロッパの大会で唯一のイタリア勢として残っていたのはラツィオだったが、
    上記の通り、スパルタ・プラハに敗退。イタリアの全クラブがベスト16で敗れ去ることとなった。

    ヨーロッパの舞台でベスト8を前にイタリアの全クラブが敗退するのは、2000-01シーズン以来、15年ぶりのこと。
    同シーズンのチャンピオンズリーグではミランとラツィオ、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)ではパルマとインテルがベスト16に進出していたものの、4クラブ全てが準々決勝を前に敗退した。

    なお、今シーズンのヨーロッパの舞台での結果によっては、イタリアがイングランドをUEFAランキングで上回り、2017-18シーズンには3位に復帰できる可能性もあった。
    しかし、ベスト8を前に全クラブが敗退したことで3位復帰の可能性は潰えている。

    SOCCER KING 3月18日(金)12時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00412239-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 07:46:40.91 ID:CAP_USER*.net
    決勝トーナメント2回戦セカンドレグ

    < レヴァークーゼン(ドイツ)  0 - 0  ビジャレアル (スペイン)>

    2試合合計2-0でビジャレアルが準々決勝へ

    <バレンシア (スペイン) 2 - 1  アスレティック・ビルバオ(スペイン)>

    1 - 0 13' サンティ・ミナ  
    2 - 0 37' アデルラン・サントス  
    2 - 1 75' アドゥリスバレンシア

    2試合合計2-2、アウェーゴールでアスレティック・ビルバオが準々決勝へ

     <ラツィオ(イタリア) 0 - 3 スパルタ・プラハ (チェコ)>

    0 - 1 10'  ドチカル 
    0 - 2 12'  クレイチー 
    0 - 3 44'  クレイチー

    2試合合計4-1でスパルタ・プラハが準々決勝へ

    <アンデルレヒト(ベルギー)0 - 1  シャフタール・ドネツク(ウクライナ)>

    0 - 1 90' エドゥアルド

    2試合合計4-1でシャフタール・ドネツクが準々決勝へ

    <セビージャ(スペイン)  3 - 0 FCバーゼル(スイス)>

    1 - 0 35' ラミ 
    2 - 0 44' ガメイロ 
    3 - 0 45' ガメイロ  

    2試合合計3-0でセビージャが準々決勝へ

    <ブラガ (ポルトガル)4 - 1 フェネルバフチェ(トルコ)>

    1 - 0 11' アハメド・ハッサン   
    1 - 1 45' アルペル
    2 - 1 69' ジョズエ(PK)
    3 - 1 74' ストイリコヴィッチ
    4 - 1 83' ラファ・シルヴァ

     <マンチェスター・U(イングランド)  1 - 1 リヴァプール(イングランド)>

    1 - 0 32' マルシャル(PK)   
    1 - 1 45'  コウチーニョ

    2試合合計3-1でリヴァプールが準々決勝へ

    スポーツナビ 試合結果
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=43

    UEFAヨーロッパリーグ公式 結果
    http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/

    【サッカー】<UEFAヨーロッパリーグ>ドルトムントがベスト8進出!香川は途中出場©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458252018/

    リヴァプール、前半終了間際に同点弾 コウチーニョの技ありシュートでベスト8進出決める
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00010001-theworld-socc

    コウチーニョ、値千金同点弾 宿敵ユナイテッドを退けてベスト8
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000038-goal-socc

    セビージャ、バーゼルに3-0 EL3連覇に前進
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000039-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 07:00:18.99 ID:CAP_USER*.net
    ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦セカンドレグが17日に行われ、トッテナムと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。この日、27歳の誕生日を迎えた香川はベンチスタートとなった。

     10日に行われたファーストレグは、ホームのドルトムントが3-0で快勝。セカンドレグはトッテナムのホームであるホワイト・ハート・レーンで開催された。

     ドルトムントは今年に入って公式戦13試合無敗。好調を維持したまま、3点リードの優位な状況で、ベスト8進出を懸けて敵地に乗り込む。先発メンバーには、マルコ・ロイス、ピエール・エメリク・オーバメヤン、ヘンリク・ムヒタリアンらが名を連ねた。対して、プレミアリーグでは首位レスター次いで2位と好調のトッテナム。セカンドレグでは3点差と厳しい戦いになるが、ホームの歓声を後押しに逆転突破を狙う。ソン・フンミン、ナセル・シャドリらに加え、イングランド代表に招集されたエリック・ダイアー、デレ・アリらがスタメン入り。エースのハリー・ケインはベンチスタートとなった。

     試合序盤、トッテナムにアクシデント発生。ベン・デイヴィスが守備の際に味方GKウーゴ・ロリスと交錯し、頭を打った模様。一度はピッチに戻ってプレーを再開させるが、13分にダニー・ローズとの交代を余儀なくされた。ドルトムントは14分、ムヒタリアンがペナルティエリア内左に抜け出して、深い位置からバックパス。そこに走り込んだロイスがダイレクトで右足を振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。

     トッテナムは23分、右CKでエリク・ラメラからのボールに、中央のダイアーが頭で合わせるが、シュートは枠の右に外れる。すると24分、ドルトムントが均衡を破る。エリア手前中央でパスを受けたオーバメヤンが右足を振り抜くと、豪快なミドルシュートはゴール右隅に突き刺さった。ドルトムントがオーバメヤンの公式戦34得点目で先制に成功。前半は1点リードで折り返す。

     後半に入って膠着状態が続く中、両チームとも交代枠を使って打開を狙う。ドルトムントは54分にソクラティス・パパスタソプーロスを下げて、エリック・ドゥルムを投入。60分にはロイスに代えて、クリスチャン・プリシッチをピッチに送り出した。一方のトッテナムは70分、アリを下げてトム・キャロルを投入した。

     ドルトムントは71分、ベスト8進出を決定付ける追加点を奪う。ムヒタリアンからのパスを受けたオーバメヤンが、エリア内右で右足を振り抜くと、シュートは相手GKロリスの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。2点のリードを得たドルトムントは直後の72分、ムヒタリアンを下げて香川を送り出す。

     74分、トッテナムの反撃が実る。相手の中途半端なバックパスを奪ったソン・フンミンが、相手GKロマン・ヴァイデンフェラーもかわして無人のゴールに流し込んだ。1点を返したトッテナムは直後にラメラを下げて、ジョシュ・オノマーを入れた。ドルトムントは89分、エリア内中央に走り込んだ香川が、オーバメヤンの横パスをダイレクトで右足シュートを放つが、クロスバー上に外れた。

     試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが敵地で2-1の勝利。2試合合計5-1でベスト8進出を決めた。

     準々決勝は4月7日にファーストレグが、同14日にセカンドレグが開催される予定。組み合わせ抽選会は今月18日に行われる。

    【スコア】
    トッテナム 1-2 (2試合合計:1-5)ドルトムント

    【得点者】
    0-1 24分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    0-2 71分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    1-2 74分 ソン・フンミン(トッテナム)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00412090-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/17(木) 21:45:35.68 ID:CAP_USER*.net

    CdNiQaVUEAEcOd3

     
    日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、17日にアウェーで行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦でトッテナムと対戦する。

    16日、凍てつく風が吹きつけるホワイト・ハート・レーンで、ドルトムントは試合を前にピッチに慣れようと努めた。
    1日後のスタジアムは一転してヒートアアップしているに違いない。ファーストレグを0-3で落としたトッテナムは、ホームで巻き返そうと必死に攻めてくるはずだ。

    「またハードワークが必要になる。トッテナムの実力はよくわかっている。ホームでアウェーのときと見違えるチームはよくあるよ」。
    キャプテンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、16日の前日会見でこう語った。
    「僕らの方が明らかに次のラウンドに近づいていることは、よくわかっている。試合でも力を見せつけたい。できれば1点とって決着をつけたいね」

    一方、は「相手は高い攻撃力を持つ、非常に危険なチームだ。だから最高のパフォーマンスで戦う必要がある」とコメント。
    遠征に参加していないのはドイツ代表DFスヴェン・ベンダーと同代表MFイルカイ・ギュンドアンのみ。
    同代表DFエリック・ドゥルムは最終調整を早めに切り上げた。「明日の時点で最強のメンバーで臨む」と指揮官は宣言している。

    試合は、日本時間18日午前5時5分キックオフ予定。

    SOCCER KING 3月17日(木)19時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00412052-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/11(金) 21:30:09.49 ID:CAP_USER*.net
    CdOoIKpW0AAOm_4


     
    ファン・ハールの戦術変更にも不満

    10日に行われたヨーロッパリーグ決勝ラウンド・ラウンド16ファーストレグでリヴァプールに0-2で敗れた
    マンチェスター・ユナイテッドを、クラブOBのポール・スコールズ氏が激しく批判した。

    この日のマンUは終始リヴァプールにボールを支配され、運動量でも圧倒されてしまった。
    英『Daily Mail』によると、スコールズ氏はこの日のマンUが何をしたがっていたのか分からないと批判しており、
    めちゃくちゃな試合だったとコメントした。

    「今夜の彼らはめちゃくちゃだった。マンUは20年間哲学を持っていた。縦に速いサッカーを目指し、走り、タックルする。
    だがここ3年間はそれが消えている。今夜の彼らは何をしようとしてたんだ? 私には分からないね」

    「前半はショッキングなものだった。そして後半は3バックに変えた。昨季大失敗したシステムだ。
    そして今夜も大失敗したんだ」

    マンU指揮官ファン・ハールは後半からマイケル・キャリックを投入したが、そのキャリックは2失点目に大きく関わってしまった。
    スコールズ氏の言葉通りファン・ハールの戦術変更は何も効果を発揮せず、スコア以上に後味の悪いゲームとなってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160311-00010033-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ