サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAヨーロッパリーグ

    1: Egg ★2016/08/26(金) 20:58:52.83 ID:CAP_USER9


    message_680_510


    ヨーロッパリーグ(EL)の組み合わせ抽選会が26日に行われた。複数の日本人所属クラブが出場することで注目を集めたが、グループIでDF内田篤人の所属するシャルケ(ドイツ)とFW南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)。そしてグループKにDF長友佑都の所属するインテル(イタリア)とDF吉田麻也の所属するサウサンプトン(イングランド)が振り分けられた。

     グループリーグは9月15日より始まる。


    [グループA]
    マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
    フェネルバフチェ(トルコ)
    フェイエノールト(オランダ)
    ゾリャ(ウクライナ)
    [グループB]
    オリンピアコス(ギリシャ)
    アポエル(キプロス)
    ヤングボーイズ(スイス)
    アスタナ(カザフスタン)
    [グループC]
    アンデルレヒト(ベルギー)
    サンテティエンヌ(フランス)
    マインツ(ドイツ)
    カラバフ(アゼルバイジャン)
    [グループD]
    ゼニト(ロシア)
    AZ(オランダ)
    マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
    ダンダーク(アイルランド)
    [グループE]
    ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
    ローマ(イタリア)
    オーストリア・ウィーン(オーストリア)
    アストラ(ルーマニア)
    [グループF]
    ビルバオ(スペイン)
    ゲンク(ベルギー)
    ラピド・ウィーン(オーストリア)
    サッスオーロ(イタリア)
    [グループG]
    アヤックス(オランダ)
    スタンダール・リエージュ(ベルギー)
    セルタ(スペイン)
    パナシナイコス(ギリシャ)
    [グループH]
    シャフタール(ウクライナ)
    ブラガ(ポルトガル)
    ゲント(ベルギー)
    コンヤスポル(トルコ)
    [グループI]
    シャルケ(ドイツ)
    ザルツブルク(オーストリア)
    クラスノダール(ロシア)
    ニース(フランス)
    [グループJ]
    フィオレンティーナ(イタリア)
    PAOK(ギリシャ)
    スロバン・リベレツ(チェコ)
    ガバラ(アゼルバイジャン)
    [グループK]
    インテル(イタリア)
    スパルタ・プラハ(チェコ)
    サウサンプトン(イングランド)
    ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)
    [グループL]
    ビジャレアル(スペイン)
    ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
    チューリヒ(スイス)
    オスマンルスポル(トルコ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-01630663-gekisaka-socc

    【サッカー】<UEFA-チャンピオンズリーグ>ドルトは昨季王者レアルと同組、バルサとシティがいきなり激突/組み合わせ抽選会
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1472144274/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/19(木) 07:44:47.23 ID:CAP_USER9

    CixG2bPUkAAgwLf

     
     ヨーロッパリーグ(EL)の決勝戦が18日、ザンクト・ヤコブ・パルク(スイス)で開催され、リバプール(イングランド)とセビージャ(スペイン)が対戦し、3-1でセビージャが優勝を決めた。これにより、3シーズン連続でチャンピオンズリーグ(欧州CL)とELでスペイン勢がヨーロッパ王者になることが決定した。

     セビージャはこの日、先制点を許し、前半はシュートわずか1本に終わったが、後半開始18秒でFWケビン・ガメイロが同点ゴールを決めると、その後、DFコケの2得点を加えて逆転。3-1でセビージャが史上初の3連覇を達成した。

     今季の欧州CLの決勝はレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーによるマドリード・ダービーと決まっており、13-14シーズンがレアル、14-15シーズンがバルセロナと3シーズン連続でスペイン勢が優勝することが決定。欧州の舞台でリーガ・エスパニョーラのクラブの躍動が続いている。

     以下、過去3シーズンの欧州CLとELの決勝戦の結果

    ▽欧州CL
    2013-14:R・マドリー 4-1(延長)A・マドリー
    2014-15:バルセロナ 3-1 ユベントス
    2015-16:R・マドリー vs A・マドリー

    ▽EL
    2013-14:セビージャ 0-0(PK4-2)ベンフィカ
    2014-15:セビージャ 3-2 ドニプロ
    2015-16:セビージャ 3-1 リバプール

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-01627424-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/19(木) 07:03:40.89 ID:CAP_USER9

    CixG2bPUkAAgwLf

     
    【スコア】
    リヴァプール 1-3 セビージャ

    【得点者】
    1-0 35分 ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)
    1-1 46分 ケヴィン・ガメイロ(セビージャ)
    1-2 64分 コケ(セビージャ)
    1-3 70分 コケ(セビージャ)

    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10925927

    ■リバプールの良さが出た前半、セビージャの巧さが光った後半。

     5月18日(現地時間)、スイス・バーゼルのザンクト・ヤコブ・パルクで2015-16シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝が行なわれ、セビージャが3-1でリバプールを破り、3シーズン連続通算5度目(UEFAカップ時代を含む)の優勝を飾った。
     
     試合は、2連覇中のセビージャの攻勢で始まったが、リバプールが厳しい守備でゴールに近寄らせず、逆にボールを奪うと、空いたスペースを突いて攻撃を仕掛ける。
     
     ともにファウルも辞さないほどの厳しいプレッシャーをかけ合い、まずは点を取られないことに主眼を置いた戦いを展開。そんななかで、よりゴールに近づいたのはリバプールだった。
     
     7分にジャンがミドルでファーストシュートを放ち、11分にはクラインのクロスをスターリッジがヘディングシュート。24分には、右のララーナが中央に切れ込んでスルーパスを通し、抜け出したスターリッジがシュートを放つも、GKにブロックされた。
     
     対するセビージャは、ボールを持つ時間は長いものの、なかなか相手にゴールに迫れず、ファーストシュートは31分、CKの流れからCFガメイロが放ったオーバーヘッド(わずかに枠外)だった。
     
     このあたりからセビージャにも攻撃のかたちが出来てきたが、試合が動いたのはその矢先の35分。しかし、先制したのはリバプールの方だ。
     
     右からフィルミーノ→コウチーニョと繋ぎ、左にいたスターリッジへ。ボールを受けてDFとの間合いを詰めながら、スターリッジは左足アウトサイドでスライスをかけ、右サイドネット内側に突き刺した。
     
     この鮮やかな一撃で気を良くしたリバプールは、以降、ピッチを広く使ったスピーディーな攻撃でいくつかチャンスを作る。それは、セビージャの守備が乱れ、人数をかけながらも相手を抑えられず、またスペースをぽっかり空けてしまったからでもあった。
     
     消化不良の45分間を過ごしたディフェンディングチャンピオン。しかし、名将エメリに率いられたチームは後半、鮮やかな逆襲を見せる。
     
     キックオフ直後、マリアーノが左サイドで相手選手2人をかわし、中央にグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだガメイロが合わせ、あっさりと追い付いた。
     
     この“奇襲”でセビージャは勢いを得、一方のリバプールは守備から崩れていく。人数は多いにもかかわらず、セビージャのパス回しを許し、ひとりだけ残っているガメイロの再三突破を許してしまった。
     
     セビージャは幾度かの決定機を迎えた後の64分、ビトーロが2度のパス交換でペナルティエリアに迫り、ボールを前に進めると、左から寄って来たコケがダイレクトシュート。ボールをゴール右隅に叩き込んで逆転に成功する。
     
     さらに6分後、オフサイドポジションにいたコケが相手DFからボールを受けて強シュート。ボールはGKミニョレの右腕に当たりながらもゴールネットを揺らし、決定的な3点目がセビージャにもたらされた。
     
     意気消沈したリバプールは以降、一度も盛り返すことができずじまい。反撃は、コウチーニョの枠を外したシュートと、スターリッジの力のないボレーだけだった。
     
     後半は最初から最後まで主導権を握ったセビージャは、見事な試合運びの末にEL初の3連覇を達成。リバプールに優勝回数で並ぶのを許さなかった。まさに、「ELマイスター」の鮮やかな逆転劇だった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160519-00015958-sdigestw-socc 

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/05/06(金) 21:51:37.35 ID:CAP_USER9

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが5日に行われ、リヴァプールはビジャレアルに3-0で勝利。
    2試合合計3-1と逆転し、決勝進出を決めている。
    試合後、ユルゲン・クロップ監督がインタビューに応え、コメントを同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     同試合では、開始早々の7分にオウンゴールでリヴァプールが先制。
    後半にはイングランド代表FWダニエル・スタリッジと同代表MFアダム・ララーナが追加点を挙げ、
    ビジャレアルを突き放した。3-0で勝利したリヴァプールが決勝に駒を進めている。

     クロップ監督は「素晴らしい夜だった。僕らのチームは輝いていたよ。
    なんというパフォーマンスだ」と喜びをあらわにした。

     同監督は昨年10月からリヴァプールを指揮。就任1年目で早くもビッグタイトル獲得の可能性が見えてきた。
    「リヴァプールはいいチームだと思っていたし、それは私がここにきた理由だ。
    そして今、ファイナルまで進んだ訳さ」と、チームへの揺るがぬ信頼を語っている。

     決勝は18日にスイスのバーゼルで開催され、リヴァプールは3連覇を目指すセビージャと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00438441-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 06:13:04.98 ID:CAP_USER9.net


    CgCDVB8VIAA2ENn


    【スコア】試合会場:エスタディオ・エル・マドリガル
    ビジャレアル(スペイン) 1-0 リバプール(イングランド)

    【得点者】
    0 - 1   06'  ビトロ
    1 - 1   23'  マルロス  
    2 - 1   36'  ステパネンコ  
    2 - 2   82'  ガメイロ(PK)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10925506

    ビジャレアル、土壇場の先制弾でリヴァプールに先勝
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000044-goal-socc

    【スコア】 試合会場:ドンバス・アレーナ
    シャフタール・ドネツク(ウクライナ) 2-2 セビージャ(スペイン)

    【得点者】
    1 - 0  90'  アドリアン・ロペス  

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10925505

    3連覇狙う王者セビージャ、敵地で2ゴールを奪ってシャフタールとドロー
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000043-goal-socc

    【準決勝】第2戦 (5月5日)
    セビージャ 28:05 シャフタール
    リバプール 28:05 ビジャレアル

    UEFAヨーロッパリーグ日本語公式
    http://jp.uefa.com/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 19:54:57.98 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    スイスのニヨンで15日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝の組み合わせ抽選が行われた。

    スペイン勢が強さを見せるEL。PK戦の末に準決勝に進んだ2連覇中のセビージャは、シャフタール・ドネツクと対戦することが決まった。

    準々決勝でボルシア・ドルトムントと対戦し、歴史的な逆転勝利を果たしたリヴァプールは、ビジャレアルと決勝への切符を懸けて戦う。

    シャフタール・ドネツク 対 セビージャ

    ビジャレアル 対 リヴァプール

    (左側がホームでファーストレグ)

    準決勝は4月28日にファーストレグが、5月5日にセカンドレグが行われる。決勝戦は5月18日、スイス・バーゼルのザンクト・ヤコブ・パルクで開催される予定だ。

    GOAL 4月15日(金)19時47分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000026-goal-socc

    【サッカー】<UEFA-CL>準決勝組み合わせ決定!レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ、バイエルンVSアトレチコ・マドリード©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460714251/

    【サッカー】<UEFA-EL>香川真司、先制ゴール起点も…ドルトムント3―4で逆転負け!2戦合計4―5でまさかの逆転敗退★2
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460671891/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 17:25:18.67 ID:CAP_USER*.net
    CdOoIKpW0AAOm_4


    現地時間14日に行なわれた準々決勝セカンドレグで、イングランドのリヴァプールが
    ドイツのドルトムントに大逆転勝利を収め、大きな話題を読んだヨーロッパリーグ(以下EL)。
    英『デイリー・ミラー』紙は同日、今こそELはチャンピオンズリーグ(以下CL)の影から抜け出し、
    然るべきリスペクトを受けるべきだとコメント。7つの理由をもとに、CLよりもELの方が魅力的だと伝えた。

     以下は同紙が考える、ELが魅力的な7つの理由。

    1.CLという“ニンジン”
    「もちろん、UEFAが野菜のセールスまで始めたわけではない。
    今年から、EL優勝チームには、翌シーズンのCLへの出場権が与えられる。
    その結果、今季は有力チームがELを二流の大会と考えず、本気で戦っている。
    ドルトムント、リヴァプール、マンチェスターU、トッテナム……。そう、大事なのはいつだって金だ」

    2.CLよりも予想がつかない
    「来季CL準々決勝の顔ぶれを予想してみよう。極めて高い確率で、バルセロナ、レアル・マドリー、
    バイエルン、パリSGがいるはず(そしてアーセナルが、このどれかに負けてベスト16敗退となっているはず)だ。つまらない。

    これがELだったら? 予想はずっと難しい。ドニプロ・ドニプロペトロフスクが昨季ファイナリストになるなど、誰が予想できただろう。
    今季のブラガ、ビリャレアル、スパルタ・プラハだってそうだ。来季の準々決勝進出チームはどこか。
    考えるだけでワクワクするではないか」

    3.サッカーの知識が深まる
    「バルセロナの華麗な攻撃、バイエルンのクオリティ、欧州カップ戦におけるレアルの輝かしい歴史。
    そんなのもう知り尽くされている。

    しかしスパルタ・プラハ、アスレティック・ビルバオ、アウクスブルクの試合を見れば、知識の幅が広がる。
    それを可能にしてくれるのはELだけだ。欧州のそれほどエリートではないクラブについて
    知る機会を与えてくれるのはこの大会だけだ」

    4.試合数
    「サッカーが見足りない? そんな時はELだ。今季の試合数は全部で196。それに比べてCLはたったの118試合。
    哀れなものだ」

    5.遠征の楽しみ
    「かつては、欧州のディープな場所、見知らぬ土地の隅々までチームを追っていくことに、ファンが不満を持つ時代もあった。
    しかし時代は変わった。

    いまや、ファンはウィーンやリスボンのような素晴らしい街を訪れることができる。
    恐れ知らずの猛者なら、地図を広げてカザンやベオグラードをチェックするチャンスじゃないか。
    欧州の隅々まで、どこに行こうとあなたの思いのままだ」

    6.誰もがスカウトになれる
    「埋もれているダイヤの原石を発見しようじゃないか。8年前にそうしていれば、ディミトリ・パイェに
    唾を付けることもできたはずだ(注:当時パイェはサンテティエンヌでUEFAカップに参戦)。

    そういう宝は、ガバラ対ディナモ・ミンスクのような試合に眠っているかもしれない。次世代のパイェ、
    ヌゴロ・カンテ、ジェイミー・ヴァーディがどこかに隠れているはずだ。きっと」

    7.木曜が新たな金曜に
    「木曜までくれば週末まであと1日、もう休みも同然だ。
    ドニプロが勝った? じゃあ乾杯だ! 木曜の夜(注:ELは現地木曜開催)に友人とビールを飲むのに、
    ELの試合以上にいい口実があるだろうか」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000016-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 08:31:47.97 ID:CAP_USER*.net

    CPZMPvnVEAAJYli

    ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は14日、ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグのリヴァプール戦に出場して得点に関与した。ドイツメディアは、先発した香川にまずまずの評価をつけている。

    最近の試合でベンチに座ることが多かった香川だが、この大事な一戦では先発起用された。開始5分、チームの先制点の起点となった日本代表MFは、その後も効果的なポジションでキレのある動きを見せている。相手が主導権を握る展開となった後半はボールを受ける回数が減り、77分に退いた。

    『WAZ』は香川のパフォーマンスを「2.5」と採点。チーム単独最高点はマルコ・ロイスに対する「1.5」だった。高めの評価となった香川について、同メディアは守備面にも好印象を持っている。

    「相手がボールを持った際、非常多くの運動量を求められた。リヴァプールのサイドチェンジを阻止するためにパスコースを消し、特にエムレ・カンにゲームを組み立てさせないようにプレスをかけた」

    「それだけではなく、先制点に絡み、44分には自らもゴールを狙った。77分にはドルトムントファンから“カガワシンジ”のチャントも送られている。このときの彼らはまだ、試合をひっくり返されるとは思っていなかっただろう」

    一方で『ルールナハリヒテン』は「3」の及第点をつけた。こちらでは「ダービー(10日シャルケ戦)での魔法のようなゴールで自信をつけたようだ」と記され、「精力的な走りとプレーを楽しむ姿勢を見せた」と好評価されている。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000040-goal-socc

    【サッカー】<UEFA-EL>香川真司、先制ゴール起点も…ドルトムント3―4で逆転負け!2戦合計4―5でまさかの逆転敗退★2©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460671891/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 11:39:21.93 ID:CAP_USER*.net

    90G_Tuchel3_bvbnachrichtenbild_p

     
     現地時間14日に行なわれたリヴァプール(イングランド)とのヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグで3対4と逆転負けを喫し、1分け1敗の2試合合計スコア4対5で敗退したドルトムント(ドイツ)。  

    トーマス・トゥヘル監督は「最悪の事態」と肩を落とした。独『sky』、『Sport1』が伝えている。

     ホームでのファーストレグを1対1で引き分けていたドルトムントは、開始9分までに2点を先行する理想的な展開に。後半立ち上がりに1点を返されるも、その後MFマルコ・ロイスが突き放し、アウェイで3得点を手にする。しかし、そこからまさかの3失点。最後はロスタイムにDFデヤン・ロヴレンに決勝ゴールを奪われ、敗退が決まった。

     トゥヘル監督はインタビューで「目が覚めた思いだ。今は完全に空っぽの気分だ。(敵地)アンフィールでリヴァプールを相手にこのラウンドを制すという、大きな目標、偉業まであと一歩に迫った。しかし、それができなかったという事実と向き合わなければいけない」

     「3対1としたあと、リスクを冒して向かってくるリヴァプールに対処できなかった。それは認めなくてはならない。特にプレッシャーがかかった状態で、自分たちのスタイルを強く信じることができなかった。その結果、最悪なシナリオが現実になった」と試合を振り返っている。

     主将DFマッツ・フンメルスは「3対1になってから安心してしまい、積極的に守備にいくことを止めてしまった。そして、3対2となった段階でサッカーを止めてしまい、いきなり反撃を食らった」「間違いなく、今季一番苦しい敗戦だ」とコメントした。

     ロイスも「相手に1点返されてから3対1にしたのだから、あれで試合を決めなくてはならなかった。後半の自分たちは前半に見せたようなサッカーをしていなかった」と語り、 

    GKローマン・ヴァイデンフェラーも「目標達成にあと一歩というところで、すべてが手から離れていった。自分たちはサッカーを止めてしまった。唯一、それが責めるべき点だ」と語り、一様に3対1としたあとのパフォーマンスがまずかったとの見解を示している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000011-ism-socc

    【サッカー】<ドルトムント>まさかの結末!DFフンメルス「敗因? 3−1とした後、これで決まりだと思ってしまったんだ」©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460678487/

    【サッカー】<UEFA-EL>香川真司、先制ゴール起点も…ドルトムント3―4で逆転負け!2戦合計4―5でまさかの逆転敗退★2©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460671891/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ