サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAヨーロッパリーグ

    2016/11/25(金) 06:53:14.31 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節が24日に行われ、ハポエル・ベア・シェヴァ(イスラエル)と日本代表DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)が対戦した。

     前節、日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトン(イングランド)に長友のオウンゴールが決勝点となって敗れたインテル。4試合を終えわずか1勝と、グループステージ敗退の危機に瀕している。決勝トーナメント進出のためには勝利が必須となるハポエル・ベア・シェヴァ戦では、長友がEL3試合連続となるスタメン。エースのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディや、イタリア代表FWエデルらも先発に名を連ねた。

     試合開始から攻勢に出るインテルは13分、先制に成功する。左サイドからエデルが弾道の低いクロスを供給。これに反応したイカルディがディフェンスを振り切って右足インサイドでゴールへ押し込んだ。

     さらに25分、右サイドでボールを受けたマルセロ・ブロゾヴィッチが、中央へカットインし左足でミドルシュート。するとボールは左ポストに当たってそのままネットを揺らした。インテルが2-0とリードしてハーフタイムを迎える。

     後半に入ってもインテルの勢いは止まらない。52分、エリア右でイカルディがDFを背負いながら縦パスを受けると、そのまま反転して右足を振りぬく。しかしシュートはクロスバーに直撃し、追加点とはならなかった。

     ハポエル・ベア・シェヴァは58分、右サイドのマハラン・ラディがフリーでアーリークロスを上げる。するとこれにルシオ・マラニョンがダイビングヘッドで合わせ、ゴール左隅にボールを流し込んだ。ゲームは1点差となる。

     勢いに乗るハポエル・ベア・シェヴァは68分、ディフェンスラインの裏へ抜け出しエリア内でシュートを放ったマオール・ブザクロが、GKサミール・ハンダノヴィッチと交錯してPKを獲得。ハンダノヴィッチはこの日2枚目のイエローカードを提示され、退場となった。ビッグチャンスを迎えたハポエル・ベア・シェヴァは、キッカーのアンソニー・ヌワカエメがしっかりとゴールに決め、同点に追いついた。

     82分、逆転を目指すハポエル・ベア・シェヴァはカウンターを発動。最後は左サイドを駆け上がったヌワカエメがシュートまで持ち込んだ。しかしこれは途中出場のGKファン・バブロ・カリーソが何とか防ぎ、失点を阻止した。

     それでも後半ディショナルタイム、ハポエル・ベア・シェヴァは、エリア内でフリーのベン・サハルがヒールパスを受けると、GKカリーソとの1対1を落ち着いて制し、値千金の逆転ゴールを挙げた。

     直後に試合はタイムアップ。インテルは2点リードから逆転負けを喫した。長友はフル出場を果たしたものの、効果的に攻撃へ絡むことはできなかった。勝利を掴めなかったインテルはEL敗退が決定している。

     グループステージ最終節でハポエル・ベア・シェヴァはサウサンプトンと、インテルはスパルタ・プラハ(チェコ)と対戦する。

    【スコア】
    ハポエル・ベア・シェヴァ 3-2 インテル

    【得点者】
    0-1 13分 マウロ・イカルディ(インテル)
    0-2 25分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
    1-2 58分 ルシオ・マラニョン(ハポエル・ベア・シェヴァ)
    2-2 71分 アンソニー・ヌワカエメ(PK)(ハポエル・ベア・シェヴァ)
    3-2 90+3分 ベン・サハル(ハポエル・ベア・シェヴァ)

    SOCCER KING 11/25(金) 4:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00519848-soccerk-socc

    前後半で流れ一変…長友フル出場のインテル大逆転負け、最下位でGL敗退
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-01633676-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@ 2016/11/04(金) 05:23:44.90 ID:CAP_USER9

    Cso9PNTVYAAUj63

    Europa League - Group A

    フェネルバフチェ 2-1 マンチェスターユナイテッド

    1-0 2' Moussa Sow
    2-0 59'Jeremain Lens
    2-1 89' Wayne Rooney

    http://www.livescore.com/soccer/europa-league/group-a/fenerbahce-vs-manchester-united/1-2365380/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/09/30(金) 01:53:04.27 ID:CAP_USER9
    [9.29 ELグループリーグ第2節 ガバラ2-3マインツ]

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     ヨーロッパリーグ(EL)は29日、グループリーグ第2節を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツ(ドイツ)は敵地でガバラ(アゼルバイジャン)と対戦し、3-2で競り勝った。武藤は公式戦4試合ぶりの先発出場で、ELは2戦連続先発。前半41分に左足で先制点を決め、今季公式戦3得点目となるEL初ゴールを記録したが、終盤に右膝を痛めて負傷交代を余儀なくされた。

     荒れたピッチコンディションなどアウェーの環境に苦しめられた。マインツは前半20分、右サイドのスローインからFWユヌス・マリの折り返しにMFパブロ・デ・ブラシスが合わせるが、右足のシュートはミートし切れず、枠を外れる。同24分にはピンチを招き、クロスに合わせたDFリカルジーニョのヘディングシュートがポストを直撃。ヒヤリとさせられた。

     なかなか決定機をつくれずにいたマインツだが、前半41分、縦パスに走り込んだDFガエトン・ブスマンがワンタッチで流し、武藤がPA内に進入。左45度の位置でDFと対峙すると、冷静なボールコントロールから左足を振り抜き、ゴール右隅にねじ込んだ。

     武藤は18日のアウクスブルク戦以来、公式戦3試合ぶりのゴール。EL初得点でリードを奪い、前半を1-0で折り返すと、後半立ち上がりはマインツペースで進んでいたが、一つのミスが流れを変える。後半12分、マインツDFシュテファン・ベルが頭でGKに戻そうとしたバックパスが短くなり、MFフィリップ・オゾビッチがカット。たまらずGKヨナス・レッスルがオゾビッチを倒してしまい、PKを献上した。

     このPKをMFルスラン・クルバノフが決めて1-1の同点に追いついたガバラ。5分後の後半17分にはFWバガリー・ダボのボールキープからラストパスを受けたMFセルゲイ・ゼニオフが左足を振り抜き、勝ち越しゴールを奪った。

     1-2と逆転を許したマインツは後半22分にMFレビン・エズトゥナリとFWジョン・コルドバを同時投入。この交代策が的中した。1分後の後半23分、マリの右CKをニアのブスマンがヘディングでそらし、中央のコルドバが左足で押し込んだ。投入直後のゴールで2-2の同点に追いつくと、同33分には同じく途中出場のエズトゥナリが逆転ゴールを叩き込んだ。

     3-2と再逆転に成功したマインツだったが、後半36分、右クロスに武藤が飛び込んだ際にDFと交錯し、右膝を負傷。気にする素振りを見せながらそのままプレーを続けていたが、同38分、ピッチに座り込み、メディカルスタッフの治療を受けた。歩いてピッチをあとにした武藤はそのままMFズアト・ゼルダーと交代。3-2の逆転勝利でEL初勝利を挙げたが、古傷である右膝を痛めた武藤の状態が心配される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-01631715-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/16(金) 07:47:02.22 ID:CAP_USER9
     ヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグが15日に開幕した。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がフェイエノールト(オランダ)に0-1で敗れるなど、波乱の幕開けとなっている。

     日本人選手が所属するクラブは7チームが出場する。白星発進を決めたのはK組を戦うDF吉田麻也の所属するサウサンプトン(イングランド)。ホームでスパルタ・プラハ(チェコ)と対戦し、3-0で勝利した。吉田はフル出場で貢献した。故障離脱中のDF内田篤人の所属するI組のシャルケ(ドイツ)は敵地でニース(フランス)に1-0で勝利した。

     驚きを与えたのはK組の日本代表DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)。ホームで初出場のハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)と対戦したが、0-2で完敗を喫した。長友はフル出場だった。C組の日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツはサンテティエンヌ(フランス)とホームで1-1の引き分け。武藤は1点をリードしていた後半24分にベンチに下がっている。

     またB組を戦うFW久保裕也の所属するヤングボーイズ(スイス)は敵地でオリンピアコス(ギリシャ)に0-1で敗戦。MF南野拓実の所属するI組のザルツブルク(オーストリア)も敵地でクラスノダール(ロシア)に0-1で敗れた。MF瀬戸貴幸の所属するアストラ(ルーマニア)はオーストリア・ウィーンに2-3で敗戦。久保と南野はフル出場、瀬戸は後半開始から途中出場した。

     第2節は9月29日に行われる。

    第1節
    ▼9月15日(木)
    [A組]
    フェイエノールト 1-0 マンチェスター・U
    ゾリャ 1-1 フェネルバフチェ

    [B組]
    ヤングボーイズ 0-1 オリンピアコス
    アポエル 2-1 アスタナ

    [C組]
    マインツ 1-1 サンテティエンヌ
    アンデルレヒト 3-1 ガバラ

    [D組]
    AZ 1-1 ダンダーク
    マッカビ・テルアビブ 3-4 ゼニト

    [E組]
    ビクトリア・プルゼニ 1-1 ローマ
    アストラ 2-3 オーストリア・ウィーン

    [F組]
    ラピド・ウィーン 3-2 ゲンク
    サッスオーロ 3-0 ビルバオ

    [G組]
    スタンダール・リエージュ 1-1 セルタ
    パナシナイコス 1-2 アヤックス

    [H組]
    コンヤスポル 0-1 シャフタール
    ブラガ 1-1 ゲント

    [I組]
    ザルツブルク 0-1 クラスノダール
    ニース 0-1 シャルケ

    [J組]
    カラバフ 2-2 スロバン・リベレツ
    PAOK 0-0 フィオレンティーナ

    [K組]
    インテル 0-2 ハポエル・ベア・シェバ
    サウサンプトン 3-0 スパルタ・プラハ

    [L組]
    オスマンルスポル 2-0 ステアウア・ブカレスト
    ビジャレアル 2-1 チューリヒ

    ゲキサカ 9月16日 7時34分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-01631286-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@ 2016/09/16(金) 04:01:46.93 ID:CAP_USER9

    CsbixXnUsAA1Px1


    ELグループA 9/15(木)26:00 デ・カイプ

    フェイエノールト 1-0 マンチェスター・ユナイテッド

    得点:トニー・ヴィリェナ(後半34分)

    ▽マンチェスター・ユナイテッド

    GK 1 ダビド・デ・ヘア
    DF 3 エリック・バイリー
    DF 5 マルコス・ロホ
    DF 12 クリス・スモーリング
    DF 36 マッテオ・ダルミアン
    MF 6 ポール・ポグバ
    MF 21 アンデル・エレーラ
    MF 28 モルガン・シュナイデルラン
    MF 8 フアン・マタ          後半18分 → MF 18 アシュリー・ヤング
    MF 11 アントニー・マルシャル   後半18分 → FW 7 メンフィス・デパイ
    FW 19 マーカス・ラッシュフォード 後半18分 → FW 9 ズラタン・イブラヒモビッチ

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10972456

    続きを読む

    1: Egg ★2016/08/26(金) 20:58:52.83 ID:CAP_USER9


    message_680_510


    ヨーロッパリーグ(EL)の組み合わせ抽選会が26日に行われた。複数の日本人所属クラブが出場することで注目を集めたが、グループIでDF内田篤人の所属するシャルケ(ドイツ)とFW南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)。そしてグループKにDF長友佑都の所属するインテル(イタリア)とDF吉田麻也の所属するサウサンプトン(イングランド)が振り分けられた。

     グループリーグは9月15日より始まる。


    [グループA]
    マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
    フェネルバフチェ(トルコ)
    フェイエノールト(オランダ)
    ゾリャ(ウクライナ)
    [グループB]
    オリンピアコス(ギリシャ)
    アポエル(キプロス)
    ヤングボーイズ(スイス)
    アスタナ(カザフスタン)
    [グループC]
    アンデルレヒト(ベルギー)
    サンテティエンヌ(フランス)
    マインツ(ドイツ)
    カラバフ(アゼルバイジャン)
    [グループD]
    ゼニト(ロシア)
    AZ(オランダ)
    マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
    ダンダーク(アイルランド)
    [グループE]
    ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
    ローマ(イタリア)
    オーストリア・ウィーン(オーストリア)
    アストラ(ルーマニア)
    [グループF]
    ビルバオ(スペイン)
    ゲンク(ベルギー)
    ラピド・ウィーン(オーストリア)
    サッスオーロ(イタリア)
    [グループG]
    アヤックス(オランダ)
    スタンダール・リエージュ(ベルギー)
    セルタ(スペイン)
    パナシナイコス(ギリシャ)
    [グループH]
    シャフタール(ウクライナ)
    ブラガ(ポルトガル)
    ゲント(ベルギー)
    コンヤスポル(トルコ)
    [グループI]
    シャルケ(ドイツ)
    ザルツブルク(オーストリア)
    クラスノダール(ロシア)
    ニース(フランス)
    [グループJ]
    フィオレンティーナ(イタリア)
    PAOK(ギリシャ)
    スロバン・リベレツ(チェコ)
    ガバラ(アゼルバイジャン)
    [グループK]
    インテル(イタリア)
    スパルタ・プラハ(チェコ)
    サウサンプトン(イングランド)
    ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)
    [グループL]
    ビジャレアル(スペイン)
    ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
    チューリヒ(スイス)
    オスマンルスポル(トルコ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-01630663-gekisaka-socc

    【サッカー】<UEFA-チャンピオンズリーグ>ドルトは昨季王者レアルと同組、バルサとシティがいきなり激突/組み合わせ抽選会
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1472144274/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/19(木) 07:44:47.23 ID:CAP_USER9

    CixG2bPUkAAgwLf

     
     ヨーロッパリーグ(EL)の決勝戦が18日、ザンクト・ヤコブ・パルク(スイス)で開催され、リバプール(イングランド)とセビージャ(スペイン)が対戦し、3-1でセビージャが優勝を決めた。これにより、3シーズン連続でチャンピオンズリーグ(欧州CL)とELでスペイン勢がヨーロッパ王者になることが決定した。

     セビージャはこの日、先制点を許し、前半はシュートわずか1本に終わったが、後半開始18秒でFWケビン・ガメイロが同点ゴールを決めると、その後、DFコケの2得点を加えて逆転。3-1でセビージャが史上初の3連覇を達成した。

     今季の欧州CLの決勝はレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーによるマドリード・ダービーと決まっており、13-14シーズンがレアル、14-15シーズンがバルセロナと3シーズン連続でスペイン勢が優勝することが決定。欧州の舞台でリーガ・エスパニョーラのクラブの躍動が続いている。

     以下、過去3シーズンの欧州CLとELの決勝戦の結果

    ▽欧州CL
    2013-14:R・マドリー 4-1(延長)A・マドリー
    2014-15:バルセロナ 3-1 ユベントス
    2015-16:R・マドリー vs A・マドリー

    ▽EL
    2013-14:セビージャ 0-0(PK4-2)ベンフィカ
    2014-15:セビージャ 3-2 ドニプロ
    2015-16:セビージャ 3-1 リバプール

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-01627424-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/19(木) 07:03:40.89 ID:CAP_USER9

    CixG2bPUkAAgwLf

     
    【スコア】
    リヴァプール 1-3 セビージャ

    【得点者】
    1-0 35分 ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)
    1-1 46分 ケヴィン・ガメイロ(セビージャ)
    1-2 64分 コケ(セビージャ)
    1-3 70分 コケ(セビージャ)

    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10925927

    ■リバプールの良さが出た前半、セビージャの巧さが光った後半。

     5月18日(現地時間)、スイス・バーゼルのザンクト・ヤコブ・パルクで2015-16シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝が行なわれ、セビージャが3-1でリバプールを破り、3シーズン連続通算5度目(UEFAカップ時代を含む)の優勝を飾った。
     
     試合は、2連覇中のセビージャの攻勢で始まったが、リバプールが厳しい守備でゴールに近寄らせず、逆にボールを奪うと、空いたスペースを突いて攻撃を仕掛ける。
     
     ともにファウルも辞さないほどの厳しいプレッシャーをかけ合い、まずは点を取られないことに主眼を置いた戦いを展開。そんななかで、よりゴールに近づいたのはリバプールだった。
     
     7分にジャンがミドルでファーストシュートを放ち、11分にはクラインのクロスをスターリッジがヘディングシュート。24分には、右のララーナが中央に切れ込んでスルーパスを通し、抜け出したスターリッジがシュートを放つも、GKにブロックされた。
     
     対するセビージャは、ボールを持つ時間は長いものの、なかなか相手にゴールに迫れず、ファーストシュートは31分、CKの流れからCFガメイロが放ったオーバーヘッド(わずかに枠外)だった。
     
     このあたりからセビージャにも攻撃のかたちが出来てきたが、試合が動いたのはその矢先の35分。しかし、先制したのはリバプールの方だ。
     
     右からフィルミーノ→コウチーニョと繋ぎ、左にいたスターリッジへ。ボールを受けてDFとの間合いを詰めながら、スターリッジは左足アウトサイドでスライスをかけ、右サイドネット内側に突き刺した。
     
     この鮮やかな一撃で気を良くしたリバプールは、以降、ピッチを広く使ったスピーディーな攻撃でいくつかチャンスを作る。それは、セビージャの守備が乱れ、人数をかけながらも相手を抑えられず、またスペースをぽっかり空けてしまったからでもあった。
     
     消化不良の45分間を過ごしたディフェンディングチャンピオン。しかし、名将エメリに率いられたチームは後半、鮮やかな逆襲を見せる。
     
     キックオフ直後、マリアーノが左サイドで相手選手2人をかわし、中央にグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだガメイロが合わせ、あっさりと追い付いた。
     
     この“奇襲”でセビージャは勢いを得、一方のリバプールは守備から崩れていく。人数は多いにもかかわらず、セビージャのパス回しを許し、ひとりだけ残っているガメイロの再三突破を許してしまった。
     
     セビージャは幾度かの決定機を迎えた後の64分、ビトーロが2度のパス交換でペナルティエリアに迫り、ボールを前に進めると、左から寄って来たコケがダイレクトシュート。ボールをゴール右隅に叩き込んで逆転に成功する。
     
     さらに6分後、オフサイドポジションにいたコケが相手DFからボールを受けて強シュート。ボールはGKミニョレの右腕に当たりながらもゴールネットを揺らし、決定的な3点目がセビージャにもたらされた。
     
     意気消沈したリバプールは以降、一度も盛り返すことができずじまい。反撃は、コウチーニョの枠を外したシュートと、スターリッジの力のないボレーだけだった。
     
     後半は最初から最後まで主導権を握ったセビージャは、見事な試合運びの末にEL初の3連覇を達成。リバプールに優勝回数で並ぶのを許さなかった。まさに、「ELマイスター」の鮮やかな逆転劇だった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160519-00015958-sdigestw-socc 

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/05/06(金) 21:51:37.35 ID:CAP_USER9

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが5日に行われ、リヴァプールはビジャレアルに3-0で勝利。
    2試合合計3-1と逆転し、決勝進出を決めている。
    試合後、ユルゲン・クロップ監督がインタビューに応え、コメントを同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     同試合では、開始早々の7分にオウンゴールでリヴァプールが先制。
    後半にはイングランド代表FWダニエル・スタリッジと同代表MFアダム・ララーナが追加点を挙げ、
    ビジャレアルを突き放した。3-0で勝利したリヴァプールが決勝に駒を進めている。

     クロップ監督は「素晴らしい夜だった。僕らのチームは輝いていたよ。
    なんというパフォーマンスだ」と喜びをあらわにした。

     同監督は昨年10月からリヴァプールを指揮。就任1年目で早くもビッグタイトル獲得の可能性が見えてきた。
    「リヴァプールはいいチームだと思っていたし、それは私がここにきた理由だ。
    そして今、ファイナルまで進んだ訳さ」と、チームへの揺るがぬ信頼を語っている。

     決勝は18日にスイスのバーゼルで開催され、リヴァプールは3連覇を目指すセビージャと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00438441-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ