サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAヨーロッパリーグ

    1: Egg ★ 2017/11/24(金) 08:59:35.58 ID:CAP_USER9
    [11.23 ELグループリーグ第5節 ケルン1-0アーセナル]

    DPXV_gWWAAEIfHy


     ヨーロッパリーグ(EL)は23日、グループリーグ第5節を行い、FW大迫勇也の所属するケルン(ドイツ)はホームでアーセナル(イングランド)と対戦し、1-0で勝利した。大迫は1トップで先発し、後半28分までプレー。ケルンはEL2連勝でグループ最下位から2位に浮上し、最終節に望みをつないだ。

     すでに突破を決めているアーセナルは主力を温存させ、前節のトッテナム戦(2-0)から11人を変更。一方、EL3連敗を喫したケルンは敗退の可能性もあった前節で大迫が2ゴール1アシストと大活躍し、EL初勝利。今節も△●で敗退決定の可能性があったが、背水から意地を見せた。

     1トップで先発した大迫はなかなかいい形で攻撃に絡めず、ケルンはアーセナルに押し込まれる展開が続く。前半30分にはFWオリヴィエ・ジルーとのワンツーで左サイドを崩したMFフランシス・コクランが決定的なシュートを放ったが、これは左ポスト直撃。ケルンは前半35分、DFドミニク・マローが負傷交代となり、DFコンスタンティン・ラウシュが投入された。

     スコアレスで折り返した後半もアーセナルが主導権を握り、ケルンは守勢に回ったが、ワンチャンスを生かして試合を動かした。後半16分、PA内左を縦に仕掛けたFWセルー・ギラシーが倒され、PKを獲得。ギラシーが自らキッカーを務めると、右足で真ん中に蹴り込み、貴重な先制点を奪った。

     リードを奪ったケルンは後半28分、大迫をベンチに下げてMFマティアス・レーマンを投入。守備を固めて最後までアーセナルの攻撃に耐え凌ぎ、1点を守り抜いた。1-0で完封勝利をおさめたケルンはEL2連勝でグループ2位に浮上。最終節は12月7日に行われ、勝ち点6で並ぶレッドスター(セルビア)との直接対決でグループリーグ突破を争うことになった。

    11/24(金) 7:27配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646679-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/11/03(金) 07:28:36.60 ID:CAP_USER9
    Cxo2mAmUkAAmp7K




    11/3(金) 7:27配信
    [11.2 ELグループリーグ第4節 ケルン5-2BATE]

     ヨーロッパリーグ(EL)は19日、グループリーグ第4節を行い、FW大迫勇也の所属するケルン(ドイツ)はホームでBATE(ベラルーシ)と対戦し、5-2で逆転勝利をおさめた。1-2の後半開始から投入された大迫は同点ゴールでEL初得点を記録。45分間で2ゴール1アシストの活躍を見せ、チームのEL初勝利を呼び込んだ。

     今季、不振にあえぐケルンはブンデスリーガ2分8敗の未勝利で最下位に低迷。ELも開幕3連敗、勝ち点0でH組最下位に位置し、この直接対決で敗れれば他会場の結果次第では敗退の可能性もある一戦。立ち上がりから攻勢を強め、前半7分、相手DFのクリアミスを拾ったFWセルー・ギラシーが右足で狙ったが、わずかにゴール上へ。絶好の先制機を逸したが、試合を動かした。

     前半16分、相手ボールを奪ったMFサリフ・エーズジャンがマークを外し、絶妙なスルーパス。猛然と駆け上がったFWジモン・ツォラーがファーストタッチでDFの前に入り、2人に囲まれながら強烈な右足シュートでニアを破った。

     しかし、ここからBATEの反撃に遭う。前半31分、PA右深い位置でDFアレックス・リオスが右足でグラウンダーのクロスを入れ、DFネマニャ・ミルノビッチが同点ゴール。1-1に追いつくと、前半33分、PA右深い位置から再びリオスが鋭いクロス。FWニコライ・シフニェビッチが右足ダイレクトで豪快なオーバーヘッドを突き刺した。

     1-2で折り返した後半開始と同時にケルンは大迫を投入し、2列目の右サイドハーフに入った。すると後半9分、大迫が同点ゴールを記録。FKの流れからがペナルティーアーク内で待ち構えた大迫が胸トラップから迷わず右足を一閃。鮮やかな右足ミドルをゴール左下隅に突き刺した。

     大迫のEL初ゴールで試合を振り出したケルンの勢いは止まららない。後半17分、PA左手前でFKを獲得すると、キッカーのギラシーが壁を巻いたシュートを右足でゴール右下隅に沈めた。ギラシーは公式戦2戦連発となった。

     3-2と勝ち越しに成功すると、大迫が再び沸かせた。後半37分、エリア内に走り込んでMFレオナルド・ビッテンコートの左クロスを呼び込み、大迫が滑り込みながら右足シュートを押し込んだ。大迫はドッペルパック(1試合2得点)を達成。ケルンは最後まで攻撃の手を緩めず、後半45分には大迫の左クロスをMFミロシュ・ヨイッチがヘッドで押し込み、5-2で逆転勝利。ケルンはEL初勝利を挙げ、次節に望みをつないだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-01645812-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★@ 2017/09/15(金) 13:05:39.20 ID:CAP_USER9

    DJSykhXVYAAvY_5


    ELグループステージ第1節

    グループA
    ビジャレアル(スペイン) 3-1 アスタナ(カザフスタン)
    スラヴィア・プラハ(チェコ) 1-0 マッカビ・テル・アヴィヴ(イスラエル)

    グループB
    ディナモ・キエフ(ウクライナ) 3-1 スカンデルベウ・コルチャ(アルバニア)
    ヤング・ボーイズ(スイス) 1-1 パルチザン(セルビア)

    グループC
    ホッフェンハイム(ドイツ) 1-2 スポルティング・ブラガ(ポルトガル)
    イスタンブールBBSK(トルコ) 0-0 ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)

    グループD
    オーストリア・ウィーン(オーストリア) 1-5 ミラン(イタリア)
    リエカ(クロアチア) 1-2 AEKアテネ(ギリシャ)

    グループE
    アタランタ(イタリア) 3-0 エヴァートン(イングランド)
    アポロン・リマソル(キプロス) 0-0 リヨン(フランス)

    グループF
    ズリーン(チェコ) 0-0 シェリフ・ティラスポル(モルドバ)
    コペンハーゲン(デンマーク) 0-0 ロコモティブ・モスクワ(ロシア)

    グループG
    ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル) 2-1 ルガーノ(スイス)
    FCSB(ルーマニア) 3-0 ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)

    グループH
    レッドスター(セルビア) 1-1 BATEボリソフ(ベラルーシ)
    アーセナル(イングランド) 3-1 ケルン(ドイツ)

    グループI
    マルセイユ(フランス) 1-0 コンヤスポル(トルコ)
    ヴィトーリア・ギマランイス(ポルトガル) 1-1 ザルツブルク(オーストリア)

    グループJ
    ゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ) 0-0 エステルスンド(スウェーデン)
    ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 0-0 アスレティック・ビルバオ(スペイン)

    グループK
    ズルテ・ワレヘム(ベルギー) 1-5 ニース(フランス)
    フィテッセ(オランダ) 2-3 ラツィオ(イタリア)

    グループL
    ヴァルダール(マケドニア) 0-5 ゼニト(ロシア)
    レアル・ソシエダ(スペイン) 4-0 ローゼンボリ(ノルウェー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00642658-soccerk-socc

    続きを読む

    1: さあ名無しさん、ここは守りたい 2017/09/15(金) 04:35:20.43 ID:HRUBN4gT
    no title


    Arsenal FC @Arsenal
    Here it is - our side for #AFCvCOL
    no title

    Here’s our team in text:
    Ospina, Holding, Mertesacker, Monreal, Bellerin, Iwobi, Elneny, Maitland-Niles, Walcott, Alexis, Giroud

    1. FC ケルン @fckoeln_jp
    スタメン:ティモ・ホルン、クリュンター、メレ、ハインツ、ラウシュ、レーマン、ツォラー、ヘーガー、ヘクター、ビッテンコート、コルドバ
    ベンチ:ケスラー、ソーレンセン、リッセ、ヨイッチ、大迫、ギラシ、ヤネス・ホルン
    no title


    試合開始1時間遅れでキックオフ

    続きを読む

    1: プエルトリコ ★^^ 2017/08/25(金) 22:14:39.13 ID:CAP_USER9

    CPD49wcUsAAX3Q4

     ヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ抽選会が25日、モナコで行われ、参加48クラブが4クラブずつの12グループに振り分けられた。グループリーグは9月14日に開幕し、12月7日までにホームアンドアウェーで各クラブ6試合ずつ開催。決勝はフランス・リヨンで2018年5月16日に行われる。

     グループリーグでは各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出する。日本人選手の所属クラブでは、FW南野拓実のザルツブルク(オーストリア)がDF酒井宏樹のマルセイユ(フランス)と同じグループIに入った。

     FW原口元気のヘルタ(ドイツ)はビルバオ(スペイン)などと対戦するグループJに。FW大迫勇也のケルン(ドイツ)は19年ぶりにチャンピオンズリーグ出場権を逃したアーセナルと同じグループHとなった。

    組み合わせは以下のとおり
    ▼グループA
    ビジャレアル(スペイン)
    マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
    アスタナ(カザフスタン)
    スラビア・プラハ(チェコ)

    ▼グループB
    ディナモ・キエフ(ウクライナ)
    ヤングボーイズ(スイス)
    パルチザン(セルビア)
    スカンデルベウ(アルバニア)

    ▼グループC
    ブラガ(ポルトガル)
    ルドゴレツ(ブルガリア)
    ホッフェンハイム(ドイツ)
    イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)

    ▼グループD
    ミラン(イタリア)
    ウィーン(オーストリア)
    リエカ(クロアチア)
    AEKアテネ(ギリシャ)

    ▼グループE
    リヨン(フランス)
    エバートン(イングランド)
    アタランタ(イタリア)
    アポロン(キプロス)

    ▼グループF
    コペンハーゲン(デンマーク)
    ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
    シェリフ(モルドバ)
    ズリーン(チェコ)

    ▼グループG
    プルゼニ(チェコ)
    ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
    ハポエル・ベールシェバ(イスラエル)
    ルガーノ(スイス)

    ▼グループH
    アーセナル(イングランド)
    バテ・ボリソフ(ベラルーシ)
    ケルン(ドイツ)
    レッドスター(セルビア)

    ▼グループI
    ザルツブルク(オーストリア)
    マルセイユ(フランス)
    ビトーリア(ポルトガル)
    コンヤスポル(トルコ)

    ▼グループJ
    ビルバオ(スペイン)
    ヘルタ(ドイツ)
    ゾリャ(ウクライナ)
    エステルスンド(スウェーデン)

    ▼グループK
    ラツィオ(イタリア)
    ニース(フランス)
    ズルテ・ワレヘム(ベルギー)
    フィテッセ(オランダ)

    ▼グループL
    ゼニト(ロシア)
    レアル・ソシエダ(スペイン)
    ローゼンボリ(ノルウェー)
    バルダル(マケドニア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-01643351-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ ©2ch.net 2017/05/25(木) 18:55:39.76 ID:CAP_USER9
    支配率はアヤックスが上だったが……

    圧倒的にボールを保持していたのはアヤックスの方だったが、なかなかマンチェスター・ユナイテッドの守備を崩せない。24日におこなわれたヨーロッパリーグ決勝はそんな内容のゲームだった。

    、マンUが失点しそうな気配はほとんどなかった。一方でマンUは限られたチャンスを確実に活かし、2-0で勝利。若いアヤックスに比べてジョゼ・モウリーニョ率いるマンUの方が試合巧者だったと言えるだろう。

    しかし、アヤックス側はこの結果を受け入れられないようだ。英『FourFourTwo』によると、MFデイヴィ・クラーセンは「僕たちはよくなかった。このようなチームを相手にするのは難しい。彼らはただ引いて待ち、ロングボールを蹴っていた。彼らの2点はラッキーなものだよ」とコメントしており、マンUのスタイルに納得していない。

    指揮官のペーター・ボスも、「高い位置からプレスをかけるのは難しかった。彼らがビルドアップでリスクを冒さず、ロングボールのみ使ってきたからだ。退屈な試合だったと思う。互いにチャンスはなかった」と振り返っている。

    マンUのスタイルは何も反則というわけではなく、堅守速攻も立派なサッカーだ。自分たちの方が攻撃的だったはずなのに敗れてしまったことを受け入れられない部分もあるはずだが、今回はアヤックスの完敗だったと言えるだろう。

    theWORLD(ザ・ワールド) 5/25(木) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00010013-theworld-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/05/12(金) 08:14:57.34 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグが11日に行われ、決勝カードが決まった。

    ファーストレグで4-1と快勝していたアヤックスはリヨンに大苦戦。アウェーで先制に成功するも、前半のうちに逆転を許してしまう。後半にもリヨンの猛攻に遭うが、何とか1点で抑えると、試合は1-3で終了の笛が鳴らされる。アヤックスがファーストレグのリードを何とか守りきり、決勝進出を決めた。

    一方のマンチェスター・ユナイテッドはセルタを相手に1-1とドロー。マルアン・フェライニのゴールで先制しながら、85分に同点弾を決められ、あと1点を入れられると逆転で、敗退が決まるという状況になる。しかし、何とか試合をそのまま終え、アウェーでの初戦を1-0と制していたため、決勝行きのチケットを手に入れた。

    なお、決勝戦は24日、スウェーデン・ソルナのフレンズ・アレーナで行われる予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2017/05/04(木) 06:17:24.30 ID:CAP_USER9
    C-8joHnXsAA670W


    サッカーキング編集部
    サッカー総合情報サイト

    2017.05.04 01:45

     ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグが3日に行われ、アヤックスとリヨンが対戦した。

     25年ぶり(当時はUEFAカップ)の優勝を目指すアヤックスと、初制覇を狙うリヨンの一戦。過去のUEFA(欧州サッカー連盟)主催大会では4試合戦っており、アヤックスが2勝2分と無敗で相性の良さを見せている。

     試合はホームのアヤックスが先制に成功する。25分、右サイドからのFKではキム・ツィエクがペナルティエリア内へボールを送ると、中央のベルトラン・トラオレが頭でゴール左隅に流し込み、先制点を奪った。

    チェルシーからレンタル移籍しているトラオレの一撃でアヤックスが先制した [写真]=VI Images via Getty Images

     さらにアヤックスは34分、相手GKのクリアボールを敵陣中央右サイドのトラオレがヘディングで前線に送り返す。それにいち早く反応したカスパー・ドルベルグが、エリア内右に抜け出すと、冷静に右足シュートをゴール左に突き刺した。

    今シーズン昇格を果たしたドルベルグ。19歳にしてセンターFWの定位置を掴んでいる [写真]=UEFA via Getty Images

     2点リードで折り返したアヤックスは後半も勢いが止まらない。49分、ツィエクからのスルーパスでアミン・ユネスがエリア内左に抜け出し、余裕を持って右足を振り抜くと、相手DFに当たってコースが代わり、枠の左隅に吸い込まれた。

     3失点を喫したリヨンだが、徐々に反撃に出る。すると66分、クロスのクリアボールを拾ったマチュー・ヴァルブエナが、エリア内右からフリーで右足シュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

     リヨンはさらに直後の68分にもチャンス。ラシド・ゲザルからのスルーパスで、ナビル・フェキルがエリア内中央に抜け出してシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれた。直後の69分にはクリストフ・ジャレを下げて、ラファエウ・ダ・シウヴァを投入。76分にはマクスウェル・コルネに代えて、アレクサンドル・ラカゼットを送り出し、さらなる反撃を狙う。

     しかし71分、ダフィ・クラーセンの浮き球パスを受けたツィエクが、エリア内左から鋭い折り返しを入れると、ゴール前に走り込んだトラオレが左足で合わせて追加点を挙げた。再びリードを3点に戻したアヤックスは79分、ユネスを下げて、パトリック・クライファート氏の息子であるユスティン・クライファートを入れた。

     試合はこのままタイムアップを迎え、アヤックスが4-1で先勝し、25年ぶりの決勝進出に前進。また、公式戦ホーム無敗記録を22試合に伸ばした。

     セカンドレグは11日にリヨンのホームで行われる。

    【スコア】
    アヤックス 4-1 リヨン

    【得点者】
    1-0 25分 ベルトラン・トラオレ(アヤックス)
    2-0 34分 カスパー・ドルベルグ(アヤックス)
    3-0 49分 アミン・ユネス(アヤックス)
    3-1 66分 マチュー・ヴァルブエナ(リヨン)
    4-1 71分 ベルトラン・トラオレ(アヤックス)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/el/20170504/583507.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ