サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAヨーロッパリーグ

    1: Egg ★ ©2ch.net 2017/05/25(木) 18:55:39.76 ID:CAP_USER9
    支配率はアヤックスが上だったが……

    圧倒的にボールを保持していたのはアヤックスの方だったが、なかなかマンチェスター・ユナイテッドの守備を崩せない。24日におこなわれたヨーロッパリーグ決勝はそんな内容のゲームだった。

    、マンUが失点しそうな気配はほとんどなかった。一方でマンUは限られたチャンスを確実に活かし、2-0で勝利。若いアヤックスに比べてジョゼ・モウリーニョ率いるマンUの方が試合巧者だったと言えるだろう。

    しかし、アヤックス側はこの結果を受け入れられないようだ。英『FourFourTwo』によると、MFデイヴィ・クラーセンは「僕たちはよくなかった。このようなチームを相手にするのは難しい。彼らはただ引いて待ち、ロングボールを蹴っていた。彼らの2点はラッキーなものだよ」とコメントしており、マンUのスタイルに納得していない。

    指揮官のペーター・ボスも、「高い位置からプレスをかけるのは難しかった。彼らがビルドアップでリスクを冒さず、ロングボールのみ使ってきたからだ。退屈な試合だったと思う。互いにチャンスはなかった」と振り返っている。

    マンUのスタイルは何も反則というわけではなく、堅守速攻も立派なサッカーだ。自分たちの方が攻撃的だったはずなのに敗れてしまったことを受け入れられない部分もあるはずだが、今回はアヤックスの完敗だったと言えるだろう。

    theWORLD(ザ・ワールド) 5/25(木) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00010013-theworld-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/05/12(金) 08:14:57.34 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグが11日に行われ、決勝カードが決まった。

    ファーストレグで4-1と快勝していたアヤックスはリヨンに大苦戦。アウェーで先制に成功するも、前半のうちに逆転を許してしまう。後半にもリヨンの猛攻に遭うが、何とか1点で抑えると、試合は1-3で終了の笛が鳴らされる。アヤックスがファーストレグのリードを何とか守りきり、決勝進出を決めた。

    一方のマンチェスター・ユナイテッドはセルタを相手に1-1とドロー。マルアン・フェライニのゴールで先制しながら、85分に同点弾を決められ、あと1点を入れられると逆転で、敗退が決まるという状況になる。しかし、何とか試合をそのまま終え、アウェーでの初戦を1-0と制していたため、決勝行きのチケットを手に入れた。

    なお、決勝戦は24日、スウェーデン・ソルナのフレンズ・アレーナで行われる予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2017/05/04(木) 06:17:24.30 ID:CAP_USER9
    C-8joHnXsAA670W


    サッカーキング編集部
    サッカー総合情報サイト

    2017.05.04 01:45

     ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグが3日に行われ、アヤックスとリヨンが対戦した。

     25年ぶり(当時はUEFAカップ)の優勝を目指すアヤックスと、初制覇を狙うリヨンの一戦。過去のUEFA(欧州サッカー連盟)主催大会では4試合戦っており、アヤックスが2勝2分と無敗で相性の良さを見せている。

     試合はホームのアヤックスが先制に成功する。25分、右サイドからのFKではキム・ツィエクがペナルティエリア内へボールを送ると、中央のベルトラン・トラオレが頭でゴール左隅に流し込み、先制点を奪った。

    チェルシーからレンタル移籍しているトラオレの一撃でアヤックスが先制した [写真]=VI Images via Getty Images

     さらにアヤックスは34分、相手GKのクリアボールを敵陣中央右サイドのトラオレがヘディングで前線に送り返す。それにいち早く反応したカスパー・ドルベルグが、エリア内右に抜け出すと、冷静に右足シュートをゴール左に突き刺した。

    今シーズン昇格を果たしたドルベルグ。19歳にしてセンターFWの定位置を掴んでいる [写真]=UEFA via Getty Images

     2点リードで折り返したアヤックスは後半も勢いが止まらない。49分、ツィエクからのスルーパスでアミン・ユネスがエリア内左に抜け出し、余裕を持って右足を振り抜くと、相手DFに当たってコースが代わり、枠の左隅に吸い込まれた。

     3失点を喫したリヨンだが、徐々に反撃に出る。すると66分、クロスのクリアボールを拾ったマチュー・ヴァルブエナが、エリア内右からフリーで右足シュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

     リヨンはさらに直後の68分にもチャンス。ラシド・ゲザルからのスルーパスで、ナビル・フェキルがエリア内中央に抜け出してシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれた。直後の69分にはクリストフ・ジャレを下げて、ラファエウ・ダ・シウヴァを投入。76分にはマクスウェル・コルネに代えて、アレクサンドル・ラカゼットを送り出し、さらなる反撃を狙う。

     しかし71分、ダフィ・クラーセンの浮き球パスを受けたツィエクが、エリア内左から鋭い折り返しを入れると、ゴール前に走り込んだトラオレが左足で合わせて追加点を挙げた。再びリードを3点に戻したアヤックスは79分、ユネスを下げて、パトリック・クライファート氏の息子であるユスティン・クライファートを入れた。

     試合はこのままタイムアップを迎え、アヤックスが4-1で先勝し、25年ぶりの決勝進出に前進。また、公式戦ホーム無敗記録を22試合に伸ばした。

     セカンドレグは11日にリヨンのホームで行われる。

    【スコア】
    アヤックス 4-1 リヨン

    【得点者】
    1-0 25分 ベルトラン・トラオレ(アヤックス)
    2-0 34分 カスパー・ドルベルグ(アヤックス)
    3-0 49分 アミン・ユネス(アヤックス)
    3-1 66分 マチュー・ヴァルブエナ(リヨン)
    4-1 71分 ベルトラン・トラオレ(アヤックス)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/el/20170504/583507.html

    続きを読む

    1: Egg ★2ch.net 2017/02/17(金) 08:15:06.06 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦が16日に各地で行われた。

    日本人選手が所属するクラブでは、MF瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)がホームでヘンク(ベルギー)と対戦し、2-2の引き分け。
    瀬戸はフル出場を果たし、試合終了間際の90分にヘディングシュートで劇的な同点ゴールを挙げた。

    DF内田篤人が所属するシャルケ(ドイツ)は敵地でPAOK(ギリシャ)に3-0で勝利。FW久保裕也が所属するヘント(ベルギー)は
    トッテナム(イングランド)にホームで1-0と勝利している。内田、久保はともに欠場した。

    その他、マンチェスター・Uは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのハットトリックでサンテティエンヌに3-0と快勝。
    注目のフランス代表MFポール・ポグバとギニア代表DFフロランタン・ポグバの兄弟対決も実現した。

    また、EL決勝トーナメント1回戦屈指の好カードとなった、昨シーズン準決勝まで進んだビジャレアル(スペイン)とローマ(イタリア)の一戦は、
    アウェーのローマがボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコのハットトリックなどで4-0と快勝を収めた。

    セカンドレグは23日に開催される。

    ■EL決勝トーナメント1回戦ファーストレグ
    クラスノダール(ロシア) 1-0 フェネルバフチェ(トルコ)
    AZ(オランダ) 1-4 リヨン(フランス)
    ボルシアMG(ドイツ) 0-1 フィオレンティーナ(イタリア)
    ロストフ(ロシア) 4-0 スパルタ・プラハ(チェコ)

    ヘント(ベルギー) 1-0 トッテナム(イングランド)
    オリンピアコス(ギリシャ) 0-0 オスマンルスポル(トルコ)
    セルタ(スペイン) 0-1 シャフタール(ウクライナ)
    ルドゴレツ(ブルガリア) 1-2 コペンハーゲン(デンマーク)

    アストラ(ルーマニア) 2-2 ヘンク(ベルギー)
    PAOK(ギリシャ) 0-3 シャルケ(ドイツ)
    ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル) 1-3 ベジクタシュ(トルコ)
    ビジャレアル(スペイン) 0-4 ローマ(イタリア)

    マンチェスター・U(イングランド) 3-0 サンテティエンヌ(フランス)
    アンデルレヒト(ベルギー) 2-0 ゼニト(ロシア)
    レギア・ワルシャワ(ポーランド) 0-0 アヤックス(オランダ)
    アスレティック・ビルバオ(スペイン) 3-2 アポエル(キプロス)

    SOCCER KING 2/17(金) 7:11配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00552876-soccerk-socc

    UEFA EL公式 試合結果
    http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/index.html

    写真
    no title


    ■アストラMF瀬戸貴幸がELで劇的同点ゴール…ヘディング弾でチーム救う

    アストラ(ルーマニア)に所属するMF瀬戸貴幸が、
    16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのヘンク(ベルギー)戦で、終了間際に同点ゴールを奪いチームを救った。

    先発出場した瀬戸は、1-2の1点ビハインドで迎えた90分にゴールを決めた。
    ペナルティエリア内左でキープしたダニエル・フローレアからのクロスを、ゴール前で相手DFの背後から飛び出し、頭で叩きつけてゴールネットを揺らした。
    終盤83分に失点を喫し、窮地に立たされた中での同点ゴールにより、アストラは2-2に追い付いてホームでの敗戦を免れた。

    瀬戸は2014年10月2日のグループステージ第2節ザルツブルク(オーストリア)戦で初得点を記録して以来、EL通算2ゴール目。
    今シーズンは公式戦32試合に出場し、2ゴール目となった。なお、セカンドレグは23日にヘンクのホームで行われる。

    SOCCER KING 2/17(金) 5:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00552887-soccerk-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170217-00552887-soccerk-000-view.jpg

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/12(月) 21:36:16.77 ID:CAP_USER9

    UEFA



     
    ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が12日にスイス・ニヨンで行われた。

     先日、長期離脱からの復帰を果たしたDF内田篤人が所属するシャルケ(ドイツ)はPAOK(ギリシャ)と対戦。また、MF瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)はヘンク(ベルギー)との対戦に決まった。

     そのほか、マンチェスター・U(イングランド)はサンテティエンヌ(フランス)と、そしてローマ(イタリア)は強豪ビジャレアル(スペイン)と激突する。

     EL決勝トーナメント1回戦はファーストレグが2017年2月16日、セカンドレグが同23日に開催される。

     組み合わせは以下のとおり。

    ■EL決勝トーナメント1回戦
    アスレティック・ビルバオ(スペイン) vs アポエル(キプロス)
    レギア・ワルシャワ(ポーランド) vs アヤックス(オランダ)
    アンデルレヒト(ベルギー) vs ゼニト(ロシア)
    アストラ(ルーマニア) vs ヘンク(ベルギー)
    マンチェスター・U(イングランド) vs サンテティエンヌ(フランス)
    ビジャレアル(スペイン) vs ローマ(イタリア)
    ルドゴレツ(ブルガリア) vs コペンハーゲン(デンマーク)
    セルタ(スペイン) vs シャフタール(ウクライナ)
    オリンピアコス(ギリシャ) vs オスマンルスポル(トルコ)
    ヘント(ベルギー) vs トッテナム(イングランド)
    ロストフ(ロシア) vs スパルタ・プラハ(チェコ)
    クラスノダール(ロシア) vs フェネルバフチェ(トルコ)
    ボルシアMG(ドイツ) vs フィオレンティーナ(イタリア)
    AZ(オランダ) vs リヨン(フランス)
    ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル) vs ベジクタシュ(トルコ)
    PAOK(ギリシャ) vs シャルケ(ドイツ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00526929-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/09(金) 09:34:45.62 ID:CAP_USER9
    シャルケのDF内田篤人がザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした。試合後、インタビューに応じ、心境を語った。

    シャルケは8日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第6節でザルツブルクと対戦。試合には0-2で敗れたが、83分から内田が途中出場し、待望の復帰を果たした。

    内田は試合後「展開的に難しかったし、メンバーも入れ替わりましたけど」と話しながら、久々の実戦復帰を振り返った。

    「もう最後の何分かはキーパーが上がったりして壊れた試合になっちゃったけど、それまでは同点を目指していたので、右サイドの人と上手くやりながら攻め上がったりしました。どうしてもみんな疲れていたので後ろに残ることも多くなりましたけどね」

    「(南野拓実のシュートをブロックしたことについて)彼は下を向いていたので、動かずに当てに行っただけですね」

    また、試合前にはキャプテンのベネディクト・ヘヴェデスと談笑するシーンもあった。何を話していたのかという質問に「彼は長く面倒も見てくれるキャプテンだし、ずっと声をかけたりしてくれてました。その時は『ケガなく戻ってきてくれてありがとう』的な感じでしたね」と明かしている。

    最後に今後については「もちろんここからスタートだと思いますし、これからが大変で、自分のサッカー人生を取り戻すために頑張ります」と力強く語った。

    GOAL 12/9(金) 7:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000034-goal-socc

    続きを読む

    2016/11/25(金) 06:53:14.31 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節が24日に行われ、ハポエル・ベア・シェヴァ(イスラエル)と日本代表DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)が対戦した。

     前節、日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトン(イングランド)に長友のオウンゴールが決勝点となって敗れたインテル。4試合を終えわずか1勝と、グループステージ敗退の危機に瀕している。決勝トーナメント進出のためには勝利が必須となるハポエル・ベア・シェヴァ戦では、長友がEL3試合連続となるスタメン。エースのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディや、イタリア代表FWエデルらも先発に名を連ねた。

     試合開始から攻勢に出るインテルは13分、先制に成功する。左サイドからエデルが弾道の低いクロスを供給。これに反応したイカルディがディフェンスを振り切って右足インサイドでゴールへ押し込んだ。

     さらに25分、右サイドでボールを受けたマルセロ・ブロゾヴィッチが、中央へカットインし左足でミドルシュート。するとボールは左ポストに当たってそのままネットを揺らした。インテルが2-0とリードしてハーフタイムを迎える。

     後半に入ってもインテルの勢いは止まらない。52分、エリア右でイカルディがDFを背負いながら縦パスを受けると、そのまま反転して右足を振りぬく。しかしシュートはクロスバーに直撃し、追加点とはならなかった。

     ハポエル・ベア・シェヴァは58分、右サイドのマハラン・ラディがフリーでアーリークロスを上げる。するとこれにルシオ・マラニョンがダイビングヘッドで合わせ、ゴール左隅にボールを流し込んだ。ゲームは1点差となる。

     勢いに乗るハポエル・ベア・シェヴァは68分、ディフェンスラインの裏へ抜け出しエリア内でシュートを放ったマオール・ブザクロが、GKサミール・ハンダノヴィッチと交錯してPKを獲得。ハンダノヴィッチはこの日2枚目のイエローカードを提示され、退場となった。ビッグチャンスを迎えたハポエル・ベア・シェヴァは、キッカーのアンソニー・ヌワカエメがしっかりとゴールに決め、同点に追いついた。

     82分、逆転を目指すハポエル・ベア・シェヴァはカウンターを発動。最後は左サイドを駆け上がったヌワカエメがシュートまで持ち込んだ。しかしこれは途中出場のGKファン・バブロ・カリーソが何とか防ぎ、失点を阻止した。

     それでも後半ディショナルタイム、ハポエル・ベア・シェヴァは、エリア内でフリーのベン・サハルがヒールパスを受けると、GKカリーソとの1対1を落ち着いて制し、値千金の逆転ゴールを挙げた。

     直後に試合はタイムアップ。インテルは2点リードから逆転負けを喫した。長友はフル出場を果たしたものの、効果的に攻撃へ絡むことはできなかった。勝利を掴めなかったインテルはEL敗退が決定している。

     グループステージ最終節でハポエル・ベア・シェヴァはサウサンプトンと、インテルはスパルタ・プラハ(チェコ)と対戦する。

    【スコア】
    ハポエル・ベア・シェヴァ 3-2 インテル

    【得点者】
    0-1 13分 マウロ・イカルディ(インテル)
    0-2 25分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
    1-2 58分 ルシオ・マラニョン(ハポエル・ベア・シェヴァ)
    2-2 71分 アンソニー・ヌワカエメ(PK)(ハポエル・ベア・シェヴァ)
    3-2 90+3分 ベン・サハル(ハポエル・ベア・シェヴァ)

    SOCCER KING 11/25(金) 4:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00519848-soccerk-socc

    前後半で流れ一変…長友フル出場のインテル大逆転負け、最下位でGL敗退
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-01633676-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@ 2016/11/04(金) 05:23:44.90 ID:CAP_USER9

    Cso9PNTVYAAUj63

    Europa League - Group A

    フェネルバフチェ 2-1 マンチェスターユナイテッド

    1-0 2' Moussa Sow
    2-0 59'Jeremain Lens
    2-1 89' Wayne Rooney

    http://www.livescore.com/soccer/europa-league/group-a/fenerbahce-vs-manchester-united/1-2365380/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/09/30(金) 01:53:04.27 ID:CAP_USER9
    [9.29 ELグループリーグ第2節 ガバラ2-3マインツ]

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     ヨーロッパリーグ(EL)は29日、グループリーグ第2節を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツ(ドイツ)は敵地でガバラ(アゼルバイジャン)と対戦し、3-2で競り勝った。武藤は公式戦4試合ぶりの先発出場で、ELは2戦連続先発。前半41分に左足で先制点を決め、今季公式戦3得点目となるEL初ゴールを記録したが、終盤に右膝を痛めて負傷交代を余儀なくされた。

     荒れたピッチコンディションなどアウェーの環境に苦しめられた。マインツは前半20分、右サイドのスローインからFWユヌス・マリの折り返しにMFパブロ・デ・ブラシスが合わせるが、右足のシュートはミートし切れず、枠を外れる。同24分にはピンチを招き、クロスに合わせたDFリカルジーニョのヘディングシュートがポストを直撃。ヒヤリとさせられた。

     なかなか決定機をつくれずにいたマインツだが、前半41分、縦パスに走り込んだDFガエトン・ブスマンがワンタッチで流し、武藤がPA内に進入。左45度の位置でDFと対峙すると、冷静なボールコントロールから左足を振り抜き、ゴール右隅にねじ込んだ。

     武藤は18日のアウクスブルク戦以来、公式戦3試合ぶりのゴール。EL初得点でリードを奪い、前半を1-0で折り返すと、後半立ち上がりはマインツペースで進んでいたが、一つのミスが流れを変える。後半12分、マインツDFシュテファン・ベルが頭でGKに戻そうとしたバックパスが短くなり、MFフィリップ・オゾビッチがカット。たまらずGKヨナス・レッスルがオゾビッチを倒してしまい、PKを献上した。

     このPKをMFルスラン・クルバノフが決めて1-1の同点に追いついたガバラ。5分後の後半17分にはFWバガリー・ダボのボールキープからラストパスを受けたMFセルゲイ・ゼニオフが左足を振り抜き、勝ち越しゴールを奪った。

     1-2と逆転を許したマインツは後半22分にMFレビン・エズトゥナリとFWジョン・コルドバを同時投入。この交代策が的中した。1分後の後半23分、マリの右CKをニアのブスマンがヘディングでそらし、中央のコルドバが左足で押し込んだ。投入直後のゴールで2-2の同点に追いつくと、同33分には同じく途中出場のエズトゥナリが逆転ゴールを叩き込んだ。

     3-2と再逆転に成功したマインツだったが、後半36分、右クロスに武藤が飛び込んだ際にDFと交錯し、右膝を負傷。気にする素振りを見せながらそのままプレーを続けていたが、同38分、ピッチに座り込み、メディカルスタッフの治療を受けた。歩いてピッチをあとにした武藤はそのままMFズアト・ゼルダーと交代。3-2の逆転勝利でEL初勝利を挙げたが、古傷である右膝を痛めた武藤の状態が心配される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-01631715-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ