サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブラジル代表

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/06(金) 16:20:37.26 ID:CAP_USER9
    7/6(金) 16:06配信

    GettyImages-841356836-800x533


    ブラジルが先発を公表、マルセロ復帰…ベルギーはフェライニ先発とFIFAが予想

     6日の2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント準々決勝で、ブラジル代表とベルギー代表が対戦する。試合に先駆け、ブラジルサッカー連盟(CBF)は5日に先発メンバーを発表。また、ベルギーの予想スタメンを国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトが発表している。


     すでに先発メンバーを発表したブラジルは、フィリペ・コウチーニョやネイマール、ガブリエル・ジェズスといったメンバーが順当にスタメン入り。脊椎の痛みで1回戦を欠場したマルセロが、左サイドバックに復帰した。また、出場停止となったカゼミーロの代役にはフェルナンジーニョが起用されている。

     一方、ベルギーもメンバーの入れ替えが予想される。ヤニク・カラスコに代わってナセル・シャドリが入ると見られるほか、1回戦・日本代表戦でゴールを決めたマルアン・フェライニがドリース・メルテンスに代わって先発起用されると予想されている。前線にはエデン・アザールやここまで4得点のロメル・ルカクが起用されそうだ。

     優勝候補同士の激突となるこの一戦は、6日21時(日本時間7日3時)にキックオフを迎える。

     CBFが正式に発表したブラジルの先発メンバーと、FIFAによるベルギーの予想先発メンバーは以下の通り。

    ■ブラジル代表

    ▼GK
    アリソン

    ▼DF
    ファグネル
    ミランダ
    チアゴ・シウヴァ
    マルセロ

    ▼MF
    フェルナンジーニョ
    パウリーニョ
    フィリペ・コウチーニョ

    ▼FW
    ウィリアン
    ネイマール
    ガブリエル・ジェズス

    □ベルギー代表

    ▽GK
    ティボー・クルトワ

    ▽DF
    ヤン・ヴェルトンゲン
    ヴァンサン・コンパニ
    トビー・アルデルヴァイレルト

    ▽MF
    アクセル・ヴィツェル
    ケビン・デ・ブライネ
    ナセル・シャドリ
    トーマス・ムニエ

    ▽FW
    マルアン・フェライニ
    エデン・アザール
    ロメル・ルカク

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00789918-soccerk-socc





    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    416: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 08:04:20.23 ID:qdz62Wy5a
    1A8

    ブラジルってFW以上にSB王国よな 
    ロベカルカフーとかからずっと世界ナンバーワン排出してるやろ 
    ユーベのサンドロが代表にも入れないとか頭おかしい

    424: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 08:05:08.96 ID:EW6+4UPv0
    >>416 
    それな 
    ブラジルの強さはサイドバックにあるわ
    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/06/04(月) 17:37:51.38 ID:CAP_USER9
     かつての“怪物”が選考したベストイレブン。いずれも歴戦の強者がずらり居並ぶが、現在のサッカー界における“モンスター”は意外にも選外となった。

    6月3日、元ブラジル代表FWのロナウドは、近年恒例となっている自身セレクトの「歴代ベストイレブン」を発表した。言わば2018年版だ。

     その11人はいずれ劣らぬ伝説の名手たちが集う。システムはボックス型の4-4-2である。

     まず、守護神にはジャンルイジ・ブッフォンが入り、最終ラインは右から元ブラジル代表DFカフー、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ、同DFパオロ・マルディーニ、そして元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが並ぶ。

     さらに中盤から前線にかけては、文字通りの絢爛豪華。2ボランチに元フランス代表MFのジネディーヌ・ジダンと元イタリア代表のアンドレア・ピルロが並び、“天才マエストロ”コンビを形成。その一列前には、右にリオネル・メッシ、左にディエゴ・マラドーナという新旧アルゼンチン代表の10番が配置された。
     

     そして、注目の最前線にロナウドは、自分自身とサッカー界の“王様”であるペレのコンビをチョイスしている。

     申し分のないゴージャスな面子ながら、現在サッカー界のビッグスターでレアル・マドリーの後輩にあたるクリスチアーノ・ロナウドが落選している。これが大きな話題となっているのだ。

     スペイン紙『AS』は、かつて銀河系軍団でエースを担ったレジェンドの“クリロナ外し”について、「世界でもっとも偉大なイレブンでC・ロナウドの居場所はなかった」と報じ、さらには英紙『The SUN』も、「ロナウドによるロナウド外しだ。ブラジルの伝説的なスターは5度のバロンドール受賞者を選びはしなかった」と綴った。

     現役時代から話題に事欠かなかったロナウドだが、引退してもなお、その言動でサッカー界を盛り上げてくれている。
     

    フォーメーション画像
    no title


    GK ブッフォン

    DF カンナバーロ
      マルディーニ
      ロベルトカルロス
      カフー

    MF ピルロ
      ジダン
      メッシ
      マラドーナ

    FW ペレ
      ロナウド 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00041404-sdigestw-socc

    ☆今日の人気記事





    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/05/19(土) 05:20:22.72 ID:CAP_USER9
    1585102_heroa

    先日、ワールドカップに向けた23人のメンバーを発表したブラジル代表。王国と呼ばれるだけに、代表から漏れてしまった有力選手も少なくない。

    ここでは、『sportskeeda』による「2018年W杯でプレーしないブラジル選手のベストイレブン」を見てみる。

    GK:ネト(バレンシア)
    SB:ダニ・アウヴェス(PSG)※怪我
    SB:アレックス・サンドロ(ユヴェントス)
    CB:ダヴィド・ルイス(チェルシー)
    CB:ジェメルソン(モナコ)
    MF:ファビアーノ(モナコ)
    MF:オスカル(上海上港)
    MF:アンデルソン・タリスカ(ベシクタシュ)
    FW:ルーカス・モウラ(トッテナム)
    FW:ウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ)
    FW:マウコン(ボルドー)

    2018年W杯から漏れたブラジル人選手で組むベストイレブン。フォーメーションはこんな感じ。

    https://qoly.jp/control/files/1d76871f-30fd-615f-e5a9-255801cae2c2.view

    アウヴェスは直前の怪我で無念の欠場…。一方、実力者ながらメンバー外となったアレックス・サンドロは、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍も噂されている。

    https://qoly.jp/2018/05/19/brazil-11-will-not-be-play-at-2018-world-cup-iks-1?part=5



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/15(火) 05:38:53.72 ID:CAP_USER9
    W杯欠場のD・アウベスの代役に選ばれたのは?

    写真
    no title


     ブラジル・サッカー連盟は、5月14日、6月14日にロシアで開幕するワールドカップに臨む登録メンバー23名を発表した。

     2016年6月に発足したチッチ体制下で、完成度を高めてきたチームには、順当なメンバーが選出された。

     今年2月25日のマルセイユ戦(リーグ・アン27節)で右足の第五中足骨を骨折し、シーズンのラスト3か月を棒に振った「セレソンの至宝」ネイマールも当然のメンバー入り。その他にもコウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、パウリーニョ、マルセロといった攻守にタレント陣が揃った。

     また、2日前に右膝を痛めたことによる大会欠場が発表されていた右SBのダニエウ・アウベスの代役には、国内の名門コリンチャンスで活躍するファグネルを招集した。

     2002年の日韓大会以来となる16年ぶりの世界制覇を目論むブラジル。今大会はグループEでスイス、コスタリカ、クセルビアと争うこととなっている。

     発表された本大会メンバー23名は以下の通り。
     

    【GK】
    アリソン(ローマ/イタリア)
    エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
    カッシオ(コリンチャンス)

    【DF】
    ダニーロ(マンチェスター・C/イングランド)
    ファグネル(コリンチャンス)
    マルセロ(R・マドリー/スペイン)
    フィリペ・ルイス(A・マドリー/スペイン)
    チアゴ・シウバ(パリSG/フランス)
    マルキーニョス(パリSG/フランス)
    ミランダ(インテル/イタリア)
    ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)

    【MF】
    カゼミーロ(R・マドリー/スペイン)
    レナト・アウグスト(北京国安/中国)
    パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)
    フィリッペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
    フレッジ(シャフタール・ドネツク/ウクライナ)
    ウィリアン(チェルシー/イングランド)
    ドウグラス・コスタ(ユベントス/イタリア)

    【FW】
    ネイマール(パリSG/フランス)
    タイソン(シャフタール/ウクライナ)
    ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
    ロベルト・フィルミーノ(リバプール/イングランド)

    サッカーダイジェスト 5/15(火) 2:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00040380-sdigestw-socc




    続きを読む

    10: 名無しさん@恐縮です 2018/03/12(月) 03:09:02.02 ID:oR/kYSHz0

    m_ronaldo-brazil


    サカヲタは旧ロナウドが歴代ナンバー1ってよく言うけど、クリロナやメッシの方がゴール量産してるよね? 
    いったい旧ロナウドはとこがスゴかったの?
    続きを読む

    726: 風吹けば名無し 2018/03/06(火) 15:18:47.03 ID:sEfv0kvL0
    Bm9TixpCcAEJn15


    マルセロとかいう何故かサイドバックやらされてる超一流FW 

    こいつ前のポジションでも世界最高レベルになれるやろ

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/02/17(土) 01:45:53.79 ID:e5zsre7z0

    GettyImages-841356836-800x533


    GK
    アリソン(ローマ)

    DF
    ダニエウ・アウベス(PSG) マルキーニョス(PSG) チアゴ・シウバ(PSG) ミランダ(インテル) マルセロ(レアル)

    MF
    カゼミーロ(レアル) レナト・アウグスト(北京国安) パウリーニョ(バルサ) コウチーニョ(バルサ) フェルナンジーニョ(マンC) ウィリアン(チェルシー)

    FW
    ネイマール(PSG) ジェズス(マンC) フィルミーノ(リヴァプール)




    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/09(木) 21:11:34.77 ID:CAP_USER9
    チッチ監督が前日会見で発表 「全てのゲームがW杯につながっている」
    CpDGFhIUMAAi1Bp



    チッチ監督率いるブラジル代表は10日の日本代表戦に向けて、現地時間9日10時から試合会場となるフランス1部リールの本拠地スタッド・ピエール=モーロワ(収容5万186人)で前日トレーニングを行った。

    チッチ監督とMFウィリアンが前日会見に出席したなか、指揮官は「全ての選手が重要であり、全てのゲームがW杯につながっている。
    選手はベストコンディションを保っている」と強調しつつ、日本戦のスターティングメンバーを発表する異例の展開となった。

    チッチ監督が読み上げた名前はGKアリソン、DFダニーロ、ジェメルソン、チアゴ・シウバ、マルセロ、MFフェルナンジーニョ、ジュリアーノ、カゼミーロ、FWネイマール、ウィリアン、ジェズスとなる模様だ。

    「アジアの選手はとても速い」とスピードを警戒するチッチ監督は、日本戦に全力で臨むと宣言。日本にとっては、実力を図るうえで格好の試金石となりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00010021-soccermzw-socc
    11/9(木) 21:09配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ