サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    1: 風吹けば名無し 2017/06/13(火) 08:01:49.52 ID:Bnqgdo1Wa
    C_Yxc1aXYAA4mI6-1


    W杯連続出場記録が途切れるかどうかの大事な試合

    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県)2017/06/13(火) 06:44:14.91 ID:tMYjolgv0 

    DAbKOzwXoAAoRXF


    日本代表イレブンがロシアW杯アジア最終予選イラク戦(13日、テヘラン)に向けてショートカウンター戦術を求めるハリルホジッチ監督の方針に“反発”した。 

     試合開始は現地時間午後5時で気温30度超。前半からカウンターを多用すれば、疲弊するのは明らかなため、選手側はボールを回しながら攻めるポゼッションとの併用を求めている。
    本田は「監督は速攻の形をつくれと言うかもしれないけど、そこで自滅しないように。相手を走らせることも大事」と主張した。

     10日の練習前にはロッカールームで活発な意見交換を行い、練習開始時間が遅れた。

     中でも本田は昨年からハリル流のカウンター戦術に不満を表明し、パスサッカーの利点を訴えている。勝てばW杯出場に大きく前進する大事なアウェー決戦に向けて、チーム一丸となれるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000014-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★@^^2017/06/12(月) 20:05:35.10 ID:CAP_USER9
    日本VSイラクに注目

    no title



    2018ロシアワールドカップアジア最終予選グループBは大混戦となっている。
    先日オーストラリア代表とサウジアラビア代表の上位対決がおこなわれ、オーストラリアが3-2で勝利。これによって、
    現在オーストラリア、サウジアラビア、そして日本代表の3チームが勝ち点16で並ぶ結果となっている。

    日本は1試合消化が少ない状態だが、大混戦であることに変わりはなく、日本も油断できない状態だ。

    その日本は13日にイラク代表と対戦することになっているのだが、その試合を前に豪『The Sydney Morning Herald』は
    「サッカールーズは日本がスリップしてくれることを期待している」と報じ、イラクとの一戦にオーストラリアとサウジアラビアの両国が注目していることを伝えている。

    仮に日本が敗れるようなことがあれば、3チームが勝ち点16で並んだまま最後の2試合を迎えることになる。
    しかも日本の残り2試合は8月にホームでオーストラリア、最終戦はアウェイでのサウジアラビア戦とライバルとの直接対決になっている。
    両チームとしては今回イラク相手に日本が躓き、直接対決で叩くというシナリオを描いていることだろう。

    同メディアは、「親善試合のシリア戦でドルトムントの香川真司が怪我をしたため、イラク戦には出ない。
    ハリルホジッチ監督はテヘランでタフな 時間を過ごすことになることが予想される」と伝えており、
    日本の10番不在がオーストラリアにチャンスを与えることになるかもしれないと見ている。

    実際イラクとの戦いは苦しいものになるはずで、楽に勝てるとは考えにくい。
    オーストラリアやサウジアラビアの想定するシナリオも十分に実現する可能性があるだろう。

    日本は彼らとの戦いを有利に運ぶためにもイラク相手に絶対勝たなくてはならないが、
    勝ち点を19に伸ばした状態でオーストラリアと戦うことができるのか。ワールドカップ出場へイラク戦は重要なカギを握るものとなる。

    6/12(月) 19:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00010025-theworld-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170612-00010025-theworld-000-view.jpg

    [グループB]
    1.日本(16)+9
    2.サウジアラビア(16)+7
    3.オーストラリア(16)+6
    4.UAE(9)-3
    5.イラク(4)-3
    6.タイ(1)-16

    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187171-187171-fl

    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 2017/06/12(月) 20:02:33.31 ID:CAP_USER9
    ハリル監督、久保との話し合いは「真夜中に達したことも」…本田の中盤起用は練習後に決断へ
    http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20170612/jpn17061218520014-s.html
    no title

    2017.6.12 18:52

     日本代表は12日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選・イラク代表戦に向け、開催地のテヘラン(イラン)で試合前日の公式練習を行う。練習を前に、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が公式会見に臨んだ。

     シリア代表戦は前半だけで交代したFW久保裕也について聞かれると、ハリルホジッチ監督は「通訳を介してだが、一対一でディスカッションを重ねてきた。真夜中にも達したこともあった」と明かす。その内容については「批判ではなく説明。代表は厳しい要求をされる場なので、そういうことを話した」とだけ語った。

     練習を休んでいる山口蛍の状態については「すぐにプレーできるかは分からない」と回答。FW本田圭佑を中盤で起用することで問題が解決するのではとの指摘には、シリア戦におけるインサイドハーフ起用が想定外だったことを匂わせつつも、「ここでは説明できないが、良いトレーニングができた」と答え、12日のトレーニングを見て決断すると話した。

     また、対戦相手のイラク代表については「9割がリオデジャネイロ五輪を経験した選手になると分析している。(U-23)ブラジル代表を相手に良い試合をしたこと(0-0の引き分け)は、皆さんも覚えているでしょう。メンタルも強いし、フィジカルも強い。監督が代わったことにより、選手たちのモチベーションも高くなっている」と話すなど、「素晴らしいチーム」だと称賛する。

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/06/12(月) 18:50:29.58 ID:CAP_USER9

    CTnRVzHUsAALGL2



    日本代表イレブンがロシアW杯アジア最終予選イラク戦(13日、テヘラン)に向けてショートカウンター戦術を求めるハリルホジッチ監督の方針に“反発”した。

     試合開始は現地時間午後5時で気温30度超。前半からカウンターを多用すれば、疲弊するのは明らかなため、選手側はボールを回しながら攻めるポゼッションとの併用を求めている。本田は「監督は速攻の形をつくれと言うかもしれないけど、そこで自滅しないように。相手を走らせることも大事」と主張した。

     10日の練習前にはロッカールームで活発な意見交換を行い、練習開始時間が遅れた。DF槙野智章(30=浦和)は「確認ですね。監督はこうしたいけど、選手はこうしたいというディスカッションが長引いた。すべて(の攻撃)が前に前に急ぐよりも、ゆっくりとボール回す時間帯も必要」と説明。その上で「整理はついた? まだですね」と方針の結論は出ていないという。

     中でも本田は昨年からハリル流のカウンター戦術に不満を表明し、パスサッカーの利点を訴えている。勝てばW杯出場に大きく前進する大事なアウェー決戦に向けて、チーム一丸となれるのか。

    東京スポーツ6/12(月) 16:45配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000014-tospoweb-socc

    【サッカー】<日本代表>ハリル監督「魔の時間帯」気をつけろ!イラク戦へ意思疎通図る「後半の入り方を気をつけないといけない」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497256327/

    続きを読む

    1: Egg  2017/06/12(月) 13:30:44.17 ID:CAP_USER9

    no title


    アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトの発表によれば、13日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のイラク代表戦では、FW乾貴士(エイバル)が日本代表の背番号「10」を着用することになるという。

    しなければならない。そのため、7日のシリア戦で負傷したMF香川真司が着けていた10番が誰に渡るのか、注目が集まっていた。そしてAFCの発表によれば、乾が日本のエースナンバーを背負うことに決まったようだ。

     また、負傷離脱した香川と遠征に帯同しなかったFW宇佐美貴史(アウクスブルク)を除く24名のうち、MF加藤恒平(PFCベロエ・スタラ・ザゴラ)の名前がリストに記載されておらず、メンバーから外れた模様だ。

     イラク戦は日本時間13日の21時25分キックオフ予定となっている。

    ■日本代表メンバー
    ▼GK
    1 川島永嗣(メス/フランス)
    12 東口順昭(ガンバ大阪)
    23 中村航輔(柏レイソル)

    ▼DF
    2 宇賀神友弥(浦和レッズ)
    3 昌子源(鹿島アントラーズ)
    5 長友佑都(インテル/イタリア)
    13 三浦弦太(ガンバ大阪)
    19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    20 槙野智章(浦和レッズ)
    21 酒井高徳(ハンブルガーSV)
    22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

    ▼MF
    4 本田圭佑(ミラン/イタリア)
    6 遠藤航(浦和レッズ)
    14 井手口陽介(ガンバ大阪)
    16 山口蛍(セレッソ大阪)
    17 今野泰幸(ガンバ大阪)

    ▼FW
    7 倉田秋(ガンバ大阪)
    8 原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
    10 乾貴士(エイバル/スペイン)
    11 久保裕也(ヘント/ベルギー)
    15 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
    18 浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)

    サッカーキング6/12(月) 12:27配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00599473-soccerk-socc

    続きを読む

    1: ranran roo ★ 2017/06/11(日) 22:33:47.46 ID:CAP_USER9
    6/11(日) 22:31配信

    no title



     【テヘラン時事】サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に臨む日本代表は11日、テヘラン市郊外で大半を非公開にして練習した。公開された冒頭の15分間では、右内転筋の張りを訴えていた長友(インテル・ミラノ)が全体練習に復帰した。右下腿(かたい)部負傷で、3日間休んでいた山口(C大阪)もグラウンドに姿を見せ、別メニューに取り組んだ。

     試合はイラクの政情不安のため中立地テヘランで13日に行われる。日本は3試合を残してB組首位に立ち、イラクに勝つか引き分けるとW杯出場に王手がかかる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000087-jij-spo

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/06/11(日) 12:08:27.50 ID:CAP_USER9
    杉山茂樹  | スポーツライター

    W杯アジア最終予選。前戦のタイ戦に勝利を収めB組の首位に立った日本は、イラク戦(テヘラン)を6日後に控え、シリアと準備のための試合を行なった。

    イラクは現在B組の5位。一方のシリアはA組4位。順位的にはシリアがわずかにイラクを上回るが、実際のレベルでは互角か、イラクの方が少し上かという印象だ。シリア戦はイラク戦を占う、貴重な試合となった。

    試合後のいま、楽観的になるか、悲観的になるかと言えば、後者だ。スコアが1-1だったからではない。運に恵まれず惜しくも引き分けたのならともかく、内容が悪かった。パスは繋がらないは、陣は前に進まないは……。かつて日本が苦戦したパターン(パスを繋ぎボール支配率で大きく上回りながら、決定力不足に苦しむ)とは明らかに異なる。

    弱くなってしまったな、という印象だ。B組の首位に立ったことでひと安心し、気合い不足を露呈させたというのであれば、対処法は難しくない。カツを入れれば済む話だが、事態は思いのほか深刻だと言いたくなる。

    イラク戦のスタメンが見えてこないのだ。特に中盤。香川真司が左肩を脱臼し、出場が難しくなったことも理由のひとつだが、それだけにとどまらない。

    チームのヘソと言うべき、守備的MF(4-3-3のアンカー)として出場した山口蛍は、負傷の香川に続き、後半8分、早々とベンチに下がった。

    この選手にこの役(4-3-3のアンカー)は難しいとは、タイ戦後の原稿でも記したが、シリア戦でも(先入観なく見たつもりだが)、全く同じ印象を抱くことになった。ソツなくこなす器用さはあるが、場を仕切れない。ピッチの隅々まで目配りできない。展開にリズムを与えることができない。進む方向性に難がある。失敗を恐れ、無難なプレーに走りがち。ボールは行き場を失い停滞する……。山口を介して「気」が滑らかに各所に循環していかないのだ。

    ハリルホジッチが布陣を、アンカーを置く4-3-3にしたのは、長谷部誠が負傷で戦列を離れたUAEとのアウェー戦(2017年3月)からだ。それ以前の布陣は4-2-3-1で、山口は長谷部とともに「2」を担当していた。両者の関係もキャラ的にベストとは言えないが、キャプテン長谷部の存在に、山口はずいぶん救われていた。彼は長谷部を傍らでソツなくサポートする裏方に徹することで、及第点の評価を得ていた。

    つづく

    6/11(日) 11:00
    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20170611-00071924/

    続きを読む

    1: Marine look ★@ 2017/06/11(日) 15:57:36.42 ID:CAP_USER9
    本田圭佑が帰国の日時をファンに明かした理由

    no title



    サッカーの日本代表は、6月7日東京都調布市にある東京スタジアムでシリア代表と国際親善試合を行い、1-1の引き分けだった。

    シリアに対しては過去に10試合を行って負けはなく(9勝1分け)、なかでも本田圭佑はシリア戦を得意としており、過去3試合で3得点3アシストを決めている。
    そのため、活躍が期待されていたが、後半からの出場で、得点には絡めなかった。

    本田は自らの公式サイトで、今回の帰国便の日時を明かしていた。テレビや新聞、雑誌などの取材する側の人間が、海外で活躍するスポーツ選手、芸能人、著名人の帰国便を所属事務所に教えてもらうことはある。
    しかし、空港利用者への配慮、警備等の問題から、“一般のファンに教えてはならない”という暗黙のルールもあるのだ。取材される側の本田も、このことを知らないはずはない。今回、本田の“ファンサービス”によって、約500人のファンやサポーターが空港に殺到する異例の事態となってしまった。

    「帰国取材は大混乱でした。しかし、本田は過去の代表招集のときとは異なり、通路を囲むファンがサインを要望すると、丁寧に応じていました」(テレビ局関係者)

    ■空港に多くのファンを集めた狙い

    何のためにこんなことをしたのか。本田は先日、シーズンが終了したイタリアサッカーリーグのセリエAに所属するACミランから、来季は移籍することを明言している。

    「本田のマネジメントサイドはオーストラリアなど一部のクラブチームとの接触を始めていますが、まだ満足させる年俸提示がないようです。本田の人気は健在ですが、クラブ側は日本への影響、日本企業の協賛が臨めるのかを見極めていている状態。
    空港で大勢のファンが待ち構えていたシーンを見せられれば、本田に対するクラブ側の評価は確実に高まります」(専門誌記者)

    本田が笑顔でサインに応じていた姿に“魂胆”はなかったと信じたいが、交渉を優位に進める材料になったのは間違いないだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/23790

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ