サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    117: さあ名無しさん、ここは守りたい 2018/06/12(火) 21:44:30.17 ID:7+vgjQ8M

    DffYCb4V4AENz0b


    日本で唯一CL常連クラブの主力レベルである香川がやっとスタメンか、真の日本代表がみれるぞ


    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/12(火) 18:59:37.11 ID:CAP_USER9
    201jch


    6/12(火) 10:38配信
     日本代表の西野朗監督(63)が質問の途中で「そうなんですか?」と目を見開いた。パラグアイ戦に向けた前日会見で「国内は盛り上がりを欠き、関心が薄い。プレッシャーがない分、やりやすいのでは」と聞かれた。冷静沈着、ポツリポツリと話していた指揮官が、早口になった。


     「今、初めて残念な報告を聞かされました。盛り上がってないんですか? 私自身プレッシャーがないというのも、それは間違っている。もちろん。プレッシャーはある」。静かに反撃した。

     ワールドカップ(W杯)に出場しない南米のパラグアイに勝って、勢いをつける。就任以来2戦2敗。日本代表としては国際Aマッチ3連敗中で、半年も勝っていない。勝って、国内の盛り上がりも呼び起こす。

     「この世界、代表チームはどんなゲームでも勝利することが大前提。その上でトライ、テストしていく。勝つことによってのチームの活性化は違う。強く要求して勝負にこだわりたい」

     スイス戦とこのパラグアイ戦を、そのままコロンビア対策と考えていると強調。この2試合で全員使うつもりだ。「あらかじめ伝えています通り、起用の少なかった選手を明日テストしたい。新しい可能性を高いレベルで求めていきたい」。関係者によると、4日前のスイス戦から実に10人も先発を変更する可能性がある。残る1人のDF酒井高もスイス戦の右SBから左SBへ回る見込み。そうなれば、実質的に違うチームを送り出す、思い切りの良さだ。

     この会場を本拠地とするインスブルックは、W杯2連覇を目指すドイツのレーウ監督がかつて率い、リーグ制覇し名将へと駆け上がった。レベルはまったく違うが、同様の成功への道を突き進みたい。会見中「テスト」「テスト」と何度も言った。合格点を国内にも突き付け、勢いに乗って13日にロシア入りしたいが…。【八反誠】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236112-nksports-socc




    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/06/12(火) 15:36:23.76 ID:CAP_USER9
    2018-05-31_samuraiblue01


    パラグアイ代表のグスタボ・モリニゴ監督は、11日に日本代表との親善試合に向けた前日記者会見に臨んだ。

     昨年、ロシアワールドカップ南米予選敗退後に退任したチキ・アルセ前監督の後を受け継ぎ、暫定監督としてパラグアイ代表を率いるモリニゴ督。「我々にとって重要なゲームになる。ここはパラグアイ代表にとって新たなステージだ」と日本戦の意義深さを説いた。

     日本対パラグアイといえば、8年前の南アフリカワールドカップ決勝トーナメント1回戦、0-0のままPK戦までもつれ、駒野友一のPK失敗によって破れた試合が多くのサッカーファンの記憶に残っているだろう。

     ワールドカップ直後の2010年9月にも同じカードで親善試合があった。日本は香川真司のゴールでパラグアイを1-0で下して雪辱を果たした。今回はそれ以来、約8年ぶりの対戦となる。モリニゴ監督は「日本はアジアのトップレベルで、選手たちが世界の主要リーグで戦っている素晴らしいチーム」と賛辞を送ったが、同時に闘志も燃やしていた。

     新生・パラグアイ代表はワールドカップ予選敗退にともなって世代交代を進め、新しい選手たちが多く入ったことで平均年齢25歳前後の若さになっているという。40歳のGKフスト・ビジャールという例外もいるが、日本戦に向けた招集メンバー20人のうち12人が25歳以下という構成になっている。

     日本にとっては19日のロシアワールドカップの初戦を想定した相手にもなるが、「(南米の)全てのチームが異なるスタイルを持っている」とモリニゴ督は、コロンビア代表との違いを見せるつもりだ。「多くの選手がハイレベルな主要リーグでプレーしている。我々の強みはチームとして戦うこと」とクオリティにも自信があるようだ。

     そのうえで「我々が最後にコロンビアと対戦した時、アウェイで彼らを倒した(昨年10月5日に2-1で勝利)。我々は彼らと同じような実力を持っているし、南米のチームらしい姿を見せたい」と勝利への強い意欲を見せた。

    (取材:植田路生【インスブルック】、文:構成:編集部)

    フットボールチャンネル6/12(火) 6:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00273899-footballc-socc

    写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180612-00273899-footballc-000-1-view.jpg

    【サッカー】<西野監督会見!>最後の試合「メンバー固定してない」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528724140/


    ☆今日の人気記事




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ