サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/13(金) 00:27:00.824 ID:I4YrnY0p0

    news_211433_1


    サッカービジネスにおいてスポンサーの意向ってのは大きな力があることは誰でもわかってるけど
    日本代表を運営するにあたって協会が主導するのではなく
    広告屋が主導するような仕組みは正直異常
    クラブであれば好きにしろと言えるけど代表でこれは本当に異常
    あとよく誰々が黒幕だとか言ってる馬鹿いるけど
    選手にそんな権限ないからな





    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/12(木) 18:06:04.00 ID:CAP_USER9
    18/4/12 17:58
    2018-04-12-nishino_g953jmcnu3g91c1iqef683jch

     日本代表の西野朗新監督が12日、都内で就任会見を行った。

     ロシアW杯に向けた選手選考について「できればフラットな状況で考えたいと思うが、(技術委員長としてハリルホジッチ)監督の下でリストを作成してきた中でベースとなる選手は変わらないと思う」と言及。「その選手をベースにしたうえで考えていくことがベストだと思う。新しい選手というのも考えたいが、チームをつくっていく上では今までのラージのメンバーをベースにして考えていきたいと思っている」と、ハリルホジッチ監督時代のメンバーをベースとする考えを明らかにした。

     質疑応答ではFW本田圭佑(パチューカ)、MF香川真司(ドルトムント)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)らに関する質問も出た。西野監督は「経験ある選手がキャンプで招集されない、出場機会が少ないというのもあった」としたうえで、「現状のコンディションを把握しないといけない」と指摘。実際に香川は負傷離脱中という状況もあり、「過去の経験、実績もあるが、ここからの1か月の状況を見極めたい」と述べるにとどめた。

     ただ、今後のスケジュールに関する質問への回答では国内組の過密日程に言及したうえで、5月にシーズンが終了する海外組の状況にも触れ、「海外組は5月2週ぐらいで終わるスケジュールだが、メキシコのスケジュールは4月で終わる。コンディション、リカバリーの日数が(選手によって)バラバラの中で(5月30日の)ガーナ戦に入らないといけない」と、本田も構想に入っていることをうかがわせた。

    https://www.footballchannel.jp/2013/10/11/post9521/





    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/04/12(木) 17:30:25.36 ID:CAP_USER9
    4/12(木) 17:26配信
    no title

     サッカーW杯ロシア大会に出場する日本代表監督への就任が9日に発表された、西野朗新監督(63)が12日、都内のJFAハウスで会見を開いた。

     西野監督は、MF香川真司、FW岡崎慎司、FW本田圭佑ら、代表の中心を担った中心の3人の招集が少なかったり、出番が少ないこと、今後の選考について聞かれ「(3選手が)キャンプに呼ばれない、試合の時間が短いという話がある。現状のコンディションを、しっかり見て話をしないといけない。ケガをして6~8週、出ていないのもある、経験、実績ある選手だけど(ハリルホジッチ)監督も基準を持って、現状のコンディションを気にされていたのは間違いない。ここ1カ月足らずのコンディションも過去の実績、経験に加え、状況を性格に見極めたい」と、ハリルホジッチ前監督が、3選手のコンディションを重視して選考から外していたことを強調した。

     その上で「最高の化学反応が起こるグループになる選手選考を、総力を挙げて選考したい」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177442-nksports-socc




    続きを読む

    140: 名無しさん@恐縮です 2018/04/12(木) 14:55:38.87 ID:E6N/nigo0

    m_soccerdigestweb-19461


    つーかこれで本当にコミュニケーションよくなると思う、選手たちに? 
    ハリルに切られた選手たちが舞い戻って俺達がエース顔しはじめて 
    若手たちは素直に賞賛してついていけるの?w 
    俺だったら「おっ造反ファイブだw」「恥ずかしくないのかこいつ」としか思わないぞ同僚としたら

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 14:13:59.72 ID:MhtfOIiP0

    遠藤保仁
    「(背番号7について問われ)協会とアディダスが決めているから何番でもよかったんですけどね」
    http://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20141113-1395477_m.html?mode=all

    大島僚太
    「10番はアディダスの選手じゃなくていいのかな」
    https://www.google.co.jp/amp/s/web.gekisaka.jp/news/amp/176232661-232661-fl

    乾貴士
    「むしろ10番は嫌です。(今までも)つけたことありますけど(試合に)出たことがないので。10番をつけると出られないというのがあるので、つけたくないですね」
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201711080000015_m.html


    ��

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/11(水) 17:18:06.88 ID:CAP_USER9
     きっかけは“五人のサムライ”がしたためた“斬奸状(ざんかんじょう)”だった――。

     9日、サッカー日本代表の指揮を執っていたハリルホジッチ監督の電撃解任が発表された。

     会見を行った田嶋幸三・日本サッカー協会会長は、解任理由について、

    「選手たちとのコミュニケーションや信頼関係が薄れていた」

     と繰り返した。

    「具体的な事例や選手名については言及を避けましたが、はっきり言って、最後はほぼ全選手が監督に不満を抱いていました」

     と大手紙サッカー記者が明かす。

     ハリル監督が最後に指揮を執ったのは3月の欧州遠征。23日マリ戦は、後半アディショナルタイムに同点に追いつくという、限りなく負けに近い1‐1のドロー。27日のウクライナ戦に至っては1‐2で完敗を喫したわけだが、

    「不甲斐ない結果もさることながら、試合後、選手たちが口々に監督への不満をぶちまけ、ほとんど内部崩壊状態でした」(同)

    たとえば、FW大迫勇也はマリ戦後、「縦に速い攻撃だけじゃ……」と戦術の拙さを指摘した。とりわけ辛辣だったのはDF昌子源で、具体的なシーンを挙げて監督の指示の不可解さをあげつらった。大迫も昌子も監督に見出された“ハリル・チルドレン”というべき存在なのだが……。ちなみに、二人とも次戦ウクライナ戦の出場機会はなかった。

    「ハリル監督は、自分がどう思われているかに過敏で、あらゆる記事を翻訳させて読み込んでいて、自身に批判的な発言をした選手は試合に使わない、招集しないという恐怖政治を敷いていました。監督に直接モノを言った選手はもちろんアウト。やはり“チルドレン”だったFW乾貴士も、合宿中に監督に苦言を呈したために、3月の遠征に招集されませんでした」(同)

    会長に直訴メール

    “ハリル・チルドレン”がこの有様なら、かねてより代表入りしていた古参、つまりFW本田圭佑やMF香川真司らは言うに及ばずだ。

     ここで昨年10月、欧州遠征を控えた直前合宿に時計の針を巻き戻してみよう。

    「実は合宿中、香川が監督と言い争う“事件”が起きたのです。部屋の外まで響き渡る激しさでした」

     と協会幹部が明かす。

    「ビッグマウスの本田ならともかく、普段は温厚な香川が感情を露わにしたことで、チーム全体に動揺が広がってしまいました」

     お約束通り、翌月の遠征で香川は代表落ちの憂き目に。だがこのとき盟友から絶妙な“パス”が回ってきた。

    「既に代表落ちしていた本田が、田嶋会長の個人アドレス宛てに連名で“監督解任”を請うメールを送ろうと持ちかけてきたのです。他にも乾、FW岡崎慎司、DF吉田麻也が“連判状”に名を連ねました」(同)

     主に欧州リーグで活動し、代表でも主力を担ってきた5人が、監督任命権を持つ会長に直訴したのである。

     会見で田嶋会長は、

    「選手たちの話だけで(解任を)決めたわけではない」

     と述べた。協会も、

    「ハリルホジッチ監督の解任を求めるような内容のメールを選手らから受け取った事実は一切ありません」

     と否定するのだが、彼らが解任の原動力だったことは隠しようのない事実だ。

     W杯本番まであと2カ月余。誰もが危機を喧伝するが、連判で斬奸状を出すほどの反骨心と団結力があるチームだ。あながち状況は悪くないかもしれない。

    「週刊新潮」2018年4月19日号 掲載

    4/11(水) 16:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00540640-shincho-socc





    続きを読む

    55: 名無しさん@恐縮です 2018/04/11(水) 00:52:50.13 ID:Gjtb3u4l0

    m_soccerdigestweb-19461


    面白がってる人いるけど 
    これ例えばスポンサーガーとか言い出してスポンサーのメンツ潰したら 
    サッカー終わらないか?
    結構やばいと思うぞ
    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/04/10(火) 23:14:02.18 ID:Tmsgy3Li0
    DIj5PYSVoAA4PkY



     【リール(フランス)10日=松本愛香通信員】日本代表監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)を、日刊スポーツが全世界のメディアで最初に直撃した。

     外出先から自宅に帰宅した際にコメントを求めると、愛車の窓を開け「何も準備していないので、ここでは話せない」。

     現在の率直な気持ちを聞くと「スカンダラス(けしからん)」。さらには「もうすぐ日本に行くよ。そこで(真実を)話すつもりだ」と来日を予告した。





    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/09(月) 12:42:15.32 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は9日、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を決めたことを明らかにした。ふがいない戦いを続ける現体制のままでロシアW杯本番に臨むのは難しいと判断。9日午後に緊急会見を開き、後任監督を発表するという。これまでチーム戦術などを巡ってハリルホジッチ監督と対立してきたFW本田圭佑(31=パチューカ)の“主張”が改めてクローズアップされそうだ。

     ロシアW杯の出場権を獲得した昨秋以降、日本代表はふがいない戦いを続け、先月の欧州遠征では格下のマリと1―1のドロー、ウクライナに1―2で敗れるなど、本番を目前にしてもチーム状態は上向かなかった。イレブンもハリルホジッチ監督が求める堅守速攻スタイルに適応できずにバラバラなままだった。

     協会の西野朗技術委員長(63)はウクライナ戦後に「現状はこの体制で行こうと思っている」との見解を示し、チーム解散前には「現在の体制でW杯も戦う」と選手に通告していた。だが、帰国後に各方面から批判が噴出したことや、本番に向け選手たちが指揮官への信頼を失ったことを含め、急きょ方針を転換しての電撃解任となった。田嶋会長が渡欧し7日に本人に通達したという。

     今回の更迭劇は、ハリルホジッチ監督が日本選手の特長を生かさずにカウンター戦術に固執したことがキッカケと言えるが、かねて指揮官の方針や戦術に異を唱えていたのは本田だった。W杯アジア予選中からハリルスタイルが日本人選手にマッチしないと指摘。2016年10月のイラク戦後に「もっと相手がうざいと思うくらいパスを回したいけど、それは戦術的に求められていない」と速攻一辺倒の戦い方に不満を語っていた。

     さらに先月のウクライナ戦後、本田はチームが低調なパフォーマンスだったことについて「個以外のものが、個を引き立てるというのもありますよ。それができてないというのはあるでしょうね」とコメント。低調な試合が続くのは、各選手の特長を引き出すような組織的な戦いができていないとし、ハリルホジッチ監督の方針に異論を展開していた。

     本田自身がハリル戦術を苦手とするプレースタイルであることも批判を展開する理由だったのかもしれない。とはいえ、結果として本田が指摘してきた通り、3年間積み重ねたはずのハリル流はW杯を目前にしてもまったく機能せずに指揮官は解任。本田の“主張”が改めて見直されることになりそうだ。

     日本代表は新体制でロシアW杯に臨むが、後任監督は選手とのコミュニケーションに難のない日本人指導者が確実。リオデジャネイロ五輪を指揮した手倉森誠コーチ(50)の昇格が有力なほか、アトランタ五輪で監督を務めた西野委員長、東京五輪に出場するU―21代表の森保一監督(49)が候補となる。

     ただ本番に向けて新指揮官がチーム作りに取り組めるのは、5月中旬にチームが集合してから約1か月しかない。戦い方やメンバー選考を含め白紙からの再スタートとなるだけにリスクがあるのも事実。ベスト8が目標の日本代表は、今回の解任が吉と出るのだろうか

    4/9(月) 11:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000022-tospoweb-socc

    写真
    no title




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ