サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    no title


    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 10:13:08.84 ID:???0.net
    本田発案の卓球大会で盛り上がったイトゥの夜…優勝は香川
    ゲキサカ6月12日(木)7時22分配信

    日本代表は11日(現地時間12日)、ブラジルW杯のベースキャンプ地となるイトゥで練習を行った。
    オフだった前日10日夜、選手たちは卓球大会で大いに盛り上がったという。
    この日の練習後にGK西川周作が明らかにした。

    発案者はFW本田圭佑。ラーメンなど中華系のメニューが用意された夕食会場で
    「みんなで卓球大会をやろう」と提案した。トレーニングパートナーの高校生2人を含めた
    全25選手が参加。11点先取のトーナメント方式で、優勝はFW香川真司だった。
    「今ちゃん(今野泰幸)と(川島)永嗣さんもうまかったけど、(香川)真司があんなにうまいとは
    思わなかった」と西川。決勝の相手はFW大久保嘉人で、「いい勝負だった」という。

    西川自身は2回戦敗退。初戦でDF長友佑都に勝ったが、2回戦でDF森重真人に負けた。
    長友の卓球の腕前については「(サッカーの)プレーと一緒。ゴリゴリ系、パワー系。
    サーブとか、球は速いんですけどね」と笑った。

    ちなみに発案者の本田も「確か2回戦負けだったと思う。そこまで自信はなさそうだったけど、
    絶対に負けたくないという気持ちは伝わってきた」と冗談交じりに明かした。

    特に優勝賞品などはなく、あくまで選手全員で親睦を深めることが目的の卓球大会だった。
    「相当盛り上がった。本番前にピリピリする前にコミュニケーションを取れたのはよかったと思う」。
    W杯初戦となるコートジボワール戦を4日後に控えた束の間のオフ。
    選手はリフレッシュし、あらためてチームの結束を高めた。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140612-00136279-gekisaka-socc


    続きを読む


    2013-12-10-20-23-54


    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 10:07:40.35 ID:???i.net
    14日(日本時間15日)にW杯1次リーグ初戦コートジボワール戦を控える日本代表のMF本田圭佑(27=ACミラン)がメディアも含めた全ての日本人のバックアップをお願いした。

     ここまで本調子にほど遠く、起用法も含めて本田に関しての論争が巻き起こる中
    「メディアの皆さんとは持ちつ持たれつな部分もあるので良い部分もあれば、腹が立つこともある。お互い様な部分」と批判は受け止めている。
    ただ「今からはね、叩くとしても大会が終わってからにして欲しい。大会中はメディアとしてではなく、日本人として日本代表を応援して欲しい。我々の一員として一緒に戦って欲しい」。

    目標とするW杯優勝へ向けて、全ての後押しの必要性を説いた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/12/kiji/K20140612008350380.html

    続きを読む

    j7XYiy8
    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 07:53:04.31 ID:???0.net
    スポニチアネックス 6月12日 5時32分配信

    日本代表FW本田がACミランの“放出リスト”に載ったと11日付のイタリア紙トゥット・スポルトが報じた。
    ガリアーニ副会長がインザーギ新監督と来季の強化戦略について話し合い、本田、カカー、エシエン、ロビーニョ、ターラブトら15選手について「放出許可を出した」という。

     同紙によると15人が全員放出されるわけではないが、「選手の半数がミランにふさわしくない」と語っていたシードルフ前監督と2人が図らずも同じ考えだったとしている。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140612-00000000-spnannex-socc

    関連
    【サッカー】ACミラン 「本田とカカ、どちらか1人が余分」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1402159253/

    続きを読む

    79114aeb-s

    長友すごいですね!バルサとマンUからオファーをもらうなんて日本人の誇りです。
    すでにいるインテルも十分すぎるくらいすごいチームですがバルサに比べるとやや劣るかと思います。
    マンUなら香川ともチームメートですしファンハールのスタイルにもあいそうな気がします。
    バルサだとややテクが求められるので厳しいかもですが是非実現してほしいです。


    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 06:22:41.68 ID:???0.net
    W杯初戦は日本代表“品評会”、長友にバルサ&マン∪が熱視線!

    サッカー・日本代表合宿(10日=日本時間11日、ブラジル・イトゥ)14日(日本時間15日)の
    ブラジルW杯1次リーグC組初戦・コートジボワール戦へ調整を進めるDF長友佑都(27)=インテル・ミラノ=に、
    メガクラブから熱視線が注がれていることが明らかになった。
    スペインリーグの強豪バルセロナや、FW香川真司(25)が所属するマンチェスター・ユナイテッドの関係者が初戦の視察に訪れる。
    DF内田篤人(26)=シャルケ、FW柿谷曜一朗(24)=C大阪、FW斎藤学(24)=横浜M=にも移籍の可能性が浮上。
    コートジボワール戦はさながら日本選手の“品評会”となる。
    日本の未来をかけた大一番は、選手個人の運命も左右する舞台となる。DF長友の視察へ、
    世界的な2つの超ビッグクラブがコートジボワール戦会場に強化担当者を派遣することが判明した。
    「今、世界で最も注目されるサイドバック(SB)の1人。多くのクラブが手を挙げている」
    イタリア在住の日本協会公認代理人が明言した。2つのクラブとはFWメッシ擁するバルセロナと香川が所属するマンU。
    最終チェックへ、客席から熱視線を送る。
    バルサは右SBのブラジル代表DFアウベスにパリSG移籍が浮上。左SBのスペイン代表DFジョルディアルバも今季は15試合だけの出場と安定感を欠いた。
    かつてローマを率い、対戦経験もあるエンリケ新監督が左右SBをこなす長友に魅力を感じ、
    移籍金1400万ユーロ(約19億6000万円)でのオファーを検討する。
    マンUも33歳のフランス代表DFエブラの後継役の補強が急務。筆頭候補のイングランド代表DFショー(サウサンプトン)とともにリストアップしたという。
    2010年南アフリカW杯での活躍からセリエA・チェゼーナに移籍、半年後にインテル加入と“わらしべ長者”のような出世を果たした長友だが
    「今は仮の長友佑都。W杯では本物の長友を見せられると思う」と現状に満足する様子はない。
    インテルとは契約を16年6月まで残すが、オファー次第で新たな挑戦を選ぶ可能性は十分にある。
    コートジボワール戦では高速FWジェルビーニョ(ローマ)とのマッチアップが濃厚で、「しっかり止める」との言葉を体現すれば、
    勝利とともに、世界的な注目もついてくる。
    史上最多、12人の欧州組を擁するザック・ジャパン。DF内田、FW柿谷らの視察を予定するクラブもある。
    世界で急激に評価を上げる日本選手にとって、W杯は“品評会”の会場にもなる。

    サンケイスポーツ
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140612/jpn14061205060002-n1.html
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140612/jpn14061205060002-n2.html
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140612/jpn14061205060002-n3.html



    続きを読む





    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 19:47:43.63 ID:???0.net
    Jリーグの村井満チェアマンが、様々な場所での出会いを綴っているブログで
    知られている「アディショナルタイム」。

    6月6日付けに更新された記事では「将棋とサッカーの驚くべき共通点とは」
    というタイトルで、お互いの共通点に関する発見を語っている。

    ブログによれば、そのきっかけは、モンテディオ山形の練習場やクラブハウスを
    訪問した後に、仙台で行ったメディア関係者との挨拶の場だったという。
    そこで山形を取材しているフリーライターの頼野亜唯子(よりの あいこ)さん
    との会話からサッカーと将棋の相性の良さに興味を持ち、

    勧められた漫画を読み終わった頃には、「ピッチを細分化したうえで、
    選手の個性を見極め、先を読みながら戦術を組み立てていくサッカーの監督の
    思考回路は、まるで棋士そのものと重なるではないか。」と、
    すっかりその親和性を感じ取っているようである。

    ブログでは、先日行われたキリンチャレンジカップ・日本代表対キプロス代表戦
    で得点をあげた右サイドバック内田篤人について、「彼の姿は、将棋でいえば
    飛び出したら戻らず、裏を狙われやすい香車とは違い、攻守のスプリントを繰り返し、
    相手陣内に入ると竜に変わり自在に攻撃参加もする飛車のように見えてしまう」と、
    その役割を駒の動きに例えていたほどだ。

    サッカーと将棋に共通点があるというのは、実は近年注目されつつある。

    それらの要素を一冊にまとめた本である「将棋でサッカーが面白くなる本」
    (朝日新聞出版)の著者であるいしかわごう氏は、こう語る。

    「将棋の将棋盤というのは、いわば、サッカーのフィールドなんですよ。
    ならば、盤上に配置された将棋の駒は、サッカーでいえばピッチでプレーする選手ですよね。
    選手が居なくてはサッカーの試合が成り立たないように、将棋も駒がなければ始まりません。
    サッカー選手のポジションやプレースタイルのように、将棋の駒による特性がそれぞれあります。
    どんなに優れたサッカー選手でも、たった1人で11人を相手にサッカーはできないように、
    将棋も大事なのは味方とのコンビネーション、つまり連動性です。
    味方のどの駒を攻めに使い、どの駒を守りに使うのか。サッカーでも将棋でも、
    それぞれの特徴を生かせる配置や戦い方をしていくことが、勝利の近道と言えるでしょうね。
    特に戦術論が好きなサッカーファンなら、将棋はハマリやすいと思いますよ」

    なお、6月28日に開催されるモンテディオ山形対ジュビロ磐田戦では、
    将棋とのコラボイベントが行われる。

    プロ棋士を招き、プロ棋士指導対局、サポーター将棋対決などサッカー×将棋のコラボ企画
    が盛りだくさんだ。興味ある方は足を運んでみてはどうだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140611-00010014-footballc-socc

    将棋とサッカーの驚くべき共通点とは
    http://www.j-league.or.jp/chairman/column/2014/0606.html
    6月28、29日 山形 将棋&サッカーコラボ企画
    http://www.city.tendo.yamagata.jp/tourism/sports/montedio.html
    「ナリキン!」著:鈴木大四郎、監修:野月浩貴、秋田書店
    https://www.j-league.or.jp/chairman/column/2014/img/img0606-02_b.jpg



    続きを読む

    E5A4A7E4B985E4BF9D

    オシムさんが大久保をスーパーサブで使えと言ってますが、私は先発で使ってほしいです。
    柿谷とか使うのならば今は圧倒的に大久保、何よりメンタルも強い。
    ブラジル大舞台で輝くのは彼だと思っています。


    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 16:48:41.63 ID:???0.net
     大久保はジョーカーで使え!!元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(73)が自宅のあるサラエボで
    10日、スポニチ本紙の独占インタビューに答え、注目のFW大久保嘉人(32=川崎F)の起用法に
    ついて提言した。「チームを助ける選手」と評価したうえで、14日(日本時間15日)のW杯初戦
    コートジボワール戦では、切り札での起用をザックジャパンにアドバイスした。

     大会初戦のコートジボワール戦へ向けて大久保の先発への期待が高まる中、6日のザンビア戦を
    ビデオで検証したオシム氏は、切り札での起用を強く推した。

     「チームがうまく機能しない時に、スーパーサブとして使った方が効果がある。勘がすごくいいので、
    どこに走ればいいか知っているし、経験もある」

     2日のコスタリカ戦で大久保は右MFで先発出場し、存在感を示した。最終調整試合となったザンビア戦
    でも後半から出場し、前半1―2と苦しんだ日本の攻撃陣を活気づけた。アディショナルタイムには、
    青山のロングフィードを受けると、DFにマークされながら胸でトラップして落ち際を左足でシュート、
    決勝点を挙げた。得点力、勢いを考えれば、現時点で最高のストライカーともいえる。だが、90年W杯
    イタリア大会でユーゴスラビアを8強に導いた知将の頭には明快なイメージがあった。

     「スタメンでは点を取るだけではなく、体力的に90分間走ることも要求される」。先発1トップ候補
    には、ともに24歳と若くスタミナもある柿谷、大迫の2人がいる。経験豊富な32歳の力をより効果的
    に使うには相手も味方もフレッシュな状態の先発よりも、「苦しくなった時に入れれば、チャンスを
    つくって流れを変えられる。彼はチームを助ける力を持っているからだ」と力説した。

     ここ一番での嗅覚は群を抜く。03年アテネ五輪最終予選のUAE戦では、2得点を挙げ3―0で本大会
    の出場権獲得に大きく貢献。「技術も、動きも素晴らしく、FWに必要なものを全て持っている。
    相手を怖がらないし、勇気を持ってプレーできるところもいい。最高の技術(の持ち主)だ」。オシム氏
    は日本代表を率いていた時に2試合に招集。後任の岡田監督が率いたW杯南アフリカ大会で活躍した
    こともチェックしており、実力は十分に分かっている。5月12日に本大会メンバーに選出された際にも
    「調子のいい選手を起用するのは当然のこと。油断のならない選手で、サプライズではない」
    と高く評価していた。

     攻撃的なポジションなら1トップだけでなく、トップ下も、右サイドもどこでもできる。
    1次リーグ突破の鍵を握る男であるのは間違いない。加えて、大久保が出ればスタンドの日本サポーター
    が活気づき、チーム全体に勢いが増す。「監督はサポーターの好みに応えたいという気持ちもある」
    後半勝負の時間帯。背番号13こそ攻撃のスイッチを入れるジョーカーにふさわしいと提言した。
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/11/kiji/K20140611008341400.html

    続きを読む

    ac57a_854_13459_ext_05_0



    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 16:36:47.06 ID:???0.net
    【有名人がW杯戦士にエール(1):“黒いカリスマ”蝶野正洋】蝶野といえばドイツと縁が深い。
    若手のころ、ドイツで武者修行し、現地ではマルティナ夫人とも知り合った。
    サッカーを始めた小学校時代からドイツ1部リーグのファンで、バイエルン・ミュンヘンの熱狂的サポーター。
    2006年ドイツW杯では本紙のドイツ支局長を務め、現地リポートが好評を博した。
    プロレス界きってのサッカー通と言っていい。
    蝶野は親交の深いDF栗原勇蔵(30=横浜M)がメンバーに入らなかったことを残念がったが、
    23人のメンバーを見渡すと「歴代最強のチームだ。本田、香川、長友というワールドクラスの選手が多いし、
    彼らのキャリアもピークで迎える。欧州リーグで他国のトップ選手とも対戦しているし、
    情報を知り尽くしているのが大きいと思う」と分析した。
    特に注目するのはやはり“ドイツ組”。中でもキーマンはドイツのドルトムントに所属していたFW香川真司
    (25=マンチェスター・ユナイテッド)、現在ドイツで活躍するFW岡崎慎司(28=マインツ)、
    DF内田篤人(26=シャルケ)の3人だ。香川を蝶野、岡崎を故橋本真也さん(享年40)、
    内田を武藤敬司(51)と「闘魂三銃士」に見立てて熱弁を振るった。
    「香川は能力的にはマンUでもレギュラー取れるのに、政治的な背景で試合に出られなかった。
    体を休ませてストレスたまっているので、爆発できる。今、行き詰まってるから、W杯を機に悪党に転向すればいい」
    また、岡崎については「(今季15得点で)欧州リーグでの日本人最多得点を記録したのに、
    相手が油断しそうなキャラだよな。コワモテの本田と長友が警戒されそうだけど、この顔はマークされない。
    試合前にふざけたパフォーマンスでもやれば、マークを外されてフリーになれる」。
    最後に内田には「女性人気が高いんだろ? 俺たち3人の中でも女性人気は武藤さんだった。
    1次リーグを通過したら頭を剃ってヒゲを生やしてほしい」。
    3人を「サムライ三銃士」と命名すると「ベスト4以上はいける。だけど優勝予想はドイツだ。アイムチョーノ!
     ガッデム!」。黒いカリスマは力を込めた。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014brazil/276125/

    続きを読む

    no title


    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 15:02:00.92 ID:???0.net
    コートジボワール代表で対戦相手を分析するスカウティング担当のロジャー・ババトゥ氏(35)が9日
    (日本時間10日)、スポニチ本紙の独占取材に応じ、
    14日(同15日)のW杯1次リーグ初戦で対戦する日本代表の要注意人物にMF山口蛍(23=C大阪)
    の名前を挙げた。
    バーミンガム(現イングランド2部)などで活躍した同氏は2年前に現役を引退。本大会に向けた分析を続け、
    日本に関しても2日のコスタリカ戦、6日のザンビア戦をスタジアムで視察。
    さらにDVDなどで「20試合以上見ている」という。そのババトゥ氏がザックジャパンで真っ先に挙げた名前が、
    A代表で頭角を現したばかりのボランチ山口だった。

    まず「山口は運動量が豊富で素晴らしい選手だ」と能力を絶賛。
    さらに着目したのが、相手の攻撃の芽を摘む的確なポジショニングだった。
    「ピンチをいち早く察してカバリングしている」。その上で同氏は
    「いかに彼を引っ張り出して、バイタルエリアを有効に使えるかが我々にとっては大きなポイントとなる」
    と強調した。その情報を伝え聞いたためなのか、非公開で行った9日の戦術練習でラムーシ監督は、
    トップ下のヤヤ・トゥーレがバイタルエリアでボールを受け、
    両サイドのアタッカーにボールを配給する形を何度も繰り返し確認していた。
    また同氏は日本の攻撃のキーマンとして香川を挙げた。
    「本田はインテリジェンスのあるプレーをしている。
    でも、それほど状態が上がっていないようだから攻撃陣で警戒すべき選手はスピードのある香川」
    と指摘。「エレファンツ」と呼ばれるアフリカ屈指の強豪が、
    1次リーグ突破の鍵を握る日本との初戦に向けて着々と準備を進めている。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140611-00000078-spnannex-socc


    続きを読む

    293069_heroa


    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 16:36:23.28 ID:???0.net
    W杯ブラジル大会を最後に、日本代表監督を勇退することが決まっているというアルベルト・ザッケローニ監督。
    もちろん彼の“監督力”がザックJAPANの目標である“ベスト4以上”という形で証明されることを祈るが…
    早くも気になってくるのは次の代表監督。

    W杯といえば、これまで多くのレジェンドたちが印象的な活躍をしてきた。30代以上のサッカーファン
    だと「現役選手と同じくらい、過去の代表選手に思い入れがある」という向きも多いのでは…。
    そんな元サッカー日本代表メンバーのなかから、次期日本代表チームの監督になってもらうとしたら
    誰が適任か、20~39歳の男性200人にアンケート調査を実施してみた。その結果は以下のように! 

    ●元サッカー日本代表メンバーのなかで、将来日本代表チームの監督になってもらうとしたら、誰が適任?
    (3人まで選択、協力/アイ・リサーチ)

    1位 三浦知良 49.0%
    2位 中田英寿 19.0%
    3位 ラモス瑠偉 14.5%
    4位 宮本恒靖 11.5%
    5位 中山雅史 11.0%
    6位 井原正巳 7.0%
    7位 田中マルクス闘莉王 5.0%
    8位 名波 浩 4.5%
    9位 中村俊輔 3.5%
    9位 川口能活 3.5%

    ダントツの支持を集めたカズを筆頭に、日本サッカーの歴史を作ってきた名プレイヤーがズラリ。
    それぞれの選ばれた理由は…?

    ●1位 三浦知良
    「日本のサッカー界のボスはキングカズ」(27歳)、「伝説の人」(29歳)、「カリスマ性があるから」
    (28歳)など、Jリーグ元年から今に至るまで注目を集め続けるスター性は、選手を引っ張っていく
    立場にふさわしいと考える声が集まった。また「選手としてW杯に出られなかったので監督として出てほしい」
    (26歳)と、W杯にこだわり続ける男を応援する声も殺到。

    ●2位 中田英寿
    「頭脳派だから」(29歳)、「戦略を分かりやすく伝えそう」(27歳)、「知的なチームを作りそう」
    (27歳)と、クレバーな戦術で日本チームを世界レベルに押し上げてくれると期待する意見が。また
    「後にも先にも彼を超える日本人選手は現れない」(22歳)と、日本が生んだサッカー選手の中で最高
    のプレイヤーだったと考える人が多いのも、得票の理由のようだ。

    ●3位 ラモス瑠偉
    「アツい魂があるから」(29歳)、「気持ちの強いチームを作りそう」(27歳)、「勝ちにいきそう」
    (25歳)など、ときに激しすぎだと批判されることもあるブラジル仕込みのサッカー熱こそがこれから
    の日本代表に必要だと考える声が。一方「選手よりも監督が目立つから面白い」(29歳)、「偉そうに
    してるからお手並み拝見したい」(27歳)など興味本位の票もあり。
    ちなみに「実際に監督をやっているので」(29歳)など、経験を認める声はなぜか少なめ…。

    その他、4位の宮本恒靖は「FIFAマイスターの資格を持つほど真面目に取り組んでいるから」(29歳)
    と指導への熱心な姿勢が、5位の中山雅史は「インタビューが面白そう」(27歳)とそのコメント力が
    票を得た主な理由となっていた。

    カズにはいつまでも現役でいてほしいけど…W杯で戦う「キングJAPAN」もやっぱり見てみたい!! 
    (R25編集部)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140611-00000000-rnijugo-spo

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ