サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    no title

    ポルトガルリーグは25日、第18節を各地で行った。FW田中順也の所属するスポルティング・リスボンはホームでアカデミカ・コインブラと対戦し、1-0で勝利した。
    ベンチスタートとなった田中は後半22分から途中出場している。

    前半はボール支配率72%と圧倒的な攻撃を見せたS・リスボンだったがシュートの精度を欠き、前半をスコアレスで折り返した。
    後半も立ち上がりから攻め込み、同8分には、右クロスからMFアドリエン・シルバがバイシクルシュート。これは惜しくもクロスバーを叩いた。

    後半23分にもロングシュートがクロスバーを叩くなどこの日は運がなかったS・リスボン。
    それでも同31分、MFビリアン・カルバーリョの右クロスに抜け出した田中がヘディングシュート。
    これはGKの正面をついてしまったが、GKが弾いたボールをMFジョアン・マリオが押し込み、先制点。
    これが決勝点となり、S・リスボンが5連勝を飾った。

    試合後、自身のブログ(http://ameblo.jp/junya-tanaka/)を更新した田中は「決勝点にも絡むことができた。
    というか…直接入れなければいけないヘディングシュートでした」と反省。
    「そのあと味方が詰めてくれて決勝ゴール。嬉しさ半分。悔しさ半分です」と複雑な心境を綴った。

    それでも田中は15年に入って途中出場も含めると公式戦で6試合連続で出場中。
    3ゴール4アシストとチームの勝利にも貢献している。「やはり『ゴール』と、『ゴールに絡んだ』の違いは大きく差があります。
    コンスタントに試合に絡めるとモチベーションもコンディションもかなり上向きます。
    次も必ず結果を出します」と気持ちを切り替え、今後の活躍を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00315262-gekisaka-socc
    ゲキサカ 1月26日(月)10時14分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00315262-gekisaka-socc.view-000

    続きを読む

    784832_heroa


    FW武藤の視線は既に次なる戦いに向いていた。
    日本代表として初めて戦った国際大会を終えて帰国。
    「もう(アジア杯は)終わったことなので」と、大会を振り返ることはなかった。
    4試合全てに途中出場し、20日の1次リーグ最終戦のヨルダン戦では正確なクロスで香川の得点をアシストした。
    しかし、FWとして出場しながら、23日のUAE戦では再三のチャンスも結局得点は0に終わった。

    日本協会の原専務理事は「次は決めろよ」と声をかけたことを明かし「悔しさを次につなげてくれれば」と、奮起を期待した。
    武藤はしばしの休暇を取って、2月1日からFC東京の練習に合流する予定だ。
    3月に行われる親善試合2試合、そして6月に始まるW杯ロシア大会予選へ。
    アジア杯で感じたふがいなさを糧に、さらなる成長を目指す。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/26/kiji/K20150126009694000.html
    2015年1月26日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/26/gazo/G20150126009694980.html
    帰国した武藤(左)清武(中)森重ら日本代表イレブン

    続きを読む

    E382A2E382AEE383BCE383ACE79BA3E79DA3
    アジア杯準々決勝で敗退した日本代表が「現場トップ3反省会」で再生を図る。
    代表は25日、大会が行われたオーストラリアから成田空港着の航空機で帰国。
    出迎えた原博実・専務理事(56)は、ハビエル・アギーレ監督(56)に、霜田正浩・技術委員長(47)を交えた総括ミーティングを提案した。
    近日中に約1か月のバカンスに同監督が入る前に、サムライ・ブルーの今後の方向性を精査する。

    課題は痛みが鮮明なうちにあぶりだす。代表チームを出迎えた原専務理事は、アギーレ監督と会談の約束を取り付けた。
    「さっき話しました。霜田も含めていろいろと聞いてみたいことがある」。
    想定外のアジア杯8強止まりに現場トップは危機感を増幅。霜田委員長も交えて今後の方向性を確認する決意を固めた。

    迅速な行動には理由が2つある。1つは抽出した意見を2月上旬に予定される技術委員会で検証材料に挙げるため。
    もう1つは指揮官のバカンスだ。近日中に私的な立場で離日予定。「一度日本を離れて3月に戻ってくる。
    スペインとメキシコに息子がいる。それぞれでバカンスを過ごしたい」と明かした。
    日本協会との契約では1月末に拘束力が消え、3月から新たに始まる。オフを満喫する前に“宿題”を終える必要がある。

    メキシコ人監督のスペインリーグ時代の八百長疑惑に関し、日本協会側は24日に検察当局からの告発が受理されていないと認識。
    アギーレ監督も日本到着後の会見で「正式な(告発受理の)連絡は来ていない。
    すべてメディアで知ることだけだ。正式なものがない限り私から動くことはない」と強気に言葉を並べた。

    告発受理が公式に確認できていない現時点では、2月の休暇中にバレンシア裁判所から出頭を要請されることはない。
    疑惑が一時的に晴れたこと、8強止まりでも内容が評価されたこととで、大仁邦弥会長(70)も続投を明言した。
    「大仁さんの支持には深く感謝している。日本はこれで死んだと思われてはいけない。
    しっかり生きています。しっかり戦います」。指揮官はすべてを精算して長いオフを満喫する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000261-sph-socc
    スポーツ報知 1月26日(月)7時4分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000261-sph-socc.view-000
    到着ロビーに大勢のファンが待つ中、帰国した吉田(左端)ら日本代表イレブン

    続きを読む

    no title


    日本代表のエースから“お荷物選手”に

    連覇を目指したアジア杯で準々決勝敗退となった日本。PK戦最後のキッカーとなった香川真司は試合後、
    明らかに落胆した様子で謝罪を繰り返した。これまで長い期間で結果を残せない背番号10の起用は再考されるべきか。

    金曜日の夜のこと。日本がUAEとのPK戦に敗れるとスタジアムには大きなどよめきが沸き上がった。
    優勝候補だったはずのサムライブルーは、運にも恵まれず、早々に大会を去ることとなった。

    日本代表はよく組織され、自分たちの特長を活かしたスタイルで120分間戦った。
    データ分析会社『Opta』によれば、合計799本のパスを試みて、その成功率は90.1%を記録したという。

    それでも、その圧倒的な優勢を活かすことが出来ず、35本も放ったシュートの内、枠を捉えたのはわずかに8本だけ。
    乾貴士、武藤嘉紀、豊田陽平らは簡単な決定機を逃してしまった。

    そして、香川真司もまた非難されてしかるべきだ。ドルトムントでプレーする香川には多くのゴールチャンスがあった。
    そして敗戦を喫したPK戦では、日本代表最後のキッカーを務めた。

    この25歳のMFが日本代表の“お荷物選手”になってしまってから、あまりに長い時間が経過した。
    ゴールから遠ざかっているにも関わらず、自然と彼がナンバー10に選ばれている状況は考え直されるべきかもしれない。

    以前の香川とはもう同じではない。失敗に終わったマンチェスター・ユナイテッドへの移籍以降、日本代表でも貢献出来ず、調子は降下しているままだ。

    ヨルダン戦で香川が待望の得点を奪うと、チームメートは一様に喜びを露わにした。
    元セレッソ大阪のアタッカーは、得点を決めたことが自信に繋がるともコメントを残していた。

    代表選手としては、もう若手という年齢ではないが、アジアの中でトップ選手であることは間違いない。
    チームの模範となり、責任を与えられるべき選手だ。なぜ彼は長谷部誠や本田圭佑と共に最初の5人のキッカーに選ばれなかったのだろうか?

    確かに本田もミスをした。しかし、彼が最初のキッカーを務めたことに不安を覚えることはなかった。
    一方で、香川は自分が陰に隠れていることに満足し、チームメートが試合を決定づけてくれることを望んでいた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010022-footballc-socc
    フットボールチャンネル 1月25日(日)15時0分配信

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1422165839/
    2015/01/25(日) 15:03

    続きを読む

    546351_heroa


    アジア杯で連覇を逃した日本代表のFW本田圭佑(28)=ACミラン=ら欧州組5人は所属クラブへ戻るため、
    シドニー発の航空機で飛び立った。
    本田は強豪国との対戦を望んだ。国内組を中心とした本隊は25日に帰国する。

    グレーのスーツにサングラス姿でシドニー国際空港に現れたFW本田は、前夜の敗戦のショックを引きずる様子はまったくなかった。
    「試合はすぐにやってくるので」と切り替えて、イタリアへ向かった。

    世界どころかアジアの壁にはね返される現実を突きつけられたが、強気な気持ちは健在だ。
    2018年ロシアW杯でリベンジを狙う気持ちにブレはなく、「欧州のチームとたくさん試合をしたい。
    今回われわれが食われたのと逆をやる回数を増やせば、日本の価値は高まる」と“大物食い”に意欲を明かした。

    24日付イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトでACミランのインザギ監督は「本田は休みたがらない」と話しており、
    2月1日のパルマ戦(ホーム)に出場が濃厚。アジア杯8強止まりの屈辱をバネに、日本のエースが進化を急ぐ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000500-sanspo-socc
    サンケイスポーツ 1月25日(日)5時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000500-sanspo-socc.view-000
    アジア杯2連覇を逃し、本田は欧州の強豪国とのマッチメークを熱望した

    続きを読む

    no title


    長谷部、主将後任に香川を指名

     アジア杯で8強進出した日本代表は21日、23日の準々決勝・アラブ首長国連邦(UAE)戦に
    向け、試合会場のシドニーに移動し、午後6時半から現地で初練習を行った。

     MF長谷部誠(31=フランクフルト)は将来的な日本代表の主将に香川を“指名”した。
    ヨルダン戦での得点を受け「彼は技術、質に関しては選手として疑いようがない。あとはメンタル。
    チームを引っ張っていくくらい成長できれば日本にとってもプラス」。かねて若い選手が主将を
    務めることを口にしており、香川の主将プランに「やれると思います。立場は人をつくる。
    そういう立場になって変われる部分はあると思う」と後任候補に挙げた。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20150122-1424696.html

    2015/01/22(木) 12:18:05.02
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1421896685/

    続きを読む


    E382A2E382AEE383BCE383ACE79BA3E79DA3

     アジア杯準々決勝で敗退した日本代表が25日、成田空港着の航空機で帰国した。

     開催地オーストラリアから直接所属クラブの活動のため欧州に戻ったFW本田圭佑
    (28)らを除く、チーム本隊と一部海外組、ハビエル・アギーレ監督らがスーツ
    姿で戻ってきた。

     同監督は成田市内で会見し「結果に対しては悲しさを感じている」と第一声を
    発したが、大会を通じた日本の戦いぶりには自信を示し「日本がこれで死んだと
    思われてはいけません。日本はしっかり生きており、しっかり戦います」と言い切った。

     [2015年1月25日18時46分]

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20150125-1426284.html

    続きを読む

    2015-01-23-21-29-11
    日本代表の敗退はブラジルでも反響を呼んだ。

    スポーツ紙「ランセ!」は海外サッカー欄最大のニュースとして取り上げ
    「番狂わせが起きた。チャンスの山を築いたがシュートの精度が低く、逆転できなかった」と論評。

    日本―UAE戦のTV解説者は「日本が支配したが、決定機を外し続けた。技術、精神面などで世界トップとはかなりの差がある」と指摘した。
    英高級紙ガーディアンは「アジア杯史上最大の番狂わせの一つ」と報じた。

    1月25日(日)7時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000273-sph-socc

    スポーツ紙「ランセ!」
    http://www.lancenet.com.br/

    続きを読む

    850562_herol



    <アギーレジャパン解析料理:アジア杯UAE戦>

    ファウル数の多さが日本の苦戦ぶりを象徴していた。PK戦で敗れた23日のUAE戦を、サッカー分析会社「データスタジアム」の数値を基に検証。

    異常な数値を発見した。ボール保有率は日本が64・2%と圧倒。

    だが、攻勢を強めたチームの方が少なくなるはずの「ファウル」数で、18対15と日本が上回っていたのだ。

    守勢側のファウルがかさむのが一般的だが、この試合に限れば、完全に逆になっていた。

    なぜ、そうした逆転現象が起きたのか? 

    それは開始3分のシーンに始まる。まず敵陣右サイドから仕掛けた酒井がボールを奪われた。

    だが、日本は1次リーグ3戦で披露した高速奪回を繰り出せず、最終ラインの背後にスルーパスを通された。

    相手FWがミスし事なきを得たが、カウンターから決定的なピンチを招いた。

    連動した守備が機能しないのだから、逆襲を防ぐための最終手段としてファウルがかさんでいった。

    コンディションにも問題はあった。相手より1日少ない中2日の試合で、立ち上がりから疲労の残りは明らか。

    前半10分間のボール保持率に限れば、日本42%-UAE58%。この時間帯にUAEが本来のパスサッカーで先制し、その後は守備固め。

    一方の日本は攻勢を強めるも、疲労による出足の鈍さもあってファウルが増加した。

    好機もふいにし続け、シュート35本で1得点。結局は決定力不足という長年の課題にたどり着く。【石川秀和】

    1月25日7時37分
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20150125-1426056.html

    続きを読む

    no title


    アジア杯8強に終わった日本代表MFは24日、
    落胆したまま欧州へ戻った。

    UAE戦は6人目でPKを失敗。一夜明けても「この結果を受け止めないといけない
    またドイツに帰って、一から」と消えそうな声で漏らした。

    所属ドルトムントでも昨年12月は先発から外れるなど厳しい立場。
    「若い選手の活躍を刺激に」と再起を誓った。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20150125-1426021.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ