サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    no title

     ポルトガル1部リーグのスポルティング・リスボンは6月29日に柏レイソルから
    元日本代表FW田中順也を獲得したと発表した。以前からポルトガルメディアによって
    移籍は報じられていたが、正式に契約が成立した。

     FWクリスティアーノ・ロナウドを輩出するなど、欧州でも有数の名門クラブへの
    移籍を果たした田中だが、発表された契約内容がさらに話題を集めている。
    スポルティング・リスボンは公式サイトで田中と5年契約、他クラブへ移籍する際に
    発生する違約金はなんと6000万ユーロ(約83億円)とする契約を交わしたと発表した。
    初の海外移籍を果たすJリーガーに、この契約内容は異例とも言える。

     海外メディアもこの契約内容に反応。特にイタリアメディアは「そもそも田中って誰だ?」
    との見出しを付けて、この話題を取り上げている。

     『スポーツカフェ24』はスポルティング・リスボンが歴史的に見てもタレントを見出すことに
    長けていると紹介しながらも、「この分野に詳しく、日本のすばらしくて強いストライカー(???)に
    熟知している人であっても知らない」と“日本通”でさえ知らない選手だと紹介。
    「日本のすばらしくて強いストライカー(???)」と揶揄した表現を使いながら、驚きを伝えている。

     そして違約金6000万ユーロが驚きに拍車をかけているようで、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は
    「これは読み間違いではない。どこの誰ともわからない選手に、超高額の条項がつけられたのだ」と
    記載。『トゥット・カルチョ』は「ただのマーケティングか?それは今は誰にも分からない。
    ただ大きな期待が寄せられていることは分かる。ミスター田中に幸運を」と報じている。

    ゲキサカ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00136954-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title

    ザック監督送別会 きょう帰国

     アルベルト・ザッケローニ監督(61)が6月30日、日本協会主催の送別会に出席、今日1日に帰国する。10年8月30日に就任し、翌年1月にアジア杯(カタール・ドーハ)を制し、就任以来16戦負けなしの無敗記録を作った。

    しかしW杯本大会では1勝もできず、1次リーグ敗退。W杯後は「もう日本代表を指揮することはない。自分から申し出た」と辞意を表明したが、契約満了による退任となった。

    http://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20140701-1326628_m.html

    続きを読む

    no title
    香川、ブログで新たな決意「結果残して這い上がっていく」

    ブログで新たな決意をつづった香川
    Photo By スポニチ

     W杯ブラジル大会で1次リーグ敗退に終わった日本代表のMF香川真司が30日夜に自身の
    ブログを更新。悔しい結果になったW杯を振り返るとともに「4年後を目指し、すべてを
    懸けて頑張っていく」と新たなスタートを切ったことを報告した。

     敗退から5日、「自分の言葉でしっかりと伝えたかったので、時間がかかってしまい申し訳
    ありません」と切り出した香川は、まずはファンに向けて、感謝のメッセージ。「みなさんの
    サポートには感謝の気持ちでいっぱい。一つになって応援いただいたことはブラジルでも
    感じることができ、チームの力になっていました」。

     自身初のW杯について「まだ現実をすべて受け入れられていない自分があり、あっという間に
    終わってしまったなというのが正直な感想です」と悔しい気持ちを吐露。その上で「結果が
    すべての世界ですから、グループリーグ敗退という現実を受け入れなければなりません」と記した。

     さらに力を出し切れなかった自身について「これが今の実力。自分をあらためて見つめ
    直さなければならない」とし、さらに「この悔しさを晴らすには、やはりサッカーで結果を
    残して這(は)い上がって行くしかないのだと思います。しっかり前を向いてこのW杯を
    受け入れ、整理し、また一日一日練習からチャレンジして行きたいと思います」と
    新たなスタートを力強く宣言。最後は「チームとして皆さんと戦えたこと、ファミリーとして
    1つになれたこと本当に嬉しく誇りに思います」とザッケローニ監督やスタッフへの思いで結んだ。

    [ 2014年7月1日 04:46
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/30/kiji/K20140630008480580.html

    続きを読む

    20140408-00134239-gekisaka-000-1-view

    ACミランは30日、元ブラジル代表MFカカ(32)との契約を双方合意の下で解消したことを クラブの公式サイトで正式に発表した。

     カカ自身はACミランを退団することを否定していたが、この度ACミランとの契約を解消。 かねてから伝えられていた米MLSのオーランドシティへの移籍が濃厚だと見られている。
    なお、オーランドシティは2015年春からMLSに参戦するため、それまでの間は古巣のサンパウロに 期限付き移籍で加入する見込みだ。

     2003年にサンパウロからACミランに加入したカカは、7年間でセリエAを1度、欧州チャンピオンズリーグを1度制覇。
    また、個人としては2007年にバロンドールを獲得した。

    2009年からRマドリードに移籍したものの、全盛期のようなパフォーマンスを披露できず、 昨年9月に5年ぶりとなるACミラン復帰を果たしていた。

    【超ワールドサッカー】 [2014年6月30日22時50分]

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140630-1326561.html

    続きを読む

    no title


    W杯イケメン対決!日本代表は香川真司、コートジボワールには勝ったがイタリアに敗北
    2014/6/30 12:26

    オンラインメディア「E!News」がサッカーW杯のイケメン選手を選ぶ読者投票を
    行っている。各国代表から1人ずつイケメンを選出し、それをユーザーの二者択一
    投票により勝者が決まるトーナメント方式で行われている。ユーザーからは
    「どういう基準で選んでいるのか!」と贔屓の選手が選ばれていないことへの
    不満も多い。たとえば、メキシコ代表ロドリゲスには「何でチチャ(童顔で有名な
    イケメン、ハビエル・エルナンデス選手)じゃないの?」、ブラジル代表のネイ
    マールには「ダビド・ルイスの方がイケメンでしょ」などの声が上がっている。
    決勝戦は「フランス対チリ」

    では、「E!News」が選抜した日本代表のイケメンはだれか。香川真司だ。香川の
    「初戦相手」は日本が一次リーグで破れたコートジボワールのトゥーレ。こっちでは
    香川が勝利したが、次の対戦相手のイタリア・マルキジオにあえなく敗退した。

    6月29日(2014年6月)現在、マルキジオを破ったフランスのオリビエ・ジルーと
    チリのマウリシオ・ピニージャとの決戦となっている。コメント欄はスペイン語で
    埋め尽くされ、ピニージャ優勢の様子だ。

    http://www.j-cast.com/tv/2014/06/30209079.html

    続きを読む

    2014-06-06-09-05-39


    絶不調でフル出場 本田はサッカーができる体調だったのか?


    ひとりだけスーツの本田 (C)真野慎也/JMPA

     ザッケローニ監督の最大の見込み違いが、大黒柱・本田圭佑が体調の不安を抱えコンディションを崩していたことだ。

     本田には喉仏の下にクッキリと10センチの手術痕があり、バセドー病の症状が進んで「甲状腺切除手術に
    踏み切った」とサッカー関係者の間ではもっぱらだ。

     バセドー病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫疾患。痩せる、眼球が突出する、心臓がドキ
    ドキする、大量発汗、手が震える――といった症状が表れる。

     本田は、W杯初戦コートジボワール戦の前半16分に先制弾を決め、3戦目コロンビア戦では前半終了間際に
    FW岡崎のゴールをアシストした。しかし、2戦目ギリシャ戦を含めて3試合とも後半になると完全に足が止まった。
    コロンビア戦では何度もボールを奪われて失点の発端にもなり、珍しく両膝に手を置いてうな垂れる場面もあった。
    新天地ミランで干されて試合勘を失い、コンディション調整に失敗したといわれたが、少なくともバセドー病の
    諸症状が出て、万全の状態ではなかったことは事実。チーム内からも「いつもの圭佑さんじゃなかった」という声が噴出した。

    ■最後の会見で一人だけスーツだった理由

     W杯1次リーグ敗退が決まり、日本代表は合宿地で監督、選手が記者会見に応じて「解散」したが、選手全員が
    練習着で対応する中、本田ひとりだけが背広にネクタイを着用。そのままチームを離れて単独行動。移籍先クラブの
    メディカルチェックを受けるためにドイツ経由で帰国した長谷部以外の監督、選手が同じチャーター便で帰国する
    中、本田の姿はどこにもなかった。

    「背広にネクタイ姿は手術痕を見られたくなかったから」「メディアに追い掛け回されるリスクから一緒に帰国し
    なかった」など、現地であれこれ理由が取り沙汰された。

     いずれにしても、本田の絶不調を知りながら使い続け、チーム全体のパフォーマンス低下を招いたザッケローニ
    が1次リーグ敗退の責を負うのは当然だとしても、本田に執着する指揮官をいさめなかったコーチ陣、監督と気心
    の知れた仲なのに本田外しを提言しなかったサッカー協会技術委員会の原委員長もまた、同罪と言わざるをえない。

     本田はW杯前報道陣に、「一度も自分の口から、手術したなんて言っていない。今、自分自身がここにいるとい
    うことだけで十分じゃないかなと思います」と、手術については明言は避けていたが、チームスタッフは本田の
    体調についてしっかりコミュニケーションを取っていたのだろうか。

    http://nikkan-gendai.com/articles/view/sports/151464/

    続きを読む


    sck_20593_ext_05_0_thum500


    長友ロシアに向けてボランチ転向も 明大恩師も「適性あり」

    日本代表DF長友佑都(27=インテル)が新境地を開拓する。サッカーW杯ブラジル大会で1次
    リーグ敗退に終わり悔し涙を流したが、すでに4年後のロシア大会に向けた戦いがスタート。これまで
    「世界最高の左サイドバック」を目指していた男が守備的MF(ボランチ)への転向を視野に入れた。
    新たなポジションへの挑戦で、ブラジルの借りをロシアで返す。

     長友はエースのFW本田圭佑(28=ACミラン)、FW香川真司(25=マンチェスター・ユナイ
    テッド)とともに「W杯優勝」を目標に掲げた。ザックジャパンのオピニオンリーダーだったが、
    2度目のW杯は屈辱の舞台となった。

     1分け2敗の未勝利で1次リーグ敗退。ショックは大きく、一夜明け会見では涙ながらに代表引退を
    考えたことを吐露した。それでも「逃げになる。ここでやめれば一生後悔して終わる」と思い直し、
    3大会連続出場となるロシア大会での雪辱を誓っている。

     ただ、このままでは同じことの繰り返しになる。4年後にはさらなる“進化”が必要だ。恩師の明治
    大学体育会サッカー部・神川明彦監督(47)もこう指摘している。

    「彼のプレースタイルはずっとあのままでやれるのか。といったら、違った長友像を模索しなきゃいけ
    ない時期がブラジル以降に出てくる」

     長友の持ち味は豊富な運動量と強靱なフィジカルだが、4年後は31歳。長友といえども、年齢的な
    衰えがあることも予想される。そこで、視野に入れる“進化”の方法の一つがコンバートだ。神川監督も
    「ボランチはあるかもしれないし、今だったらできる。彼のことだから目指すべき自分を見つけると思う」と
    話している。

     ボランチは大学時代に務めたことがあり、適性もあった。また、「目標」として最も尊敬している
    元アルゼンチン代表MFハビエル・サネッティ氏(40)もサイドバック、守備的MFと異なるポジションを
    兼任。長い間クラブ、代表で活躍を続けた。

     インテルで長友と同僚だったサネッティ氏は2013―14年シーズンで引退したが、長友は入団当初から
    刺激を受けてきた。「長友も長く現役をやりたいと考えている選手」(神川監督)。ボランチはサイド
    バックに比べれば、運動量が減り体への負担も軽くなる。ベテランとして生き延びるには、格好のポジションかもしれない。

     最強サイドバック男の新たな挑戦が始まりそうだ。

    6月30日(月)16時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000030-tospoweb-socc

    続きを読む

    jpn14063011440005-p1

    長谷部、人形劇でオオカミ役!被災地訪問し「彼らと遊んで癒やされた」

    幼稚園児と記念写真に納まるサッカー日本代表主将の長谷部誠選手=宮城県南三陸町

     サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグで敗退した日本代表の主将を
    務めた長谷部誠選手(30)が30日、宮城県南三陸町のあさひ幼稚園を訪れ、声援を
    送ってくれた園児らに感謝を伝えた。人形劇でオオカミ役を演じるなどして交流し
    「W杯が終わったら一番にここに足を運ぼうと思っていた。彼らと遊んで癒やされた」と笑顔で語った。

     東日本大震災による津波で流失した園舎の再建を、日本ユニセフ協会を通じた寄付で支援した
    縁があり、訪問は今回が4度目となった。長谷部選手と触れ合った佐藤杜ちゃん(5)は
    「来てくれてうれしかった。楽しかった」と話した。

     長谷部選手は4年間務めてきた日本代表の主将について「前から言っているが、若い
    選手に頑張ってほしい」とあらためて後輩に譲る考えを示した。新天地となるドイツ
    1部リーグのアイントラハト・フランクフルトでのプレーについては「心と体をしっかり
    休めてから新シーズンに臨みたい」と話すにとどめた。(共同)

    画像あり(オオカミ役画像なし)
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140630/jpn14063011440005-n1.html

    続きを読む

    69926d73

    次期日本代表監督に元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏が就任することが決定したと、
    スペイン紙『マルカ』が報じている。契約は4年で、7月下旬に来日し正式契約を結ぶとしている。

    アギーレ氏は1958年12月1日生まれ、メキシコ国籍の55歳。
    両親がスペイン・バスク地方からの移民で、『マルカ』も“バスク人”と紹介している。

    代表監督としては2002年と2010年のW杯でメキシコ代表を指揮。
    いずれも決勝トーナメントに進出させている。
    2010年大会後はサラゴサを指揮。2012年からはエスパニョールを率いていたが、
    今年5月に退任を発表していた。

    エスパニョール指揮官を退任直後から日本代表監督への就任が噂されていたが、
    同紙によると、他国からのオファーはすべて断った模様で、日本代表監督への就任を
    決意したとしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00136912-gekisaka-socc

    ★1 2014/06/30(月) 02:08:08.94 ID:???0
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1404061688/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ