サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表



    マインツ 1-2 ブレーメン

    ゴール
    岡崎慎司(前半3分)
    フランコ・ディ・サント(前半44分)
    フランコ・ディ・サント(後半4分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627002

    続きを読む

    no title


    ブンデスリーガ第10節が10月31日に行われ、DF内田篤人の所属するシャルケがアウクスブルクと対戦。
    1-0でシャルケが勝利を収めた。フル出場の内田は37分、オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの決勝点をアシストした。

    地元メディアは、同試合の採点と寸評を発表。『Revier Sport』は「“ウッシー”コールがスタジアムにとどろく」と見出しをつけ、
    「もう、“ウッシー”しかいない!シャルケとの契約延長に続き、この試合では38分にスパートをかけると決勝点をアシスト。
    それは、まるで、喜びで日本まで突っ走ってしまいそうな勢いだった。

    その後、内田がアウグスブルクのカウンターを摘み取ると、“ウッシー”コールは、鳴りやむことがなかった。
    彼はヒーローだ!」と絶賛した。採点は「2」の高得点が与えられている。

    さらに、『West Deutsche Allgemeine』も「内田のひらめきがシャルケに勝ち点3をもたらす」と題し、「2」の高得点をつけた。
    「彼の素晴らしいドリブルからのクロスがフンテラールの決勝ゴールを可能にした。

    契約延長の翌日、この日本人選手は試合を決定づけるひらめきを見せた。
    83分、自陣でトビアス・ヴェルナーからボールを奪ったとき、彼は文句なしの“マン・オブ・ザ・マッチ”となった」と高く評価している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00246650-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    no title



    ブンデスリーガ第10節が10月31日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケがアウクスブルクと対戦。

    1-0でシャルケが勝利を収めた。フル出場の内田は37分、オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの決勝点をアシストした。

     1アシストで勝利に貢献した内田が、ブンデスリーガのドイツ語版公式HPで、同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

     内田のアシストは今シーズン2つ目。同HPは、「内田篤人は前線でも後方でも、力強さを見せた。1対1の勝率は75パーセント。彼以上の勝率を残した者はいない。

    そしてシャルケの中で最も多くのボールタッチ数を記録し、フンテラールのゴールもアシストした」と寸評を記している。

     シャルケは第10節を終え、4勝2分け4敗の勝ち点14。暫定で7位となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00246603-soccerk-socc

    続きを読む



    904: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/01(土) 12:33:20.24 ID:qFvZkTUA.net
    >>900 
    フンテラール 
    「アツトがスーパーな形で先制点を演出したね。彼が何としてでも高い位置まで駆け上がり、センターに(クロスを)入れようとしていたのが伝わった。 
    僕はそれを狙って、ちょうど良い位置に立っていたんだ。」 
    内田 
    「見えていなかったけど、(フンテラールは)いるだろうと思った」 
    以心伝心ですな
    続きを読む


    no title



    シャルケ 1-0 アウクスブルク

    【得点者】
    1-0 37分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)

    ブンデスリーガは31日、第10節1日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでアウクスブルクと対戦し、1-0で競り勝った。
    右SBでフル出場した内田は前半37分に先制点をアシスト。守備でも完封に貢献し、チームを2試合ぶりの勝利に導いた。

    前日30日にシャルケとの契約延長が発表されたばかりの内田が魅せた。
    前半37分、自陣で相手のパスをインターセプトすると、相手選手を一人振り切り、そのまま右サイドを一気に駆け上がる。
    スピードに乗ったドリブルで約50mを独走。ゴールライン近くまでえぐって倒れ込みながら折り返し、ファーサイドのFWクラース・ヤン・フンテラールが右足アウトサイドで押し込んだ。

    内田の3試合ぶり今季2アシスト目で先制点を決めたフンテラールは一目散に内田のもとへ向かい、ピッチに倒れ込んだままの内田を引き起こして感謝の抱擁。
    内田はゴール裏のサポーターに向かって拳を突き上げ、会心のガッツポーズを見せた。

     前半を1点リードで折り返したシャルケだが、試合開始早々の前半4分にMFユリアン・ドラクスラーが負傷交代した攻撃陣がなかなかかみ合わず、2点目が遠い。
    後半に入ると、アウクスブルクに押し込まれる時間帯も増えたが、内田は守備でも体を張った好プレーを披露。

    ピンチを未然に防ぎ、時には逆サイドのカバーにまで戻るなど無失点に大きく貢献し、ホーム3連勝を飾った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00188100-gekisaka-socc

    記録
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627000
    http://www.bundesliga.com/jp/stats/matchday/?matchid=153216&season=2014&liga=51&round=9

    内田、華麗に決勝弾アシスト シャルケの勝利に貢献
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00000040-goal-socc

    内田篤人、今季2アシスト目で勝利貢献…鮮やか突破から決勝点演出
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00246592-soccerk-socc

    シャルケ完封勝利
    http://www.bundesliga.com/jp/liga/news/2014/0000305566.php

    続きを読む

    b67c58a9-s



    ボルシア・ドルトムントは、1日に行われるブンデスリーガ第10節でバイエルン・ミュンヘンと対戦する。
    ユルゲン・クロップ監督は、細心の注意を払って大一番への準備を進めているようだ。

    リーグ戦で不振を極めるドルトムントは、現在15位。首位バイエルンとは、すでに14ポイントの勝ち点差がついた。
    だが、バイエルンは前節ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)戦で0ー0と引き分け、第4節ハンブルガーSV戦以来のドローとなっている。

    30日の会見で、ボルシアMGの試合がヒントになるのではないかと問われたクロップ監督は、次のように答えた。

    「それはないだろう。ボルシアMGとはまったく違うプレースタイルだからね。我々もバイエルンに勝ったことがあるが、
    それがほかのチームのヒントになったかと聞かれれば、分からないとしか答えることができない」

    「バイエルンに簡単にプレーさせない方法はある。だが、それをピッチで実行しなければいけない。もちろん、ボルシアMGとの試合も分析している。
    彼らの一番最近のリーグ戦だからね。でも、参考にできることは限られている」

    「いずれにしても、作戦はバイエルンが誰を使ってくるかで大きく左右される。ダビド・アラバがどのポジションでプレーするか。
    アリエン・ロッベンやマリオ・ゲッツェがプレーするか、そういったところによる」

    バイエルンがFWマルコ・ロイスの獲得に言及し、クラブ間の関係に影響しているという話題にも触れた。

    「そういったことは一切考えていない。自分には関係ない。もちろん、両チームが上位にいたら、そういったやりとりも面白いかもしれない。
    ただ、今の我々の状況でそれは楽しいものではないから、考える必要がまったくないだろう」

    「でも、人生はフェアなものだと思う。成功しているときに良くない行いをすると、いつかその代償を払うことになる。
    今、(両クラブの間で)何が起きているかは知らない。だが、いつかそのツケを払うときがくると信じている」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000003-goal-socc

    続きを読む

    no title
    シャルケのDF内田篤人は、30日にクラブとの契約延長を発表。
    2018年の6月30日までの契約となり、さらに3年ドイツでプレーすることを選択した。
    その内田が、27日発売のドイツサッカー専門誌『エルフ・フロインデ』で、ドイツに来てから
    現在までに感じた文化の違いについて語っている。

     2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍した内田。移籍当初は、大きく違う文化に
    「カルチャーショック」を受けていた様子。新しい文化に飛び込み「慣れるまでどれぐらいかかるんだろう?と思った」
    と、当時の心境を述べた。

     当初は文化の違いに戸惑っていた内田だが、今ではすっかりドイツになじんでいる。契約延長の際には
    「シャルケは特別なクラブ。ファンの応援も素晴らしい」と述べ、シャルケとホームタウンのゲルゼンキルヒェンが
    すっかり気に入っているようだ。シャルケファンからも“ウシ”の愛称で親しまれている。

     だが、同紙で内田は、その愛称を実はあまり気に入っていないと明かしている。

     このニックネームは2つの意味があり、1つは、発音から日本語では「牛」。2つ目はドイツ語で
    女性名「Ursula(ウルスラ)」の略称である。

     内田は、1つ目の意味をドイツ人のほとんどは知らないが、「ドイツ人からそう呼ばれても何もしない」と、
    自分は女性ではないと主張。しかし、日本人から呼ばれる場合も同様で「本当の意味を分かって
    呼んでいるわけではないから、そう呼ばれるのは好きではない」と、説明している。

     契約も延長し、「みんなの信頼に応えられるように頑張りたい」と語った内田。
    シャルケの“ウッチ―”として更なる活躍が注目される。

    http://www.footballchannel.jp/2014/10/31/post53816/

    【サッカー】内田篤人、シャルケと2018年まで契約延長…満了すれば在籍8季に(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1414676527/

    続きを読む

    d07e9649
    先日行われたブラジル戦は大差による敗戦となってしまった。
    実力差については選手が一番わかっているであろうから試合内容については言及しない。
    こればかりは監督や選手たちに託すしかない。
    私が心配しているのは日本代表の「扱われ方」だ。

    ◆メディア「今日から彼がスターだからよろしく」

    試合が近づくと日本代表メンバーが毎回発表され、一種の風物詩のようなものとなっている。
    しかしメディアでは発表前から既に「彼」が代表入りを決めているかのような報道がなされる。
    Jリーグを普段見ていない大多数の「日本代表サポーター」は初めて聞く名前に驚く。
    そして「今日から彼がスターだから」と言わんばかりにメディアによる持ち上げ報道が始まる。

    確かにサッカーという競技はスターを作りやすい。FW以外のポジションであれば数字で成績が出にくいため、
    メディアもサポーターも主観的に選手を評価することになる。これはマスメディアにとって
    「彼がスターの素質が実質なくても」スターとして報道しやすく、好都合ではある。

    しかし日本人も馬鹿ではない。「学生時代から注目され、
    プロ入りしても大活躍」というスター街道ならまだしも、急にポッと出てきた「スター」には全く踊らされないのだ。

    実際、今回行われたブラジル戦のテレビ視聴率は14.1%と低迷した。
    2012年に行われた同マッチ親善試合の視聴率が23.7%だったから、わずか2年でおよそ10%の急落である。

    これは日本人がW杯の惨敗を見たことで「彼らはスターではない」と一層認識したことにより、
    日本代表離れとなってしまった結果と言える。
    メディアのなかの華やかな「スターの押し売り」に嫌気がさしたと言っていい。
    >>2以降に続きます)

    ソース元
    http://chantsoccer.com/posts/469


    ↓以下関連リンク↓

    <視聴率>
    【サッカー/テレビ】親善試合「日本×ブラジル」 平均視聴率は低調14・1%
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413363623/
    【サッカー/日本代表】フジテレビで放送されたブラジル戦の視聴率は23.7%
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350436183/

    <Jリーグ自治体依存の関連ニュース(一部のみ)>
    【サッカー/Jリーグ】クラブライセンス制度をクリアするため、数十億円、数百億円といった自治体の協力が必要だ★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413581942/
    【Jリーグ】苦戦・・・広島の新サッカースタジアム建設。カープの払うスタジアム使用料はスタ運営・維持費を上回っていて市民の誇り★6©2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1414749828/
    【サッカー】J1清水、静岡市長に新スタジアム建設を要望★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1404403313/
    【サッカー/Jリーグ】大分、5月末までに債務超過解消へ 官民から出資7700万円
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1398679109/

    <参考資料 Jリーグ各スタジアムの自治体による赤字補填額(一部のみ)>
    http://pbs.twimg.com/media/B0MM9WUCMAA7FzM.jpg:large

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ