サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    1: 仙台焼肉 ★^^2017/03/24(金) 20:05:56.42 ID:CAP_USER9

    no title

     
    今野のゴールが試合を“寝かせた”。

    [ワールドカップアジア最終予選]UAE 0-2 日本/3月23日/UAE・アルアイン

     FIFA公式サイトは、「日本は見事に昨年9月(UAEに1-2で敗北)の仕返しをした。
    際立っていたのは久保裕也。1ゴール・1アシストで、全得点に絡んでみせた」とサマリーを紹介。
    ドイツ『キッカー』誌の電子版は大迫勇也の負傷を大々的に取り上げ、
    「ゲーム終盤にUAEの選手から不当なタックルを膝に受け、途中交代となった。
    もし長期欠場となれば(所属する)ケルンにとって大きな痛手となるだろう」と報じた。

     
     フランス・メディアも日本代表を賞賛。『レキップ』紙と『フランスフットボール』誌は同じ内容の記事を配信し、
    「ヴァイッド・ハリルホジッチの男たちは敵地で堂々と振る舞い、リベンジを果たした。
    ベルギーで活躍する久保裕也が、マルセイユの酒井宏樹からの素晴らしいパスに抜け出して先制点を挙げ、
    さらに今野泰幸のゴールもアシスト。
    日本がグループ首位のサウジアラビアに勝点で並んだ一方、UAEは4位に転落。
    ワールドカップ出場に向けて崖っぷちに立たされた」と伝えている。
     
     アメリカの大手メディア『Fox Sports』は「サムライ・ブルーが完全にゲームを掌握した」と持ち上げ、
    「UAEは0-1の状況で何度か追いつくチャンスを得たが決め切れなかった。
    あの時間帯が勝負の分かれ目に。日本はチーム全体で連動した守備が素晴らしく、
    今野泰幸の2点目でゲームを“寝かせた”」と分析した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00023814-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@^^ 2017/03/24(金) 06:29:40.57 ID:CAP_USER9
    “アウェーらしいサッカー”で勝ったね。

    [ワールドカップアジア最終予選6節]日本 2-0 UAE/3月23日/アルアイン
     
    UAE戦は危なげなく勝点3を掴んだけど、何より最初のチャンスで先制点を奪えたのが大きかったね。
    その後は、しっかり守ってチャンスを窺う“アウェーらしいサッカー”ができていた。
    さらに後半の立ち上がりには今野が良い攻め上がりから追加点をマーク。効率よくゴールを重ね、アウェーで貴重な勝利を手にした。
     
    UAEは早い時間に失点して、焦りがあったようだ。日本のピンチと言えば、前半に川島がビッグセーブでマブフートのシュートを防いだシーンくらい。
    最終予選で4ゴールを奪っているUAEのエースFWハリルが欠場したのも、日本にとってはラッキーだったね。
    UAEは、日本が苦手とするフィジカルに長けたチームではないし、独力で局面を変える選手もいなかった。
    だから、日本の守備陣は対応しやすかったはずだよ。
     
    先制点を奪ったことで、相手が得意とするカウンターを封じられた点も大きかったね。
    日本が苦戦するとすれば、先制点を奪えずに前に出たところを、カウンターで突かれるという形だと予想していたから。
     
    トータルで考えれば、日本とUAEには明らかにレベルの差があった。
    昨年の9月に埼玉スタジアムで対戦した際には、日本はFKとPKで失点して敗れたけど、最終予選の初戦ということで日本の選手に硬さがあったのだろうね。

    今野のパフォーマンスは素晴らしかった。

    それにしても久々の代表戦になった今野は、良い仕事をしたね。ディフェンス面では、真骨頂の球際の強さとボール奪取力を見せていた。
    加えて貴重な追加点を奪ったのだから、この日のヒーローと言えるよ。
     
    この今野の活躍でハッキリしたのは、今後もクラブでコンスタントに試合に出ている選手を起用するべきだということ。
     
    今野は最後まで足が止まらなかったよね。彼はもともとスタミナがある選手だけど、日々、90分をしっかり戦い、
    ゲーム体力を養えているからこそ、こういう試合でもハイレベルなパフォーマンスを発揮できるんだ。
    久保にしたって今年1月に移籍したヘントで、リーグ7試合で5得点と結果を残している。その好調ぶりをUAE戦で証明した。
     
    だからこそ、ミランで出場機会を掴めていない今の本田が、なせ必要なのか僕には理解できないんだ。
    クラブで試合に絡めていない選手を招集するなんて、世界の常識からはかけ離れている。本田はUAE戦では78分からピッチに立ったけど、目立ったプレーはなかったよね。
     
    あれくらいのパフォーマンスだったらJリーグで結果を残しているフロンターレの小林やマリノスの齋藤らを選出したほうがよっぽど効率的だ。
    UAE戦、タイ戦に向けた選手発表会見でハリルホジッチ監督は「このチームには本田が必要だ」という趣旨のコメントをしていたけど、本
    田抜きのチームでも勝利はできたはずだよ。ハリルホジッチ監督としては良い教訓になったんじゃないかな。
     
    何よりこれまでチャンスが少なかった今野、久保が活躍したことで、良い競争原理が働くよ。
    彼らの活プレーを見て、「俺だって」と、思っている選手は必ずいるはずだ。そして切磋琢磨していくからこそ、チームのレベルアップが望めるんだ。
     
    今までの功績や経験を重視してメンバーを構成しても、相手からしてみれば何も怖くないよ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00023780-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/24(金) 6:00配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2017/03/24(金) 18:27:25.40 ID:CAP_USER9
    代表3試合目で初ゴール

    日本代表は現地時間23日、ロシアワールドカップに向けたアジア最終予選第6節でUAE(アラブ首長国連邦)と対戦し、2-0で勝利した。
    その結果、グループBで2位をキープし本大会出場に近づいた。
    この試合で先取点を挙げたヘントFW久保裕也は、ベルギーメディアでも話題となっている。

    久保裕也のゴールが生まれのは14分。右サイドのDF酒井宏樹から繰り出されたスルーパスにFW久保裕也が抜け出すと、
    ゴールエリア脇の角度の少ない位置からGKのニアサイドを打ち抜くシュートを放ち、先制に成功。
    ベルギー1部リーグ第30節メヘレンで“4人抜き”のスーパーゴールを決め、絶好調のゴールハンターが代表で初ゴールを記録した。

    ベルギー『De Morgen』は、「『スシボンバー』が日本代表でもゴール」と見出しをつけ報道。
    さらに久保の活躍ぶりについて「久保裕也はヘントで好調を維持しているが、彼は裏への抜け出しから日本代表でもゴールを決めている。
    ストライカーはワールドカップ予選のUAE戦で先制弾を決めた」と伝えた。
    かつてドイツで活躍した高原直泰から“スシボンバー”の異名を受け継いだ久保裕也は、
    この試合で今野泰幸の追加点までもアシストし、代表でも素晴らしい結果を残している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00010022-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 3/24(金) 17:10配信

    no title

    http://livedoor.blogimg.jp/myamo99/imgs/c/1/c1e7aa17.jpg

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@^^2017/03/24(金) 18:34:17.97 ID:CAP_USER9
    <W杯アジア最終予選:日本2-0UAE>◇B組◇23日◇UAE・アルアイン

    日本代表のFW本田圭佑(30=ACミラン)が、途中出場で奮闘した。所属のACミランで出場機会が完全にない状態で、
    昨年11月のサウジアラビア戦に続き、W杯予選2戦連続でベンチスタートとなった。

    後半33分に得点を挙げた久保に代わり途中出場。
    同43分には中央突破を仕掛けたものの、相手DFに倒され、その流れで岡崎がシュートまで持ち込んだ。
    同44分にもミドルシュートを放ち、存在感を示そうとした。
    この日のUAE戦も出場時間は15分程度で、試合勘を取り戻すには物足りない。
    試合後は現地スタッフの記念撮影には応じたものの、真っすぐに前を向いたまま表情を変えず。
    報道陣の質問には一切答えずに、無言でスタジアムを去った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-01797035-nksports-socc
    日刊スポーツ 3/24(金) 15:57配信

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggGrqqan25val43CGA_0i45w---x246-y400-q90-exp3h-pril/amd/20170324-01797035-nksports-000-3-view.jpg
    no title

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@^^ 2017/03/24(金) 06:05:36.81 ID:CAP_USER9
    「とにかく前回は不甲斐ない形で終わったので、今回はしっかりチームに貢献したかった」

    現地3月23日に行なわれたロシアワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦で、久保裕也が躍動した。

    まずは13分、酒井宏樹のスルーパスを受けてペナルティエリア内に侵入すると、右足を振り抜き、GKのニアサイドを抜く貴重な先制点をゲット。
    さらに51分には右サイドからのクロスで今野泰幸のゴールをアシストし、2-0の勝利に大きく貢献した。
     
    殊勲の久保は、試合後のインタビューで「(酒井)宏樹さんから良いパス来た。意外とフリーだったので振り抜こうかと思った」と自身のゴールを振り返り、
    「とにかく前回は不甲斐ない形で終わったので、今回はしっかりチームに貢献したかった。それが出来て良かった」と続けた。
     
    久保が言う「前回は不甲斐ない形で終わった」というのは、昨年11月のサウジアラビア戦だ。
    この試合で久保はスタメンに抜擢されながらも、前半だけで負傷交代。
    不完全燃焼に終わっていた。それだけにUAE戦にかける想いは強く、1得点・1アシストという結果に手応えを感じたようだ。
     
    ただ、この1得点・1アシストに満足しているわけではない。
    「まだまだこれからなので、もっと結果を残していきたい」とさらなる結果を求めるとともに、28日に行なわれるタイ戦に向けて
    「個人的にもまたチームに貢献できるように準備していきたい」と気を引き締めていた。

    コンディションに問題がなければ、タイ戦でもスタメンが濃厚だろう。
    長らく日本代表の右ウイングは本田圭佑のポジションだったが、この若武者の台頭が"聖域"を崩しつつある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00023784-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/24(金) 3:25配信

    no title

    no title

    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg1W7mGerqUDb44nJjuQmmiw---x390-y400-q90-exp3h-pril/amd/20170324-01796720-nksports-000-5-view.jpg

    続きを読む

    1: プーアル ★^^ 2017/03/24(金) 15:17:09.66 ID:CAP_USER9
    現地時間23日にロシアW杯アジア最終予選が行われ、UAE代表は日本代表に0-2で敗れた。現地メディア『ザ・ナショナル』は、日本が上だったことを認めている。

     同メディアのツイッターには「日本は強すぎた」と記されており、マッチレポートでは先制ゴールを決めたFW久保裕也をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

     記事の中では「日本は強すぎた。あまりに頑丈で、経験があった」と記し、確かな力の差がみられたと指摘。

     前後半の日本のゴールでホームのサポーターが静まりかえったのに対し、日本のサポーターは試合を通して応援を続けていたことが対照的だったとも記事は伝えている。

    no title

    https://www.footballchannel.jp/2017/03/24/post203565/

    続きを読む

    1: 動物園φ  2017/03/24(金) 10:49:59.98 ID:CAP_USER9

    C7npKtMVMAAcHB8

     
    日本代表は現地時間23日、ロシアワールドカップアジア最終予選でUAE代表と対戦してアウェイで2-0の勝利を収めた。この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

    2017年03月24日(Fri)10時00分配信

    text by 編集部 photo Shinya Tanaka

    「川島の先発はハリルの大きな判断」「注目は原口」

    今野泰幸
    キャプテンの長谷部誠に代わって先発出場した今野泰幸【写真:田中伸弥】

    ――日本にとってこの試合はワールドカップ出場を左右する一戦です。今日の試合の注目ポイントはどこでしょうか?
    「キーパーでしょう! 今季の川島はメスで1試合しか出ていない。もちろん経験はあるけど、これはハリルの大きな判断だと思う。でも、最近の西川はいつもより不安定だね。林はJリーグで良いスタートをしたけど、この試合で代表デビューは難しいと思う」

    ――試合で使用されるスタジアムは規定よりも狭いという噂もあります。普段使用しているラインを消した跡も見られました…。
    「(横幅が)4メートルも狭いみたい。日本の選手は全然気にしないと思うけど、UAEは戦術的に使うかもね。日本は攻撃の特に長友と宏樹をよく使うけど、ボールをあまり広げないようにプレーすることになるかもしれない」

    ――ショーンさんは以前、「長谷部がどれだけ大事な選手かは彼がいなくなった時にしかわからない」と言っていましたが、今日はまさにそうなりますね。
    「以前はそうだったけど、今ちゃん(=今野)は信頼できるね。将来的にレギュラーになれるかわからないけど、この1~2試合で期待出来ると思う」

    ――ショーンさんがこの試合で注目する選手は?
    「原口だね。去年の終盤は非常に調子が良かった。今日はその時だけじゃないということを証明しなければならない」

    ――今日のDFラインのうち3人が累積警告でリーチですね
    「今日イエローカードをもらえば次の試合で出場停止になる。次のタイ戦で出場停止になる方が、その次のオーストラリア戦を逃すよりも問題ないかな…」

    以下ソース
    https://www.footballchannel.jp/2017/03/24/post203378/

    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/03/24(金) 09:37:57.73 0

    no title

     
    23日深夜に行われたサッカーロシアW杯アジア最終予選のUAE―日本戦(深夜0時15分)の平均視聴率(テレビ朝日系で中継)が10・3%の好視聴率を記録したことが24日分かった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000064-sph-ent

    続きを読む

    1: 大翔 ★@^^ 2017/03/24(金) 06:52:41.54 ID:CAP_USER9
    Football ZONE web 3/24(金) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00010009-soccermzw-socc

    本田からポジションを奪った久保が1得点1アシストと大活躍
     
    ACミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間23日のロシア・ワールドカップアジア最終予選の敵地UAE戦で最終予選2試合連続スタメン落ち。
    2-0とリードした後半33分から途中出場し、“クローザー”としての役割で起用された。

    ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

    本田は今季のミランでパンキナーロ(ベンチ要員)と呼ばれる苦境に直面している。昨季からリーグ戦通算1得点3アシストで、今季先発出場は1試合。
    合計96分のプレータイムしか与えられておらず、2017年に入ってからリーグ戦出場はゼロ。

    試合勘が無きに等しい状況だが、バヒド・ハリルホジッチ監督は「この代表は彼の存在を必要としている。
    彼が試合に出るのか、何分出るのかは別問題だ。彼の存在が重要だ」と強引に招集へと踏み切った。

    本田は昨年11月の同予選サウジアラビア戦に続くベンチスタートとなったなか、
    このゲームでは前半13分に久保裕也(ヘント)が先制点を決めるなど、1得点1アシストと大活躍した。

    久保が前半からの懸命なプレーで足をつった後半33分、本田がピッチに送り込まれた。
    カウンターの局面での長いドリブルやミドルシュートを放つシーンを作ったが、ゴールには至らず。

    後半アディショナルタイムには直接FKのチャンスで目の前の数少ない壁に思い切りシュートをぶつけてしまう精度の低さを露呈したが、
    右サイドの守備は破綻をきたさず、クローザーとしての役割を全うした。

    この3月シリーズで本田の代表招集は物議を呼んだが、UAE現地紙では「日本はもはや皇帝ケイスケのチームではない」と戦前に酷評されていた。
    世代交代の波に抗う男は、日本代表でもミラン同様に控えの立場に陥っている。

    現時点では、豊富な経験を持つ精神的支柱としてだけでなく、
    フィジカルの強さを生かしたクローザー役として、本田はチームへの貢献が求められている。

    UAE戦の終盤に途中投入された本田【写真:Getty Images】
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ