サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    1: Egg ★ 2018/11/22(木) 07:37:27.73 ID:CAP_USER9
    ・やっぱり“半端ない”大迫
    GettyImages-820619996-2-800x533




    大迫勇也(28)と杉本健勇(26)の“ライバル関係”が鮮明になってきている。キリンチャレンジ杯では、11月16日のベネズエラ戦で大迫が1トップで先発し、20日のキルギス戦では杉本が抜擢された。

     ***

     豊田スタジアムで行われたキルギス戦で、日本は山中亮輔(25)の代表デビューゴールや原口元気(27)の直接FKなどで4-0の勝利を飾った。これで森保ジャパンは代表監督就任後の5試合を4勝1分けの無敗で終え、来年1月にUAEで開幕するアジアカップに挑むことになった。

     FIFAランク90位と格下(日本は50位)のキルギス戦では、森保一監督(50)はベネズエラ戦からスタメン11人を入れ替え、招集した全選手(GK東口順昭(32)をのぞく)を2試合で起用した。その狙いを「2チームぶん、それ以上の選手層を持って戦えるようにしたい」と語り、「まずは戦術面の浸透を図って、アジアカップでの戦いにつなげたい」と戦術面での意思統一をテーマに掲げた。

     このためチームのシステムは4-2-3-1を基本とし、マイボールの時はDFラインでパスを回しつつ、ベネズエラ戦ではボランチの遠藤航(25)が、キルギス戦では同じくボランチの守田英正(23)が最終ラインに落ち、CBがワイドに広がる3バックを採用。そして両SBは高い位置取りの3-4-3へと変化する。

     一方、相手がボールを保持しているときは、1トップでは相手の4バックにプレスがかからないため、トップ下の南野拓実(23)や北川航也(22)が1列前に上がり2トップとなり、両サイドのMFは下がって中盤をボックス型の4-4-2に移行する。この基本フォーメーションはキルギス戦でも変わらなかった。

     そしてマイボールになったら、1トップの大迫や、杉本に速くて強いパスを出し、彼らのキープ力から南野経由で両サイドのMFやSBの攻撃参加からゴールに迫るというものだった。

     ベネズエラ戦では、大迫はシュート0本と物足りなさも感じたが、それでも68分の出場で13回のポストプレーを成功させ、攻撃陣のリーダーとしての役割を果たした。元々ポストプレーには鹿児島城西高校時代から定評があり、一躍有名になったフレーズである「大迫、半端ないって」も対戦相手の滝川第二高校のDFが「大迫、半端ないって。あいつ、半端ないって。後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通」と発言したことからきている。

     ちなみに2018ユーキャン新語・流行語大賞の候補に選出されたことについては「僕が発信していることではないので、なんとも言いがたいです。ただ、サッカーの話題に触れられると思うし、サッカーに興味のない人たちも含めてすごくうれしいことではあるんじゃないですか」と話していた。

     大迫に比べキルギス戦の杉本は、59分の出場で成功させたポストプレーは7回。ベネズエラ戦に比べてキルギス戦のチームは完成度が低いこと、相手は5バックで守備を固めたせいもあるが、トラップが大きくなり相手にカットされたり、落としのパスの精度を欠いたり、インターセプトされることも何度かあった。

    つづく

    ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00552123-shincho-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/11/22(木) 01:11:00.35 ID:c+HnnjNM0

    DscbGAoVAAAkfUB



              (大迫 武藤 岡崎)
    (乾 中島)   (香川 本田 南野)  (原口 堂安 宇佐美)



    全然決まらない模様


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 23:02:44.548 ID:Zg1kCHU50

    DpnuJ6DU8AAwnuf



    2017.11.10
    →●1-3ブラジル

    2018.10.16
    →○4-3ウルグアイ

    2010.10.8
    →○1-0アルゼンチン

    2018.6.19
    →○2-1コロンビア

    2011.6.1
    →△0-0ペルー

    2009.5.27
    →○4-0チリ

    2018.6.12
    →○4-2パラグアイ

    2006.3.30
    →○1-0エクアドル

    2000.6.18
    →○2-0ボリビア

    2018.11.16
    →△1-1ベネズエラ



    結果

    7勝2分1敗でよく頑張ってる

    でもブラジルは無理ゲー


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2018/11/21(水) 16:37:51.71 ID:CAP_USER9

    DkD_y11VAAA5rqG



    サッカーの国際親善試合2連戦(16日=ベネズエラ戦、20日=キルギス戦)を終えた日本代表の森保一監督(50)が21日に取材に応じ、24日から10日間の日程で欧州視察に出かけ、ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(29)との面談を計画していることが明らかになった。

    視察先について問われた指揮官は「ドイツに行きます。(欧州)チャンピオンズリーグ(CL)を見て、世界基準のサッカーを感じてきたい」と初めて行き先と目的を明かした。
    個人名こそ明かさなかったが、ドイツで欧州CL、日本代表招集に絡む選手というキーワードを全て満たすのは香川だけ。28日の欧州CL1次リーグ第5節、ドルトムント―クラブ・ブリュージュ(ベルギー)戦に足を運ぶことが濃厚だ。

     クラブで構想外同然の扱いを受け、最近はU―23チームの一員として4部リーグの試合に出場するのがやっとだが、9月18日のCL開幕戦だった敵地でのクラブ・ブリュージュ戦で今季公式戦初出場を果たしている。しかもその試合で好プレーを見せただけに、今回も出場できる可能性がある。

     森保監督は9月からの代表戦5試合で4勝1分け。結果も内容も良かったが「一つできなかったことがあるとすれば、自分の思った選手を全員呼ぶことができず、活動できなかったこと」と心残りがあることも口にした。「いろいろな選手を呼んでコンセプトを感じてほしかった」という思いは、香川に対して特に強い。

    練習の視察もかなえば本人との面談も視野に入れている。1月のアジア杯(UAE)に向けて、森保監督は“ラストピース”を探しにいく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000022-tospoweb-socc



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    219: 名無しさん@恐縮です 2018/11/21(水) 03:15:27.59 ID:Y7HY5Eh+0

    iEr4qc0m_400x400


    青龍(日本)
    華麗なパスを回し個人レベルも高い、アジアの中では圧倒的なタレントを擁しダントツの優勝候補

    白虎(韓国)
    荒々しいラフプレーで相手を委縮させる、ソンフンミンというスターを抱えるもそれ以外は基本雑魚、フィジカルだけは日本より上か

    玄武(イラン)
    あのクリスティアーノロナウド擁するポルトガルとワールドカップで互角の勝負を演じたのは守備の堅さから、アジアでは最高の守備力を誇りカウンターの切れ味も凄い

    朱雀(オーストラリア)
    強靭なフィジカルと高さを持つ国、空中戦では最強だが近年タレント不足でケーヒルに未だに頼る始末、日本の敵ではない


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999





    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/21(水) 13:06:39.10 ID:CAP_USER9
    DscbGjDV4AA_EG-





    ■途中出場ながらゴールを含め、質の高いプレーを実証するデータを海外メディアが公開

     森保一監督率いる日本代表は20日、国際親善試合キルギス戦に4-0で勝利。来年1月のアジアカップ前最後の試合を白星で飾った。10番のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)は途中出場ながら森保体制で自身初ゴールを挙げたが、ポルトガルメディアは「ナカジマがやってのけた」と称賛している。

     日本は前半2分にA代表初出場のDF山中亮輔(横浜F・マリノス)が日本代表史上最速デビュー弾を決めると、同19分にはMF原口元気(ハノーファー)の直接FKを相手GKが処理を誤り、2点目を手にした。

     中島は2-0で迎えた後半27分にFW北川航也(清水エスパルス)に代わって出場。FW大迫勇也(ブレーメン)のゴールが生まれた1分後だった。

     日本はショートカウンターからMF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)とつなぎ、走り込んできた中島にパス。背番号10は右足でダイレクトで合わせ、代表2点目を奪った。

     その後、追加点こそ生まれなかったが、中島が入った日本の攻撃は迫力を増し、何度もキルギスゴールを強襲。4-0と勝利したなかで、出場18分間ながら中島は抜群の存在感を放った。

     ポルトガルメディア「GoalPoint」公式ツイッターは、データ分析会社「オプタ」のデータを用い、中島のキルギス戦における個人スタッツを公開。ゴールを挙げたほか、「ビッグチャンス創出1回」「キーパス4回」「ドリブル5回中3回成功」と短時間で質の高いプレーを披露したことをデータで紹介しており、「ショウヤ・ナカジマがやってのけた。彼が得点するのは珍しくないが、72分まで待った我々を失望させなかった」と称賛している。コメント欄には、海外ファンから「ニンジャ!」との言葉も寄せられた。

     中島は2018年初戦となった3月のマリ戦(1-1)でもゴールを決めており、中島に始まり、中島に終わる2018年となった。

    Football ZONE web2018年11月20日22時51分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_149110/

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/footballzone/footballzone_149110_0-enlarge.jpg


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/21(水) 13:46:59.95 ID:CAP_USER9
    11月シリーズ終了後の日本代表「最新序列」
    no title


    ・GKは一貫して3選手を招集、シュミットはアピール次第で大会中に序列を覆す可能性も

    森保一監督率いる日本代表は20日の国際親善試合キルギス戦で4-0と快勝し、年内ラストマッチを終えた。

    来年1月にUAEで開催されるアジアカップに向けて、代表での最終テストを終えた形だが、新体制5試合を終えた時点での“最新序列”とともに、アジアカップの招集メンバー23人も予想。

    “滑り込み選出”が予想されるポジションはどこなのか。GK、左右のサイドバック、センターバック(CB)、ボランチ、左右のサイドハーフ、トップ下、1トップに分けて、それぞれの最新序列とアジアカップ当落予想を探る。

    【森保ジャパン・試合結果】

    9月11日 コスタリカ戦 ○3-0(得点者:OG、南野、伊東)

    10月12日 パナマ戦 ○3-0(得点者:南野、伊東、OG)

    10月16日 ウルグアイ戦 ○4-3(得点者:南野2、大迫、堂安)

    11月16日 ベネズエラ戦 △1-1(得点者:酒井)

    11月20日 キルギス戦 ○4-0(得点者:山中、原口、大迫、中島)

    【序列&アイコン】
    序列=上から高い順
    ◎=メンバー入り濃厚
    ○=当落線上
    △=現状ではメンバー入り困難

    ■GK(予想:3枠)
    ◎ 東口順昭(G大阪)
    ◎ 権田修一(鳥栖)
    ◎ シュミット・ダニエル(仙台)

     新体制発足時から一貫しているのが最後尾だ。東口、権田、シュミットの三人は毎回招集され、東口と権田が2試合ずつ、シュミットが1試合に起用されている。GK陣最年長の東口がやや抜け出している印象だが、権田と明確な差は見られない。シュミットもアピール次第では大会中に序列を覆す可能性を秘めている。

    https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/11/20181121_Defender.jpg

    ・気がかりな長友の状態、メンバー選考に影響も 11月シリーズで固まったエリアも

    左SB(予想:2枠)
    〇 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    ◎ 佐々木翔(広島)
    —————当落線—————
    〇 山中亮輔(横浜FM)
    △ 車屋紳太郎(川崎)

     気胸の影響で11月シリーズ未招集となった長友次第か。万全のコンディションであれば不動の存在だが、プレーできない現状を考えると大会招集は不透明。戦線復帰後にどの程度プレーできるかで、メンバー選考にも影響を及ぼしそうだ。キルギス戦の開始2分に代表最速デビュー弾を叩き込んだ山中が、高い攻撃性能とキック精度を武器に名乗りを上げている。コンスタントに招集されている佐々木はメンバー入り濃厚となっている一方、山中の台頭で車屋は後手を踏んでいる印象だ。

    ■右SB(予想:2枠)
    ◎ 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    ◎ 室屋 成(FC東京)

     序列が明確なポジションの一つで、酒井がスタメン、室屋がバックアッパーという構図だ。選手層の薄さは懸念だが、初陣ではボランチを主戦場とする守田がユーティリティ性を買われ、このポジションで起用された。有事の際には遠藤も対応可能。酒井と室屋によほどのことがない限り、そのまま選出されるだろう。

    ■CB(予想:4枠)
    ◎ 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    ◎ 槙野智章(浦和)
    ◎ 三浦弦太(G大阪)
    ◎ 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
    —————当落線—————
    △ 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)

     11月シリーズを通じて人選が固まったポジションだ。もともと森保監督は吉田と槙野に信頼を寄せており、三浦の能力も高く評価。その一方で、特大のポテンシャルを秘める冨安を新体制2戦目のパナマ戦で19歳ながら先発に抜擢。代表デビューを飾った若武者は11月16日のベネズエラ戦でもフル出場を果たし、一定の安定感を保った。

    試合中に右膝を打撲した影響で合宿離脱を余儀なくされたが、大会には十分間に合いそうだ。直近のキルギス戦で緊急交代した槙野は、味方との接触プレーによる脳震とうと診断され、幸いにも大事には至らなかった。

    つづく

    11/21(水) 6:40配信 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/149226


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/20(火) 23:34:56.50 ID:CAP_USER9

    Dmu2HeIUUAENUld



    東南アジア王者を決めるAFFスズキカップ2018の試合が行われ、カンボジア代表がラオス代表に3-1の勝利を収めた。カンボジア代表の実質的監督を務める本田圭佑にとっては就任後の初勝利となった。

     オーストラリアで現役選手としてプレーしながら、実質的監督としてカンボジアを率いる本田。9月に行われた就任初戦のマレーシア戦と、今月12日のミャンマー戦に続いて、ベンチに入って指揮を執るのは3試合目となった。

     カンボジアは前半18分、J3の藤枝MYFCでプレーした経験もある「カンボジアのメッシ」ことチャン・ワタナカのゴールで先制。36分にはプラック・モニー・ウドムがPKを決め、前半を2点リードで折り返した。

     前半終了間際に監督が退席処分を受けたラオスは76分に1点を返したが、カンボジアもその1分後に3点目を奪って再び突き放す。そのまま3-1でカンボジアが今大会初勝利を収めた。

     本田不在で行われた試合も含め、カンボジア代表にとっては新体制6戦目での初白星。他の試合の結果によりグループステージ敗退は決まったが価値ある1勝となった。24日のグループ最終戦ではベトナム代表と対戦する。

    11/20(火) 22:29 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00298087-footballc-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/21(水) 06:14:45.82 ID:CAP_USER9
    ゴールを決めたはずなのに、なぜか歯切れが悪かった。年内最後の国際親善試合を4-0の快勝で飾った直後の、豊田スタジアム内の取材エリア。ベンチへ下がるまでの72分間で手にした収穫を問われたMF原口元気(ハノーファー96)は、ちょっとした沈黙を挟みながら言葉を絞り出した。

    「まあ……難しいですけどね。相手が相手……難しいですね」

     キルギス代表と対峙した20日のキリンチャレンジカップ2018。開始2分に飛び出した代表デビューのDF山中亮輔(横浜F・マリノス)のゴールでリードして迎えた前半19分には、原口の果敢なドリブル突破からファウルを獲得。ペナルティーエリアの左角のあたりから自ら直接フリーキックを蹴り、ゴールネットを揺らした。

     6月のワールドカップ・ロシア大会の決勝トーナメント1回戦、対ベルギー代表以来となるA代表通算8ゴール目は、日本代表にとっても特別な意味をもつ一発だった。

     直接フリーキックから生まれたゴールは、ザックジャパン時代の2013年9月6日に行われたグアテマラ代表との国際親善試合で、MF遠藤保仁(ガンバ大阪)が決めた一撃にまでさかのぼらなければ見つからない。しかし、約5年2ヵ月にも及んだ空白の期間を埋めても、原口は自虐的な言葉で周囲を笑わせた。

    「いやぁ、(直接フリーキックからのゴールには)カウントしないでほしいですね。思い通りに蹴れたわけじゃないし、決めたと言っていいのかどうかもわからないので」

     確かにコースは甘かった。しかし、目の前でバウンドしたボールの処理をキルギス代表のGKバベル・マティアシュが誤り、ファンブルした末にゴール内にそらすミスを犯してしまう。195cm、88kgと恵まれたサイズを誇るキルギスの守護神は、実は所属クラブなしの状態で来日していた。

     後半開始とともに投入されたMFアフリディン・イスライロフも所属クラブなし。ピッチには立たなかったものの、無所属の選手がベンチにもう一人いた。公式記録上におけるシュートはわずか1本。前半終了間際に放ったそれは、ゴールの枠をとらえることはできなかった。

     最新のFIFAランキングを見れば日本の50位に対して、初めて顔を合わせるキルギスは90位。数字以上に実力が乖離していた中央アジアの小国と、あえて年内最後の相手としてマッチメークした背景には、来年1月にUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるアジアカップ対策がある。

    「キルギスはアジアでの戦いを想定した試合ができるかな、と思っています」

     11月シリーズに臨む代表メンバーを発表した今月7日に、森保一監督はキルギス戦の狙いをこう説明していた。

    つづく

    11/21(水) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010000-wordleafs-socc&p=1


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ