サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表


    日本サッカー史に残る快挙だ。現役最年長、90歳のサッカージャーナリスト、賀川(かがわ)浩さんが長年の功績をたたえられ、
    FIFA(国際サッカー連盟)会長賞を日本人で初めて受賞した。

    FIFA会長賞はサッカー界に大きな貢献をした人を表彰するもの。過去にはペレも受賞している。
    そこに賀川さんが名前を連ねるのは、日本サッカーにとっても、日本メディアにとっても誇らしいこと。
    授賞式での彼のスピーチを、メッシやクリスティアーノ・ロナウドがニコニコしながら聞いていたのは本当に印象的だった。
    個人的にも、サッカー不遇の時代から頑張り続けてきた彼がこうやって評価されるのは、自分のこと以上にうれしいよ。

    何を隠そう、賀川さんがいなかったら、僕は今こうして日本にいなかったかもしれないからね。

    それは1977年、所属チームの解散とともに現役引退を決意し、これからどうしよう、ブラジルに帰ろうかなと考えていたときのこと。
    ちょうど日本全国を巡回する大規模なサッカー普及プロジェクト(「さわやかサッカー教室」)が進んでいて、
    賀川さんが日本サッカー協会に「セルジオ君にコーチをやらせたほうがいい」と強く推薦してくれたんだ。

    実際にサッカー教室が始まってからも、よく取材に来てくれた。時には「セルジオは子供に人気があるなぁ。
    きっと日本語のレベルが小学生にちょうどいいんだな」と言われたこともあったけど(苦笑)、僕にとっては日本での新しい道を開いてくれた、まさに恩人だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150129-00042577-playboyz-socc
    週プレNEWS 1月29日(木)11時0分配信

    続きを読む

    no title


    スペイン1部コルドバを退団したハーフナー・マイク(27)が、
    中国1部の上海申花から破格のオファーを受けていることが分かった。

    関係者によれば、上海申花はフィテッセで12~13、13~14シーズンと
    2年連続で2桁得点をマークした1メートル94の長身FWを高く評価、
    推定年俸300万ドル(約3億5400万円)で正式オファーを出しているという。

    ハーフナーは今季フィテッセからコルドバに移籍。
    Rマドリードとの開幕戦に出場するなど順調なスタートを切った。
    だが、クラブ側の労働許可証の手続きに不備があったことなどもあって、
    出場機会を失い、昨年末に契約を解除。移籍先を探している中、
    今季悲願のリーグ制覇を目指す上海申花から好条件を提示されたという。

    フィテッセ時代の恩師、ルッテン監督が率いるフェイエノールトからもオファーを受けていたが、
    オランダ紙によれば既に破談。

    関係者によれば、UAEのクラブからも高額オファーを受けているという。

    ただ、ハーフナーはJリーグ復帰を強く希望しているもよう。
    いずれにせよ日本代表復帰を狙うストライカーは大きな決断を迫られることになる。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/30/kiji/K20150130009716910.html

    続きを読む



    AFCアジア杯で決勝進出を決めた地元オーストラリア代表だが、
    水面下でオーストラリアをAFC参加チームから除外しようとする動きがあると、
    地元のジャーナリストが発言し物議を呼んでいる。

    「AFC加入国の中で、オーストラリアを投票で除外するよう働きかけている勢力の存在がある」
    とツイートしたのは、ジャーナリストのAlan Mtashar氏。

    アジアカップ真っ最中のセンセーショナルなコメントに対し、
    地元サポーターなどからは「アジアカップを開催し、決勝まで残っているのになぜ?」
    「本当のことなら不快」「AFCチャンピオンズリーグで優勝したり、
    アジアカップで決勝まで残ったり、多くのことをやり過ぎたからだろうか」などといった声が出ている。

    今回の騒動について、一部からは「アジア杯の決勝戦を前に情報で揺さぶりをかけているのでは?」
    との指摘もある。

    2005年にAFC参加を承認されて以降、プロリーグAリーグ発足など急速な発展を遂げてきたオーストラリア
    のサッカーへの警戒心や、次回のワールドカップよりアジア枠が削減される可能性も出ていることから、
    本来アジア地域に属さないオーストラリアを外すという意見が各国から出ることは十分に考えられる。

    その他にも「そもそもアジアサッカー連盟のフォローする地域が広すぎるのでは?」と、
    アジア2分割を唱える意見もあるが、アジアカップでも2大会連続で決勝に進出するなど強豪国
    として定着してきたオーストラリア代表が、政治的な理由で除外されるのは非常に残念という声
    がネットでも数多く寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9728841/

    続きを読む

    409: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2015/01/29(木) 18:50:33.68 ID:dU870puf.net

    no title

    ルール地方の監督50人による投票 
    内田8位おめでとさん! 
    へべ1位フェアマン3位おめでとさん!


    http://www.schalke04.de/jp/%E6%9C%E6%B0%E6%85%E5%A0%B1/150129_revierfussballer_hoewedes/page/864--9-9-.html続きを読む

    jpn14040112310001-p1


    2015.01.29
    アギーレ監督は2月にバカンスを取るというから驚いた(共同)【拡大】

     連覇を狙ったサッカーアジア杯で、日本代表は19年ぶりのベスト8で敗退という結果に終わった。
    心配していたことが現実になってしまった。

     指揮を執ったアギーレ監督は、2月から1カ月間の休暇を取るというから驚いた。契約でそうなって
    いるとしても、国際試合で惨敗しながらバカンスに入る、その神経を疑ってしまう。

     2月はJリーグ各クラブが春季キャンプ中だ。自分の目で新戦力を発掘し、各クラブの監督とのコミュ
    ニケーションをはかるいい機会だ。代表指揮官が動けばメディアの露出も増える。なのになぜ、休みが
    取れるのだろうか。

     今回のアジア杯での日本代表を見る限り、選手個々の技術は参加国中でダントツに高かった。それでも
    勝てなかったのはなぜか。これまで4年以上、ほぼ同じメンバーでチームを編成していた弊害だ。海外組の
    多くが所属クラブでベンチ入りできない状況なのに、代表ではレギュラーで起用される。これではチーム
    としての進化は望めない。

     アギーレ監督は月収2000万円近い報酬を受け取っているはずだ。アジア杯で敗退し、八百長疑惑
    まで背負いながら、1カ月もバカンスを取る。これを聞いた時にはため息しか出なかった。3月の親善
    試合で若手の招集を考えているようだが、なおのこと2月のキャンプで若い選手を視察、発掘するべきだ。
    これこそ惨敗を喫した代表指揮官がやるべき仕事ではないのか。

     アジア杯の決勝に進出した開催国・豪州と韓国は、この大会に勝つことを前提にチームを作ってきた。
    準々決勝で日本を破ったUAEは、10代から同じメンバーでロンドン五輪に臨み、A代表を編成している。
    中国も13億人を超える人口から有望な中学生を発掘してW杯を目指すという。では、日本は? 
    グレーな指揮官とアジアレベルでも勝てないメンバーで対抗するつもりなのか。サッカーはそんなに甘くはない。

     ■清水秀彦(しみず・ひでひこ) 1954年11月4日、東京都生まれ、60歳。浦和市高、法大で
    全国制覇。77年に日産自動車サッカー部(現横浜M)に入団。88年に現役引退し、91年に同部監督に
    就任。93年のJリーグ開幕戦で勝利監督になった。96年福岡、98年は京都の監督を歴任。2001年に
    仙台をJ1に昇格させ、02年にはJリーグ初の監督通算100勝を達成。04年にNPO法人「H・S 
    SPORTS CLUB」を設立。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150129/soc1501291550001-n1.htm

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 18:01:32.09 ID:???*.net
    貧しかった生い立ちが原因で人間不信に陥ったのか、真意を伝えないメディアに対する嫌悪感なのか、
    それとも単なるひねくれた性格の持ち主なのか――。

    日本代表FW本田圭佑は、メディアに尊大な態度で対応することが少なくない。
    取材ゾーンで50歳を過ぎたベテラン記者から声を掛けられても、平然と無視を決め込むことも多かった。
    ところが、アジア杯での本田は別人のようだった。

    オーストラリアでアジア杯を現地取材したサッカージャーナリストの森雅史氏がこう言う。

    「アジア杯で本田は常に上機嫌でした。取材ゾーンで話さないと決めている日も、
    これまでと違って取材陣に会釈しながら通過したり、応対すると決めた日は、質問が途切れるまで真摯に答えていたのが印象的でした」

    優勝を狙う! とまで大言壮語しながらブラジルW杯は勝ち星なしの惨敗に終わり、
    さすがにバツが悪くてビッグマウスを封印。しおらしくなっただけ。
    そう話す関係者もいるが、実は本田ならではの裏事情があった。

    ■スポンサー企業からは「品行方正」の要請も

    人気者の本田はユニクロ、オリンパス、ミンティア、アクエリアス、ドコモ、マクドナルド、イオンなど大手企業とCM契約を結んできたが、
    今年1月に通信教育「進研ゼミ」で知られるベネッセとCMキャラクター契約を結んだ。
    現在、同社のホームページのトップページには本田の顔がデンと据えられ、イタリア語で語りかける全国テレビCMも流れている。

    「人を小バカにしたような立ち居振る舞いは、教育関連事業がメーンのベネッセのマイナスイメージになる。
    それで愛想のいい本田を演じているのです。本田はサッカースクールを全国で展開。
    昨年12月末にはタイでも開催したが、このスクールも、ベネッセの全面バックアップが決まっている」(マスコミ関係者)

    もちろんベネッセ以外のスポンサー企業も、親しみやすい本田はウエルカム。
    CMに出演している高級外車メルセデス・ベンツからも「品行方正な本田」の要請があったという。
    爽やかな笑顔で良い子を演じている本田。ガラじゃないと尻がこそばゆいだろうが……。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9726912/
    2015年1月29日 10時26分 日刊ゲンダイ

    続きを読む

    E382A2E382AEE383BCE383ACE79BA3E79DA3


    “アギーレ流サプライズ”が再び炸裂か。八百長疑惑で去就問題の渦中にある日本代表ハビエル・アギーレ監督(56)だが、
    本人はとにかくヤル気満々。
    今後は若手の積極起用を予告しており、引き続き国際親善試合チュニジア戦(3月27日=大分)とウズベキスタン戦(同31日=東京)で
    指揮を執ることになれば多くの新顔を選出することが濃厚だ。懸案の決定力不足を解消すべく、攻撃陣には多士済々のメンバーが浮上している。

    25日にアジアカップから帰国したアギーレ監督は「これからJリーグが始まるし、移籍した選手もいるので見てみたい。
    若手を呼んでこの代表をリフレッシュさせたい」と話しており、積極的に新顔を選出する意向だ。

    初陣となった昨年9月の試合では5人を初招集して驚かせたが、今回も3月の親善試合に向けて多くの選手をリストアップ済み。
    アジアカップでは敗れたUAE戦で得点力不足を露呈しており、攻撃陣の強化は急務。すでにさまざまな名前が挙がっている。

    その筆頭はMF山田大記(26=カールスルーエ)だ。Jクラブ関係者の間では「能力は本当にすごい。
    ドイツでも間違いなく結果を残す」と言われており、高い技術力と得点力を兼ね備えた万能型。
    昨夏に磐田から移籍後はすぐにレギュラーの座をつかみ、ここまでチームトップの6得点をマーク。
    ドイツ2部で現在2位と躍進するチームのエースとなった。

    アギーレジャパンではインサイドハーフを務めるMF遠藤保仁(34=G大阪)の衰えとMF香川真司(25=ドルトムント)の不振が懸念されており、
    新たな司令塔候補として期待は大きい。

    またスペインでプレーした195センチの超大型FW指宿洋史(23=新潟)、ロンドン五輪のエースで快速FW永井謙佑(25=名古屋)らも
    アギーレ監督の評価は高い。さらにはこんな隠し玉も…。
    Jクラブ強化担当はMF関根貴大(19=浦和)の名前を挙げ「アギーレ監督も気にしているようだし、いつ呼ばれてもおかしくない」。

    昨年プロデビューした関根は変幻自在のドリブルとスピードが武器。左右両足から精度の高いキックを繰り出す。
    昨季はリーグ戦21試合2得点ながらも、U―19日本代表に選出された注目の逸材。
    さらなる成長が見込まれており“2階級特進”の大抜てきもありそうだ。

    ほかにもFW久保裕也(21=ヤングボーイズ)、FW南野拓実(20=ザルツブルク)、
    MF丸岡満(19=ドルトムント)の名もささやかれており、一気に世代交代へとつながる可能性もある。
    低空飛行の続く日本代表はヤングパワーでロシアを目指す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000042-tospoweb-socc
    東スポWeb 1月29日(木)16時22分配信

    続きを読む

    hasebe-500x333


    日本代表の主将MF長谷部誠がブログ(http://ameblo.jp/makoto-hasebe17/)を更新。8強で終わったアジア杯を振り返っている。

    日本代表はオーストラリアで行われたアジア杯に参戦。連覇を目指した日本は、グループリーグを3連勝で突破したが、
    23日に行ったUAEとの準々決勝をPK戦の末に落とした。

    敗退後、ブログ等でなかなかメッセージを発することのなかった選手たちだが、ようやく長谷部がブログを更新。
    「アジアカップ、皆さんの素晴らしいサポートをいただいたにも関わらず結果を出す事が出来ず申し訳ありませんでした。
    敗退してから数日経ちますが、正直整理は全くついていません」などと心境を綴った。

    しかし切り替えることの重要性も説く。「思えばW杯で敗退が決まってからも受け入れるのに相当な時間がかかりました。
    いや、未だに受け入れられていないかもしれません。今回もそうだと思います。
    時間が解決してくれるような事ではありません。だから立ち止まらずにもがき続けるしかないのだと思います。
    もがき続けた先に何か答えがある事を信じて、また明日から頑張っていきます!」と気合を入れ直した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00318867-gekisaka-socc
    ゲキサカ 1月28日(水)21時21分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00318867-gekisaka-socc.view-000

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ