サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    c747f765

    【横浜M】俊輔、ポジション別代表コーチ提言!ロシアW杯へ「FKコーチ」希望?
    スポーツ報知 7月12日 7時4分配信

     元日本代表MF中村俊輔(36)=横浜M=が11日、日本代表にポジションごとのコーチを置く改革案を提言した。
    横浜・マリノスタウンでの練習後、「GKだけじゃなく、DFはDFコーチとか置いた方がいいんじゃないかと思う」と
    ブラジルW杯で惨敗した代表の新強化策を訴えた。

     これまでサッカー界では、監督の他はヘッドコーチ、GKコーチ、フィジカルコーチなどが指導する体制が取られてきた。
    ザック・ジャパンでもそれは同じ。だが、俊輔は「井原(正巳)さん(現柏コーチ)とかの経験を生かさない手はないと思う」と提言。

    プロ野球の打撃コーチや守備コーチ、走塁コーチのようにFW、MF、DFごとにコーチをつけることで選手の強化だけでなく
    指導者の育成にもつながると考えている。

    「おれもロシアW杯目指すよ。フリーキッカーコーチとしてね」と、冗談めかしながらも代表のために力を貸す考えを示した。
    「監督もやっぱり日本人がいい。今回のW杯4強の監督はみんなその国の人。

    通訳が入らないと監督の熱い言葉とかで一体感ができる」と安易に外国人監督を招くことには苦言を呈した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000325-sph-socc

    【サッカー/日本代表】中村俊輔「おれもロシアW杯目指すよ。フリーキッカーコーチとしてね」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1405117073/ 2014/07/12(土) 07:17:53.36

    続きを読む

    2014-06-11-09-27-52



    W杯1分け2敗の日本代表。各選手が評価を軒並み下げる中、一人だけアップさせた選手が、右SBで孤軍奮闘した内田篤人(26)である。

     1次リーグ3試合とも攻守にわたって精力的に動き回り、ドイツやイタリアの専門紙から「世界トップ級の存在感を見せた」と評価されて高ポイントを付けられた。

    「W杯前にイングランドの名門クラブへの移籍話が取り沙汰された。これが一気にまとまりそうな状況です」と話すのは欧州サッカー事情に詳しいマスコミ関係者。

    「07年からアーセナルに在籍していたフランス代表の右SBサニャ(31)が6月、イングランドの強豪マンチェスター・シティーに移籍することになった。
    その後釜に内田が収まるというのです。元名古屋監督のフランス人指揮官ベンゲルが大の日本人びいきというのもあるが、以前からシャルケでの内田のパフォーマンスを評価。
    W杯でのプレーを確認した上で最終決断を下したといわれています」

     アーセナルが、今オフに用意した補強費用は170億円。10年7月、鹿島からシャルケに引き抜かれた時の移籍金が1億5000万円だった。
    現在の移籍金相場は10億円といわれているが、金満アーセナルは、シャルケに対して移籍金25億円を提示したと現地では報道されている。
    年俸もシャルケの3億円が倍増といわないまでも、5億円にアップする見込み。もちろん内田サイドはアーセナル移籍にOKを出し、今はクラブ間合意を待っているところである。

    「日本代表が1次リーグで敗退した直後、内田が代表から引退したいとコメントした。これは新天地アーセナルでのプレーに専念したい。
    日本代表の試合で長距離移動など体調を崩し、アーセナルでのパフォーマンス低下は避けたいという意味合いがあったようです」(サッカー記者)

     アーセナルは、右SBの補強リストにコートジボワール代表の右SBオーリエ(21=トゥールーズ)とフランス代表の右SBドビュシー(28=ニューカッスル)の2人を載せていたという。
    彼らとは母国語のフランス語で会話を交わせる利点があるが、それよりもカタコトの日本語で会話することを選んだ。それだけ内田の能力に惚れ込んでいるというワケなのである。

    日刊ゲンダイ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140712-00000007-nkgendai-socc

    続きを読む

    no title

    香川 W杯の結果は「すごく悔しい。忘れることができない」

    トークショーを行った香川真司
    Photo By スポニチ

     サッカー日本代表のMF香川真司(25=マンチェスターU)が12日、神奈川県川崎市の川崎球場にて
    イベント「第2回TEAMSHINJI~夢を追い続けよう~」を開催。元日本代表でサッカー解説者の
    名波浩氏(41)とともに、トークショーのほか、ジュニア選手たちを対象にしたサッカークリニックなどを行った。

     W杯ブラジル大会で1次リーグ敗退に終わり、帰国後、ファンの前に姿を見せるのはこの日が初めて
    とあり、会場には約3000人のサポーター、クリニック参加者約120名が会場に詰めかけた。

     冒頭で「ありがとうございました」とW杯への声援に感謝の言葉を述べた香川。「3試合やってすごく
    悔しくて、その悔しさはなかなか忘れることができない。それでも次もあるのでスパッと切り替えていか
    ないといけない。」と、3試合勝ちなしという不甲斐ない結果に悔しさをにじませた。

     W杯では「周りの情報も入ってこなくて、練習にも集中できてリラックスできる環境を用意してくれた。
    施設も食事もパーフェクトだった」と周囲に感謝しつつ、「初戦の前の日は緊張しましたね。いつもどおり
    リラックしてベッドには入ったが、なかなか寝付けなかった」と決戦前の緊張感を明かした。

     さらに、「結果は残念ですけど、ここから乗り越えるのが自分のチャレンジになる。みんなから期待を
    感じてW杯に臨んで、結果として何も残せなくて終わってしまったので、すごく悔しい。この悔しさを
    4年後のW杯だったり、チームだったりで晴らすしかない」と悔しさを糧に前に進む覚悟を口にした。

     また、同じポジションでプレーするという少年には「練習をして、チャレンジすることが何より大事。
    最後のところで違いを出してシュートまでいけるかが課題。練習や試合でやり続けることが一番大事」と
    アドバイスを送った。

     この日は来場者に香川の顔写真は入ったうちわが配られた。声援とともにうちわが振られる光景に、
    思わず「気持ち悪い」と苦笑いを見せる一幕もあった。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/07/12/kiji/K20140712008550960.html

    続きを読む


    yoshida maya mono

    吉田麻也、W杯を振り返る「4年間を否定したくない」

    吉田麻也(撮影/岸本勉・PICSPORT)

    2014年07月12日10時15分

    日本テレビ「NEWS ZERO」(11日放送分)では、1分2敗でW杯を終えた日本代表DF・
    吉田麻也の帰国後初のインタビューを放送した。

    「整理はついた?」というインタビュアーの北澤豪氏に、「もう一週間以上経ってますし、終わって
    すぐのミックスゾーンだったり次の日っていうのは何を答えていいか分からなかったんですけど、今
    はある程度自分の頭の中で整理もついている」と答えた吉田は、「子供達はサッカー好きですし、
    W杯で悔しい思いをして多くの国民の方もしているんですけど、それでもサッカーは続いているんでこ
    こでサッカーの人気を絶やしちゃいけない」などと言葉を続けた。

    また、吉田にとって初めてのW杯を「“自分もこんな緊張するんだな”っていうのは思いました。特
    に初戦なんですけど。グッと足が重くなった」と振り返ると、コートジボワール戦で喫した2失点(
    =魔の2分間)を「(同点にされて)相手の勢いが変わった。明らかに走れてなかった選手が走れる
    ようになっていた」といい、その理由を「ドログバが入ってきて一気に雰囲気が変わった」と切り出
    したが、事実、ドログバは最初のドリブルで一気に日本ゴールへ攻め込むなど、チームに勢いをもた
    らしている。

    「ピッチの中で選手ができるのはいかに勢いの芽を摘むか。例えば最初にドログバが入ってきた時に
    ファウルでいいから、激しくいって勢いを鎮めるようなプレーをするとか。そういうのもあったらま
    た変わったかもしれない」と後悔の弁を述べた吉田。

    この4年間について改めて訊かれると「プロとして結果が全てなので結果を受け止めると間違ってた
    のかもしれない。でも僕はこのサッカー、日本人の特徴を活かしてチームプレーを重視してフィジカ
    ルではなくアジリティを用いたサッカーっていうベクトルは間違ってないと思います」と話すと「ブ
    ラジルのためにやってきたので、この4年間を否定したくないなっていう思いも強いのでまた次のW
    杯でメンバーに選ばれて今までやってきたことは間違いじゃなかったですって言えたら」と前を向い
    た。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9035355/

    続きを読む


    image03

    日刊スポーツ 7月11日(金)21時15分配信
     G大阪の日本代表DF今野泰幸(31)が11日、天皇杯2回戦のJ3金沢戦(12日、万博)に向けて万博練習場で非公開調整した。
    G大阪では日本代表とは違うポジションのボランチでプレーし、同じ日本代表MF遠藤保仁(34)とコンビを組む。

     今野は「W杯を見ていても守備をしっかりしながらチャンスの時には前に出てくるボランチがいると強いし、チームが締まる。
    (ボール奪取能力が)1番の売りだし、それをうまく出せればチャンスにつながる」と意気込みを口にした。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000087-nksports-socc

    続きを読む

    BrAKaErCIAEzzmy


    年6月25日(水)18時57分~テレ東で放送の「2014 FIFA ワールドカップ DAILY」より一部抜粋

    ◆敏腕外国人記者は見た! ここがヘンだよ日本代表

    2014 FIFA ワールドカップ 日本代表グループステージ敗退(テロップ)
    1分2敗 日本代表惨敗!!(テロップ)
    各国の敏腕記者は日本代表をどう見たのか!(テロップ)

    ラジオイタチアイア実況アナウンサーのレオナルド・フィゲルドさん(ブラジル人)
    「日本には期待していたのですが、正直残念です。どの選手も、
    ここ一番で試合を決める技術や能力が足りない。ペナルティーエリア内で
    決定的な仕事をするセンターフォワードをちゃんと育てないと勝てないですよ」

    ナレーター「サッカー王国ブラジルの記者は、ペナルティーエリア内で決定的な
    仕事をするセンターフォワードの育成が世界で勝つために必要だという。
    子供の頃から点取り屋の育成をしなくては、日本の明るい未来は見えてこない」

    センターフォワードの育成が急務!(テロップ)
    決定力不足を解消せよ!(テロップ)

    アルゼンチン記者のハビエルジョルジ・エドワルドさん
    「まずは監督を代える必要があるでしょうね。ザッケローニは良い監督ですが、日本は
    他の戦い方に脱皮すべき時だと思います。もっと大胆な試みをする監督が良いでしょう」

    ナレーター「アルゼンチンの記者は、ザッケローニ監督の功績を認めながらも、
    香川をスタメンから外すなど、W杯で見せた消極的な采配を疑問視。
    機能したとは言い難い日本のパスサッカーを根本から大胆に改革する監督に
    交代する必要性があるという」

    監督交代(テロップ)
    大胆な戦略を取り入れろ!(テロップ)

    SBSスポーツキャスターのチャン・ジヒョンさん(韓国人)
    「本田選手はもっともっと走って、もう少し頑張って欲しかったですね。
    後は弱いフィジカルと精神面を鍛えれば十分に世界と戦える国だと思います」

    ナレーター「韓国の記者は、アジアトップレベルの選手である本田は、
    もっともっとできたはずだと考えており、フィジカルや精神面の充実を指摘した」

    本田圭佑はこんなもんじゃない!(テロップ)
    フィジカルとメンタルの強化を!(テロップ)

    コロンビアRCNレポーターのジミー・ムニョスさん
    「日本はせめてベスト8には入って欲しかったね。
    でも日本はかなりのスピードで進化しているから、このままいくと、
    16~20年ぐらいで世界チャンピオンになってもおかしくないよ」

    ナレーター「そう、日本は世界の強豪国にしてみれば、まだまだサッカー発展途上の国。
    しかし、その成長スピードは、まさに日進月歩。世界にその名を轟かす日も近い」

    日本はまだまだサッカー発展途上国(テロップ)
    いつか世界にその名を轟かせて!!(テロップ)

    ソース動画
    http://www.dailymotion.com/video/x219h3v

    続きを読む

    2014-05-20-21-41-00

    ベンツCM出演の本田圭佑、W杯後初メッセージ「パワーを身につけて戻ってくる」
    SOCCER KING 7月11日(金)16時0分配信

    メルセデス・ベンツ日本株式会社は11日、東京ミッドタウン Hall Aにて、
    「メルセデス・ベンツ新型Cクラス プレス発表会」を実施。7年ぶりにフルモデルチェンジを
    果たした「メルセデス・ベンツ 新型Cクラス」が発表された。

    発表会では、ミラン所属の日本代表MF本田圭佑が出演する新CMも披露。
    さらに、ブラジル・ワールドカップ以降初となる、本田からファンへのメッセージVTRが放映された。

    本田は、「メルセデス・ベンツには良い印象しかない。今まで乗った車にはない心地良さがある」と、
    製品の印象を語ったうえで、「ワールドカップの応援、ありがとうございました。結果が出せなくて
    本当に残念だったんですけど、みなさんを喜ばせたかったんですけど」と、コメント。
    そして今後を見据え、「またイチからね、4年後に向けて出直そうと思いますので、またこれから
    本田圭佑、日本代表並びにJリーグへの応援をよろしくお願いします。さらに、みなさんを
    喜ばせられるようにパワーを身につけて戻ってきますので、期待していてください」と、話した。

    なお、「アジリティ&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、数々の最先端技術で安全性と
    快適性を高次元に融合した「メルセデス・ベンツ 新型Cクラス」は、11日より全国の正規販売店を
    通じて発売される。  SOCCER KING

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00210967-soccerk-socc
    メルセデス・ベンツ社の新CMに出演する本田圭佑がファンへメッセージ
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20140711-00210967-soccerk-000-1-view.jpg

    続きを読む

    c33d0adb

    アギレJAPAN誕生へ!大仁会長「ほぼ固まった」来週に正式発表
    サンケイスポーツ 7月11日(金)5時0分配信

    日本サッカー協会が日本代表の次期監督として、メキシコ出身でかつて同国代表を率いた
    ハビエル・アギレ氏(55)と仮契約を結んだことが10日、分かった。
    次期監督候補として同氏に一本化していた日本協会の大仁邦弥会長(69)が、
    「ほぼ固まったということ」と明言。来週にも「アギレ新監督」が、正式に発表される見通しとなった。

    アギレ・ジャパンの誕生が事実上、決まった。アギレ氏側が、すでに日本協会と仮契約を結んでいることが判明。
    アギレ氏の代理人を務めるペレ・アルティガス氏が近い関係者に明かしたもので、
    来週にも日本代表の次期監督として発表される見通しとなった。

    5日未明に交渉のため離日していた監督選定の責任者である原博実専務理事が、9日に帰国。
    関係者によると、同代理人が滞在するスペインで最終交渉を行ったものとみられる。
    日本協会の大仁会長も10日、サンケイスポーツの取材に
    「(原専務理事が)帰ってきたということは、ほぼ固まったということじゃないですか」と発表が近いことを認めた。

    また、大仁会長は「(原専務理事と)月曜日に話します」と、14日に会談を設定したことを明言。
    ここで協会トップの会長が承認すれば、アギレ氏は今月末にも来日して正式契約、
    9月の親善試合2試合(5日・札幌ド、9日・横浜国)で初陣という流れになりそうだ。

    関係者によると、年俸150万ユーロ(約2億1000万円)などの条件面に問題はなく、
    コーチに元メキシコ代表DFで2010年南アフリカW杯でアギレ氏を支えたマヌエル・ビドリオ氏(41)、
    フィジカルコーチとしてファン・イリバレン・モラス氏(47)の就任で調整中。
    日本協会側が求めるU-21日本代表の手倉森誠監督(46)ら日本人コーチの入閣にも異論は出ていないという。

    残るは契約年数の詰めのみ。2年契約を提示する日本協会に対し、
    アギレ氏側は18年ロシアW杯までの4年契約にこだわっているという。
    ただ、これもW杯での指揮を前提とした契約延長オプションを付けた2年契約でまとまる可能性が高く、懸念材料にはならない見込みだ。

    前線からの激しい守備とショートカウンターを基本戦術に、
    10年W杯ではフランスを撃破するなどして母国メキシコを16強に導いたアギレ氏。
    “知将”の呼び声高い新監督が、いよいよ誕生する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000500-sanspo-socc

    続きを読む

    2014-07-11-09-39-14
    日刊スポーツ 7月11日 8時2分配信

     ACミランは10日、ミラノのクラブハウス、カーサ・ミラン前の広場に約4000人のサポーターを集め、今季のプレゼンテーションを行った。

     プレゼンテーション後の記者会見でインザギ監督は「2年前に引退することを決めたとき、いつかミランを指揮したいと思った。
    その夢が今かなえられるのでとてもうれしい」とまず監督就任を喜び、「チームにミランのDNAを再び作り上げる。
    それは笑顔で練習場に来て、グループが団結し価値観を持つ事。戦わない選手は私のミランではプレーできない。
    技術的なミスは許せるが、態度は許すことはできない。ミランの選手はピッチ外でミスを犯すことはできない」とチーム作りの方針を説明した。

     MF本田圭佑については「本田はまだ戻ってきていない。彼は22日にニューヨークでチームに合流する。私は好きな選手だし、高いプロ精神を持っている。
    ポジションはまだわからない。3トップを使うなら、右に入れることもできるだろう。左利きでも、ああいう特徴のある選手は好きだ。それに3枚のMFの左もできると思う。
    ただしこれは技術的な詳細で、8月31日の移籍市場が閉まるのを待ってから決める。私はシステムに選手を合わせるのは好きではない。
    選手の特徴を考えて、最もいいプレーができるポジションを見つけ出すというのが私とスタッフが考えていることだ」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000012-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ