サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表



     ◇キリンチャレンジカップ2014 日本1―0ジャマイカ(2014年10月10日 デンカS)

     初招集のDF塩谷がデビュー戦でフル出場を果たし、存在感を際立たせた。右センターバックで森重とコンビを組むと、素早い反応で相手の速攻を封印。身体能力の高い中米相手に1対1で競り勝ち、後半37分にはパスカットから本田に鋭い縦パスを送り、決定機をつくった。

     試合前は「やべぇ」と緊張を隠せず、右サイドバックの酒井高に「シンプルにやりましょう」と声を掛けられた。ピッチに立つと緊張は消え「後半は縦パスだったり良さを出せた」と、充実感を口にした。

     完封に貢献した塩谷にアギーレ監督も満足感を隠せない。試合後の会見で指揮官は「(8月16日の)浦和―広島戦を初視察したが、彼はベンチだった。評価を聞いていたので残念だと思っていた。それから2カ月。彼はパーフェクトだった」と目尻を下げた。

     ケガで外れた吉田(サウサンプトン)の代役で千載一遇のチャンスを生かした塩谷は「きょうの試合だけで評価するのは難しい。継続してどれだけやれるかが自分の課題」と次を見据える。日本の泣きどころのポジションで、金髪の新鋭が輝きを放った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000066-spnannex-socc

    続きを読む

    maxresdefault


    [10.10 キリンチャレンジ杯 日本1-0ジャマイカ デンカS]

     日本代表は10日、ジャマイカ代表とのキリンチャレンジ杯を行い、1-0で勝利した。前半16分にオウンゴールで奪った得点が決勝点になった。W杯後に日本代表の指揮官に就任したハビエル・アギーレ監督にとっては、3戦目にして初勝利となった。

     9月に代表デビュー戦で初ゴールを奪ったMF柴崎岳は、この日も先発メンバーに名を連ねると、前半16分にクロスボールからオウンゴールを誘発。

    日本の若き司令塔が、初めて同じピッチでプレーするMF香川真司を始め、欧州で得点ランクを賑わす前線の先輩たちをコントロールした。

     試合後は「(アギーレ監督からは)細かい指示はあったが、勝ちたいという意欲だけは強く伝わってきたし、選手全員にもそれが伝わって、試合で表せたかなと思う」。

    日の丸をつけてのプレーについて問われると、「特別な思いはある。国を代表して戦ってプレーできる喜びもありますし、また新たな気持ちでプレーすることができる」と話し、充実の汗をぬぐった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00156673-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title


    柴崎の存在感が増している。
    香川や岡崎ら欧州組との連係も良く、アギーレ監督は「彼はワールドクラス。
    香川と、まるで20年もやってきたかのようだ」と褒めた。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000212-jij-spo

    柴崎が存在感を発揮した。右MFで先発し、「(細貝)萌さんが真ん中にいて、
    前に(プレーの)重心を置いた。味方を追い越す動きからゲームメークできた」。

    前半16分に相手のOGを誘うシュートを放つだけでなく、本田や香川との連係で好機を演出した。

    アギーレ監督も「柴崎はワールドクラス。かなり遠くまで行き着くことができると思う」
    と活躍を喜び、今後の成長に期待した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000156-mai-socc

    「柴崎はワールドクラスだ。圭佑、真司と自然にプレーできているし、
    まるで20も経験を積んだかのようなプレーを見せてくれる。
    彼はかなり遠いところまで行き着くことができる選手だ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000027-ism-socc

    続きを読む

    no title


    サッカーの国際親善試合キリンチャレンジカップの日本対ジャマイカ戦が2014年10月10日夜、新潟のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、
    日本が1-0でジャマイカに勝った。アギーレ監督は就任から三戦目で初勝利を飾った。世界ランクは日本が48位、ジャマイカは100位。
    この試合を、サッカージャーナリストの六川亨氏が解説する。
          ◆        ◆      ◆
    アギーレ監督にとって初勝利となったジャマイカ戦だが、正直な感想を言うと「退屈な90分間」だった。
    相手は98年のワールドカップに初出場したものの、その後は一度も予選を突破できていない。

    さらに、イングランドのプレミアリーグやアメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)に所属する主力も欠いていた。
    格下の2軍相手ということで、何点取るかに興味は集まった。しかし結果は16分の相手オウンゴールによる得点だけ。
    アギーレ監督も「試合結果を表す得点ではない。点差をつけるチャンスは4回あった。結果には満足していない」と不満を述べていた。

    ただ、「退屈」だったのは、ジャマイカのせいばかりでもない。おそらく今後もジャマイカ戦のような試合が続くだろう。
    というのも、アギーレ監督の目指しているサッカーのスタイルそのものが「退屈」な可能性があるからだ。

    ザッケローニ前監督は、ボールポゼッション(支配率)を高め、パス・サッカーで3年前はアジアを制し、ブラジル・ワールドカップに挑んだ。
    本田や香川が「自分たちのサッカー」と言うスタイルだ。ボールポゼッションが60パーセントを越えることも多かった。
    しかし、コートジボワールやコロンビアのカウンターに沈み、グループリーグで敗退した。

    ワールドカップは年々、華麗な個人技や質の高いサッカーで観客を魅了する場ではなく、「勝つ」大会へと変貌している。
    その証拠としてカウンターやフリーキック、コーナーキックなどのセットプレーからの得点が増えている。

    そしてアギーレ監督である。格下のジャマイカに20本のシュートを浴びせたものの、ボールポゼッションは90分間で51.6パーセントにとどまった。
    アギーレ監督の目指すサッカーそのものが、ボールを保持することではなく、「プレーのフィロソフィー(哲学)より、まず勝つこと」にあるからだ。

    「選手によってゲームの性質は変わるのは事実です。本田、香川、武藤、柴崎はボールを欲しがるが、相手が前からプレスを掛けてきたので、
    パスをつなげないため長いパスを使った。プレスを掛けられたらリスクを冒したくない」(アギーレ監督)

    ザッケローニ元監督がロマンチストなら、アギーレ監督は間違いなくリアリストだ。ただ、こうした姿勢はこれまでの日本に一番欠けていたことでもある。
    日本代表に限らずアンダー世代でも韓国戦は「良い試合をした。試合内容では日本が上だった」と言われながら負けることが多い。

    しかしながら、リスクを排除したサッカーは、退屈でも波乱を起こす可能性がある。そういう意味ではブラジル戦が楽しみでもある。

    (サッカージャーナリスト・六川亨)

    10月10日(金)23時56分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141010-00000018-sasahi-socc

    続きを読む

    no title


    <国際親善試合:日本1-0ジャマイカ>◇10日◇デンカS

     日本代表が1-0でアギーレ体制3戦目で初勝利を飾った。キャプテンマークを巻いたFW本田圭佑(28=ACミラン)は試合後、淡々と試合を振り返った。一問一答は次の通り。

     --チームは初勝利を挙げた

     本田 そうですね。チームが勝てたということが一番大事なことですし、それを結果として出せたというのは良かった。

     --内容には物足りなさがあるが

     本田 もちろんです。当然、内容、結果ともに満足いくものではない。そういった中でもしっかりと失点なく勝てた。
         攻撃での形、短い調整でしっかりと監督が求めていることが出せたところもありますし、まあ、良くなっているんじゃないかと思います

     --良くなった点は

     本田 メンバーも変わったことで、真司(香川)が入って、あそこでしっかりと起点になれる。まわりは安心して勝負どころに入っていけますし、
        そこからいい形が、得点にはつながらなかったですけど、多かったんじゃないかと思います。

     --後半は左に回って香川と長友と連係した

     本田 そうですね。やりやすさはもちろん。ずっとやってますし、お互いのこと分かっているという意味でも安心してボールを預けられる。とにかく次に向けて準備したいと思います。

     --前半、決定機を外した

     本田 いろいろ、考えすぎましたね。ああいうところを決めていかないといけないという部分ではあります。ただ、あんなもんかなと思います。今の実力からすると。

    10月10日(金)23時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000081-nksports-socc

    続きを読む

    no title


     キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。16分に
    記録されたオウンゴールが決勝点となり、1-0で日本が勝利を収めた。ハビエル・アギーレ監督
    新体制での初勝利となった。

     試合後、ブラジル・ワールドカップ以来の代表復帰となったMF香川真司が、以下のようにコメントしている。

    ――日本代表に再び帰ってきてのプレーはいかがでしたか?

    「代表っていうのは常に特別な場所ですし、サポーターのみなさんも快く出迎えてくれたんで、
    ゴールを決めたかったですけどね」

    ――アギーレ体制になっての初のピッチはどうでしたか?

    「まだまだ修正しなければいけないところはたくさんありますし、今日も1-0で終わってはいけないと思っているんで。
    そういう意味では、課題が残る試合だったと思います」

    ――今日はどんな思いでピッチに入りましたか?

    「またちょっと違った日本代表を見せていかないといけないですし、ブラジルで得た経験だったり、
    悔しさはやっぱり次の4年後にぶつけるためにもうスタートしてるんで。それをしっかりピッチの上で
    ぶつけていけるように頑張っていきたいと思います」

    ――ブラジル戦に向けて、改めて意気込みを教えてください。

    「今持ってるものをしっかりぶつけて戦いたいと思います」

     日本代表は14日、シンガポールでブラジル代表と対戦する。

    SOCCER KING

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00240689-soccerk-socc

    続きを読む

    news_149066_1


    [10.10 キリンチャレンジ杯 日本1-0ジャマイカ デンカS]

     日本代表MF香川真司(ドルトムント)が試合後に脳震盪の症状を訴え、チームから
    離脱することが決まった。シンガポール遠征には帯同しない。

     アギーレジャパン初出場となった香川は前半38分、あごを打ってタッチラインの外で
    治療を受けた。そのまま後半45分に途中交代するまでプレーを続け、試合直後には
    テレビインタビューも受けたが、ロッカールームに戻ってから「頭が少しクラクラする」と訴えたという。

     日本サッカー協会関係者によると、あごを打って口から出血していたというが、
    脳震盪と見られる症状があるため、スタジアムから病院に直行。精密検査を受けることになった。

     香川はマンチェスター・ユナイテッド時代の8月26日に行われたキャピタル・ワン杯2回戦でも
    脳震盪で途中交代しており、「立て続けにあるのは良くない」(協会関係者)との判断からドクター、
    監督と話し合った結果、チームから離脱することが決まった。

     日本代表チームは明日11日にシンガポールへ移動し、14日にブラジル代表と対戦するが、
    背番号10不在で臨むことになった。現時点で追加招集は決まっていない。

    ゲキサカ 10月10日(金)22時50分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00156719-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ