サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    no title
    サッカー日本代表が6日、札幌合宿最後の練習を行った。

    (中略)

    ウルグアイ戦でポストに当てる惜しいシュートを放ったFW武藤嘉紀(22)=FC東京=は
    練習組で体を動かした。
    代表としてのデビュー戦から一夜明け、「プレーできてうれしいですけど、ゴールを決められなかった。
    あれが入るか、(ポストに)当たるかで大きな差がある。メンタル面では自信ができました」と反省していた。

    練習後には女性客から愛称の「よっち!」と黄色い声援を受ける人気ぶり。
    可能な限りサインの求めに応じていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000033-dal-socc

    【日本代表】武藤に「キャー!」
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/fctokyo/news/201409/CK2014090702000162.html

    続きを読む

    jpeg


    アギーレの公開カミナリだ!

    日本代表は7日、横浜市の日産スタジアムで9日のベネズエラ戦に向けた合宿を再開した。
    ハビエル・アギーレ監督(55)は就任後初めて一般サポーターにも戦術練習を公開。

    紅白戦ではショートCKからボールを最終ラインまで戻したプレーに対し、帽子を叩きつけて激怒。
    熱き闘将ぶりを披露した。

    まるで瞬間湯沸かし器だった。

    アギーレ監督が突然、かぶっていた白い帽子を地面に叩きつけ、声を荒らげた。
    「もう忘れたのかっ!この前の試合のことを!」。

    紅白戦の途中だ。本田がショートCKで目の前にいた柴崎にパス。直後、柴崎は最終ラインまでボールを下げてしまった。
    その瞬間、一般ファンも見守る前で闘将から激しいカミナリが落とされた。

    「中に入れて外に出す。その次は中だろ」。簡単に後ろに下げてしまった消極さが闘将に火をつけた。
    ウルグアイ戦の前半41分にもショートCKから同じようにボールを下げてしまい好機を逸していた。

    長友が反論しようとすると指揮官の怒りは沸点に達し、CKのやり直しを命じた。
    今度はゴールを脅かすと「言った通りだろ」と言わんばかりに本田の背中を思い切り叩いてみせた。

    これがアギーレ流の“ムチ”だ。ピッチ外では冗談ばかりの陽気なメキシカンも、練習中は「バババ(行け)」
    「べべべ(見ろ)」。絶えずスペイン語で大声の指示が飛ぶ。

    直接、カミナリを落とされた長友も「あれは監督のコミュニケーションの一つ。(監督が)怒ってるとは思ってない。心配しないでください」
    と理解を示した。メリハリが利いていた。

    この日は初めて戦術練習を公開。287人の一般ファンが見守る中、ウルグアイ戦で2失点を喫した守備の整備に力を注いだ。
    最終ラインには「相手がペナルティーエリアに入って来るまではエリアに入るな。持ちこたえろ」と通告。

    アギーレ監督の鬼の一面を見せられたDF陣は神妙な面持ちで指示に聞き入った。
    初勝利を目指すベネズエラ戦に向け、徐々にアギーレイズムが注入されてきた。

    2014年9月8日 05:30
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/08/kiji/K20140908008891030.html

    続きを読む

    d07e9649


    「楽しめた」じゃダメ 闘う姿勢見せろ

    日本は攻守にわたって動けていなかった。ウルグアイについていけてない。
    小気味いい形でやられてしまっていた。プレーする位置が固定されてしまっている。
    岡崎もなかなか裏への動きがなかった。本田しかり。決まった位置から動かないから、
    フォローのしようがない。真ん中の皆川と3人の距離があきすぎていた。
    だったら動いていい距離感をつくらないと。固定された位置にいるだけでは、相手DFは脅威に感じない。

    今回抜てきされた皆川は「楽しめた」と言うが、楽しむのではなく「戦うんだ」というのを見せてほしかった。
    あのセンターFWのポジションを狙っている選手はいっぱいいる。そんな中で一番最初に呼ばれて、
    出たアドバンテージを生かさないと。簡単にキープできるものじゃない。
    感情をむき出しにしないと定位置は取れない。武藤もそう。もっと仕掛けていいと思う。
    Jリーグではやっているんだから。持っているものを出さないと生き残っていけない。

    武藤も皆川も、いいプレーは当然あった。でも初めての代表だからって甘えていたら、
    すぐにポジションは奪われてしまう。危機感を抱いてほしい。日本代表という重みを感じたと思う。
    ここで感じたものを次に生かせるか。試合後のサポーターも、ブーイングをしてくれっていうわけじゃないけど、
    少し優し過ぎたんじゃないかな? すぐベネズエラ戦がある。自分たちで奮い立たせて、
    勝ち抜く力をつけていかないと。代わりの選手はいくらでも出てくるってことは、
    今回のメンバーを見れば分かるはず。

    Jリーグでやっている選手たちも「今度は俺だ!」って思っているだろう。
    活躍すれば選出されるかもしれない。そうすればJリーグがもっと白熱する。
    代表は誰も安泰じゃない。使ってくれているんだから、見せないと。

    http://www.nikkansports.com/soccer/column/nakayama/news/p-cl-tp0-20140907-1362957.html

    続きを読む


    日本サッカー協会(JFA)は7日、
    9日に日本代表と国際親善試合を行うベネズエラ代表が来日したことを伝え、来日メンバー20名を発表した。
    ベネズエラ戦の試合会場は横浜国際総合競技場、キックオフは19時20分の予定となっている。

    初来日したノエル・サンビセンテ監督は、「日本は一見しただけで美しい国だということが分かりました。
    今回はW杯に出場した国との試合ということで、有意義なものにしたいと思っています。
    日本のファンの皆さん、スペクタクルな試合を楽しみにしてください」とコメントを残している。

     なお、5日に韓国代表と対戦したベネズエラ代表は1-3の逆転負けを喫している。

    ▽GK
    ダニエル・エルナンデス(バリャドリー)
    レニー・ベカ(デポルティボ・ラグアイラ)

    ▽DF
    アレクサンデル・ゴンサレス(アーラウ)
    ガブリエル・シチェロ(ミネロス・デ・グアヤナ)
    グレンディー・ペロソ(アジャクシオ)
    ルベルト・キハダ(カラカス)
    ロベルト・ロサレス(マラガ)
    オスワルド・ビスカロント(ナント)

    ▽MF
    ラファエル・アコスタ((ミネロス・デ・グアヤナ)
    エドハル・ヒメネス(ミネロス・デ・グアヤナ)
    アレハンドロ・ゲラ((ナシオナル・メデリン)
    トマス・リンコン(ジェノア)
    ルイス・マヌエル・セイハス(サンタフェ)
    フランコ・シニョレッリ((エンポリ)

    ▽FW
    ニコラス・フェドル(アルガラファ)
    フアン・ファルコン(メッス)
    マリオ・ロンドン(ナシオナル)
    ペドロ・ラミレス(シオン)
    ホセフ・マルティネス(トリノ)
    サロモン・ロンドン(ゼニト)

    ゲキサカ 9月7日(日)16時24分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140907-00138951-gekisaka-socc

    続きを読む

    c7958cab-s

    日本代表のFW岡崎慎司(28=マインツ)が“闘将”の出現に期待した。

    ウルグアイ戦から一夜明けた6日は札幌市内で調整後に空路、首都圏に移動した。
    アギーレ新監督の初陣はFW本田圭佑(28=ACミラン)が一時的に主将を務めながら「面倒だ」と今後の就任に難色。

    同世代の岡崎は日本を強くするために、仲間を鼓舞する「闘うキャプテン」を理想像に掲げた。

    闘志むき出しでゴールに迫る岡崎のキャプテン像は、やっぱり“闘う男”だった。
    心地よい日差しに包まれた札幌。北海道遠征で最後の調整を終えると、新生日本のまとめ役についての持論を展開した。

    「現時点でキャプテンと言われる選手はいない。でも、責任を持ってやれる選手はいる」。
    そう前置きした上で「僕は闘将がいいと思う」とハッキリと切り出した。

    ウルグアイ戦で主将を任された本田が正式就任に難色を示したことで、アギーレジャパンのリーダーは不透明になった。
    本田は「主将なのに(取材で)しゃべらなかったらどうなんだ、ということになる。面倒というか義務が発生する。長谷部さんみたいな振る舞いはできない」と発言。

    ザック体制時で主将の長谷部が、左膝故障で今合宿を途中離脱。アギーレ監督は本田を含めGK川島、DF吉田らを主将候補に挙げているが、今後は全くの白紙だ。

    過去の日本代表主将は、闘将と呼ばれたDF柱谷哲二、知性派のDF宮本恒靖、激情派のGK川口能活らがいた。
    今年のW杯ブラジル大会は、初戦のコートジボワール戦を落とすと、負の流れを引きずったまま1次リーグ敗退。

    たとえ嫌われ役になろうとも、チーム内に活を入れる真のリーダーが不在だった。だからこそ、岡崎は訴えかける。

    「声を張ってついて来いというタイプがいない。闘将は生まれ持ったもの。日本にはなかなか生まれないけれど、みんなで意識を高めていかないといけない」
    世界との差を少しでも縮めるために-。闘う集団になることを期待した。【益子浩一】

    2014年9月7日7時53分
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20140907-1362897.html

    続きを読む



    ◆国際親善試合 日本―ベネズエラ(9日・横浜国際総合競技場)

    サッカー日本代表はウルグアイ戦から一夜明けた6日、札幌市内で約1時間半の練習を行い、次戦のベネズエラ戦(9日・横浜国際)に備え横浜市内に移動した。

    代表初出場で先発が見込まれるMF柴崎岳(22)=鹿島=が、0―2で敗れたウルグアイ戦で、ゲームメーカー不足を感じ、自らチームに攻撃力をもたらす決意を明かした。
    また、FW大迫勇也(24)=1FCケルン=ら欠場組も代表定着へアピールする。

    前夜を意識しているようだった。ウルグアイ戦から一夜明けた練習。6対6のミニゲームで、MF柴崎はさまざまなパスを繰り出した。
    両足のいろいろな部分を使って、多彩なパスを出し味方選手を動かした。

    アギーレ監督は今回の2試合で招集した全員を起用することをすでに明言。

    不出場だった柴崎は、代表初先発が濃厚だ。だからこそ背番号7は、実戦を意識。そして、練習の中身には意味があった。
    ウルグアイ戦のベンチからアギーレ・ジャパンに足りなかった部分を感じていた。柴崎が明かす。

    「(代表がスタートして)日も浅いから、連係に関してはしょうがないところもあるけど、攻撃が単調になっていたところはある。
    ウルグアイ戦は、ゲームメーカータイプの選手がいなかったので、自分が出場した際には、その役割をやりたい。
    引いた相手を崩すには、少ないタッチ数で(相手の守備を)ずらすこと。効果的な攻撃が構築できるようにしたい」

    チームとしての決定機は前半17分。FW岡崎のクロスからFW皆川がヘディングシュートを放った場面だけ。
    中盤にDFが本職の森重、守備で力を発揮するMF細貝、使われるタイプのMF田中と、ゲームをつくるタイプはいなかった。

    そこに、柴崎が入れば確実に変化をもたらすことができる。ポジションはウルグアイ戦で細貝が先発した右MFだ。
    「決定的な場面というのは、(1、2本)前のパスが生み出す。そのパスが非常に大事。そのパスが入ることで、前の攻撃的な選手を生かせると思う」。
    持ち前の広い視野を生かしたプレーで指揮官にアピール。持ち味を発揮しサバイバル戦を制する意気込みだ。

    新監督就任から2戦連続で無得点となれば、92年に就任したオフト監督以来、22年ぶりの不名誉な記録となってしまう。
    「ゲームメークだけがサッカーじゃない。臨機応変にやること」と出場の際は求められる守備や、戦う姿勢なども見せていく。
    初勝利がかかるベネズエラ戦。MF遠藤(G大阪)らゲームメーカータイプが受け継いできた背番7を背負う柴崎が、決定機と勝利をもたらす。(内田 知宏)

    スポーツ報知 9月7日(日)7時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000312-sph-socc

    続きを読む

    2014-08-21-09-16-29


    代表入りへアピールを続ける。G大阪は6日、
    7日の神戸とのナビスコ杯準々決勝第2戦(万博)に向け、大阪府吹田市内で非公開調整。

    アギーレ・ジャパンの初陣から一夜明け、エースFW宇佐美が
    「代表戦は見ました。ただ、まだ選ばれてもいない自分が何かを言うことはないし、
    選ばれたいという気持ちしかない。そのためにも結果を残し続けるだけ」と決意を新たにした。

    出場した6試合すべてで計8ゴールを挙げている好相性の神戸戦。
    さらに、自身が先発した万博での今季公式戦は9戦8勝だけに

    「ホームでは負ける気がしない。タイトルを取りたいですし、しっかり勝ってベスト4に進みたい」との言葉に自信がみなぎる。

    ゼロ敗発進となった新生日本代表の救世主に名乗りを上げるためにも、ゴールを決めて阪神ダービーを制す。

    スポニチアネックス 9月7日(日)9時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140907-00000079-spnannex-socc

    続きを読む


    ◆国際親善試合 日本―ベネズエラ(9日・横浜国際総合競技場) 

    サッカー日本代表はウルグアイ戦から一夜明けた6日、札幌市内で約1時間半の練習を行い、
    次戦のベネズエラ戦(9日・横浜国際)に備え横浜市内に移動した。
    FW大迫勇也(24)=1FCケルン=ら欠場組が代表定着へアピールする。

    ウルグアイ戦で出番のなかったFW大迫とMF扇原が、ベネズエラ戦で結果にこだわる姿勢を見せた。
    大迫はセンターFWでの先発が濃厚。

    2試合で先発するも無得点に終わったブラジルW杯の雪辱を期す24歳は
    「ずっと良くても最後(W杯)がダメならダメ。最後を良くするためにやっていきたい」と力を込めた。

    今季からドイツ1部の1FCケルンに移籍。8月30日のシュツットガルト戦では1部初ゴールをマークしたが、
    クラブでのポジションは一貫してトップ下だった。

    第1希望のセンターFWで起用されるために、ベネズエラ戦が格好のアピールの場になる。

    アギーレ監督が好む左利きの扇原も「(パスで)テンポを上げることができれば。監督に求められることを考えてやりたい」と意気込んだ。
    この日の練習では左足から強烈なミドルシュートをゴールに突き刺した。

    4―3―3の左MFでは同じ左利きの田中とポジションを争っており、正確なキック力でアピールする。

    スポーツ報知 9月7日(日)7時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000315-sph-socc

    続きを読む

    no title


    アギーレ初陣にみる3つのポジティブ要素 自分たちのサッカーと決別した日本代表

    ◆ベールに包まれていたアギーレジャパン

     初陣の当日。前日の雨は完全にあがり、見上げると札幌の空はすっかり
    秋めいた色になっていた。ハビエル・アギーレ率いる新生日本代表の初戦は、
    札幌ドームで行われる。思えば、日本代表新監督のデビュー戦は、
    ここ最近ずっと東京の国立競技場、もしくは埼玉スタジアムで行われていた
    (編注:それ以外でのデビュー戦はフィリップ・トルシエ監督の1998年10月に
    大阪・長居で行われた試合までさかのぼる)。ここ札幌で、新たな日本代表が
    披露される。二重の意味での新鮮さを覚えずにはいられない。

     この日、日本が迎えるのはウルグアイ。ディエゴ・フォルランやディエゴ・ルガーノといった
    ベテランが去り、ルイス・スアレスは諸事情で招集されず、監督のオスカル・タバレスも
    背骨の手術のため来日せず。それでも、相手がFIFA(国際サッカー連盟)ランキング6位
    の南米チャンピオンであることに変わりはない(日本は44位)。

     ブラジルはクイアバにてコロンビアに大敗して、実に66日ぶりにわれわれの
    目前に姿を現す日本代表。新たな指揮官を迎えて、果たしてどのような姿を
    見せるのであろうか。合宿自体は4日間にわたって行われたが、前々日と前日は
    冒頭15分のみの公開だったので、具体的な戦術練習は確認できなかった。
    それでも選手たちのコメントから、おおよそのアウトラインは推察することができる。

     センターFWでの起用が有力視されていた大迫勇也は「トップ下が2枚という
    イメージで僕はやっています」と証言。前線に3人が並ぶことになるのは間違いない。
    また、所属するヘルタ・ベルリンでは主にアンカーの役割を担っている細貝萌は
    「アンカーをやるかもしれないし、前の2つのポジション(インサイドハーフ)を
    やる可能性もある」と語っており、中盤はアンカーとインサイドハーフ2枚という
    構成になるようだ。となると、最終ラインは必然的に4枚。
    ただし、それほど明確な約束事はまだないようだ。吉田麻也は言う。

    「戦術面で(前の代表と)一番違うのは、アンカーを置くか置かないかというところ。
    今までは、サイドバックが絞って守備をしていたところがあったけれど、
    サイドバックも絞るし、アンカーを使いながら相手のカウンターの芽を
    摘まないといけない。ラインの設定などは、明日やりながらですね」

     なお、チームの約束事については「コンパクトに保つことと、(攻守の)切り替えを
    速くすること」(田中順也)くらい。あとは、ほとんどぶっつけ本番で臨むことになりそうだ。
    とはいえ、初陣にあまり多くを求めるべきではないのかもしれない。今回のウルグアイ戦は、
    相手がかなりの格上ということもあるので、特に守備面に注目することにしたい。

    >>2-5辺りに続く)

    スポーツナビ 2014年9月6日13:02(宇都宮徹壱)
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2014/columndtl/201409060005-spnavi
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2014/columndtl/201409060005-spnavi?page=2

    画像:わずか4日のみの練習で初戦に臨むことになったアギーレ監督。新生日本代表はウルグアイに敗れ黒星スタートとなった
    no title

    画像:流動的なポジションをとるアンカーを任された森重は、適応能力の高さを見せた
    http://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggikf.roEnW7HJRhEm8FIbuw---x490-y490-pril/c/sports/text/images/2014/0906/201409060005-spnavi_2014090600018_view.jpg
    画像:途中出場ながら代表デビューとなった武藤は、後半43分にポストを叩く惜しいシュートをみせた
    http://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggklVKTlGMcMd3c4T50smBnQ---x490-y490-pril/c/sports/text/images/2014/0906/201409060005-spnavi_2014090600019_view.jpg
    画像:この試合でキャプテンマークを巻いた本田は、豊富な運動量で守備にも貢献していた
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ