サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    5: 風吹けば名無し 2017/12/16(土) 21:07:06.91 ID:9gPnfSaH0

    DRKrhIWUIAACv8u


    日本     韓国 
    7  シュート  17 
    8  直接FK  19 
    2  間接FK   0 
    3    CK     7 
    1    PK     0 
    11   .GK     4 
    2  オフサイド 0 
    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2017121602/on 

    うーんこの

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/16(土) 18:18:11.02 ID:CAP_USER9

    DRKFXvqV4AARvSK


    12/16(土) 18:17配信
    日韓戦スタメン発表!!中国戦から3人変更

     EAFF E-1選手権の男子は16日、味の素スタジアムで最終戦を行い、日本代表は第2試合で韓国代表と対戦する。午後7時15分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、12日の中国戦(2-1)から先発3人を変更した。

     中国戦で左太腿裏を肉離れし、代表チームを離脱したMF大島僚太に代わってMF井手口陽介が9日の北朝鮮戦(1-0)以来、2試合ぶりに先発。さらにGK東口順昭、DF山本脩斗に代わってGK中村航輔、DF車屋紳太郎が同じく2試合ぶりのスタメンとなった。

     それ以外は中国戦と同じメンバーで、4バックは右からDF植田直通、DF三浦弦太、DF昌子源、車屋と並ぶ見通し。中盤は井手口、MF今野泰幸、FW倉田秋で、前線は右にFW伊東純也、左にMF土居聖真、中央にFW小林悠が入る。キャプテンの昌子のほか、今野、倉田、小林の4人が3試合連続で先発する。

     日本はここまで2連勝で首位。韓国は1勝1分の勝ち点4で2位につけており、日本は引き分け以上で2大会ぶり2度目の優勝が決まるが、負けた場合は韓国が逆転優勝となる。最新のFIFAランキングでは日本の55位に対し、韓国は59位。過去の対戦成績は日本の13勝23分38敗で、直近では15年8月に中国で開催された東アジア杯で対戦し、1-1で引き分けている。


    [日本代表]
    先発
    GK 12 中村航輔
    DF 3 昌子源(Cap)
    DF 5 車屋紳太郎
    DF 6 三浦弦太
    DF 22 植田直通
    MF 2 井手口陽介
    MF 13 土居聖真
    MF 17 今野泰幸
    FW 7 倉田秋
    FW 11 小林悠
    FW 14 伊東純也
    控え
    GK 1 東口順昭
    GK 23 権田修一
    DF 4 谷口彰悟
    DF 19 初瀬亮
    DF 20 室屋成
    DF 21 山本脩斗
    MF 8 高萩洋次郎
    MF 16 三竿健斗
    FW 9 川又堅碁
    FW 15 金崎夢生
    FW 18 阿部浩之
    監督
    バヒド・ハリルホジッチ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-01647780-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/16(土) 16:54:31.54 ID:CAP_USER9
    DI-IkWrVAAAR5cn




    これまで数多くの死闘を演じてきた日本と韓国。16日にはE-1選手権最終戦で激突することになるが、今回はどのような試合になるだろうか。東アジアのタイトルをかけた1戦を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。

    ザック体制下で初の海外遠征。南アW杯後初の日韓戦

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171215-00246814-footballc-000-3-view.jpg


    Yahoo!ニュース
    通知数:
    Yahoo! JAPAN
    メニューを開く
    日韓戦、直近5試合を振り返る。日本は2010年以降負けなし継続中
    12/15(金) 7:19配信
    51

    フットボールチャンネル

    これまで数多くの死闘を演じてきた日本と韓国。16日にはE-1選手権最終戦で激突することになるが、今回はどのような試合になるだろうか。東アジアのタイトルをかけた1戦を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。

    ・ザック体制下で初の海外遠征。南アW杯後初の日韓戦

    国際親善試合(2010年10月12日)
    【試合結果】
    韓国 0-0 日本

    【得点者】
    なし

     南アフリカW杯後、初の日韓戦はスコアレスドローに終わった。この試合は韓国のソウルで行われ、アルベルト・ザッケローニ監督体制で初めての海外遠征だった。得点こそ奪えなかったが相手ゴールに迫る形を見せている。

     W杯で1トップとして獅子奮迅の働きを見せた本田圭佑はトップ下として出場。ブラジルW杯まで続くザック体制では、本田がこのポジションでどれだけ輝くかが生命線となった。

     この年の2月と5月に日本は韓国に連敗しているが、敵地での引き分け以降、日本は“永遠のライバル”に対し負けなしを続けることになる。

    つづく

    12/15(金) 7:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00246814-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ