サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2018/10/12(金)19:12:59.78 ID: GBzCjIJdM.net

    DpR3GLiU4AEPmDE



    【先発メンバー】 
    GK 
    12 権田修一(サガン鳥栖) 

    DF 
    20 槙野智章(浦和レッズ) 
    4 佐々木翔(サンフレッチェ広島) 
    2 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 
    3 室屋成(FC東京) 

    MF 
    18 三竿健斗(鹿島アントラーズ) 
    17 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 
    14 伊東純也(柏レイソル) 
    8 原口元気(ハノーファー/ドイツ) 
    9 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 

    FW 
    15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) 

    W杯組と新世代の融合へ!森保ジャパン、パナマ戦のスタメン発表…冨安が日本代表デビュー(GOAL) - Yahoo!ニュース 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00010004-goal-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/10/12(金) 12:32:45.39 ID:CAP_USER9
    ERR0zo8E_L1W81CKF-Oo_g


    ◆国際親善試合 日本―パナマ(12日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

     W杯メンバーを15人招集したが、時差ボケや長距離移動による疲労に加え、来日が遅れた選手もいる。ステンペル監督は「全員での練習ができていない状況。ベストの状態でないのは事実」と調整不足を認めた。

    2018年10月12日6時8分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/soccer/world/20181012-OHT1T50094.html


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/10/12(金) 06:52:06.08 ID:CAP_USER9
    元日本代表MFの長谷部誠は今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)後に立ち向かった苦悩について明かしている。地元メディア『ヘッセンシャウ』が伝えた。

    2006年に日本代表に初選出された長谷部は2010年にはキャプテンに就任。今年のW杯を最後に114キャップを記録した代表からの引退を表明し、今後はフランクフルトでのプレーに専念する決断を下した。しかし、クラブでの新シーズンになかなか気持ちを切り替えることができなかったようだ。

    「大きな大会の後、すぐにモチベーションを上げるのは難しかったです。燃え尽きた感覚があり、フレッシュさを欠いていました。昨シーズンはポカールを優勝し、少しばかり自己満足していた部分もあったと思います。なので最初の1~2カ月は身体に限らずメンタルも難しかったです。ですが、今はまたフレッシュな気分になり、ハングリー精神も取り戻しました」

    クラブに戻った長谷部は、バイエルン・ミュンヘンとのスーパーカップ戦やDFBポカール1回戦のウルム戦にはそれぞれフル出場。だがブンデスリーガ開幕節フライブルク戦はコンディション不良で欠場すると第2節ブレーメン戦はベンチ外となり、第3節ボルシア・ドルトムント戦はベンチ入りするも出番が訪れなかった。

    今夏に就任したアディ・ヒュッター新監督は、長谷部の控えメンバーの状況について「たくさん話し、起用しない理由を説明してくれました。そのため、苛立つことはありませんでしたし、納得できていました」とコメント。オーストリア人指揮官とバイエルンへと向かったニコ・コバチ前監督の違いについては「もちろん2人とも素晴らしい監督です!違いと言えばコバチの下での練習はより激しかったところですかね。その分、ヒュッタ―は選手たちとコミュニケーションを取ることがより多いかと」と続けた。

    9月20日に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦以降の公式戦6試合は連続フル出場を果たし、チームの4勝1分け1敗といった好成績に貢献。徐々に調子を取り戻し、ここ数試合は地元メディアに「欠かせない存在」(『フランクフルター・ルンドシャウ』)と絶賛されるほどの存在感を発揮。「可能な限り長くフランクフルトでプレーすることを望んでいます」と語り、来夏に満了となるクラブとの現行契約を延長する考えも示唆する一方で、現役キャリア後についても触れた。

    「今はプレーすることしか考えてませんし、それに集中したいと思っています。それからはドイツで指導者ライセンスを取ることも考えられます。ドイツでのその教育は素晴らしいと聞いていますので、ドイツで学ぶことを目指します」

    10/12(金) 6:33配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000025-goal-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2018/10/12(金)07:11:59.53 ID: 7eoDaAGI0.net






    GKは権田を起用か? 
    初陣となった9月11日のコスタリカ戦に快勝した森保ジャパンは、10月12日に新潟のビッグスワンスタジアムでパナマと対戦する。 
      
    試合前日と前々日のトレーニングは冒頭15分のみの公開で、その後は報道陣をシャットアウト。綿密な戦術練習を行なったようだ。 
      
    初招集となった原口元気は森保監督の練習メニューを浦和時代の恩師の名前を出しながら「ミシャ(ペトロヴィッチ/現札幌監督)の時と似ている」と話しており、 
    具体的には攻撃のスイッチの入れ方、細かなポジションニングなどを確認したという。 
      
    さて気になるパナマ戦のシステムだが、今回は先のコスタリカ戦の良い流れを継続する意味でも同様の4-4-2と予想した。 
    森保監督の代名詞と言える3-4-2-1は試合途中、もしくは16日に埼玉スタジアム2002で予定されているウルグアイ戦でテストするのではないか。 
      
    森保監督は「柔軟に戦うことが大事。チームとしての引き出しを増やしたい」と口にしており、 
    対戦相手によってシステムを使い分ける意向を示している。 
    もっとも、コスタリカ戦で4-4-2を採用した意図を「ワールドカップで西野(朗)監督から本当に多くのことを学ばせて頂いて、 
    それをこの先につなげていくという意味でトライしました」とも説明しており、 
    西野体制からの上積みを意識したなかで、今後は4バックをメインにチーム作りを進めるのかもしれない。 
      
    そのなかでスタメンには数人の若手とコスタリカ戦で起用できなかった選手を抜擢する可能性がある。 
      
    まずGKは東口順昭が序列の一番手であることに変わりはないが、 
    「怪我がなければフィールドプレーヤー20人とGK3人を招集しているなかで、2試合でより多くの選手を試すことを考えています」との指揮官の言葉から察するに、 
    パナマ戦では権田修一かシュミット・ダニエルのどちらかにゴールマウスを任せるのではないか。 
      
    特に鳥栖の権田はチームこそ下位に沈むが、28節の札幌戦では相手FWジェイのPKをストップするなどまずまずのパフォーマンスを見せている。それだけに試す価値は十分にある。 

    10/12(金) 5:30配信 サッカーダイジェスト 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181012-00048455-sdigestw-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2018/10/11(木)22:16:44.52 ID: GBEUF/ST0.net

    225635hp2



    日本代表の森保一監督が11日、翌日に控えたパナマ代表戦に向けた前日会見に出席。 
    キャプテンに吉田麻也を任命したことを明かした。 

    9月シリーズは、サンフレッチェ広島時代に指導した青山敏弘を主将に任命していたが、今回はロシアW杯以来の代表選出となった吉田麻也を抜擢。 
    吉田について指揮官は「彼はご存知のとおり、日本代表の中でトップクラスの経験の持ち主。 
    世界でもトップリーグで戦っている」とし、「自分自身が向上心を持ってピッチ内で全力を尽くすこと、 
    チームの中でチームを機能させる中で周りとのコミュニケーションを取りながらやっているというのを見て、決めました」と任命の理由を説明した。 

    パナマ戦に向けては「相手がどういう戦いを仕掛けてきても我々がそれに対応していくということ、 
    変化に柔軟に臨機応変に戦えるというバランスもありますし、優勢の時、劣勢の時という自分たちが思い描いたことができればそこはベスト」と答え、 
    「できない時にもいろんなバランス感覚を持ってやってほしいという意味でも、バランスという言葉は入れていると理解してもらえたらありがたい。 
    ただ基本的に攻守のバランスを考えています」と、攻守においてバランスを重視したチーム作りを行っていくことを明かした。 

    ロシア組が帰ってきたことで「チームとして代表がこれまで戦ってきた経験を伝え合ってるなという手ごたえを持っている」と手応えを明かした森保監督。 
    「選手たちは意図を汲み取ってベストを尽くしてくれているので成果は上がっていると思うし、 
    コミュニケーションの部分でもピッチ内で1つの現象に対してお互いの意見を出してすり合わせている場面が多くみられるので、 
    チームとしての融合は確実にできてると思います」と自信をのぞかせていた。 

    日本代表は12日に新潟のデンカビッグスワンスタジアムでパナマ代表と対戦し、16日に埼玉スタジアム2002でウルグアイ代表と激突する。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00010001-goal-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2018/10/09(火)22:22:55.55 ID: nH40EFTad.net



    日本代表は9日、国際親善試合パナマ戦(12日/デンカビッグスワンスタジアム)に向けて新潟市内で合宿2日目を終えた。この日から合流したDF長友佑都(ガラタサライ)はトレーニング後に自身の公式ツイッターとインスタグラムを更新。 
    代表のバス内7ショットを公開すると、かつて“カズ”ことFW三浦知良が鎮座してキングシートと称されたバス左最後尾とは逆サイドに陣取り、「キングゴリラシートに座るのは俺だ」と主張している。 




    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00140158-soccermzw-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ