サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 日本代表

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/12(火) 06:55:50.97 ID:0biEU1wq9
    日本代表は11日、キルギスの首都ビシュケクで合宿初日の練習を行なった。

    今季のJ1リーグ戦で日本人選手としては2位タイの12得点を挙げているFW鈴木武蔵は、北海道コンサドーレ札幌でつかんだ自信とともに日本代表にやってきた。

    10月に引き続き、今回もFW大迫勇也が不在。これまで前線で圧倒的な存在感を発揮してきたストライカーはいないが、逆にその地位を奪ってやろうとアピールに燃えるFWたちは多くいる。その1人が鈴木だ。

    「もちろん競争の中に加わって自分をアピールしたい思いはありますし、競争があるということは、やっぱり選手としてさらに成長できる場所でもあると思う。
    またチームとは違った立ち位置になるので、そこはどんどん自分を出して、自分の特徴を忘れずに、そこで勝負していきたいと思います」

    先月のモンゴル戦やタジキスタン戦ではFW永井謙佑やMF鎌田大地が1トップで起用され、それぞれ結果も残した。
    「大迫選手には大迫選手の良さがあり、永井選手も永井選手の良さがあるし、そこは忘れちゃいけないなと、この間の試合見て思いました。
    自分ももっと成長が必要だけど、自分らしさは忘れずに成長できたら一番いい」と鈴木は語る。

    今季はV・ファーレン長崎からコンサドーレへ移籍し、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の指導を受けてひと回りもふた回りもスケールの大きなストライカーへと進化を遂げた。
    北の大地で学んだことや、結果を残したことによる自信は鈴木の大きな力の源になっている。

    「クラブでいいサッカーができているのは自信になりますし、自分のサッカー観とミシャさん(ペトロヴィッチ監督)の考えがクラブの中ではうまくリンクできているので、
    そのうまくいっている部分を代表でも出せるというのが一番必要だと思う。普段の練習でやっていること、
    普段の試合でやっていることをしっかり出していく、代表に来たから別の自分になるのではなく、いつも通りの自分でやっていきたいです」

    ペトロヴィッチ監督に教わった、考えて動くプレー、常に先を予測して動き出してシュートまで持ち込むタイミングの取り方といったものを日本代表でも発揮し、チームを勝利に導けるか。
    キルギス戦と19日のベネズエラ戦でゴールという結果を出し、自らの実力を証明して1トップ争いに生き残っていきたいところだ

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00347292-footballc-socc
    11/12(火) 6:30配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j1/
    得点ランキング

    https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/285000/284883/news_284883_1.jpg

    フリガナスズキ ムサシ
    背番号9
    身長/体重185cm/74kg
    生年月日1994年2月11日
    出身地ジャマイカ
    血液型B
    所属チーム名韮川西小サッカースポーツ少年団-FCおおたJrユース-桐生第一高-アルビレックス新潟-水戸ホーリーホック-アルビレックス新潟-松本山雅FC-アルビレックス新潟-V・ファーレン長崎


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/07(木) 00:02:57.41 ID:iBvuiFTp9
    日本サッカー協会(JFA)は6日、日本代表の新ユニホーム発表会見を行った。

     オフィシャルサプライヤーである「アディダスジャパン株式会社」の担当者は、今回のコンセプトを「日本晴れ」と発表。ユニフォームの前面には「それぞれの地点の人々が見てきた空が一つになっていくさま」が、後面には「一つになった空が向かっていく最高の青空」が表現されているという。

    【写真】日本代表新ユニホーム、背中側はこんな感じ
    no title


    no title


     ベースとなる色は「鮮やかな明るいスカイブルー」を使用し、前面には「5色の濃度が違う青を空に見立て、それらを折り重ねた“スカイコラージュ”というグラフィックが表現されている」と説明した。

     日本代表の新ユニホームをめぐっては先日、一部の報道期間により“迷彩柄ユニホーム”の画像がリークされ話題に。この報道に対しアディダスジャパンは「当社の発表に基づくものではございません」と否定していた。さらに10月30日には公式ツイッターで「日本のすべてのサッカーファンへ。サッカー日本代表2020ユニホームが11月6日に解禁。みんなが見上げる空はひとつだ」と投稿。今回のテーマは“空”ということを匂わせる言葉とともに、公式ホームページでは発表会見までカウントダウンがスタート。曇ひとつない青空や青空をバックに流れる雲をイメージした特別ページが登場した。

     ネット上では、“空”と“雲”を連想させるものだったことに対し不安の声が続出していたが、今回の発表後も「前のやつがいい」「なんでこんな酷いデザインにできるんだろ」「サッカー好きとしては残念」といった書き込みが。一方で「ガチでかっこいい」「見慣れるとカッコいい」と絶賛するコメントも挙がっていた。

    11/6(水) 16:18配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000159-spnannex-socc


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    394: U-名無しさん (ワッチョイ 3a74-RvNk [61.113.209.109]) 2019/11/06(水) 17:05:41.20 ID:NPAO3lso0
    no title



    すげええ

    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    66名無しさん@恐縮です : 2019/11/06(水)16:32:57 ID: UISOYofm0.net

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/06(水) 14:20:51.91 ID:SqtDEYMx0
    日本代表は11月19日にベネズエラ代表(パナソニックスタジアム吹田)と対戦する。森保一監督が選んだメンバーは以下の通り。

    ▽GK
    川島永嗣(ストラスブール/フランス)
    権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    中村航輔(柏レイソル)

    ▽DF
    佐々木翔(サンフレッチェ広島)
    車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
    室屋成(FC東京)
    植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
    三浦弦太(ガンバ大阪)
    畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
    進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)
    荒木隼人(サンフレッチェ広島)

    ▽MF
    山口蛍(ヴィッセル神戸)
    原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
    大島僚太(川崎フロンターレ)
    橋本拳人(FC東京)
    中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
    浅野拓磨(パルチザン/セルビア)
    古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
    井手口陽介(ガンバ大阪)

    ▽FW
    鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
    永井謙佑(FC東京)
    オナイウ阿道(大分トリニータ


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/06(水) 06:28:57.70 ID:5m9IaJcW9
    東京オリンピック(五輪)世代U-22日本代表が“ガチ”メンバーをそろえた。森保一監督(51)は5日、都内のJFAハウスで、国際親善試合U-22コロンビア代表戦(17日、Eスタ)の招集メンバーを発表。MF久保建英(18=マジョルカ)、MF堂安律(21=PSV)らを五輪世代の活動に集中させ、W杯アジア2次予選キルギス戦(14日、アウェー)に臨むA代表には招集しないことを明言した。

       ◇   ◇   ◇

    U-22日本代表が初めてのベストメンバーで戦う。初の国内親善試合に向けてMF久保、MF堂安、DF板倉らのA代表組や、今夏欧州に渡り活躍中のMF食野、MF菅原ら新鋭を招集。森保監督、関塚技術委員長ともに、この22人を「現時点でのベストメンバー」と言い切った。

    11月の国際Aマッチ期間で日本は、14日にA代表のW杯アジア2次予選キルギス戦(アウェー)、17日にU-22代表の国際親善試合コロンビア戦(Eスタ)、そして19日にA代表の国際親善試合ベネズエラ戦(パナスタ)と3試合を戦う。森保監督は14日のキルギス戦を終えて帰国し、16日の前日練習からU-22代表の活動に合流予定。久保らも同様のスケジュールで動くものと考えられていたが、指揮官は五輪世代の活動に専念させることを選んだ。

    A代表のW杯予選で多忙を極めた森保監督にとっては、久しぶりのU-22代表活動となる。横内コーチが監督代行を務めたチームはその間、10月に敵地で同ブラジル代表を撃破するなど、着実に力を付けている。森保監督は「これまでやってきたことの成果が表れ、世界のどの相手とも台頭以上に戦えることを見せてくれている。久しぶりに選手、スタッフと戦えること、成長を見られることを心待ちにしています」と胸を弾ませる。

    東京五輪のメンバーは、オーバーエージ枠を含めてたった18人。久保や堂安らを迎えたU-22代表では、ここから激しいポジション争いが繰り広げられる。オーバーエージ枠の使用有無について問われた指揮官は、「東京五輪で金メダルを取るために最強のメンバーを招集したい」と話した。金メダルへの道は、広島からスタートする。【杉山理紗】

    11/5(火) 20:17配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11050848-nksports-socc

    写真no title


    【サッカー】<森保監督>東京五輪でのOA枠は「まだ決めていない」「東京五輪で金メダルを獲るために最強メンバーを招集したい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572950537/


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999




    続きを読む

    638: U-名無しさん (ワッチョイ ba25-qV4/ [123.217.179.155]) 2019/11/05(火) 17:06:06.93 ID:Pf8IOTIH0

    cb8ff29c-s


    ■スタッフ 
    ▽監督 
    森保一 
    ▽コーチ 
    横内昭展 
    和田一郎 
    ▽GKコーチ 
    川口能活 
    ▽フィジカルコーチ 
    中馬健太郎 

    ■選手 
    ▽GK 
    大迫敬介(広島) 
    谷晃生(G大阪) 

    ▽DF 
    板倉滉(フローニンゲン) 
    渡辺剛(FC東京) 
    岩田智輝(大分) 
    町田浩樹(鹿島) 
    立田悠悟(清水) 
    原輝綺(鳥栖) 

    ▽MF 
    中山雄太(ズウォレ) 
    三好康児(アントワープ) 
    田中駿汰(大阪体育大) 
    遠藤渓太(横浜FM) 
    堂安律(PSV) 
    食野亮太郎(ハーツ) 
    菅大輝(札幌) 
    田中碧(川崎F) 
    橋岡大樹(浦和) 
    菅原由勢(AZ) 
    久保建英(マジョルカ) 

    ▽FW 
    小川航基(水戸) 
    前田大然(マリティモ) 
    上田綺世(鹿島) 

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?289529-289529-fl
    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/03(日) 22:10:46.29 ID:mi1ORqs29
    セネガル戦で途中出場のエース西川が決勝弾

     U-17ワールドカップ(W杯)がブラジルで開催され、日本代表は現地時間2日に第3戦セネガル戦で1-0の勝利を収め、グループ首位通過を決めた。

     第2戦アメリカ戦(0-0)から先発5人を入れ替え、後半途中出場した来季セレッソ大阪加入が内定しているFW西川潤(桐光学園)が決勝弾をマーク。アフリカの強豪を下し、スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」は「アフリカ人を驚かせた」と伝えている。

     森山佳郎監督率いる日本は、“死の組”と言われる厳しいD組で奮闘。初戦は欧州予選を制覇した優勝候補のオランダを来季湘南ベルマーレ加入が内定しているFW若月大和(桐生第一高)が2得点、エースの背番号10西川が1ゴール2アシストして3-0で撃破した。第2戦のアメリカ戦は0-0のドロー。セネガル戦開始前に他グループの結果から決勝トーナメント進出が決まっていた日本は、勝ち点4の2位で首位突破をかけてこの日の一戦を迎えた。

     先発5人を変更し、今大会で躍動している若月、西川の2トップコンビはベンチスタート。一進一退のゲーム展開で互いに好機を演出しながらも決め切れず。後半途中から西川、若月が途中出場してから、決定機を連続して作り出した。すると後半38分、左サイドでDFラインの裏に抜け出した西川が、得意の左足でニアサイドに決めて先制。エースが勝利へと導いた。

     スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」は「試合終了まであと7分、日本はアフリカ人を驚かせ、首位通過を奪った」と、最後に見せた森山ジャパンの“意地”に衝撃を受けたようだ。

     これで日本代表は、A代表の中心となる南野拓実(ザルツブルク)や中島翔哉(ポルト)が出場した11年メキシコ大会(ベスト8)、東京五輪世代の中心MF三好康児(アントワープ)が参加した13年UAE大会(ベスト16)、MF久保建英(マジョルカ)が臨んだ17年インド大会と出場した4大会連続でグループリーグを突破が決定。“死の組”を無敗、無失点の2勝1分で通過した森山ジャパンは最高成績の8強超えを目指して突き進んでいく。(Football ZONE web編集部)

    2019年11月3日 15時45分 フットボールゾーン
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17328176/

    写真
    no title


    動画https://www.football-zone.net/archives/226950/2


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/03(日) 11:28:12.80 ID:KE7Pfr5Ja
    EIaXkknWoAA5Evt


    欧州王者オランダに続きアメリカをボコったセネガルにもクリーンシートで勝った模様


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ