サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ワールドカップ

    18256400



    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 11:20:52.61 ID:???0.net
    (一部抜粋)
    ■大久保、ゴールに対する欲望むき出し

    香川が好調な時はアプローチしてくる相手の逆、逆を取るトラップにさえがある。
    C大阪の後輩、清武(ニュルンベルク)が「うまいなあと思う。ファーストトラップの置き所、
    相手に簡単に体を寄せられないところが」と賛嘆する技術。
    ザンビア戦の同点ゴールもシュートに持っていく前のトラップで完全にマーカーを置き去りにした。
    そこで作ったアドバンテージがシュートまで持っていく時間を作った。
    もっとも、本人に言わせれば同点弾になったのはシュートではなく、クロスのつもりで中に入れたらしいのだが。
    ともあれ、今の香川には、W杯本番でも相当やってくれそうな匂いがする。
    その香川に負けないくらいのゴール臭を放っているのが昨季Jリーグ得点王の大久保(川崎)である。
    ゴールに対する欲望がむき出しになっていて、見ているこちらまで奮い立たせてくれる。
    先述した香川のザンビア戦のクロスを得点に変えたのは、パスに合わせてゴール前に飛び込んだ大久保の動きにGKが幻惑されたからだった。

    (中略)
    本田については、セリアAの閉幕の遅さ=チーム合流の遅れ、
    出場機会の少なさなどが複合的に絡まって本調子に程遠い感じだ。
    フロリダ州タンパでの強化試合も本田のところでボールを失う場面が目立った。
    ザンビア戦で2得点して憂いは少し晴れたが、プレーが重いことに今のところ変わりはない。
    周りの選手の信頼は絶大で「全然心配してないっす。ご存じのとおり、彼は持っている男ですから」(長友)と、
    本番にはきっちり合わせてくると思われているが……。
    前回のW杯は大事な場面で2得点してベスト16進出をけん引した本田。
    香川と並んで日本の顔と呼べる選手であり、香川と本田が両輪として駆動することで相乗効果はどんどん膨らむ。
    それはベスト8以上を狙う日本にとって絶対に欠かせないものであるだけに、
    キャンプ最終段階の一挙手一投足から目が離せない。

    http://www.nikkei.com/article/DGXZZO72444610Y4A600C1000000/

    続きを読む

    11102

    相変わらずで安心ですねw怪我だけは気を付けてくださいw

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 11:25:15.87 ID:???0.net
    キャンプ施設に好印象 西川「ネットの接続は米国よりいい」

    日本代表のベースキャンプに備え、宿舎などが大幅に改修されたイトゥの複合スポーツ施設に、
    選手たちは好印象を持ったようだ。西川(浦和)は
    「新築できれいだし、ピッチも目の前。インターネットの接続環境は米国よりいい」と笑顔。
    大久保(川崎)は部屋に備え付けられたバスタブの操作にてこずったようで「俺の部屋だけ大洪水になった」。
    それでも「きれいで住みやすい」と9日に迎える32歳の誕生日を過ごす施設に満足した様子だった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140609-00000510-san-socc

    続きを読む


    South-Korea-Greece-world-cup-GroupB-20100612



    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 00:52:29.99 ID:???0.net
    2014年6月6日、韓国紙・中央日報によると、サッカー韓国代表の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は5日、合宿を行っている米マイアミで記者会見し、
    サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会グループHの対戦国が積極的に韓国の戦力を分析していないことに対し、
    「無視されるのはかえって良いことだ」と発言した。中国新聞社が伝えた。
    洪監督は相手国が韓国の戦力分析に積極的でないことを受け、「戦略的には有利」としながらも、
    「このように無視するべきではない」と語った。今大会の目標については、
    「われわれの最大の目標はやはりグループリーグ突破。その後はグループの組み合わせ次第でどんなことも起こり得る」と述べた。
    ベスト16進出を決定する鍵は18日にブラジルのクイアバで行われるロシアとの初戦だ。
    洪監督は、「ロシアは中央に3人のMFを置き、強い圧力をかけてくる。ロシアはMFと中央DFの能力が優れているため、
    フィールド中央での攻撃は簡単ではない」とし、サイド攻撃を中心とした戦略をほのめかした。
    5日に発表された国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで、韓国は57位とグループHで最下位。
    洪監督はチームのコンディションについて、「今は白い画用紙の上に韓国代表のチームカラーである赤を塗っている状態。
    ブラジルでの試合までには真っ赤にし、十分な実力を備えたチームとなっているだろう」と述べた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8912987/

     

    続きを読む

    843d6366


    1: ね( ゚Д゚)こφ ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 22:31:41.41 ID:???0.net
    サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場するカメルーン代表の選手が、
    同国連盟とW杯出場のボーナスをめぐって論争となり、ブラジル行きの飛行機への搭乗を拒否した。
    フランスのスポーツ紙レキップの電子版が8日、報じた。

     代表チームは大統領が用意したチャーター機で首都ヤウンデから出発する予定だったが、
    ボーナスが希望額に満たない提示だったために乗らなかった。
    カメルーンでは2002年日韓大会前にも同様のもめ事を起こしている。


    そーす
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/08/kiji/K20140608008329830.html

    続きを読む

    2014-06-08-18-09-01
    1: ◆tpCCidmJeSC0 @Whale Osugi ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 17:46:12.41 ID:???0.net
    (ラグズ氏はパリ在住で開発銀行業務に携わる。米国サッカー連盟認定コーチ)
    VITOMIR MILES RAGUZ 2014 年 6 月 8 日 11:40 JST http://on.wsj.com/1mqDDMd
    http://si.wsj.net/public/resources/images/BN-DD049_raguz_G_20140606115506.jpg
     2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)が12日(訳注:日本時間13日)、ブラジルで開幕する。
    ゴールドマン・サックスのアナリストを含め、多くの専門家がブラジルなど南米勢の優勝を予想している。
    まあ、そう早まらないでほしい。革新的なサッカーをする欧州勢が3連覇を果たしてもおかしくない。

     サッカーというスポーツはこれまで視野が限られたものだった。
    過去の選手の多く――労働者階級出身で、のちにマネジャーとしてキャリアを積んでいく――は、控えめに言っても、向学心にあふれてはいなかった。
    日々の試合の解説やスーパースターの伝記を除いて、近年までサッカーに関する著作物はほとんどなかった。
    そんなわけで、サッカーは数十年間、世界のほとんどの地域では進化することはなく、イノベーションが起きても歓迎されないことが多かった。

     しかし、1970年以降、欧州サッカーはそれまでとは異なる道を歩んでいる。
    オランダの選手で監督も務めた故リヌス・ミケルス氏の「トータルフットボール」について考えてみよう。
    ミケルス氏は1970年代に、選手が通常のポジションのエリア外に出て、グランドを走り回る動きなどを重視した。
    その後、ドイツ人が体力に注目して試合運びをさらに進化させた。1970年代後半にブランコ・ゼベッチ氏が監督を務めたハンブルガーSVなどが良い例だ。
    ハンブルガーでは、選手は練習でも全力で走らなければならず、選手が抵抗することもあった。

     その次に登場したのがアヤックス・アムステルダムを率いたヨハン・クライフ氏のパスサッカーだ。
    パスサッカーが進化したのはクライフ氏が1988年にバルセロナに移ったときだった。パスの距離はさらに短くなり、選手らはサポートの密度を上げ、
    空いたスペースに出ていったりする。
    (中略)選手が三角形を作ってワンタッチでパスを回してゴール近くにボールをキープするという、直観とは相いれない守備的な戦術だ。

     このように画期的な戦術が積み重なり現在の高速で力強い攻撃的なサッカーが生まれた。その中心は短いパスと速攻、高い持久力だ。
    10年前、欧州サッカーはさらに一歩前進した。試合のあらゆる場面に数学と科学が応用され始めたのだ。
    (中略)
     現在、欧州の有力クラブのスタッフにはコーチと同じ数の科学者がいる。
    ドイツのFCケルンなど、コーチよりもアナリストのほうが圧倒的に多いクラブもある。
    (中略)
     科学者たちは調整や食事、移籍、選手選び、試合の計画作りを含めたトレーニングや管理に大きな発言権を持つ。最終的な決定権を持つことさえある。
    サッカーのデータを提供する業者は数多くあり、オプタやプロゾーンといった企業は金融業界にとってのダウ・ジョーンズのごとく、
    サッカーのプロに情報サービスを提供している。

     こうした進歩は偶然の産物ではない。クーパー、シマンスキー両氏によると、欧州が単一の市場に統合され、戦後、欧州がアイデアや人、モノ、
    資本の移動の自由を推し進めたことが始まりだという。
    以下略

    続きを読む


    418662_heroa

    嘘だろ・・、ロイスまで怪我だなんて。。。
    これはショックすぎる、ロイスはドイツで一番好きなプレイヤーで今大会Wカップでかなり
    みたい選手だったのに。。。。
    まさかガーナの呪術師じゃないよな。
    これでロナウドも出れなかったら本当にひどい。


    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 19:31:16.38 ID:???0.net
    サッカードイツ代表のマルコ・ロイス(Marco Reus)が足首の靱帯(じんたい)を部分断裂し
    W杯ブラジル大会(2014 World Cup)を欠場する見込みとなった。

    ?25歳のロイスは、6-1でドイツが勝利した6日のアルメニア戦でハーフタイムを前に左足首をひねって病院に搬送され
    検査でけがの状態が明らかとなった。

    ?ドイツサッカー連盟(German Football Federation、DFB)は、7日の現地時間午後10時にフランクフルト(Frankfurt)から
    キャンプ地ポルト・セグーロ(Porto Seguro)に向かうチームにロイスが帯同するか否かの決定がじきに下されると発表している。

    ?所属するボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)で好調を維持していたロイスは
    ドイツ代表として21試合に出場して7得点を決めており、ヨアヒム・レーブ(Joachim Loew)監督の攻撃的な
    サッカーの中心的な役割を担っていた。

    ?ドイツ代表の主将フィリップ・ラーム(Philipp Lahm)は、診察結果が出る前の段階で
    「マルコはずっと好調だったので、けがの状態が悪ければ大きな打撃になる」と語っていた。

    ?ドイツは、16日にグループGの初戦でポルトガルと対戦し、その後ガーナ、米国との試合を控えている。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3017036?ctm_campaign=photo_topics

     

    続きを読む

    2014-05-22-09-29-22

    これまたショックな情報です。
    リベリが抜けたフランスは魅力半減ですね。
    今大会は呪われているのか・・・。
    これでファンペルシーやCロナウドまで出れなかったら最悪です。。。



     続きを読む

    yayatore

    ファルカオに続きトゥーレも怪我とか・・、嘘か誠かわかりませんが
    彼いないとだいぶ楽になります。
    まぁファルカオもトゥーレもWカップみたい選手なのですが日本戦では出ないでほしいですね。

    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 19:49:42.29 ID:???0.net
     コートジボワール代表は左太腿裏の肉離れからの復帰を目指しているMFヤヤ・トゥーレが、
    ぶっつけ本番で日本戦を迎えることが決定した。

     ラムーシ監督が「状態が心配。リスクがある」と欠場を示唆していた中、ベンチ入りするもスパイクを
    履かないまま出番なしに終わり、この日も無言を貫いた。チームはブラジルで練習試合の予定がなく、
    実戦復帰しないままW杯本番を迎えることが確定。指揮官はこの日も「まだケガから復帰したばかり」
    と慎重で回復が遅れれば日本戦を欠場する可能性も出てきた。
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/06/kiji/K20140606008308820.html


     

    続きを読む

    2014-06-06-09-35-52
    1: ブリーフ仮面(第四十一期次席卒業生)φ ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 02:03:06.57 ID:???0.net
    「日本がサプライズになることもある」 ドイツの重鎮、マテウス氏インタビュー

    (前略)

    ◆これまでのW杯で日本は経験を欠いていた

    ――どんな大会になると予想しますか? ブラジルには行かれますか?

    行く予定だし、少し混沌とした大会になると予想している。ヨーロッパで行われる
    場合と、組織づくりを比べてはいけない。この数カ月で2度ブラジルに行ったが、
    ドイツでは慣れていないものに対して、自身をアレンジしていく必要があるね。
    路上では特にそうだし、言葉の問題もそうだ。南アフリカの方が、その点では楽だった。
    コンフェデレーションズカップでは、ブラジルの様変わりに対するデモを目にした。
    もっとずっと大事なことがリストに載っているというのに、W杯へあまりの大金が
    投じられていることに多くの人が怒っている。選手だけではなく、ファンも対処を
    強いられる未知の問題が出てくるだろう。交通と運営という点で、問題が
    出てくるはずだ。マラカナンスタジアムに行ったが、人々は正しい入り口を教えるのに
    苦労していた。ドイツのスタンダードと比較して、よく準備ができていなかったんだよ。

    ――ベルギーは今大会のダークホースとして名前が挙げられています。日本を挙げる人もいます。サムライブルー(日本)がサプライズを起こすことはあると思いますか?

    全体的に見て、非常にバランスが取れた大会になると思う。行方を分けるのは
    ディテールだ。日本はドイツとイングランドでプレーする多くの選手たちから
    恩恵を受けている。その選手たちはそうすることで、多くを学んでいる。
    彼らは毎日世界最高の存在に触れ、それが日本代表の利点になっている。
    日本は予選突破を経験した。野心を持ち、素早い好選手を擁しているが、
    これまでのW杯では経験というものが欠けていた。今回は世界最高のリーグで
    プレーする選手を多く擁してやって来る。もちろん、日本はアジアのチームとして
    次の段階へとたどり着けるだろうが、世界王者にはならないだろう。そこについては、
    現実的にならなければならない。だが、彼らの大いなる進歩には敬意を
    示さなければいけない。数年前(11年)にドイツで世界チャンピオンになった
    女子代表チームについても同様だ。サッカーは日本でも人気で、
    彼らは野心にあふれている。サプライズになることもあるだろう。

    ――どこがサプライズになりそうですか?

    ベルギーの名前が挙げられているね。全般的に、得点が多く生まれるとは
    予想していない。出場チームはよく準備をしてくるし、20~30年前より
    フィジカル面も成長している。優勝候補と言われるチームも、目標にたどり着くまで
    苦労するはずだ。例えば、ドイツとの親善試合で、チリの強さを目にしたことだろう(1-0)。
    レーブのチームが勝てたのは、とてもラッキーだった。南米のチームは概して、
    ホームアドバンテージの恩恵を受けることになる。チリやウルグアイ、
    エクアドル、コロンビアとの対戦は、厳しい試合になるだろう。(翻訳:杉山孝)
    .
    ■ダビド・ニーンハウス & フランソワ・デュシャト
    フランソワ・デュシャト 1986年生まれ。世界最大級のサッカーサイト「Goal.com」で
    ドイツ語版の編集長を務め、13年からドイツで有数の発行部数を誇る「WAZ」紙の
    サイト(http://www.derwesten.de/)でドイツ西部のサッカークラブを担当する。
    過去には音楽の取材もしていた。ツイッターアカウントは@Duchateau。
    自身のサイトはwww.francoisduchateau.net。
    ダビド・ニーンハウス 1978年生まれ。20年以上にわたり、ルール地方の
    サッカークラブに焦点を当て、ブンデスリーガの取材を続ける。09年からは
    「WAZ」紙のサイト(http://www.derwesten.de/)で記者を務める。
    ツイッターアカウントは@ruhrpoet。自身のサイトはwww.david-nienhaus.de。

    スポーツナビ 2014/5/30 13:30
    http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201405290012-spnavi
    http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201405290012-spnavi?p=2
    画像:90年のイタリアW杯優勝メンバーのマテウス氏。ブラジル大会のドイツ代表、そして日本代表について語ってもらった
    http://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggzs8cVrNS5ES86e4JrcdbYg---pril-q90-x450-y450/c/sports/text/images/2014/0529/201405290012-spnavi_2014052900054_view.jpg

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ