サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ワールドカップ

    1: ねこ名無し ★^^ 2017/08/11(金) 22:42:23.67 ID:CAP_USER
     11日、FIFA公式サイト『FIFA.com』が韓国代表MFチョン・ウヨンのインタビューを公開した。ヴィッセル神戸で主将を務めたこともあるチョンがワールドカップ(W杯)出場へ意気込みを語っている。

     現在、韓国は2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選グループAで8試合を終えて勝ち点「13」の2位。首位イランは6勝2分けと圧倒的な成績でW杯出場を決め、韓国は勝ち点差「1」で3位のウズベキスタンと激しい2位争いを行っている。

     韓国はW杯に8大会連続出場と、これまでアジアでは安定した成績を残しているが、『FIFA.com』は「韓国の予選突破に黄色信号が灯るのはこれが初のこと」と危険な状況を説明している。

     W杯出場が危ぶまれる韓国代表のチョンはW杯を最も重要な事項と話し、「W杯は子供の時からの夢。もうすぐすべてが決まるが、後悔はしたくない。僕たちはロシアへのチケットを手にできると信じているよ」と語った。

     韓国は次節をここまで無敗のイランとホームで対戦。最終節を、2位を争うウズベキスタンとアウェイで戦うという厳しいスケジュール。

     これについてここまで7試合に出場しているチョンは「正直に言うと、この日程が予選をさらに難しいものにしている。最後の試合をアウェイで戦わなければならないからね」と話し、厳しい日程であるとの考えを明かした。

     しかし同時に「アジアにおいて、韓国はどの国も対戦を恐れるチームという名声を築き上げてきた。どのチームが相手だろうと僕たちがベストだと信じている。自信を持ち続けられれば、この予選を突破できるはずさ」とW杯出場へ自信を覗かせた。

     韓国代表は31日にここまで無敗の首位イラン代表をホームに迎え、9月5日に3位ウズベキスタン代表と直接対決に臨む。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20170811/625432.html

    http://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/08/GettyImages-829454408.jpg
    韓国代表MFチョンが厳しいW杯予選突破に自信 [写真]=Getty Images

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★2017/08/07(月) 17:55:36.29 ID:CAP_USER
    どうなるアジア最終予選

    イングランドのスウォンジーを指揮するポール・クレメント監督が、韓国代表MFキ・ソンヨンの復帰時期について言及している。

    8試合を消化し、4勝1分3敗の勝ち点13。これが2018年ロシアW杯に向けたアジア最終予選を戦う韓国代表の戦績だ。首位イランとは勝ち点差7、そして3位ウズベキスタンには勝ち点差1という薄氷の2位に付けている。

    今やW杯の常連となった韓国代表だが、残り2試合で彼ら2ヶ国と相見えなければならない。8月31日にホームでイランと、そして最終節は9月5日にアウェイでウズベキスタンとの決戦だ。

    ロシアへの切符をかけた最も重要な2試合に向け、同国はこれまで不安定な戦績に終始していたウリ・シュティーリケを更迭。後任としてシン・テヨンを招聘し、万全の体制で決戦に備えるものの、肝心の駒が揃わない事態に直面している。

    膝の手術によりリハビリ生活を続けてきた韓国代表の“心臓”キ・ソンヨンだったが、クレメント監督曰く、その復帰時期は韓国サポーターを大いに悲しませるものとなった。スウォンジー公式サイトが、同監督の次のようなコメントを伝えている。

    「キ・ソンヨンは6月中旬に手術を受け、復帰するまで3ヵ月はかかる。つまり、彼が試合に出場できるようになるのは9月の中旬だ。昨季は終盤に大活躍を見せてくれたし、我々にとってキ・ソンヨンはとても重要なプレイヤーだよ。クオリティーを証明したからね」

    これに伴い、韓国『スポーツソウル』などの複数メディアが、アジア予選における最も重要な局面でのキ・ソンヨン不在を一斉に報じると、

    自国代表チームのロシア行きを望む韓国サポーターもSNS上で「一巻の終わりだ」「代表ではソン・フンミンよりもキ・ソンヨンの方が貢献度が高い」「シュティーリケだろうがシン・テヨンだろうが、もはやゲームオーバーだ」などといった不安の声を噴出。

    やはり中盤で攻守にわたり奮闘できるスウォンジーMFの離脱は大きなダメージだと考えているようだ。

    もちろん日本代表にとっても対岸の火事ではない。グループBで首位を走ってはいるものの、日の丸を勝ち点差1で猛追するサウジアラビアとオーストラリアの存在は脅威そのものだ。泣こうが喚こうが、残り2試合ですべてが決まる。

    長年にわたりアジアサッカー界を牽引してきた日本と韓国が揃って至高の舞台に立てるよう祈りたい。

    https://www.theworldmagazine.jp/20170807/02national_team/174801

    http://www.theworldmagazine.jp/wp-content/uploads/2017/08/c40074c634c1157ff15978d4d8e3b738.jpg
    エースの離脱は大ダメージになるだろう photo/Getty Images

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@2017/07/28(金) 18:51:19.36 ID:CAP_USER9
    モリエンテスが語る「やり直したい」あの一戦。誤審で失ったキャリア最高のゴール【独占インタビュー】
    7/26(水) 10:20配信
    フットボールチャンネル

     レアル・マドリーなど欧州のビッグクラブでプレーし、スペイン代表としても長く活躍したフェルナンド・モリエンテス氏は、現在ラ・リーガのアンバサダーとして世界中を駆け回っている。今回、ラ・リーガと提携したJリーグが主催する「Jリーグワールドチャレンジ」の鹿島アントラーズ対セビージャに合わせて来日した同氏が、試合当日の忙しい合間を縫って独占インタビューに応じてくれた。元スペイン代表が独自の指導者論、そして記憶に刻まれた15年前のあの試合について語る。(取材・文:舩木渉)

    フェルナンド・モリエンテス氏は鹿島対セビージャの試合前にインタビュー取材に応じてくれた【写真:編集部】
    no title


    ーーお忙しい中時間を取っていただきありがとうございます。今日はサッカースクールで地元の子どもたちを指導されたそうですね。いかがでしたか?

     とてもいい経験でした。私もすごく楽しめました。子どもたちに大きなポテンシャルを見出しました。かなり上手な子もいたので、今後が楽しみです。

    ーー先日のセビージャ対セレッソ大阪の試合を見ていて、選手個々の持つ戦術理解度や知識の差が如実に表れていました。その部分がスペインと日本の選手の最も大きな違いだと感じています。スペインでは戦術的な要素をどの年代から指導していくのでしょうか。

     スペインでは育成、下部組織から教育することを非常に重要と考えています。8歳から13歳の頃は、基本的なコーディネーション(様々な動きを習得し、自分の体を自由かつ複雑に動かせるようにすること)だったり、サッカーを楽しみながら教えていきます。13歳か14歳の頃からよりテクニカルになっていきます。より戦術的なことも教えていきますし、ポジションごとのプレーもその年代から教わります。

     15歳から16歳になるとスペインの選手のほとんどは自分のポジションがどういう役割を担わなければいけないのか、自分のチーム内での役割もよく理解していると思います。そして私は小さい頃からフィジカルとメンタルの両方を意識して教えていくことが重要だと考えています。

    ーーモリエンテスさんは5年前のインタビューで「次に来るのはルイス・エンリケだ」と予言されていました。彼はその後、実際にバルセロナに数多くの栄光をもたらしました。5年経って改めて、今注目している若手指導者はいますか?

     ルイス・エンリケ監督はあの頃から才能のある指導者だと思っていました。私は選手から監督になった人の方がいいと思っています。なぜかと言うと、ロッカールームの中で話されることや、選手との関係もよくわかっていますし、スポーツへの理解もあって、技術的な側面の知見も持っているからです。

     そういったことを理解した上で、しっかりとした哲学を持って進むことが重要なので、選手から監督になるルートが一番いいと思っています。今はU-21スペイン代表のアルベルト・セラーデス監督(現役時代はバルセロナやレアル・マドリーなどで活躍、監督として2017年のU-21 EURO準優勝)と、U-17スペイン代表のサンティ・デニア監督(現役時代はアトレティコ・マドリーなどで活躍、監督として2017年のU-17 EURO制覇)に注目しています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010000-footballc-socc&p=1

    続きを読む

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/06/23(金) 09:47:57.33 ID:CAP_USER9

    スペインのメディアやファンは、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で受けた判定を今も忘れられないようだ。大きな騒動を生んだ試合から15年の節目を振り返っている。

     22日付のスペイン紙『マルカ』電子版は、「W杯を盗まれてから15年?」というタイトルで当時の動画を紹介。ちょうど15年前の2002年6月22日に行われたW杯準々決勝の韓国戦の様子を、「スペインは審判の残念な判定により敗れた」というキャプションとともに伝えている。

     共催国のひとつである韓国と対戦したスペインは、120分間を0-0のスコアで終えた末に、PK戦で3-5の敗戦を喫する結果に終わった。だがこの試合では、スペインに対する不利なジャッジが大きな問題となった。スペインの得点が不可解なファウルの判定や、シュートの前のクロスの際にボールがゴールラインを割っていたという判定で取り消されるなどの場面もあった。

     昨年6月にスペイン代表が韓国代表との国際親善試合を行った際にも「復讐」と報じられるなど、スペイン側の恨みは今でも根強い。その後、2010年W杯で悲願の初優勝を飾るなど黄金時代も過ごしたスペインだが、当時の悔しさは晴れないようだ。

    写真
    no title


    2017年6月23日 7時41分 フットボールチャンネル
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13240540/

    続きを読む

    1: ranran roo ★2017/06/18(日) 06:16:32.31 ID:CAP_USER9
    fda1cbdd-1e51-4e1d-9d5b-bf6ee67c41a5


     【サンクトペテルブルク共同】サッカーの各大陸王者などが出場するコンフェデレーションズカップは17日、ロシアのサンクトペテルブルクで開幕し、1次リーグA組で開催国ロシアは2-0でニュージーランドを下して白星発進した。前半31分にオウンゴールで先制し、後半24分にエースFWスモロフが加点した。

     コンフェデ杯は1年後のワールドカップ(W杯)ロシア大会のプレ大会としてモスクワ、ソチ、カザニを合わせた4都市を舞台に7月2日まで開催される。

    続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2017/06/18(日) 08:32:28.64 ID:CAP_USER
    韓国サッカー協会は15日、ドイツ人の韓国代表ウリ・シュティーリケ監督(62)を解任した。9大会連続出場を狙うロシアW杯アジア最終予選で、13日にカタールに2-3で敗戦。A組2位こそ守ったものの、残り2試合で3位ウズベキスタンとの勝ち点差は「1」と厳しい立場に立たされることになったためだ。

     同監督は現役時代はレアルマドリードなどで活躍し、2014年9月に韓国代表監督に就任。15年1月のアジアカップでは決勝に進出したが、最近は韓国内では「使えないドイツ人監督」などと酷評されていた。

     後任は韓国紙『朝鮮日報』によると元韓国代表監督のホ・ジョンム韓国プロサッカー連盟副総裁など、韓国人監督が有力視されている。

     もし、韓国が3位に転落し、B組の日本が3位となった場合には、アジア地区プレーオフで「日韓激突」になる。このときはハリルホジッチ監督も日本人監督にすげ替えられている可能性は十分。


    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170617/spo1706170003-n1.html
    2017.6.17
    関連
    【サッカー】韓国サッカー協会、シュティーリケ監督の解任を公式発表…W杯アジア最終予選で望む結果出せず[06/15] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1497510186/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/06/15(木) 15:23:54.14 ID:CAP_USER9
    韓国サッカー協会(KFA)は、韓国代表を率いるウリ・シュティーリケ監督を解任すると発表した。『韓国日報』、『ヨンハプ・ニュース』など各韓国メディアが一斉に報じた。

     現役時代はレアル・マドリーなどで活躍したドイツ人指揮官は、2014年9月に韓国代表の監督に就任。2015年1月のアジアカップでは決勝に進出したが、開催国のオーストラリアに敗れて優勝を逃している。

     ロシアW杯アジア最終予選のグループAでは本大会出場圏内の2位につけている韓国だが、3位のウズベキスタンとは勝ち点わずか1差。次戦はW杯出場を決めているイランと対戦し、最終節ではウズベキスタンとアウェイでの直接対決が控えている。

     今予選で苦戦が続いていることで、シュティーリケ監督は強い非難を浴びていた。過去にも国内メディアが解任を強く要求することもあったが、KFAは一貫してシュティーリケ監督を支持してきた。

     しかし、13日にアウェイでカタール代表に敗れたことで、本日15日に緊急会談を開催。その結果、指揮官の解任という決断に至った。

     KFAのイ・ヨンス技術委員長は「シュティーリケ監督が就任して以降、アジアカップやユース、指導者の教育など韓国サッカー発展のために力を尽くしてくれたが、最近の成績不振により双方合意によって契約を打ち切ることを決定した」と述べた。

    6/15(木) 15:10配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00217031-footballc-socc

    写真
    https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2017/06/20170615_stielike_getty.jpg


    【順位表】
    1.☆イラン(20)+8
    2.韓国(13)+1
    3.ウズベキスタン(12)0
    4.シリア(9)-1
    5.カタール(7)-5
    6.中国(6)-4

    AFC
    http://www.the-afc.com/fifa-world-cup-asian-qualifier-match-centre

    ◆今後の日程

    第9節
    8月31日(木)
    シリア vs カタール
    中国 vs ウズベキスタン
    韓国 vs イラン

    第10節
    9月5日(火)
    カタール vs 中国
    イラン vs シリア
    ウズベキスタン vs 韓国

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187170-187170-fl

    【サッカー】<W杯アジア最終予選A組>韓国2 - 3でカタールに敗れる!ロシア行きに暗雲.....中国、AT被弾でシリアと痛恨ドロー ★3
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497414201/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ