サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    1: YG防衛軍 017/02/19(日) 16:42:55.05 ID:CAP_USER9

    Goetze_kagawa_01c

     
    バイエルンで構想外となり、今季からドルトムント(以上ドイツ)に復帰するも輝きを取り戻していないMFマリオ・ゲッツェについて、元ドルトムント指揮官で現在リヴァプール(イングランド)を率いるユルゲン・クロップ監督が獲得に動いているとの噂が浮上した。現地時間18日の英タブロイド紙『デイリー・ミラー』(電子版)が伝えている。

     それによると、クロップ監督はゲッツェとともに仕事をすることを望んでおり、今季終了後の移籍について、話し合いに入っているという。リヴァプールは今季開幕前もゲッツェの獲得に手を挙げていたが、同選手の選択はチャンピオンズリーグ(以下CL)のないシーズンを迎えるリヴァプールではなく、CL出場権のあるドルトムントだった。

     『ミラー』紙によれば、ドルトムントはゲッツェ購入に支払った移籍金2000万ポンド(約28億円)と同額を求めているという。

     なお、同日付の『リヴァプール・エコー』紙(電子版)はクロップ監督が「我々は選手や代理人も含め、様々な人々と話し合いをしている」と語ったと報じた。同監督は「だた、ほとんどまだ何も決まっていない。今はまだそういう段階ではない」と述べているが「最終的には非常に素晴らしい顔ぶれになると思うよ。今も素晴らしいメンバーがいるが、あと数人、優れた選手を加えればさらに良くなる」ともコメント。積極的に補強に動いていることを示唆している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000017-ism-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ  2017/02/19(日) 01:31:40.48 ID:CAP_USER9

    no title

     
    長谷部が痛恨のPK失敗…チームは降格圏インゴルシュタットに黒星で連敗

    長谷部のPK失敗シーン [写真]=Getty Images
    サッカーキング編集部
    サッカー総合情報サイト

     ブンデスリーガ第21節が18日に行われ、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトとインゴルシュタットが対戦した。

     前節、レヴァークーゼンに完敗し、公式戦の連勝が3でストップしたフランクフルト。現在リーグ3位につけているが、首位バイエルン、2位ライプツィヒに食らいついていくために連敗は避けたいところ。降格圏17位のインゴルシュタット戦には、長谷部がリーグ15試合連続となる先発出場。リベロではなく、ボランチとして起用された。

     試合開始から攻勢を仕掛けたのはインゴルシュタット。3分にFKからマシュー・レッキーがヘディングシュートを放つと、10分にはマルクス・ズットナーが左足でミドル。しかしいずれも得点には至らなかった。

     対するフランクフルトは22分、左サイドでFKを獲得すると、長谷部がキッカーを務める。しかしボールはニアサイドでカットされた。

     26分、均衡が破れる。インゴルシュタットは右CKをダリオ・レスカーノが頭ですらすと、ファーサイドへ流れたロマン・ブレジェリーが右足インサイドでミート。ボールはゴール右隅へ突き刺さった。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170219/553478.html

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/02/19(日) 01:22:51.56 ID:CAP_USER9
    第21節 2/18(土)23:30 シグナル・イドゥナ・パーク

    ボルシア・ドルトムント 3-0 VfLヴォルフスブルク

    得点
    O.G.(20分)
    ウカシュ・ピシュチェク(48分)
    ウスマン・デンベレ(59分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929738

    出場選手
    ドルトムント
    ビュルキ;バルトラ、ピシュチェク、ギンター、シュメルツァー、カストロ、ヴァイグル(81分メリノ)、デンベレ(73分香川真司)、ロイス(67分プリシッチ)、P・オバメヤン、シュールレ

    ヴォルフスブルク
    ベナッリョ;ブルーマ、ホルン、R・ロドリゲス、ヴィエイリーニャ(75分ブワシチコフスキ)、ユヌス・マリ、ゲルハルト、ルイス・グスタヴォ、アルノルト、ゼギン(34分ディダヴィ)、M・ゴメス(60分エンテプ)
    http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?bundes1&1617&170217

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2017/02/19(日) 01:28:47.24 ID:CAP_USER9
    第21節 2/18(土)23:30 オリンピアシュタディオン・ベルリン

    ヘルタBSC 1-1 バイエルン・ミュンヘン

    得点
    ヴェダド・イビセヴィッチ(前半21分)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半51分)

    (原口は先発出場し後半49分に交代)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929741

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/

    続きを読む

    1: Egg ★ ©2ch.net 2017/02/18(土) 07:44:09.13 ID:CAP_USER9
    C3RXFJ-UYAAWgan

     
    【スコア】

    アウクスブルク 1ー3 レーバークーゼン

    【得点】

    アウクスブルク:コア(60分)
    レーバークーゼン:ベララビ(23分)、チチャリート(40分、65分)

    【ラインナップ】

    アウクスブルク(4ー1ー4ー1)
    ヒッツ;フェアハーク、ヤンカー、ヒンテレッガー、マックス;バイヤー;タイグル(71分 チ・ドンウォン)、コア(88分 ライトナー)、ク・ジャチョル、宇佐美;ボバディア

    レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
    レノ;ヘンリクス、イェドバイ、ドラゴビッチ、ウェンデル;ベンダー(44分 アランギス)、カンプル;ベララビ、ハベルツ、ブラント(60分 フォラント);チチャリート(67分 バウムガートリンガー)

    ブンデスリーガ公式
    http://www.bundesliga.com/jp/bundesliga/matchday/21-match-fc_augsburg-bayer_04_leverkusen.jsp?statistics

    Summary

    ・ブンデスリーガ第21節初日、アウクスブルク対レーバークーゼン
    ・5万ゴール目を決めたのはレーバークーゼンのベララビ
    ・宇佐美は移籍後初のフル出場、攻撃では持ち味を見せる

    2月17日、ブンデスリーガ第21節初日が開催され、宇佐美貴史が所属するアウクスブルクは本拠地でレーバークーゼンと対戦し、1ー3で敗れた。
    宇佐美は移籍後初のフル出場を果たしているが得点には絡まなかった。また、記念すべきブンデスリーガ5万ゴールはレーバークーゼンのベララビが決めている。

    両チーム最初のチャンスはホームのアウクスブルクだった。6分、ペナルティーエリア右からタイグルが強烈なシュートを放ったが、ボールは枠のわずか左へ流れてしまう。
    レーバークーゼンも7分、ベララビのスルーパスからゴール前に飛びだしたハベルツがGKヒッツと1対1になったが、左足から放たれたシュートはヒッツが右手1本で弾き返している。

    すると23分、中盤でボールを奪ったレーバークーゼンはヘンリクス、ブラント、チチャリートとつなぎ、右のハベルツへ素早く展開。
    そこからの折り返しにベララビが右足で合わせ、アウェーのレーバークーゼンが先制点を奪う。これにより、ブンデスリーガ創設からのゴール数がついに5万に到達した。

    33分、縦パスからペナルティーエリア内にク・ジャチョルが抜け出しGKと1対1の場面を迎えるも、レノに胸で防がれてしまい、アウクスブルクは同点のチャンスを逸する。
    すると40分、右CKのこぼれ球をチチャリートが拾うと、ベララビ、ベンダー、そしてチチャリートへと綺麗なショートパスでつなぎ、冷静にネットへゴール。レーバークーゼンのリードは2点に広がった。

    後半に入ると56分、まずは宇佐美が魅せる。左サイド高い位置でヘンリクスをはずし、中へ低めのセンタリング。こぼれたところをタイグルが拾い、最後はバイヤーがミドルシュートを放つも、左ポストの外側へ流れてしまった。
    その2分後、またしてもアウクスブルクにチャンスが訪れる。裏へのロビングパスにボバディアが抜け出し、GKと1対1となったが、これもレノがファインセーブでゴールを守った。

    そして60分、ボバディアがスルーパスを送ると、左のスペースにク・ジャチョルが抜け出す。グラウンダーの折り返しをコアがダイレクトで流しこみ、アウクスブルクがようやく1点を返した。
    しかし65分、自陣からGKレノが大きく放り込むと、ハベルツが受けて前線に縦パス。ペナルティーエリア内のチチャリートがあっさりと追加点を決め、レーバークーゼンは再びリードを2点とした。

    このまま試合は終了し、アウクスブルクは連敗。一方のレーバークーゼンは約3カ月ぶりの連勝を飾っている。

    ブンデスリーガ公式
    https://goo.gl/A7OmVD

    超WORLDサッカー 3試合ぶり先発の宇佐美、ボールロストから先制点献上でチームもレバークーゼンに完敗《ブンデスリーガ》
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=268174

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/17(金) 18:31:48.25 ID:CAP_USER9
    わずか1年で早くも新天地求める?

    一体彼はどの場所でなら幸福を感じられるのだろうか。
    ドルトムントで決して幸せな日々を過ごしていないドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、世界最強クラブに逆オファーを持ちかけていたようだ。

    8歳の頃から在籍するドルトムントとの復縁は、早くもバッドエンドを迎えてしまうかもしれない。
    昨夏に3年間を過ごしたバイエルン・ミュンヘンを離れ、“最も居心地の良いはず”のクラブへ復帰したゲッツェだが、
    今季のブンデスリーガにおける先発出場はわずかに9だ。かつて世界最高の若手選手ともてはやされた同選手にとって、この数字は心地良いものではないだろう。

    スペイン『Don Balon』によれば、この悩める24歳が導き出した答えこそ「バルセロナへの逆オファー」だという。曰く、
    ゲッツェの代理人は今夏のマーケットにおける電撃移籍をカタルーニャの名門に持ちかけたものの、
    現時点でバルサ側は“無視”しており、この一大プロジェクトは奏功しない可能性が高いと言えるだろう。

    昨夏にはドルトムントの他にユヴェントスやリヴァプールといったビッグクラブがゲッツェ獲得を画策しているとされたが、
    現在の彼にはもはやニーズは無いのだろうか。今後の動向に注目したい。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/17(金) 17:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010019-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/14(火) 19:29:10.61 ID:CAP_USER9

    CRdwdkKUYAAlDcz

     
    欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日(日本時間15日)から、16強による決勝トーナメント1回戦が始まり、MF香川真司(27)のドルトムントは同日に敵地でベンフィカ(ポルトガル)と対戦。現在公式戦4試合連続ベンチスタート、チームも11日のリーグ戦で最下位ダルムシュタットに敗れ、どう立て直すか注目される。

     FW岡崎慎司(30)のレスターは22日(同23日)にセビリアと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-01778712-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/13(月) 10:09:05.35 ID:CAP_USER9

    CzVCI_sUcAEi_hN

     
    12日、ブンデスリーガ第20節で日本代表FW大迫勇也の所属するケルンは、敵地でフライブルクと対戦した。ケルンは[5-4-1]の布陣を試み、大迫は右サイドで先発出場した。

    7位ケルンと8位フライブルクによる一戦。試合の均衡を破るゴールが生まれたのは32分。フライブルクMFヴィンチェンツォ・グリフォが、左サイドからドリブルでカットインしシュートを放つと、ケルンDFに当たって軌道が変化。クロスバーの下部分を叩きながらもボールはゴールラインを割り先制に成功する。グリフォは今季4得点目を決めた。

    追いかけるケルンは33分MFマルコ・ヘーガーがハムストリングを痛め、負傷交代。新加入のクリスティアン・クレメンスがピッチに送り込まれた。ケルンは布陣を[4-4-2]に変更し大迫はボランチの位置にポジションを移す。するとこれが功を奏した。大迫が中盤で抜群のボールキープを発揮し3人を引きつけ、MFヨナス・ヘクターが前線へパスを送り込む。これに抜け出したレオナルド・ビッテンコートが強烈なシュートを放つとGKアレクサンダー・シュヴォロフが一度はブロック。こぼれ球をFWアントニー・モデストが押し込んで同点に追いついた。器用すぎて躊躇いもなくボランチを任された大迫が、モデストのブンデス通算50ゴール目の起点となった。

    堅い守備を見せていたケルンだったが、ペナルティエリア手前でFKを与え、ピンチを招いてしまう。77分、MFグリフォがゴール左隅に狙いすましたシュートを放つ。ケルンGKトーマス・ケスラーが横っ飛びしてボールを受け流すも、FWマクシミリアン・フィリップがゴールを決め、フライブルクが再びリードを広げた。

    試合はそのまま終了。ケルンは一時は追いつくもフライブルクに1-2で敗れた。フライブルクはホームでのケルン戦と得意としており、本拠地シュバルツバルドで公式戦の連勝を5に伸ばした。フル出場した大迫は、ボランチでもFWモデストにパスを供給し良い連携を見せたが、ケルンは鬼門で勝ち点を持ち帰れず、公式戦2連敗となってしまった。

    [スコア]
    フライブルク 2-1 ケルン

    [得点者]
    フライブルク:グリフォ(32)、フィリップ(77)
    ケルン:モデスト(39)

    [メンバー]
    フライブルク:シュヴォロフ、トレジョン、チャーラル、キュブラー、ギュンター、フランツ(→シュスター 68)、ハベラー、フィリップ、ヘフラー、グリフォ(→イグニョフスキ 90)、ニーダーレヒナー(→ペテルゼン 56)

    ケルン:ケスラー、ソーレンセン、マロー、スボティッチ、ハインツ、ビッテンコート(→ツォラー 82)、ヘーガー(→クレメンス 33)、ヘクター、ラウシュ、大迫、モデスト

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929736

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/13(月) 3:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00010002-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/02/13(月) 16:56:33.77 ID:CAP_USER9

    no title


     
    【サッカー情報局】

     サッカー担当記者:ドイツメディアは、日本代表MF香川真司(27)の所属するドルトムントのトーマス・トゥヘル監督(43)の起用法を疑問視していますね。ピッチ外は大揺れですよ。

     デスク:11日のドイツ1部リーグで、最下位ダルムシュタットに敵地で1―2と敗戦。首位バイエルン・ミュンヘンと勝ち点差は15に開いたな。

     記者:もうリーグ優勝は厳しいでしょうね。しかも初先発のMFジェニス・ブルシッチ(18)をはじめ、MFクリスチャン・プリシッチ(18)、FWエムレ・モル(19)と若手メンバーで臨んで負けましたから…。

     デスク:香川も4試合連続のベンチスタートだったな。後半17分から出てきたけど、決定的な仕事はできなかった。試合後に「最下位相手に負けたのは、もったいない」とコメントしているな。

     記者:地元メディアでは、若手起用で結果が出ていないことに加えて、香川やドイツ代表FWマリオ・ゲッツェ(24)、同FWアンドレ・シュールレ(26)といった実力者をベンチに置く指揮官の手腕や戦略を問題にしているんです。

     デスク:2人ともドイツ代表の主力選手だな。ゲッツェはブラジルW杯決勝で劇的なゴールを決めた殊勲者だよな。

     記者:トゥヘル監督は地元メディアに反論し「重要なのはハードワークだ」と…。欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメントも始まりますが、香川の起用法を含めて注目ですね。

    東スポWeb 2/13(月) 16:45配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000034-tospoweb-socc

    【サッカー】<ドルトムントのトゥヘル監督>一体何考えているの!?18歳の超新星をデビューさせ最下位ダルムシュタットに惨敗©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486832895/

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/02/13(月) 21:11:50.18 ID:CAP_USER9

    img_cc3a2b5c5bc2d702d1f1a3842ed9b4a4183023
     
    ブンデスリーガ第20節が10日から12日にかけて各地で行われ、
    日本代表DF酒井高徳の所属する16位ハンブルガーSVは2位ライプツィヒを敵地で3-0と一蹴。
    15位に浮上し、降格圏から脱出した。

     主将としてフル出場した酒井を、地元紙『Hamburger Morgenpost』は 「ほぼ完璧な内容」と称えた。

     同FW大迫勇也所属の7位ケルンは8位フライブルクに1-2で敗れた。
    フル出場の大迫は一時同点となるゴールの起点となったが、地元紙の採点は「3」と伸びなかった。
    (ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

     同MF長谷部誠所属の3位フランクフルトは9位レヴァークーゼンに3-0の完敗を喫し、
    同FW原口元気が所属する6位ヘルタ・ベルリンもDF内田篤人所属の12位シャルケに敵地で0-2と敗戦。
    地元紙からは安定して高い評価を得ていた長谷部も、今回は低評価に終わった。

     唯一の日本人選手対決となったFW武藤嘉紀所属のマインツと
    MF宇佐美貴史所属のアウクスブルクの一戦は2-0でマインツが勝利を収めた。
    武藤は70分から、宇佐美は90分から出場した。

     各選手の採点と寸評は以下の通り。

    ■酒井高徳
    対ライプツィヒ(0-3〇)フル出場
    『Hamburger Morgenpost』
    採点:「3」
    寸評:とてつもない安定感に信頼感。守備はもちろん攻撃でもシンプルにプレー。ほぼ完璧な内容だった。

    ■大迫勇也
    対フライブルク(2-1●)フル出場
    『Koelner Stadt-Anzeiger』
    採点:「3」
    寸評:相手DF3人の間を抜くパスを(ヨナス)ヘクターに通し、ヘクターが同点弾をアシスト。有効なボールを前線に何本も送った。

    『EXPRESS』
    採点:「3」
    寸評:左サイドで先発も、マルコ・ヘーガーの負傷交代によりボランチに。奮闘したが、まだまだできるはずだ。

    ■長谷部誠
    対レヴァークーゼン(3-0●)フル出場
    『Frankfurter Rundschau』
    採点:「So lala(まあまあ/4点相当)」
    寸評:ここ最近の調子を出せず。ボールを敵に渡してしまうことがあまりにも多く、先制点を奪われた場面では上手く防げなかった。それでも必死にプレーする姿勢は出ていた。

    ■原口元気
    対シャルケ(2-0●)先発出場、82分交代
    『Sportal.de』
    採点:「4.5」
    寸評:右ウイングでいい立ち上がりだったが、その勢いは長続きせず。前半はプレーのテンポを上げる動きが1度、13分のシュートチャンスがあったのみ。後ろのペテル・ペカリクと呼吸が合わず、前半はシャルケの(ダニエル)カリジューリに苦戦する場面もあった。54分に警告を受け、82分にベンチに下がった。

    ■武藤嘉紀
    対アウクスブルク(2-0)70分交代出場
    『Allgemeine Zeitung』
    採点:なし
    寸評:ボージャン・クルキッチに代わり出場。攻撃でまずまずの動きをした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00551885-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ