サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    1: 名無しに人種はない@実況OK 2017/12/20(水) 19:34:05.63 ID:hs4gILIB
    Cxo_no2UUAAMBU9



    ザマー
    「我々ブンデスリーガのクラブはヨーロッパリーグで経済面で劣っている相手にまで敗れた。
    残念なことにブンデスリーガは現在ハイレベルなクオリティを欠いている。ブンデスリーガは鏡を見ないといけない。
    お金についての議論を盾にするのではなく、パフォーマンスで対処しなければならないよ」

    クリステンセン
    「プレミアとブンデス?プレミアリーグのほうが守備的によく組織されている。だからこそプレミアリーグでチャンスをつかむのは難しいね。ブンデスリーガはより楽しめるんだ(笑)」

    ペリシッチ
    「ブンデスはセリエと違ってスペースが豊富なのでプレーが簡単だよ」

    レーブ
    「欧州の舞台で6試合を落とすとなれば、それは警告として受け取れるだろう。CLやELですべての試合に敗れたのだから、当然いろいろ考えるべきだと思う。」

    前スレ
    ブンデスリーガの過大評価っぷりは異常 Part19
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/football/1507304632/

    続きを読む

    26: 名無しさん@恐縮です 2017/12/26(火) 12:22:34.94 ID:eFwlUtf50
    DKW2nlSVoAAx3r7


    800万ユーロ出せるクラブってドイツでもそうそうない。ガチなら凄い話。

    続きを読む

    8: 名無しさん@恐縮です 2017/12/21(木) 19:08:29.97 ID:ARq+AIYy0

    【試合スタッツ】 
    香川真司、フル出場:1アシスト 
    シュート数2、アシスト性のパス1、タッチ総数73、対人戦勝率71%、パス成功率87% 
    ttp://kicker.town/bundesliga/2017/12/76780.html
    続きを読む

    541: 名無しさん@恐縮です 2017/12/21(木) 10:23:49.36 ID:Bdf7dgCD0

    img_3d2f285fd1d90df6b26e01c25a0d5536157874

    カントリーランキングの17-18のここまでで16-17から見てみ 
    来年もバイヤン以外がそうこけすると4大+ブンデス他って扱いになるレベル 

    https://kassiesa.home.xs4all.nl/bert/uefa/data/method5/crank2018.html
    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/21(木) 06:32:18.78 ID:CAP_USER9
    DFBポカール3回戦が現地時間12月20日に行われ、ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司がバイエルン・ミュンヘン戦でアシストを記録した。

    先発出場した香川は、0-2とビハインドで迎えた76分、左のエリア付近でボールを受けると切り返しからふわりとしたクロスをファーサイドに供給。これをヤルモレンコが頭で決めている。

    なお、このアシストは香川にとって大会2つ目となっている。


    12/21(木) 6:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000029-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    520: 名無しさん@恐縮です 2017/12/17(日) 07:25:55.39 ID:JnCFFCO60
    no title
    香川の身長が172cmくらいとして 
    チームの周りの選手見てみ 
    180~190cm代の大きい選手達ばかりだろ? 

    香川は、こんな大きい奴らの中で対等に頑張ってると見る? 
    それとも、こんな大きい仲間らに守られてるからノビノビとプレイが出来ると見る? 

    俺は後者だね 
    香川に世界レベルの技術あるのは認めるよ 
    認めるが 
    日本代表にはドルトムントみたいなデカくて屈強な盾がいないよね

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ