サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    8508e039


    ボルシア・ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督は、MF香川真司の復調を長い目で見ている。

    13日に行われるブンデスリーガ第15節ヘルタ・ベルリン戦に向けた会見で、指揮官が香川の調子についての見解を述べた。

    クロップ監督は前節、香川をベンチに置き、MFイルカイ・ギュンドアンをトップ下で起用。
    9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・アンデルレヒト戦では先発に戻り、ゴールに絡んだものの、消極的なプレーという印象が強かったようだ。

    会見で記者に「香川が本来の力を発揮できていないのは、残留争いに向いていないからか」と聞かれると、クロップ監督は次のように返答した。

    「シンジは、ファンタスティックとは言えない状況だったマンチェスター・ユナイテッドからここにきた。ここでは良いスタートを切ったが、
    (チームは)それからわりと早い時期に望ましくない状況となってしまった。そうしたら、みんなと沈んでしまうことだって普通のことだよ」

    「多くのプレーヤーたちはスランプから脱け出し始めている。CLでは前半、シンジは確かにあまり良くなかったが、後半は大きく改善したと思うよ。
    みんな、自信をつけることが大事なんだ。ただ、このような連戦が続く時期では、練習でそうさせるのは難しい」

    指揮官は香川の復調を信じているが、それを急かすつもりはないようだ。

    「シンジは以前と変わらず、並外れの能力を持っている。だが、(ユナイテッドでの)過去2年間や我々のチームの低調ぶりなど、ネガティブな経験を考えると、
    1人の選手が急に完全復活することは考えられない。特に攻撃的な選手は、調子を取り戻すのがDFより難しい。守備ではより簡単に自信をつけることができるからね」

    12月12日(金)9時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000033-goal-socc

    続きを読む

    no title
    ◇欧州CL1次リーグG組 シャルケ1―0マリボル(2014年12月10日)

    欧州CL1次リーグ突破を決めたシャルケの日本代表DF内田は来年2月から始まる決勝トーナメント1回戦で
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(29)との対戦を熱望した。

    抽選会が15日に予定される中、これまでも世界の猛者と対峙(たいじ)してきた内田は対戦経験がない“Cロナ”に言及。
    「ネイマール(バルセロナ)ともやったし、リベリ(バイエルンM)ともやった。どんな選手が来てもある程度は抑えられる自信がある。
    ただロナウドだけは分からない。頭の中でイメージしてみるんだけど、あいつとだけはどれくらいやれるか、分からない」と打ち明けた。

    昨季のシャルケは欧州CL決勝トーナメント1回戦でレアルと対戦。
    2戦合計2―9で敗れ去ったが、内田は右膝の負傷のため欠場。「せっかくレアルとやれるのに」と悔しがっていた。夢の対決は実現するか。

    12月12日(金)8時37分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000088-spnannex-socc

    続きを読む

    B4ieDNrCEAEukMi


     チャンピオンズリーグ・グループGの最終節が10日に行われ、マリボルと日本代表DF内田篤人が所属するシャルケが対戦。シャルケが1-0で勝利を収め、3シーズン連続での決勝トーナメント進出を決めた。内田は右サイドバックでフル出場している。

     試合後、地元メディアは各選手の採点と寸評を発表。内田には高い評価が与えられた(1が最高、6が最低)。

     ドイツ紙『Revier Sport』は、同試合記事のタイトルと前文でも内田に言及。『マイヤーは英雄、内田は宝物』との見出しを掲げ、「シャルケのチャンピオンズリーグ・ベスト16進出を決めたマリボルでの1-0の勝利には、2人のヒーローがいた。

    決勝ゴールのマックス・マイヤー、そして守備芸人(名人)アツト・ウチダだ」と、称賛している。

     同紙は「“ウッシー”が前半の中盤にゴールライン上で素晴らしい反応を見せ、劣勢に立たされるのを阻止してくれたので、シャルケはゴールデンゴールを決める、その然るべき瞬間だけを待たねばならなかった。

    そして、マックス・マイヤー登場からわずか6分後。大胆にも股抜きで決めた」と記した。

     各メディアの採点および寸評は以下のとおり。

    『Revier Sport』
    採点:2
    寸評:“ウッシー”、君は宝物だ!足もとがざわつく中で、22分、(マルコス)タヴァレスの先制ゴールを阻止。またしてもチャンピオンズリーグ仕様(のプレー)を見せた。この、内田のハイパフォーマンスは、ゴールで締めくくられなければならなかったはずだ。

    『Westdeusche Allgemeine』
    採点:2.5
    寸評:22分、倒れ込んだGKに代わり、ライン上でタヴァレスのシュートをクリア。お見事!激しい運動量をこなし、気合い十分だった。途中出場のマイヤーとともに、ずば抜けていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00257759-soccerk-socc

    続きを読む


    内田のスーパークリア!

    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 最終節

    ◆ G組
     マリボル 0-1 シャルケ
    0-1 マイヤー(後17分)
    ◇ シャルケの内田篤人はフル出場

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=6/session=2/match=2014392/
    G組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003074/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    B3DyUiDCQAAll1i

    欧州チャンピオンズリーグ(CL)の1次リーグ最終節8試合が10日(日本時間11日)行われる。
    E~H組ではすでに決勝トーナメント(T)に進出する8チームのうち6チームが決まっている。
    まだ決定していないのはE組の2位とG組の2位。

    日本代表DF内田篤人(26)のシャルケ04(ドイツ)は現在G組3位で、
    FW田中順也(27)の所属する2位・スポルティング(ポルトガル)と最後の1枠を争う。

    シャルケはマリボル(スロベニア)と、スポルティングはチェルシー(イングランド)とともに敵地で戦う。
    それぞれの試合結果による決勝T進出チームを整理した。

     (1)スポルティングが○か△→スポルティングが決勝T進出

     (2)スポルティング●でシャルケ○→シャルケが決勝T進出

     (3)スポルティング●でシャルケが△か●→スポルティングが ◆決勝T進出

     E組はASローマ(イタリア)、マンチェスターC(イングランド)、CSKAモスクワ(ロシア)の3チームが残り1枠を争う。
    10日はASローマがホームでマンチェスターCと、CSKAは敵地でバイエルンと対戦。E組の行方は

     (1)ローマが○→ASローマが決勝T進出

     (2)マンCが○でCSKAが△か●→マンチェスターCが決勝T進出

     (3)CSKAが○でマンCが○か△→CSKAが決勝T進出

     (4)ローマ対マンCが△で、CSKAも△→ASローマが決勝T進出

     (5)ローマ対マンCが△で、CSKAが●→

     〈1〉ローマ―マンCがスコアレスドローならASローマが決勝T進出

     〈2〉ローマ―マンCが1―1以上の引き分けならマンチェスターCが決勝T進出

     いずれにしても最後の1枠をめぐる争いは熾烈な戦いになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000199-sph-socc

    続きを読む

    475901_heroa
    ドルト・香川、先制点演出も目立つパスミス 欧州CL1次リーグトップ通過

    2014.12.10

     欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ最終節の8試合が9日行われ、既に決勝トーナメント進出を決めている
    D組のドルトムント(ドイツ)はホームでアンデルレヒト(ベルギー)に1-1で引き分けた。日本代表MF
    香川真司(25)は先発し、先制ゴールを演出した。

     公式戦2試合ぶりの先発となり、トップ下で後半39分までプレーした。0-0の後半13分に中盤で起点
    となり、縦パスをつないで最後はFWインモービレがゴール正面から決めた。

     同39分に追いつかれたが、ドルトムントは1次リーグを4勝1分け1敗の勝ち点13で、アーセナルを
    得失点差でしのぎ、1位で決勝トーナメントに進んだ。香川は同点にされた直後に交代した。

     1位通過はよかったが、香川にとっては納得のいかない試合だっただろう。先制した直後に相手DFをか
    わして放ったシュートは枠を大きく外れた。いらだたしそうに右足を蹴り上げ、天を仰いで叫んだ。3本の
    シュートはいずれも枠外へ。好プレーもあったが、パスミスからピンチを招く場面の方が目立った。

     ドルトムント復帰後の得点は、リーグ戦とドイツ・カップ2回戦で1点ずつ挙げただけだ。

     「結果が出ず、ナーバスになりつつある。それをどう打ち破るか。個人的には結果が出ていない。ここまで
    厳しい状況とは。自分は試されている。どう生き残っていくかは自分次第だと思う」。表情はさえなかった。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20141210/soc1412101536004-n1.htm

    続きを読む

    703592_heroa


     9日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節で、グループDでは日本代表MF香川真司のドルトムントとアンデルレヒトが対戦。1-1の引き分けに終わり、ドルトムントがグループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。

     香川は先発メンバーに名を連ねたが得点には絡めず、84分にポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキとの交代でベンチに下がっている。

     試合後、地元メディアは各選手の採点と寸評を発表。香川に関する評価は以下のように厳しいものになった(1が最高、6が最低)。

     各メディアの採点および寸評は以下のとおり。

    『レヴィーア・シュポルト』
    採点:5(ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツと並んでチーム最低)

    寸評:4分にFWチーロ・インモービレのビッグチャンスを演出したが、この試合で彼の良いプレーはこれだけだった。
    この日本人はチームで唯一の失望だ。チームが前がかりになっている時のパスミスは不快。先制点を奪った直後の(自分でシュートを打った)プレーもわがままだ。

    『デア・ヴェステン』
    採点:4.5(グロスクロイツと並んでチーム最低)

    寸評:(チーロ)インモービレに流した4分のパスだけが見どころ。この司令塔が見せ場を作ったシーンは他にはない。ゴールチャンスもあったが、大きく外している。

    『ルールナハリヒテン』
    採点:4.5(グロスクロイツと並んでチーム最低)

    寸評:先発に復帰し、4分にはインモービレに良いパスを出した。また28分にはシュートも放っている。幸運にも彼が犯した34分のパスミスは失点につながらなかった。

    セカンドクラスの相手に対し、3回に1回もボールを失っているようでは、まったくもって弱すぎる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00257487-soccerk-socc

    続きを読む


    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 最終節



    ◆ D組
     ドルトムント 1-1 アンデルレヒト
    1-0 インモービレ(後13分)
    1-1 A・ミトロビッチ(後39分)
    ◇ ドルトムントの香川真司は先発し後半39分までプレー

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=6/session=1/match=2014402/
    先発フォーメーション図
    http://light.dotup.org/uploda/light.dotup.org114035.jpg
    D組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003071/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    d1b96a65


     ドルトムント(ドイツ)は9日、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第6節、ホームでのアンデルレヒト(ベルギー)戦を行う。

    リーグ戦は苦しい戦いを強いられているドルトムントだが、CLは現在勝ち点12で首位に立つ。最終戦は首位通過を決める一番になる。

     前日会見に出席したユルゲン・クロップ監督は、MFセバスティアン・ケール(34)が5日に行ったホッフェンハイム戦で肋骨と太ももを負傷したことを公表。

    「明日の試合には間に合わない」と欠場を余儀なくされることを明かした。

     『キッカー』は代わりにホッフェンハイム戦で移籍後初の出場なしに終わった日本代表MF香川真司が先発復帰すると予想している。キックオフは日本時間10日4時45分。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00244701-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ