サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    no title
    GOAL 10月28日(火)3時30分配信
    内田の契約延長が決定的 ドイツメディアが報じる

    シャルケに所属する日本代表DF内田篤人の契約延長が決定的になったようだ。ドイツ『レヴィアシュポルト』が伝えている。
    シャルケは25日のブンデスリーガ第9節で、レヴァークーゼンに敗れた。『レヴィアシュポルト』は27日、
    「うんざりする週末の後、シャルケにポジティブなニュースが入った。人気選手の一人が『ロイヤルブルーズ』に残ることになる」
    と伝えている。これはもちろん、以前からクラブとの契約延長交渉が話題になっていた内田のことだ。
    内田はシャルケとの契約が今シーズンいっぱいまでとなっていたため、以前からクラブと交渉をしてきた。
    10月2週に行われた会談では、取引がまとまらなかったものの、前進があったものと見られている。
    『レヴィアシュポルト』は、契約期間について言及していないが、すでに選手側はホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)
    と合意に至っている模様。正式発表は時間の問題となっているようだ。
    なお、内田同様、契約満了まで1年を切っているFWクラース・ヤン・フンテラールも、近日中に新契約にサインする見込みとのことだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000039-goal-socc

    続きを読む

    747: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/10/27(月) 07:57:34.40 ID:pILQAr4i0.net
    ドルトムント、フンメルスがヴァイデンフェラーを批判。「ゴールに入ったことに驚いた」 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141027-00010001-footballc-socc 

    20141027-00010001-footballc-000-1-view

    ブンデスリーガの第9節が現地時間25日に行われ、MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはホームでMF清武弘嗣、DF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦し0-1で敗れた。

     試合後、キャプテンのDFマッツ・フンメルスがFKを決められたGKロマン・ヴァイデンフェラーを批判した、と26日のドイツ紙『ビルド』が報じている。

     3連敗で苦しい状況の中、勝利が絶対必要だったドルトムント。しかし、清武のFK一発に沈み、4連敗と泥沼の状態に陥ってしまった。

     フンメルスは試合について「7、8回決めなければいけないチャンスがあった」と決定力不足を嘆いた。そして0-1とされたFKまでは、ハノーファーにチャンスをほとんど与えていないと振り返っている。

     そのFKの場面について「FKのボールは、ゴールまで長い時間飛んでいたよ。それが決まってしまったことに驚いた」と、蹴ってからゴールまでの時間は十分あったと指摘。同紙は、ヴァイデンフェラーの反応に問題があると指摘したと報じている。

     ただ、「自分たちが決めきれていれば3-0で勝てた試合」としながらも、「FKの後は、大きなチャンスを作れなかった。相手が一枚上手だった」と、相手の試合運びに脱帽している。

     連敗続きで、チーム内に不穏な空気が流れ始めている。それでも、争っている暇はない。次節はバイエルン・ミュンヘンとの対決である。ユルゲン・クロップ監督が言ったように「戦い続けるしかない」。
    続きを読む

    475901_heroa


    ドルトムントがハノーファーに0-1で敗れ、まさかのリーグ戦4連敗を喫した。
    これはなんと2000年以来15シーズンぶりのこと。まさに泥沼にはまり込んでいる。
    クロップ監督は「悪くないプレイだったが、不十分だった」と、ハノーファー戦を振り返った。
    試合後から記者会見まで、鬼のような厳しい表情が崩れることはなかった。いったいドルトムントはどうしたのか。

    不振の原因を探ると、まず不運だったのは、シーズン序盤に多くの負傷者を抱えたことだ。
    ドイツ代表CBのフンメルスはシャルケとのダービー(9月28日)まで出場できず、
    同じくCBのスボティッチも長らく実戦を離れた。開幕から2ヵ月がたちようやく復帰したものの、
    最終ラインの不安定さがこのチームの全てに影響を及ぼしている。
    他にもSBシュメルツァー、ドイツ代表歴のあるスヴェン・ベンダー、ギュンドアン、ロイス、
    トルコ代表シャヒン、ポーランド代表ブワシコフスキー(いずれもMF)らが相次いで離脱し、
    主力が揃わない状態が続いた。これが選手層の厚いバイエルンであれば、たとえリベリー、
    ロッベンを欠いてもドイツ代表が控えているが、ドルトムントではそうはいかない。

    ついで新加入選手がなかなかフィットしないことも波に乗り切れない大きな要因だろう。
    ストライカーとして期待された2人、昨季のセリエA得点王のインモービレとヘルタから獲得したラモスも、
    まだ馴染んだとは言えない。
    ただし、もともと複雑な決めごとがあり、スピード感が際立つドルトムントのサッカーに慣れるのには、
    かつての新加入選手も時間がかかっていたのは事実。レバンドフスキー(今季はバイエルンに移籍)も
    最初の年はバリオスの陰に隠れてゴールを外しまくったし、今季ここまで攻撃の中心になっている
    オーバメヤンもミキタリアンも、昨季はぱっとしなかった。
    加入して半年足らずで結果を出した香川真司はレアケースなのである。

    もうひとつ苦しんでいる要因があるとすれば、周囲から研究されてきたこともあげられる。
    対戦相手がドルトムントを「研究して、引いてやってくる」と、香川も実感している。
    結果、得意のショートカウンターがはまらないシーンがしばしば。ハノーファーの清武弘嗣は、
    ドルトムントとの一戦について、「前線の3人には綿密な指示があって、それどおりにやった」と明かしている。
    ただしこの試合、ハノーファーはさほど引いていたわけではない。シュート数はドルトムントの17に対して
    ハノーファー7。ドルトムントには惜しいシュートもあり、勝つチャンスは十分にあったが、決め切れなかった。

    先週のチャンピオンズリーグ、ガラタサライ戦で足をつり交代した香川はベンチスタート。
    リードされた後半21分から途中出場した。その香川は復帰戦となったフライブルク戦以来、
    ゴールから見放されている。運動量や周囲とのコンビネーションなどはだいぶ戻って来た感はあるが、
    まだ香川らしいボールタッチは見られない。的確なファーストタッチで相手と接触せずに狭いエリアを抜け出す、
    あの感じがまだないのだ。
    また、この一戦に関しては、何より唯一のゴールとなった清武のフリーキックをほめなくてはならないだろう。
    決して自由に攻撃ができたわけではなく、ボールタッチも増えず消え始めていた時間帯の
    「あの1本にかけていた」というキックだった。ペナルティエリアの手前、
    壁の頭上を越えてすとんと落ちたボールはゴール左隅にキレイに決まった。同僚のFWホセルから
    「お前は今日、これで今季初得点を取る」と蹴る直前にささやかれたと言うゴールだった。
    「練習通り」と清武は控えめに語り、「2点目を流れの中で決めたかった」とつけ加えた。

    順位を落とし、まさかの15位に沈むドルトムント。3日後にはドイツ杯ザンクトパウリ(2部)戦、
    そして来週末にはバイエルン戦が待ち受ける。本来であれば首位決戦となるべきバイエルン戦。
    だが、今季はその構図が一変してしまっている。前半戦の正念場とも言える1週間になりそうだ。

    http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/10/27/15/index.php

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 17:02:15.67 ID:???0.net
    ハノーファーMF清武弘嗣は25日、ブンデスリーガ第9節ボルシア・ドルトムント戦で、直接FKから移籍後初ゴールを記録し、
    1-0の勝利へとチームを導いた。ブンデスリーガ公式ウェブサイトは、清武をマン・オブ・ザ・マッチに選出している。

    ともに3連敗と不振の両チームの対戦で勝負を決めたのは、清武の一発だった。MFレオナルド・ビッテンコートが得たFKを、
    清武が右足で沈める。これが決勝点となり、ハノーファーは4試合ぶりの白星。順位を7位に上げている。

    ブンデスリーガの公式ウェブサイトは、清武をマン・オブ・ザ・マッチに選出し、寸評で次のように評価している。

    「直接決めたFKでハノーファー移籍後初ゴールを決め、それがこの日の『ゴールデンゴール』(決勝点)となった。そのためには、たったの2本のシュートしか必要としなかった」

    また、チームメートのFWホセルは、次のようにコメントしている。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

    「ドルトムントはいつも難しい相手だけど、清武が決めた素晴らしいFKで勝ち点3を獲得した。
    彼には『キヨ、トレーニングのときみたいに決めてくれ』と言っていたんだ。スーパーゴールだったね。今日は、プレーもチームもスーパーだった」

    「僕らにはこの勝ち点3が必要だった。特に、自信のためにね。この勝利は来週に向けて、特に火曜の(DFB)ポカールの試合に向けて良い白星だ」

    10月26日(日)9時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00000002-goal-socc

    続きを読む

    no title



    W杯優勝GKノイアー、恋人と破局と独紙

    Bミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(28)が、
    恋人でモデルのキャスリン・ギルチさんと破局した。
    独ビルト紙(電子版)が25日、報じた。

    W杯ブラジル大会優勝直後には抱擁するなど、仲の良いところを見せていた2人だったが、
    数週間前に別れたことをノイアーのマネジメント会社が明らかにした。
    共通の友人によると、お互い円満に別れたそうで、2人とも現時点で新たな恋人はいないという。

    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20141025-1387217.html

    続きを読む


    アイントラハト・フランクフルト 4-5 VfBシュツットガルト

    1-0 アレクサンダー・マドルンク(前半21分)
    1-1 マルティン・ハルニク(前半34分)
    1-2 マルティン・ハルニク(前半36分)
    1-3 クリスティアン・ゲントナー(後半6分)
    2-3 アレクサンデル・マイアー(後半12分)
    3-3 シュテファン・アイグナー(後半16分)
    4-3 アレクサンダー・マドルンク(後半20分)
    4-4 ティモ・ヴェルナー(後半36分)
    4-5 クリスティアン・ゲントナー(後半39分)

    乾は前半終了で退く
    酒井は後半16分で交代
    長谷部はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10626998

    続きを読む




    33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 00:33:14.03 ID:XWUqnkRS0.net
    vsドル 
    ザキオカ決勝ゴール 
    大迫決勝アシスト 
    清武決勝ゴール
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ