サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    aaa


    ベシクタシュがハノーファーDF酒井宏樹の獲得に向けてオファーを出した。
    ハノーファーのディルク・ドゥフナーSD(スポーツディレクター)が認めている。
    だが、現時点で酒井を放出することはないとも強調した。

    右サイドバックが手薄のハノーファーは、酒井と競争する新たなライバルとして、
    マリボルDFペタル・ストヤノビッチの獲得を狙っていた。
    だが、最終的に移籍金で合意できず、補強が失敗に終わったところだ。

    そんなハノーファーに対し、ベジクタシュが酒井の獲得を打診したという。
    ドゥフナーSDが26日、ドイツ『ノイエ・プレッセ』で明かした。
    しかし、同SDは「今、彼を手放すことは絶対にない」とコメント。唯一の右サイドバックである酒井の放出を強く否定した。

    酒井の現在の契約は、2016年夏までとなっている。
    ドゥフナーSDは契約延長について、「夏に話し合うことになる」とコメントした。
    だが、合意に至らなかった場合、移籍金が得られる今夏の酒井の売却を視野に入れるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000047-goal-socc
    GOAL 1月27日(火)9時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000047-goal-socc.view-000

    続きを読む

    26日付独ビルト紙は「ケルン大迫、ツォラーの居場所はない?」という記事を掲載。
    冬季中断中の練習試合で結果を残せていない大迫勇也(24)とツォラーのFW2人が後半戦もベンチを温めそうだと予想した。

    大迫については「移籍以来、初めてしっかりと準備期間をチームと一緒に過ごした。
    だがフロリダ合宿でも改善は見られず」とした。一方のMF長沢和輝(23)については「ポジション確保に近づいている」と記した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000076-nksports-socc
    日刊スポーツ 1月26日(月)19時42分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000076-nksports-socc.view-000
    ケルンの大迫(写真は2014年8月30日撮影)

    続きを読む

    no title


     ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、今季チームに戻ってきた日本代表MF香川真司との信頼関係に
    関して、マンチェスターUで過ごした2年間によって香川の側に何らかの変化が生じたと感じていたのかも
    しれない。指揮官はドイツ『シュテルン』のインタビューで、ドルトムント復帰当初の同選手との関係に
    言及した。

     香川は昨年夏、古巣ドルトムントに復帰。初戦となった第3節フライブルク戦ではいきなり1ゴール
    1アシストを記録し、勝利に大きく貢献した。だがその後はチーム自体の不調も影響して結果を出せない
    時期が続き、第14節以降は先発の座を失ってしまった。

     『シュテルン』はクロップ監督へのインタビューで、「リーグタイトルとDFBポカール優勝という
    結果を残してスターとして去った香川のようなプレーヤーに違いをつくり出すことを期待できないのか」と
    質問。同時期にBミュンヘンに加入してすぐに中心選手となったMFシャビ・アロンソも引き合いに
    出している。クロップ監督は次のように答えた。

     「香川とアロンソを比較するのはフェアじゃないね。アロンソはここ10年、コンスタントにワールド
    クラスを体現してきた選手だ。シンジが2年前我々から離れたとき、彼との間には最高の信頼関係があった。
    彼が復帰したときも、私は以前と同じだったよ。でも、彼はその感覚にはもう慣れていなかったんだ」

     クロップ監督によれば、香川はシーズン序盤に太ももに違和感を抱えていたが、監督にはそれを話して
    いなかったとのことだ。

     「最初の4週間、彼は左足でしかシュートしなかった。太ももに問題を抱えていたからだ。でも、彼は
    そのことを誰にも話さなかったんだ。マンチェスターでのスタートのようになることを恐れていたのだろう。
    当時、彼はそのようなことでベンチ外となってしまったからね」

     「その後、彼はそのことを私に話した。人生から1年半を簡単に消すことはできない。戻って来ても違う
    人物になるものだ。物事への見方が変わるんだ」(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150126/bun15012620510006-n1.html

    続きを読む

    1: a 2015/01/24(土) 00:13:21.68 ID:r7cBo9AM0.net
    今の香川が本来の日本人選手の姿だろ?

    829c7fbb


    それがドル2連覇の頃なんか実は90分で見たら微妙な試合も多かったのに
    シュートだけは今より少ないチャンスを確実に決めてヒーローになってた

    どうしてこうなった

    続きを読む

    E9A699E5B79D2015UAEE688A6EFBCB0EFBCABE5A4B1E69597


    ドイツで報じられた日本敗退。「シンジ、顔を上げて」

    webスポルティーバ 1月26日(月)11時42分配信

     ゴール左隅を狙ったペナルティキックがポストを直撃し、香川真司は呆然と座り込んだ。その直後、ドルト
    ムントは公式SNS上でこんなメッセージを発した。

    「アジアカップ準々決勝、香川真司と日本代表はPK戦の末、5-6(>>0�でUAEに敗れました。シンジのPKはポストを
    叩きました。シンジ、顔を上げて。気をつけて帰っておいで」

    >>120分間で1-1、PK戦は4-5という結果をこう表現したもの

     ドイツ語と英語で綴られたその文章は温かく、逆にそれだけ、事態の深刻さを思わせた。

     前回王者の日本が準々決勝で敗退。日本がW杯に初出場した1998年より前の1996年以来となる非常事態はショッ
    キングそのものだ。ドイツの各メディアは日本の敗退を、驚きを持って伝えている。

     各紙がこぞって取り上げているのが35対3というシュート数だ。おなじみのキッカー誌は「日本が押し込み香川や
    チームメイトは何度も何度も、枠までわずか数センチ、シュートを外し続けた。延長に入ってもその構図は変わら
    ない。日本は押しに押しUAE はただ守るだけ。終わってみれば、シュート数は日本の35対3(!)。しかし、ゴールは
    生まれなかった」と、シュート数に”!” までつけて伝えている。

     そしてチーム敗退と同様、香川がリズムをつかみきれず、想像以上の不調に見舞われていることもまた衝撃的な
    事実だった。おそらくドルトムントの関係者にとっても、落胆せざるをえない出来だっただろう。ドルトムントの
    地元紙ルールナッハリヒテンのタイトルは「香川がPKを外した。日本敗退」というもので、記事中のトップ写真は、
    うつむきながら引き上げる香川だった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150126-00010000-sportiva-socc&pos=1

    続きを読む

    687252_heroa


    ドルト、練習試合を消化する中で再び負傷者…ギュンドアンが離脱か
      [2015/01/25]

    練習試合中に負傷したギュンドアン(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

     日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントにまた負傷者が出てしまった。

     24日、ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフとの練習試合を実施した
    ドルトムントだったが、28分にMFイルカイ・ギュンドアンが左太ももを負傷。DFマティアス・
    ギンターとの途中交代を余儀なくされた。

     ドイツ誌『キッカー』によると、ギュンドアンはそのままロッカールームへと向かっており、
    スポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏が筋肉系の問題であると明かした模様。
    具体的な状態は分かっていない。

     ドルトムントはドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツや元ドイツ代表MFセバスティアン・
    ケールなど、多くの負傷者を抱えたまま、31日に行われるブンデスリーガ第18節のレヴァー
    クーゼン戦に臨むことになりそうだ。

    http://news.mynavi.jp/news/2015/01/25/027/

    続きを読む

    a00001c3


    2015.1.23

    「チームとしてもう一歩前進できれば……」

    テストマッチ3試合に無失点の3連勝。今シーズン前半戦のブンデスリーガでは、わずか2回しか残せなかった
    結果だ。ユトレヒトを1-0で下した21日の試合では攻撃面の連携が大幅に改善されたこともあり、ユルゲン・
    クロップ監督は大きな手ごたえを感じているに違いない。しかしボルシア・ドルトムントの指揮官は、
    やるべきことが多く残っていると感じている。

    ユトレヒト戦を終え、クロップ監督は「ここまで順調だ」と語ったものの、釘を刺すことを忘れなかった。
    「シーズン後半戦の開幕を10日後に控え、満足感に浸っていてはいけない。手応えがないわけではないが、
    我々がやるべきことはまだ残っているし、理想とするレベルに達してもいない」

    クロップ監督は見事な連係で1-0の勝利に貢献したマルコ・ロイスとケビン・カンプル(「あのゴールは
    ファンタスティックだった」)を称える一方で、「何度も素晴らしい動きを披露してくれたが、全体的に
    考えれば実力を出し切ったわけではない」とも付け加えた。

    今シーズン前半戦の間、クロップ監督がより大きな不安を抱えていたのは守備の方だ。セバスティアン・
    ケールとスベン・ベンダーの負傷という新たな問題も浮上したため、ユトレヒト戦では攻撃的なイルカイ・
    ギュンドアンとヌリ・シャヒンのコンビを中盤の底に並べなければならなかった。「コンパクトな陣形を
    保つことができれば、この布陣は機能する。それができずに焦って攻めに出ると、後方に大きなスペースを
    空けてしまう」とクロップ監督は説明した。

    大切なのはボールをキープすることではなく、ボールを持ったときに何をするのかだ。「コンパクトな
    フォーメーションを保ちつつ、全員がそれぞれの役割をより正しく認識し、チームとしてもう一歩前進
    できれば、このポジションに誰が入っても構わなくなるはずだ」と続けたクロップ監督は、ユトレヒト
    戦の後半からマティアス・ギンターをボランチで起用。「昨日は素晴らしいプレーを見せてくれたね。
    守備的MFとして及第点を与えられる」と評価した。

    今冬の移籍市場で新たな選手を獲得しなくても、ベンダーとケールの穴をギンターで埋められるとクロップ
    監督は考えている。「両選手とも、そう遠くない将来に戻ってくるからね。戦力も十分に揃っている」

    2015年のテストマッチで3連続完封という結果も、あくまで参考程度に過ぎないようだ。「3試合を無失点で
    終えたことは評価できるが、ブンデスリーガの試合とは違う。その辺は勘違いしていないよ」

    http://www.bvb.jp/news/%E3%8C%E3%81%E3%BC%E3%A0%E3%A8%E3%97%E3%A6%E3%82%E3%86%E4%B8%E6%AD%A9%E5%8D%E9%B2%E3%A7%E3%8D%E3%8C%E3%B0%E3%8D/

    続きを読む

    20140921034601s


    シャルケがマインツの日本代表FW岡崎獲得に興味を示していると21日付の複数のドイツ紙が報じた。

    ダッテルナー・モルゲンポスト紙によると、シャルケはトップ下を務める24歳のMFマイヤーが

    今季は安定したパフォーマンスを見せていないため、ヘルト・スポーツディレクター(SD)が岡崎に注目しているという。

    岡崎についてはレスターが獲得オファーを出すなどプレアミリーグの各クラブが注目しているが、ドイツ国内でも獲得へ向けた動きが始まっている。

    2015年1月23日 05:30
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/23/kiji/K20150123009676660.html

    続きを読む

    no title


    フランクフルトが日本代表MF乾貴士に対し契約延長のオプションを行使する模様だと、
    地元紙『Frankfurter Rundschau』が20日に報じた。

    2012年7月にボーフムからフランクフルトに移籍した乾は、今シーズン末の6月30日で契約満了を迎える。

    しかし、同紙によると、フランクフルトのブルーノ・ヒューブナーSD(スポーツディレクター)が、乾との契約について、
    「契約延長のオプションがある」と明言。

    また、同紙は、フランクフルトがこのオプションを間違いなく行使し、乾との契約を延長するだろうと報じている。

    乾は今シーズンのブンデスリーガで15試合に出場し1ゴールを決めている。

    なお、現在はチームメイトのMF長谷部誠とともに日本代表に選出され、アジアカップに参加中。
    グループリーグの全3試合に先発出場し3連勝に貢献した。23日には準々決勝でUAE代表と対戦する。

    1月21日(水)20時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00273712-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ