サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    829c7fbb


    現地時間31日にブンデスリーガ第18節が各地で行われ、
    日本代表のMF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはアウェイでレバークーゼンと対戦。
    0-0の引き分けに終わった。アジアカップ敗退後にチームに合流した香川だったが、
    この試合では出番なし。試合後、報道陣に現況を語った。

    「負けて言うのもあれですけど、アジアカップから、
    すごく良いトレーニングが出来ていますし、
    コンディションは良いですよ。次に期待したいと思います」と話す香川。

    ドルトムントはウィンターブレイク中にスペインでキャンプを行っていた。
    そこへは香川は不参加で、合流も1週間前。ベンチ入りしたとはいえ、アジアカップの疲れもある。
    だが本人は、「(出場の可能性は)いや、分からないです。手応えとしては出るかなぁと思っていたんですけど。
    まあ、しょうがないです」と調子の良さを強調。

    次節の出場についても「もちろん(問題ない)」と語っている。
    アジアカップはまさかのベスト8敗退となってしまった。
    自身はUAE戦のPK戦で失敗し、「申し訳ない」と落ち込む様子も見られたが、
    「切り替えはもう出来ていますし、次の試合に向けて集中します」とメンタル面での問題はないことを強調した。

    降格圏に沈んでいたドルトムント。勝利したい状況だったが引き分けた。
    出場機会がなかった香川は、「まあ難しい試合でしたし、
    今のチーム状況、試合の内容から見ても妥当。
    ポジティブに捉えるべきだと思います」と冷静に受け止めた。

    「引き分けでしたけど、チームの雰囲気は意外とポジティブに捉えていましたし、
    それはそれでいいことだと思う。今のチーム状況から言っても。
    次はホームなので、勝たなきゃいけない。相手も相手なので、今日も勝ちたかったですけどね」

    勝ち点1にとどまるも前向きに捉えていた香川。
    本人はコンディションに問題ないことを語るが、
    この試合では新加入のMFケヴィン・カンプルがいきなり先発出場。激しいポジション争いが予想される。

     ドルトムントは次節、ホームでアウグスブルクと戦う。香川としては先発出場して勝利に貢献し、
    自身とチームの再浮上のきっかけにしたいところだ。

    http://www.footballchannel.jp/2015/02/01/post69481/

    続きを読む

    885522_heroa


    ドルトムント、後半戦初戦もドローで最下位転落…香川出番なし

    ゲキサカ 2月1日(日)4時19分配信
    画像: Getty Images (ゲキサカ)

    [1.31 ブンデスリーガ第18節 レバークーゼン0-0ドルトムント]

     ブンデスリーガは31日、第18節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でレバークーゼンと対戦し、
    0-0で引き分けた。後半戦初戦を白星で飾ることはできず、これで4試合勝ちなし(2分2敗)。順位も17位から最下位の
    18位に後退した。香川は5試合連続のベンチスタートで、最後まで出場機会はなかった。

     前半戦を4勝3分10敗の17位で折り返し、まさかの降格圏からのリスタートとなったドルトムント。3位レバー
    クーゼンのホームに乗り込んだ後半戦初戦は、負傷明けのMFマルコ・ロイスがトップ下で先発復帰し、今冬の
    移籍市場でザルツブルクから獲得したスロベニア代表MFケビン・カンプルも2列目の右サイドでさっそく先発した。

     前半28分にロイスの鋭いFKでチャンスをうかがうドルトムントだが、なかなか流れの中で決定機をつくれない。
    一方のレバークーゼンは同39分、MFカリム・ベララビが右サイドを抜け出し、マイナスに折り返したボールを
    MFゴンサロ・カストロが右足でシュート。GKロマン・バイデンフェラーの届かないコースにボールは飛んだが、
    DFマッツ・フンメルスがヘディングでクリアし、ゴールを死守した。

     スコアレスで前半を折り返したドルトムントは後半開始からDFルーカス・ピシュチェクに代わってDFネベン・
    スボティッチがピッチに入った。後半5分には高い位置からのプレッシャーでボールが相手ゴール前にこぼれ、
    FWチーロ・インモービレがすかさず右足でシュート。決定的な場面だったが、GKのセーブに阻まれ、先制点
    とはならなかった。

     一進一退の攻防が続く中、ドルトムントは後半17分、2枚目の交代枠でMFケビン・グロスクロイツに代えて
    MFヘンリク・ムヒタリアンを投入。ムヒタリアンはそのまま2列目の左サイドに入った。後半36分にはイン
    モービレに代わってFWアドリアン・ラモスが入り、交代カード3枚を使い切った。

     後半39分、右サイドからのロングスローのこぼれ球をMFヌリ・サヒンが左足のダイレクトボレーで狙うが、
    ゴール左へ。守備陣は体を張った気迫あふれるディフェンスでレバークーゼンを完封したが、どうしても1点が
    奪えず、スコアレスドローに終わった。この日、最下位のフライブルクが勝ったため、ドルトムントが17位から
    最下位に転落。試合内容では改善の兆しも感じさせたものの、結果は勝ち点1獲得と、後半戦も苦しい幕開けとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00323703-gekisaka-socc

    続きを読む


    内田篤人 見事なスライディングでパスカット&味方が倒されて主審に駆け寄る 
    https://www.youtube.com/watch?v=1_J33PuwYd4

    [1.31 ブンデスリーガ第18節 シャルケ1-0ハノーファー]

    ブンデスリーガは31日、第18節2日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでMF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦し、1-0で競り勝った。
    右膝に故障を抱える影響でアジア杯を辞退した内田は3-5-2の右ウイングバックでフル出場。
    後半戦初戦で完封勝利に貢献した。酒井も右SBでフル出場。アジア杯に参加していた清武は開幕戦以来のベンチスタートとなり、後半23分から途中出場した。

    シャルケは前半21分、左サイドからのDFクリスティアン・フクスのアーリークロスにFWエリック・マキシム・シュポ・モティングが右足ボレーで合わせるが、枠を捉え切れない。
    それでも同32分、左CKの流れからキッカーのフクスがもう一度ボールを受けると、マイナスの折り返しをMFマルコ・ヘーガーが右足で叩き込んだ。

    1点ビハインドで前半を折り返したハノーファーも反撃に出る。
    後半4分にはFWホセルがゴール前に抜け出し、GKと1対1の絶好機を迎えるが、初先発のGKファビアン・ギーファーがビッグセーブ。
    同点ゴールを許さない。シャルケは後半17分、今冬にマンチェスター・シティから加入したDFマティヤ・ナスタシッチがセットプレーから
    決定的なヘディングシュートを放つが、こちらもGKの好守に阻まれた。

    シャルケは後半18分にFWクラース・ヤン・フンテラール、同19分にはMFケビン・プリンス・ボアテングが決定機を迎えるが、
    GKロン・ロバート・ツィーラーの牙城を崩せない。ハノーファーは後半23分から清武を投入。
    同27分、その清武が鋭いターンで前を向き、右サイドに展開するが、オーバーラップしてきた酒井のクロスはDFに当たってしまった。

    1点リードのまま逃げ切り体勢に入るシャルケだが、後半40分、敵陣で相手のカウンターを抑えようとしたフンテラールが
    後方からMFマヌエル・シュミデバッハを倒してしまい、一発退場。
    残り5分、10人での戦いを強いられたが、ハノーファーの反撃を粘り強く跳ね返し、1-0で逃げ切った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00323523-gekisaka-socc
    ゲキサカ 2月1日(日)1時26分配信

    続きを読む

    iframe frameborder="0" allowfullscreen="" src="//www.youtube.com/embed/69sywT7tkKw?rel=0" width="600" height="480">


    30日に行われたブンデスリーガ第18節、ヴォルフスブルク対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、4ー1でホームのヴォルフスブルクが勝利した。

    前半戦無敗で首位独走中のバイエルンと、勝ち点11差で2位のヴォルフスブルクによる後半戦のオープニングゲーム。
    試合前、今月10日に交通事故で亡くなったヴォルフスブルクのジュニオール・マランダに満員のスタジアムが黙祷をささげてキックオフとなった。

    開始直後からバイエルンが前に出たが、ヴォルフスブルクが出鼻をくじく。
    4分、自陣で相手の横パスをカットしてカウンターを発動させると、見事につないでゴール前へ。
    最後はデ・ブルイネのパスを受けたドストが決めて、1ー0とした。

    その後は守る時間が長くなったヴォルフスブルクだが、前半の終わり方は最高だった。
    前半アディショナルタイム、低い位置からのFKをペナルティーエリア内に放り込むと、これは相手が先に触ったが、
    こぼれ球に再びドスト。右足のボレーシュートがゴール右上に吸い込まれて2点差として折り返す。

    このままでは終われないバイエルンは、51分に右サイドバックを務めたローデを下げて、ヴァイザーを投入する。
    だが、前がかりな意識をヴォルフスブルクに狙われた。

    53分、ヴォルフスブルクが再びカウンターを発動。
    高すぎる相手のディフェンスラインをアーノルドのスルーパスが切り裂いてデ・ブルイネが敵陣を独走し、そのまま決めた。

    バイエルンは55分、多少の幸運もあってベルナトにゴールが生まれ、すぐに2点差として望みをつなぐ。
    71分にはゲッツェとピサーロを投入して勝負に出た。

    しかし、再びデ・ブルイネ。73分、またしてもカウンター一発でデ・ブルイネが決めて、勝負を決定づける。

    その後はバイエルンが攻め続けたが、決定機を生かせず、差は縮まらない。
    試合は4ー1でヴォルフスブルクの勝利に終わった。

    ブンデス前半戦17試合でわずか4失点だったバイエルンは、この試合だけで4失点。
    2位ヴォルフスブルクとの勝ち点差は依然として8ポイントあるが、優勝への道のりは簡単ではないと再確認する試合となったかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-00000052-goal-socc
    GOAL 1月31日(土)6時30分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-00000052-goal-socc.view-000
    .

    続きを読む

    409: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2015/01/29(木) 18:50:33.68 ID:dU870puf.net

    no title

    ルール地方の監督50人による投票 
    内田8位おめでとさん! 
    へべ1位フェアマン3位おめでとさん!


    http://www.schalke04.de/jp/%E6%9C%E6%B0%E6%85%E5%A0%B1/150129_revierfussballer_hoewedes/page/864--9-9-.html続きを読む

    703592_heroa
    ドルトムント・クロップ監督が、日本代表MF香川真司の不振の原因を明かした。
    「(チームに復帰して)最初の4週間、彼は太ももの問題で、左足でしかシュートしなかったが、それを誰にも話さなかった。
    マンチェスターU時代の再現を恐れていたのだろう」と26日、ドイツ紙シュテルンのインタビューで説明した

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150128/jpn15012805010003-n1.html
    2015.1.28 05:00

    続きを読む


    香川下部放出も ドルトムントに低位置なし
    2015年1月27日 11時0分 東スポWeb

    617fd06a


    【サッカー情報局】

    サッカー担当記者:アジアカップで敗退した日本代表が25日に帰国しましたが、ベスト8敗退はショック
    だったようで、選手たちは険しい表情でした。

    デスク:ここから再起してほしいけれど、一番復活してほしいMF香川真司(25)は、どうなんだ?
    オーストラリアから直接ドイツに戻ったけど、31日からリーグ戦を再開するドルトムントで出番はありそうか。

    記者:うーん。厳しい状況です。アジアカップ前もリーグ戦は3試合連続ベンチスタートですから。
    代表で待望のゴールを決めましたが、本来のパフォーマンスではありません。ドイツ紙「ビルト」も
    「香川はチームメートの動きを理解していない。それで創造性を発揮できるのか」と厳しい意見を報じていました。

    デスク:チームは現在リーグ17位で2部降格圏か。オフにはスロベニア代表MFケビン・カンプル
    (24)を補強し、現在はベルギー代表MFケビン・ミララス(27)の獲得にも動いているな。

    記者:まさになりふり構わぬ緊急補強です。しかも負傷者が続々と復帰し、戦力は整いつつあります
    からね。スランプから抜け出せない香川が割って入る余地はなく、サブとしてベンチが定位置になりそうです。

    デスク:このままならレンタルで下部リーグのクラブへ放出の噂も出ているけど、まさにここが正念場だな。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9718747/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ