サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー




    マインツ1-0アステラス 岡崎の決勝点 
    https://www.youtube.com/watch?v=zxTGr6a0UvI


     サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦は31日、各地で第1戦が行われ、
    ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツ(ドイツ)は
    ホームでアステラス(ギリシャ)を1―0で先勝した。岡崎はフル出場し、決勝点となった
    先制点を挙げる活躍を見せた。

     前半45分、右サイドからのクロスをFW具滋哲が相手選手と競り合いながら頭で落とし、
    右サイドから走り込んだ岡崎が、滑り込みながら右足でゴールを決めた。

     第2戦は7日に行われる。

    スポニチアネックス
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000067-spnannex-socc

    続きを読む

    2014-07-30-09-21-26
    SOCCER KING

    2014年07月29日18時54分

    ドイツ代表MFロイスがドルトムントとの契約延長を拒否か…独紙報道

    ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、同クラブとの契約延長を拒否していたと、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

    同紙によると、ドルトムントが5月に行った交渉で、年俸を500万ユーロ(約6億8000万円)から700万ユーロ(約9億6000万円)に引き上げて、
    契約延長を図ったが、ロイスはそれに応じなかった。

    また同選手は2017年までドルトムントと契約をしているが、2015年の夏に、契約を解除できる3500万ユーロ(約48億円)の違約金を支払えば、
    移籍が可能となっている。
    そのため、以前から興味を示していたマンチェスター・U、リヴァプール、バルセロナ、そしてバイエルンなどが獲得へ動く可能性があるとも伝えられている。

    ロイスは2013-14シーズン、ブンデスリーガで30試合に出場し16ゴール。
    チャンピオンズリーグにも9試合に出場し5ゴールを挙げている。
    ドイツ代表としてもプレーしていたが、ブラジル・ワールドカップには、直前の6月6日に行われたアルメニア代表との親善試合で
    左足首のじん帯部分断裂の負傷をし、欠場していた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9092594/

    続きを読む

    197163hp2

    ボルシア・ドルトムントはマンチェスター・ユナイテッドMF香川真司の獲得を考えていないようだ。

    ドイツ『キッカー』『ビルト』に対し、ドルトムントは香川復帰を否定している。

    イギリス『インディペンデント』は先日、ユナイテッドが香川の放出を検討し、その場合は古巣のドルトムントが有力候補だと報じていた。

    しかし、ドルトムント側は香川の再獲得を予定していないと強調したとのことだ。

    ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督は昨年、MFマリオ・ゲッツェのバイエルン・ミュンヘン移籍が決まった際、

    香川にドルトムント復帰の可能性について問い合わせたと認めている。しかしその後の移籍市場で、

    クラブはMFヘンリク・ムヒタリャンやFWピエール=エメリク・オーバメヤンなど2列目の選手を集中的に獲得した。

    29日にスイスのバード・ラガツでプレシーズン合宿を開始したドルトムント。

    帯同したMFマルコ・ロイスやMFヤクブ・ブワシュチコフスキがランニングで調整し、

    戦列復帰に近づいている中、少なくとも現時点でドルトムントは香川の獲得に動かないとのことだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000044-goal-socc

    続きを読む

    Hummels3

    独3部クラブ所属のフンメルス弟とゲッツェ兄が負傷で長期離脱へ


    ドイツ3部リーグに所属するウンターハヒンクは28日、同クラブのDFヨナス・フンメルスと、
    MFファビアン・ゲッツェが負傷により戦線を離脱することになったと発表した。

    すでに新シーズンが開幕している3部だが、J・フンメルスは右ひざ前十字じん帯の断裂により、
    手術および長期離脱が見込まれている。
    またF・ゲッツェは鎖骨の骨折で2~3カ月の離脱になると見られる。

    J・フンメルスは、ドルトムントで活躍するドイツ代表DFマッツ・フンメルスの2歳年下の実弟。
    F・ゲッツェはバイエルンで活躍するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの2歳年上の実兄である。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9092773/

    続きを読む

    2014-07-29-22-34-25
    「マンチェスターUがドルトムントへの放出を許可」

     マンチェスター・ユナイテッドに所属する日本代表MF香川真司(25)が
    古巣のドイツ1部ドルトムントに移籍する可能性を複数のメディアが報じている。

    29日付のイギリス大衆紙「ザ・サン」はマンチェスターUが今夏の移籍市場で香川を放出する可能性が高まってきていると伝えており、
    ドルトムントの移籍が濃厚としている。

    また、同紙によるとマンチェスターU側は香川がドルトムントに復帰する際には同選手の獲得時にかかった1200万ポンドを回収したい考えを持っているという。

    さらに英国の報道はイタリアにも飛び火。伊情報サイト「トゥットメルカートウェブ」は29日、英高級紙「インデペンデント」を情報源として、
    マンチェスターUが香川のドルトムントへの放出を許可したと伝えている。

    マンチェスターUのファン・ハール監督はこれまでトップ下を務める「10番」タイプの選手が多すぎることを指摘。
    英紙「テレグラフ」は人員の整理のためにベルギー代表MFマルアン・フェライニが移籍となる見通しを伝えた上で、
    「ファンハールは、この夏にナニとアンデルソンの放出の準備を進めており、香川に対するオファーも検討する準備がある」と報じている。

     季、香川は新監督の下でボランチで試されており、新たなチャレンジに「フォーメーションも違うし、監督が代わればすべてが変わる。
    とても新鮮味を受けている」と前向きな姿勢を見せていた。

    一方で、移籍報道は過熱するばかりだ。有力候補に挙がっているのは2010年から2シーズンプレーし、
    香川自身が大きく輝いたドルトムントだけに、今後の動向から目が離せない。

    7月29日(火)20時11分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140729-00010005-soccermzw-socc#!bpJ3Ve

    続きを読む

    2014-07-29-09-16-17
    GOAL 7月29日(火)7時30分配信
    ケルンFW大迫勇也が28日の練習試合で、新天地での初ゴールを挙げた。
    オーストリア2部ヴァッカー・インスブルックとの一戦で先発出場し、チーム2点目となるゴールを記録している。
    試合は5-0でケルンが大勝した。

    0-2と敗れたインゴルシュタット戦から中1日でさらなるテストマッチに臨んだケルン。
    スターティングイレブンは総入れ換えとなり、大迫はケルンの選手として初となる先発出場を果たした。

    立ち上がりの2分に若手MFルーカス・クエトのゴールで先制したケルン。
    さらに12分、右サイドバックのパヴェル・オルコフスキのクロスに大迫が反応。リードを2点に広げた。

    ケルンは31分にFWアンソニー・ウジャーもゴールを挙げ、3-0で前半を終える。
    後半も75分にFWバード・フィンネ、78分にMFマルセル・リッセと加点し、大勝を収めた。なお、大迫は70分にピッチを退いている。

    ドイツ『キッカー』は、セカンドストライカーを務めた大迫とストライカーのウジャーの連係に、
    「(ウジャーが交代するまでの)1時間、非常にうまくいった」と合格点をつけている。

    また、『キッカー』によると、ペーター・シュテーガー監督も「良かったね。これは機能するかもしれない」
    と前線の2人のプレーに手応えを感じているようだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000034-goal-socc

    続きを読む

    no title

    シャルケ所属の日本代表DF内田篤人が負傷し、2~3週間の離脱を強いられることとなった。
    ドイツ紙『Ruhr Nachrichten』が20日に報じている。

    同紙は、内田が膝蓋骨の腱に炎症を起こしたと報道。2、3週間の離脱となると伝えられている。
    シャルケは19日に親善試合に臨み、3部リーグ所属のハンザ・ロストックを相手に3-0で快勝したが、内田は欠場していた。

    内田は、日本代表の一員としてブラジル・ワールドカップの全3試合に出場。休暇を終えて、16日にチームに合流していた。

    SOCCER KING 7月21日(月)9時36分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00213477-soccerk-socc

    続きを読む

    2014-07-20-21-45-32
    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 19:27:55.17 ID:???0.net
    シュバイニーはベッカムになれる
    スポーツ報知 7月20日(日)19時14分配信

    ドイツの広告代理店「DDB」のクリエイティブディレクター、アミール・カサエイ氏が、
    バイエルンのドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(29)は広告契約で、
    元イングランド代表MFデービッド・ベッカム(39)級のビッグスターになれる可能性を秘めていると話した。
    ドイツ「ビルト(電子版)」紙が19日、報じた。

     カサエイ氏は「ビジネスウィーク」誌でブラジルW杯でのシュバインシュタイガーの活躍を絶賛。
    特に決勝のアルゼンチン戦については「スーパースターになるために決勝に立っていた」と褒めちぎった。
    W杯終了後に主将のDFフィリップ・ラーム(30)=バイエルン=がドイツ代表を引退し、
    次の主将就任に期待がかかる男。今後はピッチの中だけでなく、外でも目が離せない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140720-00000183-sph-socc

    続きを読む

    155599_heroa


    バイエルンのドイツ代表MFクロース、レアル移籍を認める

    SOCCER KING 7月15日(火)13時42分配信

    レアル移籍を認めたドイツ代表MFクロース [写真]=Getty Images

     バイエルンに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、レアル・マドリードへの移籍を認めた。
    13日に行われたブラジル・ワールドカップ決勝の試合後、ブラジル『UOL』のインタビュー
    で語っている。

     クロースは、ワールドカップ決勝のアルゼンチン代表戦にフル出場し、ドイツの6大会ぶり4度
    目のワールドカップ制覇に大きく貢献。そして、今大会を通じて印象的な活躍を披露した同選手は、
    新シーズンからレアル・マドリードでプレーすることを公に認めた。

    「僕たちは最高の形でワールドカップを終えることができた。現在、僕はマドリードに行く予定に
    なっている。それが正式に実現すれば、2つの夢が叶うことになるね」

     なお、今夏のバイエルン退団が濃厚と言われたクロースは、マンチェスター・Uやバルセロナへ
    の移籍が噂されていたが、先日、スペインメディアが移籍金2500万ユーロ(約34億8000
    万円)でレアル・マドリード移籍が決定したと報じていた。

    (記事/超ワールドサッカー)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00211994-soccerk-socc

    続きを読む

    E5AE87E4BD90E7BE8EE381A8E383AAE38399E383AA02

    【G大阪】宇佐美「勝者のメンタリティー」最強ドイツ分析

    スポーツ報知 7月10日(木)7時4分配信

    ◆ブラジルW杯第22日 ▽決勝トーナメント準決勝 ドイツ7―1ブラジル(8日、ミネイラン競技場)

    G大阪のFW宇佐美貴史(22)が9日、ドイツの強さを「勝者のメンタリティー」にあると分析した。
    11年から1年間、ドイツ1部のバイエルンでプレー。
    大勝したブラジル戦で活躍したミュラーやクロースらとはチームメートだった。
    「ドイツ人は内容が悪かろうが、インフルエンザになろうが、最終的に勝つという気持ちを持っている。
    そのメンタリティーが本当にすごい」と語った。

    バイエルン時代は練習でも勝利にこだわるドイツ人の姿勢に、刺激を受けたという。
    自身はバイエルンとホッフェンハイムで過ごしたドイツでの2年間では結果を残せず、ブラジルW杯出場もかなわなかった。
    しかし、18年ロシアW杯を目指す日本代表入りを狙っている。
    「とにかくどんな試合でも、できるだけ多く点を取る。それがすべて自分にかえってくる」。
    まずは12日の天皇杯2回戦・ツエーゲン金沢戦(万博)に照準を合わせ、ゴール量産を誓っていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00000323-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ