サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー


    no title

    キッカー紙が記事にした香川とグロスクロイツの親密ぶり

    2014年9月22日付のキッカー紙の表紙では、ペップ・グアルディオラが
    ロッカー・ルームで腕を組んで笑顔で佇む姿のすぐ左に、決して大きくはないが、
    寄り添うグロスクロイツと香川真司の後ろ姿が掲載された。
    背番号「19」と「7」の上には「ボルシア・ドルトムント ベスト・フレンド:グロスクロイツとカガワ」
    という見出しである。

    キッカー紙:「ケビン・グロスクロイツ(26)とシンジ・カガワ(25)は明らかに非常に親密である」

    2ページに渡る「相当なベスト・フレンド」という大きな見出しの記事が同紙に掲載されている。
    記事の中ではグロスクロイツが香川について「オレたちはシンジがマンチェスターにいる間も
    定期的に連絡を取り合っていたんだ」と述べて、「シンジはテクニックが抜群で、
    2、3人の選手を抜いて交わすことが出来るんだ。それは彼がもたらす途轍もなく大きな楽しみだよ」
    と世界王者の嬉々とした様子がこちらに伝わってくる。

    22日付のキッカー紙による24日のブンデスリーガ第5節ドルトムント対シュトゥットガルト戦の先発予想は
    次のとおり。布陣は4-2-3-1である。

    【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、スボティッチ、ソクラティス、シュメルツァー、
    【MF】ベンダー、ヨジッチ、オバメヤン、香川、グロスクロイツ、【FW】ラモス

    香川はトップ下、グロスクロイツは左SHでの先発が予想されている。

    先の記事の中では、「非常に親密である」様子のグロスクロイツと香川の写る3枚の写真が掲載されている。
    1枚目はベンチで香川をいたわるグロスクロイツ、2枚目はかつてのドイツ国内タイトル獲得時に
    巨大なジョッキでビールを香川に呑ませるグロスクロイツ、そして3枚目はブンデスリーガ優勝の後で
    マイスター・シャーレを間に置いて航空機内で並んで座る香川とグロスクロイツ。

    第4節のマインツ戦でグロスクロイツは香川に信服の意を込めたパスを送っていたが、
    シュトゥットガルト戦でも同様の光景を見ることが出来るだろうか。

    レンタル中のライトナーとの再会

    22日付のルール地方の地元紙レヴィアシュポルトの先発予想は次のとおりである。布陣は4-4-2となっている。

    【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、ソクラティス、スボティッチ、ドゥルム、
    【MF】ムヒタリヤン、ヨジッチ、香川、グロスクロイツ、【FW】オバメヤン、インモービレ

    香川は左CH、グロスクロイツは左SHとなっている。
    マインツ戦で負傷し公式HPで4ヶ月の離脱と発表されたばかりのムヒタリヤンが先発として予想されているのは、
    正直分からないところだが、レヴィアシュポルトも香川とグロスクロイツを揃って先発として予想する。
    また同紙は試合の展望欄で次のように記している。

    レヴィアシュポルト紙:「またシュトゥットガルトのチームでは、ドルトムントで良く知られた顔がプレーする。
    今シーズンの終了までドルトムントからレンタルでの移籍中であるMFのモリッツ・ライトナーは、
    グロスクロイツ、香川といった古き友人達と出会うだろう」

    一時的にではあるがライトナーもまた香川に次ぐ帰還者として記される中で、
    ここにもグロスクロイツと香川の名前が見受けられる。
    なお、キッカー紙、レヴィアシュポルト紙ともにシュトゥットガルト所属の酒井高徳を先発として予想している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9284686/

    続きを読む

    2014-09-24-22-12-14
    ブンデスリーガ第5節が23日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは敵地でブレーメンと対戦した。
    負傷により欠場が続いていた内田も先発に名を連ね、今シーズン初の公式戦出場を果たした。

    シャルケが拠点を置くルール地域の地元誌『Revier Sport』は、試合後の採点で内田に「3+」をつけ(1が最高、6が最低)、
    「『ウッシー』がピッチに帰ってきたのは素晴らしいことだ!何度も攻撃を演出し、守備でも愚直に働いた」と寸評を掲載した。

    また、ルール地域などドイツ西部を網羅する地元紙『デア・ヴェステン』は、『Revier Sport』よりも高めの「2.5」を内田に付けた。

    寸評では「7カ月半の休みを終え、この右サイドバックは再びシャルケのスターティングメンバーに帰ってきた。
    彼は安定した能力を見せつけ、自陣での1対1の場面でも巧みに対応。そして時折前線にも顔を出していた。
    ハーフタイム以降は体力が落ちたのか、この日本人は後ろに残っていることが多かった」と、概ね高評価を与えている。

    そしてドイツ最大の発行部数を誇る『ビルト』紙は、ドイツ代表MFマックス・マイヤー、同MFロマン・ノイシュテッター、
    U-21ドイツ代表DFカーン・アイハン、ドイツ人GKラルフ・フェールマンらと並び、内田にチーム最高タイの「2」を付けた。

    SOCCER KING 9月24日(水)10時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00235237-soccerk-socc

    【サッカー/ブンデス】内田篤人がブラジルW杯以来の復帰! フル出場で完封に貢献、シャルケは今季初勝利[09/24]
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1411502467/

    続きを読む

    tumblr_lfu6nrVnxY1qbqg4r



    騰訊体育は24日、「日本の誇り!本田が4試合3ゴール、日本人がイタリアとドイツで得点ランク首位」と題した記事を掲載した。

    欧州5大リーグのイタリアとドイツの得点ランキングで、いずれも日本人選手がトップに立つという思いもよらない展開となった。
    イタリアでは本田圭佑が3得点でカッサーノ、イカルディと共にイタリア・セリエAの得点ランキング首位、ドイツでも岡崎が5得点でブンデスリーガ首位に立った。

    ツイッターなどでは日本人サポーターたちが自国選手の活躍を自慢する一方、
    本田や岡崎、長友祐都、香川真司、内田篤人らが今のサッカー界最高ランクのリーグで遜色なくプレーしているにも関わらず、
    日本代表となるとなぜ勝てなくなるのか、との議論が飛び交っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00000021-xinhua-cn

    続きを読む

    no title


    [9.20 ブンデスリーガ第4節 マインツ2-0ドルトムント]
     ブンデスリーガは20日、第4節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでMF香川真司の所属する
    ドルトムントと対戦し、2-0で勝った。岡崎は1トップでフル出場し、後半21分に2戦連発となる決勝点。
    香川は得点に絡めず後半20分に途中交代となり、“シンジ対決”は岡崎に軍配が上がった。

     ドイツ紙『ビルト』は選手採点を発表し、岡崎には2点の高評価。一方の香川は5点で、
    MFピエール・エメリク・オーバメヤン、FWアドリアン・ラモス、DFマティアス・ギンターと並んでチーム最低点となった。
    最高点はPKをストップしたマインツのGKロリス・カリウスで、唯一の1点だった(採点方式は1~6で評価され、1が最高点、6が最低点)。

     なお、ブンデスリーガ公式サイトはマン・オブ・ザ・マッチに後半15分から途中出場したMFハイロ・サンペリオを選出。
    今季、セビージャから加入した21歳のスペイン人MFは後半21分に岡崎の先制点をアシストすると、同29分にはギンターのオウンゴールを誘発した。
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?147655-147655-fl

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ