サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    829c7fbb


    香川真司のシュートは正面にしか飛ばない? 日本のエースにイップス疑惑浮上! 
    http://news.livedoor.com/article/detail/9867070/ 

    「シュートを打つ際、イップスにかかっているとウワサされています。 
    最近の香川のシュートは、枠を外すか、キーパーの真正面に飛ぶものが異常に多い。 
    コースを狙って枠に行った記憶がまったくありません。 
    久しぶりにゴールを決めたアジアカップのヨルダン戦も、至近距離で真正面に蹴り込み、 
    キーパーが反応しきれずに入ったものでした。 
    調子の良かったころの香川は、コンパクトな振りと、コースを突いたシュートでゴールを量産していたので、 
    重さの程度はわかりませんが、イップスと見て間違いないと思います」(スポーツライター) 

    イップスとは、精神的な原因により、スポーツのプレーに支障をきたし、思い通りに動けなくなる運動障害のこと。
    野球やゴルフなどのプレーヤーが特に陥りやすい病気で、 
    これにかかると、キャッチボールはできるのに一塁に投げるとどうしても暴投してしまったり、 
    ドライバーは普通に打てるがパットだけはまともに打てなくなったりと、周りからしたら理解のし辛いミスを重ねてしまうことになる。 

    香川はイップスだったのか…。
    続きを読む

    称賛される内田篤人の変わらぬ仕事ぶり 苦境のシャルケで必要なクラブ精神の発揮
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/1415/columndtl/201503070001-spnavi?page=1

    912112_heroa


    CL、ダービーで連敗

    内田篤人は低く構えて、ボールの後ろから目をこらす。最後まで似たような姿勢のままで、試合終了の笛を聞いた。頭を腕で覆った内田は、ダービー敗戦の香りを鼻腔に吸い込んだ。シャルケは1年で最も特別な試合に、チャンスのないまま0-2でボルシア・ドルトムントに敗れたのだ。数日前にチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリーに喫したものに続く、苦い敗北だった。

     シャルケの日本人選手は、世界最優秀選手に対して何もできなかった。前回の対戦(2013-14シーズンのCLラウンド16)ではホームで6失点していたシャルケは守備を固めざるを得ず、内田はクリスティアーノ・ロナウドのケアに時間を費やすこととなった。「一度ならず、左サイドのアオゴ以上に効果的なプレーを見せてはいた」。この試合に関する自身の意見として、『西ドイツ新聞』のアンドレアス・エルンストはそう記した。しかし試合ではレアル・マドリーが2-0で勝利しており、その得点者の一人はC・ロナウドだった。

     また同記者は内田が同点ゴールを決めていてもおかしくなかったことにも言及した。74分、ペナルティーエリア内に走り込んだ内田を経由して、交代で入っていたフェリックス・ブラッテのシュートにつなげる。これはバーをたたいてしまったが、内田はこぼれ球に反応。押し込めなかったものの、シャルケのこの試合最大のチャンスだったと言っていいだろう。

    責任が少しずつ大きくなり続けている

     確かに内田は、ブンデスリーガで通算1点しか決めていないが、彼に求められる役割がストライカーではないと、誰もが知っている。だが、このシーンにこそ、シャルケのロベルト・ディ・マッテオ監督が内田に求めていた戦術的役割が示されている。

     シャルケを取材し続け、『レビアスポーツ』誌などで健筆を振るうジャーナリストのエルマール・レデマンに話を聞くと、「現状で、内田が負う責任は少しずつ大きくなり続けている」と話した。内田は今、単なるウイングバックでも、ウインガーでもサイドバックでもなく、攻守にわたり働くことを求められている。

     ダービーでも、その仕事ぶりは変わらなかった。3バックの脇に入ってしっかりスペースを消し、一気のスプリントで黄色い壁の背後を狙った。最終ラインからのフィードを、相手陣内深くで受けた場面もある。試合終盤までは、クロスよりもロングスローでボックス内にボールを送る回数の方が多いほどだった。ドルトムントが輝き続けたダービーだったが、それでも内田は自分の仕事を放棄するようなことはなかった。サッカー専門サイトの『GOAL』はダービーでの内田の働きを、「シャルケの中でも数少ない、試合を組み立てようとする選手だった」と分析した。実際には、サイドでマルコ・ロイスのスピードに対応すべく、守備の仕事を多く割り当てられた。ロイスは自分の働き場を、シャルケの3バックの隙間に求めることが多かった。

    「ウッシー(内田)は常に、守備面のタスクに集中することを求められた」と話したのはレデマンだ。「内田の性格からすると、こうだ。自分の力だけで輝こうとすることはない。常に一番先に来るのは、チームとして成功をつかむことなんだ」

    シャルケファンのお気に入り

    今年2試合目となったバイエルン・ミュンヘン戦で、内田はブンデスリーガ出場100試合を達成した。ブレーメンとのブンデスリーガ第22節(2月21日)の前には、シャルケファンから祝福を受けている。筋肉に問題があったためにブレーメン戦には出場できなかったが、内田はファンにお辞儀をした。シャルケのスポーツディレクター(SD)であるホルスト・ヘルトからは、背番号100が記された記念のユニホームを贈られた。シャルケの広報担当者も「鳥肌の立つ瞬間だった」と振り返る、ファンとクラブの一体感がそこにはあった。

     内田はシャルケファンのお気に入りである。いつでも練習グラウンドには、彼を見に集まるファンがたくさんいる。サインをしたり、一緒に写真に収まったり、短いおしゃべりをしたりと、義務ではないにもかかわらず、内田は喜んでファンサービスに応じる。

     内田が人気を誇るのは、ファンの間だけでのことではない。チームの中でも常に、内田は自分の役割をしっかり認識している。

     チームで一番の親友であるユリアン・ドラクスラーは、内田に短い愛のメッセージを送っている。「どうだい、相棒? すべてうまくいっているかい?」。すると内田は紙の切れ端にこう記した。「ウッシーは君がいなくて寂しいよ、ハニー」。ドラクスラーがSNSに投稿したこのやり取りは、ファンにも好評だったようだ。

    もっとエゴイスティックになっていい

     そんな妙味を心得た役割分担を、内田はピッチの上でも引き受けている。「当初、私にとって内田は、パーティーでひっそり脇に立っている“壁の花”のような存在だった」と認めるのはレデマンだ。

    「試合の中ではとてもおとなしく、ブンデスリーガや国際レベルという“サメ入りのオリ”の中で、1対1の弱さも露呈されていた。だが、内田に関する疑念はすべて払拭(ふっしょく)された。今では、フェリックス・マガト監督の時代から残る選手たちの中でも、一番の“遺産”だと考えられている。今季当初は振るわなかったのも、ワールドカップの疲れもあり、プレー時間を得られないことだけが問題だった。ラフィーニャの後継者として、ゲルゼンキルヒェンで議論の余地ない先発選手の地位を確立している」

     ただし、一つだけ欠けているものがある。「ゴール前での冷静さだ」とレデマンは指摘する。「時にはもっとエゴイスティックになっていい。相手だけではなく、チームメートも尊重しすぎてしまうことがある。間違った謙虚さが出てしまうんだ」

    内田も心得ているシャルケのモットー

     内田はダービーでの敗戦が、クラブにとっての恥辱であり、選手がろくでもないパフォーマンスをしたなら非難の嵐が吹き荒れることを知っている。試合後、ディ・マッテオ監督とホルストSDは、「ファンに謝罪しなければならない」と口をそろえた。

     単なる失敗ではなく、“完璧なる失敗”が、何人の選手から見られた。「マルコ・ヘーガーにベネディクト・ヘベデス、ティモン・ベレンロイター」だけが、SDにはまともな仕事をした選手に映ったそうだ。

    「個性を揺るがしかねない問題」から24時間も経たない日曜日のスタジアム。指揮官は話し合うことを求めた。選手たちは落ち込んではいなかったし、クラブの精神を口にした。

    「戦うこと」

     シャルケを永遠に前へと進めていくモットーである。

     内田もそのことは、よく心得ている。内田にはすでに、驚異的なスタミナと戦術的規律が備わっている。長い時間かけて培ってきたその力を、正しい方法で発現させればいい。ダービーでの2失点目で、ヘンリク・ムヒタリアンを長く走って追いかけながら捕まえきれなかったことも、次への糧とすればいい。

     ダービーでの敗戦を、ファンはしばらく苦々しくかみ締めることになる。CLでは次戦、アウェーのマドリーで逆転することは、ほぼ奇跡といってもいいレベルの難業だ。それでも内田は、その苦難に正面から立ち向かっていくに違いない。いつものように、飄々(ひょうひょう)と。

    続きを読む

    912112_heroa


    9日、レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が翌日に控えたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦セカンドレグのシャルケ戦の前日会見に出席した。

     アウェーでのファーストレグを2-0で勝利し、大きなアドバンテージを得ているレアル・マドリード。直近のリーグ戦で1分1敗と結果が出ず、
    バルセロナに首位を明け渡したが、指揮官は、「アイデンティティを変えることはない」と発言。これまで結果を出してきたチームを変更することはないと言明した。

    また、シャルケ所属の日本代表DF内田篤人についての質問が出ると、「良い質と継続性がある。シャルケにとって重要な選手だ」と回答した。

     同試合では冬に加入したノルウェー代表の新星、16歳のマルティン・ウーデゴーアがデビューするのではないかと一部で報じられたが、
    アンチェロッティ監督は、才能のある選手と前置きした上で「チームには含まれない」と同試合の出場を否定している。

     セカンドレグは10日、レアル・マドリードの本拠地であるサンチャゴ・ベルナベウで行われる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00289248-soccerk-socc

    続きを読む


    ブンデスリーガ第24節が8日に行われ、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと、
    日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトが対戦した。

    リーグ戦5試合勝利のないケルンに対して、前節ハンブルガーSVに2-1で勝利し2連勝を狙うフランクフルトの一戦。
    長谷部が先発出場で、大迫と乾がベンチスタート、長澤はメンバー外となった。

    試合は28分、ケルンの先制で動いた。エリア手前で相手DFと競り合ったアンソニー・ウジャーが潰れるとボールはそのままエリア内に。
    シウヴァ・デイヴェルソンがそのボールに反応し、落ち着いてループシュートを放つと、飛び出していたGKケヴィン・トラップの頭上を越えて、ゴールに吸い込まれた。

    さらにケルンは43分、味方のスルーパスでウジャーが抜け出してGKと1対1となり、シュートを放つが、トラップが好反応でセーブした。
    前半はこのまま動かず、ケルンの1点リードで折り返す。

    後半に入って49分、フランクフルトは右サイドからのクロスに、アレクサンダー・マイアーが飛び込んで頭で合わせるが、枠を外す。
    すると58分、エリア内左に抜け出したルーカス・ピアソンが折り返しを入れると、中央でマイアーが合わせるが、GKティモ・ホルンがセーブ。
    しかしそのこぼれ球を、マイアーが自ら押し込んで、フランクフルトが同点に追いついた。

    試合を振り出しに戻されたケルンは直後の60分、味方の浮き球のパスで
    エリア内に抜け出したウジャーがフリーで右足を振り抜くが、シュートはクロスバー上に大きく外れた。
    63分、先制弾のデイヴェルソンに代えて大迫をピッチに送り出す。

    すると72分、ケヴィン・フォクトの横パスを受けたマルセル・リッセが、エリア手前の左から右足を振り抜くと、
    ゴールのニアサイドを突いてネットを揺らし、ケルンが勝ち越しに成功した。

    再びリードを許したフランクフルトは75分、長谷部に代えて乾を投入。
    しかし79分、ケルンはこぼれ球に反応した大迫が独走でエリア内に侵入。
    落ち着いてGKとの1対1を決めて追加点を挙げた。さらに81分にもウジャーが追加点を決めてケルンはリードを3点に。

    後半アディショナルタイムにフランクフルトはPKで1点を返すが、直後に試合終了のホイッスル。
    大迫の今シーズン2点目を含む4得点で、ケルンがフランクフルトを下し、6試合ぶりの勝利を収めた。

    ケルンは次節、14日に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、パーダーボルンは同日にパーダーボルンと対戦する。

    【スコア】
    ケルン 4-2 フランクフルト

    【得点者】
    1-0 28分 シウヴァ・デイヴェルソン(ケルン)
    1-1 58分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)
    2-1 72分 マルセル・リッセ(ケルン)
    3-1 79分 大迫勇也(ケルン)
    4-1 81分 アンソニー・ウジャ―(ケルン)
    4-2 90+2分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00288727-soccerk-socc
    SOCCER KING 3月9日(月)1時21分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00288727-soccerk-socc.view-000
    今シーズン2点目を決めた大迫勇也(左)

    続きを読む

    1018592_heroa

    連勝ストップ。香川が語る出し手と受け手の葛藤「自分を出していかないといけないのかな」

    フットボールチャンネル 3月8日(日)9時46分配信

    「ちょっと楽観的な感じになっていた部分もある」

    ブンデスリーガ第24節。ドルトムントはアウェイでハンブルガーSVと対戦して0-0のドロー。リーグ戦4連勝と
    波に乗る中で迎えた一戦、勝利の期待は高かったが得点を奪うことはできなかった。

    ------------------------------

     トップ下として先発した香川真司。しかし、前半のみで交代となった。チームのために自身を犠牲にして
    “出し手”としてのプレーを続けるが、本来は周りに活かされるべき“受け手”。葛藤する胸中を明かした。

    ――交代について

    「普通に、交代しました」

    ――ウォームアップのとき、テーピングが見えたが?

    「全然体に異常はないです」

    ――前半、噛み合ないところがあった?

    「ありましたね。自分自身もそうですし、チームとしても、ミスが多かったですし」

    ――ゆったり入ってしまった?

    「ちょっとやっぱり、引き締まっていなかったなと思います」

    ――連勝へのプレッシャーなのか、相手に苦手意識があるのか?

    「苦手意識は特に関係はなかったですけど、僕は。ただ、やっぱり連勝をして、ちょっと楽観的な感じに
    なっていた部分もあると思うし、しっかりとまた次の週に向けて準備してやっていきたいと思います」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150308-00010012-footballc-socc

    続きを読む

    5aefe289


    前半だけで交代させられた香川 「集中できていなかった」と反省

    2015/03/08 9:18:00

    ブンデスリーガ第24節のハンブルガーSV(HSV)対ボルシア・ドルトムントで、ドルトムントMF
    香川真司は前半のみのプレーで交代させられた。試合後、本人も集中が足りなかったと反省の弁を述べた。

    アウェーでのHSV戦で、香川はトップ下で先発した。だが相手の守備的MFの厳重な監視下に置かれ、
    目を引くプレーのないままに前半を終了。後半のピッチに立つことはなかった。

    復調傾向にあったドルトムントの連勝は「5」でストップ。勝ち点1は得たものの、香川も自分に
    物足りないようだ。ブンデスリーガ公式サイトのインタビューで、試合の入り方について
    「(気持ちが)引き締まっていなかったですね」と話している。

    前節は好パスを配して周囲を生かしていたが、この日のプレーには「タイミングが合わなかったし、
    距離感も悪かったし、タッチも悪かった。難しかったですね」と語った。自身のコンディションに
    ついては、「全然問題ない」と香川。「ケガもまったくないし、体調も良い。ただ、やはり今日は集中できていなかった」と、反省の弁を続けている。

    ドルトムントは次節、ホームにケルンを迎える。

    http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%89%E3%A4%E3%84/2015/03/08/9610
    252/%E5%8D%E5%8D%8A%E3%A0%E3%91%E3%A7%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E3%95%E3%9B%E3%89%E3%8C%E3%9F%E9%A6%E5%B7%9D-%E9%9B%E4%B8%AD%E3%A7%E3%8D%E3%8
    1%A6%E3%84%E3%AA%E3%8B%E3%A3%E3%9F%E3%A8%E5%8F%8D%E7%9C%81

    続きを読む

    739: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/03/08(日) 11:07:45.67 ID:TBXgaRmK0.net
    1053302_heroa


    スプリント数も際立つ同点ゴールの岡崎 ブンデス公式サイトがMOMに選出 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000000-goal-socc 
    「得点を8試合挙げていなかったこの日本人選手は、2015年初ゴールを決めた。 
    3本のシュート(ヘディングシュートが2本)を放ち、ピッチ上の全選手の中で他に大きな差をつける最多のスプリント走行数(46回)を見せた」 

    両チームを通じて、スプリント数で岡崎の46回に続くのは、ボルシアMGのDFオスカル・ヴェントの31回となっている。
    続きを読む

    5aefe289


    ドイツ・ブンデスリーガ第24節が現地時間7日に開催され、MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントは
    アウェイでハンブルガーSVと対戦してスコアレスドローに終わっている。

    リーグ4連勝中で、3日に行われたDFBポカール(ドイツカップ)でも勝利したドルトムント。
    しかし、過密日程の影響からかこの日は思うように攻撃がつながらず無得点に終わり連勝は4でストップした。

    DFBポカールに続きこの日も先発となった香川だが、前半でMFケヴィン・カンプルと交代。ドイツ紙からも厳しい評価を与えられている。

    『ルール・ナッハリヒテン』では「5.0」でチーム最低となる評価。

    『デア・ヴェステン』でも「5.0」で同様にチーム最低点を付けられた。
    同紙は「最初のパスの受け手だったが、効果的なことはできなかった。
    1度のシュートアシスト、1対1の勝率は25%しかなく前半で交代となった」と、評している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150308-00010011-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3月8日(日)8時30分配信

    続きを読む

    ブンデスリーガ 2014/2015 第24節
    ハンブルガーSV 0-0 ドルトムント

    9b8c9916

    ■ 得点:
    警告:ベーラミ(前半31分)ミュラー(前半42分)ムヒタルヤン(後半18分)ディークマイアー(後半23分)ペレイラ・レイス(後半29分)スボティッチ(後半39分)ファン・デル・ファールト(後半39分)
    退場:

    ▽キックオフ:2015/03/07(土) 15:30 │ 日本時間 03/07(土) 23:30
    ▽スタジアム:HSHノルトバンク・アレーナ(Hamburg) 
    ▽主審:P. Gagelmann ▽副審:T. Gorniak、S. Jablonski

    http://www.sanspo.com/soccer/europe/germany/2014_2015/25093/game/20150307/7675/com/detail.html?tab=scrGameDetailPlayer




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ