サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー





    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第4節

     マインツ 2-0 ドルトムント
    1-0 岡崎慎司(後21分) ← 今季4点目
    × 岡崎のハンドでドルトムントにPK、インモービレが蹴るもセーブされる(後25分)
    2-0 O.G.(マティアス・ギンター)(後29分)
    ◇ マインツの岡崎慎司はフル出場
      ドルトムントの香川真司は先発し後半20分までプレー
      丸岡満は後半35分から途中出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10626854
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2014-15/4/2407256/livematch_1-fsv-mainz-05-30_borussia-dortmund-17.html
    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=56

    “シンジ対決”で岡崎2戦連発 後半21分に先制弾!
    スポニチアネックス 9月21日(日)2時58分配信

    ◇ブンデスリーガ第4節 マインツ―ドルトムント(2014年9月20日)
     マインツとドルトムントが対戦。MF香川真司(25)、FW岡崎慎司(28)が
    ともに先発する“シンジ対決”は、岡崎が2戦連続のゴールを挙げた。

     岡崎は前節で2ゴールを挙げ、ドイツ1部リーグでの通算得点で
    日本選手の最多記録を塗り替えるなど好調をキープ。
    ワントップで出場し前線で積極的に動き、後半21分には
    右サイドを上がったハイロからのクロスに右足を合わせゴールに流し込んだ。

     一方3季ぶりにマンチェスターUから復帰し、前節で2年4カ月ぶりに
    ブンデスリーガ出場を果たすと早速復帰弾を決めた香川。
    2戦目となったこの日もトップ下で出場すると、キレのいい動きを見せたが
    決定機を演出できず。後半19分にムヒタリアンと交代した。
    また、C大阪から期限付きで移籍したMF丸岡満(18)が
    後半35分から出場し、ブンデスリーガデビューを果たした。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000130-spnannex-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56
    CSフジテレビ:http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/914200178.html
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1071
    J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/others/#sportsInfoBundesliga

    続きを読む

    61202380-s
    古巣のドルトムントへ3季ぶりに復帰した日本代表MF香川真司(25)。
    初出場となった13日のフライブルク戦での活躍は、実に見事だった。

    ゴールやアシストができた最大の理由は、ピッチ上で誰にも邪魔されることなく、自由に動けたからだ。
    試合前に「好きに動いていい」とクロップ監督から言われていたのだろう。とても気持ちよさそうにプレーしていた。ドルトムントの王様は香川だったということになる。

    サラリーマンの皆さんも同様だと思うが、勝手を知る職場で、自分のことを信頼してくれる上司がいれば自分の実力以上のものを出せるもの。
    香川にとって、まさにその職場がドルトムントだ。彼には“内弁慶”なところがあり、それが前所属のマンチェスター・ユナイテッドではがんじがらめにしていた。

    だが、古巣ではそんな不安はない。復帰初戦で活躍しても不思議ではないのだ。

    今後の香川に求めたいのは、真の“王様”になることだ。ピッチに入ったら「パスをよこせ!」「そこを走れ!」と、どんどんアピールしていい。
    彼の技術に本田圭佑(ACミラン)ばりの“王様”メンタルが加われば、絶対にプラスとなる。香川真司は生まれ変わるはずだ。

    今シーズンはとても大切な1年になる。クラブが期待しているのは、バイエルン・ミュンヘンに勝ってブンデスリーガで優勝することだ。
    できなければ、今の称賛の声は一気にブーイングにかわるだろう。

    香川には、そのミッションを果たす力が十二分にあるはずだ。

    2014.09.19
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20140919/soc1409191550002-n1.htm

    続きを読む

    no title
    ドイツが“シンジ対決”に盛り上がっている! 
    19日付のビルト紙は、20日に行われるFW岡崎慎司(28)のマインツと、MF香川真司(25)のドルトムントの対戦を
    「ブンデスリーガ第4節のトップゲーム。この試合は日本でも多くのサッカーファンが注目していることだろう。どちらのシンジ上か」と報じた。

    マインツの岡崎は、前節13日のヘルタ戦で2ゴールを決め、奥寺康彦と並んでいたブンデスリーガ通算得点を日本人歴代トップの28点に伸ばした。
    一方ドルトムントの香川は、マンチェスターUからの復帰初戦で得点を決めた。2人とも身長は175センチ未満。同じ代理人だ。

    しかし、移籍市場の価値では差があるという。移籍情報サイト・トランスファーマーケットによると、岡崎は550万ユーロ(約7億7000万円)。
    香川は1500万ユーロ(約21億円)と、約13億3000万円の差がある。

    ドルトムント戦に向けて、岡崎は「僕らが勝つ。そしてシンジは2人とも1ゴールずつ決める」と冗談ぽく話したという。
    日本代表ではチームメートの香川について「代表チームでよく知っている。シンジはいい友だちで、いいサッカー選手」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000085-nksports-socc

    続きを読む


    no title


    シャルケDF内田が20日のホーム・フランクフルト戦で今季初出場する可能性が出てきた。
    19日付の独キッカー誌(電子版)がベンチ入りメンバーと予想した。

    7月に右膝を負傷して開幕から欠場が続く内田は8月下旬から練習に合流しているが、
    17日の欧州CLチェルシー戦でも遠征メンバーに入らなかった。

    なお、同誌はフランクフルトの日本代表MF長谷部はボランチ、MF乾は左ウイングで先発と予想している。

    スポニチアネックス 9月20日(土)7時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000065-spnannex-socc

    22:30 第4節 シャルケ04×アイントラハト・フランクフルト
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56

    ブンデスリーガ公式日本語HP
    http://www.bundesliga.com/jp/

    続きを読む

    第4節フライブルク対ヘルタ 試合後インタビュー
    9月18日のブンデスリーガ第4節初日で 細貝萌と原口元気のヘルタ・ベルリンは敵地でフライブルクと引き分けた。
    試合後、右肩負傷から復帰し開幕節以来の出場となった原口と、ボランチで2試合ぶりに先発した細貝がインタビューに答えた。


    原口元気 
    ――きょうはどんなイメージで試合に入った?
    原口 もちろんチームに貢献すること。守備と攻撃で、チームのためにやることを意識して入りました。

    ――守備に追われて、プレー位置が低くなって難しい展開になってしまった。
    原口 そうですね。なかなか自分たちのペースになる時間が少なかったので、ヘルタがいい形でボールを持つ時間はちょっと少なかったかなと思います。

    ――チームの1点目につながったFKの場面は?
    原口 あれは右サイドからいい形で入ってきてくれたので、良いタイミングで入っていけたかなと思いますけど。まあちょっとボールタッチが少なすぎるので・・・難しいですね、自分的にも。

    ――監督は守備をしっかりこなすことを大前提としている?
    原口 まあそうですよね。現に守備から取ってカウンターというのが1つの狙いだし、守備をやらないといけないですよね。

    ――コンディション的には? まだ良いときほど走れていない印象があるが。
    原口 距離が長いですよね。出ていくにも、押し込まれて取ってだから。(相手の)SBが結構上手だったんですよ。僕が一発で行くとかわされそうな感じがして、
    なかなか取りに行けなかったのもあるんですけど。もう少しチャレンジして取りに行ってもいいかなと思います。

    ――肩の状態は? ファウルを受けた際に痛そうにしていたが。
    原口 きょう入ったときは問題なくやってたんですけど、また同じ形で肩から落ちてしまったので、少し痛みは出るかなと思いますね。何とか次の試合までに合わせたいなと思います。


    細貝萌 
    ――どうにか引き分けた感じ?
    細貝 まあロニーの2発でなんとか点取ったという感じで。

    ――内容的にはかなりフラストレーションが・・・
    細貝 そうですね。立ち上がりから全体も良くなかったですし。セットプレーでやられてしまって、難しい感じの流れになりました。、
    ボールポゼッションするところではすごく難しいゲームだったなと思います。

    ――相手が良くて、ビルドアップのところでかなり大変だった。
    細貝 そうですね、昨年はもっと自分らのチームがゲームをうまく運んでいくってことができてましたけど、今シーズンに入ってなかなかそういうことができてないので。
    まあでも、この内容で勝ち点1を取ったっていうことに関しては良かったのかなと思います。

    ――チーム的にはこれからどうやってやっていこうという感じ?
    細貝 まあ・・・4試合やって勝ち点2しか取れてないし。まあでも、まだあと30試合あるので、ここからどうにか勝ち点を積み重ねていかなきゃいけないし。
    個人的にもきょうみたいなプレーがないようにやっていかなきゃなと思います。

    http://www.bundesliga.com/jp/liga/news/2014/0000302193.php

    ヘルタ引き分け
    http://www.bundesliga.com/jp/liga/news/2014/0000301925.php

    【サッカー】原口先発、細貝はフル出場 フライブルク 2-2 ヘルタ
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1411168763/

    続きを読む

    no title


    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、ブンデスリーガ第4節で
    同代表FW岡崎慎司が所属するマインツと対戦する。18日、同試合の先発予想を
    ドルトムントのクラブ公式HPが発表した。

    16日に行われた、チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のアーセナル戦を
    勝利で終えたドルトムントは、同様に「4-2-3-1」のフォーメーションで臨むものの、
    4名を入れ替える模様。前節フライブルク戦でいきなりの復帰後初ゴールを決めた香川は、
    アーセナル戦と同じくベンチスタートが予想されている。

    一方のマインツの予想メンバーには前節2得点を挙げた岡崎の名前もあり、
    センターフォワードでの起用が見込まれている。

    クラブ公式HPが発表した予想スタメンは以下のとおり。

    ■ドルトムント

    ▼GK
    ロマン・ヴァイデンフェラー

    ▼DF
    エリック・ドゥルム
    マティアス・ギンター
    ソクラティス・パパスタソプーロス
    ウカシュ・ピシュチェク

    ▼MF
    ミロシュ・ヨイッチ
    スヴェン・ベンダー
    ケヴィン・グロスクロイツ
    ピエール・エメリク・オーバメヤン
    ヘンリク・ムヒタリアン

    ▼FW
    アドリアン・ラモス

    ■マインツ

    ▼GK
    ロリス・カリウス

    ▼DF
    フニオール・ディアス
    シュテファン・ベル
    ニコ・ブンガート
    ダニエル・ブロジンスキ

    ▼MF
    ユリアン・バウムガルトリンガー
    ヨハネス・ガイス
    ヨナス・ホフマン
    ユヌス・マッリ
    サミ・アラギ

    ▼FW
    岡崎慎司

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00233767-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ