サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    177: 名無しさん@恐縮です 2017/12/08(金) 01:12:48.62 ID:AhArTuXh0

    CPZMPvnVEAAJYli


    香川は惜しい選手だな 
    あとひとつ何かのパーツが揃えば1流なんだけど 
    それが何かがいまいち分からない
    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/07(木) 23:34:40.85 ID:CAP_USER9

    DQZ2ugNUEAA4D9m


    6日にチャンピオンズリーグ最終節でレアル・マドリードと対戦したドルトムントは残念ながら2-3で敗れてしまったが、敵地サンティアゴ・ベルナベウで輝きを放ったMF香川真司の姿を日本のサッカーファンは楽しんだのではないだろうか。

    すでにグループ突破を決めていたレアルにとって、今回のドルトムント戦は消化試合でもある。100%の力を出しづらい環境だったかもしれないが、それでも香川はベルナベウで自身の実力をしっかりとアピールしたことに変わりはない。

    米『ESPN』も香川を高く評価しており、ピエール・エメリク・オバメヤンと並んでチーム最高となる8点の評価を与えている。オバメヤンの2点目をアシストしたアイディア溢れるヒールパスが高評価の要因だ。

    同メディアは「高い位置にポジションを取った香川はベルナベウで輝いた。彼のオバメヤンへのバックヒールは素晴らしいものだった。終盤にはカゼミロをエレガントなボディフェイントでかわし、3-3にするチャンスがあったが、シュートはナバスの上へ外れてしまった」と伝えている。最後の決定機を外したのは残念だったが、そこまでの流れは非常に高く評価されているようだ。

    今季の香川はドルトムントで常時スタメンというわけではないが、このパフォーマンスからポジションを確保していけるのか。やはりペナルティエリア付近でボールを受ければ香川は輝きを放つ選手だ。

    2017年12月7日 19時30分 theWORLD
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13997626/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/b/1bcec_1638_52914eb3_16a8e31c.jpg

    “ビッグチャンス”を逃すも…レアル戦先発の香川真司は独誌チーム2位タイの高評価
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000030-goal-socc

    レアル・マドリー戦の香川真司にスペインメディアは辛口評価「決定機を逸してしまった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000035-goal-socc

    【サッカー】<香川真司>ヒールパスで同点弾演出…ドルトムント、王者レアル・マドリードに敗戦もEL進出決定!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512596655/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/11/27(月) 18:55:41.76 ID:CAP_USER9
    no title


    11月25日のブンデスリーガ第13節、レヴィア・ダービーは4-4という派手な打ち合いになった。前半はドルトムントが4-0で折り返したものの、後半はエース、オーバメヤンの退場もあってシャルケが4点を取り返すという荒っぽい展開だった。

     ドルトムントのホームで行なわれたこの試合、ムードを盛り上げるためのメインキャラクターとしてクラブが押し出したのは香川真司だった。ホームゲームの際はどの試合でもクラブ公式動画とマッチデープログラムで注目選手の特集が組まれるが、この日のそれが香川だったのには理由がある。香川は過去、ダービーで通算10試合出場、4得点。特に2010年9月19日のアウェーゲームでは、2ゴールを宣言してその通り2得点し、ドルトムントが3-1で勝っている。今でもその大活躍が語り草になっているからこそ、注目選手として取り上げられたのだ。

     だが、ふたを開けてみれば香川は3試合ぶりに出場なし。この日はちょうど日本からの、選手に会える特典付きツアーが行なわれていた。チームは勝てなかったうえに自分は出場機会もなかったのだが、試合後には苦笑いを浮かべながらツアー参加者と交流する会場へと連れられていった。

     香川だけでなく、この日のドルトムントはチームの指示により全選手がメディア対応を行なわなかった。ダービーという大一番で勝ち点1。最近の不調の中では悪くないようにも思えるが、4点を守り切れなかったのはいただけない。最近の状況にクラブが危機感を持っているのは間違いない。

     9月30日のアウクスブルク戦に勝利して以降、10戦して勝ったのは格下相手のドイツ杯のみ。残る9試合はリーグ戦で2分4敗、チャンピオンズリーグで2分1敗と、本当に不甲斐ない結果が続いている。

     当然、注目を集めるのは指揮官の去就だ。先週はドルトムントのレジェンド的な元監督、オリバー・ヒッツフェルトの現場復帰が様々なメディアでまことしやかに報じられた。本人の否定でようやく騒ぎは収まったが、ペーター・ボス監督が辞めるのはいつか、後任は誰になるのかが最大の関心事だった。

     ダービー翌日の26日、ドルトムントではクラブの年次総会が開催された。過去1年間の総括、決算報告や、役員選出などが行なわれる、選手も含めて1000人余りが出席するこの席で、ボス監督について何らかの判断が下されるのではないかとドイツメディアは予測していた。ドルトムントの地元紙ルールナハリヒテンは、わざわざ会議の模様をテキスト中継によってリアルタイムで追ったほどだ。
    香川真司は不出場、監督はなぜか留任。迷走ドルトムントはどこへ行く

    つづく

    11/27(月) 18:41配信 スポルティーバ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00010006-sportiva-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/26(日) 01:28:03.86 ID:CAP_USER9
    ボルシア・ドルトムント 4-4 シャルケ04
    DPfkF_0VQAAafAe



    1-0 ピエール・エメリク・オーバメヤン(前半12分)
    2-0 オウンゴール(前半18分)
    3-0 マリオ・ゲッツェ(前半20分)
    4-0 ラファエル・ゲレイロ(前半25分)
    4-1 グイード・ブルクシュタラー(後半16分)
    4-2 アミネ・ハリト(後半20分)

    ピエール・エメリク・オーバメヤン(後半27分)退場

    4-3 ダニエル・カリジウリ(後半41分)
    4-4 ナウド(後半49分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11045976

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/11/25(土) 06:01:00.22 ID:CAP_USER9

    2017-11-25-asano-stuttgart_1pssopo1vgluj1sf2uymfs8nig


    シュトゥットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、24日に敵地で行われたブンデスリーガ第13節のハノーファー戦で、今シーズン初ゴールを決めた。

     3トップの中央で先発出場した浅野は24分、MFクリスティアン・ゲントナーのミドルシュートが相手GKに弾かれたところにいち早く詰め、左足で押し込んでゴール。開幕からアウェイ6戦全敗のチームに貴重な先制点をもたらした。

     今シーズンの公式戦13試合目で初ゴールをマークした。海外初挑戦の昨シーズンは公式戦27試合に出場し、4ゴールを記録。初ゴールは出場8試合目となった昨年10月30日のブンデスリーガ2部第11節カールスルーエ戦だった。

    11/25(土) 4:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00643327-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ