サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    1: Egg ★ 2018/06/08(金) 17:01:30.42 ID:CAP_USER9
    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で2連覇を目指すドイツ(世界ランキング1位)に不安が広がっている。

     欧州のメディアは6日、司令塔のMFエジルがけがで大会への出場が危ぶまれていることを報じた。ドイツは、2日のオーストリア(同26位)との親善試合で1―2で負けるなど、今年の親善試合3試合で勝利がない。この29歳を欠けば、さらに苦しくなる。

     エジルは背番号10を背負い、攻撃の牽引(けんいん)役。2014年W杯ブラジル大会の優勝メンバーだ。だがオーストリア戦でひざを負傷、この4日間はトレーニングをしていないという。また背中にもけがを抱えている。

     ただでさえ、ドイツの現状は芳しくない。各大陸王者などが参加した昨年のコンフェデ杯も制するなど今大会も優勝候補の一つだが、波に乗れていない。3月はスペインに1―1で引き分け、ブラジルには0―1で敗れた。2日のオーストリア戦は後半に猛攻を受け、逆転負け。レーウ監督は「非常に腹立たしい。簡単にセンタリングを入れられ、シュートを打たせてしまった」と吐き捨てたという。

     ドイツは8日(日本時間9日)、地元でサウジアラビアとのW杯前最後の親善試合を行う。不安視する声を払拭(ふっしょく)できるか。(堤之剛)

    朝日新聞2018年6月8日 9時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14833331/

    写真
    no title


    ☆今日の人気記事




    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/06/12(火) 19:10:07.81 ID:CAP_USER9
    DdFhErJV4AAsMXH



    大きな転機を迎えた宇佐美貴史

    5月、W杯に挑むメンバーを選ぶため、西野朗監督は12日間に渡る欧州視察を行っていた。

    デュッセルドルフ戦を視察に訪れた西野監督は、何に注目するかという我々の問いかけに対し「全て期待していますよ」と笑顔を見せ、スタジアムへと入っていった。

    試合会場で新指揮官が見つめる先には、ドイツで挑戦を続ける、かつての愛弟子の姿があった。

    かつて天才と呼ばれた男は、今、ドイツで大きな転機を迎えている。
    「まともにやったって勝てない」

    ドイツの自宅に招き入れてくれた宇佐美貴史選手。

    「ブンデスリーガのトップレベルは、やっぱり凄いハイレベルだなと感じましたし、本当にまともにやったって勝てないと思ったんで」とブンデスリーガで感じた想いを素直に語る。

    宇佐美貴史(26)FW
    178cm 72kg
    所属:デュッセルドルフ
    今期リーグ戦成績:28試合(先発14試合)8得点
    日本代表通算成績:21試合(先発9試合)3得点
    「バロンドールを取りたい」

    17歳で西野監督に見出され、ガンバ大阪史上最年少でトップチームで試合に出場した天才の輝きは、瞬く間に世界のビッグクラブの目に留まる。

    19歳にして世界でも有数のビッグクラブ、バイエルン・ミュンヘンへの移籍を実現させた。

    当時の会見で宇佐美選手は「最終的にはバロンドールを取りたい、バロンドールを目指して頑張って行きたい」と豪語していた。

    しかし、世界トップレベルのドイツ・ブンデスリーガの中でも、毎年優勝争いを続けるバイエルン・ミュンヘンでの初挑戦は、リーグ戦出場数3試合と全く結果を残せなかった。


    失意の内に帰国した宇佐美選手だが、2016年7月、再びブンデスリーガへ挑戦。
    ドイツ1部のアウクスブルクに移籍した。

    しかし、そこでもリーグ戦11試合出場、0得点0アシストと思うような結果を残すことができなかった。

    本人は当時のことをこう振り返る。

    「アウクスブルクで1年近くまともに試合に出ていなかったっていうのは、やっぱりすごく尾を引いていたというか、このままでは絶対にW杯には行けないという感覚になったので、何かを変えないといけないと思いました」



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/06/11(月) 22:19:42.36 ID:CAP_USER9
    ◆香川の攻撃力を高く評価「極めて重大な大黒柱」
     
    ロシア・ワールドカップ(W杯)は6月14日、ついに開幕の時を迎える。オーストラリアのスポーツ専門サイト「ROAR」は、
    今大会で最も影響のある選手にフォーカスした「W杯ベストプレーヤー50」を実施。カウントダウン形式で発表されるなか、
    まずは50位から41位が公開され、日本人選手では日本代表MF香川真司(ドルトムント)がランクインした。

    “先鋒”の50位には、ブラジル代表MFフェルナンジーニョが選出。今季マンチェスター・シティのプレミアリーグ制覇に貢献したが、
    記事では「その仕事ぶりは気づかれないほど」としながらも、フットボールのチームにとってはMFがテンポをコントロールすることが重要としてその万能性を称えている。

    日本人で最初の登場したのは44位の香川だ。今年2月に足首を故障して約3カ月の間戦線を離脱。西野ジャパンにおいても、
    現時点ではトップ下でFW本田圭佑(パチューカ)に続く2番手扱いと目されるが、記事では2大会連続で10番を背負う29歳の重要性を説いている。

    「“マエストロ”カガワは、日本の攻撃において極めて重大な大黒柱だ。美しいパスに重点を置いたシステムには、美しくパスを供給する背番号10が必要になるものだが、
    幸運にも彼らにはカガワがいる。瞬発的なターンや混雑した“渋滞”のなかでパスを通す能力は、必要不可欠。

    サムライ・ブルーは2016年6月から2017年6月まで無敗を維持していた。カガワはその間に試合の大半に出場していた。
    カガワが負傷もあって出場機会が減ったと同時に、日本は13試合でわずか4勝しかあげなくなった。これは、単なる偶然ではない」

    ◆香川より上位はブスケッツ、ラキティッチら3人

    香川不在とともに、日本代表も結果が伴わなくなっている現状を指摘。そのパスを通す能力は必要不可欠だとしている。
    ランキングにおいては、グループリーグ初戦で対戦するコロンビアのエースFWラダメル・ファルカオ(ASモナコ)、ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(バイエルン)というビッグネームよりも上の位置づけとなった。

    後日発表予定の「トップ40」には、果たして日本人選手は何人ランクインしてくるだろうか。

    「ROAR」選出のW杯ベストプレーヤー50位から41位は以下のとおり。

    50位 フェルナンジーニョ(ブラジル代表MF/マンチェスター・シティ)
    49位 ラダメル・ファルカオ(コロンビア代表FW/ASモナコ)
    48位 トーマス・ミュラー(ドイツ代表FW/バイエルン)
    47位 ジョシュア・キミッヒ(ドイツ代表DF/バイエルン)
    46位 マッツ・フンメルス(ドイツ代表DF/バイエルン)
    45位 カゼミーロ(ブラジル代表MF/レアル・マドリード)
    44位 香川真司(日本代表MF/ドルトムント)
    43位 セルヒオ・ブスケッツ(スペイン代表MF/バルセロナ)
    42位 イバン・ラキティッチ(クロアチア代表MF/バルセロナ)
    41位 エミル・フォルスベリ(スウェーデン代表MF/RBライプツィヒ)

    フットボールZONE 6/11(月) 16:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180611-00110268-soccermzw-socc

    写真
    no title


    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/06/07(木) 23:20:49.94 ID:CAP_USER9

    DHCj-UqVYAAMEfT


    マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は今夏、高額でプレミアリーグクラブに渡るかもしれない。クラブの強化を務めるロウヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)は、同選手に対するイングランドからの関心やその理由について話している。

    2015年夏にFC東京から移籍金280万ユーロ(約3億6000万円)でマインツ入りした武藤は、ドイツでの3シーズンで公式戦72試合23ゴールを記録。だが、2019年までの契約を残すアタッカーはシーズン終盤に今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられ続けている。

    各国のタレントを獲得し、その数年後により高額で“転売”するビジネスモデルを展開することで知られるマインツだが、シュレーダーSDは以前、武藤についても「良いオファーがあったら、話し合うつもり」とオファー次第で手放す考えをうかがわせていた。

    そして、実際に武藤のプレミアリーグ行きの可能性が高いようだ。同SDはドイツ誌『キッカー』で、「ヨシはプレミアリーグから強い興味を持たれている。理由の1つは、イングランド行きを希望していることを公言しているからだろう」とのコメントを残し、武藤が同リーグで注目を集めている理由を説明した。

    同SDは「打診はあるが、オファーはまだ届いていない」とも認める一方で、高額での取引の実現を楽観視している模様。ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、このように語っている。

    「基本、W杯により市場価値が高められることが考えられる。ヨシはW杯といった舞台でインパクトを残せるプレーヤーだ。良いW杯を過ごせば価格が爆発的に跳ね上がる可能性だってある。我々にとって大事なのは、ヨシがロシアで自分の実力を示すことだ」

    今夏からイングランドでの移籍市場は欧州他国リーグ3週間前の8月9日に終了する。それまでに武藤の新天地は決まっているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00010004-goal-socc


    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    27: 名無しさん@恐縮です 2018/06/04(月) 19:37:19.88 ID:+60MbPld0
    bfdb8045-6c85-fcac-9309-72b4596d12cb


    CL決勝で話題になったGKカリウスはドイツ人だと何番手ぐらいなん?一桁には入る?
    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    244: 名無しさん@恐縮です 2018/06/04(月) 20:16:55.27 ID:App2gJS/0
    20170303135513

    ドイツの日本的なビッグ3はノイアー、ゲッツェ、ロイスの三人だな 
    ノイアーはシーズン棒に振ったがカリスマすぎて外せない



    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/05(火) 20:45:31.85 ID:CAP_USER9
    マンCサネのW杯独代表落選の理由は練習態度の悪さ
    2018年6月5日20時24分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806050000700.html

    レロイ・サネ(2018年6月2日、ロイター)
    no title


    no title


    ワールドカップ(W杯)に出場するドイツ代表の最終候補23名に落選したマンチェスターCのレロイ・サネ(22)が、チームメートに悪態をとっていたとサン紙が報じた。

    4日にイングランドへと戻ったサネは、落選の最大の理由が合宿地での態度だったという。
    レーウ監督はサネの練習態度に不満を持っており、2日に行われたオーストリア戦(1-2で敗戦)に後半22分まで出場させたが、乏しいパフォーマンスだった。
    同監督はサネを選出することで、他の選手らを動揺させる恐れがあると感じたと伝えた。

    サネは、所属先のマンチェスターCでプレミアリーグ優勝に貢献し、PFA最優秀若手選手賞を受賞していた。

    ◆関連スレッド
    【サッカー】前回王者ドイツ、ロシアW杯登録メンバー23名発表!PL最優秀若手サネがまさかの落選
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528108234/



    続きを読む

    399: 名無しさん@恐縮です 2018/06/04(月) 21:21:32.54 ID:UPIazERz0
    d5103ce9-0a40-48d7-ba27-f019a9b5bd98


    落選組 
    GKレノ(ウルライヒ)(ホルン) 
    CBムスタフィ(スベンベンダー) 
    CBヘヴェデス(ター) 
    RSBヘンリヒス(ラースベンダー) 
    LSBマックス(ハルステンベルク) 
    DMFジャン(ヴァイグル) 
    CMFボルフ(ダフード) 
    OMFゲッツェ(マイヤー) 
    WFサネ(ニャブリ)(シュールレ) 
    STシュティンドル 
    CFペテルセン(ヴァーグナー)

    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ