サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブンデスリーガー

    1: 伝説の田中c ★ 2021/04/18(日) 20:53:26.01 ID:CAP_USER9

    EwEgMKPXAAIP96i


     類まれな決定力を誇るドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、スピード面でもブンデス最高レベルであることが分かった。ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンの俊足DFアルフォンソ・デイビスを超えるスピード記録を打ち立てたという。

     ハーランドは、2020年1月にオーストリア1部レッドブル・ザルツブルクからドルトムントに移籍。加入当初からゴールを量産してレギュラーポジションを不動のものとすると、今季は公式戦35試合で33得点をマークしている。

     左足の強烈なキックや身体能力の高さを生かしたパワフルなプレーが持ち味とするハーランド。その決定力だけでなく、スピードもまさに規格外だ。

     ブンデスリーガ公式サイトによると、ハーランドは現地時間10日に行われたリーグ第28節シュツットガルト戦(3-2)において、時速36.04キロメートルを記録。バイエルンのカナダ代表DFデイビスが記録した時速35.9キロメートルを抜き、今季の“ブンデス最速記録”を更新した。

     バイエルンのデイビスと言えば、今年2月のビーレフェルト戦で日本代表MF堂安律を背後から追い抜く驚異のスピードを見せたことでも話題を呼んだサッカー界屈指のスプリンターとして知られるが、ハーランドがそれを上回るスピードを示したようだ。

     なお、2011年にデータ測定が始まって以降での歴代記録ではデイビスが昨シーズンの第32節ブレーメン戦で記録した時速36.53キロメートルが1位とされている。ハーランドがブンデス史上最速の“スピードキング”になる日も近いのかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8cae176e8fd78a13e22a492660e0511f7f7610da


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2021/04/18(日) 20:55:39.52 ID:CAP_USER9
    Goetze_kagawa_01c




    PSVで過去の輝きを取り戻しつつある元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは今夏欧州主要リーグへの移籍を目指すようだ。移籍先候補に挙がっているフランクフルトだが、クラブOBのウーベ・バイン氏はやや否定的な見方を述べている。

    現在28歳のゲッツェは昨夏にボルシア・ドルトムントから去り、ロジャー・シュミット監督を迎えたPSVに加入。負傷より離脱を繰り返しながらもこれまで公式戦22試合に出場し6ゴール5アシストを記録するなどで評価を高めている。

    しかし、ドイツ『スカイ』が伝えたところ、PSVとの契約には解消条項が盛り込まれていると見られるゲッツェ自身は来季は主要リーグでのプレーを目指しているという。また、『シュポルト1』はチャンピオンズリーグ出場権の獲得に迫るフランクフルトを新天地候補として報じ、同クラブのアンバサダーを務めるバイン氏のコメントを紹介した。

    浦和でもプレーしたことのある元ドイツ代表の攻撃的MFは「私はマリオ・ゲッツェの能力を高く評価する。並外れたフットボーラーであることには異議ないだろう」と前置きすると、鎌田大地らの名前を口にしながら次のように続けた。

    「しかし、我々にはダイチ・カマダやアミン・ユネス、さらにアイディン・フルスティッチといったタレントもおり、非常に優れた攻撃的MFを有している。だからフランクフルトにとって、ゲッツェ(の獲得)は現実的ではないと思う」

    「彼らは今夏以降もここに残ると信じている。私はチームに近く、ホームでの全試合も近くにいる。様々な偉業を成し遂げたマリオには脱帽する。それでも(フランクフルト移籍を)信じることはないね」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/38b86b5343bac1ba726c1afb7143b948a3934315


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/03/03(水) 21:55:52.78 ID:v6KVVuI700303

    aeb5ce5c-s


    メッシ ロナウドになれないのか


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    398: 名無し@サポーター 2021/04/17(土) 23:55:20.62

    4c672c3c



    オワタ
    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/04/17(土) 11:03:25.705 ID:yq6DP+N+d

    f33c88e4-s


    そんな印象全然なかった


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2021/04/17(土) 19:45:52.20 ID:CAP_USER9
     ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが今夏の移籍動向についてコメントした。14日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

    EwEgMKPXAAIP96i



     ドルトムントは20歳の“怪物”ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドをはじめ、21歳のイングランド代表FWジェイドン・サンチョなど、今夏の移籍市場を賑わすようなスター選手を多く抱えている。また、18歳のアメリカ代表MFジョバンニ・レイナ、17歳のイングランド代表MFジュード・ベリンガムなども今後多くのクラブから興味を集めることだろう。

     一方、クラブは現在6試合を残してブンデスリーガ5位につけており、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フランクフルトとは勝ち点差7をつけられている。ドルトムントがCL出場を逃した場合、多くのビッグクラブがハーランドらスター選手と契約できると考えるかもしれない。

     しかし、ドルトムントのヴァツケCEOはその懸念を一蹴。「コロナウイルスが発生した時、我々には負債が無かった。1ユーロもね。そのおかげで快適な状況だよ」とした上で、「我々には選手を売る必要がないんだ。重要なことだよ」と続け、コロナ禍だからといって値下げをして選手を売却するつもりは全くないようだ。

    「世界の裕福なクラブがドルトムントの選手を欲しがる時には、2つの可能性があることを知っておかなければならない」

    「1つは、彼らにはチャンスがない、と私が言うこと。もう1つは『これが値段だよ』ということもあるだろう。彼らはそれが選手の価格であることを知らなければならないし、それ以外の価格ではないんだ」

     実際には昨夏の移籍市場ではサンチョのマンチェスター・U移籍が噂されたが、1億ユーロを越える移籍金は下がらず、同選手は今シーズンも黄色いユニフォームに身を包んでいる。ヴァツケCEOは昨夏と現在の状況を重ね、以下の様に述べている。

    「もうこりごりだよ。昨夏には、イングランドやヨーロッパの誰もが、そしてジャーナリストの誰もが『ジェイドン・サンチョはマンチェスター・Uかどこかでプレーするだろう』と言っていた。でも彼はまだドルトムントでプレーしているよね」

    「そして今では、誰もが『アーリング・ハーランドは来シーズン、レアル・マドリードやバルセロナでプレーするだろう』と書いているんだから」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e2d43d8934305e9c97b385017801549a246015ea


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    131: 名無しさん@恐縮です 2021/04/17(土) 04:43:55.17 ID:I9EjCLAu0
    94fba9d3-s



    堂安はアジリティあればワールドクラスになれたタイプ
    南野は使い勝手悪すぎて案の定セインツでも干され始めている


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2021/04/16(金) 13:19:31.69 ID:CAP_USER9

    84aefe00-s


    現在アルミニア・ビーレフェルトにレンタル中の日本代表MF堂安律は、来シーズンもブンデスリーガでプレーすることになりそうだ。オランダ『ED.nl』が伝えた。

    昨夏にPSVからのレンタルで加わった堂安は、昇格組ビーレフェルトでは攻撃をけん引する中心的な存在に。現在16位に位置するクラブが500万ユーロ(約6億5000万円)をわずかに超える金額で行使可能の買い取りオプションを有すると伝えられていたが、『ED.nl』曰くそれは事実であるようだ。

    同メディアはまた、ビーレフェルトが2部に降格した場合、そのオプションが有効性を無くす可能性や、同クラブが資金を調達できない可能性を指摘。一方で、「ブンデスリーガの複数の他クラブ」が堂安に注目しており、関心が高まり続けているため「彼はいずれにしても今夏にはPSVを去ることになりそうだ」と伝えた。

    堂安は先日、ブンデスリーガ公式ウェブサイトによる3月の「ルーキー・オブ・ザ・マンス」を獲得。そのパフォーマンスにより、どのクラブとの契約を勝ち取るのか、注目したいところだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/575755dc208831b46f16ce6ba8c172f7cad24623


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    35: 風吹けば名無し 2021/04/14(水) 06:05:58.80 ID:qbM3puJuM
    aeb5ce5c-s




    別にレバンドフスキがバロンドールでええやん
    ダントツで点とってるんやし異論ある方がおかしいわ


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2021/04/13(火) 19:23:18.33 ID:CAP_USER9
    ジェイドン・サンチョ(21)、アーリング・ハーランド(20)、ジョバンニ・レイナ(18)、ユスファ・ムココ(16)……。すぐ思い浮かぶだけでもこれほど多くの優秀な若手がいるにもかかわらず、またドルトムントに新たなヤングスターが登場している。今季はここまでブンデスリーガで5位に甘んじているドイツの黄色軍団だが、育成に関する明るい話題は2020-21シーズンも尽きない。

    その新たなヤングスターというのは、2002年生まれのU-19ドイツ代表FWアンスガー・クナウフ(19)だ。左右のウイングを主戦場としており、今季セカンドチームのリーグ戦では22試合に出場して7ゴール6アシストを記録していた同選手。昨年12月に行われたチャンピオンズリーグGL第3節のゼニト戦でトップデビューを果たし、ムココと共にドルトムントでその将来を嘱望されている。

    そんなクナウフがついにプロ初ゴールを記録した。それも最高の場面で、だ。現地時間10日に行われたブンデスリーガ第28節のシュツットガルト戦に67分から途中出場を果たした同選手。MFマルコ・ロイスに代わってピッチに入ると、13分後にその瞬間は訪れた。

    2-2のタイスコアで迎えた80分、バイタルエリアでハーランドからの横パスを受けたクナウフは、そのままドリブルでPA内へと侵入。少し進んだところで相手に行く手を阻まれるも、そこからこの19歳は豪快に右足を振り抜く。少し遠めの位置ではあったものの、抑えの効いたコントロールショットは相手GKの脇を抜いてゴール右隅に突き刺さった。

    これがクナウフのプロ初ゴール。チームを勝利に導く一撃で、19歳はド派手な一歩目を踏み出すこととなったのだ。これにはかつてバイエルン・ミュンヘンなどで活躍したローター・マテウス氏も「本当に素晴らしいゴールだった。一体どうやってシュートを打ったのか分からないほど、良い得点だったよ。これは相当な自信になるはずだ」(独『Sky Sport』より)と舌を巻く。

    そのほかにもこのクナウフの活躍については、SNS上で「サンチョの後釜がもう見つかった」、「クナウフとムココが組む前線が今から楽しみ」、「ドルトムントのアカデミーはシャルケより強いんじゃないか?」といったファンの声も見受けられる。本当に次から次へと新たな若き才能が出現するドルトムント。次なるブレイク候補は19歳のウインガーだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/294430267905182907a5ad4726d3440da66fd043


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ