サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: Egg ★ 2018/11/30(金) 22:43:27.68 ID:CAP_USER9
    メッシがバロンドール最終候補三人から落選? 一部報道を受けてデル・ボスケ氏が言及

    元スペイン代表監督のビセンテ・デル・ボスケ氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ不在のバロンドールは「価値が失われる」と危惧している。スペイン氏「マルカ」が報じた。

     バロンドールはフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が主催する個人賞で、その年に最も活躍した選手に贈られる。過去10年はメッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の二人が5度ずつ受賞し、他の選手につけ入る隙間がなかった。

     しかし、今年度は2007年の元ブラジル代表MFカカ氏以来11年ぶりに二人以外の選出となることが有力視されている。筆頭候補はロシア・ワールドカップ(W杯)MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)で、その他にもW杯優勝国フランスのFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)やDFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)らが挙がっている。

     メッシは最終候補三人からも外れたという海外での報道も出ているが、これに落胆した様子を見せたのがレアルやスペイン代表で指揮をとったデル・ボスケ氏だ。「メッシが(最終候補に)いないというのは非常に驚き」と語り、賞そのものの価値にも影響が出るのでは、と持論を展開している。

    デル・ボスケ氏がメッシを評価 「彼が世界最高選手たちの先頭を走っていなければ…」

    「彼が世界最高選手たちの先頭を走っていなければ、(バロンドールの)価値が失われると思う。少し違和感を覚えるよ」

     デル・ボスケ氏はメッシこそが世界最高の選手であり、他から抜きん出た存在だと考えているようだ。

     W杯では望むような結果を残すことはできなかったが、昨季はバルセロナでリーガと国王杯の二冠に貢献し、ピチーチ(得点王)にも輝くなどの十分な活躍を見せた。安定しすぎているがゆえにインパクトには欠けるが、メッシが最終候補からも外れるとなれば、やはりサプライズとなりそうだ

    11/30(金) 17:50 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/151096

    写真
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999





    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/30(金) 19:47:12.34 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリーはルカ・モドリッチの後釜になる選手を探すために動き始めている。
    33歳のクロアチア人選手は最近数週間、再びインテル・ミラノと結びつけられている

    さらにクラブ・ブランコは来夏にキリアン・エムバペ獲りに乗り出すためにモドリッチの売却を容認する意向を持つという噂まで立っている。

    以前からモドリッチの代役候補として噂されているのがトッテナムのクリスティアン・エリクセンだ。
    この26歳のデンマーク人選手はアヤックスの下部組織で育ち、2013年夏に移籍金1,350万ユーロ(約17億4,000万円)でトッテナムに移籍した。

    『Marca』紙の報道によると、レアル・マドリーはエリクセンについて問い合わせを行ったが、エリクセンの契約解除金が破格の2億5,000万ユーロ(約323億円)だと知り、面食らったという。

    レアル・マドリーがその金額を検討するのは以前から狙っているネイマール、もしくはエムバぺを獲得できる可能性がある場合のみだろう。

    2012年に移籍金3,500万ユーロ(約45億円)でトッテナムからマドリーに加入したモドリッチはマドリーのスターに成長し、今年のバロンドール最有力候補とされている。

    そのモドリッチの移籍はダニエル・レヴィがエリクセンに破格の契約解除金を設定した大きな要因の1つになったと思われる。今後の動向に注目しよう。

    11/30(金) 18:25配信  スポルト紙
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00010012-sportes-socc

    写真
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/29(木) 22:34:54.63 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド退団から、ベンゼマのゴール不足、マリアーノの不安定なパフォーマンスなど、
    マドリーは冬の移籍市場で、ストライカーの獲得を優先的に考えている。

    数週間前からアザール(チェルシー)やイカルディ(インテル)の名前が挙がっているが、
    ここに来ておそらくバルサのサポーターが嫌がる名前を追加するかもしれない。

    『MEGA』の『El Chiringuito』によると、ダビド・ビジャがマドリーが狙うFWの獲得候補に挙がる可能性があるという。

    元バルサの選手は、アメリカでの“引退生活”を楽しんでいるが、レアル・マドリーは、ビジャがラ・リーガを熟知しており、
    適応の必要性がなく、家族や友人達のいるスペインに戻りたいのではないかと考えているようだ。

    このような動きがあったのは初めてではない。他国のリーグから若い選手を獲得した場合、適応まで時間がかかる可能性があるため、
    キャリアの終盤に差し掛かった経験のある選手を獲得するケースがある。一方ビジャは、現在レアル・マドリーが求める結果を短期間で残せる可能性がある。

    『El Chiringuito』によって報じられたこのオプションは、SNS上でも反応が確認されている。番組Twitterのアカウントで、
    レアル・マドリーのFWの補強にビジャは相応しいかというアンケートが行われているが、今のところサポーターの反応は、否定的のようである。

    11/29(木) 21:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00010021-sportes-socc

    写真
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 00:52:06.86 ID:5wuYQlNb0


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    35: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 06:57:37.48 ID:9jCjI7aTd
    columnsv2_77625



    レアルマドリードさん、去年に雰囲気似てるし今年もCL制覇してしまいそう


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/27(火) 20:06:51.77 ID:CAP_USER9

    5e52faa3188e4d3cb71637917719046e_18


    セレソンの至宝の、古巣バルセロナへの復帰の動きが騒がしくなっている。

     パリ・サンジェルマンは、所属するブラジル代表FWネイマールの放出を、条件付きで容認するようだ。スペインTV局『Beteve』が報じている。

     昨夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約284億円)でバルセロナからパリSGに移籍したネイマール。その実力は、フランスのリーグ・アンでは群を抜いており、今シーズンも、ここまでの公式戦16試合で13ゴール・7アシストの活躍を披露している。

     パリSGで絶対的地位を獲得したネイマールだが、パリの地元紙『Le Parisien』などによれば、クラブがファイナンシャル・フェアプレー違反による処罰を回避すべく、来夏の移籍市場での売却が画策されている。

     そうした状況を加味して『Beteve』が伝えたのが、ネイマールのバルサ電撃復帰が濃厚となっているというニュースだ。同メディアは、「パリSGは2億ユーロ(約257億円)でネイマールがラ・リーガのクラブへ移籍することで暫定的に合意した」とレポートし、その移籍先の有力候補がバルサであると報じた。

     同メディアはさらにその詳報もレポートしており、それによれば、バルサの交渉担当であるアンドレ・キュリー氏は先週ロンドンで、代理人を務めるネイマールの父親と会い、交渉をスタートさせたようだ。

     また、ネイマール本人もサントスから欧州初上陸を果たしてから約4年間在籍し、合計7個のタイトルを手にするなど、愛着のあるバルサ復帰を最優先事項として考えているという。

     しかし、2億ユーロという法外な移籍金は、言うまでもなくネックになっており、バルサは、ネイマール売却時にドルトムントから総額1億4500万ユーロ(約188億円)で引き抜いたフランス代表FWのウスマンヌ・デンベレを含めたオペレーションを画策しているという。

     仮に実現すれば、昨夏以上にサッカー界を大きく賑わす電撃的な移籍となることは必至。果たして、セレソンの至宝は古巣へ舞い戻るのか? それとも――。

    11/27(火) 19:38 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00050804-sdigestw-socc

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/50804_ext_04_0_1543314229.webp?v=1543315435


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ