サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/04(火) 22:30:05.45 ID:CAP_USER9

    no title


     
    地元メディア、ビジャレアル戦の乾貴士に最高評価...「ついに刀を抜き去った」

    リーガエスパニョーラ第29節ビジャレアル戦(3-2)で今季初得点を記録してチームの勝利に大きく貢献したエイバルMF乾貴士に、
    地元メディアからは高い評価が与えられている。

    地元メディア『バベル』は、1得点&PK誘発で2得点に絡んだFWキケ・ガルシアと並び、乾にチーム最高点となる「8」の採点を付けた。
    乾の寸評には以下のように記されている。

    「この日本人は前半、エイバルのベストプレーヤーだった。彼は適切に中央へと切り込み、危険をつくり出していた。
    エイバルの攻撃は大部分が彼を起点としたものだった」

    「後半に入ると、前半より消える時間が多くなった。しかしそれでも、彼には素晴らしいゴールという褒賞が届けられた。
    自らボールを奪い、偉大な脚力でエクセレントなフィニッシュを見せた」

    また、『ディアリオ・バスコ』は試合寸評でエイバルが逆転に成功した展開をこのように表している。

    「エイバルのサムライたちは、剣を持って部隊を構成した。
    (GK)ジョエルは何者も自身のゴール前を通さないという気迫をもってして叫び続けた。
    そして、エイバルは万歳を三唱するように一致団結してビジャレアルに襲いかかったのである」

    「この表現が、これほど的確に当てはまる状況はあるだろうか。
    中盤でボールを奪取して、ついに刀を抜き去り、悪魔の如くビジャレアルを仕留めたのは、ほかならぬタカシ・イヌイだったからだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00010036-goal-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^2017/04/04(火) 18:09:53.64 ID:CAP_USER9

    C8cRkX2UQAAtIlU

     
    ◇柴崎岳インタビュー

     【柴崎一問一答】

     ――左MFで意識したことは。

     「サイドに張るより中央でプレーした方が僕の特長が生きるかもしれないですけど、中の選手との距離感を良くしたり、
    近い距離でプレーした方が良いと思った。そこまでポジションにこだわってはいなかった」

     ――期待も大きい中で、テネリフェで続けていくことに疑問を持ったことはあるか。

     「日本から来てくれる人もいるし盛り上がりに関してはどうかは分からないけど、
    なるべく自分が良いプレーをして良いニュースを地元の人や日本にいるファンに届けたいと思っている」

     ――チームメートとの連係について。

     「いい関係を築けていると思うし、良いやつばかり。
    そういったコミュニケーションはプレー面に反映されると思うので、練習中から僕のことも分かってもらう必要があるし、
    僕が彼らのことを分かる必要があると思う。
    時間がたつにつれ、練習をすることで試合のプレー、連係部分が向上していくと思う」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000071-spnannex-socc

    続きを読む

    1: みつを ★@^^ 2017/04/03(月) 23:15:06.54 ID:CAP_USER9

    no title


     
    http://www.afpbb.com/articles/-/3123647?act=all

    【4月3日 AFP】16-17スペイン1部リーグは2日、第29節の試合が行われ、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)がクラブ通算100得点をマークしたFCバルセロナ(FC Barcelona)は、出場停止のリオネル・メッシ(Lionel Messi)不在をものともせず、グラナダ(Granada CF)に4-1で快勝した。

     同日本拠地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)にアラベス(Alaves)を迎えた首位レアル・マドリード(Real Madrid)は、カリム・ベンゼマ(Karim Benzema)、イスコ(Isco Alarcon)、ナチョ(Jose Ignacio Fernandez Iglesias 'Nacho’)のゴールにより3-0で勝利し、バルセロナとの勝ち点差2を維持した。

     レアルがバルセロナより消化試合が一つ少ない中、両チームは23日にサンチャゴ・ベルナベウで直接対決を迎える。

     バルセロナのルイス・エンリケ(Luis Enrique)監督は、「代表戦による中断期間明けの試合は特別だ。選手は長距離を移動し、疲労を蓄積させているからだ」とコメントしている。

    「アウェーということでさらに難しかったが、われわれはその問題をうまく乗り越えた」

     敵地ヌエボ・ロス・カルメネス(Nuevo Los Carmenes)でバルセロナは、前半数多くの決定機を作りながらも、メッシの得点力を欠いてチャンスをなかなかものにすることができなかった。

     立ち上がりにルイス・スアレス(Luis Suarez)がグラナダのGKギジェルモ・オチョア(Guillermo Ochoa)の頭上を抜いたループシュートがバーをたたくと、その後スアレスが3連続で迎えた決定機はことごとくオチョアに阻まれた。

     しかしスアレスは前半終了間際、ジョルディ・アルバ(Jordi Alba)のパスに抜け出すと、今度はオチョアの頭上を破って先制点をマークした。

     グラナダは後半頭からイングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)からレンタルで獲得しているジェレミー・ボガ(Jeremie Boga)を投入すると、ボガは直後にディフェンスラインの裏に抜け出してファーサイドにシュートを沈め同点とした。

     その後バルセロナは、スアレスのパスからパコ・アルカセル(Paco Alcacer)が昨年8月に加入してから4点目を決めて勝ち越しに成功すると、グラナダは後半37分にウチェ・アグボ(Uche Agbo)が2度目の警告で退場となり逆転の目はついえた。

     アグボ退場の直後にイバン・ラキティッチ(Ivan Rakitic)のシュートからオウンゴールで3点目を奪ったバルセロナは、最後はネイマールがアルカセルのクロスに合わせて出場177試合目で100ゴールを達成した。

     レアルはアラベスの決定力の低さも手伝い無失点で勝利し、5年ぶりのリーグ制覇に一歩前進した。

     レアルのジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督は、「3日おきに試合があれば90分間を通して完璧なプレーなどできない」と話している。

    「われわれは問題を抱えていていいプレーができていなかったが、瞬間的にクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)がボールを持ってパスを出し、イスコがコントロールしてシュートを決めた」

    「あれこそこのチームを表している。われわれはいかなるときでも相手に痛手を負わすことができるんだ」

     レアルは前半10分にラファエル・バラン(Raphael Varane)がハムストリングのけがを再発させ、ダニエル・カルバハル(Daniel Carvajal)と途中交代している。

     ジダン監督はバランについて、「ラファは以前と同じ場所を痛めた。3週間前ほど悪い状態ではないので、大きなけがでないことを願っている」とコメントしている。

     また、ホームでスポルティング・デ・ヒホン(Real Sporting de Gijon)と0-0で引き分けたセビージャFC(Sevilla FC)は、スランプを抜け出すことができず、勝ち点で並んだアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)に直接対決の結果により3位の座を譲っている。(c)AFP/Kieran CANNING

    2017/04/03 12:19(マドリード/スペイン)

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★^^ 2017/04/03(月) 09:03:49.71 ID:CAP_USER9

    C8cRkX2UQAAtIlU

     
    現地時間2日、リーガ・エスパニョーラ2部の第32節、テネリフェvsオビエドが行われた。

    この試合でテネリフェの柴崎岳は加入後初となる公式戦先発出場。75分に交代でピッチから退くまで、チームの攻撃をけん引した。
    試合はアイトール・サンスのPK弾による1点を守りきったテネリフェが1-0で勝利を収め、カディスを抜いて3位に浮上している。

    試合後、柴崎岳が記者会見で先発出場したことについて「初めての先発で、久しぶりだったんで大丈夫かなと思いましたけど、
    75分まで監督もプレーさせてくれたので。
    試合のリズムも日本とはまた違うので、なかなかそれをつかむのも苦労しますけど、試合中に慣れていった部分もあるので、
    良かった部分もたくさんあると思います」と語った。

    オビエド戦でのポジションは左サイドでの起用となったが、
    「サイドに張るより中でプレーした方が僕の特徴が生きるかもしれないですけど、中の選手との距離感を良くしたり、
    近い距離でプレーした方が良いと思ったので。まあ左サイドでしたけど、そこまでポジションにこだわってということもなかったです」と述べている。

    また、リーガでプレーすることについては「試合中のプレースピードだったり、強度が違うと思いますし、
    サッカーの質、試合の質が(日本とは)若干違うのかなと思います。
    自分にとって難しいリーグだとは思っていないですし、十分にプレーできると思っているので。
    観客に関しては非常に熱狂的な、とても16000人とは思えない声援があったので、
    (テネリフェにとってホームの応援が)自慢なんだなということも思った試合でした」と語り、テネリフェのプレーを振り返った。

    テネリフェは次節、9日にラーヨ・バジェカノとのアウェー戦に挑む。果たして、柴崎は続けて先発でピッチに登場するのか。
    ようやく調子が上向きつつある、柴崎の今後の活躍が期待される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000001-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@^^ 2017/04/03(月) 02:53:39.14 ID:CAP_USER9

    C8cRkX2UQAAtIlU
     
    テネリフェ 1-0 オビエド

    得点
    17' アイトール・サンス PK

    (柴崎は先発し75分にスソと交代)

    http://www.livescore.com/soccer/spain/segunda-division/tenerife-vs-real-oviedo/1-2305110/

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/spain/segunda-division/

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/02(日) 15:50:19.90 ID:CAP_USER9
     4月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節ビジャレアル戦で待望の今シーズン初ゴールを記録した
    エイバル所属のMF乾貴士が、自身のTwitter(@takashi73784537)で喜びをつづった。

     3試合連続で先発に名を連ねた乾は、2-1とリードして迎えた77分、高い位置でのボール奪取からペナルティエリア内に侵入し、
    右足のシュートをゴール左上に突き刺した。
    チームはその後1点を返されたが、乾の得点が決勝ゴールとなり、5試合ぶりの白星を手にしている。

     乾は試合から一夜明けた2日にTwitterを更新し、「やっと、やっと、やっと、今季初ゴールが取れました! 長かった」と、
    まずはゴールを報告。

     そして「こんな自分を使い続けてくれた監督、点が取れなくて凹んでる時に声をかけ続けてくれたチームメイト、
    スタッフ、家族、友達、そしてファンの皆さんにほんまに感謝です!! 自分の事のように喜んでくれたのがほんまに嬉しかった」
    と感謝の言葉を述べ、チームメイトとゴールや勝利を喜ぶ写真を掲載した。

     なお、スペイン国王夫妻と安倍晋三首相の食事会出席に向けて一時帰国する乾は、次節から2試合の欠場が見込まれているが、
    この試合で今シーズン通算5枚目のイエローカードを受けたため、いずれにしても次戦は出場停止となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00570829-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^2017/04/01(土) 23:31:03.49 ID:CAP_USER9

    no title

     
    1日のリーガエスパニョーラ第29節、アウェーでのビジャレアル戦で今季初得点を決めたエイバルMF乾貴士だが、
    スペインメディアは同選手が「完璧な1日を過ごした」としている。

    スペイン国王の来日に際して一時帰国するため、リーガの今後2試合を欠場する予定だった乾。
    帰国前、最後の試合となったこのビジャレアル戦では今季初となるゴールを記録したばかりか、
    累積5枚目となるイエローカードを受けてどのみち欠場する予定だった次節ラス・パルマス戦の出場停止が決定した。

    これを受けてスペイン『マルカ』電子版は、乾にとって「完璧な1日」だったと報道。
    同記事では「ゴラッソ(ファインゴール)によってチームの勝利を決定付け、
    日本帰国によって欠場する予定の次節で出場停止となるため、5枚目のイエローカードをうまくもらった」と記している。

    『マルカ』電子版は「サム・カスティジェホに後方からタックルを食らわせて警告を受けるまで、執拗にそれを狙っていた」と、
    乾が狙い通りに5枚目のイエローカードを受けたことを強調。
    またビジャレアル戦の前日会見で「乾は日本から戻ってきた際に、もう一度居場所を確保する必要に迫られる」と発言するなど、
    乾の帰国を快く思っていなかったエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が、
    この試合のゴール&累積警告により「もうそこまで不快に感じていないはずだ」とも記載している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000038-goal-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/01(土) 21:52:56.61 ID:CAP_USER9
    [4.1 リーガ・エスパニョーラ第29節 ビジャレアル2-3エイバル]

     MF乾貴士が所属するエイバルは1日、リーガ・エスパニョーラ第29節でビジャレアルと対戦し、3-2で勝利した。
    5試合ぶりの先発フル出場となった乾は、後半33分に今季初ゴールを決め、勝利に大きく貢献した。

     乾はスペイン国王の訪日に合わせ、6日に東京で開催される安倍晋三首相との晩餐会に出席するため、
    この試合の終了後に一時帰国する。
    7日にチームに戻る予定だが、6日のラス・パルマス戦と9日のセルタ戦を欠場することが決まっている。

     アピールして帰国したい乾は、前半10分に右足ミドルシュートで相手のハンドを誘発。
    これでペナルティーアーク内でFKを得たが、MFペドロ・レオンの右足シュートは壁に阻まれた。
    さらに同32分、FKのこぼれ球から乾が左足シュートを放ったが、わずかにゴール右に外れた。

     後半17分には、イエローカードを受け、これにより累積警告で次節出場停止となった。
    それでも、2-1で逆転して迎えた同33分、相手DFにプレッシャーをかけ、ボールを奪うと、
    そのままドリブルでPA内に侵入し、右足シュートをゴール左隅に流し込み、3-1。
    その後、ビジャレアルに1点を返されたが、3-2でエイバルが5試合ぶりの白星を飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-01638353-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/03/31(金) 17:44:02.39 ID:CAP_USER9
    レヴァークーゼンに所属するドイツ代表GKベルント・レノが、レアル・マドリーからの興味について「光栄」と話している。
    ドイツ誌『キッカー』が報じた。

    先日、レアル・マドリーが今夏のレノ獲得に興味を示しているとドイツ国内の報道によって伝えられた。
    マドリーはすでに来シーズンの守護神確保のため、チェルシーGKティボー・クルトゥワ、
    マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアとコンタクトを取っているとのうわさが流れる。
    しかし、レノのレヴァークーゼンとの契約解除に必要とされるのはわずか2000万ユーロ(約23億8000万円)のため、
    白い巨人が目移りしたようだ。

    レノは欧州王者からの興味について「名誉に思うよ。でも、今はレヴァークーゼンに集中している」と話している。

    また、代理人であるウリ・フェルバー氏は「昨年も海外のクラブからこういったうわさがあった。
    今年もかという感じだよ」とそれほど真剣には取り合っていない様子。
    今シーズンはレヴァークーゼンでブンデスリーガ全試合に出場しているレノだが、さらなるステップアップを視野に入れているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000019-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ