サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: pathos ★@ 2017/09/17(日) 22:21:59.79 ID:CAP_USER9
    naby-keita



     リバプールに所属するブラジル代表MFコウチーニョ獲得に失敗したバルセロナが、同じくリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ獲得に動くようだ。英『ミラー』が報じている。

     バルセロナは今夏、FWネイマールの代役としてコウチーニョの獲得に動き、1億3800万ポンド(約207億8000万円)もの巨額なオファーを提示したが、最終的に移籍は成立せず、獲得失敗に終わっていた。

     25歳のマネは2016年6月にサウサンプトンからリバプールに加入。公式戦29試合で13ゴールを記録し、クラブの年間最優秀選手に選出された。今季もその好調をキープしており、プレミアリーグ開幕3試合で3得点をマークし、8月の月間MVPを受賞していた。

     なお、マネはバルセロナの他にレアル・マドリーとユベントスも関心を示しているという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-01644193-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@ 2017/09/17(日) 22:20:16.26 ID:CAP_USER9
    第4節のヘタフェ戦で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代

     バルセロナのフランス代表MFウスマン・デンベレは、16日に行われた第4節の敵地ヘタフェ戦(2-1)で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代した。試合後、エルネスト・バルベルデ監督は筋肉系のトラブルであることを明かしていたが、最悪の結果を迎えてしまったようだ。バルサは公式サイトで全治3カ月半~4カ月であることを発表している。


     デンベレは今夏、移籍金1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスでドルトムントから加入。パリ・サンジェルマンが期限付き移籍のFWキリアン・ムバッペの1億8000万ユーロ(約236億円)の買い取りオプションを行使するまでは、史上第2位の移籍金という高額で新天地に渡った。

     第3節の本拠地エスパニョール戦でリーグ戦デビューを飾り、続くヘタフェ戦では初の先発出場を飾ったものの、前半29分に左ハムストリングを痛めるアクシデントに見舞われてしまった。指揮官は17日に詳しい検査を行うと話していたが、同日にクラブ公式サイトで発表された検査結果は深刻なものだった。

    「検査の結果、ウスマン・デンベレは左太腿の大腿二頭筋の腱の切断が認められた。来週、フィンランドのサカリ・オラバ医師のもと、手術を受けることになる。完治までの離脱期間は、約3カ月半から4カ月と見られている」

     ネイマールの後釜とまで期待された逸材が、開幕わずか4試合で年内復帰絶望の重傷を負うとは、バルサにとっては痛恨の事態だろう。順調に回復したとすれば、復帰時期は来年1月~2月頃。20歳のアタッカーには、さらに強くなって戻ってくることが望まれる。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010026-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★©2ch.net 2017/09/17(日) 05:01:16.93 ID:CAP_USER9
    ◆柴崎が左足ボレーでゴールも後半早々に負傷交代 チームは1-2逆転負け

    ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、バルセロナ相手に奪い取ったリーガ・エスパニョーラ1部初ゴールによって、メッシを上回る評価を受けている。

    リーガ・エスパニョーラ第4節バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足ダイレクトボレーで先制点を叩きこんだ。
    後半開始早々に負傷交代し、チームも1-2と逆転負けを喫したが、試合後の現地紙採点では両チーム最高タイ評価を獲得している。

    柴崎は前半15分にショートカウンターから左サイドに流れ、左足でラストパスを送ると、DFジェラール・ピケに当たり、あわやオウンゴールという場面を作った。
    勢いに乗る柴崎は、同39分にゴラッソを叩き込む。MFマルケルが空中戦を競り合った高い弾道のボールを、左足ダイレクトで一閃。鋭い弾道を描いたボールはバルサGKテア=シュテーゲンの守るゴールマウスを打ち破った。

    今季ここまで公式戦無失点だったバルサ。昨季バルサ相手に最後のゴールを奪ったのはエイバルの日本代表MF乾貴士の2得点で、
    奇しくも乾と柴崎がシーズンをまたぎリーグのバルサ戦で立て続けにゴールをマークする形になった。

    勢いに乗ったヘタフェは前半終了間際、メッシのゴール左隅ギリギリを狙った直接FKをGKガイタがビッグセーブし、1点リードで前半を折り返した。
    後半に入るとピケが柴崎をファール覚悟で激しく寄せる場面もあるなど、バルサも本気モードに突入。

    同9分には左足甲の部分を痛めるそぶりを見せた柴崎は無念の途中交代となったが、ファンからは万雷の拍手が送られた。

    ◆マルカ紙が柴崎弾を絶賛、二つ星評価

    攻撃のキーマンを失ったヘタフェは徐々に押され気味となり、バルサが牙をむく。
    後半17分に左サイドのFWデウロフェウとDFセルジ・ロベルトのパスワークから最後はMFデニス・スアレスがフィニッシュし、下部組織出身トリオによって1-1の同点に追いついた。

     その後、試合は両チームともチャンスを作ったものの、途中出場のMFパウリーニョが大仕事をする。

    カウンターからメッシのスルーパスを受けたパウリーニョは、マーカーをもろともせず右45度の位置からゴール左隅に叩き込み、バルサが2-1と勝ち越し。
    アディショナルタイムにヘタフェが猛攻を仕掛けたものの、スコアは動かず終了した。

    スペイン紙「マルカ」は試合速報で「ガクはボールを芸術品に変えた」とゴールを絶賛。FWモリーナらとともに二つ星(満点は三つ星)を与えられている。
    一方、バルサはこの日ゴールを挙げたMFデニス・スアレス、MFパウリーニョが2つ星だが、パウリーニョのゴールをお膳立てしたFWメッシ、前半のみで交代したMFイニエスタが1つ星にとどまっている。

    負けたとはいえ、柴崎が残したインパクトは大きかったようだ。

    写真
    no title


    9/17(日) 2:05配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010004-soccermzw-socc

    【サッカー】<柴崎岳>バルサ戦で先制ゴール!ダイレクトの衝撃ミドルで先制点を奪取も、負傷交代...ヘタフェはバルセロナに1-2惜敗★3
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505590031/

    続きを読む

    1: Egg ★@©2ch.net 2017/09/17(日) 07:24:02.41 ID:CAP_USER9
    DJ2w-aMVAAAFs12



    英国の『BBC Sports』は速報サイトと公式ツイッターで、衝撃ゴールを詳報した。
     
     リーガ・エスパニョーラ4節のヘタフェvsバルセロナ戦。その39分に日本代表MF、柴崎岳が左足で決めた豪快弾を、世界的な老舗放送局は「ジャパニーズ・ナイトメア(日本人の悪夢)」と銘打ち、以下のように伝えた。
     
    「こんな宝石のようなゴールは滅多にお目にかかれない。バルセロナにとってはまさに『日本人の悪夢』だ。なぜなら昨シーズンもカンプ・ノウでエイバルのタカシ・イヌイに手痛い2ゴールを奪われている。鉄壁を誇るディフェンス陣が、なにせこの4か月で3得点も(日本人選手に)決められているのだから」
     
     加えて、ツイッターではゴールシーンをこう描写している。
     
    「なんてストライクだ! ここまでのバルサはまるで“らしさ”がない。彼らは驚愕のサンダーボルトによって罰を下されたのだ。シバサキは浮き球に鋭く反応し、自信満々に左足を振り抜いた。マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがどんなに優秀であろうと、あればかりは止められない」
     
     柴崎は54分に左足首を痛めて無念の交代。試合はその後にバルサの猛反撃を受け、ヘタフェは1-2の逆転負けを喫している。

    9/17(日) 5:04配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030073-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg  ©2ch.net 2017/09/17(日) 10:24:25.38 ID:CAP_USER9
    ハーフタイムの時点で1点をリードされ、昇格組ヘタフェに金星を献上してもおかしくなかったバルセルナ。だがそれでも、終盤に2ゴールを奪い、見事な逆転勝利。全国紙の『Marca』は「バルサが底力を見せた。中盤をリフレッシュさせて見事に勝ち切った」と、その試合巧者ぶりを称えた。
     
    「ヘタフェのグラウンド(芝)はとてもドライで、まるでボールが走らない。そこからペースを崩したのは明らかで、連携やパスワークのミスからバルサは敵のカウンターを許した。火曜日のユーベ戦(チャンピオンズ・リーグ)からあえてローテーションしなかったのも裏目に出たと言わざるを得ない。ウスマンヌ・デンベレがハムストリングを傷めて交代したのも無関係ではない。チーム全体の動きが重く、ジェラール・ピケはヘタフェの攻撃陣にいいようにやられていた」
     
     柴崎岳に鮮烈弾を決められたバルサのエルネスト・バルベルデ監督は、後半頭からアンドレス・イニエスタに代えてデニス・スアレスを投入。一気に中盤での機動力を向上させると、62分、その23歳のスペイン代表MFが技巧的なショットで同点ゴールを決める。さらに77分から新加入のMFパウリーニョを送り込むと、今度はそのブラジル代表MFが84分、リオネル・メッシのスルーパスに呼応して逆転弾を蹴り込むのだ。
     
    「バルベルデが見事な修正力で勝利を手繰り寄せた。ヘタフェは殊勲の背番号10、ガク・シバサキの負傷交代(54分)が痛かった。ホセ・ボルダラス監督のプランは崩れ、アルバロ・ヒメネスを投じたものの、中盤での構成力が明らかに低下。バルサに付け入る隙を与えたといっても過言ではない。いずれにせよ、前半のシバサキの衝撃ゴールはかき消され、終わってみればバルサのしたたかさが際立つゲームとなった」
     
     注目の採点は、最高評価の「3」が該当者なしで、「2」が8名に及んだ。バルサがD・スアレス、パウリーニョ、アンドレ・テア=シュテーゲン、サミュエル・ウンティティの4人で、健闘したヘタフェからはダミアン・スアレス、ジェネ、ホルヘ・モリーナ、そして柴崎の4人が好評価を得た。

    9/17(日) 4:31配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030064-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    11: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/09/17(日) 01:15:32.50 ID:vXmwXymB0

    DJ2w-aMVAAAFs12


    柴崎岳の軌跡 

    レアル戦大活躍 
    ↓ 
    オファーなし 
    ↓ 
    ロベルト佃 売り込み 
    ↓ 
    リーガ二部に滑り込み決定 
    ↓ 
    環境適応に苦戦 
    ↓ 
    ロベルト佃 現地で食事面でサポート 
    ↓ 
    復調してゴール 
    ↓ 
    ロベルト佃 リーガに売り込み 
    ↓ 
    リーガ一部移籍決定 
    ↓ 
    バルサ戦でスーパーゴール ←今ココ 

    代理人のロベルト佃がクッソ有能すぎる件 

    リーガ(柴崎)、プレミア(岡崎)、ブンデス(長谷部)、セリエ(長友)、俊輔(スコットランド) 

    みんな大活躍してるwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/09/17(日) 01:04:23.01 ID:CAP_USER9
    ヘタフェMF柴崎岳が、16日のリーガエスパニョーラ第4節で負傷による途中交代を余儀なくされている。

    39分に左足で豪快なボレーを沈めた柴崎だが、53分に左足首を痛め、アルバロ・ヒメネスと交代でピッチを去った。
    本拠地コリセウムの観衆は「ガーク!」コールで柴崎を送り出した。

    柴崎が交代したヘタフェだが、後半15分時点で、日本人MFの得点で1点リードしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000044-goal-socc
    9/17(日) 0:42配信

    https://www.youtube.com/watch?v=8MTEl5L5bPg


    柴崎岳がバルセロナ相手にスーパーゴール! ヘタフェ×バルセロナ 2017年9月16日【サッカー/リーガ】

    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2017/09/17(日) 00:41:21.80 ID:CAP_USER9
    no title


    現地時間16日にリーガエスパニョーラ第4節の試合が行われ、ヘタフェはホームにバルセロナを迎えて対戦。この試合で先発出場を果たした柴崎岳が先制ゴールを決めた。

     昨季は1部昇格を目指しスペイン2部のテネリフェで戦っていた柴崎。今夏の移籍市場でヘタフェに移籍し、背番号10をつけて戦っている。今節、リオネル・メッシやルイス・スアレス、ウスマン・デンベレなどを擁するバルセロナとの一戦でスタメン出場を果たした。

     試合開始して16分、左サイドを走ってきた柴崎がゴール前に向けてクロス。このパスが相手に当たって軌道が変わったが、ゴール前に詰めたホルヘ・モリーナは惜しくもゴールに押し込むことが出来ず。

     対するバルセロナは29分に不運が襲う。今夏の移籍市場で1億500万ユーロ(約136億円)を支払って獲得したウスマン・デンベレが負傷交代することに。すると41分、浮き玉をダイレクトで柴崎が合わせて先制ゴールを決めている。

    9/16(土) 23:57配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00231553-footballc-socc

    ■柴崎岳がバルセロナ戦で衝撃ゴール!レアルとバルサから得点した初の日本人選手に

    柴崎は鹿島アントラーズに所属していた昨年12月、クラブ・ワールドカップ決勝でレアル・マドリー相手に2得点を決めた。バルセロナ、レアル相手に公式戦で得点を決めた初めての日本人選手となっている。

    9/17(日) 0:26配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000043-goal-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170916-00231553-footballc-000-1-view.jpg

    2017/09/17(日) 00:01:33.87
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505574093/

    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ