サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    今夏の移籍市場で1億4550万ポンド(約261億円)の超大型補強を敢行したマンチェスター・ユナイテッド。
    ところが、プレミアリーグでは1勝2分2敗と大きく出遅れ、期待を裏切っている。

    ファン・ハール監督への批判も出ているが、今冬もしくは来夏も多額の資金を投じて選手を獲得するかもしれない。

    その目玉となりそうなのが、かつてユナイテッドに在籍し、レアル・マドリーへと移籍したクリスティアーノ・ロナウド。
    先週、ファン・ハール監督はロナウド獲得への興味を現地メディアに認めたばかりだが、その金額はあまりに巨大にものになるだろう。
    25日の英ガーディアンがその金額を計算している。

    ロナウドは巨額の移籍金もさることながら、高額な年俸を保証しなければならない。
    スペインでは2100万ユーロ(約29億4000万円)を受け取っているが、52%の所得税があるためには約61億円を支払っている。

    ガーディアンによれば、これと同等以上を保証するために1976万ポンド(約35億円)の年俸を保証し、4年契約。
    そして移籍金を合わせると1億4000万ポンド(約252億円)が必要になると試算。

    ユナイテッドのエド・ウッドワードCEOはこのような天文学的な金額を投じても、ロナウドによる広告効果やシャツの売上で十分にこの投資が成功すると信じている。

    ロナウドの代理人はファルカオと同じくジョルジュ・メンデス。世界一の“やり手”代理人であるためこの話には乗ってくるだろう。
    だが問題は、本人が同意するかだ。ロナウドは「僕の将来はマドリーにある。今は将来について話さない。意味がない」と語っている。

    ロナウドは古巣の動向を注意深く見ていくだろう。現在はプレミアリーグで12位。
    毎年バロンドールを狙う彼にとって、このような低空飛行を続けるクラブに在籍してしまうことは、あまり得策ではないからだ。

    9月26日(金)13時27分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140926-00010007-footballc-socc

    続きを読む

    no title


    レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、古巣マンチェスター・ユナイテッドに復帰するという噂を一蹴した。

    2003年から2009年までユナイテッドに在籍したC・ロナウドは、09年夏にサッカー史上最高額の8000万ポンドでユナイテッドからマドリーに移籍した。

    C・ロナウドは、今夏MFアンヘル・ディ・マリアやMFシャビ・アロンソを放出したマドリーの補強策に不満をあらわにしていた。

    一方でユナイテッドのFWラダメル・ファルカオ獲得を称賛するなどしたことで、ユナイテッド復帰報道が過熱している。

    だが、ポルトガル代表FWは復帰の可能性を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。

    「僕の未来に関する話は、すべて憶測だよ」

    「僕の未来はレアル・マドリーにある。今シーズンが順調に進んでいて幸せなんだ。自分の将来に関しては話さない。それは意味のないことだからね」

    GOAL 9月25日(木)21時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00000032-goal-socc

    続きを読む

    460478_heroa


    リーガ・エスパニョーラ第5節が24日に行われ、マラガとバルセロナが対戦。試合はスコアレスドローに終わった。

    スペイン紙『ムンド・デポルティボ』や『アス』は、同試合でバルセロナが枠内シュート0本に終わったことを伝えている。
    両メディアともバルセロナが同試合で放ったシュートが10本で、枠外に飛んだのが5本、DFのブロックに遭ったシュートが5本で、
    マラガのGKイドリス・カメニにセーブを強いた場面はなかったと伝えた。

    また、両メディアとも、同試合でのバルセロナのボール支配率が70%を超えていたことも併せて伝えている。

    なお、サッカーの様々な統計データを集めている『Opta』では、バルセロナの枠内シュートが0本に終わったのは、
    2003-04シーズン以来だったと、公式ツイッターで情報を発信している。

    SOCCER KING 9月25日(木)16時54分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00235867-soccerk-socc

    動画
    http://www.ballball.com/ja-jp/article/43043-video-malaga-0-0-barcelona-blaugrana-fail-to-register-a-shot-on-target-for-the-first-time-in-a-decade/

    続きを読む

    12918e50-s


    サッカースペインリーグ、レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが
    MFハメス・ロドリゲスとの不仲説を鼻で笑うように否定した。23日のスペイン紙マルカとアスが報じている。

    メディアに公開された22日の練習でのこと。2グループに分かれてパス回しを始める場面で、
    ロナウドはロドリゲスの腕を取り、一度は追い払うように見せながらも手は離さず、今度は抱きかかえた。

    冗談まぎれにひざ蹴りをする仕草まで見せて、自分のいるグループに引き入れた。
    一連の動きは居並ぶカメラの前で展開したもの。

    ロナウドはロドリゲスと2人でいるところで自身の腕を挙げて注目を集めるようにしながら、
    マドリードでは“新人”となる選手との友好関係をアピールした。

    話の発端は先週、ポルトガル代表選手がコロンビア人選手を別のグループへ追いやった場面があり、
    両選手の関係が良好ではないとの憶測が周囲から出ていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140923-00000061-dal-socc

    続きを読む



    MFhav


    ハーフナー見せ場つくれず「勝負する球来ない」サポはブーイング

    セビリア戦でキープするコルドバのハーフナー(右)
    Photo By 共同

     サッカーのスペイン1部リーグ、コルドバのハーフナー・マイクは21日、ホームのセビリア戦で
    先発したが、見せ場をつくれないまま後半14分に退いた。試合は1―3で敗れた。

     ハーフナーはボールをなかなか受けられず、不完全燃焼のままベンチへ退き「勝負する球が来ない。
    自分が考える部分でもあるけど、味方に要求してもいいかなと思う」ともどかしそうだった。

     4試合に先発したが、まだ無得点。交代時には初得点を期待するサポーターからブーイングも飛んだ。
    「点を取る選手として移籍してきたわけだから、サポーターもそれを求めている。当たり前かな」と
    冷静に受け止めた。(共同)

    [ 2014年9月22日 08:11
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/22/kiji/K20140922008973070.html

    続きを読む


    2014/09/21 20:10:00

    『マルカ』が報じる

    スペイン『マルカ』は、レアル・マドリーが本拠地サンチャゴ・ベルナベウのネーミングライツを
    アブダビ首長国に売却する可能性を報じた。

    ベルナベウの全面改装費4~5億ユーロを工面するため、同スタジアムのネーミングライツの売却に
    動いているマドリー。スペイン『アス』はベルナベウがエミレーツ航空の名を冠すると報じていたが、
    『マルカ』によればアブダビ政府が経営する石油精製の投資ファンドIPICとの合意により、
    アブダビ・サンチャゴ・ベルナベウ、アブダビ・ベルナベウといった名になる可能性が高いという。

    マドリーは今回のネーミングライツの売却により2034年までに年間2500万ユーロ、
    総額で4億5000万ユーロ~5億ユーロの収入を確保する見込み。同クラブのフロレンティーノ・
    ペレス会長は21日のソシオ(クラブ会員)総会で、スタジアム名の変更についての反応をうかがう方針とされる。

    http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%B9%E3%9A
    %E3%A4%E3%B3/2014/09/21/5121428/%E3%9E
    %E3%89%E3%AA%E3%BC%E6%9C%AC%E6%8B%A
    0%E5%9C%B0%E3%AE%E5%8D%E3%AF%E3%A2%E3%96%E3%80%E3%93%E3%B5%
    E3%B3%E3%81%E3%A3%E3%B4%E3%99%E
    3%AB%E3%8A%E3%99%E3%A6%E3%AB?ICID=HP_BN_1

    続きを読む




    デポルティボ・ラ・コルーニャ 2-8 レアル・マドリード

    0-1 29' C・ロナウド
    0-2 36' ハメス・ロドリゲス
    0-3 41' C・ロナウド
    1-3 51' メジュニュニン(PK)
    1-4 66' ガレス・ベイル
    1-5 74' ガレス・ベイル
    1-6 78' C・ロナウド
    2-6 84' トチェ
    2-7 88' ハビエル"チチャリート"エルナンデス
    2-8 92' ハビエル"チチャリート"エルナンデス

    http://www.goal.com/en/match/deportivo-la-coru%C3%B1a-vs-real-madrid/1821405/live-commentary?ICID=MP_MS_3

    続きを読む

    news_cruyff_900_0407



    ヨハン・クライフ氏は、バルセロナで自身が指導した選手でもあったジョゼップ・グアルディオラ監督を称賛し、
    ジョゼ・モウリーニョ監督よりも優れた指揮官だと主張している。

    それぞれバルセロナとレアル・マドリーを率いてタイトルを争ったグアルディオラ監督とモウリーニョ監督は、
    現在それぞれバイエルン・ミュンヘンとチェルシーを率いている。クライフ氏はドイツ『ビルト』に対し、両者の比較を次のように述べた。

    「グアルディオラはモウリーニョより優れているか? 私にとっては、そのとおり。明らかにそうだ。
    グアルディオラはサッカーを良くすることを望んでおり、自身のチームを別のレベルへと導きたいと考えている」

    「モウリーニョとは異なり、彼は10万人のファンの前でも戦ってきた。彼は試合そのものを話題の中心にしている。
    モウリーニョは彼のチームや、彼の能力や、彼のメンタリティーについて話をするだけだ」

    クライフ氏はグアルディオラ監督を「世界最高の監督の一人だと思う」とした上で、さらに次のように賛辞を送っている。

    「グアルディオラが本当に際立っている点は、彼は自分のサッカーのスタイルをチームに強制しないということだ。
    彼は何がチームにとってベストであるかを分析し、細かい部分をよく利用した上で、それを通してチームを可能な限り大きな成功へと導いていく」

    「スペインがグアルディオラの選手7人を擁して2010年ワールドカップを制し、今回ドイツが彼の選手6人か7人を擁して優勝したのは偶然ではない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000020-goal-socc

    【サッカー】モウリーニョ監督がきつい一発「グアルディオラがハゲているのはサッカーを楽しんでいないから」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1410524353/

    続きを読む

    サッカースペインリーグ、レアル・マドリードが昨季会計で6億200万ユーロ(約841億6000万円)の累積債務があるとしてい
    20日のスペイン紙アスが報じた。

    金額はクラブが内部役員に伝えた正規の数字で、21日に行われるクラブ評議会に承認を求めることになっている。
    債務全額の半数以上にあたる3億6100万ユーロ(約504億5000万円)は短期の対応が必要なもので、1年以内になんらかの解決が必要だという。

    また一昨季終了時点債務は5億4100万ユーロと、1年でおよそ10%増加、一方の収入は5%増と典型的なマイナス成長となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000057-dal-socc


    【サッカー】レアル・マドリード、総収入史上最高の約822億円を計上!10年連続で世界で最も収入の多いスポーツクラブに
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1410139458/

    レアル・マドリッド公式HP ペレス会長、13/14シーズンの収支収入バランスを発表
    http://www.realmadrid.com/ja/news/2014/09/florentino-perez-presento-las-cuentas-correspondientes-al-ejercicio-2013/14

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ