サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/13(水) 01:43:02.36 ID:???*.net

    ldo


     
    バルセロナFWルイス・スアレスが、
    チームメートのFWリオネル・メッシとレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの違いについて語っている。

    リーガエスパニョーラで得点ランクの首位に立つC・ロナウド(42得点)と僅差で2位につけるメッシ(40得点)。
    同率で3位に並ぶFWネイマール、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン(22得点)のゴール数から見れば、2選手がいかに突出した存在かが分かる。

    L・スアレスは、アルジェリア『Le Buteu』で世界のトップを走る2選手に関して自身の考えを口にしている。スペイン『スポルト』が、コメントを伝えた。

    「メッシのものは天性だ。彼こそが世界一の選手だよ。彼はああいった特長を備えて生まれてきたんだ」

    「ロナウドは、すごく向上した。現在のレベルに至るまで、厳しく練習してきたんだと思う。(デビューした)当初は、今ほどのレベルにはなかった。だけど、一番はメッシだよ」

    またL・スアレスは、キャリアの終盤を他国で過ごす可能性を問われると、こう返答した。

    「正直に言うと、分からないね。だから何も言えないよ。中国や日本、カタール、アメリカとかになるのかもしれない。
    一般的に、このあたりの国がキャリア終えるのに素晴らしい機会となっているからね。今の時点ではバルセロナの日々を楽しんでいるよ」

    GOAL 5月12日(火)22時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00000025-goal-socc

    続きを読む




    バルサ ネイマール2発で●も初戦リード生かし決勝へ 欧州CL

    スポニチアネックス 5月13日(水)5時39分配信

    <欧州CL準決勝第2戦 バイエルンM―バルセロナ>同点ゴールを決め歓喜のバルセロナFWネイマール(AP)

     欧州CL準決勝第2戦の1試合が12日(日本時間13日)、ミュンヘンで行われ、バイエルン・ミュンヘン
    (ドイツ)とバルセロナ(スペイン)が対戦。バイエルンが3―2が勝ったが、第1戦を3―0で制したバルセ
    ロナが2戦合計5―3としてで4季ぶりの決勝進出を決めた。

     初戦を0―3で落としたバイエルンは、ホームで圧倒的勝利が必要。試合は前半7分、バイエルンが右CKから
    DFベナティアのヘディングが左隅に決まり先制した。15分には、バルセロナのFWメッシが一瞬で抜け出した
    FWスアレスにパス、左に走ったFWネイマールが受けてきっちりゴールを決めて追いつくと、29分にも同じような
    形でパスを受けたネイマールが2点目を決めて逆転に成功した。

     前半はバルセロナ1点リードで折り返し。後がないバイエルンは14分、FWレバンドフスキがゴール前正面で
    巧みなステップで相手をかわしてゴールに蹴りこんで同点とした。この後も果敢に攻め込んだが、さらなるリードは
    奪えなかった。

     バイエルンは2季ぶりの決勝進出を逃した。

     準決勝第2戦のもう1試合はレアル・マドリード(スペイン)―ユベントス(イタリア)は13日(日本時間14日)
    マドリードで行われる。第1戦はユベントスが2―1で勝利している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000002-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 20:45:33.36 ID:???*.net

    187128594-500x332

     
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールは、
    9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節のレアル・ソシエダ戦で1ゴールを記録。

    その得点はネイマールにとって、
    バルセロナのユニフォームを着て決めた通算50ゴール目だった。

    2013年夏にバルセロナに入団したネイマールは公式戦87試合で50得点を達成。
    その得点を積み重ねるスピードは同僚のアルゼンチン代表リオネル・メッシよりも速い。スペイン紙『アス』が伝えている。

    87試合で50得点を達成したネイマールに対して、メッシは50ゴールを決めるまでに119試合を必要とした。
    ネイマールが、いかにとてつもないスピードでゴールを積み重ねていることがわかる。

    ネイマールは今シーズンだけで公式戦35得点を記録し、そのゴールスコアラーとして才能も開花させている。

    最近3週間ではエスパニョール戦、ヘタフェ戦、コルドバ戦、レアル・ソシエダ戦、
    そしてチャンピオンズリーグではパリ・サンジェルマン戦、バイエルン戦と6試合連続でゴールを決めており、好調を維持している。

    今シーズンも残すは、リーガ・エスパニョーラの2試合、そしてチャンピオンズリーグが多くても2試合、コパ・デル・レイ決勝。
    残り4ゲーム(もしくは5ゲーム)でネイマールはどこまで得点数を伸ばすのだろうか。

    SOCCER KING 5月12日(火)14時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00311840-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 09:59:36.64 ID:???*.net
    リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは、どちらが優れているのか、何かと比較される存在だ。
    世界中のサッカーファン共通の話題について、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が『スカイ・スポーツ』で持論を語った。

    近年、クラブのタイトル争いと、それに伴う個人のゴール数で競り合っている2人は、
    今季もメッシが公式戦で53得点、C・ロナウドが54得点と、高いレベルの競争を継続中だ。

    しかし、かつてのスーパースターは、2人に大きな違いはないと考えている。

    「メッシとクリスティアーノ、どちらが優れているのかを、得点の数が示しているわけではない。私は2人が同じレベルにあると考えている」

    ただし、ゴールを決められるエリアの広さについては、C・ロナウドの方に分があるとみている。

    「クリスティアーノはゴール前の『プレデター』だね。敵陣のすべてのエリアからゴールを決めることができる
    ゴールキーパーは2人を恐れているけれど、正直に言えば、より恐れているのはクリスティアーノだ。
    メッシには同レベルのパワーがないから、遠い位置にいればゴールキーパーは怖くない。クリスティアーノは信じられないプロフェッショナルだよ」

    5月11日(月)10時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00000005-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:28:51.28 ID:???*.net

    281808hp2

     
    レアル・マドリーMFガレス・ベイルの代理人は、同選手の不振はチーム内での扱いにも問題があるとして、

    チームメートはもっとベイルにパスを出すべきだと主張している。

    マドリーでの2年目の今季はたびたび批判の対象となっており、チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのユヴェントス戦でも酷評されたベイル。

    だが代理人のジョナサン・バーネット氏は、批判は不当なものだと感じているようだ。イギリス『テレグラフ』が同氏のコメントを伝えた。

    「マドリーはガレスと一緒に仕事をして、彼にもっとパスを出すべきだ。彼にもっとボールを与えて、得意なプレーを見せられるようにしなければならない」

    「チームメートたちが彼と一緒に仕事をして、彼を助けるのであれば、ベイルはレアル・マドリーのベストプレーヤーになれるだろう。マドリーがそれを受け入れることを願っているよ」

    マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に関心を示しているとして、プレミアリーグへの復帰の可能性も噂されるが、バーネット氏ははっきりと否定している。

    「世界中のどのトップクラブでも彼と契約したいと思うだろう。だが彼は来シーズンもレアル・マドリーにいるよ。夏にどこかへ行くことはあり得ない」

    「我々は彼がずっとマドリーでのプレーを望んでいたといったが、それは100%事実だった。彼にはそこで成功したいという決意がある」

    GOAL 5月10日(日)19時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00000023-goal-socc

    写真
    http://www.realmadrid.com/cs/Satellite?blobcol=urldata&blobheader=image%2Fpng&blobkey=id&blobtable=MungoBlobs&blobwhere=1203352290343&ssbinary=true

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 06:50:49.30 ID:???*.net

    E3838DE3eb

     
    リーガ・エスパニョーラ第36節が9日に行なわれ、バルセロナとレアル・ソシエダが対戦した。

    6日に行なわれたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグではバイエルンを相手に3-0の快勝を収め、
    決勝進出に大きく近づいたバルセロナ。リーグ戦でもレアル・マドリードとの激しい優勝争いを演じており、1試合も気が抜けない状況が続く。

    最初にチャンスを作ったのはバルセロナ。9分、右サイドのダニエウ・アウヴェスがクロスを上げると
    ファーサイドのルイス・スアレスが頭で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。

    続く13分、左サイドからネイマールが突破を仕掛けると、中央のリオネル・メッシとワンツーから右足シュート。
    しかし、ここはGKヘロニモ・ルジに止められてしまう。

    なかなかゴールを奪えないバルセロナ。34分、ペナルティエリア右でメッシがボールを持つと、切り返して左足でクロスを供給。
    ファーサイドのスアレスが再びヘディングシュートを放ったが、今度はゴール右に外れてしまった。このまま0-0で前半を折り返す。

    後半開始早々の47分、バルセロナは右CKを獲得するとキッカーのシャビがクロスを上げる。
    飛び込んだマルク・バルトラがヘディングで狙ったが、またしてもルジの好セーブに遭ってしまう。

    しかし51分、遂に試合が動く。右サイドからメッシがクロスを上げると、中央で相手DFはクリアしきれずボールはファーサイドへ。
    これをネイマールが頭で押し込み、バルセロナが先制に成功した。
    ネイマールにとってはバルセロナの公式戦通算50ゴール目となった。

    その後も追加点を狙うバルセロナ。65分にD・アウヴェスがクロスを上げると、
    再びネイマールが頭で合わせたが、ここはルジの正面だった。

    バルセロナは、74分にシャビを下げてアンドレス・イニエスタ、
    82分にはラフィーニャを下げてペドロ・ロドリゲスを投入する。

    85分、ペナルティエリア左でスアレスがボールを持つと、右足アウトサイドで右サイドのメッシへパス。
    メッシが中央へ折り返すと、相手DFに当たって浮き上がったボールをペドロが豪快なオーバーヘッドで蹴りこみ、追加点を奪った。

    このまま試合は終了し、バルセロナが2-0でレアル・ソシエダに勝利。
    5連勝で首位をキープしている。

    次節、バルセロナは敵地でアトレティコ・マドリードと対戦する。

    【スコア】
    バルセロナ 2-0 レアル・ソシエダ

    【得点者】
    1-0 51分 ネイマール(バルセロナ)
    2-0 85分 ペドロ・ロドリゲス(バルセロナ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00310914-soccerk-socc
    SOCCER KING 5月10日(日)2時50分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00310914-soccerk-socc.view-000
    先制点を挙げたネイマール(中央)

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/esp/esp-10634337.html

    順位表
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/

    続きを読む



    リーガ・エスパニョーラ第36節が9日に行われ、レアル・マドリードとバレンシアが対戦した。

    レアル・マドリードは前節のセビージャ戦を3-2でなんとか勝利した。
    しかし、5日に行なわれたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグでは、
    敵地でユヴェントスに敗れ、屈強に立たされている。
    今節は4位のバレンシアと厳しい相手が続くが、首位バルセロナを追うためにも勝ち点3が求められる。

    最初に決定機を作ったのはレアル・マドリード。14分、ペナルティエリア右でガレス・ベイルが倒されFKを獲得する。
    これをベイルが自ら狙ったが、ボールは惜しくもクロスバーに弾かれ得点には至らなかった。

    続く17分、右サイドでFKを獲得すると、クロスボールのこぼれ球をベイルがボレーシュートで狙ったが、ここもクロスバーに当ててしまう。
    19分にはハメス・ロドリゲスが蹴った右CKをクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで合わせたが、またしてもクロスバーに阻まれた。

    すると、同じ19分にカウンターからバレンシアが攻める。左サイドをドリブルで持ち上がった
    ホセ・ルイス・ガヤがアーリークロスを供給。中央に走り込んだパコ・アルカセルが合わせてバレンシアが先制する。

    追い打ちを掛けるようにレアル・マドリードにアクシデント。25分に太ももを痛めたトニ・クロースがアシエル・イジャラメンディと負傷交代する。
    そして26分、バレンシアが左サイドでFKを獲得すると、ダニエル・パレホのクロスに合わせたのはハビ・フエゴ。
    ヘディングシュートがゴール右下に決まり、バレンシアが追加点を奪った。

    厳しい状況に追い込まれたレアル・マドリードだが、必死に反撃を図る。
    32分、右サイドから切り込んだベイルが左足で強烈なミドルシュート。しかし、ここはGKジエゴ・アウヴェスの好セーブに遭ってしまう。
    40分にはペナルティエリア手前からハビエル・エルナンデス、ベイルと繋ぎ、
    折り返しをJ・エルナンデスが合わせたが、ここも左ポストに当ってしまう。

    【スコア】
    レアル・マドリード 2-2 バレンシア

    【得点者】
    0-1 19分 パコ・アルカセル(バレンシア)
    0-2 26分 ハビ・フエゴ(バレンシア)
    1-2 56分 ペペ(レアル・マドリード)
    2-2 84分 イスコ(レアル・マドリード)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00310909-soccerk-socc
    SOCCER KING 5月10日(日)4時54分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00310909-soccerk-socc.view-000
    失点に下を向くC・ロナウド(右)

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/esp/esp-10634341.html

    順位表
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 18:05:48.02 ID:???*.net
     
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称え、驚かせている。
    スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。

    チェルシーは、10日に行われるプレミアリーグ第36節でリヴァプールをホームに迎えて対戦する。

    モウリーニョ監督は同試合に向けた会見で、
    6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグのバイエルン戦で、2得点を決めたメッシについてコメントした。

    「メッシは唯一だ。いつも違いを生み出す。彼といっしょならば、どんな偉大なチームもチャンピオンズリーグに勝つことができる」

    かつてレアル・マドリードの指揮官として、バルセロナ、そしてメッシと対戦し、敵対していたモウリーニョ監督。時が経ったとはいえ、
    最大のライバルを同監督が称えるとは、誰も想像していないことだった。

    「メッシは私が相手にした最も危険なライバルだった。彼と対峙する度に、何時間も何時間もどうコレクティブに彼を封じるかを考えていた。
    もう彼をマンマークすることは不可能だったんだ」

    モウリーニョ監督はレアル・マドリードの退団時にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの不仲がささやかれていた。
    その影響もあり、今シーズンのプレミアリーグを制した同監督は、メッシを称えたのかもしれない。

    2015.05.09. 13:37
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150509/310722.html

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ