サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 20:41:02.10 ID:CAP_USER*.net

    cb1709f4

     
    リーガエスパニョーラ第13節、乾貴士の所属するエイバルはホームにレアル・マドリーを迎えた。
    結果は0-2と敗れたものの、立ち上がりから弱点を突く守備でマドリーを苦しめた。
    しかし、乾のパフォーマンスは十分とはいえないもの。乾もかつて多くの日本人選手が苦しんだ壁に当たっている。

    エイバルの躍進を支える守備力

     城彰二、西澤明訓、大久保嘉人、中村俊輔、家長昭博、指宿洋史、ハーフナー・マイク…
    これまで7人の日本人選手が1部リーグのピッチを踏みながら誰1人として成功と呼べる結果を手にすることができなかったスペイン。
     そのリーグに今季、乾貴士がチャレンジしている。ここまでリーグ戦7試合に出場して5度の先発。
    8試合目の出場、6度目の先発となった第13節はホームにレアル・マドリーを迎える一戦だった。
     所属するエイバルは、昨季18位と降格圏で終えながら、13位エルチェが財政面の問題から降格処分と
    なったことで“たなぼた残留”を手にしたクラブ。
     それでも今季は、ここまで5勝5分け2敗で勝ち点20を獲得。すでに勝ち点35だった昨季の半分以上を稼ぎ、
    7位という順位でこの一戦を迎えた。
     その躍進の最大の要因となっているのが、オプタのデータによるランキングの「ディフェンシブ・アクション」
    でリーグトップの評価を得ている守備である。
     レアル・マドリーをホームに迎えたこの一戦でも立ち上がりから効果的な守備力を発揮。
    相手の中盤にプレッシャーをかけることで前線との連係を寸断し、思い通りの攻撃を許さなかった。
     リーガエスパニョーラというリーグは主にテクニックを重視したリーグと言われ、日本のサッカーに
    近いという意見も一部にある。そして日本代表はスペインのようなサッカーを志していることでも知られている。
     しかし、実際には選手個々の技術力の高さはあくまでプラスアルファの部分でしかない。
    ほぼ全てのチームがレアル・マドリーやバルセロナというチームを相手に勝ち点1でも獲得するために
    明確なゲームプランを持って試合に臨んでいる。

    下位のチームは当然、守備を重視したプランで臨むが、それはただ自陣に引きこもるのではなく、
    マドリーでもバルサでもしっかりと弱点を分析して試合ごとに戦い方を変えている。
     例えば、簡単に挙げるとバルセロナを相手にする場合には高い位置からDFラインにプレッシャーをかける。
    マドリーを相手にする場合は中盤と前線を切り離すようにボールの出し手であるモドリッチやクロースに
    プレッシャーをかける。
     プレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガ、そしてJリーグと比べても格段に戦術の幅が広く、
    その“IQレベル”は高いといえる。日本人選手が活躍できない理由は、タイプや相性ではなく単純に
    このリーグでプレーするレベルの選手がいないということだろう。
     特に、まだまだ戦術的IQが低い日本サッカーがスペインサッカーを模倣することは何よりも至難と考えられる。
     そして、そういった優れた戦術にさらに自らのストロングポイントを加えていく。それこそが特徴として語られる
    技術力であり、先発起用された乾に期待されている部分だと考えられる。
     しかし、乾はここまで0ゴール1アシストと結果を残せているとは言い難い。さらに詳しくスタッツを見ても、
    生み出したチャンスはわずか5回、1対1を仕掛けた数も9回と十分ではない。
     今回のレアル・マドリー戦では3本のシュートを放つも、チャンスメイクはわずか1回、
    1対1は2度仕掛けたものの勝利は0に終わった。ここまで乾は、オプタのデータによる
    「パフォーマンス・スコア」(攻撃、守備、ポゼッションでの採点)でも-59とチームワースト3の評価となっている。

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 02:09:07.33 ID:CAP_USER*.net
    リーガ・エスパニョーラ第13節が28日に行われ、バルセロナとレアル・ソシエダが対戦した。

    首位のバルセロナは前節、レアル・マドリードとの"クラシコ"で4-0の完勝を収めリーグ5連勝中。
    今節は14位のレアル・ソシエダをホームのカンプ・ノウに迎えて一戦となった。
    24日に行われたチャンピオンズリーグのローマ戦では、エースのFWリオネル・メッシがスタメンに復帰し2ゴールを挙げ、チームも6-1の大勝。
    今試合もメッシ、ルイス・スアレス、ネイマールが先発出場で、"MSN"トリオの爆発に期待がかかる。

    試合が動いたのは22分、バルセロナが先制する。メッシのパスで右サイドを抜け出したダニエウ・アウヴェスが中央へ折り返し。
    走り込んだネイマールが合わせて先制ゴールを奪った。
    されに41分、再びD・アウヴェスが右サイドに抜け出し、クロスを供給。
    ファーサイドでスアレスが右足でダイレクトのジャンピングボレーを放ち、ゴール右に突き刺した。
    スアレスはリーグ戦6試合連続ゴールとなった。前半はバルセロナが2点リードで折り返す。

    後半に入っても攻勢を続けるバルセロナが53分に追加点を獲得。
    アンドレス・イニエスタのスルーパスでペナルティエリア内左に抜け出したジェレミー・マチューがダイレクトで折り返す。
    中央に走り込みフリーのネイマールが左足で合わせて、ゴールネットを揺らした。
    得点ランクトップのネイマールはゴール数を14に伸ばした。

    バルセロナは、スアレス、ネイマールが決めたため、メッシの得点に期待が高まる。
    87分には、カウンターからメッシがエリア内右で左足シュートを放つが、クロスバーに弾き返された。
    だが、後半アディショナルに入って、待望のゴールが生まれる。
    エリア内左に抜け出したネイマールの折り返しを、ファーサイドでフリーのメッシが流し込んでダメ押しゴール。
    バルセロナは今シーズン初の"MSN"トリオ揃い踏みでリードを4点に広げた。

    試合はこのまま終了し、バルセロナがホームで4-0の快勝。リーグ戦6連勝で首位をキープした。

    バルセロナは、2日にコパ・デル・レイ4回戦のビジャノベンセ戦をはさみ、5日に行われる次節でバレンシアと対戦。
    レアル・ソシエダは3日に同4回戦のラス・パルマス戦に臨み、6日に行われる次節でMF乾貴士の所属するエイバルと対戦する。

    【スコア】
    バルセロナ 4-0 レアル・ソシエダ

    【得点者】
    1-0 22分 ネイマール(バルセロナ)
    2-0 41分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    3-0 53分 ネイマール(バルセロナ)
    4-0 90+1分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00374661-soccerk-socc
    SOCCER KING 11月29日(日)1時54分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00374661-soccerk-socc.view-000
    ソシエダ戦に出場した(左から)スアレス、ネイマール、メッシ

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/esp/esp-10787920.html

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 11:56:06.66 ID:CAP_USER*.net

    【AFP=時事】
    サッカーフランス代表のマチュー・ヴァルブエナ(Mathieu Valbuena)は27日、
    代表でチームメートのカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)から、
    ガールフレンドとの「テープ」を取り戻すための金の支払いを「それとなく」伝えられたと明かした。

    代表チームの体面を大きく傷つけたスキャンダルについて、初めて公にコメントしたヴァルブエナは
    仏紙ルモンド(Le Monde)に対し、ベンゼマの行動に「とても、とても、とてもがっかりした」と語った。

    レアル・マドリード(Real Madrid)に所属する27歳のベンゼマは、この映像に関するヴァルブエナ脅迫の共謀罪で起訴されている。

    ルモンド紙から、ベンゼマからただ脅迫者に会うよう求められたのかと問われたヴァルブエナは、
    「あおった。つまり、それとなく『払わなきゃならない』(と言われた)」と返答した。

    「つっかかるような話し方ではなかったし、直接、金について具体的な話はなかった」

    ベンゼマの友人であるカリム・ゼナティ(Karim Zenati)被告を含む4人が、盗んだ映像を使った脅迫の罪で起訴されている。

    ベンゼマは、10月5日に仏代表合宿地のクレールフォンテーヌ・アン・イブリーヌ(Clairefontaine-en-Yvelines)でヴァルブエナに話を持ちかけたとされている。

    ヴァルブエナは、代表のチームメートがこの事件に密接に関係していることは受け入れがたいことだとコメントした。

    「とても、とても、とてもがっかりした。自分が言えるのは、カリム(ベンゼマ)との関係は彼が言うほど誠実なものではないということだ」

    「初めて警察の事情聴取に行ったときは、カリム・ベンゼマが絡んでいるなんて全く思ってもいなかった」

    またヴァルブエナは、10月20日にベンゼマから電話でこの件に絡んでいることは知らないと言うように頼まれたことも明かしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000010-jij_afp-socc
    AFP=時事 11月28日(土)11時10分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000010-jij_afp-socc.view-000
    サッカー国際親善試合、フランス対ジャマイカ。国歌斉唱に臨むフランスのマチュー・ヴァルブエナ(左)とカリム・ベンゼマ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 14:08:11.99 ID:CAP_USER*.net

    cb1709f4

     
    現地時間29日(以下現地時間)に行なわれるリーガ・エスパニョーラ第13節で、レアル・マドリーを
    本拠地に迎える乾貴士所属のエイバル。強敵との対戦だが、ピッチ内外で問題が噴出するレアルは
    今が叩き時という見方もある。

     早くも第13節で、それも昨季降格の危機にあったエイバルを相手に、指揮官としての質が問われる
    事態になるとはラファエル・ベニテス監督も想像しなかったに違いない。前週のリーガで宿敵バルセロナとの
    「クラシコ」に0対4と完敗を喫したレアルは、これで3位に転落。不満を募らせた多くのファンはスタジアムで
    白いハンカチを振り、ベニテス監督の解任と、フロレンティーノ・ペレス会長の辞任を求めて叫び声を上げた。

     ペレス会長はすぐに、レアルはベニテス監督を信頼していると宣言したものの、25日のチャンピオンズリーグ
    (以下CL)シャフタール・ドネツク(ウクライナ)戦では、4点を先行しながらもそこから3失点を喫する
    薄氷の勝利だった。チームのポテンシャルを活かせずに終わったのはこの試合だけではない。
    クラシコより前に行なわれたCLパリSG(フランス)戦、リーガでのセビーリャ戦でも、スター選手を抱える
    チームらしからぬパフォーマンスが続いていた。

     そのため、ベニテス監督にはエイバル戦での勝ち点3はもとより、周囲を納得させる形での勝利が求められる。

     プレッシャーのかかるなか試合を迎えるベニテス監督だが、チーム状態はベストとは言えない。
    シャフタール戦でDFラファエル・ヴァランが足首を傷め、すでに層の薄いDFラインに新たな悩みを
    抱えることになったほか、MFイスコはクラシコで相手FWネイマールを蹴ったことにより、
    2試合の出場停止処分を受け、エイバル戦には出場不可。前線でも負傷明けのFWカリム・ベンゼマが
    恐喝事件の影響もあってか、コンディションが万全でない。

     一方のエイバルは、昇格2年目ながらここまで12試合でわずか2敗。レアルと勝ち点4差の6位と、
    素晴らしいシーズン前半戦を送っている。

     MFアドリアン・ゴンザレスは「(レアルと)対戦するには最高のタイミングかもしれない。
    彼らは色々と上手くいっていないみたいだからね」と、勝機を見出している。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000013-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/26(木) 13:58:08.38 ID:CAP_USER*.net
    24日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節、バルセロナ対ローマ戦が行われた。
    先日行われたクラシコで復帰したリオネル・メッシは、このローマ戦で先発出場。
    メッシの先発は9月末のラス・パルマス戦以来およそ2ヵ月ぶりなのだが、この試合で決めた
    ゴールがそれは素晴らしいものだった。
    1-0でリードした18分、トーマス・ヴェルマーレンからパスを受け取ったネイマールが前を向くと、
    そこからバルセロナの“ショー”が始まる。

    https://streamable.com/cxl3?t=0.0

    メッシ×スアレス×ネイマールの“MSN”による華麗なパスワークから、最後はメッシ。
    目にも止まらぬ速さでワンタッチパスを繋ぎ、7人のフィールドプレーヤーとGKヴォイツェフ・シュチェスニの
    計8人を攻略して見せた。
    守備に問題を抱えているローマとは言え、これはどうすることもできない…。

    no title


    『Opta』によれば、このゴールが生まれるまでには27本のパスを経由していたという。
    この試合で生まれた全てのゴールを見てみよう。

    15分:ルイス・スアレス(1-0)
    https://streamable.com/p1fm?t=0.0

    44分:ルイス・スアレス(3-0)
    https://streamable.com/c5yf?t=0.0

    56分:ジェラール・ピケ(4-0)
    https://streamable.com/3ak7?t=0.0

    60分:リオネル・メッシ(5-0)
    https://streamable.com/i9j5?t=0.0

    77分:アドリアーノ(6-0)
    https://twitter.com/GurjitAFC/status/669265615799099392

    90+1分:エディン・ジェコ(6-1)
    https://twitter.com/BosnianSports/status/669268439966552064

    試合は6-1でバルセロナが勝利している。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 22:46:05.01 ID:CAP_USER*.net
    名将の復帰もあり得るか

    レアル・マドリードの指揮官ラファエル・ベニテスはシーズン終了まで指揮官を続けていられるのだろうか。
    ここまでは攻撃に魅力がなく、選手との関係も良好とは言い難い。そしてクラシコでの大敗で解任される
    条件は整ったように見える。

    英紙『デイリー・ミラー』のアンケートによると、ベニテスがシーズン終了まで持つと答えた人は22%しかいない。
    80%近くの人間がシーズン途中での解任を予想しており、同メディアはさっそく後任候補5名を紹介している。

    1.ジネディーヌ・ジダン

    サポーターからも評価の高いジダンは、クラブのレジェンド的存在だ。ジダン本人はベニテスをリスペクトする
    発言をしているが、トップチームの指揮官に興味はあるはず。優秀な指揮官がくる前に名乗り出るのも手か。

    2.ジョゼ・モウリーニョ

    チェルシーでのリーグ連覇が難しくなり、やはりモウリーニョの3年目はチームが崩れてしまった。
    それでもフロレンティーノ・ペレス会長は攻撃的なモウリーニョの姿勢を好んでおり、チャンスがあれば
    呼び戻す考えも持っている。

    3.カルロ・アンチェロッティ

    やっぱり解任しなければよかったなんてことはレアルではよくある話だ。明らかにベニテスよりも
    アンチェロッティの方が優秀で、何より選手からの信頼も厚い。アンチェロッティもレアルに戻る可能性が
    0%ではないと語っており、1年もしないうちにマドリードへ帰ってくるかもしれない。

    4.ヨアヒム・レーヴ

    クラブで目立った功績を残していないレーヴがここまで評価されるのは、地道な努力でドイツ代表を
    世界王者まで押し上げたからだ。代表は招集期間が限られるため、連携の構築はクラブよりも難しい。
    ドイツ代表の連携を極限まで高めたレーヴにクラブを任せてみるのも面白いだろう。

    5.レオナルド・ジャルディム

    モナコを指揮するジャルディムはダークホースの1人だ。フランスではPSGに大きく差をつけられているが、
    ジャルディムは限られた戦力で結果を残してきた。昨季はチャンピオンズリーグでアーセナルを破って
    ベスト8にも進出しており、ジャルディムにとってもレアルは大きな挑戦になる。

    大物の復帰か、ジダンの昇格か、それともジャルディムのようなダークホースを引っ張ってくるのか。
    ベニテスの遅れを取り戻すには、それなりの経験値と実力が必要で、その点ではアンチェロッティが適任だ。
    それが難しい場合にはジダンを昇格させるだろう。まだまだ監督経験は浅いが、サポーターの期待感を
    煽ることはできる。

    早くも後任候補を巡る話題が出ているが、ベニテスはいつまでレアルの指揮官を続けられるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00010032-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 20:29:03.27 ID:CAP_USER*.net
    CUm7z-CUAAAehXX

     サッカーのスペイン1部・バルセロナのFWメッシが回復したひざの負傷を振り返り
    「ここまで長かった。戻って来たい気持ちに溢れていた」と話した。25日のスペイン紙エル・ムンド・デポルィボが報じた。

     2カ月の戦線離脱を経て、先週末のレアル・マドリード戦でピッチ復帰、24日の
    欧州チャンピオンズ・リーグ・ローマ戦(6-1で勝利)で先発復帰して2得点1アシストとチームの大勝に貢献した。
    メッシは「(負傷中は)外からチームを見て楽しんでいたけど、ピッチの中の方がより良い」とコメント。
    自身の調子については「良い状態。前と比べればまだまだだけど、けがの後としては普通のことだし、
    出場時間を得ながらフィジカル的の調子を上げて行く。だから今日90分プレーできたことに満足している」とした。

     FWスアレス、ネイマールとの“MSNトリオ”については「僕らが今のバルサのカギになっているかどうかは
    分からないが、僕らはうまくやっていて、試合ごとに楽しみ、良いプレーをするように取り組んでいる。
    僕らには責任があり勝利を義務づけられているけど、同時に楽しむように務めている。それが大事」と説明した。

     今後については「クラブW杯(日本開催)のような大事な大会が待っていて、今のレベルをできるだけ
    長い間維持できれば良いと思っている」とした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000074-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 12:50:06.16 ID:CAP_USER*.net

    469718110-500x352

     
     恐喝の疑いで逮捕されるなど、プレー以外の面で話題となっているレアル・マドリード所属のフランス代表FWカリム・ベンゼマのある行為が波紋を呼んでいるようだ。24日、スペイン紙『スポルト』が伝えている。

     問題となっているのは、21日にレアル・マドリードのホームで行われたバルセロナとの“クラシコ”でのこと。

    同試合開始前、13日にフランス・パリで起こった同時多発テロによる犠牲者に黙祷が捧げられたのだが、その後フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』が流れた直後、ベンゼマは地面に向かって唾を吐いたという。

     この行為に対し、同国の女性政治家で元大臣のナディーヌ・モラノ氏がFacebookで、「ベンゼマはこれ以上、フランス代表チームでプレーすべきではない。   

    ラ・マルセイエーズが流れる中で唾を吐いた行為は、テロの犠牲者やその家族、国家に対する侮蔑だ」と痛烈に批判。

     そして、「彼の行為はフランス代表参加の権利をはく奪することにより、罰されるべきだ」と続け、ベンゼマを代表から追放すべきだと述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00373453-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Marine look ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 07:34:42.20 ID:CAP_USER*.net

    CUm7z-CUAAAehXX

     
    【バルセロナ 6-1 ローマ チャンピオンズリーグ 第5節】

     チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節が現地時間の24日に行なわれ、バルセロナはホームでローマと対戦した。

     先日のレアル・マドリー戦“エル・クラシコ”で負傷離脱から復帰したリオネル・メッシは、この日は先発出場を果たす。
    すると、バルセロナの自慢の攻撃陣がローマを容赦なく粉砕していく。

     序盤から圧倒的にボールを支配したバルセロナは15分にL・スアレスのゴールで先制すると、18分にはL・スアレスのアシストからメッシが決めて追加点を奪う。
    さらには44分に再びL・スアレスがゴールを決め、前半のうちに3-0と試合を決定づける。

     後半に3ゴールを追加したバルセロナは最終的に6-1でローマを粉砕。この勝利でグループステージ首位通過を決めている。

    【得点者】
    15分 1-0 L・スアレス(バルセロナ)
    18分 2-0 メッシ(バルセロナ)
    44分 3-0 L・スアレス(バルセロナ)
    56分 4-0 ピケ(バルセロナ)
    59分 5-0 メッシ(バルセロナ)
    77分 6-0 A・コレイラ(バルセロナ)
    90分 6-1 ゼコ(ローマ)

    フットボールチャンネル編集部
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151125-00010001-footballc-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/23(月) 21:47:36.29 ID:CAP_USER*.net

    1468185_w2

     
     レアル・マドリードは21日にホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第12節、バルセロナとの“クラシコ”で
    0-4の大敗を喫した。この試合でノーゴールに終わったクリスティアーノ・ロナウドが、試合後
    フロレンティーノ・ペレス会長に対し、ラファエル・ベニテス監督に対する不満をぶつけたとスペインメディア
    『as』が報じている。

     同メディアは『Fox』と『 Gazzetta dello Sport』の情報としつつ、ロナウドがペレス会長に対し、自分か
    ベニテス監督かの二択を迫ったと伝えている。ロナウドは「ベニテスとでは何も勝ち取れないでしょう」
    とペレス会長に直接告げたと、『El Confidencial』が報じており、一説にはギャレス・ベイルをひいきにする
    ベニテスに対し、ロナウドは不満を感じているともされている。

     昨シーズン、カルロ・アンチェロッティ前監督の下でリーグ戦35試合で48ゴールを挙げ、キャリアベストの
    公式戦61ゴールをマークしたロナウド。しかし、今シーズンは第3戦のエスパニョール戦で5ゴールを
    記録したものの、リーグ戦12試合中8試合で無得点に終わるなど、8ゴールと得点数が激減している。

     レアルは現地25日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のシャフタール戦、
    週末にはリーガ第13節エイバル戦が控えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00372965-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ