サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ



    [2.14 リーガ・エスパニョーラ第23節 R・マドリー2-0デポルティボ]

    リーガ・エスパニョーラは14日、第23節2日目を行い、首位のレアル・マドリーが12位のデポルティボをホームに迎えた。
    前半で1点をリードしたレアルが、後半にも1点を加点して2-0の完封勝利を収めて首位をキープした。

    前節のアトレティコとのマドリードダービーで0-4の完敗を喫し、2位バルセロナに勝ち点差1に詰められたレアル。
    序盤にデポルティポにゴールを脅かされながらも、GKイケル・カシージャスのセーブなどでしのぐと徐々にリズムを作り出す。

    前半12分、左サイドのDFマルセロのクロスをFWガレス・ベイルがつないだボールから、
    FWクリスティアーノ・ロナウドが強烈なシュートを放ったがクロスバーを叩いた。
    さらに同17分にはベイルがドリブルからシュートを狙ったものの、これもクロスバーに弾かれて先制点を奪うには至らない。

    しかし、前半22分にレアルが先制に成功する。
    右サイドから上げられたベイルのクロスをFWカリム・ベンゼマが折り返し、
    ゴール前でC・ロナウドが詰めようとするが合わせられず。しかし、こぼれ球をDFアルバロ・アルベロアが再びゴール前に送ると、
    最後はMFイスコが右足で鮮やかに突き刺してスコアを1-0とした。

    1点をリードして後半を迎えたレアルだったが、後半4分にはMFセルソ・ボルゲスにポスト直撃のシュートを放たれ、
    直後にもFWオリエル・リエラにヘディングでゴールを強襲されるがカシージャスの好セーブでしのいで同点ゴールを許さず。

    すると、後半28分にレアルが再びスコアを動かす。右サイドからアルベロア、C・ロナウドとつなぐと、
    最後はベンゼマがGKファブリをかわすチップキックで決めて2-0とリードを広げた。

    その後、追加点は生まれなかったものの、デポルティボにも得点を許さなかったレアルが2-0の完封勝利を収めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00344282-gekisaka-socc
    ゲキサカ 2月15日(日)4時7分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00344282-gekisaka-socc.view-000

    得点ランキング
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/sp-ranking.html

    順位表
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/sp-standings.html

    続きを読む

    no title


    12日にイギリスの国際競売会社サザビーズで行われたオークションで、バルセロナの
    アルゼンチン代表FWリオネル・メッシと現代美術家の村上隆とのコラボレーション作品
    「Lionel Messi and a Universe of Flowers」が42万8000ユーロ(約5780万円)で落札された。
    イタリア『トゥットスポルト』紙など各国メディアが伝えている。

    この作品は、世界の子供の11人に1人が初等教育を受けられていない現状を世界に人々に
    知ってもらうため、国際児童基金(ユニセフ)がバルセロナ財団などと協力して始めた
    チャリティキャンペーン「1in11」(11人に1人)のために製作されたもの。キャンペーンにはメッシ、
    村上氏の他に先月開催された全豪オープンで優勝したプロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズや、
    イギリスの現代美術科ダミアン・ハーストらが参加している。

    今回得られた収益金はネパールやバングラデシュ、インドネシアなど東南アジア諸国の
    教育支援に充てられることになっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150213-00010004-fballista-socc



    続きを読む

    75c05829-s

    マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督の獲得に興味を示していると英紙『メトロ』が報じた。

    同紙によると、レアルは15年に入ってからいきなり公式戦で2連敗するなど、昨年に比べてチームのパフォーマンスが低いため、
    ここ数週間でアンチェロッティ監督への批判が高っていた。

    それに加え、今月7日にアトレティコ・マドリーとのマドリードダービーで0-4の完敗を喫してからはさらに激しさが増しているという。

    スペインでの報道によれば、レアルはすでに後釜探しに動き出しているようで、アンチェロッティ監督が解任となった場合、
    マンチェスター・Uが獲得に動くと伝えている。

    マンチェスター・Uはルイス・ファン・ハール監督の手腕に疑問を抱いており、アンチェロッティ監督が後継者として適任と考えているとようだ。

    2月12日(木)20時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00340853-gekisaka-socc

    続きを読む

    460559604-500x392


    レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、
    記者からの質問に不快感を示した。スペイン紙『マルカ』や大手メディア『ESPN』などが伝えている。

    7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節で、レアル・マドリードはアトレティコ・マドリードと対戦。
    序盤に2点を奪われると、その後も失点を重ね、“マドリード・ダービー”で0-4という大敗を喫した。

    試合後、クリスティアーノ・ロナウドは、第20節のコルドバ戦で退場処分を受けた際に見せた
    クラブ・ワールドカップ王者を表すワッペンを指し示す行為について質問を受けると、

    「賢い人間なら、僕たちのパフォーマンスが悪かった今日の試合について話を聞くべきだ。君は賢くない」とコメント。
    記者に対して苛立ちを露わにしていた。

    2月9日(月)12時38分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00279205-soccerk-socc

    【サッカー】C・ロナウド「マドリーはアトレティコよりずっと優れている」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1423345607/

    続きを読む


    記録は塗り替えるか!?

    ユベントスのフランス代表MFポール・ポグパが、過去の移籍金最高額を塗り替える可能性が浮上している。
    代理人のミノ・ライオラ氏がフランスのテレビ番組「テレフット」で明かした。

    現在セリエA最高の選手と呼ばれるまでに成長した21歳の新鋭について、代理人は
    「彼が本当に移籍できるクラブは6チームしかない。レアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・シティ、チェルシー、バイエルン・ミュンヘン、PSGだ。
    もしも、その時が来たら、彼は移籍するだろう。移籍が目的ではないので、我々は急ぐつもりはない」と語った。

    プレミアリーグ などのトップクラブが獲得に乗り出しているが、移籍先が6つに絞られるのには移籍金の存在がある。

    「ポグパは、クリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに加入時の9400万ユーロという移籍金記録を破るだろう」

     昨年10月にユベントスとの契約を延長したポグパは2019年シーズンまで契約を残しており、高額の移籍金が設定されている。

     「CR7」の移籍金記録は6年以上抜かれていないが、これを塗り替えるのはポグパかもしれない。

    2月8日(日)16時33分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150208-00010004-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    331379_heroa



    7日のリーガエスパニョーラ第22節、レアル・マドリーは敵地ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリー戦を0-4で落とした。
    FWクリスティアーノ・ロナウドは試合後、完敗であったことを認めながら、悔しさを滲ませている。

    スペイン『マルカ』がポルトガル代表FWのコメントを伝えた。

    「マドリーはどのような相手であっても0-4で負けてはならない。プレーに臨む意欲、姿勢と、すべてが欠けていた。
    チームはメンタル的にもフィジカル的にもフレッシュではなかったんだ…。だけど言い訳はない。僕たちは実際にミスを犯したんだ」

    「すべての点で悪いプレーを見せた。何も生み出せはしなかったし、できるだけ早く忘れなければならない試合だ。
    僕たちはミスから学ぶ必要がある。チームはリーガで首位に立ち続けているが、最後まで戦い続けなくてはならないんだよ。
    もしバルセロナがビルバオで勝利すれば、僕たちとの勝ち点差は1に縮まる。だけどポジティブに、首位を走り続けられると考えなくてはならない」

    C・ロナウドは、マドリーがアトレティコよりも優れたチームであることを強調している。

    「敗戦したことに苛立ちを感じている。それでも、さっき言った通りに首位に位置していることをポジティブに考えなくてはならない。
    僕の意見では、マドリーはアトレティコよりもずっと優れている。

    もう一度リーガを勝ち取れると確信しているよ。マドリーは3年前にバルセロナとのアウェー戦を0-5で落とした。
    その日もとても難しかったが、失ったのは勝ち点3だけで、勝ち点4を落としたわけではなかった。今だって同じだよ」

    2月8日(日)5時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00000040-goal-socc

    【サッカー】リーガ22節 アトレティコ、ダービー完勝で今季レアルに4-0 6戦無敗…出場停止明けCロナ不発 [転載禁止](c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1423328087/

    続きを読む

    915562_heroa



    リーガ・エスパニョーラ第22節が7日に開催され、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードによる“マドリード・ダービー”が行われた。

    リーグ戦5連勝中で首位のレアルは、3位アトレティコに勝ち点7差をつけている。
    今シーズン両チームは、リーグ開幕前のスーペルコパ・デ・エスパーニャ2試合、リーガ第3節、コパ・デル・レイ5回戦2試合と計5試合対戦しているが、
    アトレティコの3勝2分で同試合を迎えた。

    ホームのアトレティコは開始10分にトラブル。コケが筋肉系のトラブルでサウル・ニゲスとの交代を強いられる。
    しかし14分、アトレティコはフアンフランの右クロスがファーサイドまで流れると、マリオ・マンジュキッチが落とす。
    走り込んだティアゴ・メンデスがミドルシュートを打つと、ブロックに入ったDFの足の間とGKイケル・カシージャスの脇を抜けてゴールイン。アトレティコが先制する。

    勢いが止まらないアトレティコは18分、左サイドからギリェルメ・シケイラがクロスを送ると、ニアサイドのサウルが左足でバイシクルシュート。
    これがゴール左に決まる素晴らしいゴールとなり、あっという間に2点のリードを得る。

    レアルは前半の終盤にようやくアトレティコゴールへ迫れるようになるが、守備をしっかりと固める相手を崩せず、シュートも1本で前半を終える。

    レアルはサミ・ケディラを下げて2試合連続得点中のヘセ・ロドリゲスを後半開始時に投入。
    攻撃的なカードを切る。53分、アトレティコは左サイドからのボールをサウルがヘディングでコースを変え、
    アントワーヌ・グリエスマンがオーバーヘッドシュートをしたが、クロスバーの上。
    直後にも右クロスをヘディングで合わせたが、これも枠を越えた。

    後半も試合を優勢に進めていたアトレティコに決定的な3点目が生まれる。
    67分、アルダ・トゥランが左足でアーリークロスを送ると、エリア内左の深い位置でサウルがヘディングで折り返す。
    最後はグリエスマンが押し込んだ。一方で、サウルが同プレーで負傷し、ラウール・ガルシアと交代する。

    チャンスの作れないレアルは73分、カリム・ベンゼマを下げ、ハビエル・エルナンデスを投入。
    アトレティコはグリエスマンに代えてフェルナンド・トーレスを入れて交代枠を使い切る。
    レアルは相手選手への暴力行為による2試合の出場停止から復帰したクリスティアーノ・ロナウドもいいところなく無得点。
    アトレティコは89分にもマンジュキッチがチーム4得点目を挙げ、アトレティコが4-0で完勝した。

    今シーズンのリーグ戦でレアル相手にダブルを達成したアトレティコはリーグ戦4連勝となり、次節はアウェーでセルタと対戦。
    リーグ戦の連勝が5で止まったレアルは次節、ホームでデポルティボと対戦する。

    【スコア】
    アトレティコ・マドリード 4-0 レアル・マドリード

    【得点者】
    1-0 14分 ティアゴ・メンデス(アトレティコ・マドリード)
    2-0 18分 サウル・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
    3-0 67分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)
    4-0 89分 マリオ・マンジュキッチ(アトレティコ・マドリード)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00278861-soccerk-socc
    SOCCER KING 2月8日(日)1時49分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00278861-soccerk-socc.view-000
    2点目を決め、喜ぶサウル 

    続きを読む

    e6c54f26



    現在スペインのレアル・ソシエダを指揮しているデイビッド・モイーズ監督が英誌『FourFourTwo』の独占インタビューに答え

    古巣マンチェスター・ユナイテッドの選手たちに苦言を呈している。

    モイーズ曰く、自身がユナイテッドの監督に就任した際、チームには前任のサー・アレックス・ファーガソン監督時代の儀式のような風習が残っていたという。

    それは低脂肪のチップス(日本でいうフライドポテト)を食べる習慣だったとのことだ。

    しかし、これはユナイテッドの監督を務める前に率いていたエバートンではありえないことで、「私はチップスを食べることを禁じた」とモイーズ監督は語っている。

    さらに「太りすぎの選手が何人かいたことがチップスを禁じた理由だ。あれを日常的に食べるのがいいことだとは思わない」と古巣の選手たちを批判している。

    昨季のユナイテッドは過去に例を見ないほどの不調に陥り、モイーズ監督自身も4月にシーズン終了を待たず解任された。

    ユナイテッドの不調は「チップス不足」によるものだったのか? インタビューの全文は来月発売の『FourFourTwo』本誌に掲載される予定となっている。

    2月5日(木)21時23分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150205-00010032-footballc-socc

    【サッカー】ソシエダのモイーズ監督、古巣ファンを批判「エヴァートンをトップに押し上げたのは私だ」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1423114820/

    続きを読む

    no title


    レアル・マドリーが、バルセロナの下部組織に所属する17歳の韓国人FWイ・スンウを狙っているのかもしれない。
    だが、バルセロナに同選手を放出する意図はなさそうだ。

    スペイン『マルカ』によると、若き才能を発掘する方針を掲げるマドリーが、
    バルセロナの17歳FWに注目しているという。
    イ・スンウはバルセロナが未成年登録選手の規定に関する違反でFIFAから処分を受けていることで、
    1年半ほど前からバルセロナで公式戦に出場することが禁じられている。そこにマドリーが目を付けた格好だ。

    一方、マドリーは未成年選手獲得・登録に関してFIFAから調査を受けていると報じられている。
    これに対してクラブ側は潔白を主張するとともに、FIFAの調査に全面的に姿勢を示している。

    しかしながら、バルセロナ寄りの『スポルト』はイ・スンウがバルセロナに残留すると強調。
    2014年に代理人と交渉したバルセロナは、同選手と4年契約で合意していること
    、契約解除金なども契約条項に盛り込まれていることを伝えている。

    また、『スポルト』はイ・スンウにバルセロナのトップチームにたどり着く夢があり、
    加えて母国のクラブ以外では18歳になる2016年まで公式戦に出場できない状況が同選手のバルセロナ残留の理由になると記している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000037-goal-socc
    GOAL 2月3日(火)21時15分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000037-goal-socc.view-000

    続きを読む


    リーガ・エスパニョーラ21節が、1月31日に行われた。
    レアル・マドリードはホームにレアル・ソシエダを迎え、4-1で勝利した。
    快勝したこのゲームで、ウェールズ代表のガレス・ベイルのシュートミスがまたも話題を集めている。

    スペイン紙『アス』が報じている。

    前半41分にレアル・マドリードはフランス代表カリム・ベンゼマが左サイドを突破し、相手DFとGKをひきつけてクロス。
    ゴールは無人で、ディフェンダーが一人、目の前にいるだけだった。
    そのベンゼマのクロスをハメス・ロドリゲスはシュートするだけだったが、ゴール前に走り込み、
    同じく良いポジションをとっていたベイルが突然現れ、ハメス・ロドリゲスの目の前でトラップしてシュート。
    ベイルのシュートは相手DFに当たり、ゴールにはならなかった。

    ベイルのシュート後、突然目の前で自分の決定機を奪われたJ・ロドリゲスはその不満を明確にジェスチャーで示した。
    ベイルの自己中心的なプレーに、サンティアゴ・ベルナベウの観衆からはブーイングが起きた。

    ベイルがよりいいポジショニングにいる同僚にパスをせず、もしくは譲らずにシュートを打ち、決定機を逃したのは2015年になってからこれで3度目となる。
    その自己中心的なプレーは批評されていた。17節バレンシア戦、18節エスパニョール戦では決定機にクリスティアーノ・ロナウドへパスをせず、
    ベイルは自らシュートを打つことを選択し、決定機を潰した。ポルトガル人ストライカーはその度に怒り、大きな話題となっていた。

    ベイルはレアル・ソシエダ戦では自己中心的なプレーで決定機をふいにした後に、ベンゼマのゴールを見事なアシストでお膳立てをしており、
    決して彼が自分だけの得点を考えてプレーしている選手ではないことは明らかだ。
    しかし、またもベイルの独りよがりのシュートが大きな注目を集めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00277011-soccerk-socc
    SOCCER KING 2月1日(日)12時40分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00277011-soccerk-socc.view-000

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ