サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: ひろし ★@ 2017/06/18(日) 00:28:12.68 ID:CAP_USER9
    48576d9c


     スペインのスポーツ紙マルカ(電子版)は17日までに、同国1部リーグ覇者レアル・マドリードのエースFW、クリスティアノ・ロナルドがクラブを退団する意思を固めたと報じた。コンフェデレーションズカップに備え、ロシアで練習しているポルトガル代表の同僚に「マドリードを離れると決めた。後戻りできない」と明かしたという。

     退団の理由はサッカーとは関係なく、スペインの税務当局に脱税の嫌疑で調査され、クラブがロナルドを擁護していないことに不満を募らせたためとしている。(共同)

    http://www.sankei.com/sports/news/170618/spo1706180005-n1.html

    続きを読む

    1: pathos ★2017/06/17(土) 18:37:41.50 ID:CAP_USER9

    C1suvMwUUAAXEj8



    イングランドのマンチェスター・シティで指揮を執るスペイン人監督ペップ・グアルディオラが、カタルーニャで共に過ごした恩師と愛弟子について言及している。
    昨年の3月24日、68歳でこの世を去ったヨハン・クライフ氏について、ペップはこれまでに何度も称賛の言葉を送るなど、その盲信ぶりを披露してきた。選手としても監督としてもサッカー界に多くの革命をもたらし、バルセロナではリーガエスパニョーラ4連覇を含む偉業を成し遂げたクライフ氏だが、ペップはこのオランダの偉人が仮にリオネル・メッシを指導した場合、そこには意見の相違が生まれるだろうと推察。スペイン『MARCA』が次のようなペップの見解を伝えている。
    「(もしも監督と選手の関係であれば)クライフとメッシは必ず口喧嘩になって揉めるだろうね。しばらくの間は意見が衝突し、対立すると思う。でもその後は互いに理解し合うはずさ。なぜなら彼ら2人は共に知的で頭が良いからだ。クライフの指導者としての能力にメッシの才能が加われば、2人は確実に多くのタイトルを手にすることになる」
    またペップは自身が苦境に陥った際、何度も“崇拝者”に救われたことがあるようだ。
    「自チームの選手やメディア、それにスタッフらとの間に問題を抱えた時、私はいつもこのように考える。クライフならどうしていただろうか、ってね。それを私が予測することは不可能だが、そういった問題を唯一解決できる存在こそクライフなんだよ」
    http://www.theworldmagazine.jp/20170616/01world/spain/136963

    続きを読む

    1: 黄金伝説 ★2017/06/17(土) 16:58:12.06 ID:CAP_USER9

    465507522cr7-500x334


    レアル・マドリード退団を決意したとされるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、同代表のチームメイトに心境を明かしているようだ。スペイン紙『マルカ』が16日付で伝えている。

     C・ロナウドを巡っては、5月に1470万ユーロ(約18億円)の脱税疑惑が浮上。スペイン検察庁が訴訟を起こすと報じられたことで同選手が強く失望し、レアル・マドリード退団の意思を固めたという。

     現在、同選手は2017 FIFAコンフェデレーションズカップ ロシアに参加するポルトガル代表に帯同している。同紙によると、そのチームメイトにも退団を伝えているようだ。同選手は「僕はレアル・マドリードを去る」と代表の同僚に告白。さらに「僕はもう決心した。(レアル・マドリードに)戻ることはない」と決別を宣言した模様だ。

     レアル・マドリードも直ちに慰留に努めると報じられているが、果たしてC・ロナウドを翻意させることができるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00601528-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/06/16(金) 23:16:25.61 ID:CAP_USER9
    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにレアル・マドリー退団の報道が出ている。ポルトガルメディア『ア・ボラ』の報道を中心に、ポルトガルやスペインのメディアが大きく報じている。

     スペイン検察当局は13日、2011年から3年間を渡って1470万ユーロ(約18億円)を脱税したとして、ロナウドを起訴した。ロナウドが意図的に脱税したとみており、有罪の場合は禁錮刑が下る可能性があるという。

     ただもちろん、ロナウドは認めるはずもなく、レアル・マドリーも翌日に公式サイトで声明文を発表。「私たちの選手であるC・ロナウドが完全な無実を証明することに絶対的確信を持っています」と潔白を訴えるエースへの信頼を強調していた。

     しかしロナウドの当局への不信感はピークに達している様子。『ア・ボラ』はロナウドは今夏の移籍でスペインを離れる決断をしており、R・マドリーのフロレンティーノ・ぺレス会長に退団の意思を伝えているという。決意は固く、ロナウドを説得するのは困難ではないかとの見方を強めている。

     この報道をもとに、スペインの大手メディアである『マルカ』や『アス』も多くの記事を配信。関心を強めている。

    ゲキサカ 6/16(金) 22:23配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-01640949-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/06/08(木) 15:05:43.93 ID:CAP_USER9
     【No,Ball No Life】


    1-1で引き分けた7日のキリンチャレンジ杯・シリア戦(味スタ)。前半は低調な内容で、ハリルホジッチ監督が「何人かとは厳しい話をしないといけない」と“説教部屋”の開催を予告したほどだったが、後半はパスがつながり、決定機も増えた。

     中でも、約2年ぶりに代表戦のピッチに立ったFW乾貴士(29)=エイバル=は出色の出来だった。左FWに入ると、いきなりキレ味鋭いドリブルでの中央突破を披露。さらに、FW本田圭佑(30)=ACミラン=からのロングボールを左足でぴたりとトラップすると、距離を詰めてきた相手DFを一瞬でかわし、ゴールライン際をドリブルで駆け上がって、思い切りよく右足シュートを放った。

     相手の股を抜くサイド突破など停滞していた攻撃を活性化。得点こそなかったものの、バルセロナから2ゴールを奪った技術の高さを見せつけた。乾がボールを持つと、次は何をするのかという期待感が増すのか、前半は静かだったスタジアムが徐々にボルテージが上がっていた。

     乾本人も「楽しくできた。勝ちにつながらなかったのは反省。ここで反省できるのはいい。次のイラク戦が大事。結果を残したい」と自信をつかんだようだ。サイドの攻防というのは、サッカーの見せ場の一つ。ジリジリと間合いをはかるFWとDFの駆け引きは、スタジアムの時間を一瞬止めてしまう。

     バルセロナのFWネイマール(25)のサイド突破を見たくて、スタジアムに足を運ぶ人も多いだろう。多様なキックとフェイントで相手を翻弄するシーンは、金を払って見る価値がある。

     シリア戦のユニホームは、1997年に日本がW杯初出場を決めた“ジョホールバルの歓喜”のときの復刻版だった。乾は11番をつけて出場。かつて、カズことFW三浦知良(50)=横浜FC=がつけていた背番号だ。カズもまた、真剣勝負の中にまたぎフェイントなど「魅せるプレー」を忘れなかった。乾にもカズのような“客を呼べる”技術がある。

     乾がポジションを争う左FWは原口元気(26)=ヘルタ=や宇佐美貴史(25)=アウクスブルク=がひしめく激戦区。ハリルホジッチ監督もうれしい悩みが増えたのではないか。

    (浅井武)

    6/8(木) 15:00配信 サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000534-sanspo-socc

    写真
    http://www.sanspo.com/soccer/images/20170608/jpn17060812000019-p1.jpg

    続きを読む

    1: @Egg ★@2017/06/06(火) 17:52:16.79 ID:CAP_USER90606
    チェルシーは5日、ベルギー代表MFエデン・アザールが右足首の手術を行い、全治に約3カ月を要することを発表した。

    アザールは4日に行われたベルギー代表のトレーニングセッション中に右足首を負傷。チェコとエストニアとの親善試合を欠場することを発表していた。

    同代表を率いるロベルト・マルティネス監督はアザールが負傷した場面を振り返り「特に誰かと接触したわけではない」とコメント。
    「左足から右足へ重心を移す時に足がもつれてしまったのかもしれない。彼の離脱に失望している。
    親善試合に向けて、いい準備をしていたところだったからね。彼はもちろん偉大な選手だが、それだけでなく人格も素晴らしいし、我々にとって最高のリーダーなんだ」と中心選手の負傷を嘆いた。

    所属するチェルシーは公式サイトで、アザールの手術が無事完了したことを報告。全治には3カ月ほどかかることが予想されると発表している。
    来シーズンのプレミアリーグは8月12日から開幕する予定となっているが、開幕戦の出場、そしてその前の週に行われるFAカップ王者、アーセナルとのコミュニティシールドの出場は厳しい状況と見られる。

    アザールは自身のインスタグラムに、術後の写真を投稿。右足の膝下はギブスで固められ、痛々しい姿となっているが、親指を立て微笑んでいる。
    「手術は全てうまくいったよ。これから復帰に向けての道のりがスタートする! 強くなって戻ってくるよ。みんなのサポートに感謝している」とコメントを添えている。

    アザールは昨シーズン、公式戦43試合に出場して17得点をマーク。クラブ年間最優秀選手賞とクラブ年間ベストゴール賞に輝いている。

    6/6(火) 11:44配信  サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00596983-soccerk-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170606-00596983-soccerk-000-view.jpg

    【サッカー】<レアル・マドリード>史上初のCL連覇!さらなる高みへ249億円補強!アグエロ、アザール、レバンドフスキの獲得を狙う
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496642342/

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★@ 2017/06/04(日) 23:19:39.43 ID:CAP_USER9

    no title



    乾のスピードには「本当にビックリした」

    ――今季のリーガエスパニョーラ最終戦ではエイバルと対戦しました。バルセロナから2ゴールを奪った日本人選手(乾貴士)のことは知っていますか?

    「もちろん知っているよ、2ゴール決められたからね。本当にビックリした。ヒヤッとさせられたよ、彼の二つのゴールには。しかし、我々はそれにめげることなく、勝利することができた。それは良かったね。ただ、これから僕らバルセロナは、彼に気をつけないといけないね」

    ――乾の良さはどこに感じましたか?

    「スピードだね。とても速かった。彼のスピードは凄かったね」

    ――日本代表で注目している選手はいますか?

    「カガワ(香川真司)だね。とても好きな選手で、とても素晴らしいと思っているよ。好きな選手の一人だから、いつも注目して見ているよ。彼のプレースタイルが好きで、スピードもあるし、テクニックもある。とても素晴らしいと思うよ」

    ――ネイマール選手は日本代表との対戦経験があります。日本代表が、世界の強豪国と渡り合うために必要なものはなんでしょうか?

    「日本のサッカーはどんどん進化している。進化しているので、このまま進んでいけば、いいんじゃないかな。もちろん、我々のことは追い抜かないでね(笑)。でも、本当に日本のことを応援しているよ」

    「目標を持てば道は拓ける」

    ――今、日本にはバルセロナの下部組織出身で、15歳でJリーグデビューを果たした久保建英(FC東京U-18)という選手がいます。彼のプレーを見て、どのように感じますか?

    「(久保の映像を見て)凄いね。とても素質のある選手だと思う。彼に輝かしい未来があることを応援しているよ」

    ――特にどの部分において、素質を感じますか? 今後、彼に必要なものはなんでしょうか?

    「ボールコントロールが素晴らしいね。まずはトレーニングを欠かさないことが重要だ。あとは自分の目的、目標を持つことだね。目的を持つと、道は拓けていくから」

    ――ブラジル代表は来年のロシアW杯への出場をすでに決めています。母国開催だった2014年ブラジルW杯では優勝を逃して悔しい思いをしました。ロシア大会への意気込みを聞かせてください。

    「ブラジルW杯では、本当に我々は歴史を作りたかったんだけど、残念ながら、それができなかった。ロシアW杯に向けて精一杯準備をして、ブラジルにW杯のタイトルを持ち帰りたいと心から思っているよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00010023-soccermzw-socc&p=2

    続きを読む

    140: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/06/04(日) 10:36:28.13 ID:msQnlHBA0
    493620157-500x332


    ジダンの評価はレアルの次からだな 
    ペップだってどんどん評価下がってるし
    続きを読む

    1: Egg ★2017/06/01(木) 23:46:26.17 ID:CAP_USER9

    2013


    スペインの名門レアル・マドリードが、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(26)とマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デヘア(26)を獲得するために、それぞれ世界最高移籍金で入札すると1日付の英紙サンが報じた。

     Rマドリードはアザールを初めて1億ポンド(約142億円)の価格のつく選手にしようとしている。また、デヘアに対しても、これまでのGK最高額の倍近い、移籍金6000万ポンド(約85億6000万円)で入札を済ませているという。

     デヘアはアトレチコ・マドリードの下部組織出身で、故郷マドリードへ戻りたいと考えている。マンチェスターU上層部側は、すでに入札を却下しているというが、Rマドリードは、6月3日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝後に再び入札をする予定だ。

     アザールは3年間で2度プレミアリーグ優勝を果たした、チェルシーに留まることで満足していると報道されているが、Rマドリードはアザールの憧れの選手がジダン監督だったことから、獲得の可能性があるとみている。

     過去の移籍金の最高額は、フィールド選手では、マンチェスターUが昨夏にユベントスから獲得したフランス代表MFポール・ポグバの8900万ポンド(約127億円)。

    GKでは、ユベントスが2001年にパルマから獲得したジャンルイジ・ブッフォンの3300万ポンド(約41億円)がそれぞれ移籍金最高額となっている。

    6/1(木) 17:56配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01833288-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/06/02(金) 13:39:07.35 ID:CAP_USER9
    モンテレイが補強候補として熱視線、比較的安価な価格と機敏なプレーを評価

     2年ぶりとなる日本代表に招集されたエイバルのMF乾貴士に対して、意外な国のクラブが熱視線を送っている模様だ。南米メキシコの強豪で知られるモンテレイがリストアップし、移籍先として急浮上しているとメキシコメディア「エル・ホリゾンテ」が伝えている。

     同紙は「モンテレイは次なるシーズンのためにチームをさらなる強化をしようとしており、アントニオ・モハメド監督の率いるチームには、日本代表、そしてスペインのエイバルで現在プレーするタカシ・イヌイは候補の一人になっている」と記している。

     記事では横浜F・マリノス、セレッソ大阪からドイツ2部ボーフムに渡、翌シーズンから1部フランクフルトでプレーした乾のキャリアを紹介。また現地時間5月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦での衝撃的な2ゴール、今季リーグ戦27試合に出場して3得点、そして日本人最多となるリーガ6得点の成績を残していることにも触れており、クラブ側が補強候補としてリストアップしたという。

     記事ではモンテレイの関係者の情報として、市場価格が比較的安価であること、そして攻撃の時に見せる機敏なプレーが大きく評価されている模様だ。

     メキシコのリーガMXは欧州主要リーグと同様、秋冬制で開催されている。以前には元日本代表FW福田健二がパチューカなどでプレーしたことがあるが、現役の日本代表が大西洋を渡り、メキシコ参戦を果たすサプライズは起きるのだろうか。

    6/1(木) 20:48配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170601-00010017-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ