サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: 風吹けば名無し 2018/01/15(月) 08:52:06.26 ID:49xQJ3HSM
    20160315-00055335-roupeiro-000-6-view


    試合後に会見に出席したジダン監督は敗戦の理由として、今季に入ってから口にし続けている言葉を述べた。即ち、「ボールがゴールに入りたがらない」である。

    「結局のところ、ボールがゴールに入りたがらないことが問題なんだ。私たちはこんな結果に値しない。
    思うに、チームは良い試合を演じていたよ。しかしボールが枠に入りたがらないとなると、難しい。
    その後に彼らのカウンターを防ぐことができず、全員が失望することになった」

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/01/15(月) 12:16:18.96 ID:CAP_USER9
    1/15(月) 12:02配信
    バルサ 圧巻の大逆転劇 選手評価を公開、最高評価は2Gのスアレス【選手評価】

    FCバルセロナは、敵地アノエタで行われたレアル・ソシエダ戦で華麗な逆転を見せ、勝点3を積み上げている。

    【ハイライト動画 リーガ第19節 ソシエダ対FCバルセロナ】

    エウゼビオ率いるレアル・ソシエダが、ウィリアム・ジョゼのゴールとフアンミのシュートがセルジ・ロベルトに当たってコースが変わったオウンゴールで最初に2-0とリードする。前半終了間際にパウリーニョが1ゴールを返し、後半にはルイス・スアレス(2)とレオ・メッシのゴールで逆転に成功している。

    ■GK
    テア・シュテーゲン(6点)
    『失点』
    レアル・ソシエダの最初のシュートでゴールを許している。ウィリアム・ジョゼの叩きつけたヘディングシュートは止めることは難しかった。また、2-0とされるシーンでも運がなく、フアンミのシュートがセルジ・ロベルトに当たりコースが変わってゴールを許している。一方で複数回素晴らしいセーブも見せ、後半は出番は少なく、無失点に抑えている。

    ■DF
    セルジ・ロベルト(7点)
    『高潔』
    懸命なプレーを見せている。また、6分には決定的な場面でメッシへのパスというチャンスを掴んだが、正確性を欠き、ゴールに至ることはなかった。なお、レアル・ソシエダの2ゴール目はフアンミのシュートがセルジ・ロベルトに当たりコースが変わって、ゴールに吸い込まれている。後半は果敢に攻め上がり、個性を見せている。

    ジェラール・ピケ(7点)
    『勇敢』
    後ろからボールを供給する時に不正確な場面もあったが、エリア内での空中戦では堅実な守備を見せている。再び自身のパーソナリティーを見せており、苦しい場面でも隠れて逃げるようなことはなくなっている。

    トーマス・フェルメーレン(7点)
    『堅守』
    素晴らしいパフォーマンスレベルに戻っている。堅守を見せ、多くの人からの信頼を獲得している。

    ジョルディ・アルバ(7点)
    『要求』
    レアル・ソシエダはアルバのサイドから攻撃を仕掛け、オドリオソラとカナレスを配置している。それゆえに、前半は攻撃面で存在感を出すことはあまりできず、メッシとのコンビネーションも少なかった。後半に入り、いつものように攻撃参加できるようになり、メッシとの関係性を探し続けていた。

    (続く)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010004-sportes-socc
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/15(月) 06:29:25.05 ID:W6fj8OQZ0



    ぐうつよ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ