サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: YG防衛軍 2016/12/22(木) 17:00:22.73 ID:CAP_USER9
    押された時間帯もあったが、気持ちで負けることはなかった

     クラブワールドカップ決勝、鹿島アントラーズはなぜ、欧州王者レアル・マドリーと伍することができたのか?

     勇敢さ――。

     様々な要因はあるにせよ、鹿島の選手が臆さなかったこと。これが一番大きいだろう。エモーショナルな展開は、全て勇敢さに端を発していた。

    「フットボールはメンタル」

     多くの人は言う。心理状態は駆け引きを優位にするし、プレーの精度を高め、数センチ長く、足が出る。そして、クロスバーに当たったボールはインする。運を味方にすると言うのか。心の持ちようは、勝負を決める。勝者となるための引力になるのだ。

     鹿島はマドリーを相手にしながら、最終ラインをずるずると下げていない。できるだけ高い位置でラインをキープする一方、2トップはボールの出どころを塞ぐことに躍起になった。

     プレッシングで相手を面食らわせて精度を狂わせ、ボールを奪い返した後は、ポゼッションでも互角に渡り合っている。その負けん気は、スローインひとつとっても顕著。安易に後ろへ下げず、前に投じ、相手ゴールに近付こうと試みた。

     勝利の戦略プランとして、右サイドを狙ったのも奏功した。左SBのマルセロは攻め上がったまま残ることが多く、サイドに出た時のセルヒオ・ラモスの守備は雑になりやすい。その傾向を、鹿島は完全に見抜いていた。

     右サイドでボールを引っ張る金崎夢生の動きは迫力満点で、ここに遠藤康、西大伍ら複数の選手が絡む。攻撃を防御に使い、相手を攻撃に転じさせなかった。

     もちろん、押された時間帯もある。しかし、気持ちで気圧されることはなかった。

     この夜は、GK曽ケ端準が水際で、何度もチームを窮地から救っている。もっとも、彼のセービングは素晴らしかったが、それ以上に守備陣が集中してコースを消していたとも言える。シュートが打てるコースは限られていたのだ。

     そして石井正忠監督の交代策も、ピッチ上の選手を勇気付けるものだった。決して、守りに入るような手を打たず、積極策で相手に息つく暇を与えなかったのだ。

     鹿島はメンタル的優位を、勝負強さに転化させていた。

    一方で、マドリーには明らかな驕りがあった。

     例えばクリスチアーノ・ロナウドは、相手を弄ぶようなフェイントを入れ、観客が沸くのを愉しもうとしたが、西を振り切ることは一度たりともできなかった。

     S・ラモスにしても、日本を軽んじていた。準備不足で金崎のステップワークに慌て、無理矢理倒し、イエローカードを食らった。もう一枚カードが出されていたら、彼はチームに、延長30分間を10人で戦うハンデを強いるところだったのだ。

     驕慢は隙を生み、鹿島はそこを見逃さなかった。

     しかし、それでも……。鹿島は90分間を2-2で引き分け、延長戦を含めると2-4で敗れた。ほぼ完璧の試合運びを見せ、マドリーが驕って試合プランをミスしたにもかかわらず、勝つことはできなかった。

     C・ロナウドの決定力は神懸かっていた。ルーカス・バスケスの推進力は秀抜。カリム・ベンゼマ、ルカ・モドリッチの技巧は卓抜としたものがあった。マドリーは苦しみながらも、強引に勝利を手中に収めた。

     メンタルだけでは縮められない差もあるということか。

    「鹿島が世界を驚かせた」

     それは誇るべき事実である。現場にいた人間は、等しく感動を覚えた。試合の主人公は鹿島の勇者たちだった。

     しかし、敵将が敗者を労うのは当然の行為であり、世界はマドリーと善戦したということで鹿島を持ち上げているわけであり、本質など構っていない。称賛に囚われるのは危険だろう。

     鹿島は今後も、挑みかかる姿勢を失ってはならない。

     ともあれ、彼らは可能性を示した。「メンタル面で充実し、勝利するために集中して戦えば、マドリーとも互角に戦える」と。そのメッセージは強烈だ。

     彼らの見せた勇敢さは、日本サッカー全体に、勇気となって伝播するだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00010000-sdigestw-socc&p=2

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/21(水) 18:50:13.42 ID:CAP_USER9

     
     マンチェスターUは、Aマドリードのアントワヌ・グリーズマン(25)を6000万ポンド(約89億9000万円)で獲得を目指していると、21日付英紙サンなど複数メディアが報じた。

     同クラブは、グリーズマン獲得のために、代理人と接触したという。違約金6000万ポンドで獲得合意するように話したと報じた。だが、同選手は今季終了まではスペインにとどまることが予想される。

     またモウリーニョ監督は、クラブ幹部らに、背番号10のポジションには、才能があり中盤と連係が取れる攻撃ができる選手を優先させたいことを伝えた。

     グリーズマンはフランス代表で同僚のマンU・MFポグバとよく話し合っているという。また、マンUのOBであるベッカム氏に憧れており、Aマドリードでは同氏と同じ背番号「7」を背負っている。「常にポグバからマンチェスターUについて聞いている。ビッグクラブだし、施設も素晴らしい。(報道で)マンチェスターUやパリサンジェルマンへの移籍をよく耳にするが、今は移籍する時ではない」と早期の移籍を否定。だが「いつかポグバと一緒にプレーできれば最高だね」と話した。

     また、尊敬するAマドリードのシメオネ監督は、クラブとの契約を今年9月に、20年6月までだった契約を18年6月までに短縮したことで、グリーズマンもクラブを去るとみられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-01754851-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/20(火) 12:51:29.25 ID:CAP_USER9

    no title


     
    FIFAクラブワールドカップ決勝が18日に行われ、レアル・マドリーが鹿島アントラーズを4−2で下してクラブ世界一に輝いた。もっとも、レアル・マドリー以上に世界に衝撃を与えたのが鹿島の健闘だ。120分間を戦い抜き、一時は柴崎岳の2ゴールでリードを奪った。試合後、世界各国のメディアが鹿島や選手たちを称賛するに至っている。

    鹿島のプレーぶりをスペイン人記者はどう見たのか? レアル・マドリーの番記者を務めるアルベルト・ピニェーロ氏に話を聞いた。

    「鹿島はスペインで言うとどのくらいのランク、レベルに映りましたか?」という問いかけに対し、「この試合だけを見て評価するのは難しいことだが」と前置きしつつ「もしこのパフォーマンスを継続的に披露できるなら、彼らはおそらくリーガ・エスパニョーラで戦える。おそらくボトム10(11位以下)にはなるだろうけどね。ただし、それでも1部だ」とコメント。

    また鹿島の選手への印象を聞くと「何人かはヨーロッパでもプレーできるだろうね。欧州には彼らより大きくて微妙な選手がゴロゴロいるよ(笑)」と見解を明かした。

    GOAL 12/20(火) 12:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000003-goal-socc

    【サッカー】<JリーグMVPは誰の手に?>今夜開催のJリーグアウォーズで決定!©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482204883/

    続きを読む

    続きを読む

    1: イコ ★@2016/12/19(月) 17:11:44.99 ID:CAP_USER9

    C0Ajoz-VIAE_DIJ

     
    セルヒオ・ラモス(レアル・マドリーDF)

    「1枚目は貰うようなものじゃなかったと思った。

    でも、2回目については、レフェリーが僕の味方になってくれたので、自分の運によって(事態が?)ちょっと変わってハッピーだったね。

    手強い相手との難しい試合だった。

    僕らは苦しめられた。インテンシティを強く発揮して、巡ってきたチャンスをものにしなければならなかった。

    さらなるタイトルを勝ち取って今年を終えることができて、とても誇りに思う。トロフィーをまた加えることができたのはいいことさ」
    https://qoly.jp/2016/12/19/sergio-ramos-janny-sikazwe-judge-iks-1

    続きを読む

    1: 胸のときめき ★@ 2016/12/19(月) 03:45:32.85 ID:CAP_USER9
     
    クラブワールドカップ決勝は、鹿島アントラーズからクリスチアーノ・ロナウドのハットトリックを含む4発を叩き込んだ
    レアル・マドリーが勝利。クラブ史上5度目の世界一を成し遂げた。
     
    「最高の1年だ。夢のような1年だった」と語ったC・ロナウドを始め、マドリーの面々の多くが世界一の称号を
    手にした喜びを語る中、一人だけチームへの不信感を口にしたのが、コロンビア代表MFのハメス・ロドリゲスだ。
    スペイン紙『マルカ』が伝えている。
     
     準決勝は途中出場してアシストも記録しながら、決勝では出番なしに終わった背番号10は、
    試合後、「僕がマドリーに残ることは保証できないね」と自らの去就について口を開いた。
     
     ハメスはマドリー退団を仄めかした理由について、「僕はプレーしたいんだ。タイトルを獲れたことは嬉しいけど、
    決勝でプレーできなかったことに失望している」とし、出場機会の少なさが主因であることを明かした。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=21317

    【サッカー】ハメロド「鹿島が勝ったの驚き。今日試合すればナシオナルが勝つ。おかしなゲームだったし気の毒。サッカーは不条理」★2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481976815/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/16(金) 20:32:04.93 ID:CAP_USER9
    鹿島FW土居聖真(24)が16日、「世界一へチャレンジしに行く」と気合を入れた。

     クラブW杯を3勝して勝ち上がり、18日の決勝戦でRマドリード(スペイン)と相まみえる。

     「ここまで来たことはありえないことだとも思いますが、世界一を取れるチャンス。逃さない手はないので思い切り力をぶつけたい。そして日本勢、アジア勢としてさらなる歴史をつくりたい」と力強く話した。

     15日の準決勝Rマドリード-クラブ・アメリカ(メキシコ)戦は、決勝も行われる日産スタジアムで観戦しイメージをふくらませた。「攻撃に向かう迫力がある一方で、静かな展開の時でも1発を狙っている。集中しないと5秒、10秒でやられちゃうなと」。

     夢舞台が整った今、「モチベーションはかなり高いですよ」と試合が待ち切れない様子だったが、「気持ち任せにならないようしっかりプレーしたい」と気を引き締め直していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-01752794-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/16(金) 19:59:21.77 ID:CAP_USER9
    現在開催中のFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016で試験的に導入され、様々な議論を呼んでいるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)。スペインでは、同システムの運用継続を支持するファンが多いようだ。スペイン紙『アス』が15日に実施したアンケートの結果を伝えている。

     14日に行われた準決勝のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)対鹿島アントラーズ(日本)では、VARによって鹿島にPKが与えられた。翌日に行われたレアル・マドリード(スペイン)対クラブ・アメリカ(メキシコ)でも、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールがオフサイドだったどうかが審議の対象となった。しかし、いわゆる“ビデオ判定”によってピッチ上では混乱が発生。試合後に、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチやフランス人FWカリム・ベンゼマが「このシステムは好きではない」とコメントするなど、選手側からは不満の声が噴出していた。

     この状況を受けて、『アス』は公式HP上で「VARは継続して運用していくべきか?」というアンケートを実施。1万906人の回答が集まった結果、「継続すべき」には5804票(得票率53.22パーセント)が集まり、5102票を集めた「継続すべきでない」を上回った。

     ただし、1万人規模のアンケートで、“支持派”と“不支持派”の差は約700票と、そこまで大きなものではない。さらにVARによって不利な判定を被った場合には、形勢が逆転する可能性も十分にある。VARがサッカーファンからの完全な支持を得るためには、運用方法など、さらなる改善が求められそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00528319-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/16(金) 21:13:33.76 ID:CAP_USER9

    CidOD4KVEAAVi-a

     
    バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスはリオネル・メッシこそがバロンドールにふさわしいと考えている。『OMNISPORT』が報じた。

    今月に発表されたバロンドール2016はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに輝いた。C・ロナウドは昨シーズン、チャンピオンズリーグ優勝、ユーロ2016初制覇に貢献し、それが評価された形だ。しかし、時に“宇宙人”とも形容される選手とともにプレーするスアレスからすれば、メッシが受賞しないのは不自然だと考えるようだ。

    「メッシが毎年バロンドールを受賞すべきだ。彼のプレーや存在感、毎試合で見せる妙技からすれば当然だと思うね。僕にとっては彼が唯一の受賞選手だよ。選手としての卓越さに加え、彼が僕のチームメートであることも理由の一つだ。それは僕をいつも幸せな気持ちにしてくれるね」

    一方で「まあでも人はそれぞれ意見があるし、置かれる状況も違う。いろいろ議論もあるんだろうけど、僕はそれに加わりたくないね」とも話している。

    なお、“MSN”を形成するもう一人のスター、ネイマールも「バロンドールに値する選手はメッシただ一人」と話し、チームメートが世界最高の選手であると主張している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000020-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/16(金) 18:12:30.60 ID:CAP_USER9
    18日に横浜国際総合競技場で開催されるクラブW杯決勝および3位決定戦の観戦チケットがすべて完売した。当日券の販売はない。

     決勝の組み合わせはレアル・マドリー対鹿島アントラーズ。3位決定戦はクラブ・アメリカ対アトレティコ・ナシオナル。日本テレビ系にて全国生中継される。

    ゲキサカ 12/16(金) 18:07配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-01634535-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ