サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    201302060002-spnavi_2013020600003_view
    元リバプールのジェイミー・キャラガー氏が、同クラブからバルセロナへの移籍が
    合意に至ったウルグアイ代表ルイス・スアレスについて語った。

    11日に、推定7500万ポンド(130億円)とも言われる移籍金でバルセロナへ移籍
    することになったスアレス。
    昨シーズンのプレミアリーグで31ゴールを挙げ、リバプールをリーグ2位に導く活躍
    を見せたスアレスだが、キャラガー氏は同選手がバルセロナで同様のパフォーマンス
    を披露できるか懐疑的だ。
    それは、バルセロナにアルゼンチン代表FWリオネル・メッシという中心人物がいるから
    だとキャラガー氏は主張する。

    約2年間をスアレスとともにプレーしたキャラガー氏は、英デーリーメールで次のように語った。

     「ルイスは、間違いなくバルセロナにとってのスターになりえる存在だ。
    彼は様々な選手とプレーしており、どんなクラブでも成功を収められるだけの能力がある。
    しかし、彼がバルセロナでリバプールと同等の活躍をすることができるかを確信することはできない」。

    「ティエリ・アンリを思い出してほしい。彼は私が対戦した中で、おそらくプレミアリーグで
    最も偉大な選手の1人だった。しかし、アーセナルを去った後、彼が同様のプレーをしていたとは言えない。
    彼は欧州CLなど7つのトロフィーを獲得した。だが、彼にはウイングでプレーしなければならないという
    厳しい役割があった」。

    「中央はリオネル・メッシの領域だ。そのため、バルセロナに連れて来られるストライカーは、
    中央でプレーする権利が与えられない。メッシはこの特別なチームの王だ。
    そのため、彼を中心にチームを編成することになる」。

    「ズラタン・イブラヒモビッチ、ネイマール、アレクシス・サンチェス、彼らは攻撃に秀でた才能溢れた選手
    であることに議論の余地はない。しかし、メッシと並んで活躍することができたとは言えない。
    ダビド・ビリャでさえ、バルセロナでのキャリアの終盤を失望で終えた」。

    「ならば、ルイスはどこでプレーするのか? メッシについては議論する余地がない。
    中央でプレーする。ネイマールは左で主にプレーしている。ならば右だろうか? 
    ルイスはリバプールでしばしば右サイドに開いてプレーしていた。しかし、彼は毎試合でそれをしていなかった。
    彼は自由にプレーしていたね。彼は指定されたポジションに留まらないほうが輝くんだ」。

    「私は、彼がRマドリードに移籍したほうが自然だったように思う。(クリスティアノ)ロナルドはスターだ。
    だが、カリム・ベンゼマよりもルイスの方がより良い選手だといえる」。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140712-1333237.html

    関連スレ
    【サッカー】バルセロナ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス獲得を正式発表
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1405080081/

    続きを読む

    06149_854_15009_ext_05_0

    ゲキサカ 7月11日(金)16時33分配信
    カタールじゃなかったの? ビジャ、ランパードに続きシャビもNY移籍か

     今夏、カタールへの移籍が濃厚とみられていたバルセロナMFシャビ・エルナンデスの移籍先が、MLSのニューヨーク・シティとなる可能性が急浮上している。
    スペイン・カタルーニャのラジオの報道をソースに、『cbssports』など複数メディアがアメリカ移籍が濃厚となっていると伝えている。

     NYシティは2015年から参入を予定している新クラブ。プレミアリーグのマンチェスター・シティと米メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースがタッグを組んで創設したこともあり、最大の注目を集めている。
    先月2日には元スペイン代表FWダビド・ビジャの獲得を発表。発表はされていないが、イングランド代表MFフランク・ランパードの移籍も確実視されている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00137216-gekisaka-socc

    続きを読む


    no title

    リヴァプール所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバルセロナ移籍が仮合意に達したと、 スペインメディア『TV3』が報じ、『マルカ』が伝えた。

    スアレス獲得に向け、バルセロナはリヴァプールに対して7900万ユーロ(約110億円)の移籍金を支払う模様。
    クラブからの正式発表はないが、スアレスは年俸1200万ユーロ(約16億6000万円)の5年契約になり、 バルセロナに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスのリヴァプール移籍が交渉内容に含まれている可能性があると同メディアは報じた。

    スアレスは、6月24日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節
    イタリア代表戦におけるDFジョルジョ・キエッリーニへの『噛みつき行為』で、 FIFA(国際サッカー連盟)から代表戦9試合の出場停止と4カ月間のサッカーに関わる全ての活動禁止、 10万スイスフラン(約1100万円)の罰金が科せられている。

    7月5日(土)11時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00209041-soccerk-socc

    続きを読む

    20140527-00193609-soccerk-000-1-view

    チェルシー、D・コスタ獲得合意と発表

    GOAL 7月2日(水)1時45分配信

    チェルシーは1日、クラブの公式ウェブサイトで、アトレティコ・マドリーからFWジエゴ・コスタ(25)を獲得することで合意に達したと発表した。

    D・コスタのチェルシー移籍は以前から確実視されていた。
    チェルシーは発表の中で、契約解除金を支払っての獲得と明かしている。
    D・コスタの契約解除金は3800万ユーロと見られている。そのほかの詳細については発表されていない。

    D・コスタは2007年にアトレティコに加入。
    当初はレンタル生活が続いたが、2013-14シーズンに大ブレイクした。
    リーガエスパニョーラでは27ゴールを記録し、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWリオネル・メッシに続くリーグ3位の得点数をマークしている。

    ブラジル出身だがスペイン代表を選択したD・コスタは、ブラジル・ワールドカップ(W杯)にも出場。
    だが、チームはグループステージ敗退となり、自身もノーゴールに終わった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00000056-goal-socc

    続きを読む

    no title
    サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードが、
    ブラジルW杯で大活躍中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(モナコ)の獲得に向けた下準備を完了。

    今後本格的に“引き抜き”に向けて動くという。1日のスペイン紙マルカなどが報じた。

    レアルは、ロドリゲスが幼いころから「レアル・マドリード」のファンだったことを考慮。
    すぐにでもチーム加入したい思いがあることを踏まえて、獲得に動くことにしている。

    現所属のモナコ(フランス)は昨シーズン、4500万ユーロ(現在のレートで約62億5500万円)の移籍金を払い、
    ポルト(ポルトガル)からロドリゲスを獲得しているが、レアルは減額措置が可能だと見ている。

    アルゼンチン代表のMFディマリアをほかのクラブに売却することで移籍資金を工面するとの見方がある。

    デイリースポーツ 7月1日(火)18時53分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000055-dal-socc

    続きを読む


    no title

    コロンビア代表のMFハメス・ロドリゲス(モナコ)が2点を決め、ブラジル大会通算5得点となり、
    ブラジルのFWネイマール、メッシ(ともにバルセロナ)、ドイツのFWミュラー(バイエルン・ミュンヘン)を
    抜いて得点ランクでトップに立った。

     29日のスペイン紙マルカなどによると、この日の2ゴールのうち、特に1点目、胸トラップから
    180度体勢を入れ替えて放った左ボレーはすでに「大会最高」との評価も出るほど。
    ハメスは「チームが勝ち、次に進めたからうれしい。(自分のプレーについて)今は目の前の試合を
    一生懸命やるだけ」と謙虚に話している。また、自身の将来に関しては「スペインでプレーできれば、
    それは夢の実現。バルセロナよりもマドリードの方が好き」とアピールも忘れなかった。

     コロンビア快進撃の原動力となっている“新星”の認知度は、この大会で世界レベルに達している。
    NBAの人気選手、レブロン・ジェームス(マイアミ・ヒート)は、自身のツイッターで
    「コロンビアの試合を見ていて、ワールドカップでの僕のお気に入り選手がやっと見つかった。
    その名前のためでもあるけど(『JAMES』のスペルが両者とも同じのため)」と、支持を表明した。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140629-00000063-dal-socc

    続きを読む


    01244


    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 10:14:14.91 ID:???0.net
    [6.18 W杯B組 スペイン0-2チリ リオデジャネイロ]

     一時代の終焉。そんな印象を受けさせるスペイン代表の敗戦だった。
    EURO2008を皮切りに、2010年南アフリカW杯、EURO2012と栄華を極めた
    スペインだが、ブラジルW杯ではオランダに初戦で1-5と大敗すると、
    第2戦でもチリ代表に0-2と完封負けを喫した。

     前回大会は7試合で2失点。しかし、今大会では2試合で7失点と、
    守備は崩壊した。両大会でゴールを守っていたGKイケル・カシージャスは、
    『マルカ』に対して「最初の2試合を勝てなかったなんて、何が起きているのか
    わからない」と整理のつかない様子だった。そして「とにかく、このグループリーグが
    こんな形で終わってしまったことに関して、みなさんには申し訳ないと
    言うしかない。最初に脱落してしまったことにはとても落ち込んでいる。
    最後の試合はなるべく最善の形で終わらせたいと考えているよ」と、
    23日に行われるオーストラリア戦での勝利を誓った。

     敗因について、問われたキャプテンは「運もなかったし、結果は到底
    満足できるものではない」と話したが、「ただ、このチームの良いところについて
    見失わないようにしたい。それが次の世代のチーム作りに役立つはずだ」と、
    このチームのストロングポイントを、今後につなげていかないといけないと強調した。

     チリ戦の2失点目は、カシージャスのパンチングを相手に拾われて
    シュートを決められた。このプレーに悔いを残している守護神は
    「弾くのではなく、うまくキャッチングするべきだった。ボールを弾いて
    しまったあと、次の相手のシュートに対しうまく対応することができなかった。
    (スペインの選手が)誰も反応していない状況で、相手はしっかりとシュートを
    決めてきた。4年前はうまく行っていたが、今回の結果には失望している」と、
    肩を落とし「この試合では僕らがやりたいことができなかった」と、つぶやいた。

     この大会がスペイン代表として最後の舞台になるかと問われたカシージャスは
    「分からない。もう少し待とう。監督が決めることであって、それを尊重する。
    でも、このグループは、こんな形では終われないよ」と、悔しさを滲ませつつも、
    「この責任は、僕たちにある。僕たちにできるのは、チリを祝福するだけだ。
    彼らの方が良いチームだった。運がなく、2連敗したら、何も言えないよ」と、
    この日の勝者を称えた。

    ゲキサカ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00136536-gekisaka-socc

    続きを読む

    06149_854_15009_ext_05_0


    1: ね( ゚Д゚)こφ ★ 投稿日:2014/06/18(水) 20:47:23.90
    バルセロナのスペイン代表MFシャビ(34)が

    カタールの首都ドーハに本拠を置くアルアラビへ移籍することに同意したと、
    英デーリーメール紙(電子版)が18日、報じた。

     かつてDFとしてチェルシーとルーマニア代表でプレーし、
    現在アルアラビ監督を務めるダン・ペトレスク氏(46)がルーマニアメディアに明かしたという。
    ペトレスク氏はシャビと直接話して聞いたと説明している。


    そーす
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140618-1319982.html?mode=all

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ