サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 12:04:29.74 ID:???*.net
    サッカーのフランス1部、パリ・サンジェルマン(PSG)のローラン・ブラン監督は20日、
    欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、バルセロナ(スペイン)との第2戦を翌日に控え、4強進出は不可能に近いとの認識を示した。

    PSGは15日にホームで行われた第1戦でバルセロナに1─3で敗れた。
    第2戦に向けてはズラタン・イブラヒモビッチとマルコ・ベラッティの出場停止処分が明ける一方で、
    チアゴシウバとチアゴ・モッタが負傷し、ダビドルイスも状態に不安を抱えている。

    ブラン監督は会見で、「われわれはきっと得点するが、勝ち抜ける可能性は低い」とコメント。
    「バルセロナには攻撃にものすごいタレントがそろっており、本拠地で行った今季のCLではどのチームからも最低1点は奪っている」とし、
    バルセロナで完封するのは実質的に不可能だと述べた。

    そんな状況のなかでブラン監督は、2009─10年シーズンにバルセロナでプレーしたイブラヒモビッチにいちるの望みをかけると発言。
    「イブラは駄目でもともとの試合に強い。きっと助けになってくれるだろう」と語った。

    ロイター 4月21日(火)11時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150421-00000046-reut-spo

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 10:51:23.79 ID:???*.net
     
    レアル・マドリー(スペイン)は現地時間20日(以下現地時間)、MFギャレス・ベイルが左ふくらはぎの筋肉を傷めたことを発表した。

    ベイルは18日に行なわれレアルが3対1と勝利したマラガ戦で負傷。筋肉が裂けたことを示す様なジェスチャーを見せていた。

    この負傷により、ベイルは22日に行なわれる、アトレティコ・マドリー(以上スペイン)とのチャンピオンズリーグ(以下CL)準々決勝セカンドレグを欠場する見込みとなっている。

    なお、レアルでは同じくマラガ戦でMFルカ・モドリッチが右ひざのじん帯を負傷。同選手は6週間の離脱と報じられており、

    CLでの「マドリーダービー」を前に、新たに主力選手を欠くことになった。(STATS-AP)

    ISM 4月21日(火)10時42分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150421-00000014-ism-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 05:58:32.26 ID:???*.net

    E382B9E382A2E383ACE382B9E38390E383ABE382B5E383A6E3838B

    バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、
    バルセロナでのプレーについてコメントし、20日に大手メディア『スカイスポーツ』が伝えた。

    スアレスは2014年7月にリヴァプールからバルセロナへ移籍。
    加入後の16試合では5得点を挙げるに留まっていたが、ここ18試合で14得点を記録するなど、調子を上げている。

    これについて同選手は、「バルセロナに来た時、僕は(リオネル)メッシやネイマールに怯えていた。
    でも彼らは僕に、リヴァプール時代と同じようにプレーするよう、言ってきたんだ。
    今ではピッチ内外で上手くやれているよ。上手くいかなかった時に、
    僕の身近で支えてくれた人たちに感謝してる。チームメイトやコーチがいつも支えてくれるんだ」と、周囲への感謝の気持ちを明かした。

    そして、「今は僕のゴールやアシストでチームを助ける番だと感じている。
    でも、チームが上手くいきさえすれば、それで僕は満足だ。
    チームが前進するのなら、誰が点を決めるかなんて重要じゃない」と、語っている。

    同チームは、21日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグで、パリ・サンジェルマンと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150421-00304305-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月21日(火)2時56分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150421-00304305-soccerk-socc.view-000

    続きを読む

    580: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/04/19(日) 09:36:20.02 ID:R8ijS6NU0.net
    ほぼチチャのおかげのワンタッチゴールのくせにゴールパフォーマンス最優先のクリロナ 
    http://www.youtube.com/watch?v=HvG-Sxk59sE


    アシストしたメッシに感謝するスアレス 
    http://www.youtube.com/watch?v=YLP3VC9QJNc



    チチャもクリロナ祝いに行かなかったしクリロナの事嫌いなんだろうな 
    マドリーは雰囲気悪いわ 
    スアレスは楽しそうだしバルサに移籍して良かった

    続きを読む




    リーガ・エスパニョーラ第32節が18日に行なわれ、バルセロナとバレンシアが対戦した。

    前節2点差からセビージャに追いつかれ、2位レアル・マドリードに勝ち点差2に詰め寄られた首位のバルセロナ。
    相手は4位バレンシアと手強いだけに、難しい戦いが予想された。

    しかし、試合はいきなり動く。1分、リオネル・メッシがドリブルで中央を突破すると、
    ペナルティエリア右のルイス・スアレスへラストパス。スアレスは右足でゴール左に蹴りこみ、バルセロナが先制に成功した。

    開始早々にリードを奪ったバルセロナだったが、一転してピンチを迎える。
    9分、ペナルティエリア内でロドリゴがジェラール・ピケに倒される。
    主審はPKを指示し、バレンシアにビッグチャンスが舞い込む。
    キッカーのダニエル・パレホが打ったシュートは、右に飛んだクラウディオ・ブラーボに止められてしまい、同点とはならなかった。

    一進一退の展開が続く40分、ネイマール、シャビと繋ぎ、
    最後はメッシがシュートを放ったが、ボールはゴール右に外れた。1-0でバルセロナがリードして前半を折り返す。

    64分、バルセロナがFKのチャンスを得ると、キッカーのメッシがシュート。
    しかし、ここはクロスバーに弾かれ、追加点とはならない。

    追い付きたいバレンシアは次々と交代のカードを切っていく。
    迎えた75分、ロドリゴに決定機が訪れたが、シュートはまたしてもブラーボのビッグセーブに遭い、追いつくことが出来ない。

    後半アディショナルタイム3分にはメッシが得点し、追加点を奪った。
    このまま試合は終了し、2-0でホームのバルセロナが勝利し、首位を守った。

    次節、バルセロナは敵地でエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”に臨む。

    【スコア】
    バルセロナ 2-0 バレンシア

    【得点者】
    1-0 1分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    2-0 90+3分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00303507-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月19日(日)0時52分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00303507-soccerk-socc.view-000
    バルセロナのメッシ(左)、スアレス(中央)とネイマール

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/esp/esp-10634299.html

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 09:37:54.47 ID:???*.net

    no title

     
    ▽世界最高のゴールスコアラーの1人であるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、
    サウサンプトンに所属するイングランド代表GKフレイザー・フォースターを高く評価しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

    ▽ここまでのプロキャリアの中で多くのGKを苦しめてきたメッシだが、
    逆に自身が最も苦しめられた相手としてセルティック時代のフォースターの名前を挙げている。

    また、アルゼンチン代表FWはフォースターのパフォーマンスについて、
    自身が対戦したきた中で最高のゴールキーピングだったと称賛している。

    「僕たちに対して、フレイザー・フォースターが見せたパフォーマンスは今でも僕たちの間で語り草となっている。
    とりわけ、スコットランドで見せた彼のプレーは人間業ではなかった。それは僕がこれまで見たGKの中で最高のパフォーマンスだった」

    「ビクトール・バルデスがクラブを退団することを表明したとき、僕たちは真剣に彼をここに連れてくることを話し合っていた。
    僕個人の見解では、彼がアーセナルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブに加入すると思っていた」

    ▽なお、今季のプレミアリーグでリーグ最少失点を誇るセインツの守護神として活躍してきたフォースターだが、
    先月21日に行われたバーンリー戦で左ヒザを負傷し、今季中の復帰は絶望的となっている。

    超worldサッカー2015年4月18日(土)1:35
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=199772&page=0

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 14:49:44.84 ID:???*.net
    7c581a7f

     
    「もっと走れ!」などのヤジが飛んだ

    レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルがまたもサポーターから罵詈雑言を浴びる騒動に巻き込まれた。
    英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    14日に行われた欧州CL準々決勝アトレチコ・マドリード戦の初戦でベイルはことごとくスロベニア代表GKヤン・オブラクのスーパーセーブに阻まれ、
    ゴールを決めることができなかった。試合も0-0に終わった。

    試合後、クラブハウスの門から自家用車で出てきたベイルには待ち構えたサポーターから
    「もっと走れ!」などのヤジが飛んだという。この様子は地元サッカー番組でも放映されたようだ。

    ベイルは1-2で敗れた3月22日のバルセロナとのクラシコの後も、クラブハウスから帰宅する直前に門の外でサポーター3人に悪口雑言を浴びせられ、
    自家用車を蹴られるなどの暴行を受けた。
    この一幕がテレビで放送されていたために、サポーターは特定され、スタジアムへの生涯入場禁止を言い渡されている。

    2シーズン前に史上最高額の移籍金でトットナムから移籍してきたスピードスターに対するレアルサポーターの要求は高い。
    リーグと欧州CLの2冠を目指す白い巨人。ベイルの爆発が待たれるところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150417-00010004-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 4月17日(金)12時58分配信

    続きを読む




    パリ・サンジェルマン 1-3 FCバルセロナ

    0-1 ネイマール(前半18分)
    0-2 ルイス・スアレス(後半22分)
    0-3 ルイス・スアレス(後半34分)
    1-3 グレゴリー・ファン・デル・ヴィール(後半37分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10779478

    続きを読む


    □ハイライト動画

    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが14日に行われ、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードが対戦した。

    昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の再現となった同試合。その時はレアル・マドリードが、アトレティコ・マドリードを倒して
    “ラ・デシマ”(10度目の欧州制覇)を達成していた。しかし、今シーズンに行われた公式戦6試合のダービー戦で、アトレティコ・マドリードが4勝2分と圧勝。
    今試合が行われるアトレティコ・マドリードのホーム、ビセンテ・カルデロンで、レアル・マドリードは得点を奪えず3戦全敗している。

    試合はレアルが最初のビッグチャンスを迎える。4分、ディエゴ・ゴディンのクリアミスから、ガレス・ベイルがペナルティエリア内に抜け出して、
    GKとの1対1を迎えるも、シュートはGKヤン・オブラクの好反応に阻まれた。その後は、両チームが激しい攻防を見せ、決定的なチャンスは訪れない。
    しかし前半終盤に向けてレアルが攻勢に出る。

    36分、CKのクリアボールをエリア手前中央のハメス・ロドリゲスが左足のアウトサイドキックでシュートを放つと、ゴール右隅に飛ぶがオブラクが弾き出した。
    一方のアトレティコは直後の37分、セルヒオ・ラモスのパスをガビがカットし、そのボールを受けたアントワーヌ・グリエスマンがエリア手前で反転してシュートを放つが、
    GKイケル・カシージャスがキャッチした。

    43分にレアルは相手のCKからカウンターを仕掛ける。こぼれ球を拾ったラファエル・ヴァランが自陣から、右サイドを一気に駆け上がり、中央へクロスを送る。
    エリア内左でボールを受けたカリム・ベンゼマがさらに中央へパスを出すが、これは相手DFがカット。
    こぼれ球を拾ったJ・ロドリゲスが深いところまで侵入しシュートを放つが、またもオブラクに阻まれた。

    前半は両チームともに得点は奪えずスコアレスドローで折り返す。
    後半は両チーム譲らず拮抗を見せ、決定的なチャンスが生まれないまま時間がすぎる。レアルは86分、CKからのこぼれ球にモドリッチがハーフボレーを放つが、
    シュートはクロスバー上に外れる。88分にアトレティコは左CKからゴディンが頭で合わせるが、枠をとらえられない。

    89分には、CKの流れからゴール前でマリオ・スアレスがバイシクルシュートを放つが、カシージャスがセーブ。
    直後にマリオ・マンジュキッチがエリア内左からシュートを放つが相手DFにブロックされた。

    試合はこのままタイムアップを迎え、アトレティコとレアルの“マドリード・ダービー”は両チーム譲らずスコアレスの引き分けに終わった。
    セカンドレグは、22日にレアル・マドリードのホームであるサンティアゴ・ベルナベウで行われる。

    【スコア】アトレティコ・マドリード 0-0 レアル・マドリード
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10779479
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/round=2000550/match=2014420/postmatch/report/index.html

    アトレティコ・マドリード
    オブラク;ゴディン、シケイラ、ファンフラン、ミランダ、マリオ・スアレス■、コケ(83分フェルナンド・トーレス)、アルダ、ガビ、グリーズマン(77分ラウール・ガルシア■)、マンジュキッチ■

    レアル・マドリード
    カシージャス;ヴァラン、セルヒオ・ラモス■、マルセロ■、カルバハル(85分アルベロア)、クロース、ハメス・ロドリゲス、ベイル、モドリッチ、C・ロナウド、ベンゼマ(76分イスコ)

    SOCCER KING 4月15日(水)5時36分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00302231-soccerk-socc 続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 22:36:11.52 ID:???*.net

    455418_heroa

    11日に行われたリーガ・エスパニョーラで、首位バルセロナはセビージャ相手に2-2のドロー。
    2位レアル・マドリードがエイバルに勝利したため、両者の勝ち点差は2に縮まった。

    2点のリードを奪いながら追いつかれた試合展開もニュースだが、
    現地でより大きな話題となっているのが、ネイマールとルイス・エンリケ監督との関係だ。

    この試合に先発したネイマールは、前半だけで1ゴール・1アシストと全ての得点に関与。
    しかし、1点差に詰め寄られて迎えた74分に、チャビとの交代を命じられた。
    L・エンリケ監督としては逃げ切るための采配だったのだろうが、
    ネイマールにはこれが面白くなかった。

    交代ボードに自身の背番号である「11」の文字を見つけると、信じられないという表情を見せ、
    ピッチを出た後に、L・エンリケ監督の方を凝視しながら右手の指を口元に持っていくジャスチャーで不満を表現。
    そして、ベンチに座るや否や、皮肉めいた拍手をして、履いていたスパイクを脱ぎ捨てたのだ。
    それでも怒りの収まらないネイマールの元には、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンとハビエル・マスチェラーノが駆け寄り、なだめるシーンも。
    一方、L・エンリケ監督はピッチの方を見たまま、ネイマールにねぎらいの言葉1つかけることがなかった。

    なお、ネイマールが途中交代で怒りを露わにするのは、これが初めてのことではない。
    2013年夏のバルセロナ入団以降、実に6度も同様の行為に及んでおり、
    特に今年に入ってからは今回のセビージャ戦で3度目の“不満爆発”となる。

    1月8日のコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグ・エルチェ戦では、2ゴールを決めながら66分でベンチに下げられると、
    試合後に「僕はいつもプレーしていたい、ピッチを出ていくのは好きじゃない」と、
    L・エンリケ監督への批判とも受け取れるコメントを残した。

    ただ、ネイマールがこうした態度をとるのも、無理はないのかもしれない。
    セビージャ戦では、ゴールやアシストだけでなく、ルイス・スアレスへのパスや相手DFを股抜きで抜き去るなど、
    そのプレーはピッチ上にいた誰よりも輝いていたからだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00301792-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月13日(月)19時52分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ