サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ



    MFhav


    ハーフナー見せ場つくれず「勝負する球来ない」サポはブーイング

    セビリア戦でキープするコルドバのハーフナー(右)
    Photo By 共同

     サッカーのスペイン1部リーグ、コルドバのハーフナー・マイクは21日、ホームのセビリア戦で
    先発したが、見せ場をつくれないまま後半14分に退いた。試合は1―3で敗れた。

     ハーフナーはボールをなかなか受けられず、不完全燃焼のままベンチへ退き「勝負する球が来ない。
    自分が考える部分でもあるけど、味方に要求してもいいかなと思う」ともどかしそうだった。

     4試合に先発したが、まだ無得点。交代時には初得点を期待するサポーターからブーイングも飛んだ。
    「点を取る選手として移籍してきたわけだから、サポーターもそれを求めている。当たり前かな」と
    冷静に受け止めた。(共同)

    [ 2014年9月22日 08:11
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/22/kiji/K20140922008973070.html

    続きを読む


    2014/09/21 20:10:00

    『マルカ』が報じる

    スペイン『マルカ』は、レアル・マドリーが本拠地サンチャゴ・ベルナベウのネーミングライツを
    アブダビ首長国に売却する可能性を報じた。

    ベルナベウの全面改装費4~5億ユーロを工面するため、同スタジアムのネーミングライツの売却に
    動いているマドリー。スペイン『アス』はベルナベウがエミレーツ航空の名を冠すると報じていたが、
    『マルカ』によればアブダビ政府が経営する石油精製の投資ファンドIPICとの合意により、
    アブダビ・サンチャゴ・ベルナベウ、アブダビ・ベルナベウといった名になる可能性が高いという。

    マドリーは今回のネーミングライツの売却により2034年までに年間2500万ユーロ、
    総額で4億5000万ユーロ~5億ユーロの収入を確保する見込み。同クラブのフロレンティーノ・
    ペレス会長は21日のソシオ(クラブ会員)総会で、スタジアム名の変更についての反応をうかがう方針とされる。

    http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%B9%E3%9A
    %E3%A4%E3%B3/2014/09/21/5121428/%E3%9E
    %E3%89%E3%AA%E3%BC%E6%9C%AC%E6%8B%A
    0%E5%9C%B0%E3%AE%E5%8D%E3%AF%E3%A2%E3%96%E3%80%E3%93%E3%B5%
    E3%B3%E3%81%E3%A3%E3%B4%E3%99%E
    3%AB%E3%8A%E3%99%E3%A6%E3%AB?ICID=HP_BN_1

    続きを読む




    デポルティボ・ラ・コルーニャ 2-8 レアル・マドリード

    0-1 29' C・ロナウド
    0-2 36' ハメス・ロドリゲス
    0-3 41' C・ロナウド
    1-3 51' メジュニュニン(PK)
    1-4 66' ガレス・ベイル
    1-5 74' ガレス・ベイル
    1-6 78' C・ロナウド
    2-6 84' トチェ
    2-7 88' ハビエル"チチャリート"エルナンデス
    2-8 92' ハビエル"チチャリート"エルナンデス

    http://www.goal.com/en/match/deportivo-la-coru%C3%B1a-vs-real-madrid/1821405/live-commentary?ICID=MP_MS_3

    続きを読む

    news_cruyff_900_0407



    ヨハン・クライフ氏は、バルセロナで自身が指導した選手でもあったジョゼップ・グアルディオラ監督を称賛し、
    ジョゼ・モウリーニョ監督よりも優れた指揮官だと主張している。

    それぞれバルセロナとレアル・マドリーを率いてタイトルを争ったグアルディオラ監督とモウリーニョ監督は、
    現在それぞれバイエルン・ミュンヘンとチェルシーを率いている。クライフ氏はドイツ『ビルト』に対し、両者の比較を次のように述べた。

    「グアルディオラはモウリーニョより優れているか? 私にとっては、そのとおり。明らかにそうだ。
    グアルディオラはサッカーを良くすることを望んでおり、自身のチームを別のレベルへと導きたいと考えている」

    「モウリーニョとは異なり、彼は10万人のファンの前でも戦ってきた。彼は試合そのものを話題の中心にしている。
    モウリーニョは彼のチームや、彼の能力や、彼のメンタリティーについて話をするだけだ」

    クライフ氏はグアルディオラ監督を「世界最高の監督の一人だと思う」とした上で、さらに次のように賛辞を送っている。

    「グアルディオラが本当に際立っている点は、彼は自分のサッカーのスタイルをチームに強制しないということだ。
    彼は何がチームにとってベストであるかを分析し、細かい部分をよく利用した上で、それを通してチームを可能な限り大きな成功へと導いていく」

    「スペインがグアルディオラの選手7人を擁して2010年ワールドカップを制し、今回ドイツが彼の選手6人か7人を擁して優勝したのは偶然ではない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000020-goal-socc

    【サッカー】モウリーニョ監督がきつい一発「グアルディオラがハゲているのはサッカーを楽しんでいないから」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1410524353/

    続きを読む

    サッカースペインリーグ、レアル・マドリードが昨季会計で6億200万ユーロ(約841億6000万円)の累積債務があるとしてい
    20日のスペイン紙アスが報じた。

    金額はクラブが内部役員に伝えた正規の数字で、21日に行われるクラブ評議会に承認を求めることになっている。
    債務全額の半数以上にあたる3億6100万ユーロ(約504億5000万円)は短期の対応が必要なもので、1年以内になんらかの解決が必要だという。

    また一昨季終了時点債務は5億4100万ユーロと、1年でおよそ10%増加、一方の収入は5%増と典型的なマイナス成長となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000057-dal-socc


    【サッカー】レアル・マドリード、総収入史上最高の約822億円を計上!10年連続で世界で最も収入の多いスポーツクラブに
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1410139458/

    レアル・マドリッド公式HP ペレス会長、13/14シーズンの収支収入バランスを発表
    http://www.realmadrid.com/ja/news/2014/09/florentino-perez-presento-las-cuentas-correspondientes-al-ejercicio-2013/14

    続きを読む



    今夏の移籍市場でマンチェスター・Uからレアル・マドリードに加入したメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが、
    新天地での活躍を誓った。『Claro Sports』が報じ、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

    レンタルでレアル・マドリードに移籍したエルナンデスは「どんなサッカー選手でも、レアル・マドリードに加わることを夢見ている。
    このチャンスを生かしたい。ヨーロッパ最高のチームでプレーできるなんて、僕はとても運がいい。
    このクラブのためにベストを尽くす。それが最も重要だよ」と、現状に満足していることを語った。

    また、エルナンデスはマンチェスター・Uで過ごした最後のシーズンを振り返り、
    「厳しいシーズンだったよ。信頼されていなかったんだ。僕は辛抱強く待っていた。そして今、ここにいる」とコメント。

    多くの出場機会を得られずに苦しんでいたことを明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00234133-soccerk-socc

    続きを読む

    15421741




    バルセロナの元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスが、同クラブのルイス・エンリケ新監督について語った。
    スペインのテレビ局『Canal』のインタビューに応じた同選手のコメントを、スペイン紙『スポルト』が掲載している。

    シャビは、ルイス・エンリケ新監督について、「2008年の(ジョゼップ)グアルディオラの時と同じ感覚だよ。
    良い時間が数年間やってくるだろう。彼は勝者であり、生まれながらのリーダーだ」と、
    グアルディオラ監督を引き合いに出してコメント。

    2008-2009シーズンから4シーズンに渡って同クラブで指揮を執り、
    リーガ・エスパニョーラ3連覇や2回のチャンピオンズリーグ制覇を達成した同監督政権時のように、
    再び黄金期が訪れるとの予想を明かした。

    またシャビは、チームメートのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを称賛し、
    「スペイン人選手の歴史の中で、最も才能のあるプレーヤー」と、コメントしている。

    http://www.excite.co.jp/News/soccer/20140919/Soccerking_233956.html

    続きを読む

    no title


    チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、レアル・マドリーで監督を務めた時期を振り返り、
    FWクリスティアーノ・ロナウドとの関係について語っている。

    モウリーニョ監督は2010年から2013年までマドリーを指揮。2012年にはリーガエスパニョーラ制覇を成し遂げたが、
    C・ロナウドを含むチームとの関係が徐々に悪化したことも一因となり、主要タイトル無冠に終わった翌シーズン終了後にマドリーを去った。

    モウリーニョ監督がポルトガル『TVI』のインタビューで次のように語ったとして、スペインメディアが伝えている。
    「彼との関係は何も存在していない。彼はレアル・マドリーでプレーしており、私はチェルシーの監督だ。道で出会うことはないだろう。
    関係は存在しないが、記憶はある。良いことも覚えているし、それほど良くないことも覚えている」

    「ゴールを量産する機械のような選手であり、私にリーガやコパ、スーパーカップのタイトルを獲らせてくれた選手を忘れるはずはない。
    おそらく私が彼を助けた部分もあるだろう。お互いが助け合って、歴史上最高のバルセロナを相手に勝ち点100を獲得するという歴史を作ったんだ」

    マドリーで指揮を執ったことに後悔はないが、もう一度率いたとすればまったく同じように指揮を執るわけではないと語った。
    「過去に戻ったとすれば、もう一度マドリーと契約するかって? もちろん、間違いなく契約する。人間としても監督としても、迷わずもう一度繰り返したいと思うような経験だった」

    「どんな場合でも、監督がしかるべき考えを持って常に自己批判をするのであれば、もちろんどのクラブでもすべてを同じようにやることはないだろう。
    レアル・マドリーだけではなく、どのクラブでもだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000024-goal-socc

    続きを読む


    no title


    スポーツ報知 9月18日(木)0時8分配信

     イングランド、プレミアリーグのアーセナルが、来年1月にスペイン代表GKイケル・カシジャス
    (33)=Rマドリード(スペイン)=の獲得に動きそうだ。英紙「メトロ」が17日、報じた。

     アーセナルは今夏にも獲得に動いていたが、カシジャスはレアルに残留。だが、まだ獲得をあきら
    めていないようだ。ASモナコ(フランス)もレアルの正守護神に熱視線を送っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140918-00000006-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ