サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ


    マンチェスター・ユナイテッドが再び"超大型補強"を果たすことになりそうだ。
    レアル・マドリーが同クラブからのガレス・ベイル移籍オファーを受諾すると英紙『メトロ』が報じている。

    マンチェスター・ユナイテッドからのマドリーへのオファーは実に"移籍金1億5000万ポンド(約270億円)"。
    これが成立すれば、2013年にベイルがトッテナムからマドリーに移籍する際に記録した1億ユーロ(約140億円)を大きく上回る大記録となる。

    マンチェスター・ユナイテッドは今季既にFWラダメル・ファルカオ、MFアンヘル・ディ・マリア、DFルーク・ショーと大型補強を連発させていた。
    果たして、ベイル獲得という史上最大のミッションをクリアすることはできるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150110-00010003-footballc-socc
    最終更新:1月10日(土)3時25分

    続きを読む

    no title


    レアル・マドリーGKイケル・カシージャスが、カルロ・アンチェロッティ監督がチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督より優れていると語った。
    だが、モウリーニョ監督とも握手をかわすことに問題はないとも述べている。

    モウリーニョ監督はマドリーを率いていた際、カシージャスをレギュラーから外し、大きな議論を呼んだ。
    カシージャスはスペイン『カデナ・コペ』で、次のように述べている。『マルカ』が伝えた。

    「アンチェロッティはモウリーニョより優れている。モウリーニョと僕は愛と憎しみの関係だ。彼がここにいたとき、僕は彼について話さなかった。
    今も話そうとは思わない。彼は別のチームの監督で、僕は(マドリーに)いるんだ。話すのは利己主義的で、卑怯だろう」

    「モウリーニョに何を願うか? 彼にとって物事がうまくいくように願っているよ。マドリーにいたとき、彼はタイトルを獲得した。彼に感謝しなければいけない。

    彼と握手をするか? 明日彼と出会ったら、僕は手を差し出す。それを握るかどうかは彼次第だ。彼は握手すると思うよ」

    また、カシージャスはマドリーからの移籍を考えたかと聞かれると、こう述べている。
    「もちろん考えた。でも、僕はマドリーでキャリアを終えたいんだ」

    バイエルン・ミュンヘンに移籍したMFシャビ・アロンソが、GKマヌエル・ノイアーをたたえたことについては、次のように語った。
    「彼が言うことに僕は関心ない。この数年、僕らの関係は適切なものではなかった」

    FIFAバロンドールについては、FWクリスティアーノ・ロナウドが受賞すべきとコメント。
    また、バルセロナで去就が騒がれているFWリオネル・メッシについて、マドリー加入は望まないと述べた。

    「僕なら彼とサインはしない。僕らは非常に良いチームで、素晴らしいことを成し遂げている

    1月9日(金)12時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000005-goal-socc

    写真
    http://www.realmadrid.com/cs/Satellite?blobcol=urldata&blobheader=image%2Fpng&blobkey=id&blobtable=MungoBlobs&blobwhere=1203352290583&ssbinary=true

    プロフィール
    http://www.realmadrid.com/ja/football/squad/iker-casillas-fernandez

    続きを読む

    spa14081809010003-p1


    ルイス・エンリケ監督とFWリオネル・メッシの確執が取りざたされているバルセロナだが、

    バルセロナファンはメッシを支持しているようだ。スペイン『スポルト』が伝えた。

    『スポルト』がアンケートで「メッシはロッカールーム内で特別な地位を与えられるべきか?」と質問したところ、実に67%が「イエス」に投票した。

    また、「ルイス・エンリケとメッシの対決で勝つのはどちらか?」との問いには、2000人が投票して93%が「勝者になるのはメッシ」だと回答している。

    また、L・エンリケ監督がメッシに対して正当な扱いを行っていないと考える意見(70%)や、

    さらには4日に行われたリーグ戦でメッシがベンチスタートとにしたことは指揮官の間違いだったとの意見(80%)が多く、

    バルサファンの大半がメッシを擁護していると伝えられている。

    1月7日(水)19時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-00000022-goal-socc

    続きを読む

    torres-500x361


    7日のコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグ、アトレティコ・マドリーは本拠地ビセンテ・カルデロンでのレアル・マドリー戦を2-0で制した。

    この試合がアトレティコ復帰戦となったFWフェルナンド・トーレスは、自身のキャリアにおける初のマドリッドダービー勝利を喜んだ。

    F・トーレスは、スペイン『カナル・プリュス』の試合後インタビューで次のように話した。

    「世界最高の一チームを打ち破れば、後味は良いよ。この結果は、次戦進出の可能性を高くするものだ。

    ただ(マドリーの本拠地サンチャゴ・)ベルナベウに乗り込むとして、2-0は決定的なスコアにはならないね」

    愛する人を前にすることで感じる高揚を、スペイン語では「胃の中に蝶々がいる」と表現するが、
    カンテラから過ごしたクラブに帰還したF・トーレスはそのような状態にあるようだ。

    「入団発表でも胃の中で蝶々が飛んでいたが、この試合で再びそうなった。これは長い時間続くはずだよ。コントロールなどできない感情だからね」

    「多くのことを幸せに感じている。チームの仕事ぶり、結果、カルデロンの雰囲気などね。様々なことを祝福する日だよ」

    試合自体については、次のように振り返っている。

    「僕たちはプレーにおけるすべての面をコントロールしていた。ライバルの決定機に苦しむことなくね。

    だけどベルナベウでの90分間では、どのようなことだって起こり得るんだ」

    「マドリーにとってポゼッションは代えが利かないものだ。アトレティコは一枚岩となり、カウンターでの攻撃を目指した。

    僕たちは好機を待ち続け、PKを獲得できた。その後に試合は壊れたね」

    1月8日(木)12時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000005-goal-socc

    続きを読む

    jpeg


    プレミアリーグのチェルシーは、バルセロナのFWリオネル・メッシの父ホルヘ・メッシ氏と連絡を取り、
    来季の同クラブ加入の可能性について話しあったという。スペイン・カタルーニャのラジオ局『RAC 1』が7日に伝えている。

    同局によれば、チェルシーのフロントはルイス・エンリケ監督とメッシの不仲を十分に把握しており、
    メッシがバルセロナで正確にどんな状況に置かれているかを確認するためにメッシ父と接触したという。

    また、チェルシーはメッシを獲得するためなら、同選手の違約金(移籍金)である2億5000万ユーロ(約350億円)を支払う覚悟もある模様だ。

    メッシはチェルシーのMFセスク・ファブレガスと同期であるため親密な関係を保っている。
    二人の妻同士も大の仲良しで、家族ぐるみの付き合いがあることも知られている。

    現地スペインでは、過去に何度も衝突したモウリーニョ監督の下にメッシが行きたがるとは考えにくいと言う声は少なくないが、
    同じようにモウリーニョを批判していたファブレガスは今季チェルシーに加入。さらに同監督を絶賛までしている。

    「フットボールに不可能はない」「移籍市場ではどんなことでも起こり得る」とは、
    この時期によく聞かれる言葉で、ファブレガスはそのいい例だ。メッシといえども、例外ではない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150107-00010046-footballc-socc
    フットボールチャンネル 1月7日(水)21時52分配信

    続きを読む

    no title


    バルセロナは新年早々、FWリオネル・メッシとルイス・エンリケ監督の確執報道に揺れている。
    スペイン『スポルト』は、メッシに懲戒処分を科そうとする指揮官を、チームのキャプテンたちが止めていたと伝えた。

    4日に行われたリーガエスパニョーラ第17節、敵地アノエタでのRソシエダード戦で、メッシはベンチスタートを命じられた。
    このことでL・エンリケ監督と口論があったと報じられている。

    その翌日、チームは毎年恒例の公開練習を行ったが、メッシの姿はなかった。
    クラブは胃腸炎と発表したが、指揮官は真実ではないと考えており、怒りにまかせて懲戒処分を科そうとしたそうだ。

    しかし、チームの第3キャプテンまでがこれに反対したという。

    MFシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セルジ・ブスケッツの3人は、メッシにペナルティーを科せば、
    クラブおよび周囲の雰囲気は対処できないものになると監督を説得した模様だ。

    ただし、『スポルト』はバルセロナにこの件を確認したところ、否定されたことも記している。
    また、メッシはチームの練習が休みだった6日に練習場を訪れ、メディカルスタッフによる検査を受けた。

    L・エンリケ監督が本当にメッシを疑っているのかは分からない。だが、バルセロナは過去にロナウジーニョが夜遊びで練習を欠席した際にも
    「胃腸炎を患った」と公表していた。

    さらに、メッシはジョゼップ・グアルディオラ現バイエルン監督体制のときも、代表ウィーク明けに行われたアノエタでのソシエダ戦で先発を外れ、
    翌日の練習を欠席した過去がある。グアルディオラ監督はそれ以降、メッシを可能な限り先発で起用していた。

    いずれにしても、メッシはシャビ、イニエスタ、ブスケッツの3人と7日に話し合うと見られている。
    事態は収束に向かうのだろうか。

    2015.1.7 11:47
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150107/spa15010711470002-n1.html

    続きを読む


    複数のスペインメディアが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(27)と、
    ルイスエンリケ監督(44)の関係にヒビが入り、冷えきったものになっていると報道した。

    メッシは0-1で敗れた4日のRソシエダード戦でベンチスタートだったことを快く思っておらず、監督と激しい口論になったという。
    2日のミニゲームでも主審を務めた同監督に対し、激しい抗議をしていたことが目撃されている。

    メッシはファンを集めた5日の公開練習を欠席。公式には胃腸炎とされているが、多くの人はルイスエンリケへの当てつけだと見ている。
    ラジオ局「コーペ」は今回の亀裂によって、メッシのチェルシー移籍が1歩近づいたと伝えている。

    1月6日(火)22時17分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000080-nksports-socc

    続きを読む

    spa14081809010003-p1


    バルセロナは、ルイス・エンリケ監督に2試合(8日と11日に行われるエルチェとの国王杯戦とアトレティコとのリーガ戦)の猶予を与えた。
    スペインラジオ『カデナ・コペ』が6日に伝えている。

    同局によれば今季バルセロナに就任したルイス・エンリケ監督は、次の2試合で良い結果だけではなく、
    選手達との信頼を取り戻してチームを立て直さない限り、5日に解任されたスビサレッタ元SDと同じ道を歩むことになるという。

    実際に、主力メンバーの一人は同局に「今までの監督の中で最悪」と明かしている

    その選手は多数のスキャンダルによって11月に干されたDFジェラール・ピケの可能性が濃厚である。
    スペインサッカー番組『エル・チリンギト』のバルサ専門キム・ドメネク記者によれば、ピケはルイス・エンリケ監督に烙印を押したと伝えている。

    また、『カデナ・コペ』によるとバルセロナの数人の幹部は、7日に行われる会議でバルトメウ会長に対し、会長選挙を前倒ししてやるべきだと伝える意向だと報じた。

    1月6日(火)16時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150106-00010031-footballc-socc

    続きを読む

    バルセロナの下部組織に所属する13歳MF、久保建英にアーセナルとマンチェスター・シティが興味を示しているようだ。 

    「日本のメッシ」として世界中から注目を集める久保だが、バルセロナは未成年選手の登録に関し違反があったとして、
    複数の選手が公式戦出場禁止を言い渡されており、その中に久保の名前も含まれている。

    昨年末の12月30日にはスポーツ仲裁裁判所がバルセロナに対してFIFAが下した処分が妥当と判断しており、
    久保あバルセロナに残っても18歳まで公式戦に出場できない状況が続くといわれている。

    『Mirror』によれば、久保の家族は退団の方向に向かってるようであり、
    2012年の久保獲得競争でバルセロナに敗れたアーセナルとマンチェスター・シティが再び興味を示しているとのこと。

    http://qoly.jp/2015/01/06/arsenal-and-manchester-city-revive-interest-for-takefusa-kubo

    続きを読む

    12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 23:42:26.50 ID:eUaSobpm0.net
    バルサを倒した後のモイモイno title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ