サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    no title
    サッカースペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が7日、マケドニアと対戦する欧州選手権2016予選初戦を翌日に控え、
    主将のイケル・カシージャスにゴールマウスを任せると明言した。

    カシージャスは、W杯ブラジル大会でスペインの守備が崩壊した戦犯の1人とみなされており、オランダ戦とチリ戦で合計7失点を喫し、
    これがわずか2試合でのグループリーグ敗退決定を招いた。

    デル・ボスケ監督は、フランスに0-1で敗れた4日の親善試合で、マンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアを初めて先発起用している。

    それでもデル・ボスケ監督は、シウダ・デ・バレンシアで行われる試合では、カシージャス、さらに今回初めて招集したバレンシアのストライカー、
    フランシスコ・アルカセルを先発起用すると明かしている。

    63歳のデル・ボスケ監督は、「カシージャスはマケドニア戦で先発する」とコメントした。
    「パコ(アルカセル)は上手くグループに馴染んでいる。全員が同じように気持ちよくやれているとうれしい。それがチームの力になるからね。彼は出すよ」

    W杯ブラジル大会は、スペインの栄光の時代の終焉を告げる大会となり、主要国際大会3連覇を果たしたチームの快進撃は、ブラジルで突然の終わりを迎えた。
    そして失意に追い打ちをかけるかのように、MFのシャビ・エルナンデスとシャビ・アロンソが代表引退を表明している。

    「W杯でのひどい試合を忘れ、今ある不安を拭い去らなくてはならない。どんなスポーツであっても、そんな気持ちでは良いプレーはできない」

    欧州選手権出場が決まれば、大会3連覇を目指すことになるスペインだが、予選ではマケドニアのほかにウクライナ、スロバキア、ベラルーシ、
    ルクセンブルクのいるグループCに入っており、2年後のフランスに向けた道のりは楽だとみられている。

    欧州選手権の予選では、上位2チームが本大会に進み、3位のチームは基本的にプレーオフへ回る。
    しかしながら、レアル・マドリードでも指揮を執った経歴を持つデル・ボスケ監督は、油断は禁物だとくぎを刺している。

    「予選ではミスが鍵になるし、マケドニアを侮りたくない。最近はあまり勝っていないが、大敗してもいない」

    3:45  欧州選手権2016予選 スペイン-マケドニア
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/euro/2016/ranking/111/

    AFP=時事 9月8日(月)15時22分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000030-jij_afp-socc

    続きを読む

    no title



    マドリー下部組織所属のジダン氏次男、GKルカが飛び級


    レアル・マドリーBチーム、カスティージャのジネディーヌ・ジダン助監督の次男であり、
    同クラブのカンテラ(下部組織)に所属するGKルカが、今季に飛び級を果たしている。
    スペイン『マルカ』が報じた。

    ジダン氏は今夏に実質的にカスティージャの監督となり、その長男エンツォもマドリーのフベニールA(U-18世代)からCチームに昇格。
    順調に歩を進めているジダン一家だが、最も大きな飛躍を遂げたのはルカだった。

    昨季、カデテA(U-15世代)でルカを指導した元レアル・マドリーMFルベン・デ・ラ・レー監督は、
    今夏からフベニールBを率いることになり、同選手も自チームに引き入れた。
    16歳のジダン氏次男はフベニールのCチームを抜かして、通常より1年早くBチーム入りを果たした格好だ。

    身長182センチのルカは敏捷性に優れるだけでなく、ジダン氏のDNAを引き継いでいるためか、ボール扱いにも定評があるGK。
    3月にはU-16フランス代表から、練習に参加するよう声をかけられている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9228619/

    続きを読む

    449775_heroa


    イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドに新加入したアルゼンチン代表MFディマリアが、
    レアル・マドリード(スペイン)から移籍したのは、フロレンティーノ・ペレス会長との不仲が原因だ明かした。

    またチームメイトだったポルトガル代表FWクリスチアノ・ロナウドも同会長と衝突する可能性があるとしている。
    マルカなど6日付スペイン各紙などが報じた。

    ディマリアはレアルを出て行く気はなかったとしながら「フロレンティーノとの関係は、ほとんどなかった。
    契約延長した時も彼はいなかったし」と軽い扱いだったとしている。

    さらにW杯の出場にもクラブからの介入があったことを暴露。
    「決勝の当日にマドリードから手紙が来て、そこには出場しないようにと書かれていた。
    僕はその手紙を破って無視した。当日の午前中はとても苦しんだ。僕の人生で最悪の時だった」と述懐している。

    またディマリアは、ロナウドも同会長と険悪な関係であるとし
    「(ロナウドは)いつも僕のことを支えてくれていた。彼がいつまでマドリードで我慢できるか分からない」
    とエースの離脱さえあり得るとした。

    デイリースポーツ 9月6日(土)18時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000057-dal-socc

    GOAL 9月6日(土)18時15分配信 ディ・マリア、ペレスに反論 「W杯決勝欠場を要求された」とも
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000023-goal-socc

    続きを読む

    1d6dc3a2


    スペイン『マルカ』のアンケートによると、Rマドリードのサポーターは、
    守護神をGKイケル・カシージャスからGKケイロル・ナバスに代えることを望んでいるようだ。

    リーガエスパニョーラ前節でRソシエダードに2-0とリードしながら2-4と逆転負けを喫したマドリー。
    カルロ・アンチェロッティ監督は試合後、「何かを変えなければいけない」と話している。

    『マルカ』はこれを受け、電子版のユーザーに、リーガ次節のAマドリードとのダービーマッチで起用すべきイレブンをアンケートで調査。
    15万人以上が参加したこの調査で、61.7%のファンがナバスを試すべきと答えたという。

    そのほかの10人については、変更は求められていないそうだ。
    前線はFWカリム・ベンゼマ、MFガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドの「BBC」トリオ。

    中盤もMFトニ・クロース、MFルカ・モドリッチ、MFハメス・ロドリゲスが信頼を得ているとの結果になった。

    (Goal.com)2014.9.5 17:03
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140905/spa14090517030003-n1.html

    続きを読む

    2014-09-05-09-14-02
    国際親善試合のフランス代表vsスペイン代表が4日にスタッド・ドゥ・フランスで行われ、1-0でフランス代表が勝利した。
    ブラジル・ワールドカップでチームをベスト8に導いたディディエ・デシャン監督の下、自国開催となるユーロ2016に向けて新たな歩みを進めるフランスは、
    ワールドカップ後初の代表戦の相手にユーロ2連覇中のスペインを指名。
    ワールドカップからの継続路線を敷く指揮官は、新たなメンバーを招集せず、今回のスペイン戦に臨んだ。
    注目のメンバーでは、GKウーゴ・ロリス、DFラファエル・ヴァランやMFポール・ポグバ、FWカリム・ベンゼマらお馴染みの選手がスタメンに名を連ねた。

    一方、国際主要大会4連覇を目指して臨んだブラジル・ワールドカップでグループリーグ敗退という屈辱を味わったスペインだが、
    サイクルの終焉を指摘される中でビセンテ・デル・ボスケ監督の続投を表明。
    ただ、ワールドカップ後にFWダヴィド・ビジャ、MFシャビ、MFシャビ・アロンソといったベテランが揃って代表引退を発表したことで、
    今回の招集メンバーにはGKカシージャやDFミケル・サン・ホセ、MFラウール・ガルシア、FWパコ・アルカセルら新顔が選出された。
    その新戦力のうちサン・ホセとラウール・ガルシアが、DFセルヒオ・ラモス、FWヂエゴ・コスタらとともに先発出場を果たした。

    聖地サンドニで幕を開けた一戦は、アグレッシブな立ち上がりを見せたホームチームが主導権を握る。
    中盤を厚くした[4-2-3-1]の布陣を採用したフランスは、高い位置からプレスをかけてスペインのビルドアップを盛んに牽制。そこで奪ったボールをシンプルにカウンターへとつなげていく。
    9分には味方のスルーパスに抜け出したベンゼマがボックス左から放ったシュートは、相手GKダヴィド・デ・ヘアがセーブ。
    続く10分にはバイタルエリアでボールを収めたポグバが強引に反転して強烈なシュートを放つも、GKデ・ヘアの正面を突いた。

    立ち上がりからビルドアップの場面で苦戦するスペインは、なかなか攻撃の形を作れない。
    それでも、25分過ぎにMFコケのFKからサン・ホセが最初の決定機を作り出すと、徐々に相手陣内でボールを保持できるようになった。
    前半終盤にかけて試合は拮抗した展開となる。この流れの中でセスク・ファブレガスやベンゼマに先制機が訪れるも、
    いずれのチャンスもゴールに結びつけることはできず、ゴールレスで後半へと折り返した。

    迎えた後半も良い形で試合に入ったのはホームのフランス。49分、カウンターから右サイド深くに抜け出したMFムサ・シソコのグラウンダーの折り返しを
    ニアに走り込んだベンゼマが見事なワンタッチでゴールに流し込む。しかし、副審はM・シッソコがマイナスに入れたボールをベンゼマのオフサイドと勘違いし、このプレーをオフサイドと判定した。
    後半も劣勢が続くスペインは59分にMFダヴィド・シルバ、67分にはFWペドロとともに代表デビューのパコ・アルカセルを投入する。
    しかし、一向に流れを変えられないスペインは、70分過ぎに先制点を奪われてしまう。

    73分、左サイドでボールを持ったマテュー・ヴァルブエナがベンゼマにボールを預け、ボックス左に進入。
    そして、ベンゼマの縦パスをボックス内のM・シソコがヒールでヴァルブエナの足元に流すと、GKとDFを引き付けたヴァルブエナが中央のFWレミへ丁寧なラストパス。
    これをロイク・レミーがダイレクトでゴール左隅に突き刺した。
    圧巻の崩しによる先制弾で勢い付くフランスは、その後も試合を完全にコントロール。シルバの個人技から何度かピンチに陥ったものの、
    GKロリスを中心とした守備で最後までゴールを割らせず。

    ユーロ連覇中のヨーロッパ王者相手にスコア以上の内容で完勝したフランスは、7日に国際親善試合でセルビア代表戦と対戦。
    一方、良いところなく敗れたスペインは、8日にユーロ2016予選グループリーグ初戦でマケドニア代表と対戦する。

    >>2以降につづく

    SOCCER KING 9月5日(金)6時54分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00228883-soccerk-socc

    続きを読む

    no title

    バルセロナFWネイマールに6000ユーロ(約82万円)の罰金処分が下ることになりそうだ。欧州複数メディアが伝えている。

     先月31日のビジャレアル戦でベンチスタートとなっていたネイマールは、後半、ウォームアップ中にスタンドからサインを求めたファンに対応。
    サインに応じ、握手をした。この行為をルイス・エンリケ監督は重く判断。ネイマールに対し、罰金処分を科すことを決めたのだという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00138819-gekisaka-socc

    続きを読む

    12918e50-s

    Rマドリードのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナルド(29)は、クラブの移籍に関して
    「自分なら同じようなことはしない」と持論を唱えた。2日付のスペイン紙マルカが報じた。

    今夏、Rマドリードは、フランス1部モナコからコロンビア代表MFロドリゲス、
    Bミュンヘンからドイツ代表MFクロースら大型補強に成功した。

    一方で昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)で優勝の原動力となった
    アルゼンチン代表MFディマリアとスペイン代表MFシャビアロンソらを放出した。

    この移籍にロナルドは「自分の意見はあるが言わない。明日の新聞の1面になるからね。
    そうなることは望んでいない。だが、もし自分が(移籍を)決める事ができるならば、同じようなことはしない」と、

    今夏の移籍について否定的な意見を述べた一方で、
    「今回の補強や退団を会長がチームのためになると判断したのであれば、
    リスペクトしないといけないし、支えなければならない」とペレス会長に絶大の信頼を置いてる。

    また、昨夏にはドイツ代表FWエジルがアーセナルに放出された。
    この移籍にロナルドは「最悪のニュースだ。憤りを感じている。
    僕の動きを最も良く理解してくれているチームメートだった」と怒りをあらわにしており、
    その時にも「(移籍の)決定権があるならば絶対にエジルを放出しない」とフロントの考えを批判していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140902-00000083-nksports-socc

    続きを読む



    マンチェスター・Uは1日、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスがレアル・マドリードにレンタル移籍で加入することを、クラブ公式サイトで発表した。

     レンタル期間は2014-15シーズンの終了時までとなっているが、契約満了時に買い取りができるオプション付きとなっている。

     現在26歳のエルナンデスは2010-11シーズンに母国メキシコのチーバスからマンチェスター・Uに移籍。加入初年度に公式戦43試合出場20得点を挙げる活躍を見せる。しかし、昨シーズンはリーグ戦24試合に出場したものの、先発はわずかに6試合。リーグ戦での得点はマンチェスター・U加入後最低となる4得点に終わった。
    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ