サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@^^©2ch.net 2017/03/26(日) 15:24:35.37 ID:CAP_USER9

    CqGLreXUIAA7v7r

     
    チェルシー、ネイマール獲得でバルサと合意へ 移籍金215億円と伊紙

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/26(日) 14:20配信

    破格の移籍金が成立か

    イングランドプレミアリーグのチェルシーは今夏、大物を招き入れることになるかもしれない。
    同クラブのロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチがバルセロナとブラジル代表FWネイマールの獲得で口頭合意に達したという。

    世紀のビッグディールの合意を報じたのは伊紙『Tuttosport』だ。
    同紙は、石油王のアブラモビッチ氏がバルサとネイマールの移籍に関する“口約束”を取り付けたとし、電撃移籍成立の可能性を伝えている。
    曰く、チェルシーは25歳のブラジル人ドリブラー獲得に1億8000万ユーロ(約215億円)を支払う覚悟があり、
    仮に実現すれば現在のサッカー界における移籍金記録を当然ながら更新することになる。

    しかしながらこの衝撃的な契約成立に“待った”をかけているのが、絶好調のチェルシーを指揮するアントニオ・コンテだという。
    同監督は新たな選手を加入させる前に、まずはチームから放出する選手を決めたい方針を示しており、
    これが“ネイマール獲得”を妨害している状況だと同紙は伝えている。

    バルセロナではリオネル・メッシに勝るとも劣らない活躍ぶりでチームの攻撃を牽引する存在にまで急成長を果たしたネイマール。
    先日はプレミアリーグでのプレイを望むコメントも残しており、今後の動向には多くの注目が集まることだろう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010010-theworld-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/03/22(水) 10:47:49.45 ID:CAP_USER9

    C6HEiUSXQAEswbB

    19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節バレンシア戦でバルセロナFWリオネル・メッシは2得点を奪い、
    チームを4-2の勝利へと導いた。

     まずは1-1で迎えた前半45分にPKをきっちり沈めて自身1点目を記録すると、
    バレンシアに追い付かれて迎えた後半7分にDFハビエル・マスチェラーノのパスをPA内で受けると、
    ワンフェイントでシュートコースを生み出して右足のシュートを突き刺した。

     クラブ公式ウェブサイトによると、この日の2ゴールでメッシの今季公式戦得点数は41(40試合)となり、
    09-10シーズンに47ゴールを記録してから8年連続での40ゴール越えを達成した。
    内訳はスペインスーパー杯で1、コパ・デル・レイで4、CLで11、リーガで25となっている。

     なお、メッシが最も得点を記録したのは11-12シーズンの73ゴール。
    今季のバルセロナはCLで準々決勝、コパ・デル・レイで決勝まで駒を進めており、リーガは10節残されている。
    メッシはゴール数をどこまで伸ばせるだろうか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01638023-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/03/21(火) 16:55:55.17 ID:CAP_USER9
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的にプレミアリーグのクラブでプレーすることを希望しているようだ。
    イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。

     ネイマールは昨年10月、バルセロナとの契約を2021年6月30日まで延長した。
    当面は同クラブでのプレーを続けると見られているが、
    将来的にはプレミアリーグのクラブへ移籍する可能性があるかもしれない。

     同紙によると、ネイマールはイギリス紙『ザ・サン』に対して
    「プレミアリーグは自分を驚かせてくれる大会だ。
    プレースタイルも好きだし、いつか自分を試してみたいと思っているんだよ」とコメント。
    プレミアリーグのクラブでプレーする願望があることを明かした。

    「マンチェスター・Uやチェルシー、アーセナル、リヴァプールといったクラブを称賛しているんだ。
    これらのチームは常に戦っているね」

     将来、イングランドでプレーするネイマールの姿を見ることはあるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00565175-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 2017/03/18(土) 13:24:20.90 ID:CAP_USER9

    b69a7696

     
    「僕が生きた、そして愛した美しいフットボールよ、さようなら」

    シャビ・アロンソの引退声明は短く、シンプルかつ効果的で素晴らしいものであった。
    それはまるで、彼のプレースタイルのように。

    アロンソは彼のプレーに値するほどの称賛を、キャリアを通して受けてきたわけではない。
    彼は今シーズン限りで全てのメジャータイトルを獲得した素晴らしいキャリアに幕を引くが、
    彼を最高のプレーメーカーとは思わない識者も数多くいた。

    常に懐疑的な目を向けられてきた。後に加入するレアル・マドリーにすら、
    アロンソの能力に納得していない人物がいたようだ。
    そのため、2004年の夏にレアル・ソシエダから移籍金1600万ユーロ(約20億円)で
    ラファエル・ベニテス率いるリヴァプールに移籍していった。

    また、獲得を求めたベニテスでさえアロンソに絶対の信頼を置いていたわけではなかったのかもしれない。
    2008年にはガレス・バリー獲得のため、アロンソを売却しようと試みている。
    もっとも、それに激怒したのはリヴァプールのサポーターで、欧州選手権直後の売却は阻止した。
    夏に行われたラツィオとのフレンドリーマッチの際には「お気に入りのガレス・バリーを
    お前の尻の穴につっこんでやればいい」と痛烈にベニテスを皮肉ったほどだ。

    一方で、アロンソはアンフィールドのサポーターから最も愛された選手の一人だ。
    フットボールを知る者であれば、それを理解するのはとても容易なことだった。
    視野の広さとパス能力は、リヴァプールのレジェンドでマージーサイドにキャリア全盛期を捧げた
    ヤン・モルビーを思い出させる。
    アロンソはスカウス(リヴァプール人の愛称)のメンタリティを愛し、ジェイミー・キャラガーとは親友になり、
    いつも試合について深い議論を交わしていたほどだった。

    「『キャラ、黙れ、お前にはなんのアイデアもないのか』とよく言ったものだよ。
    でも、彼はそういう言い合いや議論を好むヤツだったんだ」

    そうアロンソは述壊している。

    しかし、無論アロンソは頭ごなしに相手を否定するような人間ではない。
    学ぶことに貪欲な選手だったからこそ、今のような地位を築けたのだ。
    キャラガーだけでなく、スティーヴン・ジェラード、ディトマール・ハマン、
    そしてサミ・ヒーピアから多くのことを学んだと認めている。

    彼は知的で意固地な人間であるが、同時に自己批判的であり、謙虚な人間でもあった。
    自陣からのロングシュートによりイングランドで一躍有名になったときには、彼に集まる賛辞に当惑していたほどだ。

    「(あんな遠くからシュートを打つことに)一体リスクがあるというのかい? リスクなんてない。
    仮にシュートが決まらないとしても、誰も僕にゴールなど期待していないんだから関係ないことだ。
    そういう状況では、キーパーが愚かに見えるだけさ」

    「僕は自分が愚かだと見えるような行動は取らない。そこにはリスクがあるからね。
    僕がドリブルで相手をかわして、ペナルティーエリアに持ち込んでいったのを見たことがあるかい? 
    そんなことはありえない。それは僕のスタイルではないし、僕がやるべきプレーではない」

    アロンソはタックルも彼のスタイルではないと正直に認め、2011年にはタックルを
    “質の高いプレー”ではなく“最終手段”だと自身の見解を示している。

    続きを読む

    1: イセモル ★2017/03/17(金) 19:30:35.96 ID:CAP_USER9

    C3rXOsjXAAAolqM

     
    19日レウス戦でスペイン初陣が期待される柴崎 背番号20がついにピッチに立つか

     テネリフェのMF柴崎岳は、現地時間19日に行われるリーガ・エスパニョーラ2部第30節レウス戦でスペイン初陣が期待されているが、スペイン最大手紙「マルカ」もその動向を伝えている。

    「シバサキはデビューを今かと待ちわびている」とのタイトルが銘打たれた記事では、心身のコンディション不良によって、鹿島からテネリフェに移籍直後に島から去るかもしれないまでの状況に陥り、その後も1カ月半にわたって適応期間が必要だったことを記している。

     それでも「ガク・シバサキは今週の主役の一人になれる存在である。本拠地のヘリオドーソで行われる一戦はデビューの可能性があり、ブランキアズール(テネリフェの愛称)にとって関心をつかむためのカギとなる試合となる」と、注目度の高い一戦となるとしている。

     スペイン、日本などからの熱視線が送られるなか、背番号20に身を包んだ柴崎がスペインのピッチに立つ瞬間は訪れるだろうか。


    一部抜粋でお送りしております。
    詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170317-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/03/15(水) 12:16:51.89 ID:CAP_USER9

    Cq0yJc9UsAAkzwr

     
    ロシアW杯からの「逆算」 本田圭佑はなぜ移籍しなかったのか
    3/15(水) 8:00 配信

    移籍は現状を打破する大きなチャンスだ。

    この冬、清武弘嗣は出番を求めてスペインのセビージャからJリーグのセレッソ大阪へ移籍し、久保裕也はより高いレベルを欲してスイスのヤングボーイズからベルギーのヘントへ活躍の場を移した。前者はケガによって初出場が第3節にずれ込んだが、後者は早くも5ゴールを決めてさらなる成長を遂げつつある。

    だが、苦しい状況にもかかわらず、移籍をしなかった日本代表選手がいる。ACミランの10番、本田圭佑だ。

    これほどミランで出番がないのは、初めてのことだ。今季、新監督に就任したモンテッラは元スペインU-21代表のスソを右FWに重用し、同ポジションの本田はリーグ戦で5試合、カップ戦で1試合しか出場できていない。日本代表のハリルホジッチ監督から試合感が鈍っていると判断され、ついに昨年11月のW杯予選のサウジアラビア戦で先発から外されてしまった。

    普通の感覚であれば代表での立場を守るために、何よりも移籍を優先させてもおかしくない。なのに、本田は依然としてミランに残り続けている。(スポーツライター・木崎伸也/Yahoo!ニュース編集部)

    (撮影:木崎伸也)

    https://news.yahoo.co.jp/feature/551

    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/03/14(火) 21:27:25.55 ID:CAP_USER9
    スペイン『マルカ』が、13日に行われた試合でエイバルMF乾貴士にチーム最高評価を与えている。

     エイバルはリーガ・エスパニョーラ第27節、敵地に乗り込みオサスナと対戦して1-1と引き分けた。
    乾はこの試合で先発出場し、三度決定機に顔を出すなど存在感を見せていた。

    『マルカ』は、エイバルのベストプレーヤーに乾を選出。
    チーム最高点タイとなる評価点2(最高点は3)を付け、以下のように寸評を記載した。

    「イヌイはできる限りのチャレンジをした。すべてを尽くしてゴールを目指した。
    だが彼の前に(相手GKサルバトーレ・)シリグが立ちはだかった」

     乾はオサスナ戦で24分と28分に枠を捉える鋭いミドルシュートを放ったが、いずれもGKシリグの好セーブに遭った。
    また51分にはPA内でハーフボレーを叩いてついにイタリア人守護神を破ったかに見えたが、
    カバーに入ったDFオイエル・サンフルホにクリアされて今季初得点はお預けとなっている。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?211414-211414-fl

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/03/13(月) 08:45:52.50 ID:CAP_USER9
    テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督が、MF柴崎岳の状況について説明している。

    柴崎は12日に行われた第29節のヘタフェ戦で初の遠征メンバー入りを果たし、ベンチ入りした。しかし、最終的に2-2で終わった試合で柴崎はウォームアップにも加わることなく、公式戦デビューはお預けとなった。指揮官は試合後、デビュー戦とするには「激しすぎた」と明かしている。

    「このような激しく、緊張感のある試合で柴崎をデビューさせるのは適さないと考えたんだ。あまりにも激しかったので、出場機会を与えるべきではないとね」

    「遠征メンバーに入れたのは、試合に出場させることを想定していたからだ。メンバーから外さず、ベンチに入れたのもプレーできると考えたからだが、試合展開を受けてデビュー戦には適していないと判断した」

    一方で、チームでポジションを勝ち取ることは容易ではないと考えているようだ。「素早くチームに順応している」と話しつつ、以下のように語っている。

    「問題があるとすれば、17、18、19人の選手たちが素晴らしい形で競争に臨んでいるということだ。試合に出るのは簡単ではないよ」

    テネリフェは次節、19日にレウス・デポルティウと対戦する。リーグ戦は残り13試合となるが、柴崎に出場機会は訪れるのだろうか。

    GOAL 3/13(月) 7:49配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000046-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg  2017/03/13(月) 02:12:21.75 ID:CAP_USER9

    C6wMw41VsAASfZY


    【スコア】
    デポルティーボ 2-1 バルセロナ

    【得点者】
    1-0 40分 ホセル(デポルティーボ)
    1-1 46分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    2-1 74分 アレックス・ベルガンティニョス(デポルティーボ)

    スポナビ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10930602

    リーガ・エスパニョーラ第27節が12日に行われ、デポルティーボとバルセロナが対戦した。

     チャンピオンズリーグ(CL)で4点差をひっくり返す奇跡の大逆転劇を演じたバルセロナ。リーガでは、現在6連勝で暫定ながら1試合未消化分を残すレアル・マドリードを抜いて首位に立っており、逆転優勝へ負けられない戦いが続く。暫定17位デポルティーボとの今節は、先発メンバーにリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、セルジ・ロベルトらが名を連ねたが、アンドレス・イニエスタ、イヴァン・ラキティッチはベンチスタート。CL逆転劇の立役者であるネイマールは負傷で、ラフィーニャは病気により欠場となった。

     試合はバルセロナがボールを支配する時間が続いたが、なかなかチャンスを作れず、CLのような勢いは影を潜める。すると、逆にデポルティーボは39分、左サイドからのクロスに、中央でフリーのホセルが左足ボレー。シュートはゴール右隅を突くが、これは相手GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに阻まれる。だが、この流れで獲得した右CKで、中央の混戦からホセルが押し込んで先制に成功した。

     1点ビハインドで折り返したバルセロナだったが、後半開始直後に追いつく。46分、右サイドのデニス・スアレスからのクロスに、中央のアンドレ・ゴメスが反応するが、相手DFのブロックに遭う。だが、そのこぼれ球をエリア内右のL・スアレスが豪快に右足で押し込み、同点とした。

     逆転を狙うバルセロナは58分、アンドレ・ゴメスとアルダ・トゥランを下げてラキティッチとイニエスタを投入する。デポルティーボは73分、右CKでファーサイドのアレハンドロ・アリーバスが頭で合わせると、シュートは枠の左隅に飛ぶが、これもGKテア・シュテーゲンに阻まれる。だが、直後の左CKではファーサイドのアレックス・ベルガンティニョスがヘディンシュグシュートをゴール右隅に叩き込み、デポルティーボが勝ち越しに成功した。

     追い付きたいバルセロナは80分、メッシからのパスをエリア内右で受けたセルジ・ロベルトがダイレクトで折り返し。ニアサイドに飛び出したL・スアレスが合わせるが、これは相手GKヘルマン・ルクスの好セーブに阻まれた。後半アディショナルタイム1分には、エリア手前のFKで、メッシが直接左足で狙うが、シュートは枠の上に外れた。試合はバルセロナの反撃が実らないままタイムアップ。CLで奇跡の逆転劇を見せたバルセロナは、1-2で痛い敗戦を喫し、連勝も6で止まった。

     デポルティーボは次節、19日にホームでセルタと対戦。バルセロナは同日にバレンシアをホームに迎える。

    SOCCER KING 3/13(月) 2:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00562061-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ