サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: Egg ★2017/02/27(月) 21:58:58.76 ID:CAP_USER9
    スペイン2部・テネリフェのMF柴崎岳(24)が27日、ボールを使った練習を再開した模様だ。スペインメディア「ELDORSAL」の公式SNSが写真付きで紹介した。

     「不安障害」の可能性を指摘されている柴崎は、今月7日からチームの全体練習を欠席。24日にランニングやジムでのトレーニングなどに部分的に合流したが、ボールを扱った練習には参加していなかった。

     ルイスマルティ監督(41)は24日、報道陣に対し「彼が練習に戻ってきてうれしい。早い段階でチームに合流してほしいが、急がせるのはよくない。重要なのはチームだ」と早期合流に慎重な構えを示していた。

    スポーツ報知 2/27(月) 21:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000197-sph-socc

    写真
    no title


    no title

     

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/27(月) 17:49:20.50 ID:CAP_USER9
     サッカーイタリア1部リーグ、ユベントスのマッシミリアノ・アレグリ監督(49)が来季のバルセロナ(スペイン)の監督候補に挙がっていることがわかった。27日までに英紙デイリー・エクスプレスが報じた。

     バルセロナは今月14日の欧州チャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で0-4と大敗を喫したことで、クラブ幹部はルイスエンリケ監督の後任探しを始めているとみられる。すでにアーセナルが、アレグリ監督と来季監督就任の交渉準備をしているといわれているが、これにバルセロナも参戦した形となる。

     また同紙はバルセロナが、エバートン(イングランド)のロナルド・クーマン監督などにも興味を示しているという。アレグリ監督のユーベは2位ローマに勝ち点7差をつけて、首位を独走している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000091-dal-socc

    続きを読む

    C5n2P2PWYAEc2MX
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★@無断転載は禁止 2017/02/27(月) 03:55:48.32 ID:CAP_USER9
     リーガ・エスパニョーラ第24節が26日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦した。

     前節終了時点で4位のアトレティコ・マドリードと2位のバルセロナによる上位対決。互いにライバルを叩いて、首位レアル・マドリードにプレッシャーをかけたいところだ。ホームのアトレティコ・マドリードは、スロヴェニア代表GKヤン・オブラクとウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが戦列復帰。好調のフランス代表FWケヴィン・ガメイロも先発に並んだ。対するバルセロナは、最終ラインの一角に同DFジェレミー・マチューを起用。前線はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの3枚で構成された。

     試合開始から攻勢を仕掛けたのはバルセロナ。7分、ピッチ中央でボールを持ったメッシが左足でミドルシュートを放った。しかしこれはクロスバーの上へ外れる。

     対するアトレティコ・マドリードは16分、エリア右でクリアボールを拾ったアントワーヌ・グリーズマンが、体を倒しながら左足を振りぬく。シュートは枠をとらえるが、ここはDFサミュエル・ユムティティが足を伸ばしてブロックした。26分にもグリーズマンがエリア外から右足でシュートを放つが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン右手一本で防ぎ、チームを救った。


    頭を抱えるグリーズマン [写真]=Getty Images

     直後の29分、バルセロナはゴール前の混戦からスアレスがヘディングシュートを放ってネットを揺らした。しかし直前のプレーで反則があったとして、得点は認められなかった。

     38分、バルセロナはゴール前でFKを獲得。ここでキッカーを務めたメッシのシュートは枠をとらえるが、GKオブラクがビッグセーブで対応し、得点を与えなかった。結局スコアレスで前半を終える。


    メッシのFKは得点に繋がらない [写真]=Getty Images

     後半開始直後の49分、ディフェンスラインの裏へ抜け出したスアレスがスルーパスを受け、GKオブラクとの1対1を迎える。しかし右足インサイドで放ったシュートはポスト右へ外れた。

     それでも64分、バルセロナはスアレスのエリア右から放ったシュートがDFにあたってこぼれると、ラフィーニャがいち早く反応。すぐさま右足を振りぬき、ボールをゴール左下へ流し込んだ。

     1点を追うアトレティコ・マドリードは68分にフェルナンド・トーレスをピッチへ送りこむ。すると70分、左サイドで得たFKからニアサイドのゴディンがヘディングシュート。ボールはGKテア・シュテーゲンの肩口を抜け、ネットを揺らした。


    アトレティコ・マドリードの同点ゴール [写真]=Getty Images

     86分、激闘に終止符が打たれる。バルセロナはFKのセカンドボールを拾い、スアレスがエリア右から折り返す。これを引き取ったメッシのシュートは一度防がれるが、こぼれたところを自ら押し込み、勝ち越しゴールを奪った。

     試合はこのままタイムアップ。敵地でバルセロナが2-1の勝利を収め、貴重な勝ち点3を積み上げた。一方のアトレティコ・マドリードは、タイトルレースから一歩後退した。

     次節、アトレティコ・マドリードは敵地でデポルティーボと、バルセロナはホームでスポルティング・ヒホンと対戦する。

    【スコア】
    アトレティコ・マドリード 1-2 バルセロナ

    【得点者】
    0-1 64分 ラフィーニャ(バルセロナ)
    1-1 70分 ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)
    1-2 84分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170227/556427.html
    no title

    決勝ゴールを決めたメッシ
    no title

    頭を抱えるグリーズマン
    no title

    メッシのFKは得点に繋がらない

    続きを読む

    1: !id:ignore 2017/02/26(日) 15:08:58.74 ID:5374Lhm70

    5e89a67d


     
    スペイン1部エイバルMF乾貴士(28)が25日、フル出場して3-0と勝利したマラガ戦後のミックスゾーンで、日本メディアの海外組に対する批判記事について憤慨した。

     乾の言葉は次の通り。

           ◇     ◇

     最近、日本のメディアの記事を読んで気になったことがあって。“欧州に行けばいいってもんじゃない、欧州にこだわる必要がない”というもので、そこから岳(テネリフェ柴崎岳)の話も出て…。

     欧州にいっても試合に出ないと意味がないという言い方で、もちろんそれは当たり前のことなんですけど、そこで苦しんで頑張ることにも絶対に意味がある。それを言い訳ととらえるのかもしれないけど、選手が厳しい環境で頑張ることにも意味があるんです。

    海外に出て、違う環境で、言葉も通じない、監督の考え方も違う中でやるのは、日本サッカーのためでもあるし、選手自身のためでもあるというのは分かってもらいたい。

     それを批判しすぎだと思う。代表に呼んで、そういう(海外のクラブで出場機会が少ない)選手を出すかどうかは代表監督が決めること。

    海外組はそれに関して、「出てないけど出せ」なんて言ったことはないし、代表で試合に出られなくてもそこに関して文句を言う人はいない。それを言うなら海外組じゃなくハリルホジッチ監督に言えばいい。

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/02/25(土) 07:51:27.58 ID:CAP_USER9

    C3rXOsjXAAAolqM

     
    スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(24)は、2日連続でクラブの練習場に姿を見せた。クラブ幹部に付き添われてチームより一足先に到着すると、コーチと一緒にランニング。その後は施設内のジムで汗を流した。

     練習後、取材に応じたルイスマルティ監督(41)は「彼が練習に戻ってきてうれしい。早い段階でチームに合流してほしいが、急がせるのはよくない。重要なのはチームだ」と早期合流に慎重な構えを示した。25日のアウェー・マジョルカ戦には帯同せずクラブの練習場で調整を続ける方針。

    スポーツ報知 2/25(土) 6:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000032-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/24(金) 21:52:04.31 ID:CAP_USER9

    C2ln-78VIAQIZuI

     
    昨季のリーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の二冠王者バルセロナは、シーズン後半戦に試練の時を迎えている。

    14日のUEFAチャンピオンズリーグ16強の敵地第1戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦でよもやの0-4負けを喫し、リーグ戦ではレアル・マドリードの後塵を拝している。

     失速気味のカタルーニャの名門だが、3トップを形成するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSNトリオ”は依然として「最強」との声は根強い。今季J2京都サンガF.C.に加入した元日本代表DF田中マルクス闘莉王も、そうした「MSN史上最強説」を唱える一人だ。

    「PSG戦は驚いた。バルサが低調だったけど、PSGの出来が素晴らしかった。でも、あんなことはほとんど起こらないでしょう」

     こう語った闘莉王は、MSNトリオをいかに止めるのか――という対戦相手に突きつけられる命題について、「あの3トップを止めるのは無理でしょう」と脱帽といった様子で前置きしながら、「自分ならディフェンスラインを思い切って下げる。(3人に)スペースを与えたら何点取られるか分からない。5バックでボランチを3枚並べる。サッカーはやらせてもらえないでしょう」と語った。

     2010年の南アフリカ・ワールドカップで世界の実力者と渡り合い、日本代表のベスト16進出に貢献した闘将にとっても、バルセロナと“MSN”は異次元の存在のようだ。

    ■「誰かさえ抑えれば…、というのがない」

    「自分も今までいろいろなチームを見てきたけれど、一番じゃないかな。ブラジルでネイマールはスーパースター。凄い選手だよ。そんなネイマールが、あの3トップで一番“凄くない”。それが恐ろしい。

    エースが最後に決めるというのは理解できる。レアル・マドリードも、最終的に決めるのはやはりクリスティアーノ・ロナウド。でも、バルサはちょっと違う。一人止めたところで、あと二人いる。誰かさえ抑えれば…、というのがない。だから、止めるのは無理」

     闘将はこう語っている。闘莉王がクラブレベルで戦った最強の相手は、浦和レッズ時代の2007年にFIFAクラブワールドカップ準決勝で戦ったACミランだという。

    名将カルロ・アンチェロッティに率いられ、ブラジル代表GKジダ、イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ、MFアンドレア・ピルロ、FWフィリッポ・インザーギ、オランダ代表MFクラレンス・セードルフら名手を揃えた世界最強のチームだったが、それでも抑えどころは存在したという。

    「浦和レッズの時にクラブワールドカップで対戦したACミランも強かった。タレント揃いでチームとしては完成されていたけれど、あのチームのオフェンスは全盛期のカカがいたからこそ。カカがずば抜けていた。

    カカさえ抑えればというところで、結局あそこから失点してしまった。決勝戦のボカ・ジュニアーズの試合も、カカが全部崩してゴールを奪っていた。結局できなかったけれど、カカ一人抑えればという計算はできる。でも、3人は無理でしょう」

     この時、浦和は0-1でミランの軍門に降ったが、決勝点はカカの強引な突破からのクロスをセードルフが決めたものだった。カカを抑えきれなかったが、エースが3人もいたら抑えることは困難を極める。

    つづく

    Football ZONE web 2/24(金) 21:06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010015-soccermzw-socc&p=1

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★@無断転載は禁止 2017/02/24(金) 06:13:44.60 ID:CAP_USER9
     スペイン2部のテネリフェに所属する柴崎岳が現地時間23日に練習を再開した。

     午前10時から行われた全体練習には合流しなかったものの、練習場内のジムで汗を流した。チーム練習は1時間半弱で終了し、柴崎は最後までグラウンドに出ることはなかった。

     その後、他の選手も帰途に着く中、クラブスタッフらと代理人のロベルト佃氏を交えて数分間コミュニケーションをとったのち、11時45分ころ練習場をあとにしている。

     柴崎本人は取材に訪れた報道陣の問いかけに無言を貫いたものの、日本から応援にやってきたファンと写真を撮るなどわずかながら笑顔を見せた。

     フットボールチャンネル編集部の取材に応じた代理人のロベルト佃氏は、柴崎の復帰時期について「まだ次も試合があるのでコメントしないようにしている。クラブと話をして徐々に徐々にやっていく」と明言を避けた。

     また、一時期不調の原因ではないかと話題になったホテル暮らしを今後も続けるかについては「とりあえずはそうです」と継続を認めている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010001-footballc-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170224-00010001-footballc-000-1-view.jpg
    中央がロザーノ

    続きを読む

    1: カイキニッショク  2017/02/22(水) 03:01:56.50 ID:CAP_USER9

    C3rXOsjXAAAolqM

     
    テネリフェ会長 柴崎へのサポート継続を約束「できる限り援助」

    スポニチアネックス 2/21(火) 23:51配信

    スペイン2部テネリフェのコンセプシオン会長が、7日から離脱しているMF柴崎へのサポート継続を約束した。

    地元ニュースサイト「エルドルサル」などにスペインメディアによると、
    同会長は21日、テネリフェ市内のホテルでメディア関係者との朝食会に出席し、柴崎について言及。
    個人的な理由でバルセロナに行ったことについては
    「水曜日(22日)に戻るだろう」と見通しを示し
    「彼は適応期間にあり、我々はできる限り援助する。
    徐々に進歩しつつあり、できるだけ早くチームに合流すると確信している」と良い方向に向かっているとの認識を示した。

    「我々は、柴崎がチームに合流するためにあらゆる手段を使っている。
    テネリフェ島に住んでいる日本人の方々は、柴崎を助け、彼がここを自分の家のように感じるために支援してくれいる。
    我々はそれに感謝している」と地元在住の日本人も、柴崎がテネリフェ島での生活に早く慣れるようにサポートしてくれていると明かした。

    「正直言って、我々は柴崎を獲得する考えはなかった。
    こんなに大きな関心を集めるとは期待していなかった。これは嬉しい驚きだ」と
    ツイッター、フェイスブックなどクラブ公式SNSのフォロワー数が激増するなど、柴崎獲得による反響の大きさに驚いた様子。
    「柴崎はテネリフェの選手。我々は彼に大きな期待を持っている。
    彼がチームに良いものをもたらすことを疑っていない」と、変わらぬ信頼と大きな期待を寄せた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000130-spnannex-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2017/02/21(火) 20:29:20.09 ID:CAP_USER9

    CH_jxzfUMAA8eYp


     
    バルセロナMFセルジ・ロベルトは、来季から再び本職の中盤でプレーすることになるかもしれない。スペイン『スポルト』が報じた。

    リーガエスパニョーラ第23節、レガネス戦(2-1)後のS・ロベルトの顔がすべてを物語っていた。バルセロナ期待のカンテラーノは、右サイドバックというポジションで批判の矛先となっていることを理解しているようだった。

    ルイス・エンリケ監督は今季開幕前にS・ロベルトに右SBとして全幅の信頼を置いていることを伝えた。現に同ポジションのMFアレイシス・ビダルは戦力外同然の扱いを受け、第3節アラベス戦に出場して以降第18節ラス・パルマス戦までリーガでは一度も出番がなかった。

    しかし、L・エンリケ監督の好むローテーション起用に組み込まれなかったことが、S・ロベルトの仇となった。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグではパリ・サンジェルマンの攻撃の狙い所にされ、MFユリアン・ドラクスラーに苦しめられた。自信を回復する暇もなく、レガネス戦では不用意なボールロストから失点に絡んでいる。

    最近の試合では、対戦相手は明らかにバルセロナの右サイド、S・ロベルトの位置するスペースから盛んに攻撃を仕掛けている。だが、バルセロナはA・ビダルが今月11日のアラベス戦で右足首を脱臼。S・ロベルトの代役がいないのが現状だ。

    S・ロベルトが試合に出続けたために、疲労を蓄積させてビッグマッチでミスを犯したとの見方もある。しかしながらクラブは来季S・ロベルトを中盤でプレーさせる考えのようで、右SBを本職とするトップクラスの選手の補強を目論んでいるともいわれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000031-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ