サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 久太郎 ★ 2019/05/23(木) 13:27:31.03 ID:0MzBBWKw9

    images


    インテルの来季指揮官にアントニオ・コンテ氏(49)が就任する可能性が高くなっている。『スカイスポーツ・イタリア』や『ガゼッタ・デロ・スポルト』など主要メディアが22日に伝えている。現在契約締結間近となっており、契約期間は3年で年俸は1000万ユーロ(約12億2800万円)になるという。

     コンテは2011-12シーズンからユベントスを指揮。セリエAで3連覇を、イタリアスーパー杯で2連覇を果たし、2014年夏に退任を発表していた。その後はEURO2016までイタリア代表監督を務め、16-17シーズンから2シーズンをプレミアリーグのチェルシーで戦った。

     王者ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が今季限りで退任し、その座に就くことも予想されていたコンテ。ユベントスは6月14日のホームスタジアムへの観光をストップしており、当日に新指揮官のお披露目会が行われるともいわれている。

     4位インテルは現在ルチアーノ・スパレッティ監督が率いており、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を手に入れるべく、26日の最終節でエンポリと対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-43467321-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無しの@サポーター 19/05/19(日)17:53:50


    463850231_mi




    ブジャールド(嘘つき) 
    広告用の豚、ピッチを徘徊するゾンビ、火星人、カタツムリ、家畜の残飯、肉とも魚とも言えない物、遊園地の射的、ワーストワン、三輪車、悪夢の夜、鳥かごの中の鳥 

    UFO、空っぽのバッテリー、のろま遅い、砂漠で迷子、髪の毛が目立つだけ、エラーと言うよりホラー、透明人間、軟弱、落胆、キックボード、酸素が足りない、アマチュアレベル、サハラ砂漠でもブーイング 

    破滅的、靴磨きの方が役立つ、パラメトロゼロ(移籍金ゼロ)、右サイド失格、ジャングルで迷子、ミステリアス、引っ込み思案、全てがミス 異物、くすんだトップ下 
    消え行く存在、穏やかな日本の海、皆既日食のような闇、足も頭もスロー、厄介な存在、足手まとい、放心状態、不可解なオブジェ、ファッキンサムライ、バーゲン軍団 

    鼓笛隊のおもちゃ、最悪の一人、足より口に毒、ダム、トーテムポール以下、刀のないサムライ、幽霊、パンキナーロ(ベンチ要員)、ハラキリ状態、マーケティングマン 
    ミラネッロに来た寿司配達員、魔法の杖を持たないトップ下、毒ガス撒き散らし、メディア男 

    無益、ミラネッロの幽霊、家にいるべき、ユニークな10番、自ら飛び出した魚、絶望的な選択肢 
    ミランの中で唯一の汚点、逃亡中、スヌーピーの毛布



    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/16(木) 06:23:36.10 ID:zFsWgz4r9
    5/16(木) 5:47配信

    D6mH5swU0AEZ8jc


    [5.15 コッパ・イタリア決勝 アタランタ0-2ラツィオ]

     コッパ・イタリアの決勝が15日に行われ、アタランタとラツィオが対戦。ラツィオが2ー0で2012-13シーズン以来7度目の優勝を飾った。

     準々決勝では4連覇王者ユベントスを撃破し、準決勝ではフィオレンティーナを破ったアタランタ。公式戦13試合無敗でリーグ戦も現在4位に位置しており、クラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場にも近づいている。56年ぶりの優勝を狙うべく3-4-3の布陣を敷き、最前線には強烈な個を持つFWドゥバン・サパタ、FWヨシプ・イリチッチ、MFアレハンドロ・ゴメスを起用した。

     対照的にリーグ戦では12敗を喫し、順位も8位に沈んでいるラツィオ。今季のアタランタとの対戦は2回とも敗れており、最高の舞台でリベンジに挑むことになった。3-5-2の布陣で、FWチーロ・インモービレとFWホアキン・コレアを前線に配置した。

     白熱した試合展開も均衡は崩れない。アタランタは前半26分、FKからPA内のこぼれ球をMFマルテン・デ・ローンが右足ボレー。ゴール左ポスト直撃からアタランタは波状攻撃でゴールを狙うも、最後のサパタのヘディングシュートも枠内には入らない。ラツィオは前半35分にDFバストスに代えてDFステファン・ラドゥを投入。両者0-0のまま前半を折り返した。

     後半に入っても拮抗状態は続く。ラツィオは後半21分にインモービレに代えてFWフェリペ・カイセドを投入。同26分にはカイセドがPA右から強引なドリブルで突破を図るが、相手守備陣に阻まれる。アタランタも同32分、A・ゴメスがPA左の深い位置からシュートを放つもMFマルコ・パローロにシュートコースを消され、ゴールポストにはじかれた。

     いまだスコアレスの中、ラツィオは90分間で決着をつけるべく最後の交代カードを切る。MFルイス・アルベルトに代えてMFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチを投入すると、この采配が的中。後半37分、左CKをミリンコビッチ・サビッチが頭で合わせて、待望の先制点が生まれた。

     焦るアタランタは直後に一気に3人を交代させるも、後半44分のFKは決め切ることができず。逆にラツィオはカイセドの大きなクリアからJ・コレアがカウンターを沈め、値千金の追加点を挙げた。

     試合はそのまま終了し、ラツィオが2-0で勝利。アタランタへの雪辱を果たし、6年ぶり7度目の頂点に立った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-43467054-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ