サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/14(火) 09:00:12.29 ID:CAP_USER9
    イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(39)が、試合後のインタビューで涙ながらに代表引退を明言した。イタリア『スカイ』が報じている。

    13日、イタリアはW杯欧州予選プレーオフ第2戦でスウェーデン代表と対戦。
    アウェーでの第1戦を0-1で落としていたため、立ち上がりから果敢に攻撃を仕掛けたが、
    スウェーデンの集中した守備を前に1点が遠かった。
    試合はそのままスコアレスドローに終わり、1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりの予選敗退となってしまった。

    ロシアW杯終了後の現役引退を公言していたブッフォンは、「僕たちは失敗した。自分だけでなく、サッカーの動きのために残念だ。
    しかし、未来はある。僕たちはプライドを持っている。
    再び立ち上がる方法を見つけることができるだろう。
    最後の公式戦がW杯に出られないという形になったのは残念だが、あとは偉大な選手たちにイタリア代表を任せるよ。
    彼らは僕を後悔させないはずだ」と、若手に“アズーリ”(イタリア代表の愛称)の将来を託した。

    最後に「スポーツは勝つこともあれば、負けることもあり、喜びや功績を共有するものだと教えてくれる。
    監督の責任は、この戦いに加わったすべての人間の責任だ」と、ジャンピエロ・ベントゥーラ監督を擁護した。

    ブッフォンは、1997年10月に代表デビュー。
    2006年ドイツW杯では、母国に4度目の優勝をもたした。
    ここまでイタリア史上最多の175試合に出場し、2012年にはサッカー統計組織『国際サッカー歴史統計連盟』が「21世紀のベストGK」に選出していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-01646297-gekisaka-socc
    11/14(火) 8:22配信

    no title

    試合後、涙を流したジャンルイジ・ブッフォン(Getty Images)
     

    続きを読む

    218: 名無しに人種はない@実況OK (アウアウカー Sa69-Mfxs) 2017/11/05(日) 20:51:08.66 ID:05AuKw/Ja

    download


    現地のミラニスタの間では本当に本田復帰を望む声が上がってるらしいから驚いた 
    まぁ今のミランの窮状だと本田にもすがりたいっていうことか
    続きを読む

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ 2017/11/07(火) 02:32:43.41 ID:CAP_USER9
    GettyImages-476344858-500x333

    元イタリア代表の米MLSニューヨーク・シティーMFアンドレア・ピルロ(38)が6日、自身のSNSで現役引退を正式に発表した。

    インスタグラムで「MLS最後の試合で私の時代が終わった。私はいくつかお礼の言葉を述べたい。
    素晴らしい都市に私を招いてくれた皆さんに感謝します。サポーターにも感謝します、コーチ、チームメイトにも感謝です。
    ニューヨークでの冒険だけじゃなく選手としての旅も終わりがきた」とコメントした。

    ピルロはMFとしてユベントスなどで活躍し正確なパスやフリーキックでファンを魅了。
    セリエAでは2012、13、14年の3年連続で最優秀選手に選ばれた。
    イタリア代表として116試合に出場し13得点、2006年W杯ドイツ大会の優勝に貢献した。
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201711070000008.html

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2017/11/05(日) 17:22:12.88 ID:CAP_USER9

    DAbKOzwXoAAoRXF



    今夏、新オーナーのもと大型補強を敢行したACミラン。だが、期待とは裏腹に低調な戦いぶりを露呈している。

    そんななか、『Calciomercato.com』が気になる情報を伝えていた。

    それによれば、今夏レヴァークーゼンから獲得したトルコ代表MFハカン・チャルハノールの能力について、ミランは疑念を強めているという。

    本田圭佑の10番を引き継いだチャルハノールだが、まだインパクトをもたらすことができていない。

    適応に苦労している彼の獲得について、ミランは早くも後悔の念を強めているようだ。また、チームのシステムにフィットできていない点にも、クラブは不満を感じているそう。

    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は彼を2トップの下の“10番”として、さらに4-3-3の左WGとして、そして3-5-2のCHとして起用してきた。だが、どのポジションでもうまく機能できていない。

    まだ加入してからほんの数か月だが、早くもクラブ内で「失格」のレッテルを張られそうになっているようだ。そもそものチーム状態が悪いため、気の毒な気もするが…。

    http://qoly.jp/2017/11/05/milan-losing-faith-in-calhanoglu-iks-1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/11/02(木) 21:16:12.02 ID:CAP_USER9
    ミランの前会長であるシルビオ・ベルルスコーニ氏がミランの現状についてコメントした。1日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

    ベルルスコーニ氏はマウリツィオ・コンスタンゾ氏のテレビ番組に出演。その中のインタビューで「ミランの試合は見ている」と古巣を気にしているものの、
    「クラブを離れてから一度もスタジアムに行ったことはない」と不満を語り始めた。低調なチームのパフォーマンスについて、「試合はテレビで見ているが、見ていて気分が悪くなる」と皮肉交じりに語っている。

    31年間にわたってミランの会長を務めたベルルスコーニ氏は、今年4月にミランを中国グループに売却。それと同時に幹部の座からも退いた。
    10月上旬にもメディアに対して現体制の不満を爆発させており、そのときは後日に現CEOのマルコ・ファッソーネ氏へ電話で釈明していた。

    現在ミランは5勝1分5敗の8位。現状の成績はDFレオナルド・ボヌッチらの大型補強に見合っておらず、批判の声は日に日に増している。

    11/2(木) 20:21配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-01645805-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ