サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 仙台焼肉 ★^^ 2017/07/11(火) 17:19:04.28 ID:CAP_USER9

    no title


     UEFA(欧州サッカー連盟)が10日、2016-2017シーズンの成績を加味した最新のクラブランキングを発表した。

     UEFAクラブランキングはUEFAが主催する大会での結果をもとに、過去5シーズン分の成績を考慮して算出される。上位陣の変動としては、アトレティコ・マドリードがバルセロナ、バイエルンを上回って2位に浮上している。セビージャもパリ・サンジェルマンとドルトムントを抜いて6位に上がった。

     日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは8位、DF内田篤人のシャルケは17位、MF南野拓実のザルツブルクは39位、同代表FW岡崎慎司のレスターは46位、同代表FW久保裕也のヘントは49位だった。

     以下50位までのランキング。(かっこ内は前回からの順位変動)

    1 レアル・マドリード
    2 アトレティコ・マドリード(+2)
    3 バルセロナ(-1)
    4 バイエルン(-1)
    5 ユヴェントス
    6 セビージャ(+2)
    7 パリ・サンジェルマン(-1)
    8 ドルトムント(-1)
    9 マンチェスター・C(+3)
    10 ベンフィカ(-1)
    11 アーセナル
    12 ポルト(+1)
    13 チェルシー(-3)
    14 ナポリ(+3)
    15 レヴァークーゼン(+1)
    16 マンチェスター・U(-1)
    17 シャルケ(-3)
    18 シャフタール
    19 ゼニト
    20 フィオレンティーナ(+4)
    21 モナコ(+8)
    22 トッテナム(-2)
    23 ビジャレアル(+4)
    24 バーゼル(-2)
    25 アヤックス(+1)
    26 ディナモ・キエフ(-1)
    27 ローマ(+10)
    28 リヨン(-5)
    29 アスレティック・ビルバオ(+1)
    30 バレンシア(-9)
    31 オリンピアコス(-3)
    32 アンデルレヒト
    33 ヴォルフスブルク(+2)
    34 ベシクタシュ(+9)
    35 リヴァプール(+1)
    36 ボルシアMG
    37 ドニプロ(+1)
    38 PSV(+4)
    39 ザルツブルク(+11)
    40 スパルタ・プラハ
    41 セルタ(+10)
    42 CSKAモスクワ(+10)
    43 ラツィオ(-10)
    44 クラブ・ブリュージュ(+9)
    45 ガラタサライ(-14)
    46 レスター(+10)
    47 KRCヘンク(-3)
    48 サンテティエンヌ(+10)
    49 KAAヘント(+10)
    50 ルドゴレツ(+12)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00611346-soccerk-socc

    続きを読む

    1: ぶーちゃんφ ★2017/07/09(日) 22:36:46.51 ID:CAP_USER9
    3c1ee1f58b1aa40b7ec2a01e69b7abef


     J2東京ヴェルディの羽生英之社長(53)が9日、今季限りでイタリア1部ローマを退団する元イタリア代表FWフラ
    ンチェスコ・トッティ(40)の獲得に動いている件について、代理人側から「(フロントとして)ローマに残るか、東京Vで
    現役を続けるのかの二択になった。米国の件は消えた」と話があったことを明らかにした。

     羽生社長は同日、東京・味の素スタジアムで行われたファジアーノ岡山戦後、報道陣の取材に応じた。その中で、
    トッティが米MLSのマイアミと、ロサンゼルスのチームから獲得のオファーがあったが「それはなくなった」ことも明ら
    かにした。代理人側からは6日に連絡があったというが、その中で「ローマのトッティで終わってほしいという声は、や
    はりすごくある」と、地元から移籍に反対の声が出ているという話もあったという。

     伊紙コリエレ・デロ・スポルトによると、トッティは現在、スペインのリゾート地イビサ島でバカンス中だという。羽生社
    長は「(ローマは)すごい騒ぎになっていて、本人も普通に考えられる状況じゃないと聞いている。だから1人で旅行に
    行って、1人で考えて決めたいと言っているみたいなので、本人も相当悩んでいるんじゃないですか」とトッティの心中
    をおもんぱかった。

     獲得に動いていることが明らかになった6月25日から、約2週間が経過した。移籍のウインドーは21日に開くため、
    そこまでに獲得できた場合、最短では22日のカマタマーレ讃岐戦への出場も可能になる。羽生社長は「(決断の)デッ
    ドラインをここまでにしてほしいと言うのか、ゆっくり考えてもらった方がいいのか…」と悩ましい心中を吐露した。

     トッティの獲得がかなわなかった場合、他の選手の獲得に動くか聞かれると、羽生社長は「それは、ない。トッティス
    ペシャル。ダメだったら他の選手という話にはならない」と断言。「選手の人数は足りていることは足りている」と話した。

     関係者によると、トッティ側からは300万ユーロ(約3億7500万円)を示されているという。


    日刊スポーツ:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01852873-nksports-socc

    続きを読む

    1: イコ ★ 2017/07/09(日) 02:02:24.07 ID:CAP_USER9
    スーパースターはいないか

    今夏の移籍市場で最も忙しく動き回っているクラブの1つがミランだ。来季こそチャンピオンズリーグ出場権を掴むべく、クラブは超積極的な補強に動いている。最終ラインではマテオ・ムサッキオ、リカルド・ロドリゲス、中盤ではハカン・チャルハノール、最前線ではアンドレ・シウバなど、各ポジションに即戦力を加えたという印象だ。

    マルディーニ、プロデビュー戦で早くもテニス引退宣言!

    しかし、かつてミランで活躍したズボニミール・ボバン氏はクラブの補強に満足していない。伊『Gazzetta dello Sport』によると、同氏が不満に感じているのは獲得した選手の質だ。スーパースターと呼べる選手はいないと考えているようで、それほど良い印象を受けていないことを明かしている。

    「ミラン?彼らは私を大いに納得させることはしてないね。多くの良い選手を獲得したと思うけど、素晴らしい選手はいない。サン・シーロでは、ただ良い選手だけでは難しくなるものだよ」

    確かにマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナが狙っているような選手に比べると、ミランの補強はやや地味かもしれない。果たしてミランの補強はチームを高みへ押し上げることに繋がるのだろうか。

    http://www.theworldmagazine.jp/

    続きを読む

    1: Egg ★^^ 2017/07/05(水) 12:57:10.07 ID:CAP_USER9

    DAbKOzwXoAAoRXF


    イタリア1部ACミランとの契約が終了し、1日から無所属になった日本代表FW本田圭佑(31)は、6月18日に練習を再開した際、去就について「多くのクラブが興味を示してくれている」と現状を説明していた。

     実際に、J1クラブやレバンテ、ラスパルマス(ともにスペイン)、トラブゾンスポル(トルコ)が本田に興味を示し、接触を図っている。7月に入り海外メディアは、トルコ1部ガラタサライが年俸200万ユーロ(約2億5600万円)の2年契約でオファーを出したと報道。周囲は慌ただしくなってきたが、本田は「全てテーブルに載せる。最後まで粘ってじっくり」とも話しており、慎重に見極めていく方針だ。

     現在は米国に滞在し、同国2部のユナイテッドサッカーリーグに所属するオレンジカウンティSCの練習に参加。調整を続けている。

    7/5(水) 11:31配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000016-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/07/04(火) 06:41:09.30 ID:CAP_USER9
    日本代表FW本田圭佑の新天地はトルコのガラタサライとなりそうだ。オランダメディアが報じている。

    本田は6月30日をもってミランとの契約を満了。3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることが決定している。

    そんな本田に対してトルコの強豪クラブ、ガラタサライが年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、返事を待っていると伝えられた。
    その後、さらにガラタサライが本田について興味を持っていることは事実と報じられ、今後の動向に注目が集まっていた。

    本田とガラタサライは合意に近づいており、今週中にも正式な契約に至ると報じられた。
    元ユヴェントスDFで、2017年2月からチームを率いるイゴール・トゥドール監督の元でプレーするのは時間の問題のようだ。

    これまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのトラブゾンスポルなど数多くのクラブが興味を示してきた。
    新天地はトルコに決まるのだろうか。なお、トルコでは過去に細貝萌がブルサスポルで、稲本潤一がガラタサライで、日本人選手として足を踏み入れている。

    GOAL 7/4(火) 6:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000029-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    881: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/07/03(月) 08:44:44.41 ID:seimJErM0

    DAbKOzwXoAAoRXF


    3大リーグ未経験のまま引退しそうだな
    続きを読む

    1: ranran roo ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★ 991b-x1n0 [180.249.228.110]) 2017/07/02(日) 18:59:44.53 ID:CAP_USER9

    7/2(日) 12:15配信
    ゲキサカ

    1310692_heroa


    FKの名手MFハカン・チャルハノールがミラン加入へ(Getty Images)

     レバークーゼンに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノール(23)のミラン加入が近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数メディアが報じている。

     同紙によると、チャルハノールの移籍金は2200万ユーロ(約28億2000万円)+ボーナスになる見込み。チャルハノールは2日にミラノに入り、メディカルチェック後に正式に契約をかわす予定だ。

     現役最高のフリーキッカーと評されるトルコ代表MFは、カールスルーエでプロ生活をスタートさせ、ハンブルガーSVを経て2014年にレバークーゼンに加入。ここまで公式戦115試合に出場し、28ゴールを記録した。しかし2011年の契約違反問題で今年2月に4か月の出場停止処分が国際サッカー連盟(FIFA)から言い渡されていた。

     正式にミラン加入となれば、DFマテオ・ムサッキオとMFフランク・ケシエ、DFリカルド・ロドリゲス、FWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニに続く6人目の補強となる。 
    続きを読む

    1: ranran roo ★ 2017/07/02(日) 13:37:47.52 ID:CAP_USER9

    no title



    2017年07月01日(Sat)20時06分配信

    ミランを退団した本田圭佑【写真:Getty Images】

     イタリア・セリエAのミランに所属していた日本代表FW本田圭佑は、契約満了に伴い6月30日付で退団となった。伊メディア『ミランニュース.it』はその契約最終日に、同クラブで3年半を過ごした本田について総括する記事を掲載している。

     本田は2014年1月にロシアのCSKAモスクワからミランへ移籍し、背番号「10」を与えられた。契約は2017年夏までとなっていたが、5月21日に2016/17シーズンのホーム最終戦となるボローニャ戦を終えたあと、契約を延長せず退団することが本人のSNSで発表された。

    『ミランニュース.it』は、「プロ意識をチームに捧げた3年半」とのタイトルで本田の在籍期間を振り返った。プレーでの活躍面については「ミランの歴史を変えたとして記憶されることはない」と控えめに評価しながらも、「ミランでの3年半で模範的なプロフェッショナルであることを示した」と述べている。

     在籍中にミランを率いた監督たちも、口を揃えて本田のプロ意識を称賛していたことに言及。2016/17シーズンは「わずかな出場機会しか得られなかったが、それでも素晴らしいプロ意識を見せ、ボローニャ戦ではミランにヨーロッパリーグ出場をプレゼントするゴールを決めることができた」と最後に残した貢献について記した。

     ミランに在籍した3年半で、本田はセリエA通算81試合出場9得点、公式戦通算92試合出場11得点を記録。来シーズン以降の去就は現時点で未定となっている。 
    続きを読む

    1: Marine look ★2017/06/28(水) 17:46:00.61 ID:CAP_USER9
    6/28(水) 16:12配信


    DAbKOzwXoAAoRXF


    “ミランの10番”として本田圭佑は「マイナー」、チャルハノールは「相応しい」と伊メディア&ファン

    本田(右)の退団で「ミランの10番」は空位に。チャルハノール(左)はその後継者になるのか? (C)Getty Images
    ファンのアンケートでは82%がチャルハノールを支持。

     2016-17シーズンをもってミランを退団する日本代表MFの本田圭佑は、残念ながらイタリアの名門で高い評価を得られなかった。伝統のナンバー10を背負っていたこともその一因だろう。
     
     ミランの10番といえば、古くはニルス・リードホルムやジャンニ・リベーラ、シルビオ・ベルルスコーニ時代の黄金期もルート・フリットやデヤン・サビチェビッチ、ズボニミール・ボバン、マヌエル・ルイ・コスタ、クラレンス・セードルフといった錚々たるレジェンドが纏ってきた番号だ。
     
     だが、創設118年という長い歴史を持つミランだけに、すべての背番号10が輝いてきたわけではない。例えば、イタリア『カルチョメルカート・コム』は本田とともに、ロベルト・アントネッリ、ヴィニシオ・ヴェルザ、アルベリゴ・エバーニ、ケビン=プリンス・ボアテング(現ラス・パルマス)といった選手たちの名前を挙げて、ミランの10番としては「マイナーな選手たち」と評している。
     
     近年の低迷に心を痛めてきたミランのサポーターは、ベルルスコーニがクラブを手放し、中国資本の新経営陣が誕生したことで、2017-18シーズンの復活を望んでいる。当然、本田の後継者となる新たな背番号10への期待も大きい。
     
     その候補のひとりが、ミランが獲得に動いているレバークーゼンのハカン・チャルハノールだ。イタリア・メディアは現地時間6月27日、トルコ代表MFの獲得をクラブが楽観していると報じた。
     
     すでにチャルハノールとは個人合意したミランは、『スカイ・スポーツ』によるとレバークーゼンにボーナス別の1500万ユーロ(約18億円)を提示。レバークーゼンは当初の3000万ユーロ(約36億円)から要求額を下げており、最終的にミランはボーナス込みの2000万ユーロ(約24億円)での決着を望んでいるという。
     
     攻撃の複数ポジションをこなせる多才ぶりや、「FKの魔術師」と言われるプレースキックの精度の高さを誇るチャルハノールは、レバークーゼンで10番を背負ってきた。「ミランでもエースナンバーに値するプレーヤーか?」というカルチョメルカート・コムのアンケートでは、2500名以上のユーザーのうち、82%が「イエス」と回答している。
     
     実際にミランがチャルハノールを獲得し、背番号10を託すかどうかはまだ分からない。ただ、サポーターが期待を寄せていることは確かなようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170628-00027281-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ