サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 名無しに人種はない@実況OK・^^ 2017/08/19(土) 12:09:14.38 ID:f9qoQHnh
    231-1024x698



    レアル、バイエルン、ユナイテッドの格上には主力を献上する。
    そして小さなクラブには傍若無人に振る舞う。




    続きを読む

    1: 風吹けば名無し^^ 2017/08/28(月) 06:06:55.47 ID:uoCEfOI30

    DISqZ7iVYAEZP1_


    ミラン今季公式戦成績
    6ゲーム6勝0敗 15得点 1失点

    なぜなのか

    続きを読む

    1: シコリアン ★@ 2017/08/27(日) 05:53:20.04 ID:CAP_USER9
    DIL9gJWWAAAaMar



    【スコア】
    ローマ 1-3 インテル

    1-0 15分 エディン・ジェコ(ローマ)
    1-1 67分 マウロ・イカルディ(インテル)
    1-2 77分 マウロ・イカルディ(インテル)
    1-3 87分 マティアス・ベシーノ(インテル)

     セリエA第2節が26日に行われ、ローマと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。長友は2試合連続で先発出場した。

     先制したのはホームのローマ。15分、ラジャ・ナインゴランが左足でペナルティエリア内に浮き球のパスを送ると、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したエディン・ジェコがワントラップから右足のボレーでネットを揺らした。

     後半に入り56分、インテルは長友に変えてダルベルトを投入した。そのインテルは67分、エリア内で縦パスを受けたマウロ・イカルディが反転から右足のシュートを流し込み、スコアをタイに戻す。

     勢いに乗るインテルは77分、左サイドからイヴァン・ペリシッチが鋭いクロスを入れると、中央で受けたイカルディがワントラップから右足で流し込み、逆転に成功した。さらに87分、再び左サイドからペリシッチが折り返したボールを今度はマティアス・ベシーノがダイレクトで合わせ、決定的な3点目となった。

     試合はこのまま3-1でタイムアップ。インテルが敵地で逆転勝利を収め、開幕2連勝を飾った。

     次節、ローマは9月10日にアウェイでサンプドリアと、インテルは同日にホームでSPALと対戦する。

    8/27(日) 5:48配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00633998-soccerk-socc

    続きを読む

    171: 名無しに人種はない@実況OK・^^ 2017/08/23(水) 15:13:13.45 ID:LaMbGocK

    0-1-view


    いやーー俺はエルシャラメネズトーレス本田チェルチデヨングポーリベルトラッチラパドゥーラクツカバッカサポナーラムンタリ・・・みんなどこまで伸びるか成長見守りたかったけどな~ 
    なんだかんだみんな逸材だったと思うよ~ 
    環境さえ整ってればワールドクラスになれた選手ばかりだったと思う
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/22(火) 17:39:23.95 ID:CAP_USER9
    FIFA17-MArchisio


    ユヴェントスに所属するMFクラウディオ・マルキージオにミラン移籍の可能性があると報じられたため、SNS上では悲鳴が上がった。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が21日、伝えている。

    『RAIスポーツ』がマルキージオのミラン電撃移籍の可能性を報じたことで、同選手のインスタグラムのアカウントには退団を心配するファンから大量のメッセージが寄せられ、炎上する事態となった。今夏は、ユヴェントスからミランにDFレオナルド・ボヌッチが移籍金4000万ユーロ(約52億円)で電撃移籍。6年連続リーグ優勝の立役者の1人がライバルクラブへ流出したことは記憶に新しく、ファンの混乱を増長することになったようだ。

    イタリアのファンからは「冗談だろ」、「退団するなんて考えないでくれ!」、「お願いだから行かないで残ってくれ! 君はバンディエラなんだ」などの書き込みがあったほか、英語でも「ユーヴェに残って」や「行かないで」といったメッセージが綴られた。

    マルキージオはユヴェントスのお膝元、トリノ出身。7歳の時からユヴェントスに所属しており、2007-08シーズンにエンポリへレンタル移籍したものの、翌年には復帰し、以降ユヴェントス一筋を貫いている。2015-16シーズン終盤に負ったケガの影響から、昨シーズンは出遅れ、リーグ戦は18試合出場にとどまった。今シーズンの開幕戦カリアリ戦には先発出場しているが、ユヴェントスは今夏、更なる中盤の補強を目指しており、マルキージオが退団するのではないかとの見方が一部メディアで報じられた。しかし、ロシア・ワールドカップへ向けてマルキージオはトリノでの挽回を目指しているほか、ユヴェントスとミランの両クラブも移籍の噂を否定している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000012-goal-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★@^^017/08/21(月) 22:59:35.66 ID:CAP_USER9
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00010022-theworld-socc

    日本代表DF長友佑都が所属するインテルは20日、セリエA開幕戦でフィオレンティーナをホームへ迎え入れた。

    試合は、マウロ・イカルディの2ゴールなどでスコアを3-0としたインテル。フィオレンティーナに快勝し、2017-18シーズンは最高のスタートを切った。なお、長友はこの一戦でフル出場。先制点につながるPK誘発で、勝利に貢献している。

    試合後、インテルの指揮官として公式戦の初陣を白星で飾ったルチアーノ・スパレッティ監督がインタビューに応じ、次のように語った。クラブの公式サイトなどが伝えている。

    「ファンのみなさんが温かい愛情と素晴らしい声援を送ってくれた。非常に満足しているよ。チームも素晴らしいプレイを披露したと思う。強敵から3ゴールも奪えたからね。私のチームはクオリティが高く、とても強い。だがら、試合に勝利するためにプレイしなければならない。素晴らしいテンポで試合をコントロールしたが、勝敗を分けるシーンではもう少し落ち着きが必要だ。プロフェッショナルであるならば、いつ違いを出すのか、正しいタイミングを知らなければいけないからね」

    インテルは次節、スパレッティ監督の古巣であるローマと相見える。強敵との連戦だが、名門復活に向けてこの一戦にも勝利し、スタートダッシュを決めることができるのか。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^2017/08/20(日) 17:02:27.83 ID:CAP_USER9
    イタリアメディア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、ミランがアーセナルに所属するMFジャック・ウィルシャーに関心を示しているようだ。

    昨シーズン、ボーンマスへの期限付き移籍を経て、アーセナルに戻ったウィルシャー。しかし、現時点でウィルシャーはアーセナルのトップチームで出場機会が得られず、プレミア開幕週にはBチームの一員として下部リーグの公式戦に出場していた。

    ウィルシャーはロシア・ワールドカップを前にイングランド代表への返り咲きを狙っているが、アーセナルではアピールの場がないことから、今夏の再移籍が有力視されている。

    しかし、ミランからの関心についてウィルシャー本人は乗り気ではなく、イギリス国内でプレーする道を希望しているとの報道もある。

    同選手にはミランのほか、アストン・ヴィラ、ウェスト・ハム、ユヴェントス、サンプドリア、アンタルヤスポルなども関心を示しているとされる。アーセナルとの契約は2018年6月までとなっており、ウィルシャーがどのような道を選ぶのか。移籍市場が閉幕する8月31日まで、いつ再移籍が決定してもおかしくない状況となっているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000018-goal-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★@ 2017/08/19(土) 12:22:53.66 ID:CAP_USER9
    8/19(土) 6:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629461-soccerk-socc

     ユヴェントスは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

     マテュイディは2020年6月30日までの3年契約を締結。移籍金は2000万ユーロ(約26億円)で、試合出場数次第でさらに1050万ユーロ(約13億円)が追加されるという。背番号は「14」に決まっている。

     一時は発表先送りと報じられていたが、無事に加入が決まった。同選手は16日にメディカルチェックを受け、17日には正式発表されると見られていた。だが、17日の内に発表がなかったため、フランス紙『ル・パリジャン』は「ボーナスの支払いに関して、両クラブの主張が食い違っているため、契約が成立していない」と報じていた。

     現在30歳のマテュイディは、トロワとサンテティエンヌを経て2011年からパリ・サンジェルマンでプレー。昨シーズンはリーグ・アンで34試合出場4ゴールを記録した。今シーズンは公式戦3試合ともに途中出場だった。フランス代表では2010年9月にデビューを飾り、2014 FIFAワールドカップ ブラジルやユーロ2016にも出場している。

     ユヴェントスは19日に行われるセリエA開幕戦で、カリアリをホームに迎える。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^^2017/08/18(金) 22:23:18.01 ID:CAP_USER9

    columnsv2_16463

    イタリア・セリエAは現地時間19日(以下現地時間)に2017-18シーズンが開幕し、昨季王者ユヴェントスはカリアリと対戦する。この一戦を前に、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が今季の展望を語った。

     セリエA7連覇を狙うユーヴェだが、13日に行なわれたイタリア・スーパーカップでは、2対3で黒星。新シーズンの幕開けを告げる大会で、ラツィオにタイトルを譲った。

     アッレグリ監督はラツィオ戦を受けて、「リーグ戦では、あのようなプレーは絶対にしてはならない。この敗北は、我々を現実に引き戻した。まだ完全なコンディションでない選手もいて、簡単にはいかないだろう。しかし、土曜(19日)からは違うユーヴェを見せる」と気合いを入れた。

     同監督はまた「2年前はラツィオをスーパーカップで倒して優勝したが、セリエAでは好スタートを切れなかった。今年は、その逆になることを願っている」と話した。

     ユーヴェの好敵手になると目されているのが大補強で話題を呼んでいるミランだ。中国系コンソーシアムへの売却が完了したミランは今夏、2億ユーロ(約257億円)を超える額を投じ、DFレオナルド・ボヌッチを始め、積極的に選手を補強した。最低でもチャンピオンズリーグ(以下CL)出場が叶う4位以内に入ることが求められるが、新たなチームが早くから機能すれば、セリエA優勝も夢ではない。

     ユーヴェから加入したボヌッチは、伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙に対し、「ユーヴェは変わらず優勝候補だろう。ナポリも優勝に向けて大きなチャンスがある。今の僕らはこの2チームの後ろにいるが、僕らは自分たちの限界を決めるべきではない」とコメント。「この2チームに続く、ミラン、インテル、ローマは対等だ」とも述べ、意欲を示している。

     そのボヌッチが優勝候補の一角に挙げたナポリは、過去5シーズンで4度、トップ3に名を連ねている。昨季は、ディエゴ・マラドーナ氏の持つクラブ最多得点記録更新まであと3得点に迫る活躍を見せたマレク・ハムシクを中心に、過去最高の勝ち点を手にしたものの、首位ユヴェントスとは5差の3位に終わった。

     ナポリはここまで特に大きな補強をしたわけではないが、ドリース・メルテンスとロレンツォ・インシーニェが新契約に合意するなど、主力の残留が大きな成功と言える。

     昨季30得点以上を挙げたメルテンスは、16日に行なわれたニース(フランス)とのCL予選プレーオフ・ファーストレグでも1ゴールを挙げ、2得点に絡んだ。同選手は「僕はここに残った。なぜなら、このチームはとても美しいサッカーをするし、そうすることで僕たちはたくさんの喜びを感じるからだ」と話している。(STATS-AP)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000013-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ