サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 14:33:45.46 ID:dev/C90Y0

    no title



    エブラは語った。「ロナウドから『パトリス、練習の後でうちに来いよ』って言われて、すごく疲れてたけど行ったんだ。
    で、テーブルに出されたのは、サラダと味付けしていないチキンだけだったから、こっちは『なるほど……』って感じで。あとは水だね。ジュースはなかった」
    「一緒に食べ始めて、自分はこのあとでかい肉が来るんだろうと思ってたけど、何も出てこなかった。
    ロナウドは食べ終えると、立ち上がってボールを蹴り始めた。ちょっとした技をやったりね。そうしたら『2タッチをやろう』と言うんだ。
    だから『食べてからでいいだろ? 』と返したら、(ロナウドは)『いや、ダメだ。2タッチをやろう』って」
    「それで2タッチをやり始めた。そうしたら、今度は『プールに泳ぎに行こう』と言い出した。
    もう観念したよ。ジャグジー、サウナと入って、それで終わり」


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/01/05(土) 14:19:03.03 ID:CAP_USER9

    GettyImages-1017356378-800x566


    アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表CBのディエゴ・ゴディンの争奪戦を、インテルが制したようだ。現地時間1月4日、『スカイ・スポーツ』の移籍専門記者であるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。
     
     2010年に加入したアトレティコで長く守備の要に君臨するゴディンだが、今シーズン限りで契約が満了。本人にアトレティコと契約延長する意思はなく、ミラン、ユベントス、マンチェスター・Uなどが移籍金ゼロでの夏の獲得を狙っていたが、来シーズンからのインテル加入で基本合意したようだ。
     
     契約満了まで半年を切った選手は、現所属クラブに断りなく新たなクラブと事前契約を結べる。そのルールを使ってインテルとゴディンは2年契約+1年オプションで合意。早ければ来週にはメディカルチェックを実施し、来シーズンからの契約書にサインするという。
     
     現在のインテルCB陣は、ミラン・シュクリニアル、ステファン・デフライ、ミランダ、アンドレス・ラノッキアという4枚体制。ただ、来シーズンに向けては、バルセロナなどが狙うシュクリニアルに高額売却の可能性があり、ミランダも出番増を求めて移籍を志願する可能性が高い。
     
     今年3月に33歳を迎え、やや衰えが目立ってきたとはいえ、いまだ世界トップレベルのCBであるゴディンの加入は、インテルにとって心強いだろう。
     
     ちなみに、昨年12月にインテルのスポーツ部門CEOとなったジュゼッペ・マロッタは、ユベントスCEO時代にアンドレス・ピルロ、ポール・ポグバ、フェルナンド・ジョレンテ、パトリス・エブラ、ダニエウ・アウベス、エムレ・ジャンなど同じく移籍金ゼロの実力者をフリートランスファーで獲得した敏腕。新天地インテルでもさっそく手腕を発揮した格好だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00052333-sdigestw-socc



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/08(火) 18:55:10.11 ID:PERYJ0Kc9

    DuQLBkpVsAA5OcD


    1億ユーロ以上のオファーなら今夏放出の可能性と伊紙が報道

    ユベントスのアルゼンチン代表FWパオロ・ディバラに対して、バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)、
    マンチェスター・シティが今夏の獲得に向けて動きを見せていると伝えられるなか、
    イタリア王者は1億ユーロ以上(約124億円)のオファーが届いた場合には検討することを決めたようだ。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じた。

    ディバラは15年夏にパレルモからユベントスへ移籍。昨季までの3年間でリーグ戦52ゴールを決めるなど、チームの中心的存在として前線を牽引していた。
    昨季からは元イタリア代表MFロベルト・バッジョや同アレッサンドロ・デル・ピエロらが付けた栄光の背番号「10」も継承している。

    しかし、今季はレアル・マドリードから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの活躍の裏で、
    ここまでリーグ戦で2ゴール3アシストと思うような結果を残すことができていない。

    そうした状況もあってバイエルンやPSG、シティら各国強豪が獲得に興味があることをユベントス側に伝えたとされている。
    そして同紙の報道によれば、これまでアルゼンチン人アタッカーへの関心に無視を貫いてきたユベントスも、
    今季終了後に1億ユーロ以上のオファーが届いた場合には検討する余地があるという。

    ユベントスは、16年にフランス代表MFポール・ポグバをマンチェスター・ユナイテッドに1億500万ユーロ(約130億円)で売却した過去がある。
    25歳のアルゼンチン人アタッカーの去就を巡る報道は、今夏に向けてさらに過熱していきそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190108-00160111-soccermzw-socc
    1/8(火) 13:10配信


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/06(日) 23:00:04.56 ID:CAP_USER9
    ポルトガルのマデイラ諸島にある都市フンシャルの観光のメッカと言えば、クリスティアーノ・ロナウドの故郷ということもあって「クリスティアーノ・ロナウド・ミュージアム(CR7ミュージアム)」が有名である。

    その屋外にはクリスティアーノの銅製の全身像が設置されている。
    ホテル「ペスターナCR7フンシャル」が併設されていることもあり、多くの観光客が銅像と一緒に記念写真を撮るようだ。

    この銅像は2014年に建てられたもので実際のクリスティアーノよりも大きく、高さはゆうに2メートルを超えているように見える。
    銅は時間の経過とともに変色するが、このクリスティアーノの銅像も4年ほど経って全体的に褐色がかっている。

    しかしこの銅像には、まるで磨いたように銅本来の輝きを放つ部位が2か所ほどあった。両手と、もう一か所は股間である。
    両手においては多くの観光客やファンが銅像と手を握って写真を撮ることが多いためだと思われるが、
    股間の輝きに関しては多くの女性ファンによるものだと『The Sun』が伝えている。

    どうやら、この銅像の股間を触りながら写真撮影をする女性が後を絶たないということだ。
    確かにこの銅像の全体写真を見ると、見事なまでに両手と股間が他の部分と色が違う。
    ここを訪れた観光客のジョーン・ロジャーズさん(John Rodgers)も、すぐに銅像に両手以外に他の部位が色が違うことに気付いた。そしてこのように話している。

    「私はこの写真をすぐ家族に見せたいと思いました。それで写真を投稿したWhatsAppのグループに家族を招待して写真を見てもらったとたん、みんな大笑いしだしたのです。
    さすがに銅像の股の部分に気付かずにはいられなかったみたいです。」

    「それだけではなく、私は帰りの周遊船を待っている間に多くの観光客が“それ”を触りたがっているということに気付きました。“それ”は彼ら全員を笑顔にするようです。
    僕が見かけた若いブロンドの女性なんか、しばらく手を放そうとしませんでしたよ。」

    ちなみにこの銅像がお披露目された当時、「銅像の股間部に少し膨らみがあるのでは?」と地元では話題になっていた。
    それからというもの休日には多くの人が銅像の股間を触りながら、ポーズをとって写真を撮るスポットとなってしまったという。これには当のクリスティアーノ・ロナウドも苦笑いするしかないだろう。

    https://news.nifty.com/article/entame/12239/12239-160047/
    2019年01月06日 20時40分 TechInsight

    no title

    no title

    no title






    999: 
    風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    15: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 22:49:59.45 ID:LcAKjjQ+0
    e85b34ad



    イタリアからリーガ来て活躍した奴っておるか? 
    そうじゃなくてもイカルディが今のレアルで活躍する未来が思い浮かばん


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/04(金) 08:17:12.41 ID:CAP_USER9
    1対1となった相手GKを軽々と手玉に取る圧巻のテクニック「まさに怪物」

    史上最高のストライカーは誰か――。永遠のテーマにおいて、必ずと言っていいほど名前が挙がるのが元ブラジル代表FWロナウドだ。
    1990年代、圧倒的なスピードとキレのあるドリブルで猛威を振るったが、スペイン紙「AS」公式ツイッターは“元祖怪物”のアンストッパブルな若き日の映像を公開。
    「彼はまだ史上最高のストライカーの1人だ」と綴ると、「いや、ザ・ベストだ」「ロナウドこそ唯一無二」と往年のファンが反応している。

    オランダ1部PSVで結果を残したロナウドは、1996-97シーズンにバルセロナへ移籍。
    加入1年目で37試合34得点と爆発的な成績を残してバロンドールを受賞すると、97年夏に当時の最高額となる移籍金でインテルに移籍。
    99年に右膝靭帯部分断裂をするまで、キレのある個人技で相手を次々と翻弄した。

    「AS」紙公式ツイッターは、「年月が経過しても、彼はまだ史上最高のストライカーの1人だ」と若き日のプレー動画を公開。
    ダブルタッチからの鋭い切り返しで飛び出してきた相手GKを手玉に取れば、シザースや絶妙なフェイントで次々と1対1を制していく。
    あまりの切れ味に、対峙したGKはなす術なくピッチに倒れ込むしかなかった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00158952-soccermzw-socc
    1/4(金) 6:50配信

    https://soccer-info-matome.com/wp-content/uploads/2018/08/8a6b968a2000762e852e13842ab5b3ed.png
    http://img.ellegirl.jp/var/assets/storage/images/media/images/883743540/2670981-1-jpn-JP/883743540_rect490.jpg
    no title

    http://buono-italia.com/wp-content/uploads/2016/09/Ronaldo-Inter.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=lGJ92PDl3Rw&t=89s


    【ロナウド】インテル時代 プレイ集 怪物 Ronaldo INTER Skills&Goals

    https://www.youtube.com/watch?v=VvoVjIsT4Ac&t=22s


    【限界突破していた頃の怪物ロナウド】神業スーパープレイ集

    https://www.youtube.com/watch?v=SofvifQuoBA


    【ロナウド】怪物の全盛期!メッシより凄い? Ronaldo



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 17:24:35.72 ID:FkdjtK2w0

    GettyImages-1035736458-1-800x535


    ナポリの主将を務めるMFマレク・ハムシクの去就に関して、イタリア・ナポリの複数ラジオ局が伝えている。


    2007年にナポリに加入し、在籍12年目を迎えているハムシク。2017年にはディエゴ・マラドーナ氏が保持していたクラブ歴代最多得点記録を更新するなど、ナポリの象徴としてプレーを続けている。

    そんな31歳MFだが、現行契約は2020年まで。1年間の延長オプションを有しているが、ナポリ地元ラジオ『Radio Marte』によると、中国の複数クラブ、そして明治安田生命Jリーグのクラブがハムシクについて問い合わせを行っているという。



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ