サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 数の子 ★ 2019/05/31(金) 13:32:31.25 ID:CwGg9cyQ9
    インテルは31日、アントニオ・コンテの新指揮官就任を発表した。

    今季のセリエAを4位で終え、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したインテル。しかし、今季前半戦は優勝争いを繰り広げていたが、2月後半にマウロ・イカルディの主将剥奪事件や3月終盤からの失速で4位で終えるなど、不本意なシーズンに終わった。30日、クラブは公式SNSでスパレッティ監督の退任を発表。「クラブは共に働き、進んできたことを感謝します」とし、2017年から指揮を執った60歳のイタリア人指揮官に感謝の意を表している。


    そして、インテルはかねてから噂されていたコンテ氏の新指揮官就任を発表している。複数メディアによると、2022年までの年俸1200万ユーロ(約15億円)の契約を結んだようだ。

    すでにコンテ氏は獲得希望選手を伝えていると言われており、クラブはすでにマンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカクなどと交渉にあたっていると見られている。

    来季こそ10シーズンぶりのセリエA優勝を狙うインテル。ユヴェントスやチェルシーでリーグ優勝を果たした“闘将”に、2019-20シーズンの指揮を託すこととなった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00010014-goal-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/28(火) 02:22:00.45 ID:lwSkiWs7d
    D1fWsLOU8AE1-ZU


    26点 クアリアレッラ(サンプドリア)
    23点 サパタ(アタランタ)
    22点 ピョンテク(ミラン)
    21点 ロナウド(ユーヴェ)

    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999





    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/30(木) 20:56:17.27 ID:21N6W/zd9
     カンボジア代表で実質的な監督を務める本田圭佑が、ユニークな指導法で選手たちと接していることを明かした。

     本田は30日に都内で行われたイベントに出席。仮想通貨への関心を語ると、経営者の大日方祐介氏とともに、共同でブロックチェーン(分散型ネットワーク)についてのプロジェクトを進めていくことを表明した。

     そこで「失敗に対して寛容ではない」と日本社会への持論を展開すると、「カンボジアにも似たような文化がある」と続ける。そして「ミスをしたやつは絶対にガッツポーズをしろ、と言った。頭おかしいことかもしれないけど、それくらい飛ばさないと脳の動きはいつまでも変わらないと思った」と破天荒な取り組みを行ったことを明かす。

     それはなぜか。本田は「上手くいかなかったことが分かったことが勝ち。失敗は新しいことに挑戦している証なので、成功するために必須なんですよ」と熱弁。「僕の失敗に対する考え方を賛同してくれる人が増えて、それをどんどん考え方が伝わっていけば、いつか常識はいい意味で変わっていくのではないか。リスクを恐れずチャレンジする人が増えたら、日本のパワーはもっと爆発すると思う」と終始、熱く語っていた。

    5/30(木) 19:54配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-43467613-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/28(火) 07:03:02.20 ID:3cjR2QJ09

    image


    ▼GK
    アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)
    ピエルルイジ・ゴッリーニ(アタランタ)
    サルバトーレ・シリグ(トリノ)
    アントニオ・ミランテ(ローマ)

    ▼DF
    フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)
    クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ)
    レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
    ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
    マッティア・デ・シーリョ(ユベントス)
    エメルソン・パルミエリ(チェルシー)
    アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
    アルマンド・イッツォ(トリノ)
    ジャンルカ・マンチーニ(アタランタ)
    アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
    レオナルド・スピナッツォーラ(ユベントス)

    ▼MF
    ニコロ・バレッラ(カリアリ)
    フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)
    ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
    ジョルジーニョ(チェルシー)
    ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
    ステファーノ・センシ(サッスオーロ)
    マルコ・ベッラッティ(パリSG)
    ニコロ・ザニオーロ(ローマ)

    ▼FW
    アンドレア・ベロッティ(トリノ)
    フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
    ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
    ビンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)
    チーロ・インモービレ(ラツィオ)
    ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
    モイーズ・キーン(ユベントス)
    レオナルド・パボレッティ(カリアリ)
    マッテオ・ポリターノ(インテル)
    ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-43467506-gekisaka-socc
    5/28(火) 5:47配信


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/05/30(木) 05:31:40.45 ID:JUZzcLfW9

    d5a00206


    「その国際経験と確かなクオリティーが魅力」

    2年ぶりの欧州トップリーグ復帰が取り沙汰される本田。新天地はイタリアか、それとも──。(C)Getty Images
     はたして、本田圭佑の新天地はどこになるのか。2年ぶりにセリエAへ復帰するかもしれない。

     2018-19シーズンいっぱいでメルボルン・ビクトリーとの契約が満了。1年後の東京五輪に臨むU-23日本代表チームにあって、オーバーエイジ枠での参戦を目ざす本田は、次なる活躍の場を探索中だ。


     そんななか、イタリアからニュースが飛び込んできた。今季のセリエBで優勝を飾り、実に9シーズンぶりの1部返り咲きを果たしたブレッシャが、日本が誇る名レフティー獲得に乗り出すというのだ。

     報じているのは、ブレッシャの有力地元紙『BresciaOggi』。クラブのマッシモ・チェッリーノ会長は来季のセリエAで戦うために、経験値の高い新加入選手の獲得を目ざしている。同紙によれば、ひとりはキエーボでプレーするフィンランド代表MFペルバリム・ヘテマイ(32歳)で、かつてブレッシャでもプレーした熟練工だ。キエーボは最下位で降格が決定しており、ヘテマイは退団の意思を固めたと言われる。

     そしてもうひとりが、本田だという。同紙は「レオネッサ(雌ライオン、ブレッシャの愛称)は獲得に動く構えである。ホンダはセリエA(ACミランで3年半プレー)を熟知しており、ブレッシャにとってはその豊富な国際経験と確かなクオリティーが魅力だ」と評している。

     今季のブレッシャは20代前半のヤングタレントを軸に旋風を巻き起こし、勢いのままにセリエBの頂点に立った。クラブ首脳部はセリエAで生き残るためには、経験をチームに還元できる歴戦の勇士が不可欠と考えている。そこで、本田に白羽の矢を立てたのかもしれない。

     今後どのような展開を見せるのか。メキシコ、オーストラリアと渡り歩いた32歳の本田が欧州トップリーグに帰還するシナリオは、なんともエキサイティングだ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    5/30(木) 5:22
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00010001-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/29(水) 23:04:06.92 ID:xnBrXk5/9

    img_ef39da429e05f38ce02a1cc7ae241b20135143


    ミランの指揮官を退任することが決まったジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の振る舞いに注目が集まっている。
    『スカイスポーツ』イタリア版は28日、契約期間が残っていたガットゥーゾ氏は自身が受け取るはずだった550万ユーロ(約6億7000万円)の残り給与(違約金)をクラブスタッフに分配すると報じた。

    元イタリア代表のガットゥーゾ氏は2017年11月、育成組織の指導者から昇格する形で古巣ミランの監督に就任。
    過去3年で8位、10位、7位と低迷していた名門クラブの再建に着手し、翌年には6位に導きヨーロッパの舞台に返り咲いた。
    今季は補強にも恵まれない中、直近5年を上回る5位でフィニッシュしたが、双方合意の上で監督交代に至った。

    それでもガットゥーゾ氏は、かつての資金力を失ったクラブに多大なサポートを行ったようだ。

    契約期間は2021年まで残っていたため、残り2年合計550万ユーロの給与を受け取る権利を有するが、
    これをクラブスタッフ全員の24か月分の給与に充当することを志願。これにより、クラブは総額1100万ユーロの節約になったという。

    5/29(水) 14:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-43467553-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/29(水) 22:04:34.17 ID:ebSsnHVj0NIKU
    456091_heroa



    KeisukeHonda(本田圭佑)
    @kskgroup2017

    僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?ただ条件があって本気でワールドカップを優勝したいという人に限り、そして僕が教えたい人を好きに選びます!僕がお金を払って教えます!

    午後9:03 · 2019年5月29日 · Twitter for iPhone

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1133705425013002240?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ