サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: 数の子 ★ 2018/10/04(木) 16:32:31.85 ID:CAP_USER9

    DVr3JgPVQAAD15X


    10/4(木) 16:11配信 フットボールチャンネル

     現地時間2日と3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でイタリア勢が全勝した。これは2005年以来の出来事だと、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スカイ』などが伝えている。

     近年低迷が続いていたイタリア勢だが、今節は強さを発揮した。2日、ユベントスがヤング・ボーイズに3-0で勝つと、ローマはビクトリア・プルゼニに5-0と大勝している。3日にはインテルがPSVに2-1で勝利。ナポリは昨季のファイナリストであるリバプールに1-0で勝った。

     CLグループステージで出場した4チーム全てが勝つのは、2005年11月22日と23日の第5節以来のこと。このときはユベントスがクラブ・ブルージュに、ウディネーゼがパナシナイコスに、インテルがアルトメディア(現ペトルジャルカ・アカデミア)に、ミランがフェネルバフチェに、それぞれ勝利していた。

     もちろん全盛期に比べればまだまだのセリエAだが、CLでの成功はUEFAのカントリーランキングにも大きな影響を与えるだけに、良い兆候と言えそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00291776-footballc-socc

    UEFAranking 1 Spain 2 Italy 3 England 4 Germany5 France
    https://kassiesa.home.xs4all.nl/bert/uefa/data/method5/crank2019.html

    Italian clubs won all four of their Champions League games this week and have overtaken England to go second in the UEFA rankings.
    https://www.football-italia.net/128863/italy-leapfrog-england-ranking



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    210: 名無しさん@恐縮です 2018/10/04(木) 08:22:20.79 ID:Ey3XZqkW0

    DW78JRiVAAAH6bH



    世間がセリエA復活とか言ってるけとかいう印象全然ないけどなー 
    強いのユーベだけでしょ 
    昔は決勝戦でイタリア対決するくらい強かったのに

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2018/10/03(水) 18:12:41.97 ID:CAP_USER9
    Dn2i9cuWsAA3AdG


    米MLS・ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イビラヒモビッチ(36)が、来年1月から半年間の契約で古巣のACミランに復帰する可能性があると3日付の伊紙「コリエレ・デラ・セーラ」は報じた。同紙によれば、ミランがイブラヒモビッチの復帰プランを立て、選手サイドに既に接触、双方で議論を重ねているという。

     イタリアではミラン他、インテル・ミラノ、ユベントス、さらにスペインの名門バルセロナ、プレミアの名門マンチェスターUなど数々のビッグクラブで活躍したイブラヒモビッチは、1メートル95の長身を誇る世界屈指のストライカー。ミランでは10~11年シーズンにバルセロナから期限付き移籍で加入、チームにリーグ優勝をもたらした。完全移籍を果たした翌シーズンには28得点で自身2度目となるセリエA得点王に輝いた。ミランのガットゥーゾ現監督はその当時のチームメートで仲が良いことでも知られており、復帰となれば大きな話題を呼びそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000139-spnannex-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: X_ファイル ★ 2018/10/02(火) 23:33:13.83 ID:CAP_USER9
    7月にレアル・マドリードからユヴェントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウド選手が、性的暴行で告訴された。9月27日(現地時間)、アメリカ人女性キャサリン・マヨルガが2009年6月にラスベガスのホテルで、ロナウドから性的暴行を受けたとネバダ州地方裁判所に申し立てた。

    ロナウドと彼のチームは2010年に女性に口止料37万5,000ドル(約4,200万円)を支払い、秘密保持契約と和解契約にサインさせたという。
    秘密保持契約を破って告訴したのは、「Me Too」ムーブメントなど性的虐待撲滅する運動に触発されたためとのこと。今回の訴訟で、女性は和解の破棄と20万ドル(約2,200万円)の賠償金を求めている。

    32枚に及ぶ訴状によると、以下が経緯。
    2009年6月に女性は友人と行ったラスベガスのホテルのクラブでロナウドに遭遇し、彼の滞在するペントハウスで夜景を楽しもうとグループで招かれた。
    ロナウドからペントハウスのバルコニーにあるジャグジーに入ろうと誘われたが、女性は水着や着替えを持っていないと伝えた。
    ロナウドがショートパンツとTシャツの提供を申し出たので、女性が受け入れたところ、バスルームで着替えるように言われた。女性が着替えていると下半身を露出させたロナウドがバスルームに入ってきて性的行為を強要。
    これを拒否した女性は帰りたいと伝えたが、ロナウドによってベッドルームに連れ込まれた。
    ベッドに押し倒された女性は「ノー」と叫び続けたが、ロナウドから性的暴行を受けた。

    あまりにもショッキングな内容だが、表沙汰になったのは初めてではない。2017年にドイツの「デアスピーゲル」紙がロナルドのレイプ疑惑を報じたが、当時女性の名前は明かされていなかった。
    このときロナウドの代理人は疑惑を完全に否定し、「記事は作り話だ」とコメント。今回の告訴が報じられた後も、ロナウド側の姿勢は変わらない。弁護士は「これは違法だ。著しく深刻なやり方でロナウドの権利を侵害している」と発表。

    またロナウド自身も、インスタグラムのライブ配信で「これはフェイクニュースだ。彼女たちは僕の名前を使って有名になりたいだけだ」と否定している。
    当時、キャサリンはラスベガスの警察に通報し、病院に行って検査も受けたという。ラスベガス警察は訴訟を受けて、捜査を再開することを発表。真相が明らかになるのを見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00010002-ellegirl-ent



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    70: 名無しさん@恐縮です 2018/10/01(月) 16:53:01.38 ID:OH4KY2Yf0
    3c1ee1f58b1aa40b7ec2a01e69b7abef


    ・トッティがチームメートにジグソーパズルを見せびらかし、 
    「オレって天才だよ。たった3カ月で完成させたもんね。 
    普通にやれば、3年はかかるヤツなんだぜ」と自慢した。 
    ジグソーパズルの箱をみると3years(3歳児用)。 

    ・国際電話をかけようとしたトッティ。かけ方をオペレーターに聞いた。 
    「それではまず、10番を押してください」 
    「あのー、悪いんだけどオレの電話、9番までしかないんだけど……どうしたらいい?」 

    ・トッティの彼女が「アナタの頭の悪さをバカにした話がはやってる。 
    本でも読んで教養を身につけましょう。手始めにシェークスピアは?読んだことあるでしょ?」 
    「もちろん読んだことあるさ。ただ、作者名がちょっと思い出せないんだよな」 

    ・彼女が猫を抱いてトッティ宅に。 
    「ねぇ、この子猫ちゃん、オスだと思う?それともメスだと思う?」 
    「バカだな、ヒゲが生えてるからオスに決まってんだろ」 

    ・イタリアで話題の「アナタの悩みの50%が解消できる本」を購入したトッティ。 
    胸を張って友人にこう言った。 
    「悩みを100%解消したいと思ったから、迷わずに2冊買ったよ」
    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/10/01(月) 20:26:50.76 ID:CAP_USER9

    0fdc694ff1ff7062f008017c8820662d_content



    レアル・マドリードからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)に対し、他にも3クラブがオファーを出していたと英ミラー電子版が報じた。

    同電子版がスペインのエル・ムンド紙の情報をもとに報じたところによると、レアルの他にはパリサンジェルマン(PSG=フランス)ACミラン(イタリア)、そして古巣マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が獲得に乗り出していたという。

    まず最初にオファーを出したのはACミラン。中国人の前オーナー李勇鴻氏がまだ在職中にロナウド獲得を目指したという。

    古巣ユナイテッドは、レアルに対して公式に接触。交渉に入ったものの、金銭面で折り合わずに移籍話は頓挫となった。

    PSGも獲得に本腰を入れていたが、交換として自軍のネイマールやエムバペをレアルに奪われることを嫌い、ロナウドに対し「移籍に合意した場合、移籍期間ギリギリの最終日に契約を成立させる」ことを求めた。ロナウド側はこの条件をリスクが高いと判断し、PSG入りはなくなったという。

    筆者は当初、ロナウドがレアルを退団するとすれば古巣ユナイテッド復帰が最も可能性が高いと思っていた。

    「育ての親」とも言えるファーガソン元監督がまだクラブ幹部として残っており、ロナウド自身も「レアルに入団した時は自分は大人の男だったが、ユナイテッドに入った時はまだ子供だった。だからサー・アレックス(ファーガソン氏)のような存在が必要だったんだ」と感謝の言葉を述べている。

    普通に考えればファーガソン監督勇退以来、低迷し続けているユナイテッドを助けるために同クラブに復帰するというのがベストなシナリオに見えた。

    だが100億円以上の移籍金が動く市場では、物事はそれほどセンチメンタルにはならないようだ。ロナウド自身はトリノの新たな家で、家族やガールフレンドに囲まれてとても幸せそう。ピッチ上でも徐々に本来のプレーが出るようになってきた。このまま、シーズン終了後にユベントス移籍が正解だったと思えるような成績を積み上げることを期待したい。

    【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00348163-nksports-socc




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ