サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    421: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 12:24:28.31 ID:TNqENEha0
    29b98d8a



    三冠インテルすき 

    パンデフミリートエトー 
    スタンコビッチモッタカンビアッソ 
    キブサムエルルシオサネッティ 
    ジュリオセーザル






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    374: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 12:19:56.19 ID:0u5+iJ7k0
    ディバラって相当イケメンだと思うんだけどなんであんま話題にならんのやろな






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    316: 風吹けば名無し 2018/08/03(金) 10:34:13.32 ID:ZRrvt30A0
    GettyImages-960615842-800x533


    ミランがイグアイン獲得って理想の補強ちゃうの? 
    得点王取りそう







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    154: 風吹けば名無し 2018/08/03(金) 10:18:53.91 ID:u1ZZXVCf0
    3b5802fc



    新しい報道だとヴィダルの膝あかんかったからインテルが引いたみたいやな 
    アサモアを中盤で使うからってのもあるみたいやし強奪でもお笑いでもないやろ




    999: 
    風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/08/03(金) 05:52:32.05 ID:CAP_USER9

    DV8_8LyXcAAN5VU


    ミランは、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインとマッティア・カルダーラの獲得を、ユヴェントスはDFレオナルド・ボヌッチの復帰をそれぞれ発表した。

    一時ヨーロッパリーグから締め出されることが決まったものの、スポーツ仲介裁判所の決定により来季の出場権が確実となったミラン。欧州での挑戦、そしてチャンピオンズリーグ出場権獲得のため、ストライカーの補強を最優先で進めてきた。

    そして2日、ミランはイグアインの獲得を発表。買い取りオプションが付帯した2019年までのレンタルとなる。報道によると、1800万ユーロ(約23億円)の1年間のレンタル移籍で加入し、2018-19シーズン終了までに行使可能な買い取りオプションは3600万ユーロ(約47億円)になるという。

    2015-16シーズン、当時所属していたナポリでセリエA最多得点記録となる36ゴールを挙げたイグアイン。同年には、当時のイタリア市場最高額とみられる9000万ユーロ(約117億円)でユヴェントスへ加入した。イタリア王者では、2シーズンで公式戦105試合に出場、55ゴール12アシストを記録。セリエA、コッパ・イタリアの2連覇に貢献した。

    また、ミランとユヴェントスでは、センターバックのトレードも完了。およそ3500万ユーロ(約46億円)と評価されるミランDFレオナルド・ボヌッチとDFマッティア・カルダーラがトレードされることとなった。

    ボヌッチは、ユヴェントスと5年契約を結んでいる。昨シーズンにミランに加入したばかりの31歳イタリア代表DFだったが、1年で古巣に復帰することとなった。

    8/3(金) 5:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000019-goal-socc








    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/08/02(木) 18:13:40.65 ID:CAP_USER9

    3b5802fc


    news_201732_1



    8/2(木) 15:30配信
    ビダルと条件面で合意しているなか、ロシアW杯MVPのモドリッチが候補に急浮上

    イタリアの名門インテルは、中盤の補強をチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン)かクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)にするかの選択を間もなく下すという。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

    現地時間1日、アトレチコ・マドリードからクロアチア代表DFシーメ・ブルサリコの獲得を発表したインテル。新シーズンへの補強の仕上げが中盤の強化であり、2択の決断が迫っているという。

     以前から話題に挙がっていたビダルは、バイエルンのプレシーズンツアーに参加せずにミュンヘンに残っている。インテルはビダル側とはすでに条件面で合意しており、残すはバイエルンとの最終交渉のみ。ファイナンシャル・フェアプレー制度への抵触を避けるため、買い取り義務付きの期限付き移籍で交渉を進めるかどうかでストップしているという。

     一方で、急浮上しているのがモドリッチ獲得だ。今年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではクロアチア代表のキャプテンとして準優勝にチームを導いた。現在はイタリアのサルデーニャ島でバカンスを過ごしている希代のゲームメーカーは、移籍に対してオープンな姿勢であることを明らかにしている様子。一方で、所属するレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とは直接会談により将来について話し合うことが必要な段階だとされている。

    インテル強化部の手腕が試される

     獲得の難易度としてはビダルの方が低い状況にあるが、現在のサッカー界で世界最高のプレーメーカーを迎え入れるチャンスを逃したくもないという悩みがインテルにあるようだ。ただ、セリエA開幕まで約2週間に迫っている状況から、現地時間2日か3日までにはどちらの獲得に本腰を入れるか決断すると報じられている。

     資金的にダブル獲りは難しく、この決断は今季に向けて大きな鍵になりそうだ。補強に失敗して中盤に不安を抱えたままシーズンが始まる事態は避けたいだけに、インテル強化部の手腕が試されている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00125947-soccermzw-socc

    続きを読む

    123: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 12:00:11.47 ID:Vf9v0WHr0
    GettyImages-896303142-800x533



    そういえば昨日やってたICCのバルサローマ戦ってどうだった? 
    マウコムを出場させる畜生采配やったら草生えるけど






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ