サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    d5a00206


    日本代表FW本田圭佑(28)のACミランが、ホームでのフィオレンティナ戦で1―1と引き分けた。
    自身セリエA初となる3戦連続ゴールはならなかったが、意外な転機が訪れている。
    ここまで6得点と絶好調の本田に対し、フィリッポ・インザーギ監督(41)は今後PKキッカーも任せる方針を示唆したのだ。

    この日も3トップの右FWとして先発した本田だが、チームの得点は前半25分にMFデ・ヨングがヘディングで先制した1点のみ。
    後半19分には相手MFイリチッチのミドルシュートで同点に追いつかれた。結局、本田は得点に絡めないまま終わり、
    得点王争いでもカジェホン(ナポリ=7点)に単独トップの座を奪われた。

    それでも今季6得点と好調を持続する本田への評価は変わらない。
    インザーギ監督は25日に「PKを蹴らずに得点王にいることは、みんなにとっても驚きだろうね」とコメント。
    得点ランキングの上位選手はPKキッカーも務めており、純粋なゴールだけでトップ争いをする本田をたたえた。

    さらには「シーズンを通して多くの選手がゴールを決めなければ。そしてチームに得点王がいれば、我々にとってはとても、とても素晴らしいことだ」と明かし、
    今後、背番号10にリーグ得点王を取らせるため、絶好の得点機会となるPKの場面でキッカーを任せる方針を示唆した。

    PKはゴール数を積み重ねるうえで手っ取り早く、世界中で得点王になる多くの選手がPKキッカーも務めている。
    本田もかねてミランでのPKを熱望しており、キッカーを任せられれば、リーグ得点王の可能性も大きく広がる。だが、周囲からは意外にも不安の声も出ている。

    G大阪ジュニアユース時代に本田を指導した鴨川幸司・同監督(44)は「PKがうまいという感じがしない。
    (ブラジルW杯出場を決めたアジア最終予選の)オーストラリア戦のPKも危なかったし、あんまり決めているイメージはないね。そこは(昔から)変わってない」と指摘する。

    日本代表では不動のPKキッカーを務めるが、母校星稜高サッカー部の河崎護監督(55)も「あいつの蹴り方はPK向きじゃない」と以前から否定的。
    これまでPKでど真ん中に蹴り込み、サポーターをドギマギさせたことも少なくない。そのため、代表内で何度も“交代論”が続出したほど。
    仮にミランでPKを失敗し、勝利を逃す事態になれば、再び酷評されかねないことを周囲は不安視するわけだ。

    とはいえ、本田は今季大躍進を見せているようにキック精度は大きく向上した。
    鴨川監督は「そういう部分でも安心して(PKを)任せられるように期待したい」と、日本人の得点王を待望している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9403302/

    【サッカー】ACミランのインザーギ監督も本田に驚き「PKを蹴っていないのに得点王争い」 「彼は偉大な男であり、プロフェッショナルだ」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1414312066/

    続きを読む

    no title


    解消不可能な激しい対立関係

    QPRのFWアデル・ターラブは、昨季終盤もプレーしたACミランに来年1月に移籍する可能性が浮上している。

    モロッコ代表FWはハリー・レドナップ監督による“肥満告発”が原因で解消できない激しい対立関係に陥っているという。
    英地元紙ミラーが「QPRのアデル・ターラブがレドナップとの口論後、ミラン移籍準備に入った」と報じた。

    ターラブと、レドナップ監督の確執は異例の形で表面化した。
    まず指揮官が、19日の2-3で負けたリバプール戦後の記者会見で、メンバー外になったターラブについて
    「3ストーン(約19キロ)ほど体重オーバー」と暴露した。

    これに憤慨したターラブが疑惑を拭い去るために引き締まった腹を地元紙に公開した上で、
    レドナップ監督の指導力不足を散々酷評した。指揮官もターラブが痩せた理由はへんとう炎によるもので、普段の節制ではないとやり返した。

    メディアを通じた泥仕合に発展し、QPRのトニー・フェルナンデス会長も事態の収拾に乗り出した。
    会長自らがクラブの公式サイトでサポーターに謝罪するなど、大きな話題となっていた。

    ミラー紙は、これを受け、ターラブがACミランに完全移籍するのではないかと報じた。
    昨季1月にミランに期限付き移籍で加入したターラブは、本田と同じ攻撃的MFとしてクラレンス・セードルフ前監督にも重用された。

    本田とはポジションを争うライバル的存在だった。

    今夏の移籍市場でミラン復帰の可能性もあったが、700万ポンド(約12億円)の移籍金がネックとなって実現しなかった。
    だが、クラブ側が「レンジャーズ(QPR)は今夏に700万ポンドを要求したが、才能はあふれるが、わがままな25歳に対する移籍金を下げることになるかもしれない」
    と値下げに動く可能性について触れている。

    レドナップ監督は「彼も全てを後悔する日が来るだろう。彼は素晴らしい才能を神から与えられたのに残念だ」と語っており、亀裂は埋まりそうもない。

    アドリアーノ・ガリアーニCEOは、今季開幕前の時点でターラブを評価していた。

    だが、肥満疑惑に加え、指揮官の口論と問題続出のウインガーをフィリッポ・インザーギ監督が戦力として見るのか。
    冬の移籍市場でミランは獲得に動くのか、ターラブの去就に大きな注目が集まっている。

    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/3859

    続きを読む

    439180_heroa


    7試合6ゴールと、セリエAで大ブレイクを果たした本田。そこにはコンディションを戻した本人の努力に加え、
    今シーズンから就任したフィリッポ・インザーギ監督の影響がある。

    ガッリアーニ副会長はこう語っていた。「右サイドから中へ絞らせ、本田に左足を使わせて“逆足”でゴールを意識させる。
    こういう発想の出来たインザーギの手腕によるところはもちろん大きい。本田自身も、いままでこういうプレイはして来なかっただろう」。

    現役時代、感覚にまかせて点を取っていたようなプレースタイルからは、監督という姿が正直想像しにくかった。
    しかし現役をいきなり辞めて監督業に身を投じた前任のクラレンス・セードルフと違い、彼はサッカー指導者として確かな研鑽を積んでいたのである。

    「インザーギが指導者向けのサッカークリニックをやる。よかったら取材に来ないか」13年4月、ミランの広報スタッフの一人からそんな誘いを受けて、
    ミラノ市の南にあるミランの育成組織の練習場を訪れた。17歳以下の少年たちは郊外にあるミラネッロではなく、ここで技を磨くわけだが、
    6面のコートに試合が開催出来るスタンド付きのメイングラウンドも備えた豪勢な施設だ。

    そのメイングラウンドでは、当時監督業1年目としてジュニアユース年代の選手たちを指導していたインザーギが、
    スタンドに集まったアマチュアレベルのサッカー指導者に対し熱弁を振るっていた。

    「サッカーチームの指導はスタッフで行う仕事。自分は現役時代の経験をベースに、プロとしての心構えを伝えていける指導者になれたらと思っている」
    そう語っていた彼だが、披露していた練習にはすでに彼なりのポリシーがしっかりと現れていた。

    「サッカーはゴールを意識しなければ意味はない」FW出身者らしいコンセプトを掲げて練習を立案。ウォーミングアップ目的のパスゲームにもゴールを設け、
    ポジションごとの戦術練習では特にFWの動きをきめ細かく指導していた。

    選手間の距離や、1人が引いて中盤からパスを引き出せば、残り2人が縦をアタックするといった動きの連動を丁寧に教え込む。さ
    らにその後の11対11でも、サポートに入る選手の距離感やパスの回し方などを事細かく指導していた。

    システムは[4-3-3]。2タッチ以下でパスを回し、サイドから組み立て、3トップには連動を重視した攻撃を指示する。
    振り返れば、現在のミランに通じる戦術パターンは、当時から温められていたということだ。

    その1シーズン目はブロックリーグ1位でプレーオフ進出を果たす。その業績が評価されたインザーギは翌シーズン、プリマベーラ(ユース年代)の監督に内部昇格。
    1月にアレグリ監督が解任された時には後任の候補として名前が挙がり、当時低迷中だったサッスオーロの監督就任まで要請されるが、
    インザーギを指導者として大事に育てたかったミランはこの両方を拒否。そしてインザーギは、若手の登竜門とされるビアレッジョ国際ユース大会でチームを優勝へと導いた。

    そうしたところにシーズン終了後、トップチームへの昇格話が舞い込む。選手との関係が悪化したセードルフを切り、
    その後任としてクラブは満を持してインザーギにチームを任せる。黄金時代の姿を知るサポーターが熱狂した一方で懐疑的な見方も存在し、
    「補強もろくに出来ないフロントが打った批判回避の策だ」と冷ややかな反応をする記者も多かった。

    >>2以降につづく

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaigai/kiji/K20141024009155130.html

    続きを読む

    no title

    日刊スポーツ 10月27日(月)17時55分配信
    <セリエA:ACミラン1-1フィオレンティナ>◇26日◇ミラノ

     ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がホームのフィオレンティナ戦にフル出場した。
    試合は1-1で引き分け。3試合連続ゴールを狙った本田に得点はなかった。

     試合翌日、27日付イタリア各紙の評価は次の通り。

     ◆ガゼッタ・デロ・スポルト=6・0点

     寸評「前半は80メートル近いピッチをカバー。警戒するために走っていた。後半は湖に引きずり込まれていった」

     ◆コリエレ・デロ・スポルト=5・5点

     寸評「前半はカウンターを仕掛けるスペースが見つからず、いつもより精彩を欠く」

     ◆トゥット・スポルト=6・0点

     「フィジカル的には好調な時期を迎えていることを確認させた。しかし、攻撃の決め手となる部分がいつもより多少欠けている」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00000059-nksports-socc

    続きを読む

     セリエA第8節が26日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとフィオレンティーナが対戦した。

     ミランは[4-3-3]の布陣を敷き、前節のヴェローナ戦からフェルナンド・トーレスを代えて、前線に左からステファン・エル・シャーラウィ、ジェレミー・メネズ、本田を配置。

    出場停止明けのナイジェル・デ・ヨングもスタメンに名を連ね、ホームで今シーズン初の3連勝を狙う。対するフィオレンティーナは、[4-4-2]の布陣で2トップにフアン・クアドラードとクマ・ババカルを並べ、敵地での勝利を目指す。

     7分、右サイドをイニャツィオ・アバーテが突破しペナルティエリア内に侵入するとグラウンダーのシュートを放つ。相手DFが弾いたボールを再びサリー・ムンタリがシュートに持ち込むが、得点には至らず。

     互いにフィニッシュまでの流れを作り出すことができない時間帯が続く。すると22分、ペナルティエリア手前でムンタリからの縦パスを受けたエル・シャーラウィが反転しながら強烈なミドルシュートを放つも、オフサイド判定。

    3分後、ミランがCKのチャンスを得る。メネズがファーサイドに上げたクロスをクリスティアン・サバテがヘディングで中央に折り返したところに、デ・ヨングがヘディングで合わせシュート。ミランが先制に成功する。

     フィオレンティーナは27分にクアドラード、33分にはヤスミン・クルティッチがペナルティエリア手前の位置からシュートを放つが、枠を捉えることができない。その後も果敢にゴールに迫るが、ミランが粘りの守備を見せ、1-0で前半を折り返す。

     ハーフタイムでの交代はなく後半を迎えると、52分、ドリブルで上がったメネズがゴール正面で放ったシュートは、相手GKにキャッチされる。

    56分、エル・シャーラウィのトラップが大きくなったところをマティアス・フェルナンデスが奪い、ミドルシュートを放つが、クリスティアン・アッビアーティが防ぐ。

     63分、ミランが右サイドからのFKを獲得する。メネズが上げたクロスをアレックスがヘディングで落とす。ゴール前にデ・ヨングが詰め寄るもネットを揺らすことができない。

    すると、フィオレンティーナが一気にカウンターを仕掛ける。ペナルティエリア手前の空いたスペースでパスを受けたヨシップ・イリチッチが左足で強烈なミドルシュートをゴール右隅に叩き込み、試合を振り出しに戻す。

     ミランは71分、73分とエル・シャーラウィが積極的にシュートを放つが、枠を捉えることができない。フィオレンティーナもババカルのシュートでゴールを脅かすも、追加点は奪えず。

    ミランがメネズに代えてトーレス、フィオレンティーナがババカルに代えてミラン・バデリを投入する。86分、途中出場のファン・マヌエル・バルガスが左足でミドルシュートを放ったが、ゴール左に逸れる。最後まで互いに追加点を狙ったが、ゴールは生まれず試合は1-1で終了。

    本田はフル出場している。

     次節、ミランはカリアリと、フィオレンティーナはウディネーゼと対戦する。

    【スコア】
    ミラン 1-1 フィオレンティーナ

    【得点者】
    1-0 25分 ナイジェル・デ・ヨング(ミラン)
    1-1 64分 ヨシップ・イリチッチ(フィオレンティーナ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00245164-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 22:59:11.41 ID:???0.net
    本田のレギュラー獲りに難色示した現地記者「謝罪するのは無意味」

    2014年10月26日 20時30分

    Sports Watch
    結果を残せず苦しんだ昨季が嘘のように、今季が開幕すると7試合で6ゴールという
    高いパフォーマンスを見せているのがACミラン・本田圭佑だ。

    昨季は辛辣な批評を繰り返していたイタリアの各スポーツ紙も、本田が試合で躍動
    する度に賛辞を贈り、いまやチーム内での存在感も強く、レギュラーの座も不動と
    言えるだろう。

    すると、25日放送、日本テレビ「Going! Sports&News」では、今年8月本田の
    レギュラー獲りについて「現時点レギュラーの可能性は20%くらい」などと語って
    いたコリエーレ・デッロ・ スポルト紙のグアダーニョ記者を再び直撃した。

    「今なら本田のスタメンの確立を100%に変える必要がありますね」とアッサリ撤回
    した同記者だったが、番組が謝罪の気持ちを問うと「サッカーには批判がつきもの
    です。良いことばかりを話すわけにもいきません。大切なのは好調な時も不調な時も
    誠実な評価をすること」とキッパリ。さらには「謝罪するのは無意味です。そうで
    ないと批評できなくなります」と正論を付け加えた。

    また、番組ではそんな本田の変化について、サッカー解説者・都並敏史氏がコメント。
    同氏は「昨年はボールを触りたい、自分のリズムでボールを触っていきたい本田は
    中盤におりてき過ぎてボールが頭の上を越えていったというケースも多かったんです
    けど、高い位置で待つ。で、味方からの長いボールを高い位置で自分から呼びこんで
    はやく受けてそこでゴールを決めてしまう」と分析している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9400625/

    続きを読む

    27376f27-s


    インザギ監督が25日、7試合6得点と好調な日本代表FW本田圭佑について会見で言及。
    「今になって彼を素晴らしいと褒めるのは簡単なこと。私は初めから彼が活躍できると言ってきた」とし、
    「本田は技術とフィジカルを持ち合わせた選手。偉大な男であり、プロフェッショナルであり、頭もいい」
    と賛辞を並べた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9400719/

    続きを読む

    2014-05-26-09-24-43


    欧州を代表する複数のビッグクラブが、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督の招へいに動いている可能性があるようだ。

    これはスペイン『アス』の名物記者、マノレテ氏による情報だ。同氏によればマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、インテルの3クラブが、
    来夏にアルゼンチン人指揮官を引き入れることを目指しており、「シメオネがアトレティコで続けることは難しい」状況という。

    アトレティコとシメオネ監督の契約は2017年まとなっており、その年俸は250万ユーロと噂される。
    マノレテ氏は、アトレティコがシメオネ監督を残留させるために、少なくとも年俸をアップさせる必要があると説いている。

    なおシメオネ監督はアトレティコ指揮官として106試合に臨み、ルイス・アラゴネス氏、サモラ氏に次ぐ、歴代3位となる66勝を記録。
    通算成績は66勝22分け18敗で、ヨーロッパリーグ

    10月25日(土)21時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141025-00000023-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ