サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    squadre-serie-a


    「世界最強リーグ、セリエA」。かつて、中田英寿氏がペルージャでの挑戦を始めた90年代後半-00年代前半、
    日本の深夜に放送されていたテレビ中継の謳い文句として使われていた言葉だ。
    実際、ローマにはトッティやバティストゥータ、ミランにはマルディーニやシェフチェンコ、
    ユヴェントスにはデル・ピエロやジダン、インテルにはヴィエリやレコバが在籍。
    さらに、80年代後半-90年代前半にはミランに在籍したファン・バステンがバロンドールを3度獲得。
    その後02-03シーズンにはミランとユヴェントスがチャンピオンズリーグの決勝で対するなど、
    その名に恥じない群雄割拠のリーグとして、世界中から人気と注目を集めていた。
    しかし、06年に発覚した審判買収事件「カルチョポリ」を境に、リーグ全体の競争力が徐々に低下。
    主なところではインテルとローマがクラブ売却によるオーナー変更を経験し、
    ミランはオーナーであり元イタリア首相でもあるベルルスコーニの政治的失脚をきっかけに財政難に陥った。
    そして、モウリーニョ監督に率いられたインテルが09-10シーズンにチャンピオンズリーグを制して以来、
    欧州カップ戦での存在感は薄まっていった。
    UEFAのリーグランキングを見ると、昨シーズンまで4位だったイタリアはポルトガルに抜かれて
    1ポイント差の5位に転落。さらに、10ポイント差で6位につけるフランスは、
    投資グループによる買収で大型補強を敢行したパリSGやモナコが急速に力を付けている。
    クラブランキングを見るとトップ20の内、ポルトガル、イタリア、フランスの3リーグでは
    ヨーロッパリーグで2シーズン連続の準優勝を果たしたベンフィカが5位でトップ。
    続いて11位ポルト、13位パリSG、14位ミラン、20位リヨンとなっている。
    今シーズン、チャンピオンズリーグに出場するユヴェントス、ローマ、ナポリ(PO)と、
    ヨーロッパリーグに出場するフィオレンティーナ、インテル(PO)、トリノ(予選)は何としても結果を残さなくてはならない。
    (中略)
    昨シーズンのユヴェントスは、チャンピオンズリーグでグループリーグ敗退してヨーロッパリーグに回ったものの、
    決勝が自らの本拠地で行われるために奮起して準決勝まで駒を進めたが、
    そのような付加価値がなくても全力を尽くさなくてはならない。
    セリエAは、もはやスペインやイングランド、ドイツと同格のリーグではなく、ポルトガルやフランス、
    ロシアと同格のリーグということを自覚するべきだ。上を見すぎて足元をすくわれないように
    ヨーロッパリーグに対しても真摯に取り組まなければ、ますます存在感を薄めてしまうだろう。
    http://news.biglobe.ne.jp/sports/0803/fot_140803_8624319569.html

    続きを読む

    2013-12-10-20-23-54


    ACミランは北米で開催中のギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップで3戦全敗し、
    得点1、失点10という最悪な結果に終わった。

    参加クラブ8クラブの中で勝ち点、得点、失点のいずれもワーストの成績。
    そんなかつての名門の凋落をイタリアの地元メディアも酷評。
    特にミラン専門のニュースチャンネル「Milannews.it」は、昨季以降不発続きのMF本田圭佑に
    「背番号10剥奪」を要求するに至っている。

    現地時間3日10時に報じられた「慰めの勝ち点1すら取れない」という見出しの原稿では
    フィリッポ・インザーギ新監督の就任したミランの直面する大きな問題について触れている。

    「このミランには一つだけ大きな問題がある。サッカーのゲームができていない。
    ギネスカップは、慰めもないみじめな勝ち点ゼロで最下位という結果に終わった」

    記事が指摘しているのは、プロのサッカークラブとしては大前提の問題だ。
    そもそも試合ができていないと、昨季8位に終わった名門をぶった切っている。

    ギネス杯初戦のギリシャ王者オリンピアコスに0-3で完敗すると、
    ティフォジ(サポーター)から怒りの声が漏れ始めた。
    2戦目のプレミア王者マンチェスター・シティ戦で1-5の惨敗を味わうと、不満の声は怒号と化した。
    そして2日(日本時間3日)のリバプール戦で0-2と完敗。
    名だたる名門の中で唯一の勝ち点0という恥辱にまみれ、もはや言葉を失っている感すらある。

    名門失墜の象徴として批判されている本田
    「アイディアはゼロ、試合内容はゼロ、創造性もゼロ……。ミランはクオリティーを探し求めている」
    と記事ではギネス杯3試合で見るべき点や希望すら感じられないと厳しく批判。
    さらにミランと名乗り、世界中に畏怖された赤と黒のユニフォームに身をまとうに相応しいとは
    言えない現在のチームの悲劇的状況の象徴として、本田が非難されている。

    「クオリティーと言えば……、お願いだ。本田から10番を剥奪してくれ」

    ジェニオ(天才)と呼ばれた旧ユーゴ代表サビチェビッチ、クロアチア代表ボバン、
    ポルトガル代表ルイ・コスタら本物のプレーメーカーがまとった栄光の番号だが、
    日本人MFには相応しくないと記事では断定し、悲痛な叫び声を上げている。

    世界一を目指すと公言しながらもブラジルワールドカップでは1次リーグ敗退という厳しい現実に
    直面することになった本田。休暇を経て、7月22日にチームに合流。
    ギネス杯3試合では3トップの右で1試合先発し、2試合で途中出場となった。

    先発したマンC戦では前半、豊富な運動量で中央に進出したが、味方からパスを集められず。
    試合に関与できないまま、後半は一気に運動量が減少。足が止まった。
    リバプール戦では後半20分から途中出場したが、プレースピードの欠如から相手のプレスの
    網にかかり、ボールロストの場面が目立った。

    そんな本田の冴えないパフォーマンスは、欧州のカップ戦出場すらままならないミラン失墜の象徴
    と地元メディアの目に映っているのかもしれない。
    結果至上主義とも呼ばれるカルチョの国では、結果さえ出すことができれば、評価は一夜のうちに一転する。
    昨季からボバンら名だたるミランOBも本田の選手としてのクオリティーに対する疑念の声を上げている。

    背中に輝くかつての栄光の番号に突き刺さる、容赦のないイタリアメディアの批判の声を封じるには、
    やはりゴールと勝利しかない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140803-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    f-nsp140725_honda03-ns-big


    2日に行われたギネス国際チャンピオンズカップの試合で、ミランはリヴァプールに0-2の敗戦を喫した。
    フィリッポ・インザーギ監督は、それでもチームの戦いぶりと姿勢に一定の満足を得られたようだ。

    オリンピアコスに0-3、マンチェスター・シティに1-5と大差で連敗して第3戦を迎えていたミラン。
    この試合でも前半にMFジョー・アレンに先制点を許し、終了間際にもMFスソに2点目を奪われた。

    今季から就任したインザーギ監督は非常に厳しい形でシーズンをスタートさせることになったが、
    リヴァプール戦からはポジティブな感触を得ることができたと話している。イタリア『Milannews.it』が指揮官の試合後のコメントを伝えた。

    「0-2という不当な結果は残念だが、期待していた答えは得られた。良いリアクションを見せてくれた選手たちに満足している。
    こちらのGKがセーブをするような場面はなかったが、相手にはあった」

    「後半は30分間を素晴らしいレベルで戦えたが、2点目も奪われるのは厳しすぎる結果だった。
    今日のような精神力や意欲を持って続けていかなければならない。選手たちに言えるのは、このまま続けていくべきだということだけだ」

    昨シーズンを8位という不本意な成績で終え、新監督を迎えて再起を図るミラン。シーズン開幕までに不安を払しょくすることができるのだろうか。

    「これまでの試合では苦しんだが、今日は欧州屈指のチームを相手に勝負をすることができた。
    チームは上り調子であり、特に決意の部分で私の望むようなミランが見え始めている

    「この意欲と決意があれば国内リーグで良い戦いができるだろう。このチームは去年のような恐怖心を振り払わなければならない。
    今夜の試合が大きな自信を与えてくれると思う」

    GOAL 8月3日(日)17時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00000015-goal-socc

    続きを読む

    441010_heroa


    ゴールを喜ぶキャプテン長友「本当に最高の気分」
    http://news.livedoor.com/article/image_detail/9109060/?img_id=6971749

     プレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」のグループA第5試合が
    2日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとローマが対戦。インテルが元セルビア
    代表DFネマニャ・ヴィディッチと長友のゴールで、2-0と快勝した。

     長友はキャプテンマークを巻いて、後半途中までプレー。試合後は、「ゴールを決められて
    本当に最高の気分」と、69分に挙げた得点を喜んだ。クラブ公式HPが伝えている。

     快勝に貢献した長友は、「得点できて本当にうれしい。思い通りにプレーできたことも
    うれしいです」とコメント。「右のジョナタンとも、上手く理解し合えましたね。
    70パーセントくらいの力だが、これからはもっとやるべきことをしっかりとやって
    いきたいですね」と手応えとともに、気を引き締めている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9109060/

    続きを読む

    463850231_mi


    本田圭佑のレギュラー獲りは? 現地記者は「20%くらい」

    2日放送、日本テレビ「Going! Sports&News」では、「本田圭佑 先発も酷評
    ピンチ!? レギュラー争い」と題し、W杯を終えて所属するACミランに合流するもマンチェスタ
    ーC戦では目立った活躍ができず、インザーギ監督へのアピールどころかレギュラー争いでも遅れを
    とる本田について、現地取材を行った様子を伝えた。

    ミランでは思うような活躍ができていない本田は、レギュラーを争うことになるであろう元フランス
    代表ジェレミー・メネスの加入もあり、その立場が一層危ぶまれている。

    同番組の取材に応じたガゼッタ・デロ・スポルト紙のマルコ・パソット記者は「インザーギ監督がミ
    ラン入りを強く望んだメネズ。彼は並はずれた能力を持っていて本田と同じポジションに入る可能性
    が高い」と話すと、「本田が監督の信頼を得るにはかなりのアピールが必要だ。現状でスタメンを選
    ぶとすれば本田は入れないだろう」と続け、本田のレギュラー獲りに厳しい見方を示した。

    また、同じく同番組のカメラに登場したコリエーレ・デッロ・ スポルト紙のフェデレ・フリオ記者
    もまた「現時点で本田のレギュラーの可能性は20%くらいでしょう」などと語っている。3日には
    米シャーロットでギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップ第3戦=リバプール戦を迎え
    、W杯の疲労蓄積の影響もありベンチスタートの見方が強い本田。アピールするチャンスはいよいよ
    少なくなってきているが、レギュラー獲りを引き寄せるだけの活躍を見せることはできるか――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9108164/

    続きを読む




    2日に行われたギネス国際チャンピオンズカップ、インテル対ローマの一戦は、2ー0でインテルが勝利した。
    インテルDF長友佑都は、キャプテンマークを巻いて先発出場。69分にゴールを挙げ、76分までプレーした。

    ここまで勝ち点3を稼いでいるイタリア勢同士の対決。長友は右サイドで出場した。
    55番は縦への突破からクロスを入れる場面もあったが、こちらは得点につながっていない。

    それでも前半終了間際、インテルが先制点を奪う。左サイドからのFKをドドーが中へ入れると、
    プレシーズンマッチで好パフォーマンスを見せているヴィディッチが頭で合わせて1ー0。インテルリードで折り返す。

    後半の立ち上がり、ローマはフロレンツィから見事なクロスが入るが、ヘディングで合わせたデストロが枠を外してしまう。

    すると69分、長友がインテルに追加点をもたらした。左からクロスが入ると、ニアで味方が触ったボールがファーへ。
    ここにフリーの長友。右足を振り抜いてゴールネットが揺れた。この日の長友は“お辞儀パフォーマンス”を封印。
    かわりにグアリンと相撲をとるパフォーマンスを披露している。

    その後、インテルは76分に長友が交代。2点差となったゲームは終盤に動きなく、そのまま終了を迎えた。
    インテルはグループAの暫定首位に浮上。マンチェスター・ユナイテッドの結果次第では、4日に行われる決勝戦に駒を進めることになる。

    GOAL 8月3日(日)4時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00000031-goal-socc

    グアリンとの相撲パフォも出た!!キャプテン長友が“今季初ゴール”
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00137855-gekisaka-socc

    長友“今季初ゴール” キャプテンマークで奮闘、相撲パフォも披露
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000142-spnannex-socc

    スコア
    http://www.espnfc.com/gamecast/398571/gamecast.html

    続きを読む

    1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 09:47:35.67 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)
    本田途中出場のミラン、3試合で10失点…リヴァプールが完封勝利
    SOCCER KING 8月3日(日)9時36分配信

    no title

    リヴァプールがミランを破った [写真]=Liverpool FC via Getty Images

     プレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」のグループB第6試合が2日に行われ、
    リヴァプールと日本代表MF本田圭佑のミランが対戦。本田はベンチスタートだった。

     7月27日の初戦でオリンピアコスを1-0で破ったリヴァプールは、30日の第2戦でマンチェスター・CをPK戦の末に撃破。
    1試合を残して勝ち点5としている。2日にオリンピアコスがマンチェスター・CをPK戦で破ったことにより、
    同勝ち点で3チームが並んだが、直接対決での成績で上回るリヴァプールが首位を確定。ミラン戦の結果にかかわらず、
    決勝に進むことが決まった。

     リヴァプールは今節、ラヒム・スターリングやジョーダン・ヘンダーソンらが先発出場。サウサンプトンから新加入の
    リッキー・ランバートも前線で先発メンバーに名を連ねた。

     一方のミランは、24日の初戦でオリンピアコスに0-3と完敗。第2戦ではマンチェスター・Cに1-5と大敗を喫している。
    ジャンパオロ・パッツィーニが3トップの中央に入り、右にエムベイェ・ニアン、左にステファン・エル・シャーラウィが並んだ。

     先制したのはリヴァプールだった。17分、ミランの自陣でのビルドアップにジョー・アレンがプレスをかけ、マイケル・エッシェンから
    ボールを奪う。アレンのシュートは左ポストに弾かれ、こぼれ球に詰めたスターリングのシュートもGKクリスティアン・アッビアーティに
    阻まれたが、最後はアレンがシュートを決めた。さらに27分、リヴァプールはPKを獲得したが、ランバートのシュートは
    GKアッビアーティにセーブされた。前半は1-0で終了した。

     ミランは後半開始からマリオ・バロテッリを投入し、1トップに据えた。66分には、本田ら3選手が途中出場。
    本田は右ウイングの位置に入った。78分、本田はセンターサークル付近へカットインすると、最終ラインの背後へ浮き球のパス。
    走り込んでいたニアンに渡り、ペナルティーエリアに入ってシュートを放ったが、相手GKに阻まれて得点はならなかった。

     リヴァプールは89分、左サイドのフィリペ・コウチーニョに展開したスソがペナルティーエリア手前でリターンパスを受けると、
    左足ダイレクトでゴール右隅に決めた。試合は2-0で終了。リヴァプールが完封勝利を収めた。ミランは3連敗で、
    得点1、失点10という結果で大会を終えた。

     インターナショナル・チャンピオンズカップには8クラブが参加。2グループに分かれての1次リーグ全日程が終了し、
    グループB首位のリヴァプールは、8月4日の決勝で日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uと対戦する。

    【スコア】
    リヴァプール 2-0 ミラン

    【得点者】
    1-0 17分 アレン(リヴァプール)
    2-0 89分 スソ(リヴァプール)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00217547-soccerk-socc

    続きを読む


    honda011301

    ACミランのMF本田圭佑は2日(日本時間3日)に米シャーロットで行われるギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップの第3戦リバプール戦で
    ベンチスタートになるとイタリア地元紙ガゼッタ・デロ・スポルト紙が報じている。

    フィリッポ・インザーギ新監督にとってリバプールは現役時代にアテネで行われた2007年シーズンの欧州チャンピオンズリーグ決勝戦で2ゴールを決めた相性抜群の相手。
    「僕の一番美しい思い出」と話した指揮官は監督としてまた同じ感動を味わいたいとしている。

    ギネス杯初戦オリンピアコス戦では0-3負け、2戦目のマンチェスター・シティ戦では1-5惨敗と大敗続きのミランは、今大会初勝利に燃えている。
    ガゼッタ紙は4-3-3システムを予想しているが、マンC戦で先発した本田の名前は入っていない。
    これまでのギネス杯2試合で本田が起用された3トップの右にはニアンが先発すると予想されている。

    本田はピッツバーグでのミニキャンプ中に疲労蓄積から練習参加をトレーナーに止められて別メニュー調整となっており、
    コンディション面を不安視されている。マンC戦でもパスを受けられず、あまりプレーに関与できなかった。

    さらに後半は運動量が激減し、試合後は「一気に足が止まった」と振り返った。
    途中出場が有力視される中、今後出場機会を手にするためにもリバプール戦で大きなインパクトを残したいところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140802-00010005-soccermzw-socc#!btIga8

    続きを読む

    2013121122585578b

    お疲れ本田に“特別休暇” 急ピッチ調整中の背番10に配慮

    親善大会ギネス杯に参加中のACミランの日本代表FW本田圭佑(28)が7月30日、
    “特別休暇”を与えられた。米国ピッツバーグに滞在しているチームは午前の全体練習で負荷をかけ、
    午後はリカバリーを兼ねた公開練習。本田は滞在先のホテルで別メニュー調整した。

    チーム関係者は「本田は午前中にタフに練習した。(不参加は)フィジカルコーチの指示」
    と説明した。当初はギネス杯への出場予定はなかった本田だが、同24日のオリンピアコス戦に強行出場。
    その3日後にマンチェスターC戦で今季初先発したが、見せ場がないまま後半40分に退いた。

    「本田は合流が遅れたから」と関係者は話し、練習不参加は急ピッチで調子を上げている背番号10への配慮。
    2日にはリバプールと激突する。「次の試合はコンディションがもっと良くなっている」と関係者。
    次戦は万全な状態でインザーギ監督へのアピールを狙う。 

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/08/01/kiji/K20140801008667300.html

    続きを読む

    2014-07-31-19-37-24
    サッカーダイジェストWeb
    2014年07月31日00時00分

    【移籍市場速報】ガーナ代表A・アユーがミラン加入に前向き

    「左利きの右ウイング」の補強を進めているミランが、アレッシオ・チェルチ、ホエル・キャンベルと並んで候補にリストアップしているのが、
    ガーナ代表のアンドレ・アユー(マルセイユ)だ。

    今のところはまだ検討段階であり、具体的な交渉には至っていないが、アユー本人は移籍に前向きで、
    ミランのリストに自分の名前が挙がっていることを知って以降、QPRやディナモ・モスクワからの好条件のオファーを断り、
    ミランから声がかかるのを待っている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9099756/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ