サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    546351_heroa

    サッカー・イタリア1部セリエAのACミランを母体とするACミラン基金と、
    シェーバーなどの世界的メーカー・ブラウンが提携したプロジェクト「リスペッタ・イル・ミオ・スティレ(私のスタイルをリスペクトして)」の発表会見が4日、
    ミラノ市内の「カーザ・ミラン」で行われた。

    この日は同プロジェクトの顔として選ばれた選手4人のうち、日本代表МF本田圭佑(28)と元オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング(29)が出席した。

    「リスペッタ-」はブラウン社の製品を買うことによって、同基金にチャリティ寄付される仕組み。
    若者、家族を中心にリスペクトの大事さをアピールしていく企画で、サッカースクールなどの企画もある。ブラウン社はACミランのスポンサーにもなっている。

    本田は会見で「日本とヨーロッパでは文化とサッカー、それぞれ大きな違いがある。それに適応していかなければならなかった。
    私のスタイルはとても特殊だと思うが、周りは私を尊重してくれている。また私も周りをリスペクトしている」と、イタリア滞在の経験から“リスペクト”について語った。

    今季はここまで6得点を挙げているが、ここ3試合はゴールも途絶え、チームも勝利から遠ざかっている。
    「ハードな日程でフィジカル的にふさわしいコンディションを作るのが簡単ではなかった。だが、次の試合には集中している。
    今のままとにかく一生懸命練習して、何ができるか、本田は誰かということを見せたい」と8日のサンプドリア戦への抱負を語った。

    またイタリア人記者から「メネスと一緒にプレーしていた時はゴール・ラッシュだった。今、トーレスと組んで苦戦しているみたいだが…。
    トーレスかメネスか?」と話を向けられると、本田はイタリア語で話し出すサプライズも。

    「ミ・ピアーチェ・トゥッテ・ドウエ(二人とも好ましい)」から始まり「両者ともいい選手だし、リスペクトしている。
    彼らとプレーできて満足している。心配はしていない。いつでも準備はできている」と一気に話し終え、出席者から大きな拍手を受けていた。

    本田はチームメート、監督とも英語、イタリア語でコミュニケーションしているという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000074-dal-socc

    続きを読む

    528701_heroa

    ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)が今季初めて地元メディアに酷評された。
    2日(日本時間3日)のパレルモ戦(ホーム)に定位置の右FWで出場したが、
    低調なチームに吸収されるように見せ場なく後半23分に交代。チームも格下に完敗。
    本田はこれで3戦連続得点なし。急ブレーキがかかった。

    本田が辛口イタリアメディアの餌食になった。昇格組のパレルモ相手にホームでいいところなく完敗。
    立ち上がりに守備の要DFアレックスが負傷交代し代役のDFサパタがオウンゴールを含む2失点に絡む悪循環。
    インザギ監督も本拠地で初めてブーイングを浴びた。背番号10を背負う本田も例外ではなかった。

    序盤からボールが回ってこない。前半終了間際の直接FKも壁に当てた。後半23分に交代。
    取材エリアでは立ち止まることなく、コメントしなかった。3試合連続無得点の本田に、
    翌3日付イタリア各紙は容赦がなかった。

    主要スポーツ3紙は、すべて4・5点の落第点。ガゼッタ・デロ・スポルトは
    「(バイクの)ホンダどころかキックボード」と自転車以下? の扱い。コリエレ・デロ・スポルトは
    「ベローナ戦の後におそらく、昨シーズンプレーしていた兄弟と再び入れ替わったに違いない」。
    トゥット・スポルトは「最初の何試合かの花火が今は小さな導火線に。いったい本当の本田はどちらなのか」
    と疑問を呈した。

    開幕から10戦連続で先発起用されている。7戦を消化時点で計6ゴールの量産態勢だったが、
    ここ3戦はピタリと止まった。チャンスらしいチャンスもない。不発のここ3戦ミランは2分け1敗。
    記者会見で「本田に代え、他の選手を起用するか」と問われた指揮官は「1試合悪かったからといって、
    選手を試合に出さないわけにはいかない」とかばった。これが唯一の温かい言葉だった。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20141104-1391624.html

    続きを読む

    no title



    17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/11/04(火) 10:07:23.68 ID:Jpc6yJY10.net
    迷うこと? もちろんありました。移籍の話もまあ、なくはないから。 
    でも、移籍するにしてもやっぱりお金(移籍金)は置いていきたいから。 
    どっちにしろ契約更新はしてほしいとシャルケが言ってくれたから、しようとは思っていた。 
    こんだけ良い経験させてもらって、タダで出るのはやっぱり違うなと思って。 
    タダなら穫る選手と思われるなら、行く必要はないと思う、俺は。 
    ちゃんとお金を出して穫るよ、という選手に成長していないってことだからね。そしたら行く必要ない 

    ↑こういうことを言えるのはカッコイイ、サポにも愛されるわけだわ 
    http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/11/01/post_671/index2.php
    続きを読む

    no title

    シャルケとの契約を2018年まで延長したDF内田篤人について、同クラブのマネージャーであるホルスト・ヘルト氏がコメントした。
    ルール地域の地元紙『デア・ヴェステン』が伝えている。

    同紙によると、ヘルト氏は10月31日のアウグスブルク戦で内田が見せたプレーについても触れ、
    「彼はとんでもないほど良かったね。ゴールをアシストしたというだけではないよ。(その前日に)クラブのスーツとネクタイを着用してサインに臨み、
    私(の存在)をはるかに凌駕してくれたからね」と冗談を交えながら話したという。

     また同氏は、国外クラブに打ち勝ち、同選手との契約延長を達成したことに関して、誇らしげにこう語っている。

    「国外との競争はあった。ミランが触手を伸ばしていたことは知っているし、バレンシアからも同様のことがあったと聞いている。
    だが、もし一度シャルケに来てしまえば、誰も他のクラブには行きたくないんだ。

    我々はブラジル・ワールドカップが始まる前に交渉を始めたが、代理人は『(内田を)W杯に集中させたほうがいい』と勧めてくれた。
    その後、内田は負傷してしまったが、ようやく交渉が再開され、そしてついに我々は素晴らしい合意に達することができた」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00247398-soccerk-socc

    続きを読む

    458634_heroa


    「1人があまりよくないプレーをしたからといって試合ごとに外すことはできない」

     ホームでのパレルモ戦で7試合ぶりの黒星を喫したACミランのフィリッポ・インザーギ監督が試合後の記者会見で特定の選手への批判を控えるように訴えた。

     この日、ミランは前半にオウンゴールなどで立て続けに失点。一時はセリエAトップクラスと評された攻撃陣も得点を奪えず、0-2で敗れた。
     第3節のユベントス戦以来の敗戦で今季2敗目。無得点試合も今季2試合目となった。

     会見の冒頭、「何が起きたのか」と問われた指揮官は厳しい表情を浮かべ、「これがサッカー。試合開始すぐに重要な選手を欠いた(アレックスが負傷)。
     ザパタはウォーミングアップなしで入らなければならなかった。彼も痛みがあった。パレルモ戦は難しい試合だった。前線では2つの大きなチャンスがあった」と言葉を絞り出した。

     一方で、「誰のせいだ、彼のせいだと言うのは止めよう。責任は監督にある。昨日までミランはいいシーズンをおくっていると言われていたが、完全に変わった。
     他のチームも苦しんでいる。サポーターには残念な結果だと思う。みんな3位に入りたいと思っていた。再出発できるように祈っている」と敗戦の責任を一身に負う姿勢を見せた。

     さらに会見の席上で「メネズと本田は、リーグの初めはすごくよかったのに、今はちょっと変わった。ターンオーバーが必要なのでは。
     本田の代わりに、他の選手を起用することも考えたか?」と背番号10らの不調を追求する質問が飛ぶと、
     「1人があまりよくないプレーをしたからといって試合ごとに外すことはできない」と短期的な視野で采配を振るっていないことを強調。

     同時に「今日は選手を交代させた。3日間で2試合するのは分かっていた。カリアリ戦でプレーしていなかったメネズを起用して、
     エルシャラウィは3試合連続して後半投入した」と選手のコンディションに注意を払いながら起用していることも付け加えた。

     一時は上位争いをしながらも、現在、18得点14失点で7位に位置するミラン。
     インザーギ監督は「再出発しよう。チームはこういう負け試合を通して、成長できる。残念だが、我々が優秀なら教訓にできる」と前を向いた。

     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141103-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む


    本田のパレルモ戦タッチ動画


    [11.2 セリエA第10節 ミラン0-2パレルモ]

     セリエAは2日、第10節2日目を各地で行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランはホームでパレルモと対戦し、
    0-2で敗れた。10戦連続の先発出場を果たした本田は後半23分で途中交代した。

    ミランのシステムは4-3-3。3トップはFWフェルナンド・トーレスを頂点に右に本田、そして左にはFWジェレミー・メネズが起用された。
    またGKには負傷で戦線を離れていたディエゴ・ロペスが第2節以来の復帰を果たした。

    以下ソースにて

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141103-00191082-gekisaka-socc

    続きを読む

    528701_heroa


    イタリア・セリエAのACミランが、日本代表FW本田圭佑(28)の代役を探している。
    来年1月に開催されるアジア杯(豪州)に本田が参戦する期間の応急処置のためだが
    「アジア杯に行っても君のポジションはあけて待っている」というサインでもある。

     ガリアーニ副会長は「ミランとしてはアジア杯に向けて日本サッカー協会が本田を
    招集することに対して断固反対だ」と表明した。FIFA(国際サッカー連盟)規約では
    日本協会側が選手招集の優先権を持つだけに「常に君のことを考えている」との気遣いだ。

    アジア杯で日本代表が決勝まで進出した場合、ミランは来年1月のリーグ戦4試合、
    カップ戦1試合で本田不在となる。が、大型補強するほどの資金もない。そこでU-21
    (21歳以下)スペイン代表MFスソ(リバプール)ら、本田より実績が下の若手を
    レンタル移籍させる方針。そのリストアップをしているのだ。

     代表招集には、どの国のクラブも難色を示す。「代表にシンジを送ると壊されて
    返される」。香川が所属するドルトムントのクロップ監督は日本協会を批判したことが
    あった。セリエAで活躍した中田英寿氏や中村俊(横浜)は招集される度に、スタメンを
    外されるなど露骨な嫌がらせを受けたほどだ。そんなクラブが大勢を占めるだけに
    ミランの“本田愛”は本物のようだ。 

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20141102/soc1411020830002-n1.htm

    続きを読む

    0-1-view



    地力のあるパレルモ。強力な2トップを擁する

     2日の地元紙は、パレルモ戦で本田が先発すると一斉に予想した。ポジションは4-3-3の右FWと予想されているが、
    インザーギ監督自身は「なにぶん7日間で3試合目なので、すべての可能性を探らなければならない。システムも4-2-3-1で行く可能性もありうる」と語っていた。

     他のFWに結果が出ず、地元紙ではトーレスやエル・シャラウィへの懐疑が強くなっていく中、ここまで6ゴールを挙げた本田は
    「継続性のないFWの陣の中では唯一の例外」(コリエレ・デッロ・スポルト)というふうにみなされている。その信頼に応えるゴールに期待したい。

     さて相手のパレルモだが、開幕から調子が出ず初勝利は第7節まで待たなければならなかったが、内容では地力のあるところを見せていた。
    インテル、ナポリ相手に同点に持ち込み、勝利が見合うべき試合も多かった。

     プロビンチャのサッカーをよく知るイアキーニ監督のもと、タフなプレスで相手のストロングポイントを確実に潰し、
    ショートカウンターへと持っていくのが基本戦術となっている。

     さらにただの“格下”と違うのは、パレルモには戦力が整っているということだ。一年のB降格を経てセリエAに戻ってきた彼らだが、
    カバーニやパストーレなど若手南米人タレントを発掘した伝統はディバラ、バスケスの高速2トップに受け継がれている。U-21代表の大型FWベロッティも、注目に値する存在だ。
    カギを握る本田、外から中への動きが試合の流れを左右

     ただ、守備に関しては失点癖が抜けない。引いて守る際は5バック気味で人数は揃っているのだが、3CBは揺さぶりに弱さを見せている。
    ただ最近の試合で、コスタリカ代表ジャンカルロ・ゴンザレスを3CBの中心に据えてからは安定を取り戻している傾向にある。

     いずれにせよ味方の空けたスペースに入り込み、外から中へポジションを絞ってゴールを狙う本田の動きの質が、試合の流れを大きく左右することになるだろう。

     なお、ガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの予想スタメンは以下のとおり。

     ミラン(4-3-3)GKディエゴ・ロペス、DFアバーテ、アレックス、ラミ、デ・シーリオ、MFポーリ、デ・ヨンク、サポナーラ、FW本田、トーレス、メネズ

     パレルモ(3-5-2)GKソレンティーノ、DFムニョス、ジャンカルロ・ゴンザレス、アンデルコビッチ、MFピサーノ、ボルツォーニ、マレスカ、バレート、ラザール、FWバスケス、ディバラ

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141102-00010033-footballc-socc

    続きを読む

    541731_heroa

    セリエAは1日、第10節を各地で行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でパルマと対戦し、0-2で敗れた。
    長友はふくらはぎ痛のためメンバー外だった。

    6連敗中の最下位パルマにまさかの敗戦だ。インテルは前半10分、右クロスをMFパオロ・デ・チェリエに押し込まれ先制を許すと、
    後半31分にはFWアントニオ・カッサーノのシュートのこぼれ球をまたもデ・チェリエに押し込まれてしまう。

    2連勝と復調気配にあったインテルだが、この日は攻撃陣が沈黙。パルマに今季2勝目、初のクリーンシートを許し、完敗した。

    ユベントスは敵地でエンポリと対戦し、2-0で勝利した。後半16分にMFアンドレア・ピルロの直接FKで先制すると、
    同27分にはFWアルバロ・モラタが左足で押し込み、勝利を決定づけた。

    ローマは敵地でナポリに0-2で完敗。前半3分にFWゴンサロ・イグアインにゴールを許すと、後半40分にはFWホセ・カジェホンにダメ押し点を奪われた。
    前節ユベントスに勝ち点で並んだローマだが、再びユベントスに単独首位の座を譲っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141102-00189651-gekisaka-socc

    ナポリ 2 - 0 ローマ

    1 - 0 03 イグアイン(ナポリ)  
    2 - 0 85 カジェホン(ナポリ)

    エンポリ 0 - 2 ユヴェントス

    0 - 1 61 ピルロ(ユヴェントス)
    0 - 2 72 モラタ(ユヴェントス)

    パルマ 2 - 0 インテル

    1 - 0 05 デ・チェッリェ (パルマ)  
    2 - 0 76 デ・チェッリェ (パルマ)

    結果 順位表 他
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
    http://www.gazzetta.it/speciali/risultati_classifiche/2015/calcio/seriea/calendario.shtml

    動画
    http://www.ballball.com/ja-jp/league/italian-serie-a/latest-news/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ