サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    no title


    ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がイタリア・セリエA開幕から好調だ。
    今季は同級生のチームメート、イタリア代表DFイニャツィオ・アバテ(27)、コロンビア代表DFクリスティアン・サパタ(27)、
    同DFパブロ・アルメロ(27)と意気投合して“86年会”を結成。チーム内に仲間ができたことが、ピッチ内外で大きなプラスになっているという。

    開幕から2試合連続ゴールと好スタートを切った本田は20日(日本時間21日)、昨季王者のユベントス戦にスタメン出場した。
    チームは0―1で敗れたが、本田は前半27分にヘディングでゴールを脅かし、守備にも奔走。3戦連発こそ逃したものの、引き続きコンディションの良さをアピールした。

    昨季とは見違える動きを見せているが、その要因の一つが同級生の存在にあるという。
    親しい関係者は「同じ1986年生まれの選手と仲良くやっているみたいだよ。プレーの面で参考になることも多くてすごく話しやすいと。
    コロンビアの選手とはW杯の話とかもして『意気投合した』と言っていた」と明かす。

    不振にあえいだ昨季はシーズン途中の1月から加入したこともあって、チームメートとのコミュニケーション面でうまくいかない部分もあった。
    そのためイタリア語を必死に学び、日常会話は不自由ない程度にまで上達。英語も使いながら同僚と積極的に会話するようになった。

    なかでも気が合うのが同じ年のアバテ、サパタ、アルメロの3人。
    アバテはミランに通算10年在籍の古株でチームのことを知り尽くしており、常に本田を気にかけてアドバイスを送っているという。
    コロンビア代表のサパタとアルメロとはブラジルW杯で戦っており、お互いに試合を振り返ることもあるようだ。

    また本田が積極的に声をかけプライベートで食事に出かける機会も多く、今ではすっかり打ち解けた。
    気の置けない仲間ができ、ピッチ上での意思疎通、コンビネーションも向上。

    “チーム本田”が結成されたことで精神面も安定しており、それが今季の好パフォーマンスにつながっている。

    ユベントス戦後、本田は自己採点を問われ「試合も負けましたし、納得できる点数じゃない。
    半分以下だと思います」と話したが、信頼できるチームメートがいれば、再びゴールラッシュは間違いないはずだ。

    9月23日(火)11時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140923-00000013-tospoweb-socc

    続きを読む

    no title

    サッカーのイタリア1部(セリエA)ACミランのインザギ監督は22日、
    ミラノ市郊外の練習場ミラネロで試合前日の定例会見を行い、

    23日夜(日本時間24日)の第4節・エンポリ戦について
    「スタメンはあすの朝決める」と日本代表MF本田圭佑の出場について明言を避けた。

    前節が19日に行われたユベントス戦だったため、中2日での試合となる。
    「本田?3トップに関してはあす見極める。メネスの復調を願う。ターンオーバーがあるかどうか…
    ユーベ戦でプレーした選手たちのコンディションを考慮しながら決めたい」と話した。

    セリエBから昇格したエンポリが相手だけに、選手の起用方法もやや異なってくる可能性もあるようだ。

    デイリースポーツ 9月22日(月)23時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000068-dal-socc

    27:45 エンポリ×ACミラン 
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53

    続きを読む

    no title


    ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長は、20日のユベントス戦の0-1の敗北を受けて現場介入を示唆した。
    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙が報じている。

    久々の満員となったサンシーロスタジアムで迎えたイタリア王者との一戦でミランは惜敗を喫した。
    その試合後、会長は、スタジアムでサポーターに呼び止められたという。

    「会長、もっとミラネッロに行かないと駄目ですよ。まだ足りないのでは」

    こう声を掛けられると、冗談交じりながら意味深に「イエス、だが、私の言う通りにしないなら……」と応じた。

    試合前日、ヘリコプターで練習場であるミラネッロに乗り付け、選手や、監督、スタッフと歓談した。
    「君たちはミランとイタリアの未来だ」と熱いメッセージで激励したが、セリエA3連覇中の王者に敗れると、いきなり現場介入を示唆するようになったのだ。

    記事によると、「シルビオ・ベルルスコーニのフレーズは深く分析する必要がある。
    過去にはその冗談の受け答え一つで監督を解任した例もある」とシャレにならない過去の暴君ぶりを指摘する。

    危険な上司を持ったフィリッポ・インザーギ監督はいかなる態度で臨むべきなのだろうか。
    記事では「もっと攻撃的な試合を期待していた。ボールポゼッションと勇気ある試合運びを。
    しかし、強い相手にはできない。謙虚さを持って臨む必要がある」と続き、インザーギ監督が用いた戦術の正統性を主張した。

    戦術以上に、個々の能力で1点差以上の差を見せつけられたユベントス戦で、前掛かりに攻勢に出るのは無謀というものだ。

    堅守速攻を貫いたインザーギ監督のアプローチは間違ってはいなかったが、会長の目にはそれが物足りなく映ったのだろう。
    今後も、名物オーナーの行動と、言動には注視が必要かもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140922-00010008-soccermzw-socc

    【サッカー】元イタリア首相で、ACミラン・ベルルスコーニ会長の理想は本田のトップ下起用!? 攻撃的なサッカーを“指令”
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1410528968/

    続きを読む

    456091_heroa


    か月前のTIMカップ(プレシーズンマッチ)で、本田圭佑はユベントスからゴールを奪った。
    ただその時のユーベは、4バックへの切り替えテストの真っ最中だった。

    システム変更は上手く進まず、結局、本田のそのゴールで見切りをつけたユーベのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、
    アントニオ・コンテ前監督(現イタリア代表)時代から慣れ親しんだ3-5-2にシステムを戻している。つまり、ユーベは1か月前とはまったく異なるチームだった。

    3バックの左に入ったジョルジョ・キエッリーニと左WBのクアドォー・アサモアは、絶妙な距離感を保って、右FWの本田の動きに対処した。
    アウトサイドに流れればアサモアがプレス。アサモアが高いポジションを保ち、本田が裏のスペースを狙った時にはキエッリーニが身体を寄せてくる。

    ラツィオ戦、パルマ戦の本田は巧みにスペースを使ってチャンスを作ったが、ユーベはそのスペースを与えてくれなかった。

    それでも25分には、ビッグチャンスに絡む。左サイドからのアーリークロスに反応し、鋭角に走り込みながらヘッド。
    タイミングを盗んでキエッリーニを見事に振り切ったが、しかし、コースに入ったGKジャンルイジ・ブッフォンに防がれた。

    そこからミランは防戦一方になっていった。本田もキエッリーニとアサモアに挟まれてボールを失い、
    空中戦でキエッリーニに競り負けてボールを収められず、カウンターを招く原因にもなった。

    当然こんな状況では守備に忙殺される時間のほうが長くなり、時折ボールを右サイドで拾ってもクリアが精一杯。
    攻撃の組み立てを期待していたファンからは落胆の声が上がった。結局ミランは71分にカルロス・テベスにゴールを許し、
    本田もろくにチャンスを作れないまま83分にベンチに下げられた。スタンドからはまばらながらもブーイングが上がっていた。

    ミランは守備を重視し、カウンター狙いのプランを立てていた。ところがこの日は、本田だけでなく、ステファン・エル・シャーラウィの突破も、
    「偽9番」ジェレミー・メネーズの臨機応変なポジショニングもことごとく対策され、手を打たれている。

    「チームとしての成熟度が試合を分けたと思う」と本田は述懐したが、その通り、ゲームプランからフィジカル能力まで、全ての側面で上を行かれた印象だった。

    そのなかで、空中戦に強いキエッリーニを振り切り、チーム唯一の決定機を作ったことは評価に値する光明なのかもしれない。
    とはいえ、やはりチャンスを決め切ってこそだ。スタメンに定着しつつある本田がその立場を確固たるものにするためには、ユーベ戦のようなタフな試合で結果を出していくしかない。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=5538

    続きを読む




    ゲキサカ 9月22日(月)5時42分配信
    インテルは敵地でドロー…今季初フル出場の長友は左右両ポジションこなす

    [9.21 セリエA第3節 パレルモ1-1インテル]

     セリエAは21日、第3節2日目を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でパレルモと対戦し、1-1で引き分けた。

     18日のELはメンバー外となっていた長友だが、この日は左MFで先発出場した。
    後半途中からはポジションを逆サイドに変えてプレー。今季リーグ戦3試合目にして初のフル出場を果たしている。

     インテルはいきなり先制点を食らってしまう。前半3分、エリア内でボールの処理にもたついたDFネマニャ・ビディッチが
    FWフランコ・バスケスに奪われ、そのままゴールネットを揺らされる。インテルにとっては今季、公式戦6試合目にして初めての失点になった。

     前半を押され気味に進めたインテルだが、42分、長友のパスを受けたMFマテオ・コバチッチがドリブルで持ち上がると、FWパブロ・オスバルドに当てる。
    リターンを受けるやいなや、迷わずミドルレンジからシュート。豪快にシュートを突き刺し、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

     後半に入ると、インテルペースで進む。6分にはFKの流れからFWマウロ・イカルディがゴールネットを揺らすが、直前のプレーがオフサイドと判定され取り消し。
    後半11分からはDFダニーロ・ダンブロージオに代えてDFドドーを投入。長友を右MF、ドドーを左MFに配し、攻撃力を上げた。

     だがパレルモも粘り強い戦いを続ける。後半28分にはバスケスがクロスバー直撃のシュートを放つなど、あわやの場面も作り出す。
    守ってもインテルに勝ち越しゴールを許さず、勝ち点1ずつを分け合った。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00139376-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title


    ミランに加入していた可能性もあるテベスにまたしてもゴールを奪われる

     ACミラン会長でイタリア元首相のシルビオ・ベルルスコーニ氏が20日のホーム、ユベントス戦で後半26分に相手FWカルロス・テベスのゴールが決まった瞬間、
    激怒のあまり帰宅したことが分かった。イタリア地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトが「ベルルスコーニの悪夢」との見出しで報じている。

     試合前日に練習場ミラネッロにヘリコプターで乗り付けた会長は選手、監督らにゲキを飛ばした。
    「君たちはミランとイタリアの未来」と称えたが、いざ迎えた本番で先制点を決められる展開となり、試合の結末を見ようとしなかった。
    アドリアーノ・ガリアーニ強化責任者、娘のバルバラ社長、負傷のGKディエゴ・ロペスと満員のスタジアムのVIP席で観戦していたが、テベスの一撃は我慢ならなかったようだ。

     地元メディアは、テベスは本来、赤と黒のユニフォームを着てホームの声援を背に戦っているべき選手だったと見ている。

     2012年マンチェスター・シティ時代に当時のロベルト・マンチーニ監督と衝突を繰り返していたテベスはミランと移籍交渉を続け、契約寸前だった。
    だが、交渉は土壇場で破断。ガゼッタ紙は当時について、「ガリアーニは手ぶらで帰ってきた」と厳しく指摘している。そのテベスは2013年シーズンにユベントスに移籍。チームの連覇に貢献した。

     ユベントスの「背番号10」を背負う男はサンシーロのミラン戦では2試合連続得点。ゴール後はユニフォームの中からおしゃぶりを取り出すパフォーマンスまで繰り出した。

    「息子にゴールを捧げたかった」

     ミランに入団していた可能性もあるアルゼンチンFW。そのエースにまたしてもゴールを決められた悪夢から、ベルルスコーニ会長は一刻も早く逃れたかったのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140921-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    456091_heroa



    日本時間21日、セリエA第3節の1日目。本田圭佑が所属するミランは本拠地サン・シーロで
    ユベントスと対戦するも0-1で敗れた。

    だが、ここまで2試合連続ゴールを決めるなど好調を維持する本田。そんな折、同20日放送、
    日本テレビ「Going! Sports&News」では「本田の進化“足が速くなった?”陸上・朝原が走りを分析」と題し、
    元陸上選手・朝原宣治氏が本田の走力について語った。

    セリエA開幕戦(ラツィオ戦)では相手DFをスピードで振り切り、第2戦(パルマ戦)でもクロスに合わせて
    瞬時にゴール前へ詰めるなど、走力の向上を感じさせている本田。

    その初速と改善後の走り方を絶賛した朝原氏、主なコメントは下記の通りだ。

    ●昨季の走り方
    「肩と骨盤がかなり揺れている状態。走りに余裕がない。大きく(身体を)捻じりながら走ってる。
    地面に加える力が捻じることで加わりにくくなります」

    ●今季の走り方
    「(走り方が)安定していますね。うまく地面に力が伝わっている感じがします。初速の違いかなと思います。
    地面に(足が)着いた時に捻じれがあまりないので地面に力が加わってそれが推進力を生んでいる。
    フィジカル的なトレーニングを本田選手もかなり取り入れて徹底的にやっていると思う。その効果が出てきているような身体の使い方」

    ●パルマ戦のヘディングシュート
    「ボールを追いかけて7、8割で走っている姿勢とかポジションがすごい綺麗。ダッシュする時もああいう形で
    いけるとすごくスムーズになるんじゃないか」

    ●本田の足はまだ速くなるのか?
    「ダッシュだったら全然可能。陸上選手の中でも一冬超えたら動きが変わってる選手もいる。
    力がついたというよりは全体的に身体をコントロールできるほうがパフォーマンスが上がる」

    http://news.livedoor.com/article/detail/9276435/

    続きを読む

    458632_heroa


    ACミランの日本代表MF本田は20日のユベントス戦で4-3-3システムの右ウイングで先発し、後半38分までプレー。
    試合は0-1で敗れたが、辛口で有名なイタリア地元紙はいずれも本田に及第点を与え、奮闘を評価した。

     ガゼッタ・デロ・スポルト紙は本田に6点を与えている。

    寸評では「ミランの2人のサイドアタックは厳しくハードな仕事を強いられた。自陣に戻り、カバーし、息つく暇がなかった。危険な攻撃ができない。
    本田はヘディングできたが、偉大なブッフォンに出くわした」と評されている。

    本田は前半27分にMFムンタリからのクロスにイタリア代表DFキエッリーニと競り合いながらヘディングシュートを放ったが、イタリア代表GKブッフォンに阻まれた。
    この試合で放ったシュートはこの1本だけ。ドリブル突破は1度試み、成功。前線への有効なパスはわずかに1本とのデータも紹介されている。
    攻撃面で見せ場はなく、守備に奔走させられたことが浮き彫りになった。

    一方、2試合ぶりに先発したイタリア代表FWステファン・エルシャラウィも同じ6点だった。
    「寛大なエルシャは死ぬほど走り回り、ダーティーワークもし、犠牲になっていた。チームに埋没し、チームのために自分を消した。
    彼のプレーぶりが、ユベントスにミラニスタが劣っていることを象徴していた。最高のFWがディフェンダーに変貌することを強いられるのなら、それは屈服する運命である」

    本田の右ウイングと同じく、左の翼もセリエA3連覇中の王者相手にもがれた。それでは勝ち目が薄い。

    フィリッポ・インザーギ監督の采配もまた及第点の6点だった。

    「戦力差は事前に心得ていた。大きな謙虚さを持ち、周到な準備をしていた。コンパクトに守る。カウンター攻撃で聖人の加護を祈る。その計画は半分機能した。
    守備は耐えたが、攻撃は本田の1回きりのチャンスしか生まれなかった」

    寸評ではそう報じられ、ユベントス相手に見せた堅守速攻という戦術面の適切さは評価された。だが、攻撃面でチャンスが少なかったことも厳しく指摘されている。
    またガゼッタ紙では、ミランの最高点はDFサパタの6・5だった。


    「輝きが少ないが、辛抱はできる」

    一方、「本田はわずかしか輝かない」との見出しで報じているのはコリエレ・デロ・スポルト紙。本田の採点は及第点の6点だった。
    「彼も“偽の9番”のポジションは気に入っている。だが、ブッフォンの前で、彼は睡眠状態にされた。輝きが少ないが、(これまでの活躍から)辛抱はできる」と報じている。

    ミランの最高点はGKアッビアーティとFWメネズの6・5点。

    トゥット・スポルト紙も本田に対しては6点をつけている。

    「キエッリーニに対してもチャンスをつかむことができるのは、信じられないほど並外れている。前半27分にブッフォンにより難しいセーブを強いた」
    とイタリア代表DFとヘディングで対抗した本田の強さを高く評価している。

     最高点はメネズの7点。元フランス代表のウインガーは開幕3試合でいずれも不慣れな1トップながら大活躍。3試合でいずれもMVP級の評価を手にしている。

    Soccer Magazine ZONE web 9月21日(日)16時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140921-00010006-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title


    ▽セリエA第3節ミランvsユベントスが20日にミランの本拠地サン・シーロで行われ、0-1でユベントスが勝利した。本田は[4-3-3]の右ウイングとして83分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

    ▽ミラン採点
    GK
    32 アッビアーティ 6.0
    失点は防ぎようなし。前半にいくつかの好守を見せた

    DF
    20 アバーテ 5.5
    攻撃を自重。守備面での緩慢さは見られなかった

    13 ラミ 5.5
    失点場面ではスペースを与えてしまったが、それ以外は概ね安定

    17 サパタ 6.0
    最後まで安定したプレーを続けた

    2 デ・シリオ 5.5
    攻守に集中を切らさず

    MF
    16 ポーリ 5.5
    ハードワークを続けて攻守に顔を出したが、ポグバを抑えきれず

    (→トーレス 5.0)
    ミランデビュー。アグレッシブにプレーも空回りな印象だった

    34 デ・ヨング 6.0
    ハードな対応でバイタルエリアを締める

    4 ムンタリ 5.5
    球際の強さを発揮。集中を維持した

    FW
    10 本田 圭佑 5.5
    前半に際どいヘディングシュートを放ったが、攻撃面での見せ場はそれだけで守備に追われた

    (→パッツィーニ -)

    7 メネーズ 5.5
    何度かカウンターの起点となったが、なかなかシュートには持ち込めず

    92 エル・シャーラウィ 5.0
    負傷明けでラツィオ戦のような輝きは見られず

    (→ボナヴェントゥーラ 5.0
    ボールにほとんど触れないまま試合を終えた

    監督
    インザーギ 5.5
    守備は及第点も攻撃に比重をかけられなかった

    ▽ユベントス採点
    GK
    1 ブッフォン 6.0
    本田のヘディングシュートを好守で阻止

    DF
    4 カセレス 5.5
    34分に負傷交代するまでタイトな守備を続けていた

    (→オグボンナ 5.5)
    緊急投入もエル・シャーラウィによく対応していた

    19 ボヌッチ 6.0
    正確なフィードでビルドアップの起点に

    3 キエッリーニ 5.5
    対人の強さを発揮

    MF
    26 リヒトシュタイナー 6.0
    スペースを突くランニングとドリブルで圧力をかける

    (→ロムロ -)

    37 R・ペレイラ 6.0
    ドリブルによる推進力を見せた

    (→ビダル 5.5)
    負傷明けもハツラツとプレーし、カウンターの起点となった

    8 マルキジオ 6.0
    粘り強いディフェンスで守備を締める

    6 ポグバ 6.5
    とりわけ後半は攻め手となり、テベスのゴールをアシスト

    22 アサモア 5.5
    本田に監視されて突破はできず

    FW
    10 テベス 6.0
    大半の時間帯で消されていたが、勝負強く決勝ゴールを挙げた

    14 ジョレンテ 5.5
    ポストプレーで一定の起点に

    監督
    アッレグリ 6.0
    古巣相手に競り勝った。後半にギアを1段上げて押しきる

    ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
    ポグバ(ユベントス)
    ▽後半のパフォーマンスは出色の出来だった。抜群のキープ力とセンスで攻撃を力強くけん引。

    ミラン 0-1 ユベントス
    【ユベントス】
    続きを読む

    451850780-500x332


    EL初戦召集外のインテル長友 このままベンチ要員の危機
    2014年9月19日

    副主将を任されるものの… (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

     日本代表DF長友佑都(28)はセリエAの名門インテルで5シーズン目を迎え、今季から副主将に
    任命されたが、シーズン序盤からベンチ要員降格の危機を迎えている。原因は新戦力の台頭だ。

     インテルは開幕前、ローマから22歳のブラジル人選手ドドーをレンタルで獲得した。登録はDF
    だが、左サイドのスペシャリストとしてスピードに乗ったドリブル、利き足の左足から繰り出す多彩なクロスが持ち味。

     ドドーの攻撃力を高く評価するマッツァーリ監督は、今季セリエA開幕戦で先発出場させ、
    同じポジションの長友はベンチスタート。後半途中に出番が回ってきたが、右ウイングバックの
    DFジョナタンとの交代だった。

     今季の欧州リーグ(EL)のドニプロ(ウクライナ)戦(19日午前2時キックオフ)。
    敵地での一戦に長友は遠征メンバーから外れ、左サイドにはドドーが、右サイドには今年1月
    加入のDFダンブロージオが入った。

     ドドーもダンブロージオも攻守にわたって精力的に動き回り、後半26分にダンブロージオが
    決勝ゴールを叩き込み、指揮官に猛アピールだ。

     開幕前のテストマッチから好調キープのドドーは、初めてブラジル代表に選出されて来月
    11日に中国で行われるアルゼンチン戦、14日にシンガポールで行われる日本代表戦の
    メンバーに入った。まさに旬の選手である。 現時点で左右ウイングバックのバックアッパーに
    甘んじている長友。巻き返さなければ、状況は悪化の一途だ。

    http://nikkan-gendai.com/articles/view/sports/153471

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ