サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    cffd984d


    7試合6得点と絶好調なセリエA・ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)について、
    21日付イタリア紙が連日の特集を組んだ。

    コリエレ・デロ・スポルト紙は、今年1月にミランに加入するまでの背景を紹介。
    昨年夏に兄で代理人の弘幸氏がセリエA・ユベントスとの交渉でスペイン・マヨルカ(マジョルカ)島に滞在していた際に、
    偶然ミランの幹部のデベッキ氏と出会ったことなどを伝えた。

    同紙はイングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティが獲得に動く可能性も指摘。
    「1800~2000万ユーロ(約25億円~27億2000万円)のオファーを検討している」としながら、
    ミラン側に交渉を始める意思が一切ないことを報じた。

    また、同日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙は「本田マニア」の見出しで、
    クラブ幹部が本田の活躍にぞっこんであることを伝えている。

    2014年10月21日 22時30分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9383562/

    続きを読む



    セリエA第7節、ミランはアウェイでエラス・ヴェローナを3-1で下した。 
    85分までプレーした本田圭佑は2ゴールの活躍をみせて勝利に貢献を果たした。

    本田のプレーについてインザーギ監督も「本田は素晴らしい試合をしている。ゴール前でのミスも少ない。
    利他主義者で今彼が受けている全ての称賛に値するよ」(公式HPより)と高く評価していた。

    当然ながらミラニスタおじさんことティツィアーノ・クルデリさんも大興奮。
    本田の2点目にはンダンダンダンダと名前を大連呼していました。

    http://qoly.jp/2014/10/21/tiziano-crudeli-milan-vs-hellas-verona-honda-keisuke-2goal



    続きを読む

    no title

    本田は放出しない――。今季、ACミランで6得点2アシストと活躍を見せる日本代表MF本田圭佑がクラブにとってもはや欠かせない存在となったことを、21日付のイタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

     同紙は本田が昨季途中でCSKAモスクワからACミランに移籍する前にユベントスのオファーを断っていたことに触れつつ、プレミアリーグのマンチェスター・シティがここにきて背番号10の獲得に動く可能性を指摘。「シティが1800~2000万ユーロ(約24億5000万~約27億円)のオファーをする」と伝えた上で、「ミラン側は交渉したくない。なぜなら本田はマーケティングでも、とても貴重な選手だから。今まで500万ユーロ(約7億円)の利益を上げている」とクラブ側が本田に関する移籍交渉を拒否する構えであることを伝えている。

     また、日本代表のアジア杯メンバー招集のために本田が不在となる可能性が高い来年1月に向け、クラブ側がその間の代役となる選手の獲得に動いている点も指摘。「本田が不在になるリスク」と表現し、背番号10の存在がいかに大きいかを伝えている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141021-00010007-soccermzw-socc 

    続きを読む

    img_56362caec5c97f4e2988353bbe9575f5340272


    本田 CEОからシャンパン“ご褒美” 

    2014年10月21日

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/21/p1_0007437454.shtml
     ガリアーニCEОからシャンパンをプレゼントされた本田圭佑

     イタリア1部リーグ(セリエA)、ACミランの日本代表FW本田圭佑が20日、ミラノ市内の
    レストランで同クラブのガリアーニCEОからシャンパンをプレゼントされていた。21日付
    ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     家族や友人たちとブレラ地区のレストラン「カイマノ」で食事をしていた本田が、食後デザートに
    さしかかっていた頃、偶然CEОがレストランを訪問。そして前日のベローナ戦で2得点とチームに
    貢献していた本田にシャンパンボトルを奢った。またベルルスコーニ会長も同日夜、本田に直接、
    電話で祝福の言葉を贈ったという。

     一方、同紙は昨年夏、本田の代理人である兄・弘幸氏がユベントスとの交渉のためスペイン・
    マジョルカ島に滞在していたところ、偶然ミランの関係者に会ったとも報じている。そして結果的に
    本田の希望もあって、ユーベでなくミランへの移籍話が進んだということも明かされた。

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/21/0007437454.shtml

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 14:05:47.01 ID:???0.net
    元イタリア代表で、ACミランでキャプテンを務めたMFマッシモ・アンブロジーニ氏(37)が
    開幕から7戦6発と絶好調の日本代表FW本田圭佑(28)のプレーぶりを認めた。

    対戦経験もあり、名門の後輩に当たる本田を「知性にあふれ、どのような戦術にも対応できる」と高く評価した。

    日本代表でキャプテンマークを巻く本田が、歴史と伝統あるミランでその腕章を巻いた大物にも認められた。
    アンブロジーニ氏はミランが過去12シーズン勝てていなかった鬼門ベンテゴーディ・スタジアムで解説。

    古巣が、後輩に当たる本田のセリエA初となる1試合2得点で、13シーズンぶりに同地で勝つ瞬間に居合わせた。

    日刊スポーツの取材に対し、同氏は本田を高く評価した。
    ミランに通算17年も在籍。欧州CLを2度制し、スクデット(セリエA優勝)も4度獲得した名手は
    「本田は知性にあふれ、どのような戦術にも対応できる。今のミランの戦い方が、本田に非常にうまくマッチしている」と言った。

    本田に対する評価はイタリア国内外で急騰している。引退したばかりの同氏の言葉にはより一層の説得力がある。
    昨季はフィオレンティナに在籍。3月のミラン戦で対戦経験がある。
    ともに先発で出て2-0でミランが快勝。当時と比較し「フィジカル面が非常に良くなっている」と分析した。

    同氏とも長くプレーしたインザギ監督も、試合後の会見で本田を絶賛。
    「今、彼の良さについて話すのは簡単過ぎる。技術だけでなくフィジカル面も強い。
    相手ゴール前でミスすることがほとんどない。献身的な、利他主義の選手だ」。

    7戦6発で、元アルゼンチン代表FWテベス(ユベントス)、スペイン人快足アタッカーのFWカリェホン(ナポリ)と並び得点ランク首位に再び並んだ。
    シーズン32点超という、信じられない量産ぶりだ。

    ◆マッシモ・アンブロジーニ 1977年5月29日、イタリア生まれ。94年にセリエB(2部)だったチェゼーナでプロデビュー。
    95年夏にACミラン移籍。97-98年はビチェンツァに期限付き移籍したが、13年夏まで通算17年間ミランでプレー。
    09年夏に引退したマルディーニに代わるキャプテンとなった。昨季限りで現役引退。イタリア代表では国際Aマッチ35試合0得点。守備的MF。

    解説者として訪れた、元ミラン主将のアンブロジーニ氏
    no title


    2014年10月21日8時12分 紙面から
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20141021-1384951.html

    続きを読む

    no title


    セリエA第7節 ACミラン3―1ベローナ (10月19日)
     ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がセリエAの得点ランクでトップに躍り出た。
    セリエA第7節の19日アウェー、ベローナ戦で移籍後初のマルチ弾を記録。
    2試合連続のゴールで今季得点を6に伸ばし、19日の時点でFWカルロス・テベス(30=ユベントス)、
    MFホセ・カジェホン(27=ナポリ)に並んだ。

     本田はベローナ戦で移籍後初のマルチ弾を記録。前半27、後半11分にともにスルーパスに抜け出し左足で決めた。
    開幕から7試合6得点で得点ランクのトップに浮上。しかも、PKで2得点しているテベスと違い、
    全て流れの中でのゴールと決定力は抜群。もはや押しも押されもせぬエースになった。
    シーズン途中の加入で14試合1得点に終わった昨季とは別人のような活躍。だが、決してフロックではない。

     (1)コンディション ガリアーニ副会長は「昨季はろくに練習をしないまま、
    全く異なるリーグへ身を投じなければならなかった。今季はW杯後に休養を取れて夏に十分な練習を積んだ。
    今の本田はスーパーだ」と絶賛。休養と効果的なトレーニングで飛躍的にコンディションが上がっている。

     (2)走力 ガゼッタ・デロ・スポルト紙のパソット記者は体調が万全となったことで
    「断然、走れるようになった。それが落ち着きを与え、プレーの精度も増している」という。
    スピードのない本田だが、展開を読んでタイミング良く飛び出すのに加え、それを実行できる体力がある。
    ベローナ戦のゴールでも長距離を走った。「今季は何度も長い距離を走っているところに成長が見える」と分析した。

     (3)コミュニケーション 右サイドでコンビを組むDFアバーテも「本田がサイドを
    空けてくれるので自分も動きやすくなった」と連係面の改善を口にする。衛星放送
    スカイ・スポーツのステファノ記者は「イタリア語でコミュニケーションを取れるようになった
    ことがブレークの秘けつ。だって、インザーギ監督は英語が全然ダメなんだから」と指摘。
    対話によって自らがゴールへ向かう形を周囲に理解させ、味方を生かすプレーを可能にした。

     ピッチ内外の変化に裏打ちされた2年目の飛躍。本田の勢いは今後も止まりそうもない。
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/10/21/kiji/K20141021009138040.html

    続きを読む


    Sports Watch

    10月19日のベローナ戦で2得点を記録したACミラン本田圭佑選手。翌日のイタリアメディアには
    賞賛の言葉が並び、日本以上に本田選手への注目が集まりつつある。

    そんな中、ツイッター上に日本人が掲載したゴールシーンのイラストが有力スポーツ紙
    <ガゼッタ・デロ・スポルト>に紹介された。

    「帝王・本田の(活躍は)はただの流行ではない。セリエAの日本人得点王はマーケティングのために
    契約した選手ではないことを証明」と大袈裟な見出しで紹介。コミカルに特徴を捉えた本田選手のイ
    ラストは、日本のツイッターユーザー“りおた”さんが「本田圭佑の2ゴール目の場面を5分で
    描いてみた」と投稿したもので、そのままガゼッタ紙のサイトで掲載されている。

    りおた @riota2gaoe
    本田圭佑の2ゴール目の場面を5分で描いてみた。 #acmilan
    no title

    https://twitter.com/riota2gaoe/status/523846048570019841

    ▽ガゼッタ紙
    no title


    その他にも、本田選手のイタリアでの生活などを紹介し「妻と息子、犬とともにモンテナポレオーネ
    通りから徒歩数分のファッションの中心地に住む。今シーズンは新たな理学療法士を日本から連れて
    きて、得点王になるために生まれ変わってきた」と褒めちぎっている。

    「イタリアに来たばかりの頃はサングラスなどファッションしか話題にならなかったが、彼は今や
    スターだ」と、歯の浮いたような絶賛が並ぶ伊メディア。数ヶ月前に「頼むから本田から背番号10を
    取り上げてくれ」と主張したメディアとは思えない豹変ぶりだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9379167/

    続きを読む

    no title


    「競技場からキャスター付旅行鞄を持って出る姿はサラリーマンの顔だ」

    ACミランの日本代表FW本田圭佑が19日のアウェー、ベローナ戦で2得点と活躍し、3-1の勝利に貢献した。
    その背番号10に関して地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトは「ゴールのサラリーマン。ストライカーの王者に就く」と特集している。

    記事では今季7試合6得点とセリエA得点ランク1位タイに立った男をこう評している。

    「金髪で、至福の表情を浮かべるセリエAゴールキング。ベンテゴディ(競技場)から彼のキャスター付旅行鞄を持って出る姿は、
    サラリーマンの顔だ。だが、外見を決して信じてはならない。彼をよく知っている者は、何年も試合をみている日本人記者たちは、本田はとてもハッピーだという。
    この印象はどこからくるのかわからないが、会社員のイメージが残る。なぜなら本田はすべきことをしているイメージがあるからだ」

    ミランのドルチェ&ガッバーナのスーツに身を包んだ金髪の本田は勤勉なビジネスマンのような印象をイタリア中に与えていると指摘する伊紙。
    現地メディアから見た背番号10は、ゴールという使命を冷静にこなす優秀なサラリーマンといったところなのか。

    「(本田は)自分自身に常に多くを要求する。イタリアでの最初のシーズンは、残念なものに終わっていた。ネガティブだった。
    侍には誇りと忠誠心があるのが自然だ。本田はミランの信頼を裏切らなかった。この夏、ピッポ・インザーギの評価を喜んで受け止めた。
    ミランは監督の言う通りに従った。ベローナでの2ゴールで、得点王テベスの6ゴールに並んだ(ナポリFWカジェホンも夜に並んだ)。ミランも3位まで一歩と迫った」

    記事では昨季の不振から一転、結果を出し始めた本田をこう表現。インザーギ監督の指導を受けながら、その信頼と期待に対してきっちりと恩返しをしている様子を伝えている。
    一方、背番号10を再生させたフィリッポ・インザーギ監督は「今、本田について話すのはあまりにも簡単だ。8月に素晴らしいシーズンになると僕は言っていた、
    ただ彼を理想的なポジションに置いただけ」と語っている。


    「彼は自ら喜びを叫ぶ前に、もっとたくさんゴールを決めたいと思っている」

    さらにアドリアーノ・ガリアーニCEOも「この夏に彼の弟と交換して、いい方の本田にしてもらった。冗談はさておき、選手は機械ではない。
    彼らはシーズンごとにパフォーマンスが変わる。圭佑は攻守ともにいいプレーをできるから、私は気に入っている」と絶賛している。
    ミランの強化責任者は不発だった昨季の背番号10を「弟」と呼ぶ冗談を気に入っているようだ。

    記事は本田の卓越したフィニッシュ能力を称賛して、締めくくっている。

    「ミランはセリエA最高の攻撃力を持つ。今季16ゴール。彼の力が目覚め始めた。ヨーロッパの力。おそらく、チャンピオンズ。この金髪のおかげでもある。
    彼は自ら喜びを叫ぶ前に、もっとたくさんゴールを決めたいと思っている」

    現在セリエA最多16ゴールのミランを牽引するのはチーム最多6得点の「チェッキーノ(イタリア語で射撃の達人)」。
    現在4位のミランが来季の欧州チャンピオンズリーグ進出圏の3位に到達するために、背番号10のゴールがまだまだ必要な状況だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141020-00010008-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title


    本田圭佑が絶好調だ。セリエA第7節ヴェローナ戦では2得点を決め、
    これで開幕7試合6ゴール。リーグ得点ランクのトップタイにつける活躍ぶりは、
    まさにミランのエースと呼ぶに相応しい。
    そんな本田も、昨シーズンは大いに適応に苦しんだ。今年1月のミラン加入から
    数カ月は、本田よりもむしろ、同時期にQPRからレンタル加入したモロッコ代表
    MFアデル・ターラブトが評価を集めていた。

    そんなターラブトは今夏、ミランへの完全移籍も噂されたが、最終的にプレミアへ
    復帰したQPRにレンタルバック。本田が2ゴールを決めたのと同じ19日、そのQPRは
    ホームでリヴァプールと対戦したが、ピッチにも、ベンチにもターラブトの姿はなかった。
    試合後、ある記者がQPRのハリー・レドナップ監督に記者が「ターラブトは負傷している
    のか?」と尋ねた。答えは「ノー」。だが同時に、レドナップはこう怒りをあらわにした。

    「残念なことに、フットボールができるフィットネスではない」

    「彼は先日、リザーブの試合でプレーした。だが、私の方がよっぽど走れるくらいだった。
    私はトライする意欲を持った選手を選ぶ。そういう選手は毎日働き、練習し、しっかりとした
    振る舞いをするものだ。彼がそうなれば、試合に出ることになるだろう」
    「練習の意欲がなく、3ストーン(約12kg)もオーバーウェイトの選手をかばうことはできない。
    高い給料をもらって練習できない選手なんてね」

    今季ここまで、ターラブトがプレミアのピッチに立ったのは途中出場の2試合だけ。
    足首を痛めていた時期もあったが、出場機会激減の最たる理由は開幕前から指揮官が
    指摘し続けてきたコンディショニング不足であり、その改善が一向に見られない。
    そのため、元々は彼の天才的なひらめきと推進力を買っていたレドナップも、
    とうとう堪忍袋の緒が切れてしまった。

    昨シーズンの活躍を評価していたミランは、夏の時点では彼の再獲得に乗り気だったと
    言われている。QPRが高額な移籍金を求めたため完全移籍は実現しなかったが、
    その後もミランとのリンクは続いており、9月末の時点で、英紙『ミラー』や『デイリーメール』
    は冬の移籍マーケットで“再加入”する可能性を報じていた。しかし、ピッチに立てない
    ターラブトに対し、もはや「ミランは興味を持っていない」とレドナップは断言する。

    昨シーズンは本田のライバルだった。今シーズンも、1月にアジアカップでチームを離脱
    する本田の代役候補として期待された。しかし、意識や振る舞いを改めない限り、モロッコ
    の気まぐれなドリブラーが再び“ロッソネロ(赤と黒)”のシャツに袖を通すことはなさそうだ。
    (記事/Footmedia)
    http://news.livedoor.com/article/detail/9378788/

    続きを読む

    no title


    セリエA第7節が19日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはヴェローナと対戦し、3-1でミランが勝利した。
    イタリアメディア『メディアセット』で解説を務めた元イタリア代表MFステファノ・フィオーレ氏が、2得点を上げた本田について言及している。

    パルマやラツィオでプレーし、イタリア代表としてユーロ2000にも出場したフィオーレ氏は同日、
    『メディアセット』のサッカー番組『プレミアム・カルチョ』に解説者として出演した。

    同氏は2ゴールでミランを勝利に導いた本田について「本田の爆発は、その多くが(フィリッポ・)インザーギ監督の功績によるものだ。
    しかし、本田が技術的に価値のある選手であるということはCSKAモスクワ時代や、日本代表でのプレーを見ていても分かっていた」と語り、
    インザーギ監督が本田の能力を上手く引き出していることに賛辞を贈った。

    昨シーズンの1月にミランに途中加入した本田は、14試合1得点と苦しみ多方面から批判を浴びていた。
    一転して、今シーズンはここまで7試合で6ゴールを記録し、ミランのキープレーヤーへと変貌した。

    同選手の活躍についてフィオーレ氏は「昨シーズンはあまりにも強く非難されていた。しかし、今シーズンは最高のゴールスコアラーとなっただけでなく、
    戦術的にも素晴らしく適応している。守備面でもバランスを取り、犠牲的なプレーを見せている」と語り、得点力だけでなく守備への献身的な姿勢も成長した面だと評価している。

    10月20日(月)13時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243344-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ