サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    458632_heroa


    ACミランの日本代表MF本田は20日のユベントス戦で4-3-3システムの右ウイングで先発し、後半38分までプレー。
    試合は0-1で敗れたが、辛口で有名なイタリア地元紙はいずれも本田に及第点を与え、奮闘を評価した。

     ガゼッタ・デロ・スポルト紙は本田に6点を与えている。

    寸評では「ミランの2人のサイドアタックは厳しくハードな仕事を強いられた。自陣に戻り、カバーし、息つく暇がなかった。危険な攻撃ができない。
    本田はヘディングできたが、偉大なブッフォンに出くわした」と評されている。

    本田は前半27分にMFムンタリからのクロスにイタリア代表DFキエッリーニと競り合いながらヘディングシュートを放ったが、イタリア代表GKブッフォンに阻まれた。
    この試合で放ったシュートはこの1本だけ。ドリブル突破は1度試み、成功。前線への有効なパスはわずかに1本とのデータも紹介されている。
    攻撃面で見せ場はなく、守備に奔走させられたことが浮き彫りになった。

    一方、2試合ぶりに先発したイタリア代表FWステファン・エルシャラウィも同じ6点だった。
    「寛大なエルシャは死ぬほど走り回り、ダーティーワークもし、犠牲になっていた。チームに埋没し、チームのために自分を消した。
    彼のプレーぶりが、ユベントスにミラニスタが劣っていることを象徴していた。最高のFWがディフェンダーに変貌することを強いられるのなら、それは屈服する運命である」

    本田の右ウイングと同じく、左の翼もセリエA3連覇中の王者相手にもがれた。それでは勝ち目が薄い。

    フィリッポ・インザーギ監督の采配もまた及第点の6点だった。

    「戦力差は事前に心得ていた。大きな謙虚さを持ち、周到な準備をしていた。コンパクトに守る。カウンター攻撃で聖人の加護を祈る。その計画は半分機能した。
    守備は耐えたが、攻撃は本田の1回きりのチャンスしか生まれなかった」

    寸評ではそう報じられ、ユベントス相手に見せた堅守速攻という戦術面の適切さは評価された。だが、攻撃面でチャンスが少なかったことも厳しく指摘されている。
    またガゼッタ紙では、ミランの最高点はDFサパタの6・5だった。


    「輝きが少ないが、辛抱はできる」

    一方、「本田はわずかしか輝かない」との見出しで報じているのはコリエレ・デロ・スポルト紙。本田の採点は及第点の6点だった。
    「彼も“偽の9番”のポジションは気に入っている。だが、ブッフォンの前で、彼は睡眠状態にされた。輝きが少ないが、(これまでの活躍から)辛抱はできる」と報じている。

    ミランの最高点はGKアッビアーティとFWメネズの6・5点。

    トゥット・スポルト紙も本田に対しては6点をつけている。

    「キエッリーニに対してもチャンスをつかむことができるのは、信じられないほど並外れている。前半27分にブッフォンにより難しいセーブを強いた」
    とイタリア代表DFとヘディングで対抗した本田の強さを高く評価している。

     最高点はメネズの7点。元フランス代表のウインガーは開幕3試合でいずれも不慣れな1トップながら大活躍。3試合でいずれもMVP級の評価を手にしている。

    Soccer Magazine ZONE web 9月21日(日)16時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140921-00010006-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title


    ▽セリエA第3節ミランvsユベントスが20日にミランの本拠地サン・シーロで行われ、0-1でユベントスが勝利した。本田は[4-3-3]の右ウイングとして83分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

    ▽ミラン採点
    GK
    32 アッビアーティ 6.0
    失点は防ぎようなし。前半にいくつかの好守を見せた

    DF
    20 アバーテ 5.5
    攻撃を自重。守備面での緩慢さは見られなかった

    13 ラミ 5.5
    失点場面ではスペースを与えてしまったが、それ以外は概ね安定

    17 サパタ 6.0
    最後まで安定したプレーを続けた

    2 デ・シリオ 5.5
    攻守に集中を切らさず

    MF
    16 ポーリ 5.5
    ハードワークを続けて攻守に顔を出したが、ポグバを抑えきれず

    (→トーレス 5.0)
    ミランデビュー。アグレッシブにプレーも空回りな印象だった

    34 デ・ヨング 6.0
    ハードな対応でバイタルエリアを締める

    4 ムンタリ 5.5
    球際の強さを発揮。集中を維持した

    FW
    10 本田 圭佑 5.5
    前半に際どいヘディングシュートを放ったが、攻撃面での見せ場はそれだけで守備に追われた

    (→パッツィーニ -)

    7 メネーズ 5.5
    何度かカウンターの起点となったが、なかなかシュートには持ち込めず

    92 エル・シャーラウィ 5.0
    負傷明けでラツィオ戦のような輝きは見られず

    (→ボナヴェントゥーラ 5.0
    ボールにほとんど触れないまま試合を終えた

    監督
    インザーギ 5.5
    守備は及第点も攻撃に比重をかけられなかった

    ▽ユベントス採点
    GK
    1 ブッフォン 6.0
    本田のヘディングシュートを好守で阻止

    DF
    4 カセレス 5.5
    34分に負傷交代するまでタイトな守備を続けていた

    (→オグボンナ 5.5)
    緊急投入もエル・シャーラウィによく対応していた

    19 ボヌッチ 6.0
    正確なフィードでビルドアップの起点に

    3 キエッリーニ 5.5
    対人の強さを発揮

    MF
    26 リヒトシュタイナー 6.0
    スペースを突くランニングとドリブルで圧力をかける

    (→ロムロ -)

    37 R・ペレイラ 6.0
    ドリブルによる推進力を見せた

    (→ビダル 5.5)
    負傷明けもハツラツとプレーし、カウンターの起点となった

    8 マルキジオ 6.0
    粘り強いディフェンスで守備を締める

    6 ポグバ 6.5
    とりわけ後半は攻め手となり、テベスのゴールをアシスト

    22 アサモア 5.5
    本田に監視されて突破はできず

    FW
    10 テベス 6.0
    大半の時間帯で消されていたが、勝負強く決勝ゴールを挙げた

    14 ジョレンテ 5.5
    ポストプレーで一定の起点に

    監督
    アッレグリ 6.0
    古巣相手に競り勝った。後半にギアを1段上げて押しきる

    ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
    ポグバ(ユベントス)
    ▽後半のパフォーマンスは出色の出来だった。抜群のキープ力とセンスで攻撃を力強くけん引。

    ミラン 0-1 ユベントス
    【ユベントス】
    続きを読む

    451850780-500x332


    EL初戦召集外のインテル長友 このままベンチ要員の危機
    2014年9月19日

    副主将を任されるものの… (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

     日本代表DF長友佑都(28)はセリエAの名門インテルで5シーズン目を迎え、今季から副主将に
    任命されたが、シーズン序盤からベンチ要員降格の危機を迎えている。原因は新戦力の台頭だ。

     インテルは開幕前、ローマから22歳のブラジル人選手ドドーをレンタルで獲得した。登録はDF
    だが、左サイドのスペシャリストとしてスピードに乗ったドリブル、利き足の左足から繰り出す多彩なクロスが持ち味。

     ドドーの攻撃力を高く評価するマッツァーリ監督は、今季セリエA開幕戦で先発出場させ、
    同じポジションの長友はベンチスタート。後半途中に出番が回ってきたが、右ウイングバックの
    DFジョナタンとの交代だった。

     今季の欧州リーグ(EL)のドニプロ(ウクライナ)戦(19日午前2時キックオフ)。
    敵地での一戦に長友は遠征メンバーから外れ、左サイドにはドドーが、右サイドには今年1月
    加入のDFダンブロージオが入った。

     ドドーもダンブロージオも攻守にわたって精力的に動き回り、後半26分にダンブロージオが
    決勝ゴールを叩き込み、指揮官に猛アピールだ。

     開幕前のテストマッチから好調キープのドドーは、初めてブラジル代表に選出されて来月
    11日に中国で行われるアルゼンチン戦、14日にシンガポールで行われる日本代表戦の
    メンバーに入った。まさに旬の選手である。 現時点で左右ウイングバックのバックアッパーに
    甘んじている長友。巻き返さなければ、状況は悪化の一途だ。

    http://nikkan-gendai.com/articles/view/sports/153471

    続きを読む

    G20140712008547840_view



    王者ユベントスとの大一番

     ACミランのフィリッポ・インザーギ監督が、ミランの公式チャンネルのインタビューに登場し、昨季リーグ8位と低迷した名門を開幕2連勝に導いた復活の方程式を明かした。

     20日にセリエA3連覇中のユベントス戦を控えた指揮官は、「ユベントス戦では現実的でなければならない。難しい試合だが、素晴らしい挑戦だ。
     ここ最近成長している。もっと安心できるほどの何かが必要だ。サポーターにチームを支えてほしいとお願いしたい。サンシーロでの試合だから」と語り、サポーターに来場を訴えた。
     「強く堅固な相手チームには、現実的なアプローチが必要になるが、しっかりと準備した」と言い、王者との一戦を前にして周到な準備を行ってきたことも明かした。

     さらに、インザーギ監督は開幕から連勝を飾り、チームが上向いてきた理由を分析した。選手に傾けてきた情熱が、ピッチ上で表出されていることが復活の一因となっているというのだ。

    「今チームが宿している情熱は重要だ。チームはやる気に満ち、いい精神力を持っている。すべてのポジションにどの選手を起用するか、選ぶのが難しいほど、みんなが頑張っている」

     ただし、開幕ダッシュには成功したが、まだチームは完成形には至ってない。指揮官は成長の余地が残されていると確信している。

    「まだパーフェクトではありえない。どこ(昨季の不振)から出発したのか考えると、よくやっていると思う。選手たちは集中しているし、彼らのしていることに満足している。
     より成長しなければならない。全ては選手たちのおかげだ。(8月31日の開幕戦)ラツィオ戦には、ユニホームに誇りを持って、それを見せてほしいと言ったが、
     結果が出ているのは、彼らやスタッフが懸命に、情熱をもって取り組んでいるから。結果は選手たちのおかげだ」

    かつての姿を取り戻し始めたロッソネロ

     そして、インザーギ監督は改めてミランへの忠誠と、愛を言葉にした。

    「われわれのコンセプトはミラニスタであること。会長から伝えてもらったことを、選手たちに伝えている。会長、バルバラ、ガリアーニもみんながいつも近くで結束している。感謝している。
    一番ポジティブなのは、選手たちみんなが懸命に全力を尽くしてくれていること」

     手、フロント、スタッフ、サポーター、全てに対する感謝を常に忘れない。現役時代に相手最終ラインで駆け引きを繰り返し、独特の嗅覚でゴールを量産した“スーペル・ピッポ”。
    そのプレースタイルは、独善的なエゴイストに映ってきた。だが、トップチームの監督1年目の現在は決して自らの功を誇ろうとしない。
    不振で批判の集まった日本代表MF本田圭佑を一貫してかばい、辛抱強く起用し続け、再生に導いた。

    戦術史上主義のカルチョの国では監督が偉大なる主役の1人だ。監督会見では功績や、相手の長所を封じ込めた戦略の偉大さを誇ることは日常茶飯事。
    だが、インザーギ監督は、それとは対照的に他人の献身を誇る。

    キーワードは情熱、信頼、そして、感謝。惜しみない愛を注ぎ込むピッポ哲学こそが、凋落したミランを再び戦う集団と変貌させた最大の要因なのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140920-00010001-soccermzw-socc

    続きを読む

    20130107200742b97

    インテル長友、セリエA第3節はベンチスタートか…伊紙が予想

    インテルで5シーズン目を迎えた長友佑都 [写真]=Getty Images

    チェルシー 「青」の革命

     DF長友佑都の所属するインテルは、21日に行われるセリエA第3節で、パレルモとの
    アウェー戦に臨む。試合を控え、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、
    先発メンバーを予想。長友はベンチスタートと見込まれた。

     同紙では、インテルのフォーメーションを3-5-1-1と予想。メンバーは、GK
    サミール・ハンダノヴィッチ、DFアンドレア・ラノッキア、DFネマニャ・ヴィディッチ、
    DFフアン、DFジョナタン、DFドド、MFエルナネス、MFガリー・メデル、MFヤン・
    エムヴィラ、FWパブロ・オスヴァルド、FWマウロ・イカルディとなっている。

     長友は、18日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第1節のドニプロ・
    ドニプロペトロウシク(ウクライナ)戦を筋肉疲労のため、欠場していた。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20140919/233947.html?view=more

    続きを読む

    20140919162104



    ミランのレジェンドで、現在モンテネグロサッカー連盟の会長を務めるデヤン・サビチェビッチ氏は、古巣の現在の攻撃陣に期待を寄せているようだ。

    かつてミランの背番号10を纏い、世界を魅了したサビチェビッチ氏。パルマ戦で活躍したMFジェレミー・メネスや、
    今週末の復帰が期待されるFWステファン・エル・シャーラウィについて、サビチェビッチ氏はクラブの公式ウェブサイトで次のように話している。

    「パルマ戦でのメネスのヒールキックは、偉大な選手の技だった。ローマやパリ・サンジェルマンで彼はうまくやっていたし、今はそのクオリティーを見せている。
    だが、私は驚いていない。彼にはそういうことを期待しているからだ。ミランが彼を獲得したのはうまくやったよ」

    「エル・シャーラウィ? 昨年の彼はフィジカルの問題があった。それでミランでの成長が遅くなってしまったのだが、彼は未来だよ。
    ミランが彼の成長を待てることを願っている。2年前のように、彼がゴールを決めるところを見られるはずだ」

    サビチェビッチ氏はフィリッポ・インザーギ監督にも期待している。

    「下部組織でも良い結果を出していたし、今はトップチームで良いスタートを切ったね。ミランは強い守備で大きな成功を収めてきた。
    セリエAでは失点が少ないチームが勝つんだ。ミランの攻撃陣はゴールを量産するだろう。
    バランスの取れた守備があれば、大きな結果を残せるはずだ。面白いリーグ戦になるだろうね」

    週末にはユヴェントスとのビッグマッチが控えている。

    「非常に厳しい試合になるだろう。スペースがたくさんできるとは思わない。両チームとも相手のミスを待つだろうね。
    ユーヴェはスクデット3連覇中だが、ミランは勝利を求めなければいけない。それが違いとなり得るはずだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000012-goal-socc

    続きを読む

    no title
    16日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージのルドゴレツ戦でリヴァプール移籍後初ゴールを決めた
    FWマリオ・バロテッリが、またピッチ外の話題で英国メディアを賑わせている。

    とは言っても、今回は「自宅のバスルームで花火をぶっ放した」だとか、「遠征に向かう列車のトイレでタバコを吸った」
    といった問題行動とはちょっと毛色が違うようだ。

     事の発端は11日、“マンチェスター・ドッグズ・ホーム”という犬の保護施設で放火と見られる火災が発生し、
    約60匹の犬が命を落とすという悲しい事件が起こったことだった。

     事件後、地元紙『マンチェスター・イブニング・ニューズ』の呼びかけにより、焼けた犬舎を建て直すために
    多額の寄付が集まったが、その中に匿名で「5ケタ」(仮に10,000ポンドだとしても約180万円)もの募金をした
    謎の人物がいるという。そしてどうやら、その“贈り主”がバロテッリなのではないかと噂になっているのだ。

     というのも、バロテッリは「ラッキー」という黒いラブラドールを溺愛し、普段からSNSに仲睦まじい2ショットを掲載したり、
    マンチェスター・C時代にはFAカップの優勝パレードに愛犬を連れてきたりと、筋金入りの愛犬家。
    しかも、マンチェスター在住時には今回火事になった施設とも関わりがあった。

     英国はペットの入国に関する規制が厳しく、バロテッリがインテルから移籍してきた後、彼はラッキーの渡英を
    6カ月も待たなければいけなかった。そして愛犬が海を渡ってくるまでの間、マンチェスター・ドッグズ・ホームの犬たちを
    ボランティアで散歩に連れて行くことで、休日に寂しさを紛らわせていたという。

     こうした経緯から、同施設のスタッフは「彼が寄付をしたのかまだ確認できていませんが、そうであれば辻褄が合います」
    とコメントし、寄付者がバロテッリだと信じて疑わない様子だ。

     数々の悪行でお馴染みのバロテッリだが、「ホームレスにお金をあげた」「パブで居合わせた客に一杯おごった」など、
    時折“ちょっといい話”が報じられることがある。その大半は2012年に元OASISのノエル・ギャラガーとの対談で本人が
    「真実ではない」と否定しているのだが、果たして今回はどうだろうか。

    『リヴァプール・エコー』などの地方紙を皮切りに、『テレグラフ』や『デイリーメール』など全国紙もこの件を報じており、
    すでに噂は英国全土に広まっている。真偽のほどは明らかになるのか。続報を待ちたい。



    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20140919/233720.html

    続きを読む

    no title
    ACミランのフィリッポ・インザギ監督(41)が19日、20日のユベントス戦(ホーム)を前に監督会見を行った。

    開幕から無失点で連勝している王者ユベントスに対し「ユベントス戦はもう少し時間がたって、
    さらなる確信を持てたときに戦ったほうがよかったかもしれない。

    しかしこのミランが今季どこからスタートしたかを知っている。
    彼らと同じレベルにいるとは思わないが、私たちのモチベーションは高いし、適切なスピリットを持っている」と話した。

    また、負傷で離脱していたFWエルシャーラウィとFWフェルナンドトレスについては、19日の練習を見て出場を判断するという。

    日本代表MF本田圭佑(28)の2試合連続ゴールという活躍について聞かれると
    「チームメート皆からリスペクトされているし、彼はそれに対していいプレーと態度で応えている」と話した。

    17日のクラブ公式番組ミランチャンネルのインタビューはインザギ監督もチェック済みで
    「サッカースクールや学校で子供たちに見せるべきだ。なぜなら本田は、活躍をしたのにこれからまだまだ向上していかなければならないという。
    こういうことは皆に見せるべきだ。これは若者たちへの素晴らしいメッセージだと思う」と称賛していた。

    本田の試合出場についての質問に対しては「私は選択に困るほど良い選手がたくさんいる。いつかは本田も低調になるときが来るかもしれない。
    でもそうならないことを願っている。彼は練習場でも家でも遅くまでトレーニングを続けているような選手だから。今のコンディションを長くキープしてほしい」と話した。

    2014年9月19日21時19分
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140919-1369588.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ