サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    40175fa0



    ACミランがリバプールに移籍したイタリア代表FWマリオ・バロテッリの代役として、
    チェルシーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレス獲得に一本化したことが明らかになった。
    イタリア地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトが「ユーベとミランの最後の襲撃」と報じている。

    ユベントスがモナコからコロンビア代表FWラマデル・ファルカオを期限付き移籍で獲得に動いている一方、
    悪童バロテッリを1600万ポンドでリバプールに売却したミランの“エル・ニーニョ”獲得の動きが本格化した。
    ミランは6選手をリストアップしていたが、ついに獲得候補を一本化したという。

    トーレスが獲得できなかった場合は、パルマの元U-21フランス代表のウインガー、ジョナタン・ビアビアニーを獲得し、
    本来ウインガーの元フランス代表FWジェレミー・メネズを“偽の9番”(センターFW)で起用するプランBも準備している。

    MF本田圭佑のスルーパスに快足ストライカーが走り込むという攻撃パターンは実現するのか。
    閉幕が迫る移籍市場最後のミランの逆襲に注目したい。

    Soccer Magazine ZONE web 8月26日(火)20時47分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140826-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title



    香川、マンU“戦力外通告”…開幕2試合連続出番なし
    イングランド・プレミアリーグ第2節(24日、サンダーランド1-1マンチェスター・ユナイテッド、
    サンダーランド)マンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司(25)が“戦力外通告”を受けた。
    サンダーランド戦(アウェー)で開幕2試合連続出番なしに終わった後、起用を見送った理由について
    ルイス・ファンハール監督(63)が、「私の希望と哲学を満足させなかった」と明言した。
    今季の欧州主要リーグの移籍期限が9月1日に迫る中、26日(日本時間27日)のリーグ杯2回戦・MKドンズ戦
    (アウェー)が存在を示すための重要な一戦となる。チームは1-1で引き分けた。
    非情な宣告だった。サンダーランド戦後の会見でファンハール監督が、MF香川について厳しく言い放った。
    「米国(での強化試合)で試したが、意図するプレーができなかった。私の希望と哲学を満足させなかった」
    開幕前にはボランチでも試された香川だが、後半18分に同位置で出たのはベルギー代表のヤヌザイ。
    香川は開幕戦に続き出番なしに終わった。地元記者から「なぜ香川を使わなかったのか」と聞かれると、
    今夏就任の新指揮官は「ボランチ香川」に失格の烙印(らくいん)を押していることを明かした。
    香川が本職とするトップ下はスペイン代表MFマタが不動。この日もゴールでアピールした。
    プレミア史上最高額の移籍金100億円超でアルゼンチン代表MFディマリア(レアル・マドリード)
    の獲得も決まった。ボランチは失格、トップ下では3番手以下。まさに、事実上の戦力外通告だった。
    (中略)
    この状況に移籍問題も再燃する。英衛星放送スカイはアトレチコ・マドリード(スペイン)、古巣のドルトムント
    (ドイツ)の名前を挙げて報道。ベシクタシュ(トルコ)との交渉で、代理人がトルコ入りしたことも判明している。
    一方で、マンUは香川の加入に伴い、多くの日本企業とスポンサー契約を締結した。
    広告効果の激減による契約解消を避けるため、たとえ香川本人が移籍を希望しても、
    20億円とされる移籍金なしには認められないとの地元報道もある。
    26日(日本時間27日)にはリーグ杯2回戦があり、中1日とあって香川が先発起用される可能性はある。
    移籍か残留か、岐路に立つ香川。いずれにしろ、ここで鮮烈な輝きを示せなければ、状況は打開できない。

    ★復権本田と明暗

    ブラジルW杯では香川と同じように活躍が期待されながら不調に終わったMF本田圭佑(ACミラン)だが、
    こちらはチームでのポジションを固めている。14日のプロ・ピアチェンツァ(イタリア3部)との練習試合に
    右FWで先発すると、プレシーズン5試合目で初ゴール。17日のバレンシア(スペイン)との親善試合には
    フル出場し、約25メートルの直接FKを決めた。23日のセリエA3チームによる親善大会でも、
    ユベントス戦で3試合連続のゴール。サッスオロ戦ではアシストを決め、大会MVPに選出された。
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140826/pre14082605060001-n1.html

    続きを読む

    2014-08-21-21-28-24
    リヴァプールは25日、ミランからイタリア代表FWマリオ・バロテッリを長期契約で獲得したと発表した。
    背番号は「45」。契約期間、移籍金は明らかになっていないが、イギリスの各メディアは3年契約を結び、
    1600万ポンド(約27億5000万円)が支払われると報じられている。

    移籍決定に際し、バロテッリはクラブ公式HPを通じて、
    「すごくハッピーだ。リヴァプールはイングランドでもベストチームの1つだし、すごく良いサッカーをしている。
    若い選手たちもいるし、偉大なチームだ。それがここに来た理由だよ」と喜びのコメントを残している。

    また、1年半ぶりのイングランド復帰となったことについては、「戻って来られてうれしいよ。イングランドを離れたことは間違いだった。
    イタリアに帰ることを望んでいたけど、ミステイクだったんだ」と、イタリア移籍を後悔していると明かしている。

    現在24歳のバロテッリは2013年1月にマンチェスター・Cからミランに移籍。
    昨シーズンはリーグ戦30試合出場で14得点を挙げたが、チームは7位に沈んだ。

    SOCCER KING 8月26日(火)1時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00225167-soccerk-socc

    続きを読む

    482331313_aaa


    「重要なクオリティを持っている」

     ACミランMF本田圭佑が31日のセリエA開幕戦ラツィオ戦に向けてフィリッポ・インザーギ監督に絶賛されている。
    さらに指揮官は4-3-3システムの右ウイングに固定する方針を明言した。イタリア地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じている。

     インザーギ監督は24日にトスカーナ地方のルッカ市のフォルテ・デイ・マルミで、
    ミランのアドリアーノ・ガリアーノ社長とともに難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知度を高めるチャリティー活動「アイス・バケット・チャレンジ」に参加。
    そこで、17日のバレンシア戦と23日のTIM杯で連続ゴールを決めた本田を改め手評価している。

    「今シーズンの初め、彼が輝かしいプレーをしたのはこれが(TIM杯)初めてではない。チームとフィジカル面の準備を一緒にしたことはヘルプになったと思う。
    しかし、私は彼のクオリティを疑ったことはなかった。右のあのポジションは彼の自然なポジションだと僕は主張している」

     ミラン監督就任会見では、本田を右ウイングか中盤の左ボランチで起用する可能性を示していた。
    だが、指揮官は米国遠征で合流時から一貫して右ウイングで起用していた。

    昨季、クラレンス・セードルフ前監督は4-2-3-1システムの右攻撃的MFで起用し、不発に終わったが、インザーギ監督はその方針を継承。
    左ボランチでは今季実戦で1度もテストされていない。

    「彼はよりそこで、いいプレーができる。同じことが(ガーナ代表マイケル)エッシェンにも言える。よく、ボールによく触っていた。
    どちらの選手にもとても期待している。昨シーズンは代償を支払った。私は彼らが重要なクオリティを持っていると思っている」と語り、信頼を改めて証明していた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140825-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    439418_heroa



    ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは24日、FWマリオ・バロテッリの移籍は全員にとって有益な決定だと語った。

    すでにイングランド入りしているバロテッリは、25日にリヴァプールとの契約が正式発表されると見られている。
    ガッリアーニCEOは24日、バロテッリについて次のように述べ、代役のセンターフォワード獲得に動くことも認めている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

    「マリオ、ミラン、リヴァプールの全員にとって利益になる決定だったと思う。全員にとって良い決断だった。
    次はセンターフォワード(の獲得)が我々の優先事項となる。バロが去るから、我々はセンターフォワードを探しているよ」

    ポルトFWジャクソン・マルティネスやローマFWマッティア・デストロ、チェルシーFWフェルナンド・トーレスといったストライカーたちへの関心が報じられるミラン。
    バロテッリの代役となる選手は誰になるのだろうか。

    GOAL 8月25日(月)14時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000015-goal-socc

    続きを読む

    f-nsp140725_honda03-ns-big
    サンケイスポーツ2014年08月25日07時10分

     サッカー・TIM杯(23日、イタリア・レッジョエレミリア)セリエA・ACミランの日本代表MF
    本田圭佑(28)は、3チームによる親善大会で1ゴール1アシストと活躍し、2戦2勝での優勝に
    チームを導いた。ユベントス戦ではプレシーズン3戦連続のゴールを決めて1-0、サッスオロ戦では
    アシストで2-0の勝利に貢献。大会MVPを獲得した本田に、元イタリア首相のシルビオ・ベルル
    スコーニ会長(77)も「とても満足している」と激賞。開幕レギュラーを当確にした。

     大会MVPとして「HONDA」の名が響くと、大歓声がマペイ競技場を包んだ。1試合45分、
    3チームによる変則マッチ。FW本田は、記念の盾を頭上に掲げてスタンドに誇示した。

     「世界一は諦められない。正解は何か。もう一度、一から見つけたい」

     ブラジルW杯直後、そう唇をかんだ本田。ちょうど2カ月後、「正解」の一端を感じさせる鮮烈な
    輝きを放った。

     まず第1試合・ユベントス戦の開始30分だ。左クロスにバックステップで合わせると、左足で
    豪快な決勝ボレーをたたき込んだ。プレシーズン3戦連発。イタリア代表MFピルロらを擁する
    リーグ3連覇中の強豪に“黄金の左”を見舞った。

     続くサッスオロ戦では速攻から相手DFの間を切り裂くスルーパスで、FWエルシャーラウィの
    追加点をアシスト。31日の開幕・ラツィオ戦(ホーム)での先発へ、当確ランプをともした。

     昨季はエース番号10を自ら選び、鳴り物入りでACミランに加入したが14試合1ゴールで
    定位置確保にいたらなかった。「優勝」を掲げたW杯ではコロンビア代表FWハメス・ロドリゲスら
    「強烈な個」の前に惨敗。7月に合流したミランの米国遠征でも精彩を欠き、地元メディアに「10番を
    剥奪しろ」などと中傷を受けた。

     くしくも、その中でインザギ新監督に託されたのが、まさに「個」を求められる3トップの右FW。
    本職のトップ下に固執した昨季までとは異なり、新しい役割に黙々と取り組むことで、ロシアW杯への「
    新たな物差しを作る」との決意を具現化しようとしている。

     本田はこの日、取材対応せず引き揚げたが、インザギ監督は本田の名前を挙げて「グランデ(偉大)だ!」と
    絶賛した。「過小評価されている」と本田を擁護してきた指揮官は、「言っていた通りだ」と地元記者
    たちに“どや顔”までみせた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9179717/

    続きを読む

    E3BCE383AB



    イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は23日、パルマFWアントニオ・カッサーノがチームメートといさかいを起こしたと報じた。
    同紙は、パルマがカッサーノを放出する可能性も指摘している。

    『ガゼッタ』によると、カッサーノは21日の練習でチームメートと揉め、ロッカールームでもケンカをしたとのこと。
    ロベルト・ドナドーニ監督やピエトロ・レオナルディSD(スポーツディレクター)でも、カッサーノを抑えることができなかったと伝えられている。

    同紙は、パルマがカッサーノに罰金を科すと予想するとともに、マーケットの期間が1週間残っていることにも言及。
    パルマがこれまで何度となく問題行動を起こしてきたカッサーノを放出する可能性もあると報じた。

    これを受け、FWジョナサン・ビアビアニーやDFアレッサンドロ・ルカレッリは、カッサーノがチームメートと揉めたとの報道を否定している。
    だが、カッサーノは23日に行われた親善試合で招集外となった。クラブはフィジカルの問題としているが、内紛報道と合わせて注目を集めている。

    ドナドーニ監督は親善試合後、カッサーノの件について次のように語った。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。
    「カッサーノが何かをぶちまけたということはないと思う。だが、その件については来週、レオナルディSDがもっと良い形で話してくれるだろう」

    「ビアビアニーとルカレッリ? 選手たちがそう言ったのなら、そういうことだろう。問題は何もないからだ。
    こういう話がどこから出てくるのか分からないが、良いことであれ悪いことであれ、我々のことは我々の中だけでとどめなければいけない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000011-goal-socc

    続きを読む



    インザーギ:「本田は素晴らしい選手と言ったはず」
    GOAL 8月24日(日)10時0分配信

    no title

    'Honda Pogba Milan Juventus'

    ミランは23日、TIMカップでユヴェントスとサッスオーロを下して優勝した。フィリッポ・インザーギ監督は大会後、
    最優秀選手に選出されたMF本田圭佑にも賛辞を送っている。

    ミランとユヴェントス、サッスオーロが45分ずつ戦う変則的なTIMカップは、ミランが本田のゴールでユヴェントスを下し、
    サッスオーロにも2-0と勝利して優勝した。本田はサッスオーロ戦でもFWステファン・エル・シャーラウィの
    チーム2点目をアシストし、最優秀選手に選ばれている。

    インザーギ監督は試合後、次のように話している。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

    「結果には満足している。何かが変わったね。このスピリットでリーグ開幕戦も戦ってほしい。
    ラツィオ戦ではサン・シーロが埋まってくれることを願っている」

    「エル・シャーラウィが何度もゴールに向かったことには満足しているよ。ただ、チーム全体に満足している。
    本田は最優秀選手に選ばれた。私は20日前にも、彼は素晴らしい選手だと言ったはずだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000004-goal-socc

    続きを読む





    ミランMF本田圭佑が23日に行われた親善試合のTIMカップで、1ゴール1アシストをマークし、大会MVPに選出された。

    TIMカップは3チームが45分ずつを戦う変則的な大会。今年はミランとユヴェントス、サッスオーロが出場した。
    第1試合ではミランがユヴェントスに1-0と勝利。本田は30分にDFマッティア・デ・シリオのクロスから決勝点を挙げた。
    その後も直接FKで相手ゴールを脅かすなどした本田は、45分フル出場している。

    第2試合はMFロベルト・ペレイラのゴールでユーヴェがサッスオーロに1-0と勝利。
    迎えた第3試合、ミランはサッスオーロを2-0で沈める。この試合でも本田は結果を残した。

    ミランは7分、MFジェレミー・メネスのシュートが相手のハンドを誘ってPKに。
    こぼれ球に本田も反応したが、主審は笛を吹き、ペナルティースポットを指差した。メネスはこのPKを確実に決め、ミランが先制する。

    すると19分、今度は本田のアシストからミランが加点する。中盤で相手のミスを突いた本田は、ダイレクトでスルーパス。
    左のスペースを突いたFWステファン・エル・シャーラウィが、スピードを生かしてそのまま攻め上がり、シュートを決めた。

    無失点での2連勝を飾ったミランは大会を制し、本田は大会の最優秀選手に選出された。セリエAは30日に開幕。
    ミランは31日にホームでラツィオと対戦する。なお、ユヴェントスは30日に敵地でキエーヴォと、サッスオーロは31日にホームでカリアリと開幕を迎える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000001-goal-socc

    【サッカー】本田がユヴェントス戦でゴール!プレシーズンマッチ3試合連続ゴール 
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1408833546/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ