サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: Egg ★ 2019/02/15(金) 18:20:48.96 ID:LyyaIQZt9
    36a453c677a9ca5993fac52f92cae799



    中国サッカー協会などが同国代表の新監督として、元イタリア代表DFのファビオ・カンナバロ氏(45)を迎える準備をしているという。15日のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。現在、同氏は中国スーパーリーグ・広州恒大の監督を務めている。

     アジア杯で中国代表を率いたリッピ監督が大会後に辞任。2022年W杯カタール大会に向け、新監督には若手を中心としたチーム作りの手腕が求められる。報道によると中国協会は、国内リーグの事情にも詳しいカンナバロ氏が後任にふさわしいとみているという。 

    2/15(金) 17:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000103-dal-socc

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/02/12(火) 10:42:28.90 ID:ASMCA+av9

    download


    アーセナルMFアーロン・ラムジーは、ユヴェントスと事前契約に合意した。

    2008年にアーセナルに加入し、11年を過ごしているラムジー。大ケガもあったが、これまでにプレミアリーグで250試合以上に出場し、またFAカップでは3度の優勝を経験するなどチームの中心選手として活躍してきた。しかし、アーセナルとの契約は今シーズン終了後に満了を迎えるものの、双方は契約延長の合意に至らず、今夏の退団が決定的となっていた。

    ウェールズ代表やアーセナルの主力として活躍するラムジーのフリーでの退団を受け、多くのビッグクラブが獲得に興味。激しい争奪戦が繰り広げられる中、ユヴェントスがバイエルン・ミュンヘンやパリ・サンジェルマンなどを退け、この獲得レースを制したと以前から報じられていた。

    そして11日、ユヴェントスはラムジーと事前契約を結んだことを発表。ウェールズ代表MFは7月1日より同クラブに加入し、2023年6月30日までの4年契約にサイン。また『BBC』によると、同選手はこの契約で週給40万ポンド(約5700万円)を受け取ることになり、これはウェールズの選手として史上最高額となるようだ。

    ラムジー自身も、ツイッターでユヴェントスと事前契約を結んだことをアーセナルサポーターに向けて報告した。

    「すでに耳にしていたかもしれないけれど、僕はユヴェントスとの事前契約に合意した。個人的にアーセナルのファンに伝えたかったんだ」

    「10代の僕を君たちは迎え入れてくれて、どんな時でも僕のためにいてくれた。素晴らしい11年間だったから、ノースロンドンから離れることに悄然としている。ありがとう。僕は最後までチームのために100%で戦い続け、トリノでの次のチャプターが始まる前に良い形でシーズンを終えることを望んでいる」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010001-goal-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/07(木) 14:31:41.914 ID:E5L/WxV1p
    b681f7376c6c38aae533db76e9083416


    ユベントスの背中に「♞Cygames」とか書いてあるけど場違いじゃね?







    香川真司をみんなで応援しよう!DAZNで海外サッカーライフ!

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/06(水) 20:42:21.03 ID:kz+mBM9s9
    今月1日に決勝が行われたアジア杯で初優勝を果たしたカタール代表のエース、FWアルモエズ・アリ(22)が、
    セリエAの名門ACミランに移籍する可能性が浮上した。6日にカタール紙ガルフ・タイムス(電子版)が報じた。

    アリはアジア杯で新記録となる9得点を挙げ、大会MVPを獲得。3―1で日本代表を破った決勝戦では、前半12分にオーバーヘッドキックで先制点を決めた。
    同紙によると、大会にはACミランがスカウトを派遣しており、今夏の移籍期間で獲得に動く可能性が出てきたという。

     中島翔哉(24)が加入したカタールの強豪アルドハイルに所属するアリについて、名将ジョゼ・モウリーニョ氏(56)も高く評価。
    アジア杯で解説を務めたカタールのテレビ局beINスポーツで「アリはスピード、俊敏性があり、国外でプレーできる実力を持った素晴らしい選手。
    若い彼がトッププレーヤーになりたいのなら、もっと上のリーグでプレーする必要がある」とアドバイスを送っていた。

    2/6(水) 19:24配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000128-spnannex-socc

    写真
    no title



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/03(日) 15:54:31.44 ID:L6t67Vsr9
    GettyImages-1035736458-1-800x535


     イタリアのスカイ局は2日、ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)が、中国1部の大連一方に移籍することがほぼ確実となったと報じた。クラブ間では移籍金1500万ユーロ(約18億9000万円)、ハムシクと大連一方は年俸900万ユーロ(約13億円)+出来高の3年契約で既に合意に達したという。

     ハムシクは07~08年シーズンに同じセリエAのブレシア(現在はセリエB)からナポリ入り。ここまで12年間、ユベントスなどからオファーを受けながらもナポリ一筋でプレーし、公式戦519試合に出場して121得点。主将も務め、自他共に「ナポリターノ(ナポリ人)」と認めていただけに、イタリア国内では衝撃が走っている。

     イタリアの報道によれば、ハムシク自身が新たな挑戦を望んでいたようで、クラブ側がそれをかなえる形で移籍が成立したという。中国リーグは今年から親会社がチームに出資する額に制限が設けられたが、マンチェスターUのベルギー代表MFフェライニ(31)が山東魯能に移籍するなど、まだまだ“爆買い”が続いている。ACLではJクラブと対戦するチームもあるだけに、脅威となりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000122-spnannex-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/23(水) 05:55:35.55 ID:+h0ioYBr9

    DtVMlnHX4AER0Pa



    ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはスペイン在籍時代に行われた脱税の罪に問われている。
    同選手は容疑を認めているという。22日にイギリスメディア『BBC』が伝えている。

    C・ロナウドはレアル・マドリード在籍中、2010年から2014年の間に570万ユーロ(約7億円)の税金を支払っていないことが明らかとなった。
    同選手は容疑を認めており、本来であれば懲役23カ月に相当する罪である。

    しかし、スペインでは2年未満の懲役の場合、罰金を支払うことで懲役処分から免れることができる。
    さらに、C・ロナウドの場合、悪意のあった犯行ではないため、刑が軽減されているそうだ。
    同選手は1880万ユーロ(約23億円)の罰金を支払うこととなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00896373-soccerk-socc
    1/23(水) 1:16配信


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/01/25(金) 15:14:02.29 ID:Pl5AEUW49

    GettyImages-1043666814



    Jリーグ行きの可能性が報じられているラツィオのウルグアイ代表DFマルティン・カセレスについて、ユヴェントスが獲得に関心を寄せていると25日、イタリアの有名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式サイトで報じられている。


    今冬の移籍市場において、ユヴェントスはステファノ・ストゥラーロを期限付きでジェノアに放出したが、続いてモロッコ代表メディ・ベナティアの退団が濃厚となっている。ベナティアは今シーズン、リーグ戦の出場数はわずか5試合と出場機会に恵まれておらず、カタールのアル・ドゥハイルから届いたオファーを検討している。

    このためユヴェントスのチーフ・フットボール・オフィサーを務めるファビオ・パラティチ氏は、後釜として「ビッグマッチにおいて即戦力となる経験豊かな選手」の獲得を目指しており、その筆頭候補にラツィオのカセレスが挙げられている。ウルグアイ代表DFは2009-10シーズンおよび2012年から2016年にかけてユーヴェでプレーして経験があり、まさに適役と見られている。

    このほかカセレスにはボローニャが関心を示していたほか、ヴィッセル神戸からもオファーが届いている。当初、バルセロナでのプレー経験もあるカセレスは、ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャらが所属する神戸に魅力を感じており、移籍交渉成立に近づいていると『スカイスポーツ』が報じていた。だが現在、状況は急転。「ユヴェントスからのオファーにより、日本移籍はストップ」した格好となった。カセレス争奪戦の行方は注目されるところだ。


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ