サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: セリエA

    1: YG防衛軍 2017/01/18(水) 19:51:23.20 ID:CAP_USER9
    ミランが生んだ怪物GKジャンルイージ・ドンナルンマ。

    今季も素晴らしい活躍で数々のピンチを救っているが、先週末に行われたセリエA第20節のトリノ戦でこんなシーンがあった

    https://www.youtube.com/watch?v=nHOtFOAge40



    0-2とリードされ迎えた32分、ペナルティエリア内でイニャーツィオ・アバーテがアントニオ・バッレーカを倒し、トリノにPKが与えられた。

    失点すれば点差が3点に広がるという絶対的なピンチであったが、ドンナルンマはアデム・リャイッチのキックを止め、この危機を救って見せたのだ。

    GKとすれば、PKの際にあえてステイするのは勇気のいる決断だ。よほどリャイッチが蹴るコースに自信を持っていたのだろうか。結局ミランはここから2点を追い上げ、試合は2-2で終了に。ドンナルンマの活躍がなければ、ミランは勝ち点1を失っていた計算だ。

    そんなドンナルンマだが、今季はPKの際に傑出した成績を残している。

    https://twitter.com/acmilan/status/821310428336783361

    https://twitter.com/MilanTV/status/821386587367940096

    ミラン公式によれば今季は12本のPKを経験し、うち6度でこれを阻止しているという(相手の失敗含む)。つまり、阻止率は驚異の50.0%だ!

    PKに強いGKといえば、まず思い出されるのはバレンシアのジエゴ・アウヴィス。その阻止率はリーガ通算で45%ほどと異次元だが、ドンナルンマもそれに次ぐ存在となるだろうか。

    http://qoly.jp/2017/01/18/gianluigi-donnarumma-penalty-save-ratio-kwm-1

    続きを読む

    1: あちゃこ  2017/01/17(火) 10:07:44.07 ID:CAP_USER9

    CsFQRAbVUAAu8DW

     
    Football ZONE web 1/17(火) 8:28配信

     日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、現地時間16日の
    リーグ敵地トリノ戦で2-2の引き分けとなった。ベンチスタートの
    本田に出番は訪れず、2017年に入りまだ出場機会を手にできていない。

     先にゲームを動かしたのはトリノだった。前半21分、ミランの
    左サイドを突破したMFイアゴ・ファルケがマイナスに戻したパスを、
    MFアデム・リャイッチがミドルで狙った。シュートは全くヒット
    しなかったが、そのボールに反応したFWアンドレア・ベロッティが
    コースを変えてゴールに流し込んだ。

     さらにトリノは同26分、ミランゴール前の混戦からベロッティがボールをキープ。
    そこから生まれたミドルシュートを、MFマルコ・ベナッシが
    ヒールキックでコースを変えてゴールに流し込んだ。同じような
    得点パターンで、トリノが2-0とリードを広げた。

     続く同31分には、トリノDFアントニオ・バッレーカが左サイドを突破して
    ペナルティーエリアに侵入したところでミランDFイニャツィオ・アバーテが
    倒してPKの判定。しかし、決まれば試合の行方が決するかというリャイッチのPKを、
    ミランGKジャンルイジ・ドンナルンマが止めた。中央へのキックを読み切り
    一歩も動かずに弾くと、こぼれ球に反応したファルケのボレーシュートも
    枠を外れた。ミランは九死に一生を得て、2点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

    全文
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010001-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/01/17(火) 08:20:18.59 ID:fyYOd0z+0
    今までのロゴ
    no title

    新ロゴ
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/01/13(金) 19:17:03.98 ID:CAP_USER9

    441010_heroa

     
    イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都に関して13日付のイタリア主要スポーツ紙は、メルカートの動向を報じた。

     ガゼッタ・デロ・スポルトは、セリエA・サンプドリアとイングランド・プレミア・リーグのバーンリーが興味を示していると報じた。またコリエレ・デロ・スポルトもバーンリーが獲得するつもりでいるとしている。

     しかし両紙とも、長友はインテルに残りたいという気持ちが強く、同じDFのサントンやミアンゲが移籍する可能性が高いとみている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000096-dal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2017/01/12(木) 22:28:51.41 ID:CAP_USER9

    GettyImages-476344858-500x333

     
    サッカー大国ブラジルにおいて、外国人選手の名前が話題に挙がることはほとんどない。つまり、もしブラジル代表選手がブラジル人以外の選手の名前を執拗に挙げるのであれば、それは間違いなく“特別な選手”であることを意味するのだ。彼らに注目をされた選手というのは、サッカー選手の中でも頂点に君臨する選手と言えるのかもしれない。

    アンドレア・ピルロはその一人だ。外国人選手が注目されることが稀なブラジルのサッカー界において、ピルロはその“稀な選手”となっていた。それは、当時のセレソンの監督が彼をこう表現していたことからも明らかだ。

    「ピルロは、ブラジルで常にレギュラーを張れる唯一の選手だ。ボールの扱いから見ても、名選手の1人と言える。どこへ行っても違いを出せる選手だ」

    ■ユヴェントスで第2の青春を送る

    ピルロがユヴェントスにやって来たとき、彼は既に32歳を迎えていた。サッカー選手としてはベテランであることに加え、ミランでの最後の数年は度重なるケガの影響で思うようなプレーができなかった。多くの関係者からはもはやピークを過ぎた選手として認識されていて、「安上がりな補強」と見られていたのが実情だった。

    だがこの補強がこれまでのクラブの歴史において最も価値ある補強であったと間もなく証明された。ピルロは加入後、すぐにアントニオ・コンテ率いるチームの中心選手となっていったのだ。監督の意図を的確に捉え、まるで長年チームに所属してきたかのような素晴らしい適応力を見せつけた。

    ピルロのリーダーシップや選手としてのクオリティの高さは明らかに群を抜いていた。だからこそ、リーグ優勝4回、イタリア・スーパーカップ優勝2回、コッパ・イタリア優勝1回という功績を残せたのだ。当時はユヴェントスの攻撃のほぼ全てが、ピルロの足元を経由していたと言っても過言ではない。彼なしでは数々の優勝は成し遂げることはできなかったはずだ。

    ■人々を魅了する魔法のフリーキック

    どんな芸術家も、それぞれ得意分野を持っているものだ。ピルロの場合、サッカー界におけるフリーキックの巨匠と言うべきであろうか。ピルロには人間離れした完璧なテクニックが備わっている。フリーキックを蹴らせたら、ほとんどのGKは止めることは不可能であろう。その洗練されたシュートは、元ブラジル代表選手のジュニーニョ・ペルナンブカーノから「マレデッタ(呪われたFK)」と呼ばれるほど恐れられている。

    ピルロがこれまで成功したフリーキックの数は47回と、イタリア人選手の中では、アレッサンドロ・デル・ピエロに次ぎ、第2位の最多得点記録である。

    ユヴェントスでの最初のゴールも、カターニア戦で蹴ったフリーキックから生まれた。その次のローマ戦でも、彼が放ったボールはポスト脇にいたGKを欺くかのように低い弾道を描いてゴール隅に吸い込まれていった。2013年のナポリ戦で決めたゴールについては、研究対象とするべき一蹴りだ。突然軌道が変化したかと思えば、ボールは枠内へと飛んで行ったのだ。

    2014年はまさに“魔術師”ピルロのシーズンとも言うべきであろうか。ヨーロッパリーグではフィオレンティーナ戦、準々決勝のリヨン戦でも、彼のフリーキックがユヴェントスを勝利を導いた。重要な一戦であったジェノア戦ではその魔法のフリーキックで貴重な勝ち点3をもぎ取り、多くの試合でユヴェントスに勝利をプレゼントする活躍を見せたのだ。ピルロのテクニックは、スポーツを愛するファンを皆、虜にしてしまう。

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/01/09(月) 07:41:13.64 ID:yQuQ51cZp
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/07(土) 23:21:15.21 ID:CAP_USER9

    News-interna-Montella-Milan-Juve

     
    サッカー日本代表FW本田圭佑が所属するイタリア1部(セリエA)ACミランのモンテッラ監督が7日、ミラノ郊外の練習場ミラネロで試合前日の定例会見を行い、本田がチームに有益だ、などと話した。ミランニュース.itが報じた。

     同監督は「本田はスタジアムで有益に使えるか」との質問に次のように答えた。

     「間違いなくイエスだ。彼は素晴らしいプロ精神を持った選手であり、絶対に招集する。彼はほかの選手のように、プレーする可能性がある」と、試合に出場することもあり得るとした。

     7日のイタリア主要スポーツ紙は、8日(日本時間9日)のACミラン-カリアリで本田はベンチスタートと予想している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000089-dal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/01/06(金) 13:30:51.37 ID:CAP_USER9
    Football ZONE web 1/6(金) 11:26配信

    Cq0yJc9UsAAkzwr


    ミラン本田にサウサンプトン移籍が急浮上! 名古屋と日本代表で共闘してきた吉田と再タッグか

    ミランで不遇の時を過ごす本田。新天地候補としてサウサンプトンの名前が挙がった【写真:Getty Images】
    サウサンプトンが本田の1月獲得に関心と、英ラジオ局が報じる

     ACミランの日本代表FW本田圭佑は1月の移籍市場で放出される可能性が出ているが、ここにきて日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンへの移籍話が急浮上している。英地元ラジオ局「トークスポーツ」が報じている。

    【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

     2007年に名古屋グランパスで同僚だった日本代表コンビが、イングランド南部のクラブで再タッグを組むかもしれない。

    「セインツは夏の間に日本代表の動向を追っていた。そして、移籍市場が開いた今、新たなアプローチとともに結びついている」

     セインツの愛称を持つサウサンプトンは、今季のプレミアリーグ第20節を終えた時点で10位。昨夏の移籍市場で動向を追っていた本田の獲得に、再び関心を示しているという。

     本田はミランで栄光の10番を背負っているが、昨季からリーグ戦通算1得点3アシストと結果を出すことができず、キャリア最大の危機に陥っている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任した今季は状況がさらに悪化しており、リーグ戦での先発はわずか1試合、5試合96分間しか出場時間を与えられていない。

     2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロで加入した本田は6月に契約満了を迎えるが、ミラン側から契約延長のオファーはない。クラブは財政難により高額年俸選手を削減する必要に迫られているため、格安の移籍金で放出される可能性があると、イタリアメディアでは報じられていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170106-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    64: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/01/05(木) 13:15:57.90 ID:p0cwJDUg0

    no title

     
    なんで、こんなダメな選手が7試合連続ゴールできたの? 
    偶然7試合ゴールできただけなの? 
    そんな偶然ありえないよね?
    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/03(火) 15:24:20.14 ID:CAP_USER9
     
    欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティが分析する、それぞれのフットボール文化。

    バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督が、欧州5大リーグとして知られるイタリア、イングランド、フランス、スペイン、ドイツのフットボール文化を語った。

    母国イタリアでミランなどを率いたほか、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、そしてバイエルンを指揮し、欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティ監督。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』とのインタビューに応じた同指揮官は、それぞれのフットボール文化について、次のような見解を述べている。

    「イタリアにおいてフットボールは宗教のようで、ずっとざわめき続けているかのようだ。一方でイングランドは、フットボールの試合が行われ、それが終われば人々はすぐに家に帰ってしまう。このスポーツに関して議論することはあまりなく、とてもプロフェッショナルだと感じたね」

    「フランスは今まさに成長を果たしている国で、とても素晴らしい選手たちがいる。ただ、あそこの国のチームは、ときに戦術的に安定していない。

    またスペインはイタリアと少し似ていて、フットボールが人々を狂わせている。ラジオもテレビも24時間にわたってフットボールについて話しているし、ファンはいつもこのスポーツに耳を傾けているよ。レアル・マドリーの監督を務めれば、それこそ大きな責任がのしかかっていると感じるわけだ」

    「ドイツでは、素晴らしい雰囲気を目の当たりにすることになった。スタジアムはいつも満杯で、マナーが行き届いている。戦術、フィジカルの両面で素晴らしいレベルにあるね」

    GOAL 1/3(火) 8:34配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00010002-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ